経理に強いおすすめ転職エージェント10選!選び方や転職事情も解説

おすすめ転職エージェント

「経理職に転職を考えているけれど何から始めるべきかわからない」「経理の経験を活かして転職できるサイトを探している」などとお悩みではありませんか?

経理職はどの業種にも不可欠な職種なので、経験や強みを活かして適切な転職活動を行えば、条件にあった仕事に就くこともできるでしょう。転職エージェントは、ヒアリングによって希望条件や経歴にマッチングした求人情報を紹介してくれるので、経理の転職にも有効です。

本記事では、経理職への転職活動に監修者がおすすめしたい転職エージェント10選を紹介します。また、専門家が監修したエージェントサービスの選び方や経理職の転職事情についても解説します。初めて転職活動する方におすすめの内容となっていますので、ぜひ参考にしてください。

本記事の監修者
bokk株式会社 代表取締役:水野智明
ユーザーにとってより役立つメディアにするために、コンテンツ監修・アドバイザーとして参画しています。転職業界とのパイプとWEBマーケティングの知識を活かし、「何が転職を検討するユーザーのためになるか?」という視点から、コンテンツの評価・監修を行っています。

経理職への転職におすすめの転職エージェント10選

経理転職におすすめの転職エージェント10選を紹介します。それぞれの特徴を以下の表にまとめましたのでご覧ください。

サービス名 求人案件数(2022年3月時点) 対応エリア 特徴

MSエージェン

公開求人6,171件

全国、海外
  • 管理部門特化の転職エージェント
  • 90%以上が非公開求人
  • 細かい職種や保有資格で探しやすい
リクルートエージェント
  • 公開求人17万5,266件
  • 非公開求人22万5,351件
全国、海外
  • 業界トップの求人保有数
  • 大手ならではのサポート力
  • 経理転職専門のコンサルタントが在籍
dodaエージェントサービス 約10万件 全国、海外
  • 各種転職サービスを併用できる
  • 大手からベンチャーまで幅広く取り扱う
  • 実践的なアドバイスが受けられる
パソナキャリア 公開求人39,553件 全国、海外
  • 取引企業が多く独占案件も豊富
  • 経理業経験者など経験豊富なアドバイザーが在籍
  • サポートの手厚さに定評あり
ジャスネットキャリア 公開求人3,211件 全国
  • 公認会計士・税理士・経理の転職に特化
  • 99%が非公開求人
  • 講義動画で経理を学べる
JACリクルートメント 公開求人12,832件 全国、海外
  • 30~50代におすすめ
  • 外資系・海外進出企業案件が充実
  • 高収入求人が多い
経理転職.com 総求人数2,932件 全国
  • 経理転職に特化
  • 外資系・グローバル企業の案件が豊富
  • 大手企業への転職が目指せる
経理エージェント

公開求人172件

全国、海外
  • 経理転職専門
  • 資格が必要ない案件も多く取り扱う
  • ノウハウから分析した独自のアドバイスが魅力
Spring転職エージェント
  • 求人総数53,900件
  • 非公開求人35,314件
全国、海外
  • 分野ごとに専門のコンサルタントが在籍
  • キャリアアドバイザーが企業担当も行う
  • 女性へのサポートも充実
KOTORA 公開求人14,339件 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、愛知県、大阪府、福岡県、海外
  • 金融・管理部門・バックオフィスに強い
  • 都市部の求人案件に特化
  • ハイクラス向けの求人も多い

MSエージェント

※画像出典元:MSエージェント公式HP

・運営会社:株式会社MS-Japan
・求人案件数:公開求人6,171件(2022年3月時点)
・対応エリア:全国、海外

MSエージェントは、経理・人事・法務といった管理部門や士業に特化した転職エージェントサービスです。運営開始から30年以上の転職支援によって培ってきたプレミアムなサポートやサービスが評価されています。

これまでに取り扱った求人数は累計45,000件以上にも及び、そのうち約90%が非公開求人です(2022年3月時点)。非公開求人のなかにはMSエージェントが独自で取り扱うものも多いので、優良な案件に出会うことも期待できます。

またサイト内の求人情報は細かい職種や保有資格で絞って検索可能で、経験や資格を活かした転職活動におすすめのサイトです。

MSエージェントはこんな人におすすめ!

  • 経理経験を活かして管理部門への転職を考えている人
  • 30年以上の経験で培った転職サポートを受けたい人
  • 職務経験や保有資格を活かして転職したい人

リクルートエージェント

※画像出典元:リクルートエージェント公式HP

・運営会社:株式会社リクルート
・求人案件数:公開求人17万5,266件、非公開求人22万5,351件(2022年3月時点)
・対応エリア:全国、海外

リクルートエージェントは、業界最大級の求人保有数が魅力です。特に非公開求人数は業界トップクラスなので、効率的な求人探しが期待できます。

また、大手転職サービスならではの高いサポート力もメリットです。求人紹介はもちろん、応募書類の添削や面接対策、退社手続きのアドバイスなどさまざまな場面でサポートが受けられます。

担当するキャリアコンサルタントは経理転職に精通した専門家です。経理業界での職歴や転職サポート経験が豊富なコンサルタントにアドバイスをもらうことができます。

リクルートエージェントはこんな人におすすめ!

  • 求人保有数が多い転職エージェントを利用したい人
  • さまざまな場面で手厚いサポートを受けたい人
  • 経理転職専門のコンサルタントに援助してほしい人

リクルートエージェントについて、より詳しく知りたい人はこちらの記事もおすすめです。

dodaエージェントサービス

※画像出典元:dodaエージェントサービス公式HP

・運営会社:パーソルキャリア株式会社
・求人案件数:約10万件(2022年3月時点)
・対応エリア:全国、海外

dodaエージェントサービスは、大手転職総合サイトdodaが提供するサービスのひとつです。dodaは、転職求人情報サイト・スカウトサービス・エージェントサービスなど、さまざまな転職サービスを併用できるメリットがあります。

また、大手から中小企業、ベンチャー企業まで幅広い求人を取り扱っています。面接対策や職務経歴書の書き方などのアドバイスも受けられるので、初めての転職でも安心です。

dodaエージェントサービスはこんな人におすすめ!

  • 求人サイトやスカウトなど転職サービスを併用したい人
  • 大手に限らず広い選択肢で転職活動がしたい人
  • 実践的なアドバイスでサポートしてほしい人

パソナキャリア

※画像出典元:パソナキャリア公式HP

・運営会社:株式会社パソナ
・求人案件数:公開求人39,553件(2022年3月時点)
・対応エリア:全国、海外

パソナキャリアは、約16,000社以上の企業と取引していて独占案件も豊富なため、他の転職サービスで思いどおりに成果が出なかった人にもおすすめです。

各業界に専任の転職コンサルタントがおり、管理部門にも実績経験豊富なアドバイザーが多数在籍しています。専任のコンサルタントによるサポートは手厚く丁寧で、ユーザーの満足度の高さにもつながっています。

パソナキャリアはこんな人におすすめ!

  • 他の転職サービスでよい求人が見つからなかった人
  • 実務経験が豊富なアドバイザーに相談したい人
  • サポートの手厚さで満足度の高いサービスを利用したい人

ジャスネットキャリア

※画像出典元:ジャスネットキャリア公式HP

・運営会社:ジャスネットコミュニケーションズ株式会社
・求人案件数:公開求人3,211件(2022年3月時点)
・対応エリア:全国

ジャスネットキャリアは会計、財務、経理・財務分野の転職に特化した転職エージェントです。公認会計士、税理士の資格を持っている人や、経理職の経験がある人に特におすすめします。

ジャスネットキャリアで公開されている求人は全体の1%で、そのほかの99%は非公開求人です。エージェントサービスに登録すると、豊富な非公開求人から案件を紹介してもらえます。

またセミナーやイベント、講義動画の公開にも積極的なので、経理に関する知識や転職ノウハウを知りたい人にもおすすめです。

ジャスネットキャリアはこんな人におすすめ!

  • 公認会計士・税理士・経理の転職に強いサービスを探している人
  • 豊富な非公開求人から適切な求人案件を紹介してほしい人
  • セミナーや講義動画で経理に関する知識を得たい人

JACリクルートメント

※画像出典元:JACリクルートメント公式HP

・運営会社:株式会社ジェイエイシーリクルートメント
・求人案件数:公開求人12,832件(2022年3月時点)
・対応エリア:全国、海外

JACリクルートメントでは、30~50代である程度社会人経験のある転職者向きの求人が取り揃えられています。外資系企業や海外進出企業との取引も多いため、グローバル企業の経理職への転職を目指す人におすすめです。担当コンサルタントの人数が多く、転職支援実績も豊富なので安心感の高いサービスといえるでしょう。

また役員転職の案件も多数あります。収入アップやハイクラス転職を考えているのあれば、おさえておきたいエージェントです。

JACリクルートメントはこんな人におすすめ!

  • 30~50代の転職希望者
  • 外資系やグローバル企業に転職したい人
  • 高収入やハイクラス求人を紹介してほしい人

経理転職.com

※画像出典元:経理転職.com公式HP

・運営会社:株式会社ジェイエイシーリクルートメント
・求人案件数:総求人数2,932件(2022年3月時点)
・対応エリア:全国

経理転職.comは、サービス名の通り経理転職に特化した転職エージェントサービスです。JACリクルートメントと同じく、株式会社ジェイエイシーリクルートメントが運営しています。

経営転職.comでは経理・財務の求人を専門的に扱っており外資系やグローバル企業の案件も豊富です。外資系企業の経理へ転職を考えている人はぜひ登録してみてください。

また、大手企業の求人も取り扱いがあります。大手企業への転職支援実績も豊富なので、ハイクラスな転職を目指す人にもおすすめです。

経理転職.comはこんな人におすすめ!

  • 経理転職に特化した転職エージェントサービスを選びたい人
  • 外資系・グローバル企業に転職したい人
  • 大手企業の経理職に就きたい人

経理エージェント

・運営会社:株式会社ビジネスビジョン
・求人案件数:172件
・対応エリア:全国、海外

経理エージェントは、創業24年の経理転職特化型の転職エージェントサービスです。豊富な取引実績で企業の人材ニーズや転職者の希望に応えています。実績で得た分析力で、独自のアドバイスをしてくれる点もメリットでしょう。

多くの経理転職求人が、公認会計士や税理士といった資格の保有を必須条件としています。しかし、経理エージェントでは経理実務者を求める求人が90%以上なので「経験はあるものの資格は持っていない」という人には特におすすめです。

経理エージェントはこんな人におすすめ!

  • 経理転職に特化した実績豊富なエージェントを利用したい人
  • 経理経験はあるものの資格を持っていない人
  • 適切なアドバイスで転職を成功に導いてほしい人

Spring転職エージェント

※画像出典元:Spring転職エージェント公式HP

・運営会社:アデコ株式会社
・求人案件数:求人総数53,900件、うち非公開求人35,314件(2022年3月時点)
・対応エリア:全国、海外

Spring転職エージェントでは、経理・財務職以外にもITや営業、建設、バイオなど、さまざまな職種を取り扱っています。各領域に精通したコンサルタントが在籍しており、より実践的なアドバイスがもらえるでしょう。

転職者を担当するコンサルタントは、企業と連絡を取る企業担当の役割も担っています。つまり、企業から得た情報やニーズをダイレクトに伝えてくれるので、迅速かつ正確に情報が得られるでしょう。

また、女性が活躍する職場の特集や女性支援サイト「Spring小町」の提供など、女性の転職支援にも努めています。

Spring転職エージェントはこんな人におすすめ!

  • 経理専門のコンサルタントにアドバイスをもらいたい人
  • 企業の意図や希望をダイレクトに伝えてほしい人
  • 経理転職を検討している女性

KOTORA

※画像出典元:KOTORA公式HP

・運営会社:株式会社コトラ
・求人案件数:公開求人14,339件(2022年3月時点)
・対応エリア:東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、愛知県、大阪府、福岡県、海外

KOTORA(コトラ)は、金融・管理部門・バックオフィス業界の転職に強みがあります。職種のほかにも、年齢や年収で絞って検索できることも魅力です。

スペシャリスト人材やハイクラス人材向けの求人も多いため、経験豊富な転職者にもおすすめのサービスです。しかし、国内の求人対応エリアは東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、愛知県、大阪府、福岡県に限定されているため注意しましょう。

KOTORAはこんな人におすすめ!

  • 金融・管理部門・バックオフィス業界に転職を考えている人
  • ハイクラス転職を希望している人
  • 都市部の企業に転職したい人

【専門家監修】経理転職時の転職エージェントの選び方

続いて、専門家監修の転職エージェントの選び方をご紹介します。転職エージェントを比較する際に気をつけたいのが、次の3つのポイントです。

  • 求人保有数
  • 企業とのパイプの強さ
  • サポート内容

各エージェントサービスの特徴を踏まえて、どのサービスが自分に適しているか考えてみましょう。

求人保有数

求人保有数はエージェントによって大きく異なるため、チェックしておくべきポイントです。多ければよいというものではありませんが、求人の選択肢が広がるメリットがあります。

経理・事務職は比較的求人数が豊富な職種です。なかでも、総合型の大手転職エージェントは取り扱い数が多く、働き方や給与条件で絞っても多くの選択肢を見つけやすいでしょう。

本記事では経理職や管理部門に特化していたり、強みがあったりする転職エージェントを紹介していますが、エージェント自体の数は決して多くありません。

経理を含めた事務職として、広く求人情報を集めている総合型エージェントのほうが経理の転職に強い傾向です。経理転職に特化したエージェントと総合型エージェントのどちらにも登録し、併用するのもよいでしょう。

例えば、IT(WEB・エンジニア・ゲーム)業界ではGeeklyなど、分かりやすく特化したエージェントがあります。しかし、経理の転職に特化しているという転職エージェントはあまり見られません。

企業とのパイプの強さ

企業との密接な人脈やコネクションなど、強いパイプを持つエージェントであれば、転職を円滑に進めることができるでしょう。パイプがある企業ならニーズをよく理解できているため、書類選考や面接に適切な対策を取ることができます。結果、選考を有利に進めることができるのです。

しかし、エージェントと企業のパイプの強さは「この企業に強い」などのように、サイトで詳細に公開されることはまずありませんパイプの強さを確認したいなら、エージェントとの面談の際に聞いたり、サイトでキャリアアドバイザーの強みを確認したりする方法があります

キャリアアドバイザーやコンシェルジュの紹介で「企業とのパイプに自信がある」と紹介されているアドバイザーなら、適切にアドバイスしてくれる可能性が高いでしょう。

経理・事務職で経営層からのリプレイス・直オファーはあまりないと思われますが、書類選考時のプッシュや面接対策など、企業とのパイプが強いエージェントであれば選考を有利に進められます。

サポート内容

転職活動に対するサポート内容にも注目しましょう。転職エージェントによってサポート内容は大きく異なります。例えば次のようなサポートがあります。

  • 夜間、休日の面談、電話・オンライン面談
  • 面接日程の調整、リスケジュール
  • 提出書類の管理、リマインド
  • 面接対策、応募書類添削
  • 転職や職種に関するセミナー・イベントの開催
  • 退職のサポート

平日は仕事がありなかなか面談に応じられない場合は、夜間やオンライン上で面談を行っているところなど、自分のニーズに合ったエージェントを選びましょう

働きながらの転職活動をするなかでは、柔軟に対応・サポートしてくれるかはとても大切なポイントです。なぜなら、こまごまとした調整や自分ひとりでは苦労する部分を代行してもらえるからです。

 

面接日の調整・リスケや提出書類の管理、リマインドなどは、現職の業務をこなしながらでは抜け漏れも発生する可能性があります。また、どうしても平日に休みが取れない場合や、夜間に面接してもらうなど、自分では強く言えない要望を通しやすい可能性もあります。

経理職の転職事情

ここで、現在の経理職の転職事情を解説します。転職のしやすさや求人数は、職種や業種によって大きく異なります。職種によっては資格やスキルが必須になることもあるので、転職事情は適切に把握しておきましょう。

経理の求人数は多い

経理職の求人数は比較的多い傾向です。経理は会社の入出金管理や記帳を行う大切な仕事であり、どのような業種の企業であっても、経理職には高いニーズがあります。エージェントでの取り扱いも多いので、給与やこだわりの条件で絞っても希望条件に合った求人が見つかりやすいでしょう。

求人数が多く選択肢が多いため、若くても経験やスキルがあればキャリアアップを目指すことも可能です。

未経験はハードルが高いが転職も可能

未経験から経理職への転職は、ハードルが高いものの不可能ではありません。若い人や前職で経理的な仕事にも向き合っていたり、資格を有していたりすれば転職成功の可能性が高いでしょう。

経理には簿記などの専門的な知識が必要です。企業としては経理の仕事を任せられる即戦力がほしいため、転職前にある程度の知識を身に付けておかなければならないことも多いでしょう。

まず会計事務所に転職し、経験を積んでから経理職への転職を目指すケースもあります。派遣社員やパートとして研修を受けながら働き、その後正社員への登用を目指すことも可能です。このように未経験転職の場合は、さまざまな選択肢からアプローチすることをおすすめします。

経理職への転職が有利になる資格やスキルとは?

経理職への転職が有利になる資格やスキルをまとめたのでご覧ください。

資格 スキル
  • PCスキル(Word、Excel)
  • 英語力(外資系企業、グローバル企業の場合)
  • 資料作成スキル
  • コミュニケーション能力

それぞれ詳しく見てみましょう。

経理職への転職が有利になる資格

経理職への転職には、専門知識を有していることを証明できる資格があると有利です。具体的には、日商簿記検定、公認会計士、税理士、BATIC(国際会計検定)、経理・財務スキル検定(FASS検定)、給与計算実務能力検定、ファイナンシャルプランニング技能検定(FP技能検定)などがあげられます。

特に日商簿記検定は、定期的に試験が行われていて比較的取りやすい資格なので、未経験者はぜひ取得を目指しましょう。また、外資系企業やグローバル企業への転職を考えているなら、英語力をアピールできるようにTOEICを受けておくことをおすすめします。

経理職への転職が有利なるスキル

経理職への転職を有利に進めるなら、以下のようなスキルを身に付けることもおすすめします。

  • PCスキル(Word、Excel)
  • 英語力(外資系企業、グローバル企業の場合)
  • 資料作成スキル
  • コミュニケーション能力

経理職に限ったことではありませんが、こういったスキルを持っておくと転職する際にプラスになります。PCスキルはマイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)、英語力はTOEICにチャレンジするとよいでしょう。

経理への転職を成功させるコツ

最後に、経理職への転職を成功させる5つのポイントを解説します。

  • 自分の資格やスキルを明確にする
  • 転職先の希望条件を明確にする
  • 志望動機は説得力のあるものを作成する
  • 経理職の転職に有利な時期を把握する
  • 複数の転職エージェントを利用する

上記のコツを意識して、転職活動にのぞみましょう。

自分の資格やスキルを明確にする

まずは自分の資格やスキルを明確にすることから始めましょう。経理の仕事をした経験やこれまでに得たスキル、資格などをまとめることで、自分の市場価値を再確認することができます。未経験からの転職の場合には、いままで自分が取得してきた経理の仕事に役立ちそうなスキル・資格をまとめておきましょう

また資格やスキル、経験を明確にすることは、エージェントとの信頼関係にもつながります。よい案件を紹介してほしいからといって嘘の申告をすると、信頼関係が崩れたり転職後に苦労することになったりとリスクが大きいです。スキルや資格、職歴は明確かつ正確に申告しましょう

転職先の希望条件を明確にする

自分がどういった会社に転職したいのか、転職先の希望条件もクリアにしておきましょう。経理の仕事はさまざまな業種や企業を選ぶことができます。経理がしたいからといって、業種を絞らずに無作為に受けるようでは志望動機がまとまらず、書類選考に通過しない恐れがあります。

どの業界で経理職をしたいのかしっかり考えて、それを前提にエージェントとの面談にのぞむとよいでしょう。また、自分の働きたいスタイルや希望する給与に見合うかなど、具体的な希望条件や優先順位も考えておくことをおすすめします。

志望動機は説得力のあるものを作成する

志望動機は、書類選考や面接のなかでも特に重要なポイントのひとつです。説得力ある志望動機を作成することで、会社への理解度や入社意欲をアピールすることができます。

経理は多くの企業で募集があるため「どうしてその業種なのか」「なぜこの企業を選んだのか」など、明確な理由を自分の言葉で語れるようにしておくことが大切です。経理未経験者の場合は、なぜ経理職を目指したのかについても説明できるようにしておきましょう

経理職の転職に有利な時期を把握する

経理職の転職を有利に進めるなら、転職時期にも気を配りましょう。経理の求人数が増えるのは1~2月といわれています。決算業務が増える3~5月の繁忙期に入る前に求人を出す企業が多いためです。また、12月に決済を行う企業も多いため、場合によっては9月にも求人が増える可能性があります。

転職には時間がかかることも多いので、求人が増える時期を狙って転職活動を始めるのも手です。

複数の転職エージェントを利用する

転職エージェントは、1つだけでなく複数のサービスに登録することもおすすめです。複数のエージェントを活用することで、求人案件の選択肢がより広がり、自分に合った求人にも出会いやすくなります

経理職に転職する場合は、案件が幅広い総合型エージェントや経理特化型のエージェントを併用することもおすすめです。ただし、登録しすぎると面談対応やレスポンスに手間がかかるため、2~3社程度に絞って登録するとよいでしょう。

まとめ

経理職への転職は求人案件も比較的豊富で、繁忙期に伴う人材募集によりさまざまな選択肢を持つこともできます。なかには未経験から始められる求人もあるので、他職種からの転職を考えている場合にも可能性はあるでしょう。

転職エージェントには、幅広い職種を取り扱う総合型エージェントから、経理・管理部門に強い専門的なエージェントまで、さまざまな特徴をもつサービスがあります。「自分に合ったサービス」は人それぞれ異なります。利用する前に特徴やサポート内容を確認し、必要であれば複数のエージェントに登録して転職を成功させましょう。

タイトルとURLをコピーしました