[PR]

40代からでも一生できる仕事を見つける!女性が活躍できる仕事選びのポイント・資格も解説【40代女性に取材あり】

おすすめ転職エージェント
本ページはプロモーションが含まれています。

40代だと仕事の種類は選べない?」「40代女性で一生できる仕事は見つかる?」など、一生できる仕事を探しているのに、年齢がネックに感じる女性も少なくありません。

40代の女性が転職や就職をするとなると、どのような職種で働けるのか心配になることもあるでしょう。

そこで本記事では、40代からでも一生できる仕事を見つける方法を紹介します。

また、実際に転職成功してキャリアアップ、年収アップを実現された40代女性にオンライン取材をおこない、40代女性の転職事情や、成功のコツを聞きましたので、ぜひ参考にしてください。

\転職・キャリアアップ・副業!40代女性におすすめのサービス3選/

40代女性が未経験の仕事に就くのは難しい?

40代の女性が未経験の仕事に挑戦するのは勇気がいることです。

新しく働く職場では、自分よりも年下の上司に指導してもらうことが多い可能性があり、相手から気を使われるかもしれません。ここでは、40代の女性が未経験の仕事に就くリスクについて解説します。

40代女性の転職成功者は全体の約15%

40代女性の転職成功者

“参考:doda「転職成功者の年齢調査」(最新版)

dodaの「転職成功者の年齢調査」によれば、40代女性の転職成功者は全体の約15%と、20代や30代に比べてやや低めということがわかりました。

さらに前年度と減少幅が一番大きかったのは、「昨年比-0.9ポイント減少した40代以上」で、このことから、40代から転職することは簡単ではないということを、理解しておく必要があります。

管理職に必要なスキルや実績が求められる

40代からの転職は難しいことをお伝えしましたが、決して転職ができないわけではありません。ただし、一般的な企業で働く40代は、管理職やマネージャーを任されることが多い年代です。

そのため、新しい職種に転職する際は、管理職に必要なスキルや実績が求められます。企業は40代を採用するなら、即戦力として迎え入れたいと考えるものです。効率的な採用を行うため、できるだけ短期間で業務に適応できる人材を求める傾向があります。

年下の上司からすると未経験40代女性の指導に戸惑う

40代になると、「新しい就職先の上司は年下だった」ということはよくある話です。自分では年下から教わることに対してあまり気にならないという方でも、年下の上司にとっては40代女性の指導に戸惑うことがあります。

また、若い人たちの中で働くということは、このような事態が起こることをある程度想定していても、実際に働いてみると社内の雰囲気に合わず辞めてしまう方が多いようです。会社側も、そのようなリスクを回避するために採用を見送ることもあります。

40代〜50代でキャリアに悩んでいる人は、キャリアコーチングがおすすめ!

ライフシフトラボの詳しい記事は
こちら

ライフシフトラボ」は「キャリア形成手段としての副業」のデビューに伴走支援してくれる45歳からの実践型キャリア複業スクールです!

人材マーケットに精通するトレーナーが、キャリアプランニングから副業の武器になる強みの棚卸し、具体的なアクション支援まで、マンツーマンで伴走してくれる60日間の短期集中プログラムが人気で、プログラム終了後の副業デビュー率は、なんと95%!

公式サイト:https://lifeshiftlab.jp/

40代女性が一生できる仕事10選【必要な資格】

40代女性が仕事を探している

ここからは40代女性が一生できる仕事を10選を紹介します。仕事内容や必要なスキル、平均年収などの職種情報を解説しているので、ぜひ参考にしてください。

  • 事務職
  • 介護職
  • 日本語教師
  • 社会保険労務士
  • 行政書士
  • ファイナンシャルプランナー
  • Webライター
  • ITエンジニア
  • 家事代行業
  • 食生活アドバイザー

事務職

基本情報 内容
主な仕事内容 書類作成・データ入力
書類の整理やファイリング
来客・電話対応など
女性の平均年収 321万円
必要な資格 MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)
秘書技能検定
日商簿記検定
英検
TOIEC
スキル

時間管理や優先順位の付け方
コミュニケーション能力
電話対応能力
エクセルやワードの操作

おすすめのサービス リクルートエージェント

※参考:doda「平均年収ランキング(職種・職業別)【最新版】

事務職は「未経験歓迎」の求人が多く、比較的40代の女性が狙いやすい職種です。事務職は若い世代が多く応募することがあるため、あまり応募しない企業や、年齢に関わらず幅広い年代が活躍している企業を狙うといった工夫をしましょう。

また、女性の管理職がいる企業は、女性のキャリアを支援する体制が整っている可能性が高いため、採用されやすいです。40代の女性が事務職を目指す際には、自分の強みを活かし、戦略的にアプローチしましょう。

事務職に有利な資格

  • 介護事務
  • 日本秘書協会認定資格
  • 日本語ワープロ検定試験
  • 簿記能力検定
  • 医療事務
  • ビジネス会計検定試験
  • 貿易実務検定
  • 薬局調剤事務

これらの資格は、スキルアップや専門性を高めるための手段として有用です。ただし、必ずしも上記のような資格が求められるわけではなく、事務職の経験者やスキルなども採用の際に評価されます。

おすすめのサービス「リクルートエージェント」

リクルートエージェント

※画像出典元:リクルートエージェント公式サイト

・運営会社:株式会社リクルート
・求人案件数:公開370,525件/非公開226,707件(2023年2月時点)
・対応職種:営業、経営、事務、IT・エンジニア、電気、医薬・化粧品、コンサルタント、建設など
・対応エリア:全国・海外

リクルートエージェントは幅広いネットワークがあり、公開求人だけでなく、企業が他社に情報を伏せている非公開求人も提供できます。40代女性の転職に関して、より多くの選択肢を得ることが可能です。

経験豊富なアドバイザーが在籍しており、自分の経歴やスキルを評価し、適切なポジションを提案してくれます。

特に、40代未経験の転職を考えている女性のために、アドバイザーが面接対策や履歴書の書き方など、転職活動のあらゆる方法で支援をおこなってくれるでしょう。

リクルートエージェント
公式サイト

介護職

基本情報 内容
主な仕事内容 身体介護
生活援助
日常生活の支援
コミュニケーションと心のケア
利用者の状態やケア内容の記録
40代女性の平均年収 336万円
必要な資格 介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)
介護福祉士実務者研修
介護福祉士(国家資格)
認定介護福祉士
介護支援専門員(ケアマネジャー)
スキル コミュニケーション能力
チームでの連携
おすすめのサービス ミラクス介護

※参考:求人ボックス「給料ナビ」(2023年9月2日時点)

介護の仕事内容は、高齢者や障害者の方々が日常生活を送るうえで必要な支援を提供する役割を担います。厚生労働省「令和4年賃金構造基本統計調査」によると、介護職で活躍している方の平均年齢は44.2歳です。

少子高齢化社会として、介護業界で働く方の需要が増加し続けており、今もなお人手不足となっています。介護職は年齢や性別を問わず働けるので、未経験でも挑戦しやすいのが特徴です。

そのため、介護職は経験を積みながらキャリアアップを目指せる職種といえるでしょう。

介護職に必要な資格

  • 介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)
  • 介護福祉士実務者研修
  • 介護福祉士(国家資格)
  • 認定介護福祉士
  • 介護支援専門員(ケアマネジャー)
介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)

基本的な介護技術やコミュニケーションスキルを習得するための資格です。

日常生活のサポートや援助を行うための基本的な知識と技術が学ばれます。未経験者向けの資格で、介護業界でのキャリアスタートに適しています。
“参考:厚生労働省|介護職員・介護支援専門員

介護福祉士実務者研修

介護職員初任者研修修了者が、さらなる実務経験を積むための研修です。介護業務の実際的なスキルや知識を深められます。

介護福祉士(国家資格)

介護業務全般にわたる高度な知識や技術、コミュニケーション能力を備えたプロフェッショナルとしての資格です。国家試験に合格することで取得できます。
“参考:厚生労働省|社会福祉士・介護福祉士等

認定介護福祉士

介護福祉士と同様の知識やスキルを持つ資格ですが、経験実績があれば国家試験を受験せずに取得できる資格です。ただし、介護福祉士を取得後5年以上の実務経験が必要になります。

介護支援専門員(ケアマネジャー)

介護の計画立案や利用者のケアプランの調整、サポートを行うための資格です。利用者やその家族と協力してなサポートします。

おすすめのサービス「ミラクス介護」

ミラクス介護

※画像出典元:ミラクス介護公式サイト

・運営会社:株式会社ミラクス
・対応エリア:茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県
・求人数:公開42,662件/非公開92,904件(2023年2月時点)
・得意な職種:介護士、サービス提供責任者、ケアマネージャー、生活相談員、リハビリ職

ミラクス介護は、約10万件以上の求人を取り扱っており、そのうち9万件以上が非公開求人です。転職が難しいといわれる女性でも、多くの職種や条件に合わせた求人から選べるため、自分に最適な求人を見つけやすくなるでしょう。

未経験者や介護業界から離れていた方にも応募可能な求人を多数提供している点が魅力です。新たなスタートや復職を考える人にとって、ミラクス介護は介護に特化したおすすめの転職サイトです。

ミラクス介護公式サイト

日本語教師

基本情報 内容
主な仕事内容 教材の選定やカリキュラムの構築
授業プランの作成
発音の練習やディスカッションの指導
文法の解説や読解力の向上をサポート
海外からの留学生に対して生活情報やアドバイスを提供
平均年収 約336万円
必要な資格 日本語教師養成講座を修了する
日本語教育能力検定
スキル 外国人とコミュニケーションが取れる
プランを立てるのが得意
正しい文法が使える
おすすめのサービス リクルートエージェント

※参考:indeed「給与調査」(2023年9月2日時点)

日本語教師の役割は、日本語を学ぶ外国人に対して言語スキルを教えるだけでなく、文化やコミュニケーションの手助けを担うのに重要な仕事です。日本のグローバル化や日本で働きたい外国人が増えたことにより、日本語教育のニーズが高まっています。

日本語教師は日本語教育機関、小中学校、企業などさまざまな職場で活躍できます。日本語教師の仕事は、パートタイムやオンラインレッスンなど、自分のライフスタイルや状況に合わせて多様な働き方ができるのが特徴です。

他の職種よりも比較的柔軟性の高い職種だといえます。また、教師として生徒の成長や学習の過程を見守ることでやりがいを感じることができるのがメリットです。

日本語教師に必要な資格

  • 大学の専攻課程を履修
  • 日本語教育能力検定試験の合格
  • 日本語教師養成機関で420時間養成講座を受講(大卒者対象)

日本語教師になるには、国家資格は必要ありません。無資格でも日本語を教えることが可能ですが、上記で紹介した民間資格が必要です。

しかし、2024年4月より「登録日本語教員」国家資格が登場することになりました。第1回の試行試験は、令和5年12月10日に行われる予定です。

“参考:文化庁ホームページ|日本語教員試験試行試験実施概要(案)

社会保険労務士

基本情報 内容
主な仕事内容 社会保険の手続きや申請
労働者の健康保険や厚生年金の加入手続き
従業員の人事・労務に関する相談
平均年収 約438万円
必要な資格 社会保険労務士試験(国家資格)
スキル 高度な専門知識
おすすめのサービス MS-エージェント

※参考:求人ボックス「給料ナビ」(2023年9月2日時点)

社会保険労務士(社労士)は、労働者の健康保険や厚生年金の加入手続きなど、社会保険に関連する書類作成や提出を代行する仕事です。

労働契約書や雇用契約書の作成を行い、法的な問題を考慮しながら雇用関係を明確にするため、高度な専門知識が必要になります。

社会保険労務士にしかできない特定の業務(独占業務)が存在し、やりがいも多いことからその需要が高まっています。また、社会保険労務士試験の合格者のうち女性の比率が高いという特徴もあり、女性人気が高い職業です。

社会保険労務士に必要な資格

  • 社会保険労務士試験

社会保険労務士になるためには、社会保険労務士試験を合格し、社会保険労務士名簿に登録することが必要です。これによって、都道府県社会保険労務士会として活動ができます。

社会保険労務士試験の受験資格には、学歴、実務経験、および厚生労働大臣の認めた国家試験合格のいずれか1つを満たすことが必要です。

“参考: 全国社会保険労務士会連合会 試験センター

おすすめのサービス「MS-エージェント

MS-エージェント

※画像出典元:MS-エージェント公式サイト

・運営会社:株式会社MS-Japan
・主要対応エリア:東京都・神奈川県・愛知県・大阪府が中心
・求人数:10,026件(2023年2月時点)
・料金:無料
・利用者の年齢層:30代以上
・得意な業界:IT・通信・機械・商社・法曹・金融など

MS-エージェント」は、人事を含む管理部門に特化した転職エージェントで、30年以上の実績を持ち、専門性の高い相談やキャリアプランの提供をおこなっています。

専門性の高さから、未経験で人事に挑戦したい人にも適切なアドバイスやサポートを徹底して行うのが特徴です。上場企業から中小企業まで、ジャンルを問わず幅広い企業の求人があるのがメリットといえるでしょう。

MS-エージェント公式サイト

行政書士

基本情報 内容
主な仕事内容 行政機関への許認可申請や書類作成
官公庁へ提出する書類に関する相談業務
女性の平均年収 約415万円
必要な資格 行政書士試験
スキル 法律知識
コミュニケーション能力
勤勉タイプ
好奇心がある
裏方作業が好き
おすすめのサービス MS-エージェント

※参考:求人ボックス「給料ナビ」(2023年9月2日時点)

行政書士は、行政機関への許認可申請や書類作成、官公庁へ提出する書類に関しての相談業務をおこないます。法令や手続きに基づき、クライアントの利益を守るための支援をする仕事です。

行政書士は国家資格で、独占業務として仕事ができます。1万種類以上の書類を取り扱え、幅広い業務に対応できる専門性を持っている人がおすすめです。

また、実務経験がなくても行政書士として開業ができ、自身の専門分野や得意分野に特化して事業展開し、クライアントをサポートします。行政手続や書類作成が中心となるため、オフィスでの事務作業が多いです。

行政書士に必要な資格

  • 行政書士試験

行政書士試験は誰でも受験ができるため、法律を学んだことがない方でも合格を目指せます。その理由としては、合格基準が明確で対策がしやすいことが挙げられます。

ただし、法律を学んだことがない40代女性は、勉強時間やスケジュールを組み立てて、効率的な勉強を行うことが大切です。

“参考:日本行政書士会連合会

ファイナンシャルプランナー

基本情報 内容
主な仕事内容 お金に関する悩みやニーズに対しての解決策をアドバイス
お金に関する幅広い知識の中からプランを組み立てる
平均年収 約390万円
必要な資格 ファイナンシャル・プランニング(FP)技能士
AFP資格
CFP資格
スキル 計算力
金融商品・保険・法律に対する好奇心
コミュニケーション能力
おすすめのサービス ビズリーチ

※参考:求人ボックス「給料ナビ」(2023年9月2日時点)

ファイナンシャルプランナーは、個人のライフスタイルや目標を考慮して将来の収支の見通しを立て、依頼人に合った資産設計や資金計画を提案します。

顧客のお金に関する悩みやニーズに対して、最適な解決策やアドバイスを提供。また、提案したプランの実行を目指し、顧客の目標達成をサポートします。

また、税金、投資、教育資金、老後資金、相続対策など、お金に関する幅広い知識を持ち、顧客のニーズに合わせたプランを作成する仕事です。

ファイナンシャルプランナーに必要な資格

  • ファイナンシャル・プランニング(FP)技能士(国家資格)
  • AFP(民間資格)
  • CFP(民間資格)

ファイナンシャルプランナーの資格は、国家資格と民間資格があります。ファイナンシャル・プランニング(FP)技能士は、3級から1級までの階級があり、実務的な知識とスキルを評価する国家資格です。2級以上の資格も持っておくと、実務に活かしやすいです。

AFPやCFPなどは民間の資格で、特に独立や開業を考えている方に人気があります。より高度な専門知識を求める人に向けた資格です。

おすすめのサービス「ビズリーチ

ビズリーチ

※画像出典元:ビズリーチ公式サイト

・運営会社:株式会社ビズリーチ
・対応エリア:東京、名古屋、静岡、大阪、広島、福岡・一部の海外(中国、アメリカ・カナダ、ヨーロッパ他)
・求人数:106,605件(2023年2月時点)
・料金:無料(コンシェルジュに相談は有料)
・利用者の年齢層:30代以上
・得意な業界: IT、メーカー、コンサルティング、サービス、マスコミ、金融、建設、商社、不動産、流通など

ビズリーチはスカウト機能に特化した転職エージェントで、企業から直接スカウトオファーが受けられるのがメリットです。

国内外のハイクラスな求人を多く保有しており、経理系の求人も充実しています。特に年収1,000万円以上の求人が多いため、高収入を目指す40代女性に人気です。

ビズリーチ公式サイト

Webライター

基本情報 内容
主な仕事内容 取材ライター
セールスライター
コピーライター
PRライター
SEOライター
女性の平均年収 約449万円
必要な資格 特になし
スキル 正しい日本語が書ける
構成するのが得意
SEOの知識がある
おすすめのサービス レバテックフリーランス

※参考:indeed「給与調査」(2023年9月2日時点)

40代女性におすすめなのがWebライターです。専門的な知識がなくても、クライアントの指示に従って記事を執筆できるため、未経験からでも始められます。

PC1台あれば在宅で仕事ができ、家庭との両立がしやすいのも魅力です。実際に子育てしながら働いている主婦もいらっしゃいます。

また、フリーランスや業務委託といった多様な働き方に対応でき、自分のスケジュールに合わせて自宅で仕事ができるのもメリットといえるでしょう。ただし、プライベートと仕事を分けにくいところがデメリットです。

Webライターに必要な資格

Webライターとしての仕事には特別な資格は必要ありません。自分が得意な分野を持つことで、専門性を高めることができます。

Webライターとしての活動は将来的にも長く働けて、40代女性にとって魅力的なキャリアの選択となるでしょう。

おすすめのサービス「レバテックフリーランス

レバテックフリーランス

※画像出典元:レバテックフリーランス公式サイト

・運営会社:レバテック株式会社
・案件数:公開:2,479件/非公開:78,338件(2023年2月時点)
・対応エリア:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、愛知県、大阪府、兵庫県、京都府、福岡県、長崎県、熊本県、大分県
・主な業種:インフラ、フロントエンド、ネットワーク、SE、プログラマー、PM、PMOなど

レバテックフリーランスは、主にIT・Web系のフリーランスに特化してサービスを提供しており、希望に合った案件を専門のカウンセラーが紹介してくれます。

登録後は「市場分析ダッシュボード」を活用でき、最新のフリーランス市場情報や自身の市場価値を数字で確認できるのが特徴です。また、案件・企業の評価を事前にチェックできるのも、大きなメリットといえます。

レバテックフリーランス公式サイト

ITエンジニア

基本情報 内容
主な仕事内容 プログラマー
SE(システムエンジニア)
社内SE(社内情報システム)
インフラエンジニア
40代女性の平均年収 約553万円
必要な資格 IPA(情報処理推進機構)の情報処理技術者試験
ITベンダー資格
ITベンダーニュートラル資格
スキル 勉強が好き
プログラムが得意
開発が好き
おすすめのサービス エンジニアスタイル

※参考:求人ボックス「給料ナビ」(2023年9月2日時点)

ITエンジニアは、情報技術に関する専門的な知識やスキルを持ち、コンピューターや情報システムを設計、開発、運用などをおこなう職種です。

ITエンジニアはさまざまな分野で活躍し、コンピューターシステムやネットワーク、ソフトウェア、データベースなどに関する仕事を行います。

ITエンジニアに必要な資格

  • IPA(情報処理推進機構)の情報処理技術者試験
  • ITベンダー資格
  • ITベンダーニュートラル資格
  • ITパスポート

40代女性が初めてIT系の資格を取得するなら上記の資格がおすすめです。IT業界は急速な成長を遂げ、その成長に伴ってIT人材の需要が高まりつつあります。

IT資格を取得していると、転職するのに非常に有利です。IT業界は多岐にわたる職種や分野が存在し、それぞれの専門性に合わせて求められるスキルが異なるため、業種に合わせた資格を取得しましょう。

おすすめのサービス「エンジニアスタイル

エンジニアスタイル

※画像出典元:エンジニアスタイル公式HP

・運営会社:ボスアーキテクト株式会社
・案件数:350,477件(2023年2月時点)
・対応エリア:東京都内
・主な業種(ポジション):エンジニア、インフラエンジニア、ITコンサルタント、データサイエンティスト、デバッカー、コンサルタント、デザイナー、プログラマ、イラストレーターなど

エンジニアスタイルは、フリーランスエンジニア向けの案件サイトで、案件数や質、使いやすさがポイントです。希望に合った案件を見つけやすいという点もエンジニアスタイルの利点です。

キャンペーンも実施しており、週5日勤務を希望するエンジニアの方におすすめです。エンジニアスタイルを通じて自分のスキルや経験に合った案件を見つけられるでしょう。

エンジニアスタイル公式サイト

家事代行業

基本情報 内容
主な仕事内容 お客様の自宅に訪問し、日常的な家事を行う
食材の買い出しや調理
部屋の整理と片付け
必要に応じての日常雑用
女性の平均年収 448万円
必要な資格 特に必要な資格はありません
スキル 掃除が好き
雑用が好き
おすすめのサービス doda

※参考:求人ボックス「給料ナビ」(2023年9月2日時点)

家事代行業者の業務は、家庭内でのさまざまな家事を代行することを目的としています。家事代行業者は、忙しい方や高齢者など、さまざまなニーズに応じて家事をサポートすることです。

家事代行業に必要な資格

  • 家政士
  • 掃除能力検定士
  • クリンネスト2級
  • クリーニングインストラクター
  • ハウスクリーニング技能士(国家資格)

家事代行に必要な資格は特にありませんが、上記のような資格があると転職する際に有利です。

おすすめのサービス「doda

※画像出典元:doda公式サイト

・運営会社:パーソルキャリア株式会社
・求人数:公開240,388件(2023年2月時点)
・対応エリア:全国
・対応職種:営業・企画・管理・事務・IT・金融専門職・不動産専門職・クリエイティブ・技術職・販売・サービス・コンサルタント・医療系専門職・公務員など

dodaでは、専門のキャリアアドバイザーがカウンセリングをおこない、転職活動のアドバイスやキャリアプランの立案をサポートしています。自分の強みや目標に合った求人を見つける手助けをしてくれるでしょう。

doda公式サイト

食生活アドバイザー

基本情報 内容
主な仕事内容 デパートの食品売り場で食材の説明
美味しく安全に食べてもらうための提案
健康アドバイス
衛生管理
レシピの提案
平均年収 約300〜380万円
必要な資格 必須ではない
スキル 食べることが好き
食材に関して知識がある
健康に興味がある
おすすめのサービス リクルートエージェント

※参考:indeed「給与調査」(2023年9月2日時点)

食生活アドバイザーの仕事は、食に関する専門知識を活かして、人々の健康的な食生活をサポートする役割を担います。

資格取得後の仕事の選択肢は幅広く、飲食店やカフェ、レストランなどの飲食業界でのメニュー開発や、調理方法のアドバイスなどをおこなうことが可能です。

また、高齢者や病気を抱える人々の食事管理や食事提供のアドバイスをする仕事もあります。食事制限や栄養補給に関するアドバイスを通じて、健康状態の改善や維持を支援する仕事です。

食生活アドバイザーに必要な資格

  • 食生活アドバイザー検定

食生活アドバイザー検定は、食に関する専門知識を学び、健康的な食生活をサポートするための資格試験です。

この資格を取得することで、食事の栄養バランスや摂取量、調理方法、食材の選定などに関する専門知識を持ち、人々の健康な食生活をサポートができます。

【インタビュー】転職成功された40代女性に、転職事情を聞きました!

マイナビニュース転職メディアでは、信頼性が高い利用者の声をお届けするために、実際にtype女性の転職エージェントやdodaリクルートエージェントGreenなどを利用して転職成功された40代女性に、オンラインインタビューをおこないました。

Q:キャリアチェンジを伴う転職で、大変だったことは?

システムエンジニアからwebマーケティング職のキャリアチェンジを目指して転職活動を始めたのですが、私は40代なので、年齢的なことが一番苦労したと思います。
特に、type女性のエージェントは20代の女性向けのサービスでしたので、20代向けの事務職系の求人が多く、私が希望する役職があるwebマーケティングの求人は少なかったですね。

編集部
編集部
 

なるほど!40代でのキャリアチェンジは、大きな決断だったと思うのですが、キャリアチェンジを決めた理由はなんですか?

確かにキャリアチェンジには覚悟が必要ですが、システムエンジニアとwebマーケターは共通するスキルも多く、全くの畑違いというわけではないので、どちらかというとシステムエンジニアとして培った経験とスキルを武器に、キャリアアップしたかったという感じですね。

Q:希望する求人の条件で、重要視したことは何ですか?

給料アップはもちろんでしたが、フレックス制度でフレキシブル休暇や有給の多さ、リモートワーク可能かなど「働き方」を重視しました。システムエンジニア時代は、残業も多くいつでも対応できるように休みもあまり取らなかったので。

編集部
編集部
 

ワークライフバランスを重視されたということですね。type女性のエージェントの他に、何個くらいの転職サービスを併用されて転職活動をされていたんですか?

転職サイト系のサービスを5つくらいと、転職エージェントを3つほど併用して転職活動をおこないました。
もし、転職サイトで条件に合う求人があったら、直接企業に応募したりもしましたね!
外資系は特に、年齢を気にしないことが多いのと、スキルや実績、やる気を重視する傾向があるので、その方が成功しやすいかもしれません。私も実際その方法で最終的に内定をもらえましたので。

Q:これから転職活動を始める40代女性にアドバイスはありますか?

40代の女性の転職で重要になってくるのは、20代や30代にない付加価値や強みを自分でつくることが大切だと思います。

私も新しい言語の取得やプログラミングスキルを向上させるために、プログラミングスクールに通ったりして自己投資をおこないました。

編集部
編集部
 

年齢に負けない強みをつけるのは、転職活動において確かに大切なことですね!これからは特に、年齢よリも個々のスキルや能力が重要視される流れがあると思います。

そうですね。雇用形態も私はこだわらなくても良いと考えています。派遣で私より稼いでいる40代の女性はたくさんいますし、自分の専門分野を早めに見つけてそれを磨くことが年収アップにつながると思います。

編集部
編集部
 

転職エージェントの選び方や、転職活動の進め方などはどうでしょうか?

転職エージェントも転職サイトも、有名な大手と、希望する業種に強いサービスを複数併用してなるべく早めに求人を見極めて、サービスを1つに絞ることが効率的だと思います。複数のサービスを使い続けるとあれもこれも気になってしまい、結果的に転職活動期間が伸びてしまうので。

 
転職エージェントを利用して
良かったところ
転職エージェントを利用して
残念だったところ
  • 非公開求人を紹介してくれる
  • 専門知識がある担当者に相談できる
  • 面接対策などサポートしてくれる
  • 専門知識がない担当者もいる
  • サービスによって
    年齢や業種が合わないものもある
★編集部コメント

今回インタビューしたN・Tさんは、type女性の転職エージェント、doda、リクルートエージェント、Greenなどを利用されて転職活動をおこないました。

 

システムエンジニアからwebマーケティングに、キャリアチェンジを伴う転職を成功された40代の女性です。

 

40代の転職に重要なのは、年齢に負けない強みを自分で見つけて磨くことと、雇用形態にこだわらなくてもキャリアップは目指せるとお答えいただきました。

 

転職エージェントは、サービスによって特徴が異なるので、複数に登録して自分に合うサービスを探してみるのがおすすめです。

 

40代女性の仕事選びのポイント

40代女性の仕事選びのポイント

40代女性が仕事を選びポイントとして、以下の項目が挙げられます。それぞれ詳しく見ていきましょう。

  1. 自己分析でキャリアとスキルの棚卸しをする
  2. 正社員以外の働き方も視野に入れる
  3. 資格を取得する
  4. 希望の業種に強い転職エージェントやフリーランスエージェントを利用する

自己分析でキャリアとスキルの棚卸しをする

自己分析を行う際には、ツールやキャリアコーチングを活用することで、自分の強みやスキルを洗い出し、将来のキャリアプランを構築できます。

自己分析ツールは、質問やテストを通じて自分の性格、価値観、興味、能力などを評価し、それらを元にキャリアや職業の選択肢を提案してくれるツールです。

などがあります。これらのツールは、自己理解を深めるための良い手段です。

また、キャリアコーチは専門的な指導を通じて、自己分析やキャリアプランの構築をサポートしてくれる専門家です。コーチングカウンセリングを通じて、自分の強みやスキル、興味を整理し、それに合った最適な職業やキャリアプランを見つける手助けをしてくれるでしょう。

正社員以外の働き方も視野に入れる

正社員以外の働き方を視野に入れることは、40代女性のキャリアを柔軟に選択するために必要です。現代の労働環境では、契約社員だけではなくさまざまな働き方が存在し、自分に合った選択肢を検討できます。

たとえば、自分のスキルや専門知識を活かしてフリーランスや独立起業を考えたり、フルタイムではなく、パートタイムやアルバイトとして働いたりするのも選択肢の一つです。

特に、パートやアルバイトは自由な時間も確保でき、心にゆとりができるでしょう。また、時給が高めの派遣社員として働くことも可能です。

40代〜50代でキャリアに悩んでいる人は、転職よりもリスクが低い副業がおすすめ!

ライフシフトラボの詳しい記事は
こちら

ライフシフトラボ」は「キャリア形成手段としての副業」のデビューに伴走支援してくれる45歳からの実践型キャリア複業スクールです!

人材マーケットに精通するトレーナーが、キャリアプランニングから副業の武器になる強みの棚卸し、具体的なアクション支援まで、マンツーマンで伴走してくれる60日間の短期集中プログラムが人気で、プログラム終了後の副業デビュー率は、なんと95%!

公式サイト:https://lifeshiftlab.jp/

資格を取得する

40代になっても新しい分野に挑戦することで、自身のスキルが広がります。資格を取得することは、履歴書や職務経歴書において、自分の専門性やスキルを証明する一つの要素となります。競争の激しい転職市場において、資格を持つことで他の候補者と差別化できるでしょう。

さらに、自分が好きな業界や職種に必要な専門知識のある資格を取得することで、その業界への転職がスムーズになる場合があります。業界で求められる資格を把握し、取得することで選択肢が広がるでしょう。

また、転職活動中に自分の能力や価値を肯定的に捉えることができ、面接の際にプラスの影響が働くこともあります。

希望の業種に強い転職エージェントやフリーランスエージェントを利用する

希望する業種に特化した転職エージェントやフリーランスエージェントを利用することは、転職活動を行うために重要な一つの方法です。

業種に特化したエージェントは、その業界のトレンドや求人情報に精通しています。そのため、希望する業種や職種に適した求人情報を提供してくれる可能性が高くなります。

さらに、専門的な知識を持つエージェントは、あなたの経験やスキルを判断して理解し、適した求人とマッチングさせることが可能です。

エージェントを選ぶ際には、信頼性や実績も確認しましょう。口コミ評判を調査することで、信頼性のあるエージェントを見つけられる可能性が上がります。

また、一つのエージェントだけでなく、複数のエージェントを利用することも検討してみてください。異なるエージェントからの情報を比較することで、より多くの選択肢が得られます。

40代女性におすすめの転職エージェント3選

40代女性におすすめの転職エージェント

ここでは、40代女性におすすめの転職エージェントを3選ピックアップしました。どこも女性の強い味方になってくれるので、ぜひ参考にしてください。

パソナキャリア|女性のキャリアアップ、転職サポートの実績が豊富

パソナキャリア

※画像引用元:パソナキャリア公式サイト

・運営会社:株式会社パソナ
・求人数:34,075件(2023年2月時点)
・対応エリア:全国
・利用者の年齢層:20歳〜35歳がメイン
・得意な業種:IT、技術、クリエイティブ、専門職、コンサルタント他
パソナキャリアはこんな人におすすめ!
・まだ自分のやりたいことが見つからない
・年収アップしたい

パソナキャリアは、人材派遣の大手であるパソナが設立した転職エージェントです。46万人以上の転職活動をサポートしてきた経験から、転職希望者を成功に導くノウハウを蓄積しています。

また、取引実績が28,000社以上と、多くの企業とのつながりがあり、幅広い求人情報を提供できる体制が整っているのも特徴です。

自身の希望やキャリアゴールに合った求人情報を探す際に、パソナキャリアのサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

パソナキャリア
公式サイトを見る

LIBZ(リブズ)|リモートワークやフレックス制など柔軟な働き方

※画像引用元::LIBZ公式サイト

・運営会社:株式会社リブ
・求人数:1,000~2,000件(2023年2月時点)
・対応エリア:全国、メインは首都圏
・利用者の年齢層:20代~、幅広い世代に対応
・得意な業種:営業、管理、経営、企画など
LIBZはこんな人におすすめ!
・現在のライフスタイルを崩したくない
・ハイキャリアを目指したい

LIBZは、ミドル世代の女性向けに多くの求人情報を提供している転職エージェントであり、女性のキャリアやライフステージに合った求人を探すことができるのが特徴です。

ハイキャリアを目指す女性やライフステージの変化を経て、再就職を考える女性に焦点を当ています。また、LIBZでは時短勤務や週3勤務など、柔軟な働き方の求人情報を提供しており、ワークライフバランスを重視する女性におすすめです。

LIBZについて口コミやメリットなど詳しく知りたい方は、下記の記事をご参照ください。

LIBZ
公式サイトを見る

type女性の転職エージェント|女性の転職に特化した転職エージェント

type女性の転職エージェント

※画像引用元:type女性の転職エージェント公式サイト

・運営会社:株式会社キャリアデザインセンター
・対応エリア:国内・海外
・求人数:公開求人10,291件(2023年2月時点)
・対応業界・職種:サービス、営業、事務、経理、人事、総務、マーケティング、Webクリエイター、SEなど
・特徴:女性のニーズに寄り添ったサービスを実施
type女性の転職エージェントはこんな人におすすめ!
・高待遇な職場で働きたい
・正社員で働きたい

サービス開始から18年以上の経験があり、付き合いの長い企業との太いパイプを持っているという点が、type女性の転職エージェントの強みです。多彩な求人情報や転職に関する情報を提供しています。

また、正社員登用などの待遇アップを目指す女性にとっても、サポートが期待できるエージェントです。

type女性の転職エージェント
公式サイトを見る

40代女性におすすめのキャリアコーチング3選

40代女性におすすめのキャリアコーチング

キャリアコーチングとは、自分のキャリアに関する方向性や目標を見つけるために、キャリアアドバイザーからのアドバイスやコーチングを通じて、自己分析やキャリアプランの選定をおこなうサービスです。ここでは以下の3つご紹介します。

ライフシフトラボ|40〜50代向けのキャリア設計に特化

ライフシフトラボ

※画像引用元:LIFE SHIFT LAB公式サイト

・運営会社:株式会社ブルーブレイズ(BlueBlaze Inc.)
・相談:無制限のチャット相談
・期間:60日間
・価格:入会金5万5,000円+受講料月額1万4,800円〜(※分割払い)|一括49万8,000円
・特徴:40~50代向け実践型キャリアコーチングサービス
ライフシフトラボはこんな人におすすめ!
・副業で稼ぎたい
・新しいキャリアを積みたい
・補助金を利用して安く受講したい

ライフシフトラボは、40代から50代向けに短期集中のコーチングを提供しており、限られた期間内で効果的なキャリアプランを構築できるようにサポートします。

副業、転職、独立起業、資格活用など、さまざまなキャリア選択肢に対応するコーチングコースがあり、自分の希望に合わせて適切なプランを選択し、新しいキャリアへの道を進むためのサポートが受けられます。

また、2023年11月より「転職コース」が、経済産業省「リスキリングを通じたキャリアアップ支援事業」の対象講座となり、今なら受講料が最大70%相当の補助を受けられます。

ライフシフトラボの口コミ評価や利用時の注意点を詳しく知りたい方は下記をご覧ください。

ライフシフトラボ
公式サイトを見る

キャリドラ|顧客満足度92%!

※画像引用元:キャリドラ公式サイト

・運営会社:株式会社カメレオン
・主要対応エリア:全国(オンライン)
・コーチの質:ハイキャリア転職に成功した現役トレーナー
・料金:初回無料(コース料金は要問い合わせ)
キャリドラはこんな人におすすめ!
・キャリアを高めるためのポイントを知りたい
・将来的に長く働ける業種で働きたい

キャリドラには3つのコースがあり、それぞれ異なる期間とサービス内容を提供しています。

コースごとにカリキュラムやサポートが組まれていることで、受講者が自分のキャリア目標に合わせたプランを選べます。24時までのチャット相談など、柔軟なサポート体制も受講者にとっては便利な要素です。

キャリドラの評判や気になる料金が知りたい方は、下記をチェックしてください。

キャリドラ公式サイトを見る

ポジウィルキャリア|厳選されたプロのトレーナーが在籍

ポジウィルキャリア

※画像引用元:ポジウィルキャリア公式サイト

・運営会社:ポジウィル株式会社
・主要対応エリア:全国(オンライン)
・コーチの質:採用通過率1%の狭き門を抜けたコーチ
・料金:入会金5万5,000円+38万5,000円~88万円(2023年2月時点)
ポジウィルキャリアはこんな人におすすめ!
・目的がはっきりしている人
・キャリアの方向性について相談したい人

ポジウィルキャリアは、自分の弱みや強みを数値化する独自の診断方法を提供している会社です。客観的な視点から自分のスキルや特性を把握し、キャリアの方向性を見極めるサポートをしてくれます。

キャリアアップや転職実現を目指すなど、自分の目的に応じたコースを選ぶことが可能です。また、ポジウィルキャリアは、キャリアトレーナーと週に1回の60分間オンライン面談ができます。

専門のトレーナーとの対話を通じて、自分のキャリアに関する疑問や課題を共有し、具体的なアクションプランを立てられるでしょう。

上記以外にもおすすめのキャリアコーチングを知りたい人はこちらの記事をご覧ください。

ポジウィルキャリア
公式サイトを見る

まとめ

40代女性の転職は難しいとお伝えしましたが、業種によって需要の高い仕事はたくさんあります。ここで紹介した転職エージェントやキャリアコーチングサービスは、初めて転職をする女性にもしっかりサポートをしてくれるところばかりです。

40代女性のライフステージやスキルに合わせた仕事選びの重要性、求められる人間性など、キャリアアップのための資格取得のアドバイスを提供しています。

柔軟な働き方やライフバランスも考慮しながら、自分らしいキャリアを築くヒントを探しませんか。40代女性の多様な強みを活かして、未来に向けて輝く仕事を見つけましょう。


◆記事で紹介した商品・サービスを購入・申込すると、売上の一部がマイナビニュース・マイナビウーマンに還元されることがあります。◆特定商品・サービスの広告を行う場合には、商品・サービス情報に「PR」表記を記載します。◆紹介している情報は、必ずしも個々の商品・サービスの安全性・有効性を示しているわけではありません。商品・サービスを選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品・サービススペックは、メーカーやサービス事業者のホームページの情報を参考にしています。◆記事内容は記事作成時のもので、その後、商品・サービスのリニューアルによって仕様やサービス内容が変更されていたり、販売・提供が中止されている場合があります。
タイトルとURLをコピーしました