[PR]

転職エージェントの費用は有料?無料?キャンセル手数料なども解説

転職ノウハウ
本ページはプロモーションが含まれています。

転職活動をサポートしてほしいので、転職エージェントを試してみたい。でも「転職エージェントは無料だと聞いたけれど、どうしてタダで利用できるの?」「途中で解約したらキャンセル料はかかる?」などの疑問や不安を持っていませんか。

編集部
編集部

そこで本記事では、転職エージェントの費用について徹底解説します!

転職エージェントを利用したいれど費用が気になる方や、転職エージェントを利用にしてもほんとうに大丈夫なのかと思っている方も、本記事を読めば転職エージェントの費用に関する疑問や不安が解消するはずです。

無料で利用できる転職エージェントのサービス内容

転職エージェントのサービスはすべて無料で利用できます。利用の流れに沿って、転職エージェントがどのようなサービスをおこなっているのかを見ていきましょう。

  1. 登録
  2. キャリアアドバイザーと面談
  3. 応募書類の作成
  4. 求人紹介・応募・書類選考
  5. 企業との面接
  6. 内定・退職・入社

1.登録

ほとんどの転職エージェントでは、利用者から登録料などを受け取らずに、無料で登録できます。

転職エージェントは、次の2つのタイプに大きくわけられますが、それぞれのタイプから複数の転職エージェントを選んで登録した場合でも無料です。

  • 総合型:すべての業種・職種、年齢層、エリアの求人を網羅的に取り扱う転職エージェント
  • 特化型:特定の業種・職種、年齢層、エリアの求人に特化・強みがある転職エージェント
編集部

編集部

総合型と特化型からそれぞれ1~2つずつ、全部で2~3の転職エージェントを併用するのがおすすめです。

2.キャリアアドバイザーと面談

登録したら、キャリアアドバイザーと呼ばれる担当者と面談をします。この面談も無料で利用できます

面談では、キャリアアドバイザーのアドバイスを受けながら、キャリアの棚卸し自己分析をおこない、転職軸を決めて、希望条件のリストアップや優先順位づけをします。

編集部

編集部

この面談のなかでの自己分析や希望条件の整理が、転職活動の方向を決定づけます。疑問や不安なことは、漠然としていたり、小さなことでも、キャリアアドバイザーに相談しましょう。

3.応募書類の作成

面談で転職活動の方向が決まったら、履歴書職務経歴書などの応募書類を作成します。

書類作成のアドバイスや添削も無料で利用できます。

編集部

編集部

書類選考を突破しないと、面接に進めません。キャリアアドバイザーのサポートを受けながら、求人企業の担当者に興味をもってもらえる応募書類を作りましょう。

4.求人紹介・応募・書類選考

応募書類の作成と並行して、面談で明らかになった自分にマッチした求人を、キャリアアドバイザーが公開求人・非公開求人なかから選んで紹介してくれます。もちろん紹介料などはかかりません

応募する場合は、自ら応募するのではなくキャリアアドバイザーから企業に推薦してもらい、書類選考に進むことになります。

編集部

編集部

紹介された求人が合わないと感じた場合は断ってかまいませんし、そのことでキャンセル料を請求される心配もありません。

5.企業との面接

書類選考に通過したら、求人企業の面接を受けることになりますが、面接日時のセッティングはキャリアアドバイザーがおこなってくれます

面接についてのアドバイスや模擬面接などの事前対策もキャリアアドバイザーがしてくれますこれらのサービスも無料で利用可能です

編集部

編集部

面接に同席したり、面接会場の近くまで同行してくれる転職エージェントもあります。

6.内定・退職・入社

面接を受けると、キャリアアドバイザーを通じて合格・不合格が伝えられます。内定が決まった場合は、内定通知書をよく確認して、内定を受諾するか、辞退するかを決めましょう。企業への返事はキャリアアドバイザーがしてくれます

内定を受諾する場合は入社するまでに、転職先企業との入社時期・職責・勤務条件などの調整や、現在在籍している会社の退職手続きが必要です。このような調整や交渉もキャリアアドバイザーがサポート・代行をしてくれます。

転職に慣れていない方にとって、ひじょうに心強いサービスですが、これらもすべて無料です

編集部

編集部

入社後もキャリアアドバイザーによるフォローをしてくれる転職エージェントもあります。

転職エージェントを無料で利用できる理由

手厚いサービスが受けられる転職エージェントですが、なぜ無料で利用できるのでしょうか。ここでは、その理由を解説します。

  • 法律上求職者から料金を受け取れない
  • 企業から成功報酬を受け取れる
  • 転職エージェントに企業が支払う成功報酬の相場
  • 高い報酬を支払ってまで企業が転職エージェントを利用する理由

法律上求職者から料金を受け取れない

転職エージェントが無料で利用できる理由のひとつは、職業安定法(職安法)という法律が関係しています。

転職エージェントは、職安法上、有料職業紹介事業者にあたります。この有料職業紹介事業者は、原則として「求職者からは手数料を徴収してはならない」(第32条の3第2項)とされているのです。

引用:職業安定法有料職業紹介事業

企業から成功報酬を受け取れる

転職エージェントが無料で利用できるもうひとつの理由は、求人企業から成功報酬を受け取ることができるためです。

転職エージェントでは、利用者に求人を紹介し、その利用者を採用した場合に、求人企業から転職エージェントに手数料が支払われるというビジネスモデルを採用しています。

編集部
編集部

そのため、利用者から手数料や報酬を受け取らなくても経営が成り立つのです。

転職エージェントに企業が支払う成功報酬の相場

転職エージェントが求人企業から受け取る成果報酬の金額の相場は、転職者の年収の30〜35%といわれています。

つまり、転職者の年収が700万円の場合は210万~245万円、年収1,000万円の場合では300万~350万円という、数百万円の高額な成功報酬を転職エージェントに支払う必要があります。

転職エージェントと、転職エージェント以外の方法との違いを表で比較してみましょう。

  転職エージェント 転職サイト・求人サイト ハローワーク
求人企業が
支払うコスト
成功報酬:転職者の年収の30~35%

掲載料金型:2週間掲載につき40万〜100万円
採用課金型:採用1口につき1万〜10万円
応募課金型:応募1口につき数千〜2万円

無料
企業のニーズ

採用意欲が高い
応募者を絞り込みたい

大量採用をしたい
採用にコストをかけたくない

採用にコストをかけたくない

募集職種

経営幹部・管理職
技術職などの専門職
次世代リーダー候補

事務職
営業職
現業職

事務職
営業職
現業職

高い報酬を支払ってまで企業が転職エージェントを利用する理由

数百万円という高額な成功報酬を支払ってまで、求人企業が転職エージェントを利用するのはなぜなのでしょうか。それは、自社にマッチしていて、重要な職責を任せられる人を採用する必要があるためです

経営幹部・管理職、技術職などの専門職、次世代リーダー候補といった、重責を担う仕事に携わる人を採用するときは選考に手間と時間がかかります

そのため、多くの転職希望者の情報を保有し、採用活動のプロである転職エージェントが、応募者のキャリア、スキル、人柄などを細かくチェックしており、企業の採用・人事部門の仕事の一部を代行しているともいえるでしょう

編集部

編集部

転職エージェントを利用する企業は、高い成功報酬が負担できて、応募者を絞り込む必要がある大手企業や人気企業が多い傾向があります。

有料サービス付きの転職エージェント・転職サイト

転職エージェントの料金は基本的に無料です。しかし、有料プランがあったり、他の事業者と連携して有料サービスを提供している転職エージェント・転職サイトもあります。ここでは、2つのサービスを紹介します。

※2023年8月編集部調べ。表および紹介文のなかの金額は税込み

転職サービス ビズリーチ doda X
キャリアコーチング
ビズリーチ doda X
得意分野 ハイクラス転職 ハイクラス転職
価格 5,478円 / 5,500円 2万1,780円
期間 30日 / 1ヵ月 1ヵ月
公式サイト

ビズリーチ

※画像出典:ビズリーチ公式サイト

運営会社 株式会社ビズリーチ
対応エリア 全国、海外(中国、アメリカ・カナダ、ヨーロッパ他)
サポート方法 東京、名古屋、静岡、大阪、広島、福岡
価格 ・スタンダードステージ(無料プラン):0円
・プレミアムステージ(有料プラン)
 Web決済:30日間 5,478円 / App Store決済:月額5,500円

ビズリーチは、ハイクラス求人に特化したスカウト型の転職エージェントです。

ビズリーチでは、サービスを利用するための会員ステータスが、無料のスタンダードステージと、有料のプレミアムステージの2つにわかれます。

ビズリーチでは、企業を直接紹介したり、面談をおこなうことはないので、有料プランがあっても違法性はありません

編集部
編集部

全求人・スカウトの検索・閲覧などを利用するには、有料のプレミアムステージに加入する必要があります。

ビズリーチはこんな人におすすめ!

  • 年収・キャリアアップを目指している人
  • 専門的な経験・知識がありハイクラスの転職をしたい人
  • 自分のキャリアプランや将来像が明確な人

doda X キャリアコーチング

doda X

※画像出典:doda X キャリアコーチング公式サイト

運営会社 パーソルキャリア株式会社
対応エリア 日本全国、海外
サポート拠点 東京、横浜、札幌、仙台、静岡、名古屋、大阪、京都、神戸、岡山、広島、福岡
価格 コーチング:2万1,780円/30分×4回 (約1ヵ月)

doda X キャリアコーチングは、ハイクラス転職エージェントのdoda X(デューダエックス)と、クラウドコーチングサービスのYeLL(エール)が連携して提供するキャリアコーチングサービスです。

doda X キャリアコーチングも、転職そのものを目的としたキャリア相談ではないため、有料プランがあっても違法性はありません

編集部
編集部

1回30分の電話セッションを、月4回おこないます。

doda X キャリアコーチングはこんな人におすすめ!

  • 抱える悩みを言語化したい人
  • シンプルなコースを利用したい人
  • 高額な費用をかけたくない人

doda X キャリアコーチング
公式サイトを見る

転職エージェントを利用するメリット

転職エージェントを利用した転職活動には、費用がかからないという以外にも、多くのメリットがあります。ここでは、そのメリットを3つ紹介します。

  • 非公開求人の閲覧・応募ができる
  • 選考対策のサポートをしてくれる
  • 転職手続きや入社手続きのサポートをしてくれる

非公開求人の閲覧・応募ができる

転職エージェントを利用すると、一般には公開されていない非公開求人の閲覧や応募ができます

非公開求人には、一般に公開すると応募が殺到する可能性がある好条件の求人や、他社や自社社員に秘密にしたい重要人事に関わる求人などが含まれている可能性があります。

編集部

編集部

非公開求人は、キャリアアドバイザーがあなたにマッチしていると判断したときに紹介してくれます。

選考対策のサポートをしてくれる

選考対策とは、キャリアアドバイザーによる、職務経歴書や履歴書など応募書類の添削や、面接のシミュレーションなどを指すのが一般的です。

転職エージェントを利用していると、それに加えて、目先のことだけではなく、キャリア全体を俯瞰し、効率的な転職活動ができるようにリードしてくれます

編集部

編集部

選考対策は、自己流ではうまくいかないこともあります。転職ノウハウと企業にコネクションがあるキャリアアドバイザーにリードしてもらったほうが内定を得やすいです。

転職手続きや入社手続きのサポートをしてくれる

内定が決まると、転職先企業の担当者と入社時期・職責・年収・勤務条件などを交渉・調整をする必要があります。それと並行して、在職中企業で仕事の引継ぎ退職時期などの調整をおこなわなければなりません。

転職エージェントを利用していれば、在職中企業に禍根を残さない退職交渉と、ときにはシビアになるかもしれない転職先企業への入社交渉を、キャリアアドバイザーがリード・代行してくれます

編集部

編集部

退職・入社交渉は、自らおこなうよりも、プロであるキャリアアドバイザーに任せたほうがうまくいくことも多いです。

転職エージェントを利用するときの注意点

さまざまなメリットがある転職エージェントですが、気をつけなければならない点もいくつかあります。ここでは注意点を4つ紹介します。

  • 求人紹介・推薦の範囲が狭まることがある
  • 書類選考が通過しにくいことがある
  • 得意としていないエリアがある
  • キャリアアドバイザーとの相性が合わないことがある

求人紹介・推薦の範囲が狭まることがある

転職エージェントにたくさんの求人情報が集まっていても、その求人情報の紹介や企業への推薦をしてもらえないことがあります

キャリアアドバイザーに「この求人は、あの利用者にはミスマッチだな」と判断されてしまうことがあるためです。

編集部

編集部

自分でも求人情報を積極的に集める必要があります。他の転職エージェントや転職サイトを併用するとよいでしょう。

書類選考が通過しにくいことがある

企業が転職エージェントと、転職エージェントではない方法(転職サイト、ハローワーク、自社サイトなど)を併用して求人募集をかけたときに、転職エージェントではない方法で応募してきた人を優先する可能性があります

編集部

編集部

同じ優秀な人を採用するのであれば、高額な成功報酬を支払う必要がない方法を選んだ方が、経費の節約になるためです。

得意としていないエリアがある

転職希望先のエリアに営業拠点がない転職エージェントを選ぶと、転職活動に思ったような成果が出にくいことがあります

キャリアアドバイザーがそのエリアの最新の求人が把握できていなかったり、地元企業とのコネクションが持てていないことがあるためです。

編集部

編集部

特化型のエージェントは、都市部の求人は多いものの、地方の求人が少ないことがあるので、地方の求人も数多く扱っている総合型のエージェントを併用することをおすすめします。

キャリアアドバイザーとの相性が合わないことがある

ここまで見てきておわかりのとおり、転職エージェントを利用した転職活動のキーパーソンは、担当のキャリアアドバイザーですが、性格的にどうしても相性が合わないということもあるかもしれません。

このようなキャリアアドバイザーと組んでの転職活動は、精神的に悪影響を及ぼしてしまい、良い選択ができなくなる恐れもあります

編集部

編集部

どうも相性が合わないなと感じたときは、キャリアアドバイザーの交替を申し出ることもできます。

転職エージェントの費用に関するQ&A

最後に、転職エージェントの費用についてよくある疑問にお答えします。

  • 途中で退会すると手数料はかかる?
  • 内定辞退や早期退職をしたら違約金はかかる?
  • ニート・無職や40代以上でも転職エージェントを利用できる?

途中で退会すると手数料はかかる?

転職エージェントの利用中に退会しても、キャンセル料などの費用は一切かかりません

編集部

編集部

キャリアアドバイザーとの面談前、面談後、どのタイミングであってもお金を請求されることはありません

内定辞退や早期退職をしたら違約金はかかる?

職安法上、求職者から手数料が徴収できないことになっており、どのような事情であっても、利用者に対して費用は一切請求されません

ただし、悪質なケースの場合は、転職エージェントのブラックリストに載ってしまい、以後求人を紹介されない恐れもあります。

編集部

編集部

内定・採用までいたっている場合は、転職エージェントも多くの時間と手間を割いていることになります。誠実な態度で内定辞退・早期退職の意向を伝えましょう。

ニート・無職や40代以上でも転職エージェントを利用できる?

就業経験が少ない方や、40代・50代の方でも、もちろん利用できます

ただし、転職エージェントの選び方にコツがあります。就業経験が少ない方や40代以上の方のサポートに強みがあるエージェントを選ぶのがおすすめです。

この下におすすめ記事のリンクを貼ってありますので、ぜひ参考にしてください。

編集部

編集部

転職サイトやハローワークなどを併用すると、より幅広く情報収集ができます。

リクルートエージェント|費用がかからない転職エージェント

recruitment agent

※画像出典:リクルートエージェント公式サイト

運営会社 株式会社リクルート
対応エリア 全国
拠点 東京、西東京、宇都宮、さいたま、千葉、横浜、京都、大阪、神戸、名古屋、静岡、北海道、東北、岡山、広島、福岡
求人数
公開370,525件 / 非公開226,707
主なサービスや機能 面接力向上セミナー、エージェント機能、PDT(応募・進捗管理機能)
得意な業界 IT・通信・機械・小売・サービス・人材

リクルートエージェントは、圧倒的な求人数を誇る業界最大級の転職エージェントです。

幅広い職種・業界から求人情報が集まり、非公開求人だけで23万件以上取り扱っています。

サイトの使いやすさに力を入れており、応募した案件の管理機能や、案内に従うだけで職務履歴書が作成できるエディターなどがあります。また、求人情報を多く受け取りたい人におすすめできるサービスです。

編集部

編集部

関連サービスのリクルートダイレクトスカウトリクルートエグゼクティブエージェントも含めて、無料で利用できます

リクルートエージェントはこんな人におすすめ!

  • 求人数の多さを重視する人
  • 知名度の高い転職サービスを利用したい人
  • 転職をスムーズに進めるツールを利用したい人

リクルートエージェント
公式サイトを見る

まとめ

転職エージェントは手厚いサービスで転職活動をサポートしてくれますが、利用者には一切費用がかかりません。

これは職安法の規制と求人企業からの成功報酬制によるもので、決して怪しいビジネスモデルではないので、安心して利用できます。

また、どのタイミングで途中退会・内定辞退・早期退職をしても、利用者に料金を請求されることはありません。

しかし、転職エージェントや求人企業は、採用活動に相当な手間や時間がかけており、多額の費用を負担していることもあります。もし途中退会・内定辞退・早期退職をする場合でも、誠実に意向を伝えるようにしてください。


◆記事で紹介した商品・サービスを購入・申込すると、売上の一部がマイナビニュース・マイナビウーマンに還元されることがあります。◆特定商品・サービスの広告を行う場合には、商品・サービス情報に「PR」表記を記載します。◆紹介している情報は、必ずしも個々の商品・サービスの安全性・有効性を示しているわけではありません。商品・サービスを選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品・サービススペックは、メーカーやサービス事業者のホームページの情報を参考にしています。◆記事内容は記事作成時のもので、その後、商品・サービスのリニューアルによって仕様やサービス内容が変更されていたり、販売・提供が中止されている場合があります。
タイトルとURLをコピーしました