[PR]

将来なくならない仕事5選!10年後AIに取られてなくなる仕事は?今身につけたい資格も

Jobs that will not be taken by AI in the future 転職ノウハウ
本ページはプロモーションが含まれています。

自分の今の仕事は将来なくなるのではないか」「10年後・20年後もなくならない職業は?」と考えていませんか。

オックスフォード大学の調査によると、AIの普及によって10〜20年経つと49%の仕事がなくなると予想されています。

この記事では、10〜20年後もなくならないとされる仕事の特徴や、将来なくなるとされている仕事、仕事を失わないために推奨される行動やおすすめの資格を紹介します。

転職したいけどどうしたらいいかわからない「やりたい仕事がわからない」と悩んでいませんか?

転職の1歩目としてリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

転職エージェントサービスは転職相談から利用可能です。
すぐに転職するつもりがなくても、仕事のについての不安や考えを相談することで、プロの視点からのアドバイスやキャリアプランの提案を受けることが出来ます。

編集部
編集部

リクルートエージェントの強みはこちら!

・圧倒的な求人数と非公開求人
・転職成功実績No.1

・コンサルタントの丁寧なサポート

もちろん、転職を考えている方にもおすすめです。
転職エージェントサービスの中で業界トップ水準の求人数と、業界に詳しいキャリアアドバイザーがあなたに合った求人を紹介してくれます!

リクルートエージェントへの
登録はこちら(無料)

公式サイト:https://news.mynavi.jp/tenshoku/ragent

AIによって将来なくなる仕事は約半分?

AIは、人間の多くの仕事を奪うと予想されています。ここでは、AIがどれくらい仕事を奪うのかやAIによって将来仕事がなくなる理由を紹介します。

20年後には49%の仕事がAIに代替可能

2015年に発表されたオックスフォード大学と野村総合研究所の共同研究によると、多くの仕事がAIに奪われる結果となっています。

日本国内の 601 の職業に関する定量分析データを用いて、オズボーン准教授が米国および英国を対象に実施した分析と同様の手法で行い、その結果をNRIがまとめました。それによると、日本の労働人口の約 49%が、技術的には人工知能やロボット等により代替できるようになる可能性が高いと推計されました

引用:株式会社野村総合研究所「日本の労働人口の 49%が人工知能やロボット等で代替可能に ~ 601 種の職業ごとに、コンピューター技術による代替確率を試算 ~

同研究によると、アメリカは47%、イギリスは35%となっているため、日本のほうがパーセンテージが高いです。

この研究結果通りの未来になるとは断言できませんが、AIやロボットなどが多くの仕事を奪うかもしれないと考え、自身のキャリア設計をおこなうことが大切だといえます。

AIによって将来仕事がなくなる理由

AIは、人よりもスピーディーかつ正確に仕事を進められます。AIが実現できる主なことは、以下の通りです。

  • 膨大な量のデータを学習して、情報をアウトプットできる
  • 極めて効率的な事務処理をおこなえる
  • 24時間365日稼働できる
  • センサーを結びつけることで、科学的な高い認知能力もある

AIが進歩することで、人が介在しなくても目的を達成できるようになり、また人よりも確実性も高まり、仕事をスムーズに進められます。

\将来AIに取られない業界に転職したい!/
おすすめの転職サービス

将来「なくならない」仕事5選

将来なくならないと予測される仕事や業界は、以下が挙げられます。

  • 医療・介護の仕事
  • 教育・保育の仕事
  • コンサルティング関係の仕事
  • 法律関係の仕事
  • 開発・クリエイティブ関係の仕事

医療・介護の仕事

医者や看護師、薬剤師、カウンセラー、介護福祉士などの医療系の仕事は、将来なくなる可能性が低いです。

AIでは実現できない細かな配慮が必要であったり、繊細な変化を察知したりする仕事のためです。

またAIも誤作動を起こす可能性があり、すべての医療行為を任せることは不可能なため、医療に携わる仕事は比較的安泰だと考えられています。

教育・保育の仕事

教師や保育士、幼稚園教諭などの高いコミュニケーションスキルが求められる仕事も、将来なくなる心配は少ないでしょう。

AIでは、子どもや生徒への細やかな配慮には対応できません。

人間性を育てることや、体調の変化・トラブルなど予期しないことに対応するのは、人間のほうが得意です。

「人にものを教えるのが好き」「コミュニケーションスキルに自信がある」という人は、教育業界や保育業界を視野に入れてみましょう。

コンサルティング関係の仕事

経営課題を解決するコンサルティング関係の仕事は、AIやロボットでは困難です。

決められたとおりに統計結果を出すことはAIの得意としていることですが、総合的に判断して課題解決に導くことはできません。

またコンサルタントは、クライアントからの信頼を得るために、高度なコミュニケーションが力が必要です。

課題を正確に聞き出す質問スキルも重要な仕事であり、AIやロボットには難しいといえるでしょう。

法律関係の仕事

弁護士や裁判官、政治家などの法的な議論が必要な仕事も、将来なくなる可能性が低いです。

人同士のトラブルの間に入り、それぞれの意見を聞き整理する仕事のため、人の感情をくみ取ることが求められますが、AIには実現できません。

また政治家のように民意をくみ取ることも、AIには難しいです。

過去の判例などをまとめることはAIの得意領域ですが、人の感情を理解し考慮する法律関連の仕事は、今後もなくならないといえるでしょう。

開発・クリエイティブ関係の仕事

プログラマーやエンジニア、データサイエンティストなどの開発系やクリエイティブ系も、なくなりづらい仕事といえます。現在のAIでは、自ら新しい機械やAIを開発できないためです。

また、AIによって魅力的な作品を作ることは可能ですが、「どういった状況で、誰がなぜこの作品を生み出したのか」ということも作品の評価に関係するケースがあります。

人でしか人の心を動かせない性質がある限り、クリエイティブ関係の仕事もあり続けるでしょう。

AIによって将来「なくなる可能性が高い」仕事5選

AIの普及により、将来的になくなってしまう可能性のある仕事もあります。それは以下の5つの仕事です。

  • スーパー・コンビニ定員
  • 一般事務
  • タクシー・電車・バス運転手
  • 受付・フロント業務
  • 工場勤務

ここでは、各仕事がなくなってしまう理由を見ていきましょう。

スーパー・コンビニ定員

スーパー・コンビニ定員は、今後なくなる可能性の高い仕事です。

なぜなら、セルフレジやAIを利用した無人店舗を実現できるためです。

レジ打ちは、店員ではなくお客でも簡単におこなえる作業といえます。

今後、ますますセルフレジや無人店舗が普及していけば、店舗に人手が必要なくなり、スーパー・コンビニ定員の仕事はなくなってしまうでしょう。

一般事務

一般事務も、AIの普及でなくなってしまう仕事のひとつです。

AIは決められたとおりの仕事が得意なだけではなく、処理能力も高いことが特徴です。

そのため、事務作業は人間よりもはるかに効率的であり、ヒューマンエラーもありません。

事務処理のような決められたことを決められたとおりに作業する仕事は、AIに代替されやすいといえるでしょう。

タクシー・電車・バス運転手

タクシーやバス運転手も、なくなる可能性が高いです。自動運転技術が発達しているため、人手が必要なくなるかもしれません。

特に電車の場合は、レールの上を走るため自動運転にしやすいといえるでしょう。

ただし、自動運転技術がこれまで以上に進めば運転手の仕事はなくなりますが、エラーによって事故を起こす危険性があるため、すぐに完全自動化になるとはいえません。

受付・フロント業務

受付やフロントの仕事も、これからなくなってしまう恐れがあります。タッチパネルを導入すれば、受付処理を人間がおこなわなくても済みます。ホテルであれば、自動精算機によってチェックアウトにも人手が必要なくなるでしょう。

受付やフロントのようなパターン化しやすい仕事は、AIやロボットが得意としていることです。昨今では、フロントや受付係をロボットが対応しているホテルも少なくありません。

工場勤務

工場勤務は、将来なくなる可能性のある仕事のひとつです。AI技術の発達によって生産現場の機械化が進んでおり、ミスの起こさない機械は重宝されています。不良品の発見や検品、在庫管理などのオートメーション化は、品質向上にもつながります。

また、工場のライン作業は人間では対応できない複雑な作業も多く、無人工場が増える日も近いのかもしれません。

10年後もなくならない仕事の特徴

10年後でもなくらない仕事には、「発想力や想像力が求められる」「コミュニケーションが必要になる」という2つの特徴があります。ここでは、10年後でもAIに代替されにくい仕事の特徴を解説します。

発想力や想像力を求められる仕事

クリエイティブな仕事は、これからもなくならない可能性が高いです。プログラミング通りに稼働するAIやロボットには、発想力や想像力を求められる仕事に向いていません。

アート作品や音楽など、人を感動させたり感情を揺さぶったりする創造的なことは、人間のほうが得意といえます。

作品を作れるソフトウェアはありますが、人間によるクリエイティブな仕事はこれからも安泰かもしれません。

コミュニケーションを必要とする仕事

コミュニケーション力が必要になる仕事も、10年後もなくならない仕事の特徴といえます。AIやロボットでは、その場で感情を読み取り対応することが難しいです。

説得や交渉、気配りなどが必要な仕事は、人間の得意領域といえます。コミュニケーション力を上げることで、仕事は安定するかもしれません。

\将来AIに取られない業界に転職したい!/
おすすめの転職サービス

自分の仕事を将来AIに取られないための対策・資格

将来仕事をなくさないためには、以下のポイントをおさえておく必要があります。

  • トレンドをキャッチして世界の動向を把握
  • AIに負けないようにスキル・資格を身につける
  • 将来なくならない仕事へ転職

安定した仕事に就くために、ぜひ参考にしてください。

トレンドをキャッチして世界の動向を把握

将来仕事をなくさないためには、世の中の動向に気を配っておくことが大切です。

どんな仕事にニーズがあるのかや、どんな仕事がAIに代替されてしまうのかを把握しておくことで、いきなり仕事を失ってもすぐに行動に移せます。

今すぐには仕事がなくならなくても、企業の人員削減やリストラなどで職を失う可能性は誰にでもあります。常に最新情報をキャッチして、世の中の動向を予測しておきましょう。

AIに負けないようにスキル・資格を身につける

仕事をAIに取られないためには、AI時代でも需要のある資格やスキルを身につけることが重要です。AIに負けないスキル・資格それぞれを見ていきましょう。

AI時代も需要がある資格

AI時代でも、以下の2つの資格は需要があるといわれています。

  • 社会福祉士
  • メンタルヘルス・マネジメント検定

社会福祉士は、体が不自由な人をサポートします。コミュニケーション力だけではなく、思いやりの気持ちも大切になるため、AIやロボットでは対応が難しいです。

メンタルヘルス・マネジメント検定は、心のケアに関する知識や対処法を学べる資格です。メンタルヘルスの不調や心の悩みを解決できる仕事は、AI時代でも需要があるといえるでしょう。

AI時代も需要があるスキル

新しいスキルを身に付けて、会社で必要とされる人材になることも、将来仕事をなくさないために大切なことです。AI時代では、以下のようなスキルを磨くことをおすすめします。

  • コミュニケーションスキル
  • AIに関する知識
  • 発想力・想像力

高いコミュニケーション能力や発想力は、AIに負けないスキルです。AIにすぐに代替されないスキルを磨き、仕事を失わないようにしましょう。

将来なくならない仕事へ転職

すでに仕事がAIに変換されている業界であれば、転職を検討しましょう。

なくなりづらい仕事に就けば、老後までは保障できないものの、10年や20年は続けられる可能性があります。

また「将来なくならない仕事」という転職の軸があれば、転職をスムーズに進められます。

転職軸の作り方を知りたい人や転職をスムーズに進めたい人は、以下の記事もおすすめです。

転職軸とは?定まらない人向けに作り方を解説!例文や面接の回答例も紹介
転職活動中は、転職の軸を決めることが大切とよくいわれます。転職軸(転職の軸、転職活動の軸)とは、転職するときに譲れない条件のことです。本記事では、転職軸とは何かや条件別の転職軸の作り方・回答例や例文、面接時の答え方などを紹介しますので、転職軸が定まらない人はぜひ参考にしてください。

\将来AIに取られない業界に転職したい!/
おすすめの転職サービス

20年後もなくならない仕事に転職する方法

将来的になくなりそうにない仕事に就くためには、以下の方法がおすすめです。

  • 業界や企業の分析
  • 自己分析と市場価値の把握
  • 転職サイト・転職エージェントを活用する

効率的な転職方法を知り、転職を成功させましょう。

業界や企業の分析

企業への応募や履歴書作成の前に、業界や企業を分析しましょう。

伸びしろのある業界なのか、成長が見込める企業なのか研究しておくことで、転職してすぐに仕事がなくなってしまうリスクを回避できます。

業界や企業を分析する際は、書籍や公式サイト、経済メディアをチェックすることが大切です。

また、転職サイトや転職エージェントによる、転職フェア・転職相談会に参加することで、新しい情報を収集できる可能性があります。

これから伸びる業界や、市場縮小が進む可能性がある業界を知りたい人は、以下の記事がおすすめです。

これから伸びる業界と市場縮小する今後危ない業界は?将来性のある資格・スキルも【2024年】
これから伸びる業界・需要が増える仕事には、IT・半導体などのデジタル分野のほか、医療・エンタメなど身近な業界も挙げられます。一方、市場縮小していて今後危ない業界や将来性のない業界の特徴としてはAIに代替される業界が多いです。将来性があり成長している業界で役立つスキルや資格、おすすめの転職サービスも紹介します。

自己分析と市場価値の把握

入念に自己分析することで、自分に合った仕事を見つけやすくなります。

自己分析は、過去の自分を振り返り、長所や短所、理想の将来像など、自分の内面を深掘りする作業です。

また、市場価値を調べることも有効な方法です。市場価値を把握することで、自身を評価する企業がわかります。

市場価値を知るためには、専用の診断ツールや転職エージェント、キャリアコーチングサービスの利用がおすすめです。なかには無料で利用できるサービスもあるため、気軽に市場価値を診断することが可能です。

適職ややりたい仕事を見つけられない人やおすすめの市場価値診断ツールを知りたい人は、以下の記事が参考になります。

自分の市場価値は?おすすめの無料診断ツール・転職サービス8選|登録不要のアプリも
転職では市場価値の把握が大切と聞いても「そもそも市場価値とは何か」「どのように評価されるのか」「今の年収は高いのか、低いのか」「自分の市場価値を知りたい」と思っている人に向けて、市場価値診断に活用できる無料や登録不要のおすすめツール・サービス、市場価値を高めるための方法を解説します。

転職サイト・転職エージェントを活用する

よりスムーズに転職したい人は、転職サイトや転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職サイトは、自分で求人を探し、直接応募できるサービスです。転職に慣れている人や自分のペースで転職活動を進めたい人におすすめです。

転職エージェントは、転職希望者のスキルや志向などをヒアリングし、求人を探してくれるサービスです。企業とのやり取りや職務経歴書の書き方、面接の指導などもおこなってくれます。はじめて転職する人やアドバイザーのサポートを受けたい人には、向いているサービスです。

また、転職サイトと転職エージェントを併用することは可能なので、複数登録することで、さまざまな求人に出会えるチャンスが増えるでしょう。

おすすめ転職サイト・転職エージェント

利用者から評価の高い転職サイトは、以下の2つです。

おすすめの転職サイト 特徴
リクナビNEXT
  • 日本最大級の求人数を保有
  • 企業からの直接オファーを受け取り可能
  • アプリの機能性が高く求人検索機能が充実
doda
  • 転職エージェントとしても活用できる
  • 転職セミナーやオンライン予備校を実施
  • スカウトサービスあり
【営業職の求人も多数】リクナビNEXT

※画像引用元:リクナビNEXT公式HP

・運営会社:株式会社リクルート
・主要対応エリア:全国、海外
・求人数:110,569件(2024年2月時点)
・料金:無料
・利用者の年齢層:
20代~30代
・得意な業界:
全業種

リクナビNEXT(ネクスト)は求人数・登録者数ともに、業界最大級の転職サイトです。取り扱う業種もIT系や営業職、医療系など幅広く、これから伸びる業界の仕事を見つけられる可能性があります。

また、自分の強みを診断できる「グッドポイント診断」や企業からオファーをもらえるスカウト機能、自動で職務経歴書が作成される機能など、転職希望者にとってうれしいサービスが豊富にあることも特徴です。

スマホアプリの機能性も高いため、隙間時間を利用して転職活動したい人からも高い評価を得ています。

リクナビNEXTはこんな人におすすめ!

  • 求人の選択肢は多く、探す手間は極力かけたくない人
  • 幅広い職種の求人をチェックしたい人
  • 移動中や隙間時間を活用して転職活動したい人

リクナビNEXT
登録はこちら(無料)

dodaエージェントサービス

※画像出典元:dodaエージェントサービス公式HP

・運営会社:パーソルキャリア株式会社
・求人案件数:公開求人240,388件(2024年2月時点)
・対応職種:営業、企画・管理、技術職、専門職、クリエイティブ、販売、公務員・教育、事務、医療系、金融系など
・対応エリア:全国・海外

doda(デューダ)は、転職求人サイトスカウトサービスなど、さまざまな転職支援サービスを提供する総合転職サイトです。各サービスは連携しており、併用することによってより効率的・効果的な転職活動ができます。

エージェントサービスでは、非公開求人を含めて約10万件の求人情報を持っています。業界・職種・エリアごとに詳しいキャリアアドバイザーが在籍しているため、自身の希望に合わせたアドバイスを受けられるでしょう。

また、年収査定合格診断など、「転職するかどうか迷っている」人に役立つツールもあります。ぜひ活用してみてください。

dodaエージェントサービスはこんな人におすすめ!

  • 約10万件の豊富な情報から自身に適した求人を探してほしい人
  • 転職サイトやスカウトサービスを併用して効率的に転職したい人
  • 年収査定や合格診断といったツールを利用したい人

おすすめの転職エージェントは、リクルートエージェントとハタラクティブです。

おすすめの転職エージェント 特徴
リクルートエージェント
  • 非公開求人が10万件以上と豊富にある
  • 転職サービス未経験でも簡単に利用できる
  • 業界トップクラスの転職成約実績
ハタラクティブ
  • 20代フリーターや新卒、第二新卒向け
  • 転職先選びから入社後までの長期的サポート
  • 内定獲得者の86.5%は社員数1,000名以上の企業に内定
【圧倒的な非公開求人数】リクルートエージェント

※画像引用元:リクルートエージェント公式HP

・運営会社:株式会社リクルート
・主要対応エリア:全国対応
・求人数:公開求人370,525件 / 非公開求人226,707件(2024年2月時点)
・料金:無料
・利用者の年齢層:20代、30代が中心
・得意な業界:営業・IT・通信・機械・小売・サービス・人材

リクルートエージェントは、公開求人・非公開求人ともに転職支援業界トップの保有数を誇る転職エージェントです。営業職以外にもさまざまな業界や職種、エリアの求人案件を取り揃えています。対応する年齢層の幅広さも魅力のひとつです。

また、業界に詳しい経験豊富なキャリアアドバイザーが多く在籍し、はじめての転職活動でも丁寧にサポートしてくれます。

書類添削や面接対策だけでなく、業界の転職市況などを見て転職すべきか否かのアドバイスも得られます。

「これから伸びる業界の営業職に就きたい」「将来性のある業界を知りたい」と相談することで、有効なアドバイスをもらえるでしょう。

リクルートエージェントはこんな人におすすめ!

  • 求人数が豊富な転職エージェントを選びたい人
  • 転職活動に不安を抱えている人
  • 幅広い年齢層・職種に対応してほしい人

リクルートエージェント
登録はこちら(無料)

ハタラクティブ|20代を中心に未経験転職に特化

※画像引用元:ハタラクティブ公式ホームページ

運営会社:レバレジーズ株式会社
・求人数:公開3,594件/非公開2,300件以上(2024年2月時点)
・主要対応エリア:東京・大阪・名古屋・福岡などの都市部
得意な業界:IT・医療・エンジニアなど

ハタラクティブは、主に20代を中心とした未経験転職に特化した転職エージェントです。第二新卒やフリーターからの転職にも対応しており、未経験者歓迎求人を多く取り扱っています。

また、ハタラクティブでは企業の特徴や傾向に合わせた面接対策をおこなっています。1社ずつ丁寧な対策をおこなうことで、面接の通過率も80%以上と高いです(2024年2月時点)。

さらに、内定後から入社までの期間もアドバイザーによるサポートが受けられます。入社までに必要な準備や不安にも相談に乗ってくれるので安心です。

ハタラクティブはこんな人におすすめ!

  • 未経験職種への転職に挑戦したい看護師
  • 短期間集中の転職活動で内定を得たい人
  • 入社まできめ細かいサポートを受けたい人

\ハタラクティブに興味を持った人はこちら/
ハタラクティブ
登録はこちら(無料)

ハタラクティブについて、より詳しく知りたい人はこちらの記事もおすすめです。

どの転職サイト・転職エージェントも無料で利用できるため、複数登録しておくことをおすすめします。

以下の記事では、専門家がおすすめの転職エージェントを紹介しているので、ぜひご覧ください。

【プロ厳選】転職エージェントおすすめ23選を比較!求人数ランキングや選び方【利用者の声・裏事情も紹介】
どの転職エージェントを利用したらいいか迷っている人に向けて、専門家厳選のおすすめサービス23選を紹介します。20代、30代、40代、女性、ハイクラス、エンジニア向けなどタイプ別と、公開求人数ランキングや信頼できるエージェントの選び方・実際に利用者に取材をおこない、リアルな口コミ評判や裏事情も解説しているので、ぜひ参考にしてください。

まとめ

昨今話題のAIによって、マンパワーや事務処理の削減を実現できるため、20年後には日本の49%の仕事がなくなるという研究結果も出ています。

AIは、膨大な量のデータを学習して情報をアウトプットできたり、効率的な事務処理をおこなえたり、24時間稼働できたりするため、人よりも早く正確に仕事を進められます。

しかしながら、高度なコミュニケーションスキルが必要な仕事法的な議論が必要な仕事クリエイティブ関係の仕事などは、AIで代替できないため、AIがすべての仕事を奪うわけではありません。

将来なくならない仕事を見つけるためには、転職サイトや転職エージェントを活用しましょう。転職サイトや転職エージェントでは豊富な求人を取り揃えており、適職も見つけやすいです。自分の仕事を失わないために、ぜひ本記事を参考にしながら将来の仕事について考えてみましょう。


◆記事で紹介した商品・サービスを購入・申込すると、売上の一部がマイナビニュース・マイナビウーマンに還元されることがあります。◆特定商品・サービスの広告を行う場合には、商品・サービス情報に「PR」表記を記載します。◆紹介している情報は、必ずしも個々の商品・サービスの安全性・有効性を示しているわけではありません。商品・サービスを選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品・サービススペックは、メーカーやサービス事業者のホームページの情報を参考にしています。◆記事内容は記事作成時のもので、その後、商品・サービスのリニューアルによって仕様やサービス内容が変更されていたり、販売・提供が中止されている場合があります。
タイトルとURLをコピーしました