[PR]

JACリクルートメントの評判を口コミで調査!「最悪」「紹介されない」の真偽は?【利用者の取材あり】

転職サービスの評判・口コミ
本ページはプロモーションが含まれています。

JACリクルートメントは、主に30~50代をターゲットにしたハイクラス向け転職エージェントですが、利用した人の口コミや評判が気になる人も多いのではないでしょうか。

本記事では、JACリクルートメントを実際に利用した人に取材をして、担当者の対応など詳しくお答えいただきました。

利用者のリアルな口コミ・評判や、利用するメリット・デメリットを解説しますので、ぜひ参考にしてください。

その他の転職サービスが気になる方は、【プロ厳選】転職エージェントおすすめ23選を比較!求人数ランキングや選び方【利用者の声・裏事情も紹介】 の記事もおすすめです。

編集部
編集部

本記事では、信頼性の高い口コミをお届けするために、転職エージェントの利用者に直接オンライン取材を実施しました。ぜひ参考にしてください。

インタビューを先に見る>>

  • JACリクルートメントは、ミドルクラス・ハイクラス転職に強いエージェント!
  • JACリクルートメントは、外資系企業・海外進出企業求人が豊富!
  • JACリクルートメントは、質の高いコンサルタントによるサポートが受けられる!

\興味を持った人はこちら/
JACリクルートメント公式サイト

利用者アンケート!JACリクルートメントの口コミ・評判

それでは、実際に利用したユーザーから見て、 JACリクルートメントはどのような評判なのか見ていきましょう。

本章では利用者にアンケート調査を実施して得られた口コミを紹介しつつ、口コミを分析した考察も解説します。

本メディアの口コミは、パートナー企業が独自にクラウドソーシングサービスを利用して収集したものです。そのなかから、信頼性が高いと判断した口コミのみを掲載しています。

調査対象 :対象の転職サービスを利用したことのある人
調査期間 :2022年5月
調査回答数:63件 ※転職関連サービスの口コミ合計数

JACリクルートメントを実際に利用した人の口コミを紹介

担当者の対応がよかった

企業担当と、転職者担当の営業マンが同一人物であること。情報がスムーズに企業に伝わっていたと思います。

(東京都/30代/男性/会社員)

独自のサービスが良かった

オンラインを駆使したバーチャル面接など、独創性があるアイデアで就活のフォローをしてくださいました。
(東京都/30代/男性/フリーランス)

案件量が豊富だった

想定していたよりもたくさんの量の案件を紹介させ、じっくり選ぶことができました。
(広島県/20代/男性/会社員)

マッチしていない求人を紹介された

マッチしていないのに、とりあえず出して
というのが多すぎる。面接に行ったら企業の方に
「どうしても面接してくれって言われてね」といわれた。(後略)

引用元:みん評

求人紹には実績が必要

職務経歴が充実していれば【あり】です。
逆の場合、紹介すらしてもらえないでしょう。(後略)

引用元:みん評

口コミからわかったJACリクルートメントとは?

JACリクルートメントの口コミを分析すると、担当者の対応や、求人案件の量についての高い評価が見受けられました。

JACリクルートメントは、外資系企業への転職エージェントとして国内で強いマーケットポジションを持っています。

海外関連業務に携わるグローバル人材や、外資系企業のサービスといった「インターナショナル領域」による事業比率は50%以上と、業界内でも圧倒的なシェアを確立しています。

一方、外資系への転職活動をする人の中には、自身の情報に不足を感じて満足のいく転職ができるのか不安な人もいるでしょう。

その点、JACリクルートメントは担当者の丁寧な対応や専門性の高さによって、外資系への転職活動に不安がある人でも安心して利用できます。

海外関連業務へのキャリアチェンジを考える人は、最初に登録しておきたいサービスといえるでしょう。

\興味を持った人はこちら/
JACリクルートメント公式サイト

JACリクルートメントの概要

※画像引用元:JACリクルートメント公式HP

基本情報
運営会社 株式会社ジェイエイシーリクルートメント
主要対応エリア 北関東・横浜・甲信越・名古屋・静岡・大阪・京都・神戸・中国
求人数 総求人約2万5,000件/公開1万3,153件(2024年2月時点)
料金 無料
利用者の年齢層 30代以上
主なサービスや機能 ・転職コンサルティング
・求人検索
・スカウト・求人オファー機能
得意な業界 サービス・商社・流通・消費財・マスコミ
建設・不動産・金融・IT・通信・WEB
EMC・コンサルティング・シンクタンク
事務所・メディカル・バイオ
医療・介護・福祉 など

\興味を持った人はこちら/
JACリクルートメント公式サイト

類似サービスと比較|JACリクルートメントの特徴

JACリクルートメントについてより理解するために、ミドル世代の転職やハイクラス転職に強いFROM40とビズリーチを比較してみましょう。

転職
サービス
JACリクルートメント FROM40 ビズリーチ
公開
求人数
14,617件 16,912件 77,646件
非公開
求人数
 非公開 3,000件以上 非公開
エージェント機能 なし なし
対応エリア 全国 全国・海外 全国、海外
得意領域 外資系
グローバル求人
40代・50代に
特化した求人
年収1000万円以上の求人
おすすめ
ポイント
  • 外資系や海外の求人
  • 30~50代向けの向け
    管理・技術職が多い
  • 35歳以上が登録可能
  • スカウトサービスあり
  • 優秀なヘッドハンターに
    相談可能
  • 年収1000万円以上の
    求人が3分の1以上
公式サイト

※求人数は2024年2月に編集部で調査

ここでは、比較してわかったJACリクルートメントの3つの特徴を解説します。

そのほかにミドル転職やハイクラス転職に強い転職サイト・転職エージェントを知りたい方は、以下の記事で紹介しているのでぜひ参考にしてください。

40代におすすめの転職サイト14選!女性向け・ハイクラス・未経験などタイプ別に解説【専門家の取材あり】
40代で転職を検討する方は「40代で転職はできるのか?」と不安も抱えるはずです。そこで本記事は、男性向け・女性向け・40代後半・ハイクラス・未経験など40代向けおすすめの転職サイトを紹介。またキャリア支援の専門家に取材をおこない、失敗しない転職のコツや40代の転職事情も解説します。

特徴①キャリアアップ向け求人の多いエージェント

JACリクルートメントの一番の特徴は、30~50代のハイクラス転職を軸に置いているという点です。

課長・マネージャークラス、部長・役員など、役職を持っている人・ハイキャリア向けの求人が多く取り揃えられています。

「いまよりも収入を上げたい」「キャリアを生かしてステップアップしたい」というキャリアアップ転職に特におすすめです。

ほかの大手エージェントサービスと比べても、高収入案件の豊富さには強みがあります。

また、JACリクルートメントは外資系企業やグローバル企業への転職にもおすすめです。

もともとロンドン発祥の日系転職エージェントとして誕生したネットワークを活かし、さまざまなニーズに応えています。

特徴②質の高いコンサルタントがサポート

JACリクルートメントには業界・職種に精通するコンサルタントが約800名在籍しており、国内大手から海外進出企業の転職まで、さまざまなニーズに応えられるサポート力を持っています。

また、コンサルタントは取引する約2万5,000社の企業から求人サイトには掲載されないような情報を得ています。

希望条件や経歴はもちろん、職場の雰囲気などさまざまな情報から最適な求人を紹介してもらえます。

必要に応じて複数のコンサルタントと面談ができ、転職市況や事業戦略などを含めて実用的なアドバイスが得られる点も魅力です。

特徴③転職支援実績が豊富

JACリクルートメントは1988年から累計で約43万人の転職支援実績を誇ります(2022年5月時点)。

年間約6万7,000人がサービス登録しており(2022年5月時点)、転職支援実績の豊富さがうかがえるでしょう。

2017年の転職決定者の決定職種・年齢を見てみましょう。

“画像出典:JACリクルートメント転職支援実績」”

職種は技術系、営業、管理部門・バックオフィスの実績が特に多く見られます。

年齢層は、ターゲットとしている30~50代が大半を占めました。

これらの職種や年齢に当てはまるなら、JACリクルートメントの利用が特におすすめといえるでしょう。

\興味を持った人はこちら/
JACリクルートメント公式サイト

JACリクルートメントのメリット・デメリット

続いて、JACリクルートメントを利用するメリットとデメリットを解説します。

JACリクルートメントのメリット

調査からわかったJACリクルートメントを利用するメリットを詳しく解説します。

メリット①ハイクラスの転職が可能

まず、JACリクルートメントではハイクラス転職が可能であることが大きなメリットです。

FROM40は40代・50代に特化した求人が得意であるものの、ハイクラスの求人が多いわけではありません。

JACリクルートメントは独自の好条件求人も多く、転職支援サービスに登録することで紹介してもらえる非公開求人も豊富です。

また、役職を持ったハイキャリア転職だけでなく、スキルを持つ技術職・専門職の転職にもおすすめです。

魅力的なスキルがあれば、条件交渉によって好待遇や高年収の転職も夢ではありません。

JACリクルートメントなら、技術職や専門職に精通したコンサルタントによるサポートが受けられます。

メリット②転職のための丁寧なサポートが得られる

JACリクルートメントのコンサルタントは、転職者一人ひとりに合わせた丁寧なサポート力に定評があります。

部門・業界それぞれに専任コンサルタントが在籍しています。

専任のコンサルタントがいる業界・職種は次の通りです。

  • 管理部門
  • 金融業界
  • マニュファクチュアリング業界
  • 化学メーカー(化学/素材業界)
  • 流通/外食業界
  • メディカル(医療)業界
  • IT(情報/ソフトフェア/SI/コンサルティング)
  • Webサービス/ゲーム業界
  • サービス/物流/商社
  • 不動産/建設業界
  • コンサルティング業界

このように、部門・分野別に特化したコンサルタントから最新の転職市況や需要に合った適切なアドバイスが得られます。また、入社後のフォローも行なっているので安心です。

メリット③グローバルな企業への転職がしやすい

JACリクルートメントはもともとイギリス初の日系人材紹介会社として誕生しました。

現在はアジアを中心にネットワークを広げており、海外進出を目指す人や外資系企業で働きたい人向けの求人が多く扱われています

現在は日本、シンガポール、マレーシア、インドネシア、タイ、中国、香港特別行政区、韓国、ベトナム、インド、英国、ドイツの世界12ヶ国に拠点を構えています。

グループ内で連携が取れるため、日本国内のみならず海外に拠点を持つ海外進出企業の求人案件も豊富です。

英語スキルや中国語スキルなど、言語力を活かした職探しもできます。自身の強みを活かして転職活動ができるでしょう。

\興味を持った人はこちら/
JACリクルートメント公式サイト

JACリクルートメントのデメリット

続いて、JACリクルートメントを調査してわかったデメリットについて解説します。

デメリット①キャリアによっては求人紹介がない

利用者のキャリアやスキル・希望条件によっては求人紹介を受けられない可能性があります。

転職エージェントでは、スキルや経歴をもとに利用者の希望条件に適した求人案件を紹介します。

つまり、スキルや経歴と希望条件が見合っていない場合は、求人を紹介することができないのです。

特にJACリクルートメントでは、30~50代のハイキャリア転職をターゲットにしています。

取り扱う求人案件はハイクラス・好待遇のものが多いため、ある程度のスキルや経歴がない場合には案内できる案件がない可能性が高いです。

20代の初めての転職や、経歴やスキル・学歴のない転職など、JACリクルートメントの利用に向いていない転職もあるので注意しましょう。

デメリット②求人数は少なめ

JACリクルートメントの求人案件数はおおよそ2万5,000件です(2022年5月時点)。

ビズリーチのような大手転職サービスでは、7万件以上の求人案件を保有していることもあるため、物足りなく感じる人もいるでしょう。

しかし、求人案件数は多ければよいというものでもありません。

JACリクルートメントはハイクラス転職に特化しており、取り扱う業界や職種も限定しています。

つまり、求人数は少なめではあるものの、より質にこだわった求人紹介が受けられるメリットでもあります。

質にこだわった求人案件で、コンサルタントは各企業の情報を詳細につかむことができるため、アドバイスもより正確で実用的なものが得られるでしょう。

デメリット③コンサルタントとの相性が合わないケースもある

コンサルタントとの相性が悪く、転職活動が思うように進まなかったという口コミも見られました。

コンサルタントとの相性はJACリクルートメントだけでなく、ほかの転職エージェントでも転職活動の成功に大きくかかわる部分です。

優秀なコンサルタントであったとしても、転職者の希望や要望に合わなければ満足度の高いサービスは得られません。

転職エージェントサービスは対人でコミュニケーションを取る必要があるため、人によって合う合わないがあることも仕方のないことでしょう。

対応策として、コンサルタントとうまく転職活動を進めていくには、希望や要望をきちんと伝えていくことが大切です。

無理な要望を出すことはできませんが、「こういう条件の仕事がないか」など詳細に希望条件を伝えることで、紹介される求人がよりマッチングしやすくなります。

他の転職エージェントサービスとも比較したい人にはこちらの記事もおすすめです。

【プロ厳選】転職エージェントおすすめ23選を比較!求人数ランキングや選び方【利用者の声・裏事情も紹介】
どの転職エージェントを利用したらいいか迷っている人に向けて、専門家厳選のおすすめサービス23選を紹介します。20代、30代、40代、女性、ハイクラス、エンジニア向けなどタイプ別と、公開求人数ランキングや信頼できるエージェントの選び方・実際に利用者に取材をおこない、リアルな口コミ評判や裏事情も解説しているので、ぜひ参考にしてください。

【インタビュー】転職エージェントを実際に利用した人の声

マイナビニュース転職メディアでは、信頼性が高い利用者の声をお届けするために、実際に転職エージェントを利用して転職された方に、オンラインインタビューをおこないました。

Q:転職を決めたきっかけは何ですか?

前職の在職年数が5年を超え、将来のキャリアを考えたときに、転職をして自分自身の市場価値を上げたいと考えたからです。

編集部
編集部
 

前職がIT企業の営業職で、転職後はITコンサルタントと職種が変わっていますが、転職を決めたときには、すでに職種の変更を視野に入れていた感じですか?

自分のスキルや知識を活かしてキャリアアップしたかったので、その条件で求人を探したときに、ITコンサルタントなら希望に合った転職ができると思いました。

Q:JACリクルートメントを選んだ理由は?

IT業界に精通している転職エージェントと、大手が運営していて選択肢を広く探せる転職サイトの2つを併用したいと考えていて、たどり着いたのがJACリクルートメントと、リクナビNEXTでした。

Q:JACリクルートメントは本当に業界の事情に詳しい?

詳しかったですね。おそらく、この業界にはこの人が担当というシステムになっていると思います。なんなら、「もともとこの業界で働いてました」という担当者もいる気がしますね。

編集部
編集部

自分の希望する業界に詳しいことが伝わると、安心感がありますよね。

分かってくれてるんだなと思いますね。
例えば、IT業界を志望しているのにプリンター営業の求人を紹介されても困るじゃないですか(笑)。
他の総合型の求人サイトの担当者は、ちょっとわかってないかな?と感じることもありました。

Q:JACリクルートメントを利用して残念に感じた点は?

求人数としてはハイクラスを自称するだけあり、数として少ないと感じました。

編集部
編集部

確かに、JACリクルートメントの求人数はビズリーチなどのサービスと比べると少ないですね。求人の質やマッチ度はどうでしたか?

ハイクラスとされる求人が多数あり、質は高いと思いました。
ただ、自分の場合、主担当とは別の人から、マッチしていないと感じる求人紹介を受けたことがありました。でも、しつこいというほどではありませんでした。

編集部
編集部

求人の質は高いですが、自分に合っている求人かどうかは注意して見極めるべきということですね。

Q:JACリクルートメントが向いている人は?

JACリクルートメントは、高収入の案件も多いですが、外資系やITコンサルの求人がメインなので、専門知識やスキルがある人には、おすすめです。

編集部
編集部
 

転職エージェントのサポートをうまく活用するポイントなどは、ありますか?

履歴書添削や面接対策など使えるサポートは積極的に利用した方が良いです。

一般的な中途採用面接で必ず聞かれる質問に絞って対策してもらったため、本番でも焦らず受け答えができました。

あとは、担当者には直球に「将来こんな人になりたい。年収は〇〇万円欲しい」という希望を伝えた方が良いです。

(その希望が)自身の実態に見合ってない場合は、訂正してくれるし、エージェントも対策が立てやすくなると思います。

編集部
編集部

なるほど。恥ずかしがらず、しっかりと自分の要望を隠さずに伝えることが大切なんですね。

 
★編集部コメント

今回インタビューしたIさんはIT企業の営業職からITコンサルタントに、キャリアチェンジを伴う転職を成功された30代の男性です。

JACリクルートメントは各業界への知見が深く、高年収な求人が多いのは事実ですが、時には要望にマッチしていない求人を紹介される可能性もあるので、自分の頭で判断することが大切です。

Iさんのお話しにもありましたが、エージェント担当者には、希望年収や職種など、素直に伝えることも覚えておきましょう。第3者の視点でフィードバックしてもらえ、一歩前進できるはずです。

JACリクルートメントが向いている人・向いていない人

JACリクルートメントの利用が向いている人と向いていない人は以下のとおりです。

JACリクルートメントが向いている人 JACリクルートメントが向いていない人
  • キャリアアップ転職や外資系企業への転職を目指している
  • 役職やキャリアを持つ主に30~50代の転職希望者
  • 転職支援実績が豊富でサポート力の高いサービスを選びたい
  • 20代のはじめての転職
  • 経歴やスキル・学歴に自信がない
  • 多くの求人から選びたい

JACリクルートメントはハイクラス転職に向いている転職エージェントのため、20代や経験・スキルに自信のない人には向いていません

20代におすすめの転職エージェントをタイプ別で知りたい方は、以下の記事がおすすめです。

【20代・第二新卒向け】おすすめの転職エージェント16選をタイプ別に紹介|専門家の取材あり!
20代の転職は初めてのケースが多く、不安があるかもしれません。そこで未経験・経験の少ない20代や第二新卒の人ににおすすめなのが、転職エージェントです。本記事では20代や第二新卒向けのおすすめ転職エージェントを紹介。専門家へのインタビューも踏まえて初めての転職活動に役立つ情報も解説します。

JACリクルートメントを利用する流れ

JACリクルートメントを利用する際の各ステップについて以下で詳しく解説します。

1.サイトで登録をする

まずはJACリクルートメントの公式サイトから新規会員登録を行いましょう。フォームに従って情報を入力していくだけなので、簡単に登録できます。

登録に必要な情報は次の通りです。

  • 住所(都道府県)
  • 直近の経験職種
  • 直近の年収(額面)
  • メールアドレス

上記の基本情報を登録したら、登録したメールアドレスに詳細な登録へのURLが送信されます。そのページにアクセスし、ログイン用のパスワードや職務経歴を入力して会員登録が終了します。

2.コンサルタントと面談

登録が完了すると、JACリクルートメントのコンサルタントから連絡が来ます。コンサルタントのキャリア面談の日程や方法を決めましょう。キャリア面談は拠点オフィスでの面談のほか、Webや電話でも可能です。

キャリア面談では、転職の目的や希望条件、経歴、能力、適性、業界動向などに基づいてキャリアプランを提案してもらえます。「まだ具体的に転職の希望条件を考えられていない」「自身のスキルが役立つかわからない」という人でも、コンサルタントが客観的に分析してくれるので安心です。

よい条件の求人が見つかれば、その場で求人情報の紹介も受けられます。

3.転職サポートを受ける

紹介された求人に気に入ったものがあれば、面接に進むことができます。その前に、JACリクルートメントでは転職サポートを受けることも可能です。例えば、次のようなサポートがあります。

  • 応募書類の添削
  • 面接対策
  • キャリアアップセミナー
  • 企業セミナー
  • 個別転職相談

また、応募企業への連絡や日程調整など、細かい業務はすべてコンサルタントに任せることができるので、現職で多忙な場合にも安心です。

4.応募企業との面接

書類選考に通ったら、企業との面接に進みましょう。面接対策を受けることもできるので、ひとりで転職にのぞむよりも落ち着いて面接に取り組むことができます。

面接の結果はコンサルタント宛てに届きます。内定がでたら、コンサルタントを通じて条件交渉や入社日の調整などを行いましょう。内定がでたからといっても、必ず入社しなければならないわけではありません。コンサルタントと相談しながら転職を判断しましょう。

また、退職の手続きに関するアドバイスも受けられます。助言を受けながら、円満退社を目指しましょう。

\興味を持った人はこちら/
JACリクルートメント公式サイト

転職エージェントでよくある質問

最後に、転職エージェントを利用した転職についてよくある疑問とその答えを解説します。サービスによって異なることも多いので、疑問点があればサイトの問い合わせフォームやよくある質問のページを参照するとよいでしょう。

転職エージェントと転職サイトの違いは?

転職エージェントは、コンサルタントが転職者の希望やスキルに合わせて求人情報をマッチングしてくれるサービスです。企業との間にコンサルタントが入ることで、求人紹介や企業との連絡といった業務を代行してくれます。

一方転職サイトは求人情報を掲載するサイトです。転職者が自身の希望に合わせて条件を絞って検索することで、自分のペースで転職活動ができる点はメリットです。企業との連絡も直接行うことになるため、よりダイレクトな転職活動に役立ちます。

転職サイトとエージェントサービスを併用できるサイトなどもあり、2つの長所を兼ね備えた転職活動が可能になります。

担当コンサルタントは変更可能?

相性が合わない場合には、担当コンサルタントを変更してもらうこともできます。転職は数ヶ月かかるため、相性の悪いコンサルタントと連絡を取り合うよりも変更を申し出たほうが効率がよくなる可能性があります。

変更はコンサルタントへ直接申し出るか、サービスの問い合わせフォームや窓口に連絡しましょう。「ほかのコンサルタントとも話をしてみたい」と伝えると角が立ちづらいです。

ただし、あまりに頻繁にコンサルタントの変更をしていると、転職への意欲が低いととらえられてしまう恐れもあります。少し気に入らないからといってすぐに変更を申し出ず、自分の意見を伝えるなどして歩み寄る努力も行いましょう。

退会の方法を教えて

転職が決まった場合や、ほかのサービスを利用することに決めた場合、退会手続きを行いましょう。退会しないまま放置していると、進捗をたずねるメールや電話がくる可能性があります。

JACリクルートメントの場合は、担当コンサルタントまたはサポート窓口に次のようにメールをする必要があります。

・宛先: entry-info@support.jac-recruitment.jp
・件名: 転職活動終了
・本文: ①氏名 ②生年月日 ③ご登録時の電話番号 ④理由(ex.転職先の決定など)

ただし、転職活動終了の連絡をした場合にも提出した書類を返却してもらうことはできません。退会時に破棄してもらえますが、次の転職に活かしたいならコピーしておくことをおすすめします。

今すぐ転職の予定はなくても登録はできるの?

多くのエージェントサービスで、転職相談だけでの利用は認められています。「転職するか続けるか迷っている」「条件のよい求人があれば転職したい」という人も登録は可能です。JACリクルートメントも、コンサルタントに相談したいという理由で利用している人がいます。

キャリアコンサルタントは、転職者のスキルや経歴を見て強みを分析する能力に長けています。自身でわからなかった強みを客観的に見て判断してくれるので、相談することで新たな可能性に気付くこともあるでしょう。 

JACリクルートメントを利用すると会社にばれる?

JACリクルートメントを利用して転職活動をしても、会社にばれるリスクはありません。応募前に求職者情報を見れるのは、企業側ではなくコンサルタントのみです。

また、情報漏洩は会社の信用を落とすため、JACリクルートメントでは情報管理を徹底しています。コンサルタントも十分注意して個人情報を扱っているので、情報漏洩を心配する必要はありません。

登録しても門前払い・求人が紹介されないって本当?

年収が低い場合は、JACリクルートメントに登録しても求人を紹介されない可能性があります。JACリクルートメントの求人検索画面では、希望年収の下限が500万円以上からしか選べません。そのため、目安として年収が300万円台の場合は面談を断られるかもしれません。

ただし、役職を持っている人やハイキャリア向けの求人が多く取り揃えられているので、キャリアアップ転職にはおすすめの転職エージェントです。

\興味を持った人はこちら/
JACリクルートメント公式サイト

まとめ

JACリクルートメントは30~50代のハイクラス転職、また技術職・専門職の転職に特化した転職エージェントです。ロンドンで発祥したサービスで、日本を含め世界12ヶ国とのグローバルネットワークがあります。ネットワークを活かした外資系企業求人や海外進出企業求人にも強いです。

在籍するコンサルタントは業界や職種に精通しており、より効果的で実用的なアドバイスが得られます。ハイクラス転職に特化しているため、求人数や対象者がやや少ないというデメリットはありますが、キャリアアップを目指す転職には大いに役立つでしょう。

JACリクルートメントを活用して、待遇改善や高年収を目指したハイクラス転職を成功させましょう。

\興味を持った人はこちら/
JACリクルートメント公式サイト


◆記事で紹介した商品・サービスを購入・申込すると、売上の一部がマイナビニュース・マイナビウーマンに還元されることがあります。◆特定商品・サービスの広告を行う場合には、商品・サービス情報に「PR」表記を記載します。◆紹介している情報は、必ずしも個々の商品・サービスの安全性・有効性を示しているわけではありません。商品・サービスを選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品・サービススペックは、メーカーやサービス事業者のホームページの情報を参考にしています。◆記事内容は記事作成時のもので、その後、商品・サービスのリニューアルによって仕様やサービス内容が変更されていたり、販売・提供が中止されている場合があります。
タイトルとURLをコピーしました