[PR]

LHH転職エージェント(旧spring転職エージェント)の評判・口コミは?専門家がメリット・特徴も解説!

転職サービスの評判・口コミ
本ページはプロモーションが含まれています。

LHH転職エージェント(旧Spring転職エージェント)は世界最大規模の人材会社アデコグループの転職エージェントで、外資系や日系グローバル企業の求人を多く保有しています。

しかし、「国内の利用者の評判が気になる」「本当に信用できるサービスなのか」と利用を迷っている人も多いのではないでしょうか。

編集部

そこで本記事ではLHH転職エージェントを利用すべきか迷っている人に向けて、実際の利用者の口コミ・評判をご紹介します。

また、3000人以上を支援してきた元エージェントにインタビューしてわかった、サービスの実態や裏側の仕組みも解説します。

★インタビューした専門家

kansyu_akiyama

株式会社UNBOX代表取締役
秋山和也さん


大学卒業後、人材支援会社でBtoB採用コンサルティングに従事した後に独立し、人材会社を2社設立。14年間で延べ3000人以上の転職者を支援してきた経験を活かし、転職系メディアの記事監修もおこなう。

編集部
編集部

本記事では、信頼性の高い情報をお届けするために、転職業界に詳しい専門家に直接オンライン取材を実施しました。

LHH転職エージェントのサービスの特徴を理解し、他のサービスと比較検討しながら、自分に適しているのか見極めていきましょう。

LHH転職エージェント(旧:Spring転職エージェント)のリアルな口コミ・評判は?

それではここからはLHH転職エージェント利用者のリアルな口コミをご紹介します。また、利用者の口コミをもとに分析したサービスの傾向も見てみましょう。

本メディアの口コミは、パートナー企業が独自にクラウドソーシングサービスを利用して収集したものです。そのなかから、信頼性が高いと判断した口コミのみを掲載しています。
調査対象 :対象の転職サービスを利用したことのある人
調査期間 :2022年8月
調査回答数:287件 ※転職関連サービスの口コミ合計数

LHH転職エージェントを実際に利用した人の口コミを紹介  

他のサービスと比べてサイトが使いやすい

他のサービスと比べてサイト内が見やすく、未経験者でも利用しやすかったです。(愛媛県/20代/男性/会社員)

全体的にページがまとまっていて、強みが理解できた。動画が貼り付けてあるのも良かった。(東京都/30代/女性/会社員)

サイト内がとても見やすく、他サイトと比べても非常に分かりやすかったから。(愛媛県/20代/女性/会社員)

ハイクラス転職に特化していて求人の質が高い

ハイクラス転職に特化していて求めるニーズにあっていました。紹介してもらった案件の質が高いのも良かったです。(埼玉県/30代/男性/会社員)

良かった点としては詳細な求人情報でミスマッチが起こりにくいことと外資系企業の求人がある点であり、非公開求人が多いことです。またコンサルタントが業界に精通しており専門性が高く、取扱い求人数も多いことです。(愛知県/30代/女性/サービス業)

Spring転職エージェントを利用して良かったポイントは、他のエージェントにはない良質な外資系の非公開求人が多かったことです。他のエージェントにも登録しているのですが、外資系企業を何社か紹介してもらったのですが、今ひとつでした。しかし、Spring転職エージェントは、紹介された外資系企業と自分が希望条件との的はずれな求人が少なく、求人の質、量に関しても文句がなかったので、その点に関しては良かったなと感じています。(大阪府/30代/男性/営業)

担当者の能力が高い

担当者さんがこまめに連絡を取ってくれて安心できました。企業への交渉力も高かったのも良かったです。(福岡県/40代/女性/看護師)

前職に似通った業務内容の仕事を紹介いただけた。その内容も給与から福利厚生まで丁寧に説明いただけた。(神奈川県/30代/男性/一般事務)

サイトに登録したあと、すぐに担当者より連絡があり、電話面談という形で、経歴等を話しました。一時間弱ほど話しました。転職活動のやり方や軸、経験から活かせるスキルなどのアドバイスを頂き、また、求人も後日紹介してもらえるとのことで、担当者の方が親身になって対応してくれた記憶があります。(静岡県/20代/男性/会社員)

Spring転職エージェントは担当者がこまめに連絡を取ってくれて企業との交渉力抜群でした。(福岡県/40代/女性/看護師)

口コミからわかった「LHH転職エージェント」とは?

LHH転職エージェント(旧:Spring転職エージェント)の口コミをから、次のようなポイントが高く評価されていることがわかりました。

  • 求人の質が良い
  • 担当者の対応が熱心

LHH転職エージェントはハイクラス転職・ミドルクラス転職に特化しているため、好条件・高待遇の求人が中心です。

また、スキルとキャリアのある人材を対象としていることから、転職希望者の専門性を理解し、的確なアドバイスができる担当者をそろえているのも特徴です。

これらの評判から分析するとLHH転職エージェントは、ハイクラス・ミドルクラスの転職を叶えるために、適切なサポートを望む人に向いているサービスといえます。

\興味を持った人はこちら/

LHH転職エージェント公式サイト

LHH転職エージェントと他のサービスの違いは?3つの特徴を解説

※画像引用元:LHH転職エージェント公式HP

次に公式サイトの情報と他のサイトを比較してわかった、LHH転職エージェントの特徴3つを紹介していきます。

・運営会社:アデコ株式会社
・対応エリア:全国、海外
・求人数:公開16,675件/非公開ー件(2024年4月時点)
・得意な分野:ハイクラス・ミドルクラス転職
・公式サイト:https://jp.lhh.com/

LHH転職エージェントはこんな人におすすめ!

  • 専門領域に精通したコンサルタントにサポートしてほしい

  • 企業とのスムーズな交渉を重要視している

  • グローバル企業への転職に強みのあるサービスを利用したい

\興味を持った人はこちら/

LHH転職エージェント公式サイト

続いて、LHH転職エージェントの3つの特徴について、以下で詳しく紹介していきます。

特徴①専門領域に精通したコンサルタントが担当

LHH転職エージェントのコンサルタント(担当者)は職種別に分けられており、そこから産業・業界ごとにチームを細分化されています。

つまり、業界全般の幅広い知識のみならず、職種という専門領域の知識を掘り下げている担当者ということです。

転職希望者のスキル・キャリアを詳しく分析し、能力を発揮できる求人の提案に長けているため、年収アップやキャリアアップを叶えたい人に向いています。

特徴②紹介求人のマッチング度が高い

LHH転職エージェントでは、1人のコンサルタントが企業と求職者の双方を担当します。

企業のリアルな情報を提供してもらえるほか、熱意や希望を企業に伝えやすいことが特徴です。

双方の意思が1人の担当者に集約されているため、求人と希望条件のミスマッチを防ぐことにもつながり、スムーズな転職活動を期待できるでしょう。

特徴③外資系・日経グローバル企業の転職に強い

LHH転職エージェントを運営するのは、世界に60ヵ所に拠点を持つトップクラスの人材会社アデコグループです。

拠点数は全世界で5,000カ所以上にのぼり、34,000人以上もの多国籍コンサルタントが在籍しています。

海外の文化や商慣習などの情報が社内にストックされているため、他社にはない詳細な情報を入手できるでしょう。

ハイクラス・ミドルクラスの転職のなかでも、外資系・日系グローバル企業の転職を視野にいれている人におすすめです。

\興味を持った人はこちら/

LHH転職エージェント公式サイト

以下の記事では、転職の専門家がおすすめするエージェントを特集しています。興味があればご一読ください。

転職支援のプロが厳選!おすすめの転職エージェント23選をランキングで紹介

【プロ厳選】転職エージェントおすすめ23選を比較!求人数ランキングや選び方【利用者の声・裏事情も紹介】

「自分に合った転職エージェントを見つけたい」「利用者の評判が良い転職エージェントを知りたい」という人に向けて、実際に転職エージェントを利用して転職した人の満足度や体験談を基に、おすすめの転職エージェントをランキングで紹介!

キャリア支援の専門家に転職成功のコツや、自分に合った転職エージェントの選び方も聞きましたので、ぜひご覧ください。

LHH転職エージェントのメリット・デメリット

LHH転職エージェントが自分に合っているかを判断するために、メリット・デメリットを3つずつ見ていきましょう。

メリットデメリット
  • コンサルタントの対応が迅速・丁寧
  • 面談が断られにくい
  • 転職イベントが多い
  • 求人数が多くない
  • 国内の拠点が3ヵ所
  • 積極的な転職活動が必要

LHH転職エージェントのメリット

LHH転職エージェントのメリットは、以下のとおりです。

  • コンサルタントの対応が迅速・丁寧
  • 面談が断られにくい
  • 転職イベントが多い

以下でそれぞれ詳しく解説します。

メリット①コンサルタントの対応が迅速・丁寧

LHH転職エージェントは、コンサルタントの対応が迅速で丁寧だと利用者に好評です。

企業と求職者の双方を1人のコンサルタントが対応しているからこそ実現できる、スピードと情報の精度の高さが理由といえます。

企業の内情や雰囲気、自分がどのように活躍できるか詳しく知りたい人にとって大きなメリットです。

また、選考日程のすり合わせや条件面の交渉など企業とのやりとりもスムーズにおこなえるため、転職活動にかかる時間や手間を省けるでしょう。

メリット②面談が断られにくい

書類選考を通過しやすく面接まで行ける人が多いのもメリットです。

面談を断られない理由は、企業にとってマッチする人材を紹介してもらえるという信頼感があるからです。

また、コンサルタントによる選考対策や強みの発見によって、転職希望者自身もなにをアピールすればよいかが明確になるため、内定獲得につながりやすいといえるでしょう。

なお、対面による面談ができる会場は全国3ヵ所ですが、地方在住の人や来場できる都合がつかない人も電話面談・Web面談が可能です

不安に思うことや疑問に感じることを、コンサルタントに相談してみましょう。

メリット③転職イベントが多い

LHH転職エージェントの各拠点では転職セミナーをはじめとする各種イベントが開催されています。

業界の最新情報の収集や内定獲得のポイントをおさえることに役立つため、参加してみましょう。

また、セミナー以外の個別相談会も実施しています。より具体的な質問や悩みを直接コンサルタントに尋ねられる機会です。

LHH転職エージェントが自分に合うか判断したい人、転職の意思が固まっていないものの今後に向けて準備しておきたい人に向いています

\興味を持った人はこちら/

LHH転職エージェント公式サイト

LHH転職エージェントのデメリット

LHH転職エージェントを利用する際のデメリットは、以下のとおりです。

  • 求人数が多くない
  • 国内の拠点が3ヵ所
  • 積極的な転職活動が必要

それぞれを詳しく紹介していきます。

デメリット①求人数が多くない

他の転職エージェントと比較すると求人数自体は多くありません。国内大手のエージェントと比較すると10万件以上の差がついています。

転職エージェント公開求人数
リクルートエージェント380,912件
doda238,658件
LHH転職エージェント16,675件

※2024年4月時点

大手エージェントは年収レンジや対応地域が網羅的であるのに対し、LHH転職エージェントはハイクラス・ミドルクラスが対象であることに加え、外資系や日系グローバル企業が中心であることが理由と考えられます。

国内企業を含め年収やポジションの垣根なく転職先を探したい人にとって、LHH転職エージェントが最適解であるとは言えません。

海外での活躍を視野に入れつつ国内でも探したい場合は、他サービスと併用しましょう。

デメリット②国内の拠点が3ヵ所

国内拠点が東京都・大阪府・愛知県の3ヵ所のみと少なく、地方在住者や対面面談を希望する人にとっては、便利なサービスとは言い難いでしょう。

会場へ行けない人は電話やWeb面談をするほかありません。

なお、3カ所の拠点の場所は次のとおりです。

拠点住所
首都圏東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDX(南ウイング) 8F
関西大阪府大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪タワーA 14F
東海愛知県名古屋市中区栄3-18-1 ナディアパークビジネスセンタービル19F

デメリット③積極的な転職活動が必要

口コミのなかには、受け身の人にはそれほど親切ではないという声があります。

エージェント側から何かしてくれるのを待っていると、メールだけのあっさりした対応で済まされてしまうことがあるようです。

自ら連絡するなど積極性を示せば充実のサポートを受けられますが、現職が忙しく時間を取りづらい人には負担が大きいと感じられるでしょう。

\興味を持った人はこちら/

LHH転職エージェント公式サイト

外資系企業の転職に強い転職エージェントを紹介しているこちらの記事もおすすめです。

外資系転職におすすめの転職エージェント18選|内定のコツも解説【専門家取材あり】

LHH転職エージェントを最大限利用する3つのコツ

LHH転職エージェントを最大限に有効りようするコツは、以下の3つです。

  • 正しい経歴やスキルを伝える
  • 転職の本気度をコンサルタントに伝える
  • 他の転職エージェントも活用する

それぞれ詳しく紹介します。

正しい経歴やスキルを伝える

経歴やスキルを詐称して内定を獲得しても、後から発覚した場合は内定取り消しになるほか求人提案を受けられなくなります。企業だけでなく転職エージェントの信頼が失墜するからです。

また、詐称まではいかないにしても、誇張するのは避けることをおすすめします。

入社後、企業の要求に実務で応えることが難しくなるからです。

将来的なキャリアアップや年収アップまで考えるなら、正しい経歴やスキルに合う企業への転職を目指しましょう。

転職の本気度をコンサルタントに伝える

転職への本気度を企業だけでなくコンサルタントにも熱意を持って伝えましょう。

コンサルタントは複数の求職者に対応しているため、優先度を上げてもらうために必要なことだからです。

転職エージェントは企業が採用を決めたときの成功報酬を売上・利益としているため、採用決定につながる可能性の高い求職者を優先します。

つまり、スキル・キャリアが同程度のライバルと比べると、熱意の強いほうが優先されるということです。

面談やヒアリング時に、転職活動にポジティブにのぞむ姿勢を見せましょう。

また、メールなどで小まめに連絡を取っておくと、求人情報や企業の市場状況などの公開されていない情報を教えてくれる可能性もあります。

他の転職エージェントも活用する

好条件・高待遇が多い非公開求人は、転職エージェントごとの独占求人であることが多いため複数のサービスを併用することをおすすめします。

特に、国内での活躍も視野に入れているのであれば、国内の求人に強い転職エージェントにも登録しておきましょう。

また、担当コンサルタントとの相性の良し悪しを比較する機会にもなります。

比較対象があることで、自分に問題があるのか転職エージェントの問題なのかを冷静に判断する材料となるでしょう。

ただし、複数のサービスから同じ求人に応募してしまうリスクを避けるため、応募した企業は自分でリスト化しておくことをおすすめします。

また、コンサルタントとのやりとりにもそれなりの時間を要するため、2~4社に留めておくのが無難です。

\興味を持った人はこちら/

LHH転職エージェント公式サイト

LHH転職エージェントを利用する流れ

LHH転職エージェントを利用する流れは、以下のとおりです。

  1. 公式サイトから会員登録する
  2. コンサルタントと面談し求人を紹介してもらう
  3. 書類添削・面接対策を受ける
  4. 応募・選考に進む
  5. 内定獲得・入社手続き・現職を退職

以下でそれぞれ詳しく紹介します。

1.公式サイトから会員登録する

会員登録は、LHH転職エージェントの公式サイトにておこないます。

ここでは、以下の必要事項を入力しましょう。

  • 基本情報:名前・生年月日・メールアドレス・電話番号
  • プロフィール:性別・国籍・郵便番号・最終学歴など
  • 直近の職務経歴:転職回数・現在の就業状況・在籍期間など
  • 希望条件:職種・勤務地・年収・転職希望時期など

任意で入力する欄がありますが、なるべく空白がないように希望する条件を入力するほうが自分が求める企業とマッチしやすいです。

2.コンサルタントと面談し求人を紹介してもらう

登録後、コンサルタントとの面談が実施されます。面談方法は対面もしくは電話・Webです

土日でも対応しているので、平日は忙しい人でも利用できるでしょう。

面談前には希望条件・職種・業界などを整理しておくと進めやすくなります。面談の内容例を以下に挙げるので、参考にしてください。

  • キャリアの棚卸し
  • 転職の目的・希望条件の確認
  • 方向性の明確化
  • 現在の転職市場に対する情報共有

その後、面談内容を踏まえてマッチする求人の提案を受けます。

3.書類添削・面接対策を受ける

応募する求人に合わせて、職務経歴書や履歴書を作成をします。

その際、職種・業界専任のコンサルタントによって書類添削がおこなわれるので、アドバイスを受けながら進めましょう。

書類選考通過後は、面接へと進みます。

その企業をよく知るコンサルタントから面接のアドバイスや模擬面接を受けられるので積極的に取り組むことをおすすめします。

4.応募・選考に進む

提出書類作成などの準備が整ったら、希望する企業へ応募していきます。

なお、LHH転職エージェントではコンサルタントによる企業への推薦もおこなっています。

書類審査が通ると、企業との面接が設定されます。

面接の日程はコンサルタントが調整してくれるため、忙しくて日程調整に不安がある人でも安心して面接に臨めるでしょう。

5.内定獲得・入社手続き・現職を退職

内定を獲得した後は、条件交渉をおこなって入社タイミングを決定します。

年収や待遇の交渉はコンサルタントに代行してもらうことも可能なので、自身では難しいときは依頼しましょう。

また、LHH転職エージェントでは、現職を円満退職するためのアドバイスももらえます。

さらに、入社後も不安や疑問があればいつでも相談できるなど、就業後のアフターフォローも充実しています。

\興味を持った人はこちら/

LHH転職エージェント公式サイト

LHH転職エージェントの利用でよくある質問

LHH転職エージェントを利用するにあたり、気になる点や疑問がある人もいるでしょう。

ここでは、LHH転職エージェントに関してよくある3つの質問について回答します。

  • LHH転職エージェントはだれでも登録できる?
  • LHH転職エージェントでは専任のコンサルタントはつく?
  • LHH転職エージェントの退会方法は?

LHH転職エージェントはだれでも登録できる?

年齢・性別・就業状態(在職・求職中)・年収・ポジションにかかわらず、だれでも登録できます。

また、転職しようか迷っている段階からでも相談可能です。

ただし、登録はできても自身の経歴やスキル、希望条件によっては、求人を紹介できない場合や時間がかかることがあるので、コンサルタントとの相談のうえで利用を継続するかは判断しましょう。

LHH転職エージェントでは専任のコンサルタントはつく?

LHH転職エージェントでは、転職者それぞれに専属のコンサルタントがつくことはありません。

各業界や企業ごとに担当者がいるため、応募する企業分だけ担当となるコンサルタントが増えることになります。

職種・業界・企業の見識が深くきめ細かい相談ができる反面、担当者が変わるたびに自ら発信しなければならない情報も増えるため、負担に感じる人もいるでしょう。

複数の担当者と連絡を取るのが苦手だと感じる人は、他のサービスも検討しましょう。

LHH転職エージェントの退会方法は?

LHH転職エージェントの退会方法は、以下のとおりです。

①登録削除依頼フォームを開く

まずMy pageを開き、「各種手続き」ページの下部にある「登録削除の申請」をクリック。

②必要情報を入力

登録削除フォームを開いたら、氏名・生年月日・電話番号・メールアドレスを入力し、登録情報の削除可否にチェックを入れます。

③内容の確認・送信

入力した情報に間違いがなければ送信しましょう。送信して退会申請は完了です。

\興味を持った人はこちら/

LHH転職エージェント公式サイト

【専門家インタビュー】LHH転職エージェントはどんなサービス?

Q:LHH転職エージェントの特徴とは?

秋山さん
秋山さん

世界有数の総合人財支援企業であるアデコグループの一員のサービスです。
コンサルタントが潜在能力を最大限に発揮しながら持続的に成長できるよう教育投資してくれます。

編集部
編集部

外資系の転職エージェントはランスタッドなどほかにもありますが、特色はありますか?

秋山さん
秋山さん

外資系エージェントはそれぞれのカラーはあまりない印象です。
ただ、LHH転職エージェントは世界最大級のグローバル人材会社なので、それが一番の強みだと思っています。転職先が世界中にある、と思ってもらえればよいかと思います。

編集部
編集部

なるほど、アメリカのようないわゆる知名度の高い国ではない国でもカバーできている可能性が高いのは、LHH転職エージェントと言えそうですね。

Q:LHH転職エージェントの強み・弱みは?

秋山さん
秋山さん

外資系、グローバル企業の非公開求人が豊富で、求人ひとつひとつに対して深い情報を持っている点です。

公式サイトにある「360度式コンサルティング」は、いわゆる両面型(求職者担当と企業担当が同一)のことです。両面型のメリットは、企業の深い情報を持てる点なので、そこは強みと言えます。

編集部
編集部

企業規模が大きいのに、両面型のサービスは珍しいですね。
弱みやデメリットと言える点はありますでしょうか。

秋山さん
秋山さん

強いていうなら、他社サービスよりもハイクラス向けの求人が他社に比べて少ないイメージがあります。
ただ、保有してないわけではもちろんなく、多少の違いです。

Q:外資系のエージェントを利用するうえでの注意点は?

秋山さん
秋山さん

LHH転職エージェントは自身も外資系企業のため、企業としての考え方は外資系に寄っている可能性はあります。

秋山さん
秋山さん

外資系企業の特徴として、キャリアに関する考え方がドライなところがあると思います。

「アップorアウト(昇進するか退職するか」という言葉もあり、役職を上げるための転職がメインになります。

外形ではあまり社内で役職を上げていくパターンはないらしく、ジョブ型雇用で転職で役職を上げていくケースが多いと思われます。

編集部
編集部

なるほど。利用する時は、考え方にやや違いがある可能性は頭にいれておいた方がよさそうですね。

Q:LHH転職エージェントはどんな人向け?

秋山さん
秋山さん

外資系企業に転職したい方にはおすすめです。
ハイクラス向けとしては、他社に比べて若干弱い可能性があるので、他サービスの併用も検討しましょう。

秋山さん
秋山さん

加えて、外資系ならではの文化もあるので、「このポジションになりたいので、求人を紹介してほしい」ぐらいの明確な意思を持っていたほうが、外資系のエージェントは合っていると思います。

意志が弱い人や、キャリアプランが不明瞭な人は国内サービスの利用も検討しましょう。

\興味を持った人はこちら/

LHH転職エージェント公式サイト

まとめ

LHH転職エージェントなら専門領域に精通したコンサルタントによる質の高い転職支援が受けられます。また世界トップクラスの人材会社が運営しているので、グローバル企業への転職を希望する人におすすめです。

特徴が分かりやすく、メリット・デメリットがはっきりしているので、自分の希望条件と照らし合わせて、サービスを賢く活用して理想の転職を目指していきましょう

\興味を持った人はこちら/

LHH転職エージェント公式サイト


◆記事で紹介した商品・サービスを購入・申込すると、売上の一部がマイナビニュース・マイナビウーマンに還元されることがあります。◆特定商品・サービスの広告を行う場合には、商品・サービス情報に「PR」表記を記載します。◆紹介している情報は、必ずしも個々の商品・サービスの安全性・有効性を示しているわけではありません。商品・サービスを選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品・サービススペックは、メーカーやサービス事業者のホームページの情報を参考にしています。◆記事内容は記事作成時のもので、その後、商品・サービスのリニューアルによって仕様やサービス内容が変更されていたり、販売・提供が中止されている場合があります。
タイトルとURLをコピーしました