28歳での転職は厳しい?成功させるポイントとおすすめサービス

転職ノウハウ

「28歳で転職を考え始めたけれども、成功できるかどうか不安」「28歳で転職をするとき、何をしたらよいのかわからない」と悩んでいませんか。

28歳は、まだ20代のため転職を成功させやすいですが、事前にしっかりと対策しなければ、自分の志望する業界や職種、会社に入社できないかもしれません

そこでこの記事では、28歳になり転職を検討している人向けに、成功させるポイントやおすすめサービスを紹介します。

28歳の転職で求められる価値やよくある疑問も取り上げるので、転職に役立つ情報を集められ、不安なく転職活動できるようになるでしょう。ぜひ最後までお読みください。

28歳の転職で求められる価値

28歳で転職する際、会社から以下のような価値を求められる傾向にあります。

  • 即戦力になれるか
  • 将来性があるか
  • 柔軟な対応が可能か

求められる価値を把握すれば、応募書類や面接の対策になるため、ぜひ参考にしてください。

即戦力になれるか

28歳の転職では、即戦力として働けるのかどうか求められる可能性があります。28歳になると社会人経験があり、スキルやビジネスマナーも身についているため、20代前半や20代半ばと比較して、すぐに現場で活躍できることを期待されるでしょう。

自分の業務以外にも、以下のような社会人経験を活かした仕事も担うケースがあります。

  • 経験が浅い人への指導
  • 職場環境の改善を提案

マネジメントや職場の課題への対応は、仕事に慣れたばかりの20代前半や20代半ばでは難しいです。

28歳で即戦力として働けることをアピールできれば、転職成功を近づけられるでしょう。

将来性があるか

28歳の転職では、将来性やポテンシャルも求められる価値です。一般的に28歳は、まだ伸びしろを期待できる年齢です。

会社は、30代になる前にマネジメントの候補者として将来性があるかを判断しています。

面接では、マネジメント力があることや、どのように管理・指導していくのかを伝えるようにしましょう

マネジメントの経験がある場合は、どのようにチームを引っ張っていったのか、何に気を配っていたのかを、具体例を挙げながら説明できると、面接担当者の心を動かせます。

柔軟な対応が可能か

新しい職場の方針・やり方にすぐ対応できることも、28歳の転職で求められる価値です。前職のやり方にこだわっている場合、新しい仕事に馴染めず、周りの人に迷惑をかけてしまう可能性があります

28歳は、前の会社に染まり切っているケースが少なく、指導しやすいと評価される傾向にあります。

面接では、柔軟に前向きに仕事に取り組めることをアピールしましょう。30代と比較して、経験や実力において敵わないケースがあるため、柔軟性や適応力は、転職成功の鍵となります。

28歳で転職を成功させる5つのポイント

28歳でスムーズに転職するためには、以下の5つの方法を取り入れましょう。

  • 転職活動をすぐに始める
  • 自己分析で転職の条件・キャリアプランを固める
  • 希望に優先順位をつけて応募先を探す
  • 面接官が納得できる転職理由にする
  • 転職サイト・転職エージェントを活用

比較的転職を成功させやすい年齢ではありますが、よりよい条件の会社に入るために、ここで紹介する転職を成功させる5つのポイントをぜひ参考にしてください。

転職活動をすぐに始める

転職活動は、思い立ったらすぐに始めることがおすすめです。なぜなら、年を重ねるほど転職のハードルは高くなるためです。

会社側は、30代・40代の未経験よりも、20代の未経験を採用することが一般的です。

また、転職活動を始めてもすぐに新しい職場を見つけられる保証はないため、しっかりと準備を整えてから臨むことも大切です。

自己分析で転職の条件・キャリアプランを固める

しっかりと自己分析をおこない、転職の条件を洗い出すことも重要です。

転職の条件を固めずに、なんとなく転職活動を進めて入社できたとしても、働き出してから「思っていた仕事と違った」と後悔する可能性があります。

自己分析をおこなう際は、以下のことを考えるようにしましょう。

  • 自分の強み・弱み
  • 保有しているスキルや実績
  • 志望した理由
  • キャリアプラン

自分のことがわかれば、転職先に何を求めているのか判断でき、自分に合った求人を見つけやすくなります

また28歳の場合、転職してすぐに退職するような失敗は、キャリアに傷をつけてしまい今後の転職活動に影響が出てしまう可能性があるため、具体的な将来設計をすることも大切です。 

自己分析をプロにしてもらう場合はキャリアコーチングの利用もおすすめです。無料相談ができるサービスもあります。

希望に優先順位をつけて応募先を探す

希望条件を書き出して、優先順位をつけることも転職成功に必要です。すべての希望を満たす求人があるとは限らないためです。

優先順位をつけて、ときには妥協をしなければ、いつまでも転職できない可能性があります。

優先順位を付ける際は、以下のようにMUST条件とWANT条件に分類しましょう。

  • MUST条件:必ず実現したい条件
  • WANT条件:できれば実現したい条件

MUST条件を満たしていそうな企業の求人を見つけた場合、積極的に応募することで、スムーズな転職を目指せます。

転職するときに譲れない条件を見つける方法を詳しく知りたい人は、以下の記事も参考になります。

転職軸の作り方とは?転職目的や希望条件を言語化する自己分析も解説
転職活動中は「転職軸を決めることが大切」とよくいわれます。転職軸(転職の軸、転職活動の軸)とは、転職するときに譲れない条件のことです。本記事では、転職軸とは何か、転職軸となる条件、転職軸を見つけるための自己分析の方法などについて紹介します。

面接官が納得できる転職理由にする

転職理由を練り、相手の心を動かす内容にすることも重要です。転職理由を考える際は、以下のポイントをおさえておきましょう。

  • 志望動機と一貫性を持たせる
  • ポジティブな言い方に変換する

志望動機と転職理由に一貫性がない場合、面接官にちぐはぐな印象を与えてしまう可能性があります。

本音では「人間関係がよくない」「成長できない」というネガティブな理由であっても、「チームワークを重視したい」「スキルアップしたい」というポジティブな言い方に変換することで、好印象を与えられます

また面接では、嘘をつくことはNGですが、なにもかも話す必要はありません。そのため、あらかじめ言わないことを考えておくこともテクニックのひとつです。

面接で転職理由を伝えるポイントについてもっと知りたい人は、以下の記事をご覧ください。

転職を考えるきっかけ・理由とは?面接で伝えるポイントも解説
自分の転職理由・きっかけとして、抱える不満や希望条件がおかしくはないか不安に思う人もいるでしょう。この記事では転職理由の上位と年代別の転職理由をを紹介します。後半では本音を基にした面接用の言い換え例も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

転職サイト・転職エージェントを活用

転職活動をスムーズに進めるだけではなく、成功に近づけるためには、転職サイトや転職エージェントに登録しましょう。転職サイトや転職エージェントにはさまざまな求人が集まっており、自分に合った求人を見つけやすく便利です

転職サイトと転職エージェントは異なったサービスであり、以下のようにそれぞれにメリット・デメリットがあります。

転職サービスの種類メリットデメリット
転職サイト
  • 自分のペースで転職活動できる
  • 気になる求人を見つけたら、すぐに応募できる
  • 応募から内定まで、すべて自分で進める
  • 転職支援サービスを受けられない
転職エージェント
  • 担当者がつき、転職活動をサポートしてくれる
  • 非公開求人を保有している
  • 自由に応募できるわけではない
  • サポート力の低い担当者もいる

転職サイトは、転職に慣れている人やマイペースに進めたい人におすすめです。一方転職エージェントは、はじめて転職する人や効率的に転職したい人におすすめのサービスといえるでしょう。

次では、28歳の転職でおすすめの転職サービスを紹介するので、自分に合ったサービスを見つけましょう。

28歳の転職でおすすめの転職サービス

転職サービスには豊富な種類があり、それぞれ特徴が異なります。ここでは、以下の3つに分けて、おすすめの転職サービスを紹介します。

  • ハイクラスの求人を探している人向け
  • 広く転職先を探したい人向け
  • 未経験の業種に挑戦したい人向け

ハイクラスの求人を探している人向け

「高年収求人が多い」「管理職向けの求人多数」という特徴を持つハイクラス向けの転職サービスは、以下の2つです。

  • ビズリーチ
  • JACリクルートメント

スカウト型の転職サイト「ビズリーチ」

※画像引用元:ビズリーチ公式HP

・運営会社:株式会社ビズリーチ
・求人数:公開求人79,856件(2022年8月時点)
・対応エリア:全国、一部の海外(中国、アメリカ・カナダ、ヨーロッパ他)
・料金:無料(有料会員あり)

・得意な業種:全職種

ビズリーチは、国内外のさまざまな企業のヘッドハンターからスカウトが届き、そこから応募できるスカウト型転職サイトです。年収1,000万円以上の求人が3分の1以上となっており、非公開求人の数も多く、レアな好条件求人を探し出すことも可能です。

外資や日系大手などの求人が多数あり、厳しい審査を突破した企業のみ紹介しているため、安心して転職活動できることも特徴です。

また、有料のプレミアムステージに登録すると、より多くの求人に触れることが可能になるだけではなく、コンシェルジュに転職相談やサポートを依頼できます。

ビズリーチは、「28歳で年収1,000万円を目指したい」という人こそ、活用したい転職サービスです。

ビズリーチはこんな人におすすめ!

  • 28歳でも自分のキャリアに自信がある人
  • 年収1,000万円以上を狙う人
  • 高収入・ハイクラス向け求人のスカウトを受けたい人

公式HPはこちら

外資系ハイキャリアに強い「JACリクルートメント」

※画像引用元:JACリクルートメント公式HP

・運営会社:株式会社ジェイエイシーリクルートメント
・求人数:公開求人14,917件(2022年8月時点)
・主要対応エリア:北関東・横浜・甲信越・名古屋・静岡・大阪・京都・神戸・中国

・料金:無料
・利用者の年齢層:30代以上
・得意な業界:サービス・商社・流通・消費財・マスコミ・建設・不動産・金融・IT・通信・WEB・EMC・コンサルティング・シンクタンク・事務所・メディカル・バイオ・医療・介護・福祉など
JACリクルートメントは、キャリアアップ向け求人の多いエージェントです。国内大手から海外進出企業の転職まで、さまざまなニーズに応えられるサポート力を持ち、これまでに約43万人の転職支援実績があります。
 

ハイキャリア向けの求人が多く、高収入案件にも強みがあります。

20代向けの求人が多いわけではありませんが、2017年の転職決定者の決定職種・年齢によると、25~29歳でも転職を成功させています。

コンサルタントに相談すれば、希望条件や経歴、職場の雰囲気などさまざまな情報から最適な求人を紹介してもらえることも特徴です。

JACリクルートメントはこんな人におすすめ!

  • 若くして自分のキャリアに自信を持っている人
  • キャリアアップ転職や外資系企業への転職を目指す人
  • 転職支援実績が豊富でサポート力の高いサービスを選びたい人

公式HPはこちら

広く転職先を探したい人向け

豊富な求人から選びたい人は、以下の転職サービスがおすすめです。

  • doda
  • リクルートエージェント

圧倒的な求人数と充実した機能「doda」

※画像引用元:doda公式ホームページ

・運営会社:パーソルキャリア株式会社
・主要対応エリア:全国対応
・求人数:公開求人151,360件(2022年8月時点)
・料金:無料

・得意な業界:Web・IT、ベンチャー、モノづくりエンジニア、メディカル、営業・販売サービス、金融、企画職・管理部門など

dodaは、転職サイトと転職エージェントの2つの機能があるサービスです。転職サイトでは、こだわり条件からしぼって検索できるだけではなく、公開求人数は15万件以上(2022年8月時点)もあるため、さまざまな求人をチェックできます。

エージェントサービスでは、希望や経歴に合った求人を紹介してもらえます。

また、以下のような診断系プログラムも充実しており、転職活動をはじめる前にしっかりと自己分析できます。

  • 「自己PR」発掘診断
  • キャリアタイプ診断
  • 転職タイプ診断
  • 人気企業300社の合格診断
  • はたらく女性のためのモヤモヤ解消診断
  • オンライン仕事力診断

転職初心者向けのイベントも定期開催しているため、はじめて転職する人は、参加してみるとよいでしょう。

dodaはこんな人におすすめ!

  • はじめての転職で不安な人
  • 豊富な求人案件から選びたい人
  • 最初にしっかりと自己分析したい人

公式HPはこちら

転職支援実績No1「リクルートエージェント」

※画像引用元:リクルートエージェント公式HP

・運営会社:株式会社リクルート
・主要対応エリア:全国対応
・求人数:公開求人258,476件 / 非公開求人289,014件(2022年8月時点)
・利用者の年齢層:20代、30代が中心
・料金:無料

・得意な業界:IT・通信・機械・小売・サービス・人材

リクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数を持つ総合型の転職エージェントです。公開求人・非公開求人ともに膨大な量があり、転職エージェントサービスでありながら、自身でも仕事探しを進めることが可能です。

全国各地・海外から幅広い種類の求人が集まるため、転職の選択肢が多く、自分に合った仕事を見つけやすいでしょう。

また豊富な転職支援実績があり、ノウハウを活かした転職サポートも魅力のひとつです。

コンサルタントによる各種企業の情報を閲覧できる「AGENT Report」や、面接合格の可能性を高められる面接力向上セミナーなど、独自のサービスもあります。

リクルートエージェントはこんな人におすすめ!

  • 転職活動に不安を抱えている人
  • 求人案件が豊富なサービスを選びたい人
  • 幅広い業種・職種に対応してほしい人

公式HPはこちら

未経験の業種に挑戦したい人向け

経験がなくても新しい仕事にチャレンジしたい人は、以下の転職サービスが強い味方になってくれます。

  • UZUZ
  • ハタラクティブ

20代の転職ならここ!「UZUZ(ウズウズ)」

※画像引用元:UZUZ公式HP

・運営会社:株式会社UZUZ
・求人数:非公表、登録企業数は1,500社以上
・利用者の年齢層:20代がメイン
・料金:無料

・得意な業種:ソフトウエア通信、サービス、インフラ

UZUZは、20代やフリーターで転職する人に特化した転職エージェントです。在籍しているキャリアカウンセラーは20代で転職した経験があり、同じ目線で対応してもらえるため、安心して転職を相談できます。

UZUZが実際に訪問して問題がなかった企業にだけ応募できるため、労働環境の良くない職場を避けられることも特徴です。

また、個々にあわせた転職サポートや入社後サポートを実施しており、内定率86%、定着率96.8%という成果を挙げています。

IT分野への転職を検討している人には研修サポートもあるため、ITエンジニアを目指している人にもおすすめの転職エージェントといえるでしょう。

UZUZはこんな人におすすめ!

  • 個々にあわせた転職サポートを受けたい人
  • キャリアアップをしながら転職したい人
  • 未経験からエンジニアになりたい人

未経験・フリーターも歓迎!「ハタラクティブ」


※画像引用元:ハタラクティブ公式HP

運営会社レバレジーズ株式会社
対応エリア:東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、愛知、福岡
求人数:公開1,170件
・利用者の年齢層:20代がメイン

・料金:無料

ハタラクティブは、20代の利用者が9割以上の転職エージェントです。未経験者歓迎の求人が多数扱われており、他サービスでは仕事を紹介してもらえない場合でも、しっかりサポートしてもらえます。

ハタラクティブのサポートによって、86.5%が社員数1,000人以上の企業に内定しているため、経験に自信がない人でも頼りになる存在です。

ハタラクティブを利用すると、キャリアカウンセリングを始めてから最短2週間で内定をもらえる可能性もあります。電話面談やオンライン面談にも対応し、よりスピーディーな対応を実現しているためです。

入社後のアフターフォローも万全なので、早期退職のリスクも避けられるでしょう。

ハタラクティブはこんな人におすすめ!

  • 社会人経験や学歴に自信がない人
  • 早めに内定をもらいたい人
  • 未経験から大手企業に入社したい人

28歳の転職で気になる疑問

最後に、28歳の転職でよくある質問と回答を紹介します。

  • 28歳からでも公務員になれるのか
  • どのような職場なら転職した方がよいか
  • 転職してもすぐに育児休暇を取得できるか

抱えている疑問を解決してから、転職活動をはじめましょう。

28歳からでも公務員になれるか

28歳でも、公務員になることは可能です。ただし、以下のように公務員の種類によって、年齢制限があります。

  • 国家公務員:30歳まで
  • 地方公務員:25歳~39歳まで

地方公務員の場合、都道府県によって年齢制限が異なります。

上限が25歳のケースもあるため、地方公務員を目指す場合は、事前に上限を確認しておきましょう。

公務員に関する情報を集めたい人は、以下の記事をご覧ください。

公務員を辞めたい!退職するデメリットと今後の選択肢5つを紹介
公務員を辞めたい理由には、人間関係・給与・残業などさまざまなものがあります。しかし、実際に辞めるとなると年功序列の昇給・終身雇用の安定感など失うものも少なくありません。辞めるデメリットやその後の選択肢を知って、冷静に検討することが大切です。

転職する時に選びたい職場環境は?

転職して長く働ける職場にはいくつかの特徴があります。早期退職を回避するためにも、働きやすい職場の特徴を把握しておきましょう。転職する時に選ぶポイントとなる職場環境は、以下のとおりです。

  • ハラスメントがない
  • 定着率が高い
  • 安定した業績
  • 法律違反していない
  • 人間関係が良好
  • 仕事に見合った給料になっている

評判がわるかったり、過去に従業員とトラブルを起こしている職場には、注意が必要です。

職場の雰囲気や社風などを詳しく知りたい場合は、転職エージェントの担当者に相談すると教えてもらえるでしょう。

転職してもすぐに育児休暇を取得できるか

育児休暇は、労使協定の内容によっては取得できない可能性があります。たとえば、以下のような労使協定になっているケースが考えられます。

  • 雇用期間が1年未満
  • 1年以内に雇用関係が終了する
  • 1週間の所定労働日数が2日以下

転職先によって育児休暇はすぐに取得できないため、事前に確認することが大切です。

なお、産休であれば条件なく取得できるため、事前の確認は必要ありません。

まとめ

28歳からの転職は、決して遅いわけではありません。ただし、会社から即戦力として働けることや、柔軟性などに価値を置かれるため、20代前半や20代半ばとはアピールすべきことが異なります

28歳がスムーズに転職を成功させるためには、早めに行動に移すことがおすすめです。年を重ねるほど転職しにくくなるため、30歳を迎える前に思い切って行動することが大切だといえるでしょう。

転職活動をはじめる際は、転職サイトや転職エージェントに登録しておくと強い味方になってくれます。マイペースに転職活動を進めたい人は転職サイトを、転職支援サービスを受けたい人は転職エージェントを利用しましょう。

タイトルとURLをコピーしました