仕事に疲れた人に知って欲しい4つの対処法と転職成功のコツを解説

おすすめ転職エージェント

あなたは「仕事に疲れてもう何もしたくない」「今の仕事を続けるのが辛くて、辞めたい」と考えたことはありませんか。

仕事に対して真面目に頑張っている人ほど疲れが溜まりますし、溜まった疲れを我慢してしまいがちです。頑張ることは素晴らしいことですが、自分の限界を超えて頑張りすぎた結果、身も心も壊してしまっては意味がありません

「仕事に疲れてもう何もしたくない」という気持ちは、体と心が危険にさらされているサインです。早めの対処が必要でしょう。

この記事では、いくつか例をあげながら仕事が疲れる原因や、対処法を紹介しますので、ぜひ参考にしていただき、心も体も元気な状態で無理なく仕事ができる日々を目指しましょう。

仕事に悩み、心と体にすでに影響が出ている人は、以下のようなオンラインカウンセリングに相談することをおすすめします。

Unlace|顔出し不要・匿名でオンラインカウンセリング

メンタルヘルスで通院する時間がない人は、顔出し不要・匿名にてチャット形式で相談可能のオンラインカウンセリング「Unlace」がおすすめです。心理士資格を持った実績豊富なカウンセラーが多数在籍しています。

仕事に疲れてしまう原因とは?

最初に、仕事に疲れてしまう原因を解説します。仕事に疲れてしまう原因は1つだけの場合もあれば、いくつも複雑に絡み合っている場合もあります。

以下はその一例です。

  • 職場の人間関係
  • 仕事量が多い
  • 仕事が合っていない
  • 睡眠不足である

それぞれ詳しく見ていきましょう。

職場の人間関係

1つ目は、職場の人間関係です。職場の人間関係が良くなく、コミュニケーションによって疲れてしまうパターンです。

アルフレッド・アドラーが提唱したアドラー心理学によると、「すべての悩みは対人関係の悩みである」といわれています。それほど人間関係に悩んでいる人は多く、疲れを感じて当然なのです。

自分が直接嫌なことをされたわけではなくても、周りにわかるくらい不機嫌な雰囲気を出している人がいたり、他の誰かが上司に怒られているのを見たりするだけでも心は疲れてしまうものです。

仕事上の付き合いと割り切ってしまうのが一番ですが、割り切ろうと思えば思うほど気になってしまう人も多いかもしれません。

仕事量が多い

2つ目は、仕事量の多さです。仕事の量が多く、残業や早朝出勤が続いたり、昼休みも仕事をしたりということが続いていませんか。

これは自分のキャパシティ以上に仕事を抱えてしまっている状態です。繁忙期などで一時的に仕事量が増えてしまうのは仕方がありませんし、適度に自分に負荷をかけることは成長につながるかもしれません。しかし、慢性的に忙しいのであれば仕事量が多すぎる可能性があります。

仕事が多すぎる状態が続くとリフレッシュする時間もとれなくなります。体だけではなく、精神的にも疲れが溜まってしまうでしょう。

仕事が合っていない

3つ目は、仕事が合っていないことです。仕事内容が自分に合っていないと、毎日仕事をすることが大きなストレスになり疲れてしまいます。

ここで注意してほしいのが、好きな仕事と自分に合っている仕事はイコールではないということです。特に好きではない仕事でも、自分の強みを生かした仕事であれば苦にせず対応することができるので、疲れは溜まりにくいでしょう。

一方で、たとえ好きな仕事でも、自分が苦手とする作業や自分よりレベルが高い結果を求められる仕事は、常に頭を使い緊張状態のため疲れが溜まりやすいです。上手く仕事ができない自分に落ち込んだりイライラしたりもするため、心理的なストレスも増えていきます。

睡眠不足である

4つ目は、睡眠不足です。夜更かしをしたり上手く睡眠がとれなかったりして睡眠不足になると、疲れが抜けきれずどんどん疲労が蓄積されてしまいます。

睡眠不足になるのはプライベートが理由のこともあれば、仕事が忙しくて残業続きで帰宅が遅く、睡眠不足になってしまうこともあるかもしれません。

睡眠不足になると集中力も低下するため、仕事の効率が悪くなって残業が増えるという悪循環に陥ってしまう懸念があります。

仕事に疲れてしまうとどうなる?心と体のSOSサイン

仕事の疲れがたまった状態だと、どこにどのような影響がでるのか解説します。次の4つは、仕事に疲れているサインです。

  • 仕事に集中できなくなる
  • 睡眠不足になる
  • さまざまなことが面倒に感じるようになる
  • イライラしやすくなる

あてはまるものがある人はすでに疲れが溜まっている可能性が高いため、早めに対処するほうがよいでしょう。

仕事に集中できなくなる

仕事に集中できなくなり、ぼーっとしたり、仕事中に別のことを考えたりしてしまう状態です。

疲れが溜まると集中できず、集中できないと仕事が進まず残業になり、また疲れが溜まる…という負のループが起きていませんか。

集中できていないということは、無意識に仕事から逃げ出したいと現実逃避をしている可能性もあります。

睡眠不足になる

睡眠が浅くなったり、寝付けなくなったりと睡眠不足になりがちでです。

このような状態になる原因は、残業で遅くなる、仕事のことが気になりずっと考えてしまって休まらないなどがあげられます。

日本睡眠科学研究所が行った調査では、睡眠不足の人は仕事に関する悩みを抱えている傾向があるという調査結果が出ており、仕事の悩みが睡眠に大きく影響することがわかります。

さまざまなことが面倒に感じるようになる

仕事を含めさまざまなことが面倒になり、モチベーションが上がらなくなります。

仕事に集中できなくなる状態と似ていますが、こちらは仕事だけではなくプライベートもすべて面倒に感じている状態です。たとえば、以前は休日に友人や家族と出掛けていたけれど、今はその誘いも断ってずっと家で寝ている、なんてことはないでしょうか。

何もやる気が起きないのは、すでに体や心に疲れが溜まっているサインです。

イライラしやすくなる

イライラしやすく、情緒不安定になってしまうことがあります。これはとても疲れが溜まっている状態のため、注意が必要です。

仕事が進まない状況にイライラする、家族や恋人など周りの人にイライラして当たってしまうなど、理由はわからないけれど自分でも制御できないくらいにイライラしている人は要注意。もしかしたらイライラ以外にも、わけもなく涙が出てくることもあるかもしれません。

そういうときは無理に我慢せず、一度カウンセリングを受けるなど専門家に相談するようにしましょう。

その他の心と体の疲れチェックリスト

心が疲れると眠れなくなってしまったり、食欲がなくなったりと体にも直結して影響が出てきます。上記で挙げた以外にも以下の項目に該当する症状がないか確認してみてください。

心の疲れ

  • 仕事が以前より楽しいと感じない・モチベーションが下がった
  • 休みの日も楽しくない
  • 人の名前や話しの内容を忘れやすい

体の疲れチェックリスト

  • 朝起きても体がだるい
  • 常に体調が悪い
  • ちょっとした運動で息切れする

一つでも該当する場合は、自分で思っている以上に疲れが心と体に影響を及ぼしている可能性があります。また、ここで紹介した以外にも、厚生労働省の「働く人疲労蓄積度セルフチェック」でさらに細かく診断できますので、気になる人はぜひチェックしてみてください。

仕事に疲れた際に試して欲しい対処法

ここでは、仕事に疲れたときに試してほしい対処法をお伝えします。手軽に取り入れられるものが多いので、自分に一番合うものから試してみてください。

  • 適度な運動
  • バランスのよい食事をとる
  • 自分へのご褒美をあげる
  • 休んでみる

それぞれ詳しく説明します。

適度な運動

散歩やランニングなど、適度な運動をすることで頭がすっきりします。また、軽く体を動かすことでほどよく疲れを感じることができ、睡眠の質が上がる効果も期待できます。

仕事が忙しくて運動をする暇がない、という人もいるかもしれません。そういう人は、仕事の休憩時間に会社の近くを少し散歩してみるのもおすすめです。

また、最近ではYouTubeなどSNSで短時間で簡単にできる運動がたくさん紹介されています。仕事の隙間時間に椅子に座ったまま3分間のストレッチをする、夜寝る前に布団のうえで軽くヨガをするなど、負担にならない範囲で始めてみましょう。

バランスのよい食事をとる

栄養バランスのとれた食事をとることで、体力も精神力も回復する効果があります。

しかし、バランスのよい食事が健康によいとわかっていても、自分で作るのはなかなか難しいと感じる人もいるかもしれません。

そういう場合は外食やコンビニでもよいので、メニューを選ぶ際に少し栄養バランスを意識するようにしてみましょう。最近では自宅にある材料で作り置きのおかずを作ってくれるサービスもあるので、そういうサービスを活用するのも一つの方法です。

すべて自分で完璧にやろうとするとそれが原因で疲れてしまいますので、自分がやりやすい方法で取り組むようにしましょう。

自分へのご褒美をあげる

美味しい食事を食べたり、欲しかったものを買ったりしてモチベーションを上げる方法もあります。ほかにも、前からやってみたかったことをやってみる、友人や家族と遊びにいくなどもおすすめです。

ご褒美によって気持ちも切り替えられ、また次の日から頑張ろうという活力になります。普段から頑張っている自分を労うこととあわせ、こうやって自分にご褒美をあげられるようにまた頑張ってお金を稼ごう、というモチベーションにつながるかもしれません。

本記事の「モチベーションを上げるために疲れた自分にあげたいご褒美」でご褒美の一例をあげていますので、そちらも参考にしてください。

休んでみる

夜や週末に寝るだけでは疲れがとれない人は、思い切って休暇をとってみましょう。

もしかしたら、休みたくても休めないと思う人もいるかもしれません。仕事が忙しいときに休むと周りに迷惑をかけるのではないか、と気になる人もいるでしょう。

しかし、企業には従業員に対して年に5日間の有給休暇を取得させる義務があります。企業としても従業員には休んでもらわないと困るのです。しっかり休み疲労を回復させた方が仕事のパフォーマンスもあがり、周りに貢献できるでしょう。

可能であれば、思い切って長期休暇をとってみるのもおすすめです。一度仕事から離れて自由に過ごす時間を意識的に作りましょう。

仕事に疲れたとき、辞めるかどうかの判断について

何をしても疲れがとれない、体調を崩している、精神的に辛いといった状態であれば、無理に今の仕事を続ける必要はないでしょう。

一方で、仕事に疲れたからといって勢いで辞めてしまうのはおすすめしません。ここでは、仕事を辞めるかどうかの判断ポイントをお伝えします。

精神を病んでしまったらすぐに休職か退職を考えよう

もし精神を病んでしまった場合は、一刻も早く休職するか退職を考えましょう。

いきなり退職するのも一つの選択肢ですが、一度休職して健康を取り戻してから先々のことを考えるほうが安心です。休職できる期間は会社によって異なりますので、社内規程などで確認してください。休職中は傷病手当が受給できますので、それを受け取りながら心身の回復に努めましょう。

休職すると、また元通りに働けるのか不安に感じる人もいるかもしれません。しかし、仕事よりも自分の体と心を守るほうが大事なことです。一度体調を壊してしまったら、元に戻るのに時間がかかってしまいます。壊れる前に休むことも勇気です。

人間関係以外の理由ならまずは上司に相談を

仕事量が多い、仕事内容が自分に合っていない、正当な評価がされていないなどが理由の場合は、まずは上司に相談してみましょう。

あなたの話を聞いた上司が、改善に向けて動いてくれるかもしれません。それで問題が解決されるようであれば辞めずに済みます。改善されないのであれば、その段階で退職を考え始めるとよいでしょう。

もし人間関係が理由の場合、異動できる環境があるのであれば一度上司に希望を伝えてみるのも一つの方法です。なかなか希望通りに異動できない、異動しても人間関係に大きな変化がないといった場合は退職を考えてもいいかもしれません。  

自分にあった仕事がわかる!おすすめの適職診断ツール3選

今の仕事が合わなくて疲れた人は、自分のやりたい仕事を見つけるために、適職診断ツールを使ってみるのもおすすめです。適職診断とは、質問に答えていくことで自分に合った仕事を分析してくれるツールのことです。

過去の経験や将来の理想像からやりたいことを考えるのもよいですが、時間も手間もかかります。適職診断を使えば無料で簡単に自分に合った仕事を教えてくれるので、自己分析に疲れてしまった人は一度利用してみるのもおすすめです。

ここでは、3つの適職診断ツールを紹介します。

doda エゴグラム適職診断

doda「エゴグラム適職診断」は、大手求人紹介サービスdodaが運営するツールで、会員登録なしですぐに使える点が特徴です。

50の質問に答えることで診断結果がわかります。質問は「理想を追求するかどうか」「文化や伝統を大切にするか」など多角的な視点から対象者の適職を診断するもので、質問数が多いことからも比較的信頼できる診断ツールです。

キャリアインデックス

転職関連の情報を提供する、株式会社キャリアインデックスが運営する適職診断ツールです。
39の質問に答えると診断結果が出るようになっており、仕事に求めるものや自分の性格について分析してくれます。こちらも会員登録は不要で、5〜10分程度で診断が可能です。

「仕事に求めるもの」「ビジネスにおける強み」「あなたの性格と傾向」なども教えてくれ、向いている仕事を総合的に診断してくれます。

リクナビネクスト 3分適職診断

大手転職サイトのリクナビネクストが運営する適職診断ツールです。他のツールと違い、質問数が22問、所要時間が3分と手軽に素早く診断できる点が特徴です。

「仕事選びの価値観」「あなたの隠れた性格」などを診断してくれます。じっくり分析したい人ではなく、適職診断とはどのようなものか、まずは体験してみたいという人におすすめです。

転職の際に気を付けたいこと

今の職場では仕事の疲れがなくならない、状況の改善が見込めないという場合は転職を検討します。

その際、今の職場を辞められればなんでもよい、という考えで動くのは危険です。ここでは、転職の際に気を付けたいポイントをお伝えします。

計画性をもって行動しよう

転職の際は、計画性をもって行動することが大切です。後先を考えずに仕事を辞めることはおすすめしません。適した転職時期や転職する際のリスクなど、辞める前に情報収集をしてよく考えてから行動に移すようにしましょう。

もし今の仕事が辛くてたまらないのであれば、先に退職をしてそのあとゆっくり次を考えることも1つの方法です。その場合でも、転職先を決めずに退職する場合のリスクや、退職したあとに何をするかなどは考えておく方がよいでしょう。

転職のことを考える際、自分だけでは上手く進められないときは転職エージェントに相談するのもおすすめです。転職に適した時期や必要な準備、今の自分のスキルで挑戦できる仕事なども紹介してくれます。

おすすめの転職エージェント2選

こちらでは業界の中でも最大級の案件数をもっている、おすすめの転職エージェントを2つ紹介します。今回ご紹介する2つはどちらも総合型です。

  • リクルートエージェント
  • dodaエージェントサービス
リクルートエージェント

※画像出典元:リクルートエージェント公式HP

・運営会社:株式会社リクルート
・求人案件数:公開求人17万9,709件 /非公開求人24万734件(2022年4月時点)
・対応職種:営業、経営、事務、IT・エンジニア、電気、医薬・化粧品、コンサルタント、建設など
・対応エリア:全国・海外

リクルートエージェントは、求人数が国内No.1の大規模な総合型転職エージェントです。公開求人の多さもさることながら、非公開求人数も豊富なので新たな出会いにも期待できます。

業界ごとに経験豊富なアドバイザーが在籍していることも魅力です。各業界、職種に精通しているため、経歴やスキルの価値を正しく評価してもらえます。

また、転職者に対するサポート体制の充実度は大手ならではなので、50代の転職にも効果的でしょう。

リクルートエージェントはこんな人におすすめ!

  • 国内最大級の求人数のなかから仕事探しをしたい人
  • 業界に詳しい人からアドバイスをもらいたい人
  • 大手ならではの充実したサポートを受けたい人

リクルートエージェントについて、より詳しく知りたい人はこちらの記事もおすすめです。

dodaエージェントサービス

※画像出典元:dodaエージェントサービス公式HP

・運営会社:パーソルキャリア株式会社
・求人案件数:公開求人13万399件(2022年4月時点)
・対応職種:営業、企画・管理、技術職、専門職、クリエイティブ、販売、公務員・教育、事務、医療系、金融系など
・対応エリア:全国・海外

doda(デューダ)は、転職求人サイトスカウトサービスなど、さまざまな転職支援サービスを提供する総合転職サイトです。各サービスは連携しており、併用することによってより効率的・効果的な転職活動ができます。

エージェントサービスでは、非公開求人を含めて約10万件の求人情報を持っています。業界・職種・エリアごとに詳しいキャリアアドバイザーが在籍しているため、自身の希望に合わせたアドバイスを受けられるでしょう。

また、年収査定合格診断など、「転職するかどうか迷っている」人に役立つツールもあります。ぜひ活用してみてください。

dodaエージェントサービスはこんな人におすすめ!

  • 約10万件の豊富な情報から自身に適した求人を探してほしい人
  • 転職サイトやスカウトサービスを併用して効率的に転職したい人
  • 年収査定や合格診断といったツールを利用したい人

退職の理由は上手に伝えよう

上司に退職の意向を伝える際は、伝え方が重要です。

「仕事に疲れたので辞めたい」と言うと、まだ考えなおせると思われてしまう可能性があります。スキルアップを目指しているというような前向きな理由を伝えるか、次の転職先が決まっている場合は、内定の事実を伝えるのが一番スムーズです。

嘘をついたり、会社の悪口を言ったりすることは控えましょう。退職するまでの間に気まずくなったり、不当な扱いを受ける懸念があります。

退職の意向を伝えるタイミングや、最終出勤日の時期も注意が必要です。一般的には退職の1〜2ヶ月前に申し出ることが多いですが、詳しいことは企業によって異なります。社内規程を確認し、余裕を持って申し出ましょう。

モチベーションを上げるために疲れた自分にあげたいご褒美

休職や退職までは考えていないけれど、仕事に疲れてきたのでモチベーションを上げたいという人に向けて、具体的な例を紹介します。

  • 外食
  • 旅行
  • 買い物

自分で自分のモチベーションをコントロールすることは、社会人として大切なスキルです。以下の例を参考に、ぜひ自分にご褒美をあげてモチベーションアップにつなげてください。

外食

普段食べないような美味しいご飯を食べに行くのがおすすめです。前から行ってみたかったお店に行き、美味しい料理を食べることで心も体も満たされます。何でも話せる友人と一緒に行くのもおすすめです。

外食する余裕がない場合は、普段は買わないようなお肉やお酒、スイーツなどを取り寄せるのもよいでしょう。

美味しいものを食べることで得られる特別感が、きっと次の日からの仕事への活力になるはずです。

旅行

旅行に行くのもおすすめです。国内旅行でも海外旅行でもよいので、前から行ってみたかった場所に行くことでリフレッシュになります。

気心の知れた友人や家族、恋人と行くのもよいですし、気を遣わない一人旅もよいでしょう。最近は各旅行サイトに一人旅プランも多く掲載されていますので、そうした情報を見てみるといいかもしれません。

旅行先では日常から解放され、ストレス発散になるはずです。観光や買いものを楽しむ、宿泊先でぼーっと過ごすなど、仕事のことは忘れて自分が過ごしたいように過ごしましょう。

買い物

欲しかったものを買うことで、ストレス発散になることもあります。自分が働いたお金で欲しかったものを買えるようになったという事実に、喜びを感じることもできるでしょう。

身に付けられるものを購入し、仕事中にそれを見ながら仕事をするのもおすすめです。ちょっと疲れたときにお気に入りのものを眺めることで、気持ちも明るくなるでしょう。

次は何を買おうかと考えながら過ごすことも、仕事を頑張るエネルギーにつながるはずです。

まとめ

この記事では、仕事に疲れたと感じる原因や対処法を紹介しました。

仕事に疲れたと感じる原因は1つではないかもしれません。たとえば、仕事量が多いが職場の人間関係が悪いため誰にも頼ることができず残業が続いて睡眠不足になる、それが理由で仕事の効率が落ちてまた残業…など、負のループになっている可能性もあります。

忙しすぎてリフレッシュする時間がなければずっと同じことの繰り返しで、疲れが溜まっていく一方です。周りはあなたの状態に気付かず、単に仕事ができない人だと評価されてしまう可能性すらあるでしょう。

仕事に疲れてしまったら、まずは一旦休むことが最優先です。ゆっくり休んで健康が回復したあとに、これからのことを考えるようにしましょう。

Unlace|顔出し不要・匿名でオンラインカウンセリング

メンタルヘルスで通院する時間がない人は、顔出し不要・匿名にてチャット形式で相談可能のオンラインカウンセリング「Unlace」がおすすめです。心理士資格を持った実績豊富なカウンセラーが多数在籍しています。

タイトルとURLをコピーしました