上司と合わない場合の対処法5選!苦手な上司にありがちな特徴とは?

転職ノウハウ

苦手な上司や、仕事の進め方や価値観が合わない上司との関係にお悩みではありませんか?気持ちよく仕事をするうえで、職場の良好な人間関係は重要な要素です。合わない上司がいると仕事に行くのが憂鬱になったり、仕事のパフォーマンスが下がったりするだけでなく、最悪の場合身体を壊す恐れもあります。

本記事では、上司と合わない場合に試したい対処法をまとめました。また、上司に苦手意識を持ってしまう理由や、合わないと感じた際のNG言動も紹介します。

この記事でわかること
・合わないと感じる上司にありがちな特徴
・上司と合わないときに試したい対処法5選
・苦手な上司と関わる際の心構え
・上司と合わないときにとってはいけない言動

本記事を参考に合わない上司への対処法を知り、悩みの解決に向かって行動を起こしましょう。

転職活動を始める前に、自分の市場価値を測ってみたい人はdodaの『年収査定』がおすすめです。

  • 186万人」の転職者ビッグデータから「機械学習」で高精度に算出
  • あなたの適正年収がわずか3分で分かる
  • 査定結果をもとに、本当の年収に合った求人情報をdodaで探せる

dodaの年収診断は無料で気軽にできますので、少しでも気になったら登録して年収査定をしてみましょう。興味がある人は公式サイトをチェックしてください。

dodaの登録はこちら!(無料)

合わない上司を我慢し続けるとどのような影響がある?

考える 疑問 Q&A

働いていると、苦手な上司や感覚が合わない上司に出会うこともあるでしょう。対処せずに我慢を続けていると、次のような影響が出る可能性があります。

  • ストレスで心身の調子が悪くなる
  • 仕事の成果が出なくなる
  • 正しく評価してもらえず給与が上がらない

まず、我慢を続けるとストレスが溜まります。仕事のストレスは心身に悪い影響を及ぼし、疾患につながる場合もあるでしょう。心身を壊してしまうと、今後のキャリアにも響く場合があります。大きな影響が出る前に有給を使ったり休職したりするなど、適切な休養も必要です。

また、モチベーションの低下により仕事の成果が出にくくなることもあります。上司と合わないことで仕事の効率が下がれば、本来の実力が発揮できません。成果が出ず評価されないことでモチベーションがさらに下がる悪循環も予想されます。

さらに、上司の嫌がらせや不当な待遇によって正しく評価されないケースもあります。努力しても評価されなければ、仕事へのやる気に関わるでしょう。また、給与が上がらないことでパフォーマンスが低下する恐れもあります。

このように合わない上司に対して我慢し続けることは、心身ともに影響が出るためデメリットの大きい行為です。正しく対処して、働きやすい環境を目指す必要があるでしょう。

合わないと感じる上司にありがちな特徴

上司と合わないと感じる理由として、価値観や仕事の進め方が合わない場合や、ハラスメントをしてくる場合など、さまざまなケースが考えられます。苦手だと感じる上司にはどのような特徴があるのでしょうか?ここでは、苦手な上司にありがちな特徴を6つ紹介します。

自己中心的な上司

部下や周りのことを気にせず、自分中心的な行動をする上司は苦手意識を持たれがちです。

本来上司なら、部下の仕事のペースやキャパシティを考えた仕事の割り振りや教育を考える必要があります。しかし、自分勝手な上司の場合、自分のやり方やペースを第一に考え、部下や周りの都合を考慮しません。

人を見て態度を変える、自己流のやり方を強要される、面倒な業務を押し付けてくるなど、上司が自分中心の考えでは部下の業務にも支障が出る場合があります。

問題の責任を部下に押し付ける

仕事には問題や課題がつきものです。なにかトラブルが起こった際に責任を部下に押し付けるような上司では、苦手意識を持つのも無理はないでしょう。

普通、上司は部下が起こした問題であってもサポートする立場にあります。問題が起きても自分の評価が下がることを恐れて手を貸さない、相談に乗らない、助言をしないなど、マネジメント力の低い上司は部下に合わないと思われがちです。

また、上司がマネジメントや仕事に対するやる気を持たず、部下がサポートに努めなければならないケースもあります。自身のキャパシティに合わない仕事をするため、必要以上の疲労感を感じ、ストレスにつながるでしょう。

働きすぎで疲れを感じている人は、こちらの記事もおすすめです。

手柄や成果を自分のものにする

仕事のモチベーションを維持・向上するには、適切に評価されることも大切です。上司に手柄や成果を横取りされるようでは、正しい評価が受けられず仕事自体のやる気も下がってしまいます。

仕事の割り振りは上司の業務ですが、上司の都合のいいように部下に仕事を押し付けてよいわけではありません。面倒な業務を懸命にこなしても、結果や成果を上司に横取りされてしまっては、努力が無駄なように感じてしまいます。

20代で適切に評価され手取りを増やす方法と、平均年収を解説したこちらの記事も参考にしてください。

能力不足

上司として能力が足りていない場合も、尊敬の気持ちが持てず合わないと感じるケースがあります。

業務をこなす能力や、コミュニケーション能力、特定の技術やスキルなど、仕事にはさまざまな能力が必要です。能力に長け、優秀な人材が昇給していくことが一般的ですが、年功序列組織の場合は長く勤めることで役職が付く場合があります。年齢や勤続年数で役職がついた上司の場合は、普段の業務から能力不足が目立つかもしれません。

特に、マネジメント力・管理者能力が不足していると部下からの不満を募らせる可能性が高いです。部下や職場を管理する能力は通常の業務で計ることが難しく、仕事ができるからといって部下を統率できるとは限りません。不適切な指示で業務が円滑に進まないと、精神的な疲れにもつながります。

ハラスメントをしてくる

パワハラやセクハラなど、時代にそぐわない価値観・言動でストレスを与えてくる上司もいるでしょう。パワハラは、常務上の立場を利用して精神的・肉体的に苦痛を与える行為のことをいい、セクハラは職場での性的な言動全般を指します。ハラスメントは業務への影響だけでなく、受けた人の身体にも大きなダメージを与える危険性のある行為です。

主なハラスメントの種類と具体的な事例を以下にまとめました。事例に心当たりがないか確認してみましょう。

主なハラスメントの種類事例
パワハラ(パワーハラスメント)
  • 身体的攻撃
  • 精神的攻撃
  • 意図的な無視や仲間外れ
  • 過大な要求・過小な要求
  • プライバシー侵害
セクハラ(セクシャルハラスメント)
  • 身体的接触、ボディタッチ
  • 性的要求や断ることによる不利益な待遇
  • 容姿に関する発言
  • 性的な発言
モラハラ(モラルハラスメント)
  • 誹謗中傷、悪口や陰口
  • 過大な要求・過小な要求
  • プライバシー侵害
マタハラ(マタニティーハラスメント)/パタハラ(パタニティーハラスメント)
  • 妊娠・出産を理由とした不利益な待遇
  • 妊娠・出産に配慮しない過度な要求
  • 育児休業や時短勤務の妨害行為
  • 育児休業や時短勤務に対する暴言

ハラスメントの被害を受けることを自分のせいだと感じてしまう人も多くいます。しかし、ハラスメント行為の解決には個人の努力ではなく、会社全体での対策や取り組みが必要です。相談できる環境がない場合には、自分を責めたり無理をしたりせず、そうした環境から逃げたほうが解決につながります。

価値観が合わない

具体的に嫌なことをされたわけではなくても、生理的に合わないと感じる上司もいるでしょう。

業務をするうえで大きな問題がなかったり、周りではよい人といわれていたりすると、苦手だと感じる自分を責めてしまう場合もあるでしょう。しかし、上司と部下といっても、根本を考えれば人間同士の関わり合いです。人と人との関わり合いのなかで、価値観や性格の不一致は珍しいことではありません。たまたま相性が悪かっただけと割り切って、気持ちを切り替えるようにしましょう。

苦手な上司と関わっていて仕事に疲れたと感じる人は、次の記事もぜひご覧ください。

上司と合わないときに試したい5つの対処法

では、上司と合わないと感じたときに試してほしい対処法を5つご紹介します。

  • 上司のよい面を見る
  • 距離を取って付き合う
  • 成果を出す
  • 上司の上司に相談する
  • 異動や転職を検討する

それぞれ詳しくみていきましょう。

上司のよい面を見る

苦手意識を持つと、つい悪い面ばかりに注目してしまいがちです。仕事中だけでも良好な関係を築くためには、上司のよい面を見つけるように心がけてみましょう。

人にはそれぞれ悪い面とよい面を持っています。例えば、口調が厳しくても仕事をこなすスピードが速い、指示出しが不明確でも部下のミスにはサポートを怠らないなど、見習えるところがあるかもしれません。

上司の嫌なところばかりを見ていると、イライラする時間が増えてストレスも溜まりやすくなるでしょう。上司のよいところは盗み、嫌なところは反面教師として自分のスキルアップにつなげることもおすすめです。

適度な距離を取って付き合う

苦手な上司と無理にコミュニケーションを取る必要はありません。適度な距離感を持って付き合うことで、気が楽になることもあります。

合わないと感じるなら、上司であっても仲良くなる必要はないです。仕事を円滑に進めるうえで必要なコミュニケーションは、業務に関わる受け答えや軽い世間話程度でしょう。無理に仲良くなろうとしてストレスを感じたり、嫌な面を見てしまったりするくらいなら、仕事だからと割り切って最低限の関わりに留めることをおすすめします。

ただし、苦手な上司と関わりたくないからといって、業務に関わる対応をおろそかにしてはいけません。上司との関係がさらに悪くなったり、自身の評価に響いたりする恐れがあります。最低限のコミュニケーションで構いませんが、対応はできるだけ丁寧におこないましょう。

成果を出す

自己研鑽に努めることで、上司との関係が修復できる場合もあります。上司に怒られて萎縮してしまう人は、自分に自信がない場合も多いです。与えられた仕事を完璧にこなし、成果を上げるなど、上司に認めてもらえるよう努力するのもよいでしょう。

努力しても上司の態度が変わらないなら、自分には問題がない可能性が高いです。上司の管理能力不足や、アンガーマネジメントができないことが原因で、部下に厳しくしてしまうのかもしれません。

スキルを磨いて自分に自信を持つことは、視野や選択肢を広げることにつながります。苦手な上司と関わらない仕事を任せてもらえたり、希望する部署に異動できたりする可能性もあります。悲観的になる前に、自分にできることがないか今一度考えてみましょう。

幅広く役立つおすすめの資格を解説したこちらの記事もご覧ください。

上司の上司に相談する

合わない・苦手と感じている上司について相談するなら、その上司よりも地位が高い上司がおすすめです。上司を知っている人なら話がしやすく、よいアドバイスが得られる可能性があります。

不満やストレスは自分ひとりで抱えることで、さらに大きくなってしまうものです。解決しないこともありますが、誰かに話すだけでも気持ちは楽になります。また、自分の気持ちの整理にもつながるため、今後の見通しが立てやすくなるのもメリットです。

上司の上司に話をすることで、異動や待遇の改善につながる場合もあります。思いつめてしまう前に、誰か相談できる人がいないか考えてみましょう。

異動や転職を検討する

以上で紹介したような対処法を試しても、上司とのわだかまりや苦手意識が解決しない場合もあるでしょう。自身の努力でどうにもならないことでストレスを重ねていると、身体を壊してしまう恐れがあります。そうなる前に、異動や転職の検討も選択肢のひとつです。

まずは相談しやすい他の上司や人事担当者に異動を相談してみることから始めましょう。人手が足りていない部署や、スキルが活かせる部署への異動をあっせんしてくれる場合があります。苦手な上司と関わる機会を減らしながら、その会社でのキャリアを続けることができるのでおすすめです。

異動が難しい場合や、これを機にステップアップを目指したい場合には、他の企業に転職するのもよいでしょう。ただし、安易な考えで仕事を辞めてしまうと転職に不利に働く恐れもあります。退職や転職はそのあとの人生をも左右するため、慎重な判断をおすすめします。

転職を迷っている人にはこちらの記事もおすすめです。

プロが厳選したおすすめの転職エージェントを紹介したこちらの記事もご覧ください。

おすすめの転職エージェント2選

こちらでは業界の中でも最大級の案件数をもっている、おすすめの転職エージェントを2つ紹介します。転職が気になる人は一度登録しておき求人を探してみるのがおすすめです。

  • リクルートエージェント
  • dodaエージェントサービス
リクルートエージェント

※画像出典元:リクルートエージェント公式HP

・運営会社:株式会社リクルート
・求人案件数:公開求人17万9,709件 /非公開求人24万734件(2022年4月時点)
・対応職種:営業、経営、事務、IT・エンジニア、電気、医薬・化粧品、コンサルタント、建設など
・対応エリア:全国・海外

リクルートエージェントは、求人数が国内No.1の大規模な総合型転職エージェントです。公開求人の多さもさることながら、非公開求人数も豊富なので新たな出会いにも期待できます。

業界ごとに経験豊富なアドバイザーが在籍していることも魅力です。各業界、職種に精通しているため、経歴やスキルの価値を正しく評価してもらえます。

また、転職者に対するサポート体制の充実度は大手ならではなので、50代の転職にも効果的でしょう。

リクルートエージェントはこんな人におすすめ!

  • 国内最大級の求人数のなかから仕事探しをしたい人
  • 業界に詳しい人からアドバイスをもらいたい人
  • 大手ならではの充実したサポートを受けたい人

リクルートエージェントについて、より詳しく知りたい人はこちらの記事もおすすめです。

dodaエージェントサービス

※画像出典元:dodaエージェントサービス公式HP

・運営会社:パーソルキャリア株式会社
・求人案件数:公開求人13万399件(2022年4月時点)
・対応職種:営業、企画・管理、技術職、専門職、クリエイティブ、販売、公務員・教育、事務、医療系、金融系など
・対応エリア:全国・海外

doda(デューダ)は、転職求人サイトスカウトサービスなど、さまざまな転職支援サービスを提供する総合転職サイトです。各サービスは連携しており、併用することによってより効率的・効果的な転職活動ができます。

エージェントサービスでは、非公開求人を含めて約10万件の求人情報を持っています。業界・職種・エリアごとに詳しいキャリアアドバイザーが在籍しているため、自身の希望に合わせたアドバイスを受けられるでしょう。

また、年収査定合格診断など、「転職するかどうか迷っている」人に役立つツールもあります。ぜひ活用してみてください。

dodaエージェントサービスはこんな人におすすめ!

  • 約10万件の豊富な情報から自身に適した求人を探してほしい人
  • 転職サイトやスカウトサービスを併用して効率的に転職したい人
  • 年収査定や合格診断といったツールを利用したい人

苦手な上司と関わる際の心構え

いまの会社でキャリアを続けていくなら苦手な上司との関わりも必要です。異動や転職などでその上司と離れられても、合わないと感じる別の上司と出会う可能性もあるでしょう。ここでは、苦手な上司と関わる際に覚えておきたい心構えを解説します。

人を変えるのは難しい

まず、自分がいくら努力しても人を変えることは難しいと考えておきましょう。

苦手だと思う人が現れると、こうなってほしい・ああしてほしいと相手が変わることを望んでしまいがちです。しかし、自分の思いどおりに相手を変えることは不可能に等しいでしょう。例えば、上司として部下の就業態度をあらためることはできるかもしれません。しかし、部下の立場で上司に意見し、性格や態度をあらためてもらうことは至難の業でしょう。

相手を変えたいと思って努力するよりも、自分が変わる方向で努力するほうが楽で効果的です。自分を変えることで、新たなスキルが身に付いたり、視野が広がったりして今後のキャリアにもよい影響が出る場合もあります。

話を受け流すことも必要

苦手な上司と関わる場合、話を適度に受け流すことで上司の機嫌を損ねず適度な距離を保てる場合があります。

苦手な上司や高圧的な上司の場合、無理に話を合わせてしまったり、萎縮してうまく答えられなかったりすることもあるでしょう。しかし、上司は部下に対するコミュニケーションとして話をしているだけで、激しい同意や的確なアドバイスを求めているわけではないことが多いです。上司の話に無理に同意したり、過度に褒めたり、相談にのったりする必要はありません。感じよく相槌を打つように心がけましょう。

また、上司の機嫌の影響で理不尽に怒られたときなど、適度な相槌は話自体を受け流すことにもなります。合わない上司の話をすべて聞いているとストレスにつながりやすいです。相槌だけで話を受け流し、上司の機嫌が直るのを待つことも必要でしょう。

自分にできることがないか考える

上司と合わないからといって、人のせいにしているだけでは現状は変わりません。発想の転換をして、自分に改められるところがないか考えることも必要です。

例えば、次のような努力が現状に変化をもたらす可能性もあります。

  • より意欲的に仕事をする
  • 仕事に役立つ資格を取得する
  • 自分から質問や相談をする
  • 勤務態度や姿勢を改める

もちろん、上司の対応や態度をすべて自分のせいだと責める必要はありません。上司の性格や気性によって、自身に問題がないのに不当な待遇を受けている場合もあります。そうした場合には、自分でどうにかしようとせず、信頼できる人に相談することから始めましょう。

合わない上司との付き合い方を調査したこちらの記事もおすすめです。

マイナビニュース「合わない上司との関係性、最終的にはどう対応した?

上司と合わないときのNG言動

最後に、上司と合わないと感じる際に取ってはいけないNG言動を解説します。上司にストレスを感じていると、思ってもないことを言ってしまったり、考えなしに行動を起こしたりしがちです。問題を大きくしないためにも、紹介するNG言動に気を付けて上司と関わるようにしましょう。

反抗的な態度を取る

合わないと感じていても、立場上上司と部下であることに変わりはありません。反抗的な態度は取らないようにするのが賢明です。特に上司が問題の責任を押し付けてくる場合や、手柄を横取りしてくる場合、上司の能力不足を感じる場合には、反抗的な態度を取ってしまいがちですが、注意しましょう。

上司に対する無視や高圧的な言葉といった反抗的な態度は、自身の評価を下げることにもなりかねません。事情を知らない他者からみると、上司のほうが不当な扱いを受けているように感じられるためです。

反抗的な態度に出るのではなく、あくまで相手に相談する形で自分の意見を伝えることをおすすめします。相手の人格や能力・意見を否定せず、話し合いや意見の交換で現況の改善に努めましょう。

上司の悪口を言う

合わない上司の悪口を言いたくなることもあるでしょう。しかし、その悪口が上司の耳に入った場合のリスクはとても大きいです。仕事とは関係のない第三者に聞いてもらう、あくまで相談として限られた人に話をするなど、言いふらさないよう工夫しましょう。

また、上司と合わないことが原因で人事担当者などに異動の相談をする場合にも、必要以上に悪口をいわないことをおすすめします。異動の相談は異動先やキャリアにも関わる重要な機会です。ストレスを吐き出そうと必要以上に上司の悪口を言うと、人間関係を築くのが苦手な人・人のせいにしがちな人と認識されてしまう恐れもあります。あくまで相談だということを忘れずに、冷静に話をしましょう。

自分は嫌われていると思い込む

合わない上司に不当な扱いをされることで、自分は嫌われているとネガティブに考えてしまうこともあるでしょう。しかし、そのようにネガティブな決めつけをおこなっても解決する問題はありません。むしろ、嫌われていると思うことで解決策を見失いやすくなり、問題が深刻化する恐れもあります。

上司は複数の部下を抱えていることが多いです。問題が起きた際部下に注意することはあっても、誰にどのようなミスがあったかを細かく覚えていない場合もあります。嫌われているかもしれないとネガティブに考えて落ち込むよりは、今後の仕事に前向きに取り組むほうが大切です。同じミスをしないように努め、よい方向で上司に印象付けられるように努力しましょう。

まとめ

仕事をしていくうえで、性格や考え方が合わない上司に出会うこともあるでしょう。苦手意識を持った上司と働くことを我慢し続けると、ストレスがたまって心身の調子が悪くなったり、成果がでなくなったり、正しく評価されなかったりといった悪影響も考えられます。

上司と合わないと感じられる原因はさまざまありますが、問題は我慢せずに解決を目指すことが大切です。上司のよい面を見つける、適切な距離を保って付き合う、自己研鑽に努めるなど、自身で実践できるものもあります。また、問題が解決しない場合には周りに相談したり、異動や転職を検討したりするのもおすすめです。

合わない上司との付き合いは適切に対処して、働きやすい環境・正しく評価される環境に向かって努力しましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました