[PR]

Webマーケティングに強い転職エージェントを紹介!業界の実情・転職成功のコツ【取材あり】

おすすめ転職エージェント
本ページはプロモーションが含まれています。

Webマーケティングは、現代のビジネスシーンで欠かせない業務分野となっており、業界への転職を希望する人も数多く存在しています。

転職エージェントは、求職者の転職を強力にサポートできるサービスで、Webマーケティング業界での転職でも有効活用できます。

この記事では、Webマーケティング業界に特化した転職エージェントを紹介します。

また、実際に転職成功されたwebマーケティング職の方にオンライン取材をして、実情をお答えいただきました。

Webマーケティングに必要なスキルや知識も合わせて紹介するため、業界未経験者の方もぜひご覧ください。

編集部
編集部

本記事では、信頼性の高い口コミをお届けするために、転職エージェントの利用者に直接オンライン取材を実施しました。ぜひ参考にしてください。

インタビューを先に見る>>

【総合型】Webマーケティング業界転職に使える転職エージェント

まずは日本社会の各業界の求人を網羅する総合型の転職エージェントを把握しましょう。以下の総合型の転職エージェントは求人数が多く、Webマーケティング業界の企業も募集をおこなっています。

doda|各業界に詳しい担当者が在籍

※画像引用元:doda公式ホームページ

・運営会社名:パーソルキャリア株式会社
・求人案件数:公開求人240,388件(2024年2月時点)
・対応エリア:全国

dodaは、パーソルキャリア株式会社が運営する転職サイトです。

日本企業が展開するほぼすべての業界・地域を取り扱う転職エージェントで、Webマーケティング業界にも詳しい担当者が在籍しています。無料年収査定サービスなどの診断機能も豊富です。

待遇のよい非公開求人の数も多く、Webマーケティング業界での堅実なキャリアを築くきっかけにすることもできます。新天地の足掛かりを得るためにも、dodaの利用を検討してみましょう。

dodaはこんな人におすすめ!

  • 業界を絞り込んで転職したい人
  • 転職イベントを利用したい人
 

公式ホームページはこちら

リクルートエージェント|最大手の転職エージェント

※画像引用元:リクルートエージェント公式ホームページ

運営会社名:株式会社リクルート
求人案件数:公開求人370,525件・非公開求人226,707件(2024年2月時点)
対応エリア:全国

リクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数を誇る転職エージェントです。

公開求人数40万件以上、非公開求人数も30万件以上(2024年2月時点)と、他の転職エージェントの追随を許さない求人数が何よりの強みといえるでしょう。

書類添削や面接対策などでキャリアアドバイザーの手厚いサポートを受けつつ、幅広い選択肢から転職先を選べます。はじめての転職でも利用できる安心感と、業界最大手ならではの選択肢の豊富さを兼ね備えた転職エージェントです。

リクルートエージェントはこんな人におすすめ!

  • 豊富な選択肢から転職先を選びたい人
  • 転職がはじめての人

パソナキャリア|ハイクラス転職を実現

※画像引用元:パソナキャリア公式ホームページ

・運営会社:株式会社パソナ
・求人案件数:34,075件(2024年2月時点)
・対応エリア:全国

パソナキャリアは、年収アップに強みを持つ転職エージェントです。

通常の求人はもちろん、ある程度の実績やキャリアを持っている人向けの求人も多く、ハイクラス転職を狙っている人には特におすすめのサービスといえます。

また、パソナキャリアでは女性の転職をサポートする専門チームがあります。女性固有の事情に応じた長期的なキャリア形成も目指したい場合にも、パソナキャリアの利用がおすすめできます。

パソナキャリアはこんな人におすすめ!

  • ハイクラス転職を目指している人
  • 女性で今後のキャリアに悩んでいる人

【特化型】Webマーケティング業界に強い転職エージェント

次に、Webマーケティング業界に強い特化型の転職エージェントを紹介します。総合型より求人の絶対数は少ないものの、より専門的なサポートや求人紹介を得られます。

Geekly(ギークリー)|IT・WEB業界に特化

※画像引用元:Geekly公式ホームページ

運営会社名株式会社Geekly(ギークリー)
求人案件数:21,513件(2024年2月時点)
対応エリア:首都圏中心

Geekly(ギークリー)は、IT・WEB・ゲーム業界に特化した転職エージェントです。転職実績も豊富で、IT分野における特化型転職エージェントの代表格の一つといえるサービスとなっています。

所属しているコンサルタントの多くはIT業界出身で、専門性の高いサポートを提供しています。業界に対する知識を深めながら転職をおこないたい人にとっても最適な転職エージェントです。

Geeklyはこんな人におすすめ!

  • IT業界に詳しい転職エージェントを利用したい人
  • 専門性の高いコンサルティングを受けたい人

レバテックキャリア|年収アップを期待可能

※画像引用元:レバテックキャリア公式ホームページ

運営会社名:レバテック株式会社
求人案件数:22,047件(2024年2月時点)
対応エリア:全国(主に東京、名古屋、大阪、福岡)

レバテックキャリアは、IT専門の特化型転職エージェントです。

IT業界の大手企業や成長企業のハイクラス求人を豊富に取り扱っており、経験者向けのサービスといえるでしょう。

50名以上のIT専門の転職アドバイザーが在籍しており、プロ目線での書類添削や技術的なアドバイスなども受けられます。経験者が更なるワンステップを登るときにぜひ利用したい転職エージェントとなっています。

レバテックキャリアはこんな人におすすめ!

  • IT業界のハイクラス求人に応募したい人
  • プロ目線のアドバイスを受けたい人

ワークポート|スピーディーな転職を実現

※画像引用元:ワークポート公式ホームページ

運営会社名:株式会社ワークポート
求人案件数:92,328件(2024年2月時点)
対応エリア:全国

ワークポートはIT業界特化型の転職エージェントです。登録が簡単で、内定までスピーディーに進めることができます。スピーディーとはいえサポートも充実しており、IT・Web業界での転職実績も豊富なため安心して使用できるでしょう。

未経験向けの求人も一定数以上存在しており、業界未経験者の人にもおすすめな転職エージェントとなっています。

ワークポートはこんな人におすすめ!

  • スピーディーに転職したい人
  • IT業界未経験の人

Webマーケティング業界転職に強い転職サイト

転職エージェントとあわせて転職サイトを利用することで、より多くの求人をチェックできます。

ビズリーチ|ヘッドハンティング式のハイクラス転職

※画像引用元:ビズリーチ公式ホームページ

運営会社名株式会社ビズリーチ
求人案件数:公開求人106,605件(2024年2月時点)
対応エリア:全国

ビズリーチは。登録しておくだけで企業からヘッドハントが届くスカウト型の転職サイトです。年収アップを期待できるハイクラス転職の求人を多数取り扱っている点が特徴的といえるでしょう。

登録時には審査があり、スキルや経歴に応じて会員グレードが変化するため、自身の市場価値も把握できます。未経験者よりもある程度のキャリアを既に構築している人向けのサービスといえます。

現状からさらに上を目指したい人には最適のサービスといえるでしょう。

ビズリーチはこんな人におすすめ!

  • ハイクラス転職のスカウトを受けたい人
  • 自分の市場価値を知りたい人

Green|IT転職に強い転職サイト

※画像引用元:Green公式ホームページ

運営会社名: 株式会社アトラエ
求人案件数:29,466件(2024年2月時点)
対応エリア:全国

Greenは、ITやWeb業界の転職に特化している転職サイトです。

業界の求人が豊富に掲載されており、エンジニア以外にもWebマーケティングの募集も数多く存在しています。IT業界は学歴不問未経験歓迎としている求人も少なくないため、新規参入を狙う求職者にはおすすめのサービスといえるでしょう。

また、Greenでは本格的な選考前に、企業の人事担当者と話ができるカジュアル面談が実施されています。企業説明や雰囲気の把握に役立てられるでしょう。転職サイトのアプリも提供されているため、スマホひとつで転職活動が完結し、簡単に転職活動を進められます。

Greenはこんな人におすすめ!

  • IT業界専門の転職サイトを使いたい人
  • カジュアル面談で企業の雰囲気を知りたい人

Webマーケティング業界に強い転職エージェントの選び方

多数存在する転職エージェントの中から、業界に強いエージェントを選ぶポイントを解説します。

  • 求人数を比較する
  • Webマーケティング業界に詳しい担当者の在籍を確認
  • 未経験者はサポートの手厚い転職エージェントを選ぶ

求人数を比較する

Webマーケティング業界への転職を考える際、転職エージェントが保有する求人の量や質は非常に重要なポイントとなります。

公開求人だけでなく、非公開求人の数もチェックしましょう。非公開求人には、一般に公開されていない優良な求人が多く含まれている傾向があります。

非公開求人は、条件面でも魅力的なものが多いため、理想的な転職の成功の鍵を握っているといえるでしょう。複数の転職エージェントを比較検討する際には、この点を特に重視して選ぶことが大切です。

Webマーケティング業界に詳しい担当者の在籍を確認

転職エージェントに所属しているキャリアアドバイザーなどの担当者の業界知識は非常に重要です。

特にWebマーケティング業界は日々変化を続ける業界であり、時代の流れに対応できる見識を持った担当者が必要です。

Webマーケティングに詳しい担当者を選ぶことで、より的確なアドバイスやサポートを受けられるでしょう。また、しっかりとコミュニケーションが取れる担当者であることも大切です。希望や疑問を正直に伝えられれば、スムーズに転職活動をおこなえるでしょう。

未経験者はサポートの手厚い転職エージェントを選ぶ

Webマーケティング業界は未経験でもキャリアアップのチャンスがありますが、一方で業界特有の知識やスキルが求められる場面も多くあります。

マーケティング知識の無い未経験者が業界への転職を成功させるためには、研修やセミナーで手厚いサポートを提供してくれる転職エージェントの選択が鍵となります。

また、転職に関する不安や疑問を気軽に相談できる環境も重要です。未経験者は転職のプロからのアドバイスやサポートを受けることで、スムーズな転職活動を実現できるでしょう。

【インタビュー】実際に転職成功したwebマーケティングの人に実情を聞きました!

マイナビニュース転職メディアでは、信頼性が高い利用者の声をお届けするために、実際にtype女性の転職エージェントやdodaリクルートエージェントGreenなどを利用したことのある人に、オンラインインタビューをおこないました。

Q:SEからwebマーケティングにキャリアチェンジを伴う転職で、一番大変だったことは?

システムエンジニアからwebマーケティング職のキャリアチェンジを目指して転職活動を始めたのですが、私は40代なので、年齢的なことが一番苦労したと思います。
特に、type女性のエージェントは20代の女性向けのサービスでしたので、20代向けの事務職系の求人が多く、私が希望する役職があるwebマーケティングの求人は少なかったですね。

編集部
編集部
 

なるほど!40代でのキャリアチェンジは、大きな決断だったと思うのですが、キャリアチェンジを決めた理由はなんですか?

確かにキャリアチェンジには覚悟が必要ですが、システムエンジニアとwebマーケターは共通するスキルも多く、全くの畑違いというわけではないので、どちらかというとシステムエンジニアとして培った経験とスキルを武器に、キャリアアップしたかったという感じですね。

Q:希望する求人の条件で、重要視したことは何ですか?

給料アップはもちろんでしたが、フレックス制度でフレキシブル休暇や有給の多さ、リモートワーク可能かなど「働き方」を重視しました。システムエンジニア時代は、残業も多くいつでも対応できるように休みもあまり取らなかったので。

編集部
編集部
 

ワークライフバランスを重視されたということですね。type女性のエージェントの他に、何個くらいの転職サービスを併用されて転職活動をされていたんですか?

転職サイト系のサービスを5つくらいと、転職エージェントを3つほど併用して転職活動をおこないました。
もし、転職サイトで条件に合う求人があったら、直接企業に応募したりもしましたね!
外資系は特に、年齢を気にしないことが多いのと、スキルや実績、やる気を重視する傾向があるので、その方が成功しやすいかもしれません。私も実際その方法で最終的に内定をもらえましたので。

Q:type女性の転職エージェント、doda、リクルートエージェント、Greenなど複数の転職サービスを比較した感想は?

利用して良かったと思ったのは、dodaリクルートエージェントですね!
type女性の転職エージェントは、typeからの流れで利用したのですが、業種は事務職系や未経験OKの求人が多く、20代の女性向けのサービスという印象を受けたので、あまり私には合わなかったと思います。ただ、紹介される非公開求人はとても多かったです。

編集部
編集部
 

type女性の転職エージェントは、管理職やハイクラスの転職サポートというよりは、20代の女性をメインとした転職サポートを得意としていますもんね。dodaと、リクルートエージェントが良いと思った具体例はありますか?

dodaは、運営会社がパーソルキャリアと大手でIT系に詳しいということもあり、今まで利用した転職サービスの中で担当者が一番良かったと思います。webマーケティングに関する専門知識もあり、面接対策もしっかりおこなってくれました。

編集部
編集部
 

担当するキャリアアドバイザーに業界の専門知識があると安心ですよね!リクルートエージェントGreenはいかがでしたか?

リクルートエージェントを利用したのは、結構昔で、その時はまだ転職回数もそんなになかったので、面接対策セミナーが役に立った記憶があります。あとは、保有する求人数がとにかく多いので登録しておいて損はない転職エージェントだと思います。

Greenは、私は転職まで至らなかったのですが、IT系の求人に特化していて、人事担当者から直接スカウトもあるので、条件に合ったスカウトがくればスピーディで効率的な転職活動ができると思います。

Q:これからwebマーケティング職で転職活動をする人へのアドバイスは?

特に40代以上になるとより必要だと思うのですが、付加価値や強みを自分でつくることが大切だと思います。

私も新しい言語の取得やプログラミングスキルを向上させるために、プログラミングスクールに通ったりして自己投資をおこないました。

編集部
編集部
 

年齢に負けない強みをつけるのは、転職活動において確かに大切なことですね!これからは特に、年齢よリも個々のスキルや能力が重要視される流れがあると思います。

そうですね。雇用形態も私はこだわらなくても良いと考えています。派遣で私より稼いでいる40代の女性はたくさんいますし、自分の専門分野を早めに見つけてそれを磨くことが年収アップにつながると思います。

編集部
編集部
 

転職エージェントの選び方や、転職活動の進め方などはどうでしょうか?

転職エージェントも転職サイトも、有名な大手と、希望する業種に強いサービスを複数併用してなるべく早めに求人を見極めて、サービスを1つに絞ることが効率的だと思います。複数のサービスを使い続けるとあれもこれも気になってしまい、結果的に転職活動期間が伸びてしまうので。

 
転職エージェントを利用して
良かったところ
転職エージェントを利用して
残念だったところ
  • 非公開求人を紹介してくれる
  • 専門知識がある担当者に相談できる
  • 面接対策などサポートしてくれる
  • 専門知識がない担当者もいる
  • サービスによって
    年齢や業種が合わないものもある
★編集部コメント

今回インタビューしたN・Tさんは、type女性の転職エージェント、doda、リクルートエージェント、Greenなどを利用されて転職活動をおこないました。

 

システムエンジニアからwebマーケティングに、キャリアチェンジを伴う転職を成功された40代の女性です。

 

40代の転職に重要なのは、年齢に負けない強みを自分で見つけて磨くことと、雇用形態にこだわらなくてもキャリアップは目指せるとお答えいただきました。

 

転職エージェントは、サービスによって特徴が異なるので、複数に登録して自分に合うサービスを探してみるのがおすすめです。

 

Webマーケティング業界に強い転職エージェントの活用法

Webマーケティング業界への転職活動で転職エージェントを利用する場合には、次の活用法を押さえておくことが大切です。

  • 特化型と総合型を併用する
  • 転職の希望条件や自身の経歴・スキルをまとめる
  • 転職サイトの利用も検討

活用法を抑えておくことで、より効果的に転職エージェントを利用できます。活用法の詳細を解説します。

特化型と総合型を併用する

特化型と総合型の転職エージェントを併用すると、転職活動をより効果的に進められます。

総合型エージェントは幅広い業界や職種をカバーしており、多様な求人情報を提供できます。一方、特化型エージェントは、特定の業界や職種に特化しているため、その分野の深い知識やネットワークを持っています。

編集部

総合型エージェントと、Webマーケティング業界に詳しい特化型のエージェントを併用すれば、Webマーケティング業界の知識を深めつつ、広い範囲から求人をチェックできるようになるでしょう。

複数の転職エージェントを利用すると、キャリアアドバイザーと知り合う機会も触れ、相性のよい担当者に出会いやすくなる効果もあります。

しかし、複数の転職エージェントから同じ求人に応募するとトラブルの元になるため注意しましょう。気になった企業があれば、一つのエージェントから応募することが大切です。

転職の希望条件や自身の経歴・スキルをまとめる

転職の志望先を選ぶときには、自身の経歴やスキル、待遇など希望する条件を明確にしておきましょう。

転職エージェントの担当者にこれらの情報を共有することで、自分に合った求人情報を紹介してもらうことができます。

希望や経歴・スキルは人それぞれですが、おおむね次のような項目をまとめておくとスムーズに転職活動をおこなえるでしょう。

  • 仕事内容
  • 働き方
  • キャリア
  • 待遇
  • ワークライフバランス
  • 勤務地
  • 企業規模
    など

これらの項目や自分が特に重視したいポイントをしっかりとまとめ、担当者との面談時に伝達しておきましょう。

転職サイトの利用も検討

転職サイトを併用すれば、より多くの求人を探せるようになります。転職エージェントからサポートを受けつつ、転職サイトで選択肢を増やすことも検討してみましょう。

転職サイトには転職エージェントほど手厚いサポートはありませんが、自分のペースで求人を探せるようになります。

また、dodaなど一部の転職エージェントは転職サイト機能も兼ね備えているため、履歴書登録の手間が少なく済むでしょう。

【未経験者必見!】マーケターへの転職に必要なスキル

Webマーケティング業務をおこなうマーケターには、次のようなスキルが求められます。

  • 市場調査をおこなえる分析力
  • 数学的・論理的な思考力
  • マーケティング関係の資格取得も有効

これらのスキルを学び身に着けることで、業界未経験者もWebマーケティング業界の入り口に立てるようになるでしょう。それぞれのスキルの詳細を解説します。

市場調査をおこなえる分析力

市場調査は企業が市場の動向や消費者のニーズを把握するための重要な手段です。市場調査をおこなえる分析力は、Webマーケターには必須のスキルといえるでしょう。

実際のWebマーケターは、次のようなプロセスで市場調査をおこなっています。

  1. 目標を設定する
  2. 仮説を立てる
  3. 調査手法を決める
  4. 集めたデータを比較し分析する
  5. 施策・改善を実施する

これらのプロセスを実施するためにはWebマーケティングの知識、コミュニケーション能力、情報収集能力が欠かせません。未経験者でも、データ分析で売上を改善した経験や予算管理、サービス立ち上げなどの経験がある人は素早くWebマーケターのスキルを身に着けられるでしょう。

また、Webマーケティングの分野では、市場の変動が激しく、消費者の嗜好も日々変わるため、流行へアンテナを張ることも欠かせません。市場調査の分析とそこから導かれる改善を実施するためには、確かな知識と流行に敏感な感性が必要と言えるでしょう。

数学的・論理的な思考力

Webマーケティングではデータ基準で取り組むことが重要です。情報を数学的・論理的に分析し、合理的な結論を導き出す思考力が重要といえるでしょう。数字のデータをかみ砕き、分析結果を平易な語調・文体で伝えられる文章力も重要です。

データに基づく提案には説得力があり、クライアントや上司に対してより有効な提案をおこなうために役立ちます。数学的・論理的な思考力を磨くことで、Webマーケティング業界で活躍できるようになるでしょう。

マーケティング関係の資格取得も有効

マーケティング系の資格取得も検討しましょう。資格は一定のマーケティング知識を保有していることの証明となるため、未経験者でも実力を認めてもらいやすくなります。

Webマーケティング業界での転職では、次のようなデジタルマーケティング分野の資格が有効となります。

  • Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)
  • ウェブ解析士(WACAウェブ解析士認定講座)
  • Webアナリスト検定
  • SEO検定
  • ネットマーケティング検定
  • IMA検定(Internet Marketing Analyst)

こうした資格の取得を目指す過程で、Webマーケティング業界の知識を学ぶことができるため、転職前に事前知識を蓄積することにもつながります。実務経験がない未経験者でも、転職後にスムーズに業務に取り組めるようになるでしょう。

Webマーケティングの転職でよくある疑問

最後に、Webマーケティングへの転職や転職エージェントの利用者が頻繁に抱きがちな疑問を3点、回答と共に紹介します。

  • 転職エージェントは無料で利用できる?
  • 大手企業に採用してもらう方法は?
  • Webマーケティング転職にプログラミング知識は必要?

よくある疑問を先回りして理解しておき、スムーズな転職活動を実現しましょう。

転職エージェントは無料で利用できる?

転職エージェントの多くは、求職者からの利用料金を取らない無料のサービスを提供しています。これは、企業が求職者を採用する際に転職エージェントに紹介料を支払う成功報酬型システムになっているためです。

また、ミスマッチで早期退職が発生した場合には、エージェントが企業に報酬を返金する制度などを実施している場合もあります。

採用が成約すれば報酬がもらえるだけの仕組みだと、相性の悪い人と企業を無暗に結びつけるだけになってしまうため、マッチングの質を担保するうえでの重要なルールといえるでしょう。

大手企業に採用してもらう方法は?

未経験者にはハードルが高いことは否めないでしょう。Webマーケティング分野に実績のある人であれば採用の可能性は高くなります。

大手企業はそのサービスや製品、販売戦略、事業の深い理解を求めることが多いので、採用を狙うためには事前の企業研究が欠かせません。体的な業績や成果を提示し、自身の実力をアピールすることも重要です。

Webマーケティング転職にプログラミング知識は必要?

必須ではありません。

しかし、プログラミングの基本的な知識を持っていると、業務の幅を広げることができます。特にExcelのVBAや、スプレッドシートのGASに関する知識があれば、データ分析を大幅に自動化・効率化できるでしょう。

また、ITエンジニアとの連携時により具体的な指示を出せるようになるため、スムーズなコミュニケーションが可能となります。Webマーケティング分野はITと密接に関わるため、プログラミング知識のあるハイブリッドな人材はより重宝される人材となれるでしょう。

まとめ

Webマーケティング業界は日々進歩や変化を続ける業界であり、未経験者でも実績を残せばキャリアアップを望める環境となっています。

適格な分析スキルやマーケティング知識を身に着ければ、企業から価値を認められ、高い待遇での採用が見込めます。未経験者では転職後すぐにハイクラスな待遇につくことは難しいですが、実績を重ねていけばいずれは可能となるでしょう。

本記事で紹介した転職サービスを参考に自分の転職に有効な転職エージェントを選び、Webマーケティング業界への転職を目指しましょう。


◆記事で紹介した商品・サービスを購入・申込すると、売上の一部がマイナビニュース・マイナビウーマンに還元されることがあります。◆特定商品・サービスの広告を行う場合には、商品・サービス情報に「PR」表記を記載します。◆紹介している情報は、必ずしも個々の商品・サービスの安全性・有効性を示しているわけではありません。商品・サービスを選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品・サービススペックは、メーカーやサービス事業者のホームページの情報を参考にしています。◆記事内容は記事作成時のもので、その後、商品・サービスのリニューアルによって仕様やサービス内容が変更されていたり、販売・提供が中止されている場合があります。
タイトルとURLをコピーしました