転職を迷う人がした方がいいことは?転職のメリットや成功のコツも解説

転職ノウハウ

転職は、人生の中でも転換期になりやすい大きなイベントのひとつです。

そもそも転職すべきなのか、現職でキャリアを積むべきかと悩んでいるという人も多いのではないでしょうか?

本記事では転職を悩む人に向けて、転職するべき人・しないほうがいい人の特徴を解説します。また、転職者の年齢によって、考えるべきトピックも変わってくるため、年代別に転職のメリット・デメリットもご紹介します。

今まさに転職をすべきか悩んでいる人はぜひ参考にしてください。

転職活動を始める前に、自分の市場価値を測ってみたい人はdodaの『年収査定』がおすすめです。

  • 186万人」の転職者ビッグデータから「機械学習」で高精度に算出
  • あなたの適正年収がわずか3分で分かる
  • 査定結果をもとに、本当の年収に合った求人情報をdodaで探せる

dodaの年収診断は無料で気軽にできますので、少しでも気になったら登録して年収査定をしてみましょう。興味がある人は公式サイトをチェックしてください。

dodaの登録はこちら!(無料)

転職をしたい理由や迷う原因は?

年齢を問わず、転職を迷っているのであれば転職をしたい理由」と「転職を迷う原因」を整理してみましょう。

転職にはメリットだけでなくデメリットもあり、転職活動にはそれなりの時間や労力も必要となります。

転職をすべきかそうでないかを判断するためにも、原因と理由を明確にした上で、転職するか決めていきましょう。

転職をしたい理由

まずは転職をしたい理由は何があるのでしょうか?以下の例を参考にして、書き出してみましょう。

  • 人間関係
  • 給与
  • キャリア
  • 働き方
  • プライベート

現在の仕事で何が原因やきっかけとなって転職をしたいと考えたのでしょうか。

例えば「コロナ渦をきっかけにより柔軟な働き方をしたい」など、「もっとキャリアを積極的に積みたい」といった理由で転職する人も多くいます。

理由がはっきりすれば転職する場合に求める条件も決まってくるので、自身の中で転職するきっかけとなった原因を洗い出してみましょう。

転職を迷う原因

次に転職を迷う原因は何があるのでしょうか?例えば以下のような事柄が挙げられます。

  • 転職が失敗するのが不安
  • 収入が減らないか不安
  • キャリアに影響がないか心配
  • 次の仕事を見つけられる?
  • 転職で何か改善する?
  • 転職して活躍できる実力が自分にある?

これらの迷う原因が整理されていると、転職すべきか・そうでないのか判断しやすくなります。転職したい理由と同時に書き出しておきましょう。

転職をおすすめできる人・慎重に考えたほうがいい人の特徴

転職へのそれぞれの理由と原因によっては、転職をするべき場合とそうでない場合があります。

ここまで理由と原因を整理したところで、続いてはそんな転職をおすすめできる人・転職すべきか慎重に判断したほうがよい人」の特徴をわかりやすく解説します。上記の書き出した理由・原因を元に、照らし合わせてご覧ください。

転職をおすすめできる人

転職をおすすめできる人の特徴例には、以下のような点が挙げられます。

  • 現職で働き続けるのが難しい人
  • 経験やスキルを活かしてキャリアアップができそうな人
  • やりたいことが明確にある人

現職で働き続けるのが難しい人

例えば繰り返しパワハラ・セクハラを受けている場合や、待遇や職場環境が劣悪で、要望しても向上・改善が見られない場合は転職を考えたほうがよいでしょう。

仕事にやりがいがあったり、給与が高くても、心身を壊しては元も子もありません。この場合には、自身の健康や生活のためにも、転職をおすすめします。

経験やスキルを活かしてキャリアアップができそうな人

自身の経験やスキルを活かして、よりステップアップしたい人も転職がおすすめです。特に希少価値の高い専門知識や、中~大規模チームのマネジメント経験は歓迎されやすい傾向にあります。

これらの経験・スキルを持つ人は転職市場でも少ないため、年収アップを目指すこともできるでしょう。

やりたいことが明確にある人

やりたいことが明確にある人も、転職を前向きに考えてよいでしょう。やりたいことがある人は、転職の軸が明確なため、企業探しもスムーズに進む傾向にあります。

ただし、やりたいことをやるために、何かを犠牲にする可能性もあることは認識しておいてください。例えば未経験の業界・職種へ転職する場合は、採用する企業側も即戦力と期待しづらいため、年収が下がる可能性もあります。

また、そもそも年齢などさまざまな要因で応募できる企業がないこともあり得ます。先走って現職を退職せずに、一度転職サイトや転職エージェントに登録して、どの程度応募できる求人があるか調べるとよいでしょう。

転職すべきか慎重に判断したほうがよい人

続いては、転職すべきか慎重に考えたほうがよい人の例をご紹介します。

  • 現職の環境・待遇に満足している人
  • 何となく転職をしたい人
  • キャリアやスキルに自信がない人
  • 転職後の将来設計が見えない人

ただし、これらの例に当てはまったからといって転職できないわけではありません。あくまで「このような側面もあるのだ」程度に参考にしてください。

現職の環境・待遇に満足している人

現職で人間関係が良好で働きやすい人や待遇・給与である程度満足をしているという人は、転職に慎重になったほうがよいでしょう。転職先でも同じ環境・待遇で働けるとは限らないためです。

例えば、仕事内容や年収を優先して転職に成功できたけれど、職場の文化や雰囲気になじめず、働きにくくなったと感じることもあるでしょう。

また、未経験の領域の仕事にチャレンジしたような場合、即戦力とは見なされづらいため、待遇・給与が前職よりも下がる可能性はあります。現在の仕事で恵まれている点はないか、一度冷静に考えてみましょう。

なんとなく転職をしたい人

転職したい理由が明確でなく「なんとなく仕事がつまらない」「うまく言えないが上司と合わない」という人も、一度冷静に考えたほうがよいでしょう。

要因を自分の中で明確にしないまま転職しても、同じパターンで再転職することになるリスクがあります。また、そう感じる理由が自分にある場合や、社内の配置転換で解消できるパターンもあります。

なぜ不満を感じるのか、「なぜ?」と5回は繰り返して考えることをおすすめします。自力で答えが見つからない場合は、転職エージェントに登録して専門家のアドバイスを受けてみましょう。

キャリアやスキルに自信がない人

志望する業界や職種が明確だが、活かせる経験スキルが見つからない人も、転職前にじっくり考えることをおすすめします。

20代の若手であれば未経験の業界・職種に転職しても、吸収力で比較的仕事を覚えてなじむことができます。しかし、30代以上はゼロから覚える負担が大きくなるため、ある程度の覚悟が必要になるでしょう。

さらに面接で「○○○が得意なため、御社で役に立てると思います」という自己PRが難しくなるため、面接官の納得が得づらく、転職活動が長引いてしまう可能性も考えられます。

転職後の将来設計が見えない人

やりたい仕事はある一方で、将来的なビジョンがない場合も注意が必要です。このような人は、転職してもモチベーションが維持できないケースや、すぐに飽きてしまい別の仕事を探すケースに陥りがちです。

無計画に転職を繰り返した結果、キャリアの終盤になってから「こうしておけばよかった」と後悔してしまうかもしれません。

「人生において○○を成し遂げたい」「5年後に○○な状態になっていたい」という最終目標があれば、必要なものを逆算して仕事を探せるので、転職の軸も明確になります。

一人ではビジョンが浮かばない人は、転職エージェントや有料のキャリアコーチングの利用も検討してみてください。

転職による年代別メリット・デメリット

転職するメリット・デメリットは、転職する年齢によっても変化します。

ここでは20代・30代・40代以降それぞれに分けて、転職するメリット・デメリットを紹介します。

20代で転職するメリット・デメリット

20代で転職するメリット

20代は社会人歴が浅いぶん吸収力もあるため、ポテンシャルを見込んで採用されやすいというメリットがあります。

企業が20代に求める特徴として多いのは、フレッシュで熱心さがあるかどうかです。そのため、未経験業種・職種への転職も比較的しやすく現場でも1から丁寧に指導してもらいやすいです。

つまり、年代別の転職のハードルだけで言えば、20代は最もハードルが低いといえるでしょう。

20代で転職するデメリット

20代で転職するデメリットは、経験・スキルの少なさによって転職の選択肢が絞られる点です。

20代はそこまでのスキルやキャリアは築けていないことが多いため、最初から花形部署や望んでいるポジションに付けるとは限らないことは理解しておく必要があるでしょう。

30代で転職するメリット・デメリット

30代で転職するメリット

30代の転職のメリットは、現在培ったスキルやキャリアを評価してもらえるという点です。

30代は、20代からある程度の実力を磨いてきていることを前提としていることが多いため、スキルがあれば即戦力として採用してもらいやすいといえます。

そのため説得力のある実績やマネジメントスキルがあれば、現職より転職先のほうが高待遇も狙えるでしょう。即戦力を求められる側面はありますが、20代の次に積極的に採用をされる世代でもあるといえるでしょう。

30代で転職するデメリット

30代での転職のデメリットは、20代よりポテンシャルに期待してもらうことは難しく、実力重視となるという点です。

キャリアアップや年収アップが見込める半面、転職後すぐに活躍できるような実力を期待されるということを意味します。そのため、未経験業種への転職は、少しハードルが高くなってしまうでしょう。

40代以降で転職するメリット・デメリット

40代以降で転職するメリット

40代になると、大きなプロジェクトのマネジメントや、市場でも希少価値の高い知見を持つ人も多くなります。それを活かしより良いポストに付ける可能性があるというメリットがあります。

企業にとって管理職やハイキャリア経験がある人は年齢に関わらず貴重な人材です。そのため円滑に社員とやり取りする能力、成熟した経験がある人なら、部署はもちろんひいては企業全体の効率アップに繋がる人材として重宝されるでしょう。

もちろん、ハイキャリアに該当するなら年収アップも狙えるというメリットもあります。

40代以降で転職するデメリット

デメリットは、30代よりさらに具体的に実力重視となるうえ、責任が伴うポストにつかなければいけなくなることです。

そもそも40代に企業が求めるものは限定的で、管理職や業績改善などの役割を担ってもらう人材を想定しています。その人材に重なることはもちろん、責任を背負えることができなければ転職は難しいでしょう。

これまでのスキルや経験が適用できない未経験転職の場合、転職活動が難航する可能性が高い点も注意が必要です。

転職を迷う原因がスキルの場合は?

「転職時にアピールできるようなスキルがない」という理由で転職するか迷っている人も多いのではないでしょうか。そんな時は以下の3つのポイントで自身を見直してみましょう。

  • 自己分析をする
  • 転職先に活用できるスキルを絞り込む
  • スキル・資格を取得する

以下でそれぞれを詳しく解説します。

自己分析をする

まずはどのような場所なら自分の能力を活かせるか、どんな具体的なスキルを持っているか紙などに書き出して自分を分析してみましょう。

例えば具体的なスキルで言えば、ポータブルスキルに注目することもおすすめです。ポータブルスキルとは、職種などを問わず活用できるスキルを指します。これがある人は、どこでも必要とされやすい人材といえるでしょう。

ポータブルスキルの内容

  • 専門知識…法律、医学・薬学、金融、営業、食品、機械など(具体的なスキル:エンジニア、医師、営業マンなど)
  • 仕事の実行力…課題を明確にして計画を立て、しっかり実行する力があること
  • 協調性…社内の人と円滑な人間関係を育める、社外対応や指示を出す立場でもスムーズに進めることができる

転職先に活用できるスキルを絞り込む

次にポータブルスキル以外で、具体的に転職先で活用できるスキルが何かを絞り込んでいきましょう。明確にどこの会社と決まっていないのなら、転職したい業種・職種でも構いません。

そのジャンルで求められるスキルを見つけて下さい。活用できるスキルがわかれば、自身のスキルと照らし合わせて何を有していて何が足りないかわかるでしょう。

スキル・資格を取得する

ここまでの分析を経て、スキルや資格が足りないと感じたなら、それらを補強するためにスキル・資格を取得するのもおすすめです。ポータブルスキルが足りないと感じたなら、現職で意識するようにしてスキルを積んでいきましょう。

また、資格が必要なら現職で働きながら取得を目指したり、退職して職業訓練校に通うなどの方法があります。自身のスキルを高めて自信を身につけて転職を目指していきましょう。

転職を成功に近づけるポイント

転職をすると決断したとき、より成功に近づけたいのなら以下のポイントに注目しましょう。

  • 転職の目的・理由を明確にする
  • 転職での優先順位を決める
  • 将来どのように働きたいか考える

このポイントを押さえて考えることで、転職を進める際の希望や譲れない点が決まるため、転職をスムーズに進めやすくなります。

転職の目的・理由を明確にする

最初に転職の目的・理由を明確にしましょう。目的や理由があやふやなまま転職をすると、同じ失敗を繰り返したり転職を繰り返すことになってしまいます。

そうならないためにも、何を目的にしているか、転職をする理由が何かを明確にすることが重要です。例えば家族との時間をちゃんと取りたいことが理由なら、労働環境の改善を目的に転職するなどが想定できます。

このように目的・理由がはっきりすれば、残業時間が少ない職場やリモートワークができる職場など、転職への希望を絞ることができるでしょう。

転職での優先順位を決める

転職で何を叶えたいのか、何を求めたいのか優先順位をつけましょう。

例えば「定時帰りできる仕事が良い」「〇〇〇ができる仕事で働きたい」といった2つの希望がある場合、どちらを優先するか決めてください。

優先順位を決めることで希望の業種や職種、転職先の候補を絞りやすくなります。

将来どのように働きたいか考える

もし転職をするなら、その場所で将来的にどのように働きたいかについて考えてみることも大事です。

転職先で満足して働く自分が見えるか、将来そこでどのように働き、何を成し遂げているかイメージできるでしょうか?

その姿が見えるかどうかで、転職を進めるべきかもう一度考えてみましょう。将来のビジョンが明瞭であることは、長く働くためのモチベーションに繋がるため大切です。

転職に迷って決断できないときの相談先

もし転職をするかどうか迷って、なかなか決断できない…という人は、信頼できる人やプロに相談をしてみて客観的に問題を整理したり、アドバイスを求めてみましょう。おすすめの相談先は以下の3つです。

  • 信頼できる身近な人
  • 公共就職支援サービス
  • 転職エージェント・キャリアアドバイザー

信頼できる身近な人

転職は多くの人が経験することで、珍しいことではありません。

そのため、親族や上司、友人など信頼できる身近な人に相談してみることがおすすめです。相談することで何に悩んでいるか整理できたり、転職を成功させたコツ、不安点の解決策などを見つけることもできるかもしれません。

家族や友人が、自身が気づいていないような強みや得意なことを教えてくれることもあります。転職について第三者視点を加えることで、迷っていたことが進展することも考えられるでしょう。

公共就職支援サービス

転職について迷ったらハローワークを始めとした公共就職支援サービスを利用することもおすすめです。

これらの公共就職支援サービスでは求人を紹介してもらうこともできますが、在籍するキャリアアドバイザーに相談することもできます。また、公共就職支援サービスはハローワーク以外にも以下のようなものが挙げられます。

  • 女性しごと応援テラス(東京)
  • 正社員就職応援プロジェクト(東京)

このような公共就職支援サービスは、さまざまな形で各都道府県ごとの自治体で展開されています。

そのため、まずは迷ったらハローワーク、それ以外に利用できそうな就職支援があったら利用してみるとよいでしょう。公共のサービスは無料で利用することができるため、その点でもおすすめの相談先の一つです。

転職エージェント・キャリアアドバイザー

転職エージェントを利用して、エージェントやキャリアアドバイザーに相談するのもおすすめです。

転職支援を長年取り扱ってきた豊富な経験から、転職を迷う原因や悩みなどに対してアドバイスがもらえます。

また、それらを踏まえておすすめの転職先も紹介できるため、相談して転職の意思が固まったらそのまま転職活動を始められます。

転職をする場合は、転職サイトか転職エージェントのいずれかを利用することが多いため、もし迷う部分があって悩んでいるなら転職エージェントで相談してみてはいかがでしょうか。

おすすめの転職エージェント2選

こちらではエージェントを利用するなら登録しておきたいおすすめの転職エージェントを2つ紹介します。

  • リクルートエージェント
  • dodaエージェントサービス
リクルートエージェント

※画像出典元:リクルートエージェント公式HP

・運営会社:株式会社リクルート
・求人案件数:公開求人17万9,709件 /非公開求人24万734件(2022年4月時点)
・対応職種:営業、経営、事務、IT・エンジニア、電気、医薬・化粧品、コンサルタント、建設など
・対応エリア:全国・海外

リクルートエージェントは、求人数が国内No.1の大規模な総合型転職エージェントです。公開求人の多さもさることながら、非公開求人数も豊富なので新たな出会いにも期待できます。

業界ごとに経験豊富なアドバイザーが在籍していることも魅力です。各業界、職種に精通しているため、経歴やスキルの価値を正しく評価してもらえます。

また、転職者に対するサポート体制の充実度は大手ならではなので、50代の転職にも効果的でしょう。

リクルートエージェントはこんな人におすすめ!

  • 国内最大級の求人数のなかから仕事探しをしたい人
  • 業界に詳しい人からアドバイスをもらいたい人
  • 大手ならではの充実したサポートを受けたい人

リクルートエージェントについて、より詳しく知りたい人はこちらの記事もおすすめです。

dodaエージェントサービス

※画像出典元:dodaエージェントサービス公式HP

・運営会社:パーソルキャリア株式会社
・求人案件数:公開求人13万399件(2022年4月時点)
・対応職種:営業、企画・管理、技術職、専門職、クリエイティブ、販売、公務員・教育、事務、医療系、金融系など
・対応エリア:全国・海外

doda(デューダ)は、転職求人サイトスカウトサービスなど、さまざまな転職支援サービスを提供する総合転職サイトです。各サービスは連携しており、併用することによってより効率的・効果的な転職活動ができます。

エージェントサービスでは、非公開求人を含めて約10万件の求人情報を持っています。業界・職種・エリアごとに詳しいキャリアアドバイザーが在籍しているため、自身の希望に合わせたアドバイスを受けられるでしょう。

また、年収査定合格診断など、「転職するかどうか迷っている」人に役立つツールもあります。ぜひ活用してみてください。

dodaエージェントサービスはこんな人におすすめ!

  • 約10万件の豊富な情報から自身に適した求人を探してほしい人
  • 転職サイトやスカウトサービスを併用して効率的に転職したい人
  • 年収査定や合格診断といったツールを利用したい人

他にも、おすすめの転職エージェントについては次の記事で詳しく紹介しています。気になる人はご覧ください。

【プロ厳選】転職エージェントおすすめ15選を比較!求人数ランキングや選び方も解説【利用者392人の声も紹介】
利用する転職エージェントを迷っている人に向けて、専門家厳選のおすすめサービス15選を紹介します。公開求人数ランキングや信頼できるエージェントの選び方も解説しているので、ぜひ参考にしてください。

まとめ

転職は人生の中でも大きな決断ですので、迷うことは当然といえます。しかし、迷う原因を放置したまま転職を進めてしまうと転職が難しくなってしまったり、転職先でのミスマッチに繋がってしまう可能性もあります。そのため、転職をしたい理由が何で、転職を迷う原因が何かしっかりと自己分析をして見極めていきましょう。

それらが分かると、目的や優先順位などを決められるため、転職へのビジョンが明確なものとなります。

また、スキルやキャリアに不安があったり、転職自体をすべきか迷ってしまうのなら、ご紹介した相談先を一度利用してみることをおすすめします。自身の将来設計も踏まえて転職をすべきかそうでないか検討してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました