未経験でもWebマーケティングに転職できる?仕事内容や転職方法を解説

転職ノウハウ

インターネット上で消費者を集客するうえで欠かせないWebマーケティング職は、ここ10年間で需要が大きく伸びている職業です。

「未経験だけど、いまからでもWebマーケティング職に転職できるの?」と気になる人も多いのではないでしょうか。

未経験からWebマーケティング職へ転職するためには、仕事内容の理解を深めるだけでなく、求められるスキルを身に付ければ有利です。

本記事では、Webマーケティングの職業に関する基本情報や転職する方法についても紹介します。未経験からWebマーケティングに転職したい人は、ぜひ参考にしてください。

Webマーケティング職に転職する基礎知識

それでは最初に、Webマーケティングの業界へ転職する際に必要になる基礎知識を紹介していきます。

そもそもWebマーケティングとは?

Webマーケティングとは、Webサイトやアプリ、SNSなどで商品・サービスが売れるようにはたらきかける活動です。

商品・サービスの存在自体を世に広めたり、Webサイトやアプリに集客したり、来訪した見込み顧客に購入してもらうように勧めたりと、非常に幅広い活動をおこないます。スマートフォンの普及に伴い、市場は拡大傾向にあります。

Webマーケティングの仕事内容は?

Webマーケティングの仕事は、オンラインでの売上や、インターネットユーザーの認知率といった目標を達成するためにさまざまな施策を打ちます。

通常のマーケティング職と同じく、情報を収集・分析して、ターゲット顧客の好みやニーズを理解します。ニーズを理解したら、「ほしい」と思ってもらうための施策の立案から実行まで手がけます。

具体例としては、商品・サービスを魅力的に見せるクリエイティブ案を作成したり、多くの人に注目されるようにインターネット広告を配信したり、SNSを運用して情報発信したりなどが挙げられるでしょう

このように、Webマーケティングの仕事は細かい領域に分かれ、それぞれの担当者が協力し合ってプロモーションを遂行することが多いです。

Webマーケティング職の年収

dodaによると、2021年のマーケティング職の平均年収は466万円です。Webマーケティングの年収は職種や年代によって差があるものの、50代以上は749万になります。

リサーチや商品企画などもマーケティングに関連するケースがあるので、あわせて一部の平均年収を紹介します。

職種 平均年収(全体) 20代 30代 40代 50代〜
全職種 403万円 341万円 437万円 502万円 613万円
マーケティング 466万円 387万円 498万円 647万円 749万円
リサーチ/市場調査 500万円 404万円 510万円 654万円 660万円
データアナリスト/データサイエンティスト 517万円 427万円 560万円 609万円
販売促進/広告宣伝 482万円 382万円 511万円 636万円 737万円
広報/IR 466万円 359万円 485万円 598万円 735万円

“参考:doda「平均年収ランキング(165職種別の平均年収/生涯賃金)【最新版】」”

また企業の規模やマーケティングに割いている予算なども影響する要素なので、転職する場合はあらかじめ確認しておきましょう。

Webマーケティングの業界規模・将来性

Webマーケティングは、市場の拡大が続いており、将来も需要が伸びるとされています。

Webマーケティング職の需要の大きさを測るには、関係性の高いインターネット広告市場の大きさを見るとよいでしょう。電通によるとインターネット広告の市場は成長しており、2019年には2兆円を超える市場規模になっています

スマートフォンの普及をはじめ、広告のタイプが多様化していることも成長の要因です。一方で新聞やテレビなど、インターネットを介さない広告は市場規模が縮小傾向にあります。

“参考:電通「2020年 日本の広告費」”

Webマーケティングのやりがい

Webマーケティング職のやりがいには、主に3つがあります。

  • 経営に対する影響力がある
  • 結果を数値で確認できる
  • 専門性が身に付く

オンラインで購入されやすい商品・サービスを扱う企業は、Webサイトやアプリの売上が会社の業績を左右します。成果を残し経営に好影響を与えることができれば、大きなやりがいを得られるでしょう。

Webマーケティングは実施した施策結果が、Webサイトの来訪者数や売上にすぐ表れるため、モチベーションにつなげやすいのも特徴です。

さらに、Webマーケティングのスキルは汎用性が高く、幅広い業界で活用できます。今後のキャリアに活かせるスキルを仕事をしながら身に付けられることで、やる気が出る人もいるでしょう。

Webマーケティング職のキャリアプラン

Webマーケティング職としてのキャリアプランは、企業に属するかフリーランスとして活動するかで大きく分かれます。

企業に属する場合のキャリアプランは、腕を磨いて専門性を高める、昇進して管理職やリーダーを目指す、別の会社に転職するのが一般的です

フリーランスを目指す場合は企業や副業で経験を積んだ後、独立して顧客を開拓していくのが一般的なキャリアプランです。

Webマーケティングのスキルを身に付ける方法

続いては、Webマーケティングのスキルを身に付ける方法を紹介します。

実際に仕事にしてみる

最も手っ取り早いのが、実際に仕事にしてみることです。オンラインでサービス提供している企業に勤めているのであれば、配置転換を希望するとよいでしょう。

社内異動が難しい場合は、転職する方法もあります。未経験でも採用している企業へ転職できれば、実践的なスキルや知識を身につけられます。

未経験から採用されるためには、自身の経験を絡めつつWebマーケティング職においてどのように活躍できるかアピールしていきましょう。

Webマーケティングのスクールを受講

未経験の人や網羅的に知識を身に付けたい人なら、スクール受講がおすすめです。Webマーケティングの基礎知識を習得するには時間がかかり、独学はあまり効率的ではありません

スクールは数も多いことから、自身の生活スタイルに合わせて勉強しやすい環境を選びましょう。独学より費用はかかるものの、スクールはモチベーションの維持にも便利です。

スクールによっては、実務経験を積めるコースが展開されています。仕事で活かせる実践的な知識が身に付けられるのがメリットです。

Webマーケティング関連の資格を取得

資格の取得は転職をするうえで、自身のアピールにつながります。Webマーケティング関連についても同様で、資格をあらかじめ取得しておくと有利に転職活動しやすくなるでしょう。

知名度の高い資格としては、デジタルマーケティングの基礎知識やスキルを身につけられる「ウェブ解析士」や、Googleアナリティクスの分析などを体系的に学べる「Webアナリスト検定」があります。

自身でWebサイトを運営

転職に有利な方法として、実績にできるWebサイトを運営するのも有効です。実際のWebマーケティング職に近い業務をこなしていくので、自然と知識が身に付くのがメリット。

実践する際は、本や動画を活用して知識をインプットするのもおすすめです。運営次第では収入も期待でき、転職を目指す際にアピール材料となります。

Webマーケティング職へ転職する4つの方法

Webマーケティング職につくためには、社内の配置転換、転職サイト・転職エージェントなど専門サービスの利用、フリーランスとして活動する方法などがあります。

自身のキャリアプランに合わせて最適な手法を考えてみてください。

社内異動でWebマーケティング業務を担当する

社内にWebマーケティングに関連する部署や業務がある場合は、異動することでWebマーケティング業務を担当できます

事前にインターネット広告の基礎的な知識やスキルを身に付けたりしておくと、スムーズに話を進められるでしょう。異動したい場合は、意向を上司などに相談しておくことが重要です

転職サイト・転職エージェントに登録

「転職サイト」は情報量が豊富であり、自分のペースで転職活動を進められるメリットがあります。しかし面談や履歴書の作成などでサポートを受けられないケースが多く、場合によっては転職するまでに時間を要してしまうのがデメリットです。

一方で、「転職エージェント」はノウハウが充実しており、転職活動に必要なサポートを受けられる点が魅力です。デメリットとしては相性のよくない人が担当者になると、自分のペースで転職を進めづらくなることなどが挙げられます。

フリーランスで案件獲得

フリーランスで案件を獲得する場合は、クラウドソーシングを利用したり、求人サイトを探したりする方法があります。

また、SNSやWebサイトを運用して自身の能力をアピールし、営業しながら案件を増やしていくのも方法の1つです。

自身のライフスタイルに合わせて働きやすいメリットがあるものの、実績がなければ高収入の案件を獲得するのは困難です。

ハローワークで求人探し

ハローワーク(公共職業安定所)では、基本的にWebマーケティング関連の求人が少ない傾向にあります。そのため、転職サイトや転職エージェントと使い分けるのがおすすめです。

また、ハローワークでは面談の練習や履歴書の添削などの基本的なサポートだけでなく、条件を満たせば資格取得に必要な「職業訓練」も受けられます

もし最寄りにハローワークが見当たらない場合は、「ふるさとハローワーク」(地域職業相談室)を利用してみてください。ハローワークが設置されていない市町村にあります。利用料は、無料です。地域職業相談室では、基本的にハローワークと同等のサポートが受けられます。

おすすめ転職サイト・エージェント5選

Webマーケティング職に就きたい場合には、転職サイト・エージェントを利用するとスムーズに進められます。それぞれ異なる特色やサポートがあるので、自身のスタイルに合わせて利用を検討してください。

ワークポート

※画像引用元:ワークポート公式HP

運営会社株式会社ワークポート
求人数:公開求人56,036件(2022年6月時点)
対応エリア:全国

ワークポートは、IT業界の転職に強いサイトです。Webマーケティング関連の求人も豊富に取り扱っています。

また、未経験者への転職サポートが充実しているのも魅力です。具体的には無料アプリを利用した書類作成などが挙げられます。効率よく転職活動を進められるでしょう。

その他にIT系に特化した無料スクールも公開しているので、転職活動をしながら知識の習得や資格の勉強も可能です。転職相談にも対応しています。

ワークポートはこんな人におすすめ!

  • IT業界で働いたことのない人
  • 無料アプリを使いたい人
  • 無料スクールで学びたい人

レバテックキャリア

※画像引用元:レバテックキャリア公式HP

運営会社レバテック株式会社
・求人数:公開求人17,292件(2022年7月時点)
・対応エリア:関東・関西・愛知・九州

経験者がキャリアアップを目指すなら、レバテックキャリアがおすすめです。レバテックキャリアもIT業界関連に強い転職サイトで、企業との結びつきが強く、業界に詳しいアドバイザーが多い点が魅力です。

また、レバテックキャリアはアドバイザーが、自身のキャリアプランに合わせた転職活動をサポートしてくれます。また取り扱っている求人が豊富で、スタートアップ企業の求人も見つけやすい点も特徴です。

レバテックキャリアはこんな人におすすめ!

  • IT業界に強いサービスを利用したい人
  • 自分に合った求人を見つけたい人
  • 丁寧なサポートを求めている人

レバテックキャリア
登録はこちら(無料)

マスメディアン

※画像引用元:マスメディアン公式HP

・運営会社:株式会社マスメディアン
・求人数:公開求人3,842件(2022年7月時点)
・対応エリア: 全国

Webマーケティングなど広告業界に強い転職エージェントとして挙げられるのが、マスメディアンです。マスメディアンを運営するのは、マーケティングの専門誌を発行する宣伝会議のグループ会社。Webマーケティングの求人も豊富に取り扱っています

転職活動の際は、担当エージェントが求人の紹介から内定後の条件交渉に至るまで、手厚くサポートしてくれます。場合によっては面接時に担当者が同席してくれるのも魅力です。

マスメディアンはこんな人におすすめ!

  • Webマーケティング職に強いサービスを求める人
  • クリエイティブ職に興味のある人
  • 手厚いサポートを受けたい人

Green

・運営会社:株式会社アトラエ
・求人数:公開求人15,029件(2022年6月時点)
・対応エリア:全国

Greenで取り扱っている求人の多くは、社内の写真を掲載しています。応募前に会社の雰囲気を確認できるので、働くイメージももちやすい点が特徴です。未経験可の求人で検索もできます。

また、基本的に担当者を介さずに直接、人事担当者とやりとりができます。反対に人事担当者からスカウトされる場合もあるので、効率的に転職活動を進められるでしょう。

Greenはこんな人におすすめ!

  • 会社の雰囲気を知りたい人
  • スカウトも期待している人
  • カジュアルに人事担当者と連絡をとりたい人

Green
登録はこちら(無料)

FIND JOB!

※画像引用元:FIND JOB!公式HP

運営会社株式会社ミクシィ・リクルートメント
求人数:公開求人1,106件(2022年6月時点)
対応エリア:首都圏を中心とした全国

首都圏を中心に展開しているのが、FIND JOB!です。FIND JOB!は様々な雇用形態の求人を掲載しているので、自分のライフスタイルやキャリアプランに合わせて探せます。

転職活動で困ったときは、アドバイザーに相談できるサービスを利用可能です。また、Webマーケティングなど業界に関する情報を集めやすくなっています。

FINDJOB!はこんな人におすすめ!

  • 首都圏で働きたい人
  • 転職活動に使える情報を知りたい人
  • 幅広い雇用形態の求人をチェックしたい人

FINDJOB!
登録はこちら(無料)

Webマーケティングに転職するときの疑問

ここでは、Webマーケティング職への転職で陥りがちな疑問に回答していきます。転職先を選ぶ基準や仕事で後悔しやすい点について紹介します。

転職先を選ぶときの基準は?

転職する企業を選ぶ際には、応募する企業がWebマーケティングをどのくらい重視しているかが基準になります。

Webマーケティングは将来性のある分野ではあるものの、企業によって人員や予算の割き方は異なるものです。重視されていない場合は、提案してもなかなか実行に移されないなど不満を抱えてしまう可能性があります。

逆に、力を入れている企業は、魅力的な広告クリエイティブを定期的に刷新して配信していたり、Webサイトのデザインにも力を入れているケースが多いため、チェックするとよいでしょう。

こうした企業は教育体制も整っており、転職してもすぐにチームになじみやすいと考えられます。

スキルに自信がある人や急成長したい人は、あえて仕組みが整っていないベンチャー企業に転職して、体制づくりから挑戦する方法もあるので、キャリアプランに合わせて検討しましょう。

Webマーケティングの仕事で後悔する理由は?

Webマーケティングで後悔しやすい理由は、以下のようなものが挙げられます。

仕事量は多くなりがち

企業によって差はあるものの、Webマーケティング職は設定された目標に到達するための立案から改善まで行うため、仕事量は多くなりやすいです。

チームの人数が少ない場合は複数の役割を兼務することもあります。意外に単純な作業が多くなりやすい仕事でもあるため、手間を削減するツールを導入するなどで効率化する姿勢が大切です。

ストレスを感じることも

Webマーケティング職は、施策の結果が日々数値でモニタリングされます。PDCA(Plan-Do-Check-Act cycle)を回しやすい反面、すぐに次のアクションを考えなければならず忙しくなりやすい面もあります。

施策を実施しても思うような成果が出ない場合、ストレスに感じることもある点は押さえておきましょう。

まとめ

Webマーケティング職の仕事内容や、転職方法などについて紹介しました。Webマーケティングは、集客力を高めることを目的とした職種。努力次第では年収アップも期待できます。一方で、仕事量の多さなどデメリットに感じる面も存在します。

転職活動をする前には、スキルの獲得も視野に入れましょう。企業選びの基準を明確にし、転職サイトや転職エージェントを活用してみてください。

タイトルとURLをコピーしました