30代におすすめの転職エージェント13選!未経験でも転職はできる?

おすすめ転職エージェント

30代で転職を考える人の中には、転職エージェントの利用を検討している人もいるでしょう。しかし、いざ利用しようと思っても、以下のような理由で立ち止まってしまう人も多いようです。

たくさん種類があるけど、30代に合っているのはどれ?

そもそも30代からでも転職はできるの?20代に比べると難しいのでは…

本記事ではまず、転職エージェントを選ぶときはどこに着眼すべきかを解説したのち、30代に専門家がおすすめするエージェントをタイプ別に紹介します。

後半では30代の転職市場に関する基礎知識や、同年代の転職者が抱えがちな疑問点も紹介しています。

30代で転職するか迷っている人や不安を抱える人にも参考になるはずですので、ぜひご一読ください。

本記事の監修者
bokk株式会社 代表取締役:水野智明
ユーザーにとってより役立つメディアにするために、コンテンツ監修・アドバイザーとして参画しています。転職業界とのパイプとWEBマーケティングの知識を活かし、「何が転職を検討するユーザーのためになるか?」という視点から、コンテンツの評価・監修を行っています。

30代の転職エージェントの選び方

30代におすすめの転職エージェントを紹介する前に、まずはどのような視点でサービスを選べばいいのかを知っておきましょう。ここでは3つの視点を紹介します。

  • 総合型と特化型からそれぞれ選ぶ
  • 求人数が多いところを選ぶ
  • キャリアアドバイザーの質や相性のよいところを選ぶ

総合型と特化型からそれぞれ選ぶ

転職エージェントは「総合型」と「特化型」の2種類に分けられます。

  総合型 特化型
求人の分野・領域 分野・領域を問わない 特定の分野・領域に特化している
求人数 特化型と比べて多い 総合型と比べて少ない(特化する分野の求人は多い)
参考 大手 中小規模~大手
サービス例
  • リクルートエージェント
  • doda
  • ビズリーチ
  • type女性の転職エージェント
向いている人
  • 業種や職種を問わず、幅広く求人を探したい人
  • 地方の求人を探している人
  • 自分のキャリアにあまり自信がない人
  • 分野・領域を絞って求人を探したい人

どちらのタイプでも基本的には無料で利用でき、登録しすぎたからと損することはありません。まずは総合型を1~2つ、求人ジャンルが絞れている人は特化型も1~2登録するのがおすすめです。

転職エージェント利用時の流れを5ステップで解説!注意点も紹介
転職エージェントは現在の転職活動にて大きな力となるサービスに成長しました。本記事では転職エージェントの利用方法がいまいちわからず利用に踏み切れない人のために、利用の流れとおすすめの転職エージェントを解説紹介していきます。

【種類別】30代におすすめの転職エージェント13選

ここから、監修者が30代におすすめする転職エージェントの特徴を紹介します。まずは幅広い業界・職種をカバーする総合型のエージェントを4つ見ていきましょう。

種類 転職エージェントサイト 公式サイト 特徴 おすすめの人
総合型エージェント


リクルートエージェント
  • 公開・非公開あわせて41万件以上の求人案件を保有
  • 取り扱っている求人案件が幅広い
  • 幅広い職種・業界を紹介してほしい人
  • 地方への転職を考えている人
dodaエージェントサービス
  • スカウトサービスなどの併用が可能
  • キャリアアドバイザーとLINEで気軽に相談可能
  • スカウトサービスなどを併用して利用したい人
  • 困ったときはアドバイザーと気軽に相談したい人
Spring転職エージェント
  •  コンサルタントは職業別の担当制
  • サービスは世界で60の国に展開中
  • 職種に合った適切なアドバイスをもらいたい人
  • 海外での活躍を検討している人

type転職エージェント

  • 求人票にない情報までレクチャー
  • 31万人以上の支援実績で独自の求人集まる
  • 求人票以外の情報も参考に転職先を厳選したい人
  • これまで希望にあう求人が見つからなかった人

続いて、特定の領域や業界・職種の求人に強みがある特化型の転職エージェントを9つ紹介します。

種類 転職エージェントサイト 公式サイト 特徴 おすすめの人
女性 パソナキャリア
  • 女性ビジネスパーソンの年収アップ・キャリアアップを数多く実現
  • サイト上の女性向け求人特集や転職成功ノウハウが充実
  • 年収アップを目指している女性
  • 顧客満足度の高いエージェントを利用したい人
type女性の転職エージェント
  • 18年続く女性専門の転職エージェント
  • キャリアアドバイザーは女性中心
  • 面接時のメイクアップのアドバイスが受けられる
  • 企業と太いパイプがあるエージェントを利用したい女性
  • 女性のキャリアアドバイザーに担当してもらいたい女性
未経験・フリーター

DYM就職

  • 若手未経験者向けの求人案件を数多く扱っている
  • 選考なしで面接までセッティング可能
  • 面談満足度90%
  • 30代前半で未経験分野への転職にチャレンジしたい人
  • 書類選考になかなかパスできない人

JAIC

  • 優良企業約20社と書類選考なしで面接可能
  • 各種の就職支援講座が無料
  • 優良企業で確実に面接まで進みたい人
  • 未経験で仕事ができるか不安な人
高収入

JACリクルートメント
  • イギリス発祥で、世界11ヶ国にネットワークを形成
  • ハイクラスの転職サポートに強み
  • 外資系や海外進出している企業に転職したい人
  • 管理職・技術職・専門職で転職をしたい人
IT系

レバテックキャリア
  • IT職種別に専門アドバイザーが在籍
  • 内定率90%
  • 利用者の60%が平均約50万円の年収アップに成功
  • ITエンジニア・クリエイターの転職に特化したエージェントを利用したい人
  • 将来的にフリーランスとして独立開業にチャレンジしたい人

type転職エージェントIT

  • IT専門キャリアアドバイザーが在籍
  • 利用者の68%が年収アップに成功
  • サイトのコンテンツが充実しており、職種別の転職相談会も開催
  • IT・Web業界でキャリアアップや年収アップを目指している人
  • 転職するかどうかまだ決めていないけれど、情報収集はしたいという人
外資系

 エンワールド

  • 業界のトップ企業と提携しrw中長期的なキャリア形成をサポート 
  • スペシャリストを対象とした派遣や契約型でも求人探しが可能
  •  
  • キャリアを活かし業界のトップ企業へ転職したい人
  • ライフスタイルに合わせた仕事をしたい人

ロバート・ウォルターズ 

  •  英文履歴書の作成をサポート
  • 求人の多くは英語を話せることが前提
  •  初めて外資系企業へ転職しようとしている人
  • 身に付けている英語力を活かし高収入を狙いたい人

※表内の求人数は、特に断りがない限り、2022年4月に編集部が調べたものです。

ここからはタイプ別にエージェントの特徴や強みについて詳しく紹介していきます。

30代全員におすすめな総合型転職エージェント4選

ここからは上記で紹介した各々のエージェントの特徴について詳しく解説していきます。

はじめに、総合型の転職エージェントを紹介します。統合型は業種や職種を限定していないため、転職先の業種・職種が決まっていなくても利用できますし、幅広い情報収集が可能です。

リクルートエージェント

※画像引用元:リクルートエージェント公式HP

運営会社株式会社リクルート
対応エリア:全国
求人数:公開177,501件/非公開234,791件
得意な業界:IT・通信・機械・小売・サービス・人材

リクルートエージェントは、とくに知名度の高い転職エージェントのひとつです。公開・非公開あわせて41万件以上と抜群の求人数を保有しています。幅広い業界・職種を取り扱っており、思いがけない高相性な求人と出会える可能性が高いサービスです。

在籍しているキャリアアドバイザーは業界に精通した経験豊富な人たちです。拠点が全国各地にあり、地方の求人も数多く扱っているため、UターンやIターン転職を考えている人にもおすすめです。

リクルートエージェントはこんな人におすすめ!

  • 幅広い職種・業界を紹介してほしい人
  • 地方への転職を考えている人

公式HPはこちら

dodaエージェントサービス

※画像引用元:dodaエージェントサービス公式HP

運営会社パーソルキャリア株式会社
対応エリア:全国
求人数:公開129,347件
得意な業界:IT・機械・医療・食品・建設・金融・広告・サービス・人材

dodaエージェントサービスは、転職サイトdodaの提供するサービスのひとつです。業界最大級の約10万件の求人情報を保有しており、幅広い業界・職種を取り扱っています。

エージェントサービスのほかに、スカウトサービスや、特定の業種・地域に強いパートナーエージェントサービスがあり併用も可能です。キャリアアドバイザーとはLINEで気軽に相談できます。

dodaエージェントサービスはこんな人におすすめ!

  • スカウトサービスなどを併用して利用したい人
  • 困ったときにアドバイザーへ気軽に相談したい人

公式HPはこちら

Spring転職エージェント

※画像引用元:Spring転職エージェント公式HP

運営会社アデコ株式会社
対応エリア:全国・海外
求人数:公開求人23,293件
得意な業界:ITエンジニア・クリエイティブ、営業・マーケティング、経営、人事・総務、建設不動産、バイオ・医療、エグゼクティブ、障がい者支援、弁護士、フリーランスなど

Spring転職エージェントは、コンサルタントが職業別の担当制となっており、希望する職種で適切なアドバイスをもらえます。コンサルタントは企業の人事とも直接やり取りをしているため、具体的に受かるポイントも聞けます。

運営会社はスイスに本社がある企業で、サービスは世界で60の国に展開中です。海外勤務で年収1,000万円以上の求人もあり、グローバルな活躍先を検討している人にもおすすめです。

Spring転職エージェントはこんな人におすすめ!

  • 職種に合った適切なアドバイスをもらいたい人
  • 海外での活躍を検討している人

公式HPはこちら

type転職エージェント

※画像引用元:type転職エージェント公式HP

運営会社株式会社キャリアデザインセンター
対応エリア:全国・海外
求人数:公開7,165件/非公開18,056件
得意な業界:SE、Web、営業、販売、管理、事務、専門職、クリエイティブ、医薬・食品、電気、建設、教育など

type転職エージェントを利用すると、求人票に記載されていない詳しい情報まで担当から教えてもらえます。企業の判断材料が増えて、働きだしてから後悔するリスクを下げられるでしょう。

サービスが開始されてから19年、これまで31万人以上の支援実績があり、独自の求人も集まっています。他では希望に合う求人が見つからなかった人も、type転職エージェントであれば見つかるかもしれません。

type転職エージェントはこんな人におすすめ!

  • 求人票以外の情報も参考に転職先を厳選したい人
  • これまで希望にあう求人が見つからなかった人

公式HPはこちら

30代女性におすすめな転職エージェント2選

ここからは、特定の領域や業界・職種の求人に強みがある特化型の転職エージェントについて詳しく見ていきましょう。

はじめは、女性におすすめの転職エージェントです。女性のキャリアアップへの貢献や、女性目線に立った独自のサービスなどを特徴としています。

パソナキャリア

※画像引用元:パソナキャリア公式HP

運営会社株式会社パソナ
対応エリア:全国
求人数:公開39,457件(うち女性向けの求人数3,432件)
得意な業界:ソフトウェア・通信・IT・電気・機械

パソナキャリアは、創業以来女性の転職サポートに力を入れている転職エージェントです。女性の活躍と長期的なキャリア育成を専門とするチームを組み、女性の転職に数多くかかわってきたコンサルタント(キャリアアドバイザー)がサポートをしてくれます。

求人数は非公開を含めて5万件以上、取引企業数は2万8千社以上。ハイクラス転職の実績も豊富で、女性の年収アップ・キャリアアップを数多く実現しています。サイト上の女性向け求人特集や転職成功ノウハウも充実しています。

パソナキャリアはこんな人におすすめ!

  • 年収アップ・キャリアアップを目指している女性
  • 顧客満足度の高いエージェントを利用したい人

公式HPはこちら

type女性の転職エージェント

※画像引用元:type女性の転職エージェント公式HP

運営会社株式会社キャリアデザインセンター
対応エリア:日本国内・海外
求人数:公開7,419件/非公開17,296件
得意な業界:IT・医療・コンサル・不動産・サービス・機械など

type女性の転職エージェントは年間5000人以上のキャリアカウンセリングを行う女性向けサービスです。

キャリアアドバイザーは女性中心で、転職個別相談会・セミナーの開催、面接メイクアップなど、女性のニーズに寄り添ったサービスを実施しています。転職に成功した人の約71%が年収アップを実現しており、正社員登用など待遇アップを目指している女性にも向いています。

type女性の転職エージェントはこんな人におすすめ!

  • 転職ノウハウが豊富で、企業と太いパイプがあるエージェントを利用したい女性
  • 女性のキャリアアドバイザーに担当してもらいたい女性

公式HPはこちら

女性向けの転職エージェントについて、より詳しく知りたい人はこちらの記事もおすすめです。

女性におすすめの転職エージェント|タイプ別11選・年代別10選
女性におすすめの転職エージェントを、20代・30代・40代の年齢別10選、大手・ハイクラス・専門職・時短のタイプ別11選で紹介します。転職エージェント選びで失敗しない方法や育児の悩みを含めたQ&Aも解説しますので、ぜひ参考にしてください。

30代の未経験・フリーターにおすすめな転職エージェント2選

続いて、未経験・フリーターで正社員を目指している人におすすめの転職エージェントを紹介します。

DYM就職

※画像引用元:DYM就職公式HP

運営会社株式会社DYM
対応エリア:全国
求人数:非公開
得意な業界:IT・情報通信・マスコミ・広告・建築・不動産・医療・福祉・流通・小売など

DYM就職は、未経験者募集の求人を多数扱っており、ポテンシャルが高く若い人材を求める企業から情報を収集しています。30代前半の人に向いているエージェントであるといえるでしょう。

面接満足度は90%と非常に高いです。若手の特性を精通したエージェント(キャリアアドバイザー)が、ひとりひとりに合った求人を紹介し、内定までサポートしてくれます。また、書類選考なしで面接までセッティングしてくれるので、なかなか書類選考が通らずに困っている人にも向いています。

DYM就職はこんな人におすすめ!

  • 30代前半で未経験分野への転職にチャレンジしたい人
  • これまで書類選考にパスできず、つらい思いをしている人

公式HPはこちら

JAIC

※画像引用元:JAIC公式HP

運営会社株式会社ジェイック
対応エリア:全国
求人数:非公開
得意な業界:メーカー、商社、広告、建設、サービス

JAICは、2005年の運営開始から2万3,000人以上の正社員への就職支援実績があり、入社後の定着率は91.5%です。利用者の全員が、優良企業約20社と書類選考なしで面接可能となっています。

実際に面接をする前に、各種の就職支援講座が無料で用意されています。社会人としての基本から、内定に直結するスキルまで身に付けられるでしょう。内定が決まったあともサポートが1年超続きます。

JAICはこんな人におすすめ!

  • 優良企業で確実に面接まで進みたい人
  • 未経験で仕事ができるか不安な人

公式HPはこちら

30代で高年収を目指す人におすすめな転職エージェント1選

続いて、高年収や管理職・専門職などのハイクラス転職にチャレンジしたい人におすすめの転職エージェントを紹介します。

JACリクルートメント

※画像引用元:JACリクルートメント公式HP

運営会社株式会社ジェイエイシーリクルートメント
対応エリア:日本国内・海外(シンガポール・マレーシア・インドネシア・タイ・中国・香港SAR・韓国・ベトナム・インド・イギリス・ドイツなど)
求人数:公開12,280件(2022年1月時点)
得意な業界:サービス・商社・流通・消費財・マスコミ・建設・不動産・金融・IT・通信・WEB・EMC・コンサルティング・シンクタンク・事務所・メディカル・バイオ・医療・介護・福祉など

JACリクルートメントは、世界11ヶ国のグローバルネットワークをバックボーンに、ハイクラスの転職サポートに強みがあり、海外で活躍したい人や、海外と関連する業務、ひとつ上のポジションにチャレンジしたい人に向いています。

発祥はイギリスですが、日本国内でも30年以上の実績があります。また、企業と求職者の双方に対するサポートを1人のコンサルタント(キャリアアドバイザー)が担当する両面型を採用しているため、社風や部・課・チームの雰囲気など気になる情報も伝えてくれます。

JACリクルートメントはこんな人におすすめ!

  • 外資系や海外進出している企業に転職したい人
  • 管理職・技術職・専門職で転職をしたい人

公式HPはこちら

30代のIT系の転職におすすめな転職エージェント2選

続いて、IT系の転職に強いエージェントを2つ紹介します。

レバテックキャリア

※画像引用元:レバテックキャリア公式HP

運営会社レバテック株式会社
対応エリア:東京都・神奈川県・千葉県・愛知県・大阪府・京都府・兵庫県・福岡県・熊本県
求人数:公開3,524件
得意な業界:IT系

レバテックキャリアは、16年の実績があるITエンジニア・クリエイター専門の転職エージェントです。職種別に専門のキャリアアドバイザーが在籍しており、内定率90%利用者の60%が平均約50万円の年収アップを実現させています。

関連サービスとして、レバテックフリーランスレバテッククリエイター、スカウトサービスであるレバテックダイレクトを提供しており、将来的にフリーランスとして独立開業を考えている人にも向いているエージェントです。

レバテックキャリアはこんな人におすすめ!

  • ITエンジニア・クリエイターの転職に特化したエージェントを利用したい人
  • 将来的にフリーランスとして独立開業にチャレンジしたい人

type転職エージェントITは、type転職エージェントのIT・Web業界特化版です。IT専門キャリアアドバイザーが在籍しており、転職活動をサポートしてくれます。type転職エージェントITを利用者の68%が年収アップに成功しています。

サイトには職種別の職務経歴書の書き方・サンプルや、転職成功インタビューなどが掲載されており、コンテンツが充実しています。職種別の転職相談会も開催しています。転職するか未定であるけれど、情報収集をしておきたいという人にも向いているエージェントといえるでしょう。

type転職エージェントITはこんな人におすすめ!

  • IT・Web業界でキャリアアップや年収アップを目指している人
  • 転職するかどうかまだ決めていないけれど、情報収集はしたいという人

公式HPはこちら

IT系に強い転職エージェントについて、より詳しく知りたい人はこちらの記事もおすすめです。

IT業界の転職におすすめな転職エージェント11選を徹底比較!3タイプに分けて解説
「IT・Webエンジニア系で今よりよいところに転職したい」「IT系の転職情報はどこで探せばいい?」とお悩みではないでしょうか。本記事ではIT・エンジニア系におすすめな転職エージェント、未経験者向けの情報や成功させるポイントをご紹介します。

30代の外資系の転職におすすめな転職エージェント2選

最後に、外資系への転職を希望している人向けのエージェントを2つ紹介します。

エンワールド

※画像引用元:エンワールド公式HP

運営会社 エンワールド・ジャパン株式会社
対応エリア:東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、兵庫、京都、滋賀、愛知、静岡、岐阜、三重
求人数:公開916件
得意な業界:経理、金融、建設、コンサルティング、サービス、製造、エネルギー、法務、ライフサイエンス、不動産など

エンワールド(en world)は、各業界のトップ企業と提携し、中長期的なキャリアの形成をサポートしてくれます。総合型より求人数は少なくなりますが、外資系に特化した求人をみることができます。

またライフスタイルに合わせて仕事ができるよう、スペシャリストを対象とした派遣や契約型といった条件でも求人を探すことができます。管理職など重要なポジションとして採用してもらえれば、年収の低下を避けやすいです。

エンワールドはこんな人におすすめ!

  • キャリアを活かし業界のトップ企業へ転職したい人
  • ライフスタイルに合わせた仕事をしたい人

公式HPはこちら

ロバート・ウォルターズ

※画像引用元:ロバート・ウォルターズ公式HP

運営会社ロバート・ウォルターズ
対応エリア:関東・関西
求人数:公開1,781件
得意な業界:金融、IT,メーカー、経理、マーケティング、物流、人事、ビジネスサポート、営業など

外資系企業に特化したロバート・ウォルターズでは、初めて英文履歴書を作るときに迷わないよう、サポートフォームが用意されています。日本語でも作成して登録はできますが、外資系を狙うのであれば英語で作っておくと応募先が広がるでしょう。

外資系企業の求人の多くは、英語を話せることが前提となっています。高い専門性が求められる一方で、待遇のよい求人が厳選されています。公開されている求人だけでも最低年収は500万円で、1,000万以上も珍しくないです。

ロバート・ウォルターズはこんな人におすすめ!

  • 初めて外資系企業へ転職しようとしている人
  • 身に付けている英語力を活かし高収入を狙いたい人

公式HPはこちら

転職前に知っておきたい!30代の転職事情

続いては、30代で転職をするなら押さえておきたい基礎的な情報を紹介します。30代を取り巻く転職市場の状況について見ていきましょう。

30代の転職は厳しい?

30代の転職は簡単ではありませんが、決して無理ではありません。厚生労働省による最新の転職者実態調査(令和2年 第1表)では、30代での転職は一般的です。調査によれば、2020年に転職した人のうち、30~34歳は14.1%、35~39歳は12.5%を占めています。30代合計では26.6%と全世代でトップ、2位は40代で24.8%、3位は20代で23.2%です。

転職市場において30代は、前職で身につけたスキルや経験が次に繋げられる世代、即戦力とポテンシャルを兼ね備えた世代ととらえられています。転職エージェントを活用すると同じ業界の他社だけでなく、別の業界で現在より好条件の就業先が見つかるかもしれません。

未経験でも転職は可能!早めに行動すべき

30代で未経験の業界や職種に挑戦したいと考えているなら、できるだけ早く転職活動を始めることをおすすめします。30代(とくに後半)になると即戦力・マネジメント職を期待する求人が多くなります。未経験からこれらの役割を果たすのは難しいので、よりポテンシャルが見込める20代が採用される傾向があるのが実情です。

ただし、異業界・異職種への転職をあきらめる必要はありません。どのくらいの人が異職種や異業種への転職に挑戦しているかを示す統計結果があります。事務職やサービス関連への転職を例に、前出の転職者実態調査(第33表)を見ると、次のようになっています。

転職先 転職前の職種と割合
事務的な仕事 事務的な仕事:64.0%
専門的・技術的な仕事:11.6%
販売の仕事:7.9%
サービスの仕事 サービの仕事:37.8%
専門的・技術的な仕事::15.3%
事務的な仕事:13.8%

これまでのキャリアが志望する業界・職種に直接関連しない人も、獲得したスキルや学びを応用できないか考えてみましょう。一人では考えるのが難しい人は、転職エージェントに相談してみるのがおすすめです。

30代の転職で収入アップした割合

厚生労働省が発表した、令和2年雇用動向調査結果の概況から、30代における転職で収入にどのような変化が起きたのかまとめました。

  30~34歳 35~39歳
1割以上の増加 31.8% 25.7%
1割未満の増加 9.2% 11.7%
変わらない 26.7% 27.2%
1割未満の減少 10.7% 6.4%
1割以上の減少 21.2% 27.3%

転職で収入アップした割合は、30代前半で31.8%、30代後半で25.7%という結果でした。この結果から、転職をしても収入がアップするとは断言できません。

収入アップを重視して転職をする場合は、昇給のしやすさやボーナスについても調べて検討してみてください。業界によって年収の上がり方には大きな差があります。たとえ転職先で収入が一時的にダウンしても、昇給しやすい職場やボーナスの多い職場への転職であれば、将来的に稼げる額は増えるでしょう。

30代の平均年収について詳しく知りたい方は、こちらの記事もおすすめです。

30代の平均年収はどれくらい?将来のため手取りの増やし方まで解説
30代の平均年収を男女別・事業所規模別・企業規模別・業種別で紹介します。昇進・副業・投資・転職などの年収アップ方法、年収ごとの手取り額と所得税率、昇進や転職のメリット・デメリットも解説するので、年収アップを目指す人はぜひ参考にしてください。

30代の転職者が抱えがちな疑問に回答

最後に、30代の転職者が抱えがちな疑問に対してお答えします。基本的な疑問はここで解消しておき、さらに疑問・悩み・不安が出てきたら、転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談してみましょう。

  • 30代の転職で年収を上げるコツは?
  • 利用料はかかる?
  • 面談したら必ず転職しないといけない?
  • 30代で派遣から正社員への転職は厳しい?
  • 現在子育て中だけど、転職できる?
  • 地元に帰ろうかと思うが、転職は可能?
  • 初回の面談の流れ、キャリアアドバイザーから質問されることは?
  • 紹介されたもののほかに特化型の転職エージェントはある? 

30代の転職で年収を上げるコツは?

誰でも可能な仕事しかできないのであれば、年収は簡単に上がりません。転職で年収を上げるには、次の3つのコツを身に付けたり実践したりしましょう。

  • 専門性の高いスキルを身に付ける
  • マネジメント力を身に付ける
  • 内定をもらう前に年収の交渉

専門性の高いスキルがあれば、これまでより重要なプロジェクトに参加できる可能性が生まれ、評価されやすくなります。また、マネジメント力があれば、管理者の立場で業務に携われるようになり、キャリアアップにつながります。年収の交渉は、応募するどの求人でも可能です。求人票の内容をそのまま受け入れるのではなく、自分の市場価値をアピールして交渉してみてもよいでしょう。

スキルやマネジメント力は、一朝一夕では身につきません。希望する業界や業務で必要とされていることを見極めて、今から勉強や経験を積み自分のものにしてきましょう。まだ実績がない状態でも、将来性を評価してもらえると年収アップが期待できます。

利用料はかかる?

ほとんどの転職エージェントは、転職者は無料で利用できます。これはエージェントの運営資金が求人企業からの成功報酬や広告料などで賄われているためです。

エージェントが優秀な人材を企業に紹介し、転職に成功すると、企業からエージェントに成功報酬が支払われるという仕組みで成り立っています。また、転職者が早期退職をした場合、報酬の返金をする取り決めになっていることが多いため、転職後も一定期間サポートを続けてくれます

なお、有料会員制度を設け、それに加入すると、非公開求人の閲覧やスカウトサービスが利用できるなど、サポート内容がグレードアップするエージェントもあります。

面談したら必ず転職しないといけない?

キャリアアドバイザーと面談したから、転職をしなければならないということはありません

情報収集目的や、現職に留まったほうがいいのかの確認のために面談する人も数多くいます。アドバイザーが客観的に分析した結果、今は転職のタイミングではない人や、転職をする必要性がない人に対しては、「転職しないほうがいい」とアドバイスすることもあります。

転職するかどうか迷っている場合は、面談のアポイントをとるときに「転職するかどうかまだ決めていない」と伝えておくとよいでしょう。次の記事も参考になるので、あわせてお読みください。

30代で「仕事辞めたい、疲れた」と感じたら。後悔しない為の3つの判断基準
30代で仕事を辞めたいと考える人は少なくありません。しかし仕事を勢いで辞めるのはリスクが高いです。本記事では30代が仕事を辞めたいと考える理由から、辞めるか・辞めないかの判断基準、30代の転職事情とおすすめの転職エージェントをご紹介します。

30代で派遣から正社員への転職は厳しい?

これまで派遣でしか働いたことがない人でも、身に付けているスキルや適応力は評価されます。希望する業種で即戦力となれるのであれば、正社員での転職はしやすいです。正社員になると派遣のときより業務内容や責任は増えますが、キャリアアップの道も新たに開けます。

正社員への転職で不安がある場合は、些細なことでも転職エージェントの担当に相談をしてみてください。派遣での経験を活かせる業種の案内や、希望する企業にあわせたアピール方法のアドバイスをしてもらえます。

現在子育て中だけど、転職できる?

子育て中のお母さん・お父さんでも転職は不可能ではありません。ただ、転職してすぐに時短勤務ができる求人が少ないため、通常の転職より難しいのが実情です。だからこそ転職エージェントの利用が向いているともいえます。

エージェントに登録すると、キャリアアドバイザーから次のような質問がされるので、あらかじめ答えを用意しておきましょう。

  • 保育園は決まっているか?
  • 何時までに最寄り駅に着いていたいか?
  • 残業は可能か?
  • 時短勤務を希望するか?

また、希望条件は、絶対譲れないものと、譲歩できるもの、譲歩できる場合はどこで妥協するのかを決めておくとよいでしょう。細かいところはキャリアアドバイザーと詰めながら決めればよいので、ある程度で構いません。

履歴書・職務経歴書も「とりあえず書いて、後はアドバイザーに見てもらってから直そう」程度の気持ちでちょうどよいくらいです。

地元に帰ろうかと思うが、転職は可能?

地方への転職は、都会での転職と比べて求人数が少なく、選択肢が狭くなってしまいますが、不可能ではありません

転職エージェントを利用する場合は、移住・転職先に拠点を置いているエージェントを選びましょう大手の総合型エージェントは全国各地に拠点を置いているため、地方の情報が集まりやすく、移住・転職した後も引き続きサポートをしてくれることが期待できます。

Uターン・Iターン転職で注意したい点は、地方と都会では環境や生活スタイルなどの違いで、移住・転職後にギャップが起きてしまうことがあることです。

エージェントの利用とあわせて、移住・転職先の市町村役場、ニッポン移住・交流ナビ(移住・交流推進機構)ふるさと回帰支援センター大阪ふるさと暮らし情報センターなどで情報収集や相談をするとよいでしょう。

初回の面談の流れ、キャリアアドバイザーから質問されることは?

キャリアアドバイザーと初めての面談は、次のような流れで行われることが多いです。

  1. 自己紹介
  2. これまでの経歴・仕事内容の確認
  3. 転職理由や目指すキャリアの共有
  4. 転職先への希望条件の確認
  5. 求人案件の紹介

面談の時間は30分~2時間程度です。アドバイザーから次のようなことを質問されるので、前日までに次のことを書ける範囲でノートにまとめておくとよいでしょう。

  • 転職活動の動機
  • 自分がこれまで積んできた経験やスキル
  • 希望する業種・業種・企業の規模
  • 希望する働き方(雇用形態、希望の出社・退社時間、残業の可否など)
  • 希望する年収
  • 転職したい時期

希望する働き方は「絶対に実現したいこと」と「できれば実現したいこと」とに分類しておくのがおすすめです。

アドバイザーはあなたのサポーターになってくれる人ですから、緊張して話す必要はありません。ただ、初回の面談によって転職活動の方向性がある程度決まるため、ありのまま、本音で語るように心がけましょう。

面談の当日は、履歴書、職務経歴書、証明写真(縦4cm×横3cm)、A4用紙が入る鞄・ファイル、筆記用具を持参してください。

紹介されたもののほかに特化型の転職エージェントはある? 

「【種類別】30代におすすめの転職エージェント13選」のところで紹介したもの以外にも、特化型の転職エージェントはたくさんあります

2022年4月時点で、マイナビニュース転職に掲載されている記事を紹介しますので、気になるものがありましたらぜひお読みください。

また、総合型の転職エージェントも、特定の領域の特集ページを設けているところがあるので、各サイトをチェックしてみてください。

まとめ

30代は転職市場においてニーズが高い年齢層です。しかし、30代になると採用する企業側も即戦力を求める傾向にあるため、これまで培ったスキルや経験を活かせるかどうかが合否に影響します。

30代から未経験の業界や職種へ挑戦することは決して不可能ではありませんが、自分の中に経験の差を埋める熱意や成長意欲があるか考えてみる必要があります。転職することがゴールではなく、転職後も自分らしく安定的に働き続けられるかという視点を忘れないようにしましょう。

アピールできるようなスキルや経験がないと感じる人や、忙しくて転職活動をする余裕がない人であれば、転職エージェントを利用するのがおすすめです。本記事で紹介した30代転職におすすめの転職エージェント13選も参考にして、ぜひ転職を成功させてください。

タイトルとURLをコピーしました