[PR]

「給料が安い」から抜け出すには?安い原因や収入アップの方法を紹介

転職ノウハウ
本ページはプロモーションが含まれています。

「今の職場は働きやすいけど、給料が安い」
「転職したいけど、どんな職種が給料が良いのかわからない」

このようにお悩みの方も多いのではないでしょうか。いま給料が安い状況に対して不満を抱いているのであれば、何かしらアクションを起こす必要があるでしょう。

この記事では、給料が安い原因収入アップの方法、おすすめ転職エージェントなどを紹介します。

今の自分の年収は適正なのか?」「他の会社だったらいくらもらえるのか?」と気になりませんか?無料で簡単に自分の市場価値を知るならビズリーチに登録するのがおすすめです!

スキマ時間に登録しておくだけで、企業からスカウトを受け取れます。スカウトのあった企業の規模や年収で、自分の市場価値を見極められるでしょう。

編集部
編集部

ビズリーチの強みはこちら!

・会員登録するだけでスカウトが届く
好待遇な求人が豊富
転職後の平均年収は840〜960万円

口コミでも「思ってもみなかった好待遇のスカウトが来た」「自分がもらっている給料が、市場では安いことがわかって転職の決断ができた」との声が多いため、興味がある人は一度登録してどんなスカウトが来るか見てみましょう。

ビズリーチ
登録はこちら(無料)

公式サイト:https://www.bizreach.jp/

自分のキャリアについて悩んでいる人は、ビズリーチとあわせて「キャリアコーチング」の無料カウンセリング相談を受けると良いでしょう!

キャリドラは「キャリアアップしたいけど、やり方がわからない」人に向いているキャリアコーチングで、マンツーマンでキャリアに関するサポートが受けられ、自分のキャリアの軸が見つかります。

編集部
編集部

キャリドラの強みはこちら!

・年収アップ、キャリアアップを目指せる自分用のカリキュラムを作成
完全オンラインで全国どこでも受講できる
ハイクラス転職に成功した現役のトレーナーによるコーチング

キャリドラ
無料カウンセリングを受ける

公式サイト:https://careerdrive.jp/

自分の給料は安い?平均給与を知っておこう

「自分の給料は安いのかな?」と悩んでも、友人と給料について話すのは抵抗がある方もいるのではないでしょうか。まずは自分の給料が安いのか把握するために、ジャンル別で平均給与を確認しておきましょう。

  • 男女別の平均給与
  • 年齢別の平均給与
  • 雇用形態別の平均給与
  • 地域別の平均給与
  • 業種別の平均給与

男女別の平均給与

まずは、男女別の平均給与を見ていきましょう。

性別 男性 女性
平均給与 545万円 302万円

あくまでも平均ですが、男性と女性の差に200万円以上の差があるのがわかります。

※参考:国税庁令和3年分 民間給与実態統計調査

年齢別の平均給与

続いて、年齢別の平均給与を見ていきましょう。今回は20~30代の平均給与をピックアップしました。

年齢 20~24歳 25~29歳 30~34歳 35~39歳
平均給与 269万円 371万円 413万円 449万円

20代に比べて、30代は400万円台と約200万円の差があります。経験年数やスキルを身につけることで平均給与が上がっていくと考えられます。

※参考:国税庁令和3年分 民間給与実態統計調査

雇用形態別の平均給与

雇用形態別(正社員・正社員以外)の平均給与は、下記の通りです。

企業規模 正社員 正社員以外
大企業 375.3万円 228.1万円
中企業 318.7万円 221.6万円
小企業 293.5万円 208.6万円

正社員と正社員以外で比べてみると、平均給与の差は約40~90万円と、かなり差があるのがわかります。また、正社員に関しては、企業の大きさによっても約30~80万円も給与の金額が違います。

※参考:厚生労働省令和4年賃金構造基本統計調査 結果の概況

地域別の平均給与

続いて、地域別の平均給与を比較してみましょう。
下記は、厚生労働省「令和4年賃金構造基本統計調査 結果の概況」の都道府県別賃金(男女計)のデータです。

平均給与が一番高いのは東京都で、375.5万円に対し、一番低い青森は247.6万円です。上記のグラフから住んでいる都道府県を確認し、自分の給与と比べてみると良いでしょう。

※参考:厚生労働省令和4年賃金構造基本統計調査 結果の概況

業種別の平均給与

業種別の平均給与も見ていきましょう。ここでは、厚生労働省の「 令和4年賃金構造基本統計調査 結果の概況 第5表 産業、性、年齢階級別賃金および対前年増減率」のなかから、25~29歳の賃金を見ていきます。

業種 建設業 情報通信業 運輸業・郵便業 卸売業・小売業 金融業・保険業 宿泊業・飲食サービス業 教育・学習支援業 医療福祉
平均給与 264.0万円 279.0万円 248.4万円 246.6万円 266.6万円 225.1万円 260.7万円 258.9万円

上記の表を見てみると、一番低いのが「宿泊業・飲食サービス業」の225.1万円、一番高いのが「情報通信業」の279.0万円でした。その2つを比べてみると、約50万円ほど差があるのがわかります。

※参考:厚生労働省令和4年賃金構造基本統計調査 結果の概況

日本は給料が低い?世界の平均年収と比べてみよう

果たして、世界から見て日本は給料が低いのでしょうか。

毎年発表されているOECD加盟国内の世界平均年収ランキングで日本は、30ヶ国中25位でした。OECD加盟国の平均年収は591万円(53,756USドル)に対し、日本は457万円(41,509USドル)となっています。

OECD加盟国にはアジア圏の国が日本と韓国のみですが、韓国は日本を抜き、19位で平均年収は538万円(48,922USドル)でした。世界から見ても、日本は年収が低い国ということがわかります。

※参考:平均年収 |OECD雇用・労働市場統計 |OECD iLibrary

給料が安いと感じる5つの原因

給料が安いと感じる原因は、次の通りです。

  • 平均給与が低い業界や職種で働いている
  • スキルを求められない業界や職種で働いている
  • 非正規雇用で働いている
  • 基本給が少ない
  • みなし残業代が設けられている

それぞれの原因を見ていきましょう。

平均給与が低い業種や職種で働いている

給料が安いと感じる原因として、平均給与が低い業界や職種で働いている点が挙げられます。

国税庁「令和3年分民間給与実態統計調査による結果」の「業種別の給与階級別分布」によると、平均給与がもっとも高いのが「電気・ガス・熱供給・水道業」、もっとも低いのが「宿泊業・飲食サービス業」でした。それぞれの前者は800万超えが41.7%に対し、後者は100万円以下が26.3%と多い状況です。

自分のスキルが問題ではなく、そもそも平均給与が低い業界で働いていることが原因の可能性があります。

資格やスキルを求められない業界で働いている

資格やスキルを求められない業界で働いているのも、給料が安い原因でしょう。

たとえば業界でいうと、

  • 電気やガス、熱供給、水道業
  • 建築業
  • 金融・保険業

などは給料が高い業界です。それらは専門的なスキルを要するため、平均的に給料が高くなる傾向にあります。
一方で、飲食業・宿泊サービス業やサービス業など専門的な知識がなく働けるため、給料が安いケースが多いでしょう。

非正規雇用で働いている

正社員のような正規雇用ではなく、非正規雇用で働いているのも給料が安い原因の一つです。非正規雇用の場合、正規雇用のようにボーナスが発生しません。

ボーナスは一般的に基本給の1.5倍以上支給されるため、正規雇用と非正規雇用の年収にかなりの差が出るのがわかります。

基本給が少ない

基本給が少ないのも給料が安い原因と言えます。

基本給とは、諸手当を含まない基本賃金を指します。求人に月収25万~と書いてあったとしても、あらかじめ基本給に含まれているみなし残業代や、諸手当が含まれている金額が含まれているのです。

そのため、手当がなくなった際に手取りでもらえるお金が少なくなってしまいます。またボーナスや退職金に関しては基本給をもとに支給されるため、基本給が少ないともらえる額も少なくなるでしょう。

みなし残業代が含まれている

先ほどもお伝えした通り、基本給にみなし残業代を含んでいる企業は多く存在します。

みなし残業代は月20時間や30時間など企業によって異なり、その時間を超えた残業をしない限り途残業代は出ないため、給料が上がることはないのです。

一度契約書や給与明細を見て、みなし残業代の内訳がどうなっているのか把握すると良いでしょう。もし、みなし残業代分を超えた残業を行っている場合は請求する権利があります。伝えても、残業代をつけてもらえない場合は弁護士や労働基準監督署などに相談しましょう。

給料が安い場合に生じる5つのデメリット

安い給料で働き続けた場合、どのようなデメリットが生じるのでしょうか。

おもに5つのデメリットが挙げられます。

  • 生活や心に余裕がもてなくなる
  • モチベーションが維持できない
  • 生活の活動範囲が狭まる
  • 年齢を重ねるにつれて辞めにくくなる
  • 将来や老後が不安になる

それぞれ説明していきます。

生活や心に余裕が持てなくなる

安い給料で働き続けると、生活や心に余裕が持てなくなるでしょう。生活するうえで生活費や固定費、交際費、食費などさまざまな出費が発生します。一人暮らしの場合、家賃補助等がなければ、さらに手元に残るお金は少なくなるでしょう。

また、これから物価上昇が予想されるため、給料が上がらないと何かを制限する必要があります。そのような状況が続くと不安を感じることが増えるため、次第に心も疲弊していってしまうでしょう。

モチベーションが維持できない

給料が安いと業務に対するモチベーションが維持できない可能性があります。

人によって、モチベーションを維持する方法は異なりますが、業務量が多いのにもかかわらず給料が低いと、最初は我慢できても次第に辛くなるでしょう。

生活の活動範囲が狭まる

給料が安いことで、生活の活動範囲が狭まるでしょう。

「友人に遊びに誘われたけれど、生活のこと考えるとお金が使えない」「遊びに行っても、お金のことばかり考えてしまって楽しめない」など、娯楽にお金が使えなくなってしまいます。

生活の活動範囲が狭まることで、ストレスが溜まってしまうでしょう。

年齢を重ねるにつれて辞めにくくなる

年齢を重ねるにつれて、転職しにくくなるでしょう。

「この年齢だと、転職に時間がかかるな……」「どうせチャレンジしても雇ってくれないだろう」と、転職に対して前向きな気持ちが減っていく可能性があります。

そのまま時間だけが過ぎ、給料を上げる手段を諦めてしまいがちになるでしょう。

将来や老後が不安になる

将来や老後が不安になるのも給料が安いデメリットです。

給料が安い場合、生活費のやりくりをするだけでも大変なことです。そのため、毎月貯金をするのも一苦労でしょう。そのため、将来や老後について不安が募ってしまいストレスにつながります。

給料を上げるためにはどうしたらいい?収入をアップする方法

給料を上げるためには、自分に合った方法を見つけることが重要です。

ここでは収入を上げるためのヒントを紹介します。

  • 自分のスキルを上げる
  • 企業に昇給交渉をする
  • 副業を始める
  • 転職する

それぞれの方法を見ていきましょう。

自分のスキルを磨く

給料を上げるために、自分のスキルを磨いてみましょう。現在と同じ職種でもスキルをつけることで昇給のチャンスがつかめる可能性があります。

もし会社で資格を取ると給料がアップ」といった制度があれば積極的にチャレンジしてみましょう。また、スキルを磨くと自ずと自信がつき、転職に対して前向きに考えられるようになるはずです。

キャリアコーチング「キャリドラ」では無料カウンセリングを行っています。自分のキャリアに悩んでいる方はぜひ活用してみてください。

企業に昇給交渉をする

企業に昇給交渉をするのも一つの方法です。「企業に直接交渉するのは抵抗がある……」と感じる方もいるかもしれません。しかし相談してみると、予想外の昇給を得られる可能性があります。

とくに

  • 長い期間勤務している
  • 欠勤が少ない
  • 対応が丁寧で評判が良い

など、普段からの行いや仕事のクオリティが高い場合、会社としても優秀な人材は辞めてほしくないため、どうにか引き留める方法を考えるはずです。一度も昇給交渉をしたことがない場合は、相談してみましょう。

副業を始める

もし、本業が副業OKの会社であれば、副業を始めるのも良いでしょう。

もし将来的にやってみたかった仕事があれば、副業からチャレンジしてみるのも一つの方法です。本業の給料自体は上がりませんが、副業で月に2~3万円ほど収入が増えるだけで、心にも余裕が出るでしょう。

近年は、在宅でできる副業も増えているので、自分に合った仕事を探してみるのをおすすめします。

副業を始める際にはフリーランスエージェントに相談してみるのも良いでしょう。気になる方は下記の記事もあわせてご覧ください。

転職する

現在の仕事を辞めて、転職するのも給料を上げる方法の一つです。

たしかに長い期間同じ職場で勤めることは誰しもができることではありません。しかし視野を広げれば、思いがけない才能が開花する可能性があります。

また、年齢を重ねるにつれて、チャレンジする気持ちは弱まる傾向にありあます。「このままで良いのかな……」と考えているのならば、思い切って転職を選択してみるのも良いでしょう。

おすすめの転職エージェント3選

転職しよう」と心に決めても、何から始めたら良いかわからない方も多いのではないでしょうか。最後に、おすすめの転職エージェント3選をご紹介します。今後の転職の際にぜひ参考にしてみてください。

サービス
リクルートエージェント DYM就職 type転職エージェント
公開
求人数
370,525 非公開 10,291
非公開
求人数
226,707  非公開 17,966
対応エリア 全国 東京、札幌、仙台
名古屋、京都
大阪、広島、福岡
全国・海外
得意領域 総合的な求人 ものづくり、IT、サービスなど SE、Web、営業、販売
管理、事務、専門職
クリエイティブ、医薬・食品
電気、建設など
おすすめ
ポイント
・非公開求人が10万件
以上と豊富
・転職サービス未経験
でも簡単に利用可
・求人紹介
・履歴書・面接対策
・面接時の服装指導 など
31万人以上の支援実績
公式サイト

転職をスムーズに進めたいなら|リクルートエージェント


画像引用元:リクルートエージェント公式HP

運営会社 株式会社リクルート
対応エリア 全国
求人数 公開求人370,525件/非公開求人226,707件(2023年2月時点)
得意な業界 IT・通信・機械・小売・サービス・人材
特徴 取り扱っている求人案件が幅広い
公式サイト https://www.r-agent.com/

転職をスムーズに進めたいなら、リクルートエージェントがおすすめです。リクルートエージェントは、業界や職種にかかわらず求人数が圧倒的に多く、サポートが手厚いのも特徴です。

また、送信される求人紹介メールの量が多いため、現在の仕事よりも給料が高い求人をたくさんチェックしたいという方はぜひ活用してみてください。

リクルートエージェントはこんな人におすすめ!

・なるべく多くの求人をチェックしたい人
・信頼できる転職エージェントにお願いしたい人
・手厚いサポートを受けたい人

業績が安定している企業で働きたいなら|DYM就職

※画像引用元:DYM就職公式サイト

運営会社 株式会社DYM
対応エリア 全国
得意な業界 IT・情報通信・マスコミ・広告・建築・不動産・医療・福祉・流通・小売など
特徴 面接満足度90%
公式サイト https://www.dshu.jp/

DYM就職は、未経験やフリーターなどをメインに就職支援を行っています。とくに、ものづくり系やIT系、サービス系などの求人が豊富なのが特徴です。

また首都圏のみならず地方の求人も掲載しているため、Uターン・Iターン転職を検討している方にもおすすめ。「スキルがないから不安……」「未経験だけど、チャレンジしてみたい」という方にDYM就職は向いているでしょう。

DYM就職はこんな人におすすめ!

・未経験の業界にチャレンジしたい人
・Uターン、Iターン転職を考えている人
・IT、ものづくり、サービス系で働きたい人

DYM就職公式サイト

求人票に掲載されていない詳しい情報も知りたいなら|type転職エージェント

※画像引用元:type転職エージェント公式サイト

運営会社 株式会社キャリアデザインセンター
対応エリア 全国/海外
求人数 公開10,291件/非公開17,966件(2023年2月時点)
得意な業界 SE、Web、営業、販売、管理、事務、専門職、クリエイティブ、医薬・食品、電気、建設など
特徴 31万人以上の支援実績
公式サイト https://type.career-agent.jp/

type転職エージェントは、31万人以上の支援実績があるのが特徴で、type転職エージェントで転職した人の約71%が年収アップしたという結果が出ています。

SEやWebなどIT系やクリエイティブな職種に強いため、それらの業界に進みたい人におすすめの転職エージェントです。

type転職エージェントはこんな人におすすめ!

・年収をアップしたい人
・IT系やクリエイティブな仕事に就きたい人
・実績のある転職エージェントに頼みたい人

type転職エージェント公式サイト

まとめ

給料が安い原因や、安い状態のままが続くと生じるデメリット、収入アップの方法について紹介しました。

自分のやりたい仕事で現状に満足していれば良いですが、給料が安いのがストレスの原因となっているのならば、早めに対策を行いましょう。

この記事を参考に、副業や転職を検討するなど、自身に合った選択を探してください。


◆記事で紹介した商品・サービスを購入・申込すると、売上の一部がマイナビニュース・マイナビウーマンに還元されることがあります。◆特定商品・サービスの広告を行う場合には、商品・サービス情報に「PR」表記を記載します。◆紹介している情報は、必ずしも個々の商品・サービスの安全性・有効性を示しているわけではありません。商品・サービスを選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品・サービススペックは、メーカーやサービス事業者のホームページの情報を参考にしています。◆記事内容は記事作成時のもので、その後、商品・サービスのリニューアルによって仕様やサービス内容が変更されていたり、販売・提供が中止されている場合があります。
タイトルとURLをコピーしました