[PR]

これから伸びる業界と市場縮小する今後危ない業界は?将来性のある資格・スキルも【2023年】

Growing industry 転職ノウハウ
本ページはプロモーションが含まれています。

就職・転職をするなら、これから伸びる業界将来性のある業界で働きたいと考える人は多いのではないでしょうか。新型コロナウイルス感染症の影響で経済が衰退してしまい、安定して収入を得たいと考えている人は少なくありません。

編集部

最近ではチャットGPTなども登場し、業務のIT化が進んでいます。AIに奪われる仕事も増加していますが、AIによって発展する企業も増えています。そこでこの記事では、これから伸びる業界10選(2023年版)と必要なスキル・資格を中心に解説します

後半では、縮小する可能性が高いと言われている業界や、これから伸びる業界で働くときの注意点、おすすめの転職サイトや転職エージェントも解説します。

今すぐ就職・転職したいとは思っていなくても、業界の動向を見るときに役立つ考え方や情報収集のコツをつかむヒントになるので、ぜひ参考にしてください。

今の自分の年収は適正なのか?」「他の会社だったらいくらもらえるのか?」と気になりませんか?無料で簡単に自分の市場価値を知るならビズリーチに登録するのがおすすめです!

スキマ時間に登録しておくだけで、企業からスカウトを受け取れます。スカウトのあった企業の規模や年収で、自分の市場価値を見極められるでしょう。

編集部
編集部

ビズリーチの強みはこちら!

・会員登録するだけでスカウトが届く
好待遇な求人が豊富
転職後の平均年収は840〜960万円

口コミでも「将来性がある業界に転職できて給与が上がった」「自分がもらっている給料が、市場では安いことがわかって転職の決断ができた」との声が多いため、興味がある人は一度登録してどんなスカウトが来るか見てみましょう。

ビズリーチ
登録はこちら(無料)

公式サイト:https://www.bizreach.jp/

これから伸びる業界の特徴

数ある業界の中でも、以下のような業界はこれから成長すると期待されています。

  • AIに代替されにくい業界
  • 最新のITトレンドを取り入れている業界
  • 生活に欠かせない業界
  • 高齢者向けの業界
  • コロナ渦がプラスにはたらく業界

AIに代替されにくい業界

オックスフォード大学と野村総合研究所の共同研究によると、20年後には日本の労働人口の約49%の仕事が、AI(人工知能)に代替可能と発表されています。

編集部

編集部

AIは、これまでに人間ではできなかったことや既存の仕事を、正確かつ効率的におこなえます。ただし、高度なコミュニケーションスキルや、クリエイティブ力が必要な仕事には不向きです。

人間よりもAIに任せたほうが生産性の高い業界は、人手を必要とせず、就職先・転職先として選んでも仕事がなくなってしまうかもしれません。将来性のある業界で働きたい場合は、AIでは対応できない仕事なのかを見極めることが大切です。

“引用:株式会社野村総合研究所「日本の労働人口の 49%が人工知能やロボット等で代替可能に ~ 601 種の職業ごとに、コンピューター技術による代替確率を試算 ~」”

最新のITトレンドを取り入れている業界

ITのトレンドに敏感な業界も、今後の成長を期待できます。昨今ではどの業界でもITを活用しており、最新のテクノロジーを取り入れることで、労働生産性を高めることが可能です。

編集部

編集部

IT技術が進化するスピードは非常に速いため、トレンドにアンテナを張っている業界であれば、すぐに取り入れて事業成長に貢献できます。

IT業界ではなくても、最新のITトレンドを取り入れている業界はあるため、就職・転職前に各業界の動向を調べておきましょう。

生活に欠かせない業界

人が生活するうえで必要なサービスや事業を展開している業界も、安定した成長を期待できます。インフラ(電気や水道)や食べ物などは、どんな状況であっても需要があるため、縮小することは考えにくいです。

ほかにも、健康的な暮らしに欠かせない「医療」や移動に必要な「交通機関」、街の安全を守る「警察」「消防」などは、人間の生活に必要不可欠です。

編集部

編集部

安定した業界で働くためには、生活に欠かせない業界も就職・転職先として視野に入れましょう。

高齢者向けの業界

介護や福祉などの高齢者に関わる仕事も、これからも大きな需要を期待できる業界です。今後も少子高齢化社会が続き、高齢者が増え続けるため、高齢者をターゲットにしたビジネスは活発になると予想されています。

編集部

編集部

介護サービスだけではなく、高齢者向けの商品や旅行などの娯楽、宅配なども大きく成長する可能性があります。

ただし、高齢者向けのサービスや事業を展開している業界は多いため、腰を据えて働くためには、需要の伸びやすい産業なのかを確認することが重要です。

コロナ渦がプラスにはたらく業界

新型コロナウイルス感染症の影響がプラスになった業界は、今後も需要が伸びるかもしれません。

リモートワークが推進されたり、自宅で買い物する巣ごもり消費も増加したため、EC・ゲーム・物流・IT関連事業の業界は需要が高まっています。

編集部

医薬品や医療機器メーカーなどのコロナウイルス対策に貢献した業界も、2023年の業績は好調になると予想されます。

\これから伸びる業界に転職したい人はこちら!/
将来性のある業界に強い
転職エージェント

これから伸びる業界・需要が増える業界10選【2023年版】

それでは早速、これから伸びる業界10選を理由とともに解説していきます。

  • IT業界
  • 電子部品や半導体業界
  • デジタルエンタメ業界(ゲーム・動画配信)
  • EC業界(インターネット広告)
  • 倉庫・物流業界
  • 医療・介護業界
  • フードデリバリー(クイックコマース)業界
  • 農業業界
  • 宇宙開発業界
  • フリーランス産業

IT業界

IT業界とは「Information Technology(情報技術)」業界のことで、次のような業界の総称です。

  • 通信インフラ業界:インターネット(光回線・5Gなど)の通信サービス、プロバイダ
  • ソフトウェア業界:OS、アプリ、ミドルウェア、ゲームソフトなどの企画・開発
  • ハードウェア業界:パソコン、パソコン周辺機器、スマホ、ゲーム機などの企画・開発
  • 情報処理業界:システムの企画・開発・運営・保守、AI、ビッグデータ解析
  • インターネット・Web業界:Webコンテンツ、広告、EC、SNS、ソーシャルゲームなどの企画・開発・運営

プログラミングスキルを高めてITエンジニアとして働ける実力を培えば、IT業界のさまざまな現場で活躍することが可能です。

また、近年はアナログをデジタルに変えるという意味合いが強い「IT」ではなく、デジタル技術を駆使してビジネスを変革するという意味の「DX」も注目されています。

編集部

IT・DX業界のなかでも右肩上がりの成長が見られるのは、デジタルマーケティングサイバーセキュリティーの分野です。

多くの会社・人がインターネットを活用するようになったため、さまざまなデータの価値が上がり、悪意からデータを守る必要性が高まっているからでしょう。

今後今後、5G・6Gといった通信システムの発展によって、さまざまな機械がインターネットに接続するようになれば、ますます発展していく業界と言えます。

デジタルマーケティングは今後も成長する

デジタルマーケティングは、IT業界のなかでも際立って成長している分野です。今後もオンラインサービスが増加すれば、同時にインターネット上でマーケティング活動をすることも増えます。

マーケティングのスキルを身に付けたい人やマーケティング職へ転職する方法を知りたい方は、以下の記事がおすすめです。

未経験でもWebマーケティングに転職できる?仕事内容や転職方法を解説
Webマーケティングの職業に関する基本情報や転職する方法について紹介しています。消費者を集客するうえで欠かせないWebマーケティング職は、広告業において需要の高い職業です。未経験からWebマーケティングに転職したい人は、参考にしてください。

電子部品や半導体業界

パソコン・スマートフォン・家電・電気自動車などの機械には電子部品や半導体が使われており、IT・DX化が進む現代では欠かせない存在です。

編集部

半導体自体のシェアはインテル、サムスンが首位を争っている状況ですが、日本に目を向けてみても半導体業界はこれから伸びていく業界と言えます。

理由は、半導体の関連部品や製造装置において、日本が高いシェアを占めているからです。電子部品・半導体そのものを開発・製造していなくても、関連する事業であれば今後も伸びていく可能性が高いでしょう。

デジタルエンタメ業界(ゲーム・動画配信)

映画、アニメ、動画配信、ゲーム、音楽などのエンタメ業界はコロナ禍によって在宅で楽しめるコンテンツが求められたことから、需要の高まりを見せています

編集部

とくに、サブスクリプション方式の動画配信や音楽サービス、スマホで遊べるゲームなどが好調です。

ただし、インターネットを介して配信できるコンテンツの需要は上がっているものの、映画館、テレビ、出版(紙の本)など従来の提供方法に依存している業界では縮小する可能性が高まっています。

つまり、エンタメ業界のなかでも提供方法によって差が出るため、新たな発想と技術の導入が求められていると言えるでしょう。

EC業界(インターネット広告)

IT業界の1つではありますが、デジタルマーケティングを伴うインターネット広告業界の需要の高まりは顕著です。経済産業省の特定サービス動態統計調査(2022年4月)の調査結果では、2021年の売上高合計においてインターネット広告がテレビ広告をやや上回っていることがわかりました。

また、インターネット広告の売上高合計は前年(2020年)比124.5%で、急成長していることがうかがえます。

編集部

インターネット広告はスマホやパソコンから取得する検索・閲覧履歴やGPS情報を基に、ユーザーの興味を引きやすい広告を自動的に配信できるのが大きな特徴です。

インターネット広告は、ユーザーの購買欲をダイレクトに刺激できるため、商品を取り扱う企業にとって投資価値の高い広告手法であり、今後ますます発展していくと言えるでしょう。

”参考:経済産業省特定サービス動態統計調査(2022年4月)の調査結果」”

倉庫・物流業界

EC業界の盛り上がりにより、倉庫・物流業界も今後の成長を期待できます。倉庫・物流業界においても、IT技術が活用されているため、生産性が上がり、業績好調になる可能性があります。

編集部

編集部

宅配便の増加×IT技術によって、今まで以上に業界の成長スピードが加速するかもしれません。

昨今では、倉庫・物流に欠かせない輸送・運輸において、自動運転などの技術も取り入れられています。自動運転が今まで以上に身近になれば、より効率化を進められるでしょう。

医療・介護業界

コロナ禍によって以前にも増して注目されたのが医療・介護業界です。治療をおこなう場だけでなく、ワクチン開発や検査機材などの医療関連の分野にも関心が高まっていると言えるでしょう。

予防医療の分野が伸びてきていることも重要なポイントです。食事や運動などの生活習慣の改善、予防接種、定期健診などが該当します。IT分野においても力を入れている分野であり、スマホやスマートウォッチを活用したヘルスケア事業が盛況です。

編集部

また、高齢化が進む日本では介護需要が増加しているため、医療と介護が連携したさまざまなサービスが増加していくと考えられます。

人材不足を解消するために、介護に関わる従業員の給与の見直し、ロボットやAIなどを駆使した技術開発も進んでいます。今後も需要の増加に応じた発展が期待できるでしょう。

次の記事では看護師向け転職サイト13選を紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

看護師転職サイトおすすめ17選!実際に転職した看護師に取材・求人数ランキングあり【専門家監修】
【2023年版】看護師向け転職サイトおすすめ17選をエリア別・美容クリニック向け・派遣や短期向け・企業など病院以外で働きたい看護師向けなどのジャンルに分けて紹介。現役看護師の専門家監修のもと、サイトの選び方、転職の流れ、失敗しないコツなども徹底解説します。サイト口コミや求人数ランキングも紹介するので参考にしてください。

ワクチン関連もまだ安泰?

医療のなかでも、新型コロナウイルスのワクチン関連は世界的に注目されている業界です。

編集部

編集部

ワクチン関連分野の株価はトータル的に上がっているため、今後も目が離せないかもしれません。

ただし、ワクチン関連の勢いは衰退する可能性もあるため、医薬品に関する動向を随時チェックすることが大切です。

フードデリバリー(クイックコマース)業界

日本では古くから中華料理店やそば屋などの「出前」サービスがあり、1980年代にはピザの宅配が始まっていたため文化としては根強いものでしたが、利用者は限定的でした。そこにUber Eatsや出前館が登場したことで注文できる店や商品の幅が広がり、利用者が急速に拡大しました。

編集部

とくに、2020年以降はリモートワークが促進されたことで、自宅で過ごす時間を快適にするフードデリバリーサービス業界が大きな発展を遂げています。

また、フードデリバリーは育児・介護をしている家庭の負担を軽減することにもつながるため、幅広い人の需要を期待できる業界です。需要拡大の流れは2023年以降も続くとみられます

農業業界

輸入によってさまざまな食材を調達できるようになった現代であっても、世界情勢に左右されるため食料自給率は国にとって大きな課題です。一方で、日本は高齢化や安価な輸入農作物の影響から、担い手不足が問題になっています。

逆に考えれば、農業は国が力を入れて改善したい業界であり、若手の活躍の機会が多く残されている状態とも言えます。実際、農業を志望する若手が増えてきており、農林水産省の「若手農業者雇用に関する動向等」では49歳以下の新規就農者が3年連続で増加していることがわかりました。

編集部

また、先述のようなドローンをはじめAIやロボットなどのIT技術を活用した「スマート農業」の企画・開発が各社でおこなわれているのも注目すべきポイントです。

従来の農業とは違った手法で生産が可能になることで、効率が大きく向上し成長していくと考えられます。

”参考:農林水産省若手農業者雇用に関する動向等」”

宇宙開発業界

宇宙開発業界は、アメリカを中心としてこれから伸びると予想されています。たとえば、アメリカによる直近の宇宙開発成功例は、以下のとおりです。

  • ジェフ・ベゾス氏の「Blue Origin」:はじめて有人の宇宙飛行を成功(2021年7月)
  • イーロン・マスク氏の「Space X」:評価額が100億ドル(2021年10月)
編集部

編集部

この流れが続けば、宇宙開発業界はこれからも伸びる業界といえます。国内でも、宇宙開発に挑戦している会社はあります。

フリーランス産業

会社に正社員として属さず、個人事業主として仕事を受注するのがフリーランスです。インターネットの発展によって、スキルを持つ個人が仕事を獲得しやすくなったことが業界発展の背景にあります。

フリーランスとして活躍できるおもな職種は、ITエンジニアやクリエイティブ系などがあります。クラウドソーシングで仕事を受注できれば、いつでもどこでもオンライン上で仕事をすることが可能です。

内閣官房・公正取引委員会・中小企業庁・厚生労働省の連名によるフリーランスとして安心して働ける環境を整備するためのガイドライン 」が策定されたことも、フリーランス業界にとって大きな追い風です。このガイドラインでは事業者とフリーランスの取引における問題行為や適用すべき法令を明確化しています。

編集部

また、副業を解禁する会社が増えているため、正社員として働きながらフリーランスのように活躍する人も増えていることもフリーランス全体の発展を期待できる要因の1つです。

業界に参入する人が増えれば、競争原理で質が向上していくことが期待できるため、今後ますますの発展を遂げていくでしょう。

”参考:厚生労働省フリーランスとして安心して働ける環境を整備するためのガイドライン 」”

市場縮小が進む廃れる可能性がある業界5選【2023年版】

成長する業界もあれば、成長が鈍化し縮小する業界もあります。ここでは、縮小が懸念される業界を5つ紹介します。

  • テレビ業界
  • 金融業界
  • 出版業界
  • 士業業界
  • 小売業界

テレビ業界

総務省の調査(注)によれば、国民のテレビの視聴時間はゆるやかに減少を続けています。

動画コンテンツの配信がテレビまたは映画館だけだった時代とは異なり、パソコン・スマホでも動画を楽しめるようになったため、視聴者が分散したことが理由と考えられます。また、家電としてのテレビは家にあってもサブスクリプションの動画配信サービスを楽しむ人が増えてきました。

テレビの視聴率が低くなるとCMを出したい企業が減るため、売上高の低下が懸念されます。現在はインターネット広告とテレビ広告の売上高は僅差ですが、今後はインターネット広告のほうが成長していくでしょう。

編集部

とはいえ、これまでテレビメディアとして活躍していた企業の業績が一様に悪化するとは限りません。

テレビだけを媒体とするのではなく、インターネットを活用したコンテンツの配信が増えてきているからです。今後、どのような手法でサービスを展開するかによって企業間での差が出てくるものと考えられます。

”参考:総務省令和2年版 主なメディアの利用時間と行為者率」”

金融業界

「人が働く業界」という意味では金融業界は縮小していくでしょう。金融(Finance)と技術(Technology)を組み合わせた造語「FinTech(フィンテック)」が登場し、金融業界にIT化の波が押し寄せているからです。

銀行窓口業務の多くはパソコン・スマホからでもおこなえるようになり、融資や資産運用などの判断もAIやビッグデータの活用が主流になってきたため、人を介する業務が減ってきています。

編集部

現金を引き出すときでさえ、大金でない限りはATMで済ませられる時代です。

このように、デジタル化が進むほどに従来の業務のための人材を雇用する必要がなくなるため、業界全体の従業員数は減っていくことが懸念されます。ただし、金融業自体が縮小するというわけではありません。むしろ、ネット銀行や決済サービスなどは発展していくことが期待されます。

出版業界

ペーパーレス化の推進とインターネットの普及によって電子書籍は好調ですが、「紙の本」に依存している出版社・書店は縮小していく可能性が高いと言えるでしょう。

また、書籍販売には再販売価格維持制度があるため書店ごとの価格差を出すことができず、競争原理がはたらきにくい状況です。一方でインターネット上では新品に近い状態の中古本を簡単に購入できてしまうため、新刊の紙の本を売ることがますます難しくなっていくものと予想されます。

編集部

さらに、ユーザーが無料で楽しめる電子書籍アプリが登場したことも出版業界が縮小している一因です。

以前は購入してから面白いかどうかを判断していましたが、現在は面白いかどうか判断してから、そのなかでも気に入ったものだけを購入するようになってきています。このような、業界の大きな変化に対応できない企業の場合、縮小は避けられないでしょう。

士業業界

高度な専門性を持つ士業業界も、縮小することが予想されています。士業は、難易度の高い資格を取得して「◯◯士」として働く職業ですが、事務的かつ定型的な仕事が多く、AIに代替されやすい傾向にあります。

編集部

編集部

AI技術が進化するほど、士業の業務は衰退してしまう恐れがあります。

士業業界で活躍するためには、専門知識に加えて、人間性や創造性を活かした仕事を増やすことが求められるでしょう。

小売業界

店舗中心の小売業界は、今後縮小する可能性があります。近年では、オンラインで手軽にショッピングできるサービスが増加しているため、店舗で買い物しなくてもよい消費行動になっています。

また、すぐに商品を配達してくれる「クイックコマース」が定着した場合、日用品を買いやすいコンビニやスーパーも縮小が懸念されます。

編集部

編集部

自動レジを導入し人手を必要としていない店舗も多く、小売業界で腰を据えて働くのは難しいかもしれません。

\これから伸びる業界に転職したい人はこちら!/
将来性のある業界に強い
転職エージェント

これから伸びる業界で役立つ資格やスキルは?

これから伸びる業界に特化した資格や、さまざまな業界で役立つスキルを紹介します。

IT関係のスキル

IT業界に関連した資格には次のようなものがあります。

資格の種類 分類 概要 向いている職種
ITパスポート 国家資格 ITの基礎知識があることを証明できる。 IT業界全般、未経験・初心者向け
基本情報技術者 国家資格 ITエンジニアの基礎資格。マネジメントスキルも試験項目に含まれ、実践的な活用能力があることを証明する。 IT業界全般
応用情報技術者 国家資格 応用的知識・技術をもち、経営者が抱える課題に対する戦略立案、信頼性・生産性の高いシステムを構築ができることを証明する。 IT業界全般
MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト) 民間資格 エクセル、ワード、パワーポイントなどのマイクロソフト製品の操作技能があることを証明する IT業界全般、未経験・初心者向け
情報セキュリティスペシャリスト 国家資格 セキュリティ機能の企画・要件定義・運用・保守において高度かつ実践的な知識・能力があることを証明できる。 エンジニア
データベーススペシャリスト 国家資格 高品質なデータベースの企画・要件定義・運用・保守において高度かつ実践的な知識・能力があることを証明できる。 エンジニア
システムアーキテクト 国家資格 IoTを含め、ハードウェアとソフトウェアを適切に組み込むための知識、実践能力を証明できる。 エンジニア

編集部

このほか、「ITストラテジスト」や「プロジェクトマネージャー」など、技術者としての能力ではなく、技術者を含めて現場をまとめる能力を証明する「マネージャー」向きの資格もあります。

初心者でも取得しやすいIT関連資格は「ITパスポート」と「基本情報技術者」の資格です。資格保有者は転職市場で評価されやすく、社内の資格手当の対象になることもあるのでチェックしましょう。

また、未経験からITのスキルを高めるためには、転職エージェントのワークポートが運営する無料のプログラミングスクール「みんスク」がおすすめです。「みんスク」では、無料でPHPやJavaなどの言語を学べます。

IT業界の資格を持っている人や働きながら資格取得を目指したい人は、次の「IT・Webエンジニア転職におすすめの転職エージェント11選」を参考にしてください。

IT業界向け転職エージェントおすすめ15選!【求人数・職種・年代・未経験】タイプ別に紹介|フリーランスも【専門家取材あり】
「IT・Webエンジニア系で今よりよいところに転職したい」「IT系の転職情報はどこで探せばいい?」とお悩みではないでしょうか。本記事ではキャリアの専門家に取材をおこない、IT・エンジニア系におすすめな転職エージェント、未経験者向けの情報や成功させるポイントをご紹介します。

英語関係のスキル

TOEIC/TOEFLのスコアや留学経験などによる語学力は、国際化が進む現代では武器になるスキルです。国際的な共通言語として使われることの多い英語はもちろん、中国語もビジネスの場で評価されやすい言語と言えます。

編集部

ビジネスレベルの会話ができるスキルがあれば、高収入も狙えるでしょう。

一方、「自分だけの武器」を身に着けたい場合は、マイナーな言語を学ぶのもおすすめです。フリーランスの翻訳者として活躍できたり、特定の取引先と関係の深い企業で重宝されたりします。

経理・経営関係の資格

経理や経営の知識を身につけられる資格も、これから伸びる業界で役立ちします。お金に関する資格はあらゆる業界で重宝されるため、取得しておいても損はありません。

編集部

編集部

公認会計士や税理士、中小診断士などの資格は難易度が高いですが、ファイナンシャルプランナーや簿記であれば、比較的取得しやすいです。

 

 

直接経理や経営に携わらなくても、これらの資格を取得しておけば、仕事の幅を広げられるでしょう。

SNSやオンラインでの発信力

個人で発信力を持つことも、これからの時代には欠かせません。SNSなどを利用して自分の得意なことや専門知識を発信すれば、キャリアアップにつなげられます。

編集部

編集部

昨今では、FacebookやTwitter、Instagramなどの主要SNSだけではなく、YouTubeなどの動画サイトで発信することも可能です。

個人の価値を提供しやすいオンライン環境だからこそ、発信力を磨いていきましょう。

コミュニケーションスキル

コミュニケーションスキルは昇給・昇進に欠かせないマネジメント力の下地にもなり、業界を問わず求められるスキルです。

とくにリモートワークが促進された現代では、対面で発揮できるコミュニケーションスキルだけでなく、文書や電話でのコミュニケーションスキルも求められています

編集部

対面とは違い表情やニュアンスで伝えたり相手の気持ちを察することが難しいため、より繊細かつ緻密な洞察力・読解力・語彙力が必要です。

なお、コミュニケーションスキルというと発信力が注目されがちですが、相手の気持ちや情報を正しく理解することが重要と言えます。相手に刺さる言葉の厳選、適切な情報の伝達に欠かせないからです。

【PR】スキルアップは最強の自己投資!「GLOIBIS」は7日間の無料体験あり!

「GLOBIS学び放題」は、世界観が広がるビジネススキルをスキマ時間を使ってスマホ1つで効率的に学べるサービス。

1ヶ月あたり1,650円(税込)で8,000本以上のビジネス動画が見放題!まずは7日間の無料体験でスキルアップを体感しよう!
公式サイト:https://hodai.globis.co.jp/

これから伸びる業界に強い転職サービス3選

これから伸びる業界に転職するためには、転職サイトや転職エージェントといった転職サービスを利用することがおすすめです。以下の3つは、転職活動に役立つと評価が高いです。

  • 【圧倒的な非公開求人数】リクルートエージェント
  • 【年収500万円以上におすすめ】ビズリーチ
  • 【ITエンジニア・ゲーム業界に強い】ワークポート

各サービスの特徴を紹介するので、自分に合ったサービスを見つけましょう。

【圧倒的な非公開求人数】リクルートエージェント

※画像引用元:リクルートエージェント公式HP

・運営会社:株式会社リクルート
・主要対応エリア:全国対応
・求人数:公開402,091件、非公開265,497件(2023年11月時点)
・料金:無料
・利用者の年齢層:20代、30代が中心
・得意な業界:IT・通信・機械・小売・サービス・人材
・公式サイト:https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、公開求人・非公開求人ともに転職支援業界トップの保有数を誇る転職エージェントです。さまざまな業界や職種、エリアの求人案件を取り揃えています。対応する年齢層の幅広さも魅力のひとつです。

また、業界に詳しい経験豊富なキャリアアドバイザーが多く在籍し、はじめての転職活動でも丁寧にサポートしてくれます。

編集部

書類添削や面接対策だけでなく、業界の転職市況などを見て転職すべきか否かのアドバイスも得られます。

「これから伸びる業界に入りたい」「将来性のある業界を知りたい」と相談することで、有効なアドバイスをもらえるでしょう。

【年収500万円以上におすすめ】ビズリーチ

※画像引用元:ビズリーチ公式HP

・運営会社:株式会社ビズリーチ
・主要対応エリア:全国、一部の海外(中国、アメリカ・カナダ、ヨーロッパ他)

・求人数:公開102,384件(2023年11月時点)
・料金:有料あり
・利用者の年齢層:30代~50代
・得意な業界:全業種
・公式サイト:https://www.bizreach.jp/

ビズリーチは、年収アップを目標に転職活動を始めた人へおすすめの転職サービスです。ハイクラス求人を多数取り揃え、国内外のさまざまな企業のヘッドハンターからスカウトが届き、条件にあったスカウトに応募できる仕組みになっています。

無料でも利用できるものの、有料のプレミアムステージを利用ならば、より多くの企業の求人に触れられるため、これから伸びる業界を見つけやすいでしょう。

ビズリーチはこんな人におすすめ!

  • 年収アップを目指している人
  • ハイクラス求人を求めている人
  • 自分に合った仕事を紹介してほしい人

ビズリーチ公式HP

【ITエンジニア・ゲーム業界に強い】ワークポート

 

※画像出典元:ワークポート公式サイト

・運営会社:株式会社ワークポート
・主要対応エリア:全国
・求人数:公開85,188件(2023年11月時点)
・料金:無料
・利用者の年齢層:20代・30代前半が中心

・得意な業界:IT業界
・公式サイト:https://www.workport.co.jp/

ワークポートは、ITやWeb業界に特化している転職エージェントです。SEやクリエイターなどさまざまなIT業界の職種や年収700万円以上の求人など、自分の希望に合った仕事を見つけることが可能です。

転職をサポートしてくれるコンシェルジュは、IT業界の知識を豊富に有しており、未経験からの転職もしっかりとフォローしてくれます。また、ワークポートに登録すれば当日中に面談の連絡がくるため、すぐに転職したい人も利用しやすいでしょう。

編集部

ワークポートが運営している「みんスク」では、未経験からエンジニアを目指すためのスキルを無料で学習できます。未経験者向けのサービスが充実していることも、ワークポートの特徴です。

ワークポートはこんな人におすすめ!

  • IT業界への転職を目指している人
  • IT業界に詳しい担当者から手厚いサポートを受けたい人
  • すぐにIT業界に転職したい人

ワークポート公式HP

これから伸びる業界に転職・就職する際の注意点

最後に、これから伸びる業界を目指す人に注意してほしいポイントを3点解説します。

伸びる=働きやすいではない

今後の成長が期待できる業界は年収アップやスキルアップは期待できますが、働きやすいこととイコールではありません。その理由の代表例を見てみましょう。

  • 新たな手法・技術などに法整備が追い付いていないことがある
  • 企業の福利厚生や評価制度がまだ整っていないことがある
  • 成長しきっていない業界では人手不足の可能性がある
  • 会社のスピード感についていけないことがある
  • 目標を達成するためには残業を厭わないという風土
  • 個人がもつ裁量権が大きい分、責任も重大

これから就職・転職を考えている人は、業界というカテゴリではなく企業の詳細な情報を把握してから判断することを心掛けましょう。

編集部

編集部

企業ホームページのIR情報をチェックすると、財務状況や今後の戦略などがわかります。SNSやメディアなどで経営者や会社の考えに触れることもおすすめです。

必ず安泰とは言えない

今後の成長が期待できる業界と言っても、何年先まで成長を続けられるかというのは未知数です。新型コロナウイルスの流行をはじめ、世界にインパクトをあたえるさまざまな事象によって予想は変化します。

また、成長著しい業界では新規参入のライバル企業が乱立する可能性があり、戦いに敗れる企業も少なくありません。入社した企業でスキルアップ・キャリアアップできていれば転職市場での価値を高めることができますが、1つの企業で長く勤めることを目標にしていると、不測の事態が生じたときに対応できなくなるでしょう。

編集部

編集部

これからも安定して仕事を続けていくためには、日々の情報収集とスキルを磨くことが大切です。

自分の市場価値と適職を知ることから始めよう

今後成長することが予想されている業界で働くためには、市場価値や自分に合った仕事を見極めることが重要です。市場価値がわからなければ、業界や企業からの評価を把握できないため、就職・転職先を見つけられない可能性があります。

編集部

編集部

適職がわからないと、せっかく入社できたとしてもイメージと実態にギャップがあり、すぐに退職してしまう恐れがあります。

自身の市場価値や適職を調べる方法は、以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひご覧ください。

自分の市場価値は?おすすめの無料診断ツール・転職サービス8選|登録不要のアプリも
転職では市場価値の把握が大切と聞いても「そもそも市場価値とは何か」「どのように評価されるのか」「今の年収は高いのか、低いのか」「自分の市場価値を知りたい」と思っている人に向けて、市場価値診断に活用できる無料や登録不要のおすすめツール・サービス、市場価値を高めるための方法を解説します。
当たる適職診断おすすめ無料サイト10選!登録なしで使える?新卒向けのサービスも紹介【専門家取材あり】
自分に向いている仕事が診断できる「適職診断サイト」や「診断テスト」は正確なのでしょうか?この記事では、キャリア支援の専門家に取材をおこない、信頼できるサービスの見分け方をお聞きしました。また当たると評判の適職診断サイト10選を転職希望者と新卒向けに分けて紹介します。登録なしで利用できるサービスも紹介します。

まとめ

これから伸びる業界や将来危ないとされている業界を解説してきましたが、今後新たな技術や手法が登場すれば、縮小していた業界が盛り返したり、今までは存在しなかったビジネスが台頭する可能性もあります。

大切なのは時代やニーズの変化を的確に把握し、自身のスキルアップ・キャリアプランを柔軟に合わせていくことです。今持っているスキルや資格に安心せず、現代のビジネスに自分自身を最適化することを心掛けましょう。

これから伸びる業界へ転職するためには、転職サービスを活用することがおすすめです。求人数が豊富にある転職サービスでは、IT業界やインターネット広告業界、フードデリバリー業界などの仕事を見つけやすいです。

また、業界に精通している経験豊富なエージェントに相談することで、これから伸びる業界の求人を紹介してもらえる可能性があるでしょう。

おすすめの転職サイト・エージェントを幅広く知りたい人は、以下の記事をご覧ください。

【プロ厳選】転職エージェントおすすめ23選を比較!求人数ランキングや選び方【利用者の声・裏事情も紹介】
どの転職エージェントを利用したらいいか迷っている人に向けて、専門家厳選のおすすめサービス23選を紹介します。20代、30代、女性、ハイクラス、エンジニア向けなどタイプ別と、公開求人数ランキングや信頼できるエージェントの選び方・裏事情も解説しているので、ぜひ参考にしてください。

◆記事で紹介した商品・サービスを購入・申込すると、売上の一部がマイナビニュース・マイナビウーマンに還元されることがあります。◆特定商品・サービスの広告を行う場合には、商品・サービス情報に「PR」表記を記載します。◆紹介している情報は、必ずしも個々の商品・サービスの安全性・有効性を示しているわけではありません。商品・サービスを選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品・サービススペックは、メーカーやサービス事業者のホームページの情報を参考にしています。◆記事内容は記事作成時のもので、その後、商品・サービスのリニューアルによって仕様やサービス内容が変更されていたり、販売・提供が中止されている場合があります。
タイトルとURLをコピーしました