看護師を辞めたい人の理由は?退職したいときの対処法も解説

医師・薬剤師・看護師

「想定よりも重労働が続いていて辛い」「労働環境の改善が見込まれない」など、看護師を辞めたいと感じてお悩みではありませんか?看護師は夜勤や残業が多かったり、命を預かるプレッシャーがかかったりと、退職や転職を考えることもあるでしょう。

本記事では、「看護師を辞めたい」と悩んでいる人向けに、看護師業界の離職率や主な退職理由など、知っておきたい情報を解説します。辞めたいと思ったときの対処法についても紹介するので、継続か退職かを冷静に判断したいと思っている人にもおすすめです。また、いざというときに知っておきたい退職の手順や転職に役立つサイトも併せてご紹介します。

看護師の離職率について

まず、看護師業界の転職状況を見てみましょう。看護師の離職率には新型コロナウイルス感染症による影響がみられるなど、人手不足に悩む病院や施設も多い状況が続いています。詳しく見てみましょう。

2020年度の離職率は10.6%

“参考:公益社団法人日本看護協会日本看護協会調査研究報告」”

2022年4月公開の「2021年病院看護・外来看護実態調査」によると、2020年度の正規雇用看護職員離職率は10.6%でした。厚生労働省が発表した「令和2年雇用動向調査結果『入職と離職の推移』」によると全職種の一般労働者離職率は10.7%であるため、平均に近い離職率であることがわかります。

既卒者と新卒者で比べると、2020年度の既卒者離職率が14.9%であるのに対して新卒者は8.2%と、既卒者の離職率が高い傾向です。ある程度の経験を積んだのちにステップアップや待遇改善のため転職を考える既卒者が多いものと考えられます。

2019年度の増加は新型コロナの影響も?

それまで横ばいを続けていた離職率が2019年度に増加傾向を見せました。2019年度は新型コロナウイルスが蔓延し始めた2020年1月~3月も含まれるため、離職率に影響を与えた可能性があります。

実際に、公益社団法人日本看護協会の「看護職員の新型コロナウイルス感染症対応に関する実態調査」では、新型コロナウイルスを関連した退職が病院全体の15.4%となっています。

また、2020年度に実施された、公益社団法人日本看護協会「2020年度の病院看護・外来看護実態調査」でも、新型コロナウイルスに関連する退職者が出た病院が10%近くとなっており、影響を無視できない数値です。

しかし、2020年度においては離職率が平年並みに戻ったことから、必ずしもコロナウイルスだけが影響しているとは言えないでしょう。

看護師を辞めたい人たちのさまざまな理由

 

続いて看護師の退職理由で多い理由をご紹介します。

  • 残業や夜勤が辛い
  • 人間関係の煩わしさ
  • プレッシャーに耐えられない
  • 給料が仕事量に見合っていない
  • 患者とのコミュニケーションが辛い
  • 自分には看護師が向いていないと感じる
  • 結婚・出産・介護などと両立できない

同意できるものも多いのではないでしょうか。以下でそれぞれの理由について詳しく解説します。

残業や夜勤が辛い

看護師は仕事柄残業や夜勤が多いため、身体や精神的な疲れを感じる人が多いようです。

日本医療労働組合連合会「2017年看護職員の労働実態調査結果」によると、日勤終業後の時間外労働が30分以上と答えたのは73.9%でした。準夜勤・深夜勤でも56.6%、63.8%とかなり高く、時間外労働が常態化していることがわかります。また、休日も家事や睡眠に充てる人が多く、趣味に時間を使うことが難しいことも問題視されています。

このように、残業や夜勤、シフト制の出勤で自分の時間が取れず、退職を考える人が多いようです。

人間関係の煩わしさ

人間関係の煩わしさによって退職を決意した例も多く見られます。職員同士のいざこざや、上司によるパワハラなど、さまざまな要因で精神面にダメージを受けることがあるようです。

看護師は責任のある仕事であるため、指導が厳しくなりすぎたり、一人ひとりに求める仕事の質が高くなりすぎたりする場合があります。また、ベテラン看護師とのコミュニケーションが困難という意見もみられました。

プレッシャーに耐えられない   

看護師の仕事の責任に耐え切れず退職する例もあります。

もともと命にかかわる責任の重い仕事であることに加え、長く続けることでさらに大きな責任を負うことがほとんどです。主任やリーダーといった役職を持つと、通常業務に加えて部下の教育や管理も行わなければならなくなります。自由に休みを取ることも難しくなるため、転職を考える場合が増えるようです。

給料が仕事量に見合ってない

仕事量の多さに給料が見合っていないという意見も多いです。仕事量や給料は病院や施設によっても大きく異なるため、ステップアップや待遇改善のためによりよい病院への転職を考える人も多いでしょう。

しかし、看護師の給料は他業種に比べると高い水準にあります。責任が重く重労働であることを考慮すると見合わない給料かもしれませんが、他業種に転職することで給料が下がり後悔する可能性もあるため注意が必要です。

患者とのコミュニケーションが辛い

看護師をしているとどうしても関わらなくてはならないのが、患者やその家族です。「患者や家族との会話が難しい」「クレーム対応が辛い」「患者からセクハラを受けた」など、患者とのコミュニケーションが退職につながる場合もあります。

職員との人間関係は上司に相談することで対策できることもありますが、患者との人間関係は対策が難しいでしょう。素行に問題のある患者がいても看護師の裁量に任せられてしまうことも多く、ストレスを感じることが多いようです。

自分には看護師が向いていないと感じる

看護師の仕事に向いていないのではないか」と感じて退職を決意することもあるでしょう。常にプレッシャーを感じながら仕事をしなければならず、ミスが許されない環境で自信を無くしてしまう看護師も多いです。

また、大学や専門学校等で勉強をして仕事に就いたにもかかわらず、更新され続ける医療の知識を勉強し続けなければならないことや、忙しくて想像していたような業務ができないことなど、就職前とのギャップに苦しむこともあるでしょう。

結婚・出産・介護などと両立できない

看護師の仕事は多忙で、休みが自由に取りにくい傾向があります。看護師を続けたいと思っていても、結婚・出産・介護といった家庭の事情で退職せざるを得なかった例も多いです。

家庭の事情を考慮して時短勤務や夜勤を免除してもらうこともできますが、同僚や上司とのコミュニケーションが難しくなり、関係性の悪化を懸念する人も多いでしょう。

看護師を辞めたいと思ったときの対処法とは?

考える 疑問 Q&A

では、看護師を辞めたくなった場合にはどうすればよいのでしょうか。看護師は誰にでもできる仕事ではありません。仕事にやりがいを感じているのであれば衝動的に辞めようとせず、以下の対処法を試してじっくり考えてみましょう。

辞めたい原因について第三者に相談してみよう

まずは辞めたいと感じた理由を第三者に相談することから始めましょう。信頼できる同僚や上司に悩みを打ち明けることで、気持ちが楽になったり、状況を整理したりすることができます。問題の解決につながる有用なアドバイスをもらえる可能性もあるでしょう。

特に労働環境や人間関係に悩んでいる人、患者とのコミュニケーションに悩んでいる人は、人に話すことで解決につながることも多いです。場合によっては異動を申し出たり、昇給や働き方の見直しなどを打診したりすることもおすすめです。

有給を活用して休むのもあり

余っているのであれば思い切って何日間か有給を取って休んでみることもおすすめです。業務が続いて疲れている状態では、思考がマイナスに傾いてしまいがちです。一度休んで疲れが取れた状態で、もう一度仕事について考えてみましょう

休みを取りにくい、言い出しにくいと感じる人も多いかもしれません。しかし、有給を取ることは労働をする人に平等に与えられるべき権利です。自分のワークライフバランスや今後の人生設計についてきちんと考えるためにも、思い切って休息を取ってみるとよいでしょう。  

看護師を選んだ理由を思い出そう

看護師になるための道のりは決して簡単なものではなかったでしょう。辞めたいと感じているなら、そもそもなぜ看護師を志したのかを思い返すこともおすすめです。

「患者さんを助けたい」「医療にかかわる仕事がしたい」「給料がよい仕事に就きたい」など、たくさんの仕事があるなかで看護師を選んだ理由が何かあるはずです。原点回帰して理由を思い返すことで、看護師でなくてはならないのか否かを判断するきっかけになるでしょう。

他業種と収入を比較してみる

収入のために働いている面が大きいなら、他業種の収入と比較することでモチベーションを保つことができるかもしれません。

厚生労働省令和2年賃金構造基本統計調査」によると、一般労働者と比べて看護師の賃金は高い水準にあることがわかります。

区分 平均賃金
一般労働者全般(全年齢) 30万7,700円
看護師(全年齢) 35万3,200円

“参考:厚生労働省令和2年賃金構造基本統計調査」”

重労働で責任の伴う仕事ではありますが、「お金のために働く」と割り切って仕事をすることで気持ちが楽になる場合もあります。給料が安くても他業種のほうがよいと感じるなら、転職を考えてみてもよいでしょう。

どうしても辞めるなら覚えておきたい退職の手順

前章で紹介した対処法を試してもなお仕事を辞めたいと感じるなら、退職や転職を視野に入れてもよいでしょう。退職するなら、以下の手順を覚えておくとスムーズです。

  1. 退職時期を決める
  2. 退職する旨を上司に伝える
  3. 正式な退職日を相談し、退職届を提出する
  4. 転職先へ入職または失業保険の申請

それぞれのステップを詳しく見てみましょう。

退職時期を決める

まず、就業規則などを確認しながら退職時期を決めましょう。転職を考えている場合には、転職先の希望も含めて時期を考慮します。

就業規則によっては、ボーナス支給日に在籍していても退職時期によっては支給されないなど、細かい決まりごとがある場合があります。よく確認しておきましょう。

退職する旨を上司に伝える

退職時期や転職が決まったら、できるだけ早く上司に報告しましょう。希望通りに退職を進めるためにも、なるべく早く伝えたほうが無難です。退職予定から3ヶ月ほど余裕があると希望が通りやすいといわれています。

この時点で退職の旨を報告する退職願を作成して提出する必要がある場合もあります。

退職理由を聞かれることも多いと思いますが、待遇の悪さや人間関係の問題など、言いづらいことまで話す必要はありません。「スキルアップのため」や「他業種への挑戦」「結婚や出産」など、ポジティブな理由を話すとスムーズです。退職を申し出たあとにも業務は続くため、円満に退職するために前向きな退職理由を伝えるとよいでしょう。

正式な退職日を相談し、退職届を提出する

退職が認められたら、上司や病院と相談しながら正式な退職日を決定します。退職日が決まったら退職届を作成します。

職場に退職届のフォーマットがあるならそれに従いますが、自身で用意しなければならない場合も多いです。退職届に書く内容は、一般的に以下のとおりです。

  • 退職理由
  • 退職日
  • 届出年月日
  • 所属部署・氏名・捺印
  • 宛名

退職理由は細かい事情を書かず、「一身上の都合」で問題ありません。

転職先へ入職または失業保険の申請

無事に退職したら、転職先に入職するか、転職が決まっていない場合には改めて転職活動を行いましょう。

在職中に転職を決めていた場合には、転職先に従って入職の準備を進めましょう。保険の手続きなど退職先に必要な書類を申請しなくてはならない場合もあります。

退職後に転職活動を行う場合は、ハローワークで失業保険の申請を行いましょう。申請することで転職活動中にも給付金の支給があったり、早めに転職を決めると再就職手当がもらえたりします。待機期間が必要になるなどさまざまな条件がありますが、申請しておいて損はないでしょう。

看護師専門のおすすめ転職サイト3選

最後に、看護師の転職に役立つ転職サイトを3つご紹介します。

転職サイト 公式サイト
特徴

看護roo!

  • 豊富な求人情報
  • 転職のプロに意見を聞ける
  • 電話やメール・LINEで転職相談ができる

看護のお仕事

  • 働きやすさや人間関係など職場の情報も豊富
  • LINEやメールで転職活動ができる
医療ワーカー
  • 転職アドバイザーに相談できる
  • 好条件の非公開求人も多数
  • 非常勤の求人も多い

それぞれに異なる特徴があるため、自身の状況にあったサイトを選びましょう。看護師から別の業界に転職したい人は、看護師専門の転職サイトではなく総合型の転職サイトを利用するようにしましょう。

以下は総合型の転職サイトや転職エージェントについてまとめた記事です。別の業界への転職も考えている看護師の方は、ぜひ参考にご覧ください。

転職サイトのおすすめ20選を徹底比較!公開求人数ランキングや選び方も紹介
おすすめの転職サイトを厳選し職種別・タイプ別に20選紹介します。さらに求人の量・質やサポート内容のチェックなど転職サイトの選び方を詳しく説明し、希望条件の明確化やスピード感などスムーズに転職を成功させるために必要なポイントも解説します。
【プロ厳選】転職エージェントおすすめ15選を比較!選び方や賢い使い方も解説【利用者392人の声も紹介】
転職エージェントに興味があるけど、どれを選べばいいか分からないと困っていませんか?本記事ではサービスの選び方のポイント・専門家おすすめの転職エージェント11選をタイプ別に紹介します。転職エージェントのメリット・デメリットや、転職サイトとの違い、かしこい活用法についても紹介します。

看護roo!

※画像引用元:看護roo!公式HP

・運営会社:株式会社クイック
・主要対応エリア:全国対応
・求人数:公開59,555件(2022年4月時点)
・料金:無料
・対応施設形態:一般病院、大学病院、一般+療養、精神病院、クリニック、訪問看護、健診センター、保育園・学校、その他

看護roo!では、おおよそ6万件の豊富な求人数のなかから自分にぴったりの病院を見つけることができる看護師専門の転職サイトです。日勤のみ、土日祝日休みなど、希望条件で絞って検索ができます。

また無料の会員登録をすると、電話やメール、LINEで転職相談を行うこともできます。転職のプロが希望に合った求人情報を厳選してくれるので、忙しい人でも効率的に転職活動が可能です。

看護roo!はこんな人におすすめ!

  • 会員登録せず豊富な求人から転職先を探したい人
  • 転職のプロに意見を聞きながら転職活動したい人
  • 時間や労力をかけず気軽に求人を探したい人

公式HPはこちら

看護roo!についてさらに詳しく知りたい人はこちらの記事もおすすめです。

看護roo!の口コミでわかる評判は?メリットや利用方法を解説
看護学生や若手看護師に人気の転職メディア『看護roo!(カンゴルー)』。その口コミ・評判を独自に調査した結果や、そこからわかったメリット・デメリット、他の転職サービスと違う看護roo!の3つの特徴、具体的な利用方法などを紹介します。

看護のお仕事

※画像引用元:看護のお仕事公式HP

・運営会社:レバレジーズメディカルケア株式会社
・主要対応エリア:全国対応
・求人数:公開132,291件(2022年4月時点)
・料金:無料
・対応施設形態:病院、クリニック、介護施設、訪問看護、健診センター

看護のお仕事は、求人検索と転職支援サービスの2つの軸で転職を応援しています。年4,000回(※2019年度実績)をこえる綿密な職場訪問を行っており、職場の雰囲気や働きやすさなどの情報が豊富なのも特徴です

転職相談は電話だけでなくLINEやメールでも受け付けているため、忙しい人や電話が苦手な人にもおすすめです。すぐに転職を考えている場合のみでなく、「いい求人があったら転職したい」という将来的な転職に向けた相談にも対応しています。

看護のお仕事はこんな人におすすめ!

  • 働きやすさや人間関係を重視して転職したい人
  • LINEやメールで自分のペースで転職活動がしたい人
  • いますぐの転職は考えていないものの転職の情報が欲しい人

公式HPはこちら

看護のお仕事の利用を検討している人はこちらの記事も参考にしてください。

「看護のお仕事」の評判を独自調査!口コミからわかる特徴も徹底解説
看護師の人で「看護のお仕事」を使って転職しようか悩んでいるという人はいらっしゃいませんか?本記事は看護師のお仕事を独自調査し、評判やサービスの特徴を徹底解説。サービスのメリットやデメリット、よくある質問などもわかりやすくご紹介します。

医療ワーカー

※画像引用元:医療ワーカー公式HP

・運営会社:株式会社トライトキャリア
・主要対応エリア:全国対応
・求人数:公開58,684件(2022年4月時点)
・料金:無料
・対応施設形態:病院、クリニック、介護関連施設、訪問看護、企業、その他

医療ワーカーは、看護師一人ひとりに寄り添うサポート力の高さが特徴的です。仕事を続けるかどうか迷っている人のための転職アドバイザー相談と、希望に合わせて求人を探してくれる転職サポートの2つから適したサービスを選ぶことができます。

一般公開されている求人のほか、好条件の非公開求人も多数取り扱っています。会員登録することで非公開求人をメルマガで受け取ることも可能です。また、非常勤の求人も多いので、派遣やパートで働きたい人にもおすすめです。

医療ワーカーはこんな人におすすめ!

  • 仕事を続けるか転職するか決めかねている人
  • 好条件の求人情報を手に入れたい人
  • パート・アルバイトや派遣で働きたい人

公式HPはこちら

医療ワーカーの利用を検討している人はこちらの記事も参考にしてください。

医療ワーカーの評判を徹底解説!リアルな口コミから見るメリットとは
医療ワーカーは全国区の看護師専門の求人サイトです。類似サービスが複数存在するなか、このサイトはどのような特徴を持っているのでしょうか。本記事では医療ワーカーを利用しようか迷っている人に向け、サービスの評判や特徴をメリット・デメリットを交えて紹介します。

まとめ

看護の仕事は肉体的にも精神的にも疲労がたまりやすく、辞めたいと感じることもあるでしょう。辞めたいと思ったら、まずは信頼できる人に相談してみたり、意識的に休息をとったりして今後のことをじっくり考えてみましょう。看護師になることを決意した理由を振り返り、「なぜ看護師を続けたいのか」「なぜ看護師を辞めたいと感じるのか」など自分と向き合うことも大切です。

それでも転職をしたいと感じた場合は、ぜひ転職アドバイザーに相談してみてください。条件に合う求人を探してくれたり、求人情報だけでは分からない職場の情報を教えてくれたりと、自分に合う職場に出会いやすくなるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました