29歳からの転職は厳しい?チャンスを逃さず転職を成功させよう

転職ノウハウ

29歳になり30代を目前として、「いまの職場で働き続けていいのだろうか……」「29歳での転職は遅い?」など、転職が気になりだしてはいませんか?転職は「20代初めての転職」「30代からのキャリアアップ」など年齢で区切られることも多く、20代向けサービスなど29歳までしか利用できない転職サイトもあります。転職を検討するなら、29歳で早すぎたり遅すぎたりすることはありません。

そこで本記事は、29歳で転職するメリット・デメリットや転職成功のポイントを解説します。また、29歳向けの転職エージェントサービスもご紹介するので、転職を迷っている人や成功するか自信がない人もぜひ読んでみてください。

20代におすすめの転職エージェントを紹介したこちらの記事もおすすめです。

29歳で転職をする4つのメリット

まず、29歳で転職すると次の4つのメリットがあります。

  • 将来に期待して採用してもらいやすい
  • 未経験の業種でもまだ挑戦しやすい
  • 正社員への転職で生活が安定する
  • 経験を活かしてキャリアアップをねらえる

それぞれのメリットについて掘り下げて解説します。

将来に期待して採用してもらいやすい

20代のうちは、将来性に期待したポテンシャル採用の対象として扱われることも多いです。ポテンシャル採用とは、現在のスキルや経歴ではなく、今後の活躍や伸びしろに期待した採用のことをいいます。29歳なら、30歳以降のマネジメントを任せらせる人材として採用してもらえる可能性もあるでしょう。

一方30代になると、ポテンシャル採用の対象として扱われることは少なくなってしまいます。特に同業種・同職種での転職の場合、即戦力としての採用が基本となり、スキルに自信のない人には転職が厳しくなりがちです。

スキルや経験に自信がない場合、29歳のうちに転職活動を始めたほうがよいでしょう。

未経験の業種でもまだ挑戦しやすい

未経験の業種や職種へのキャリアチェンジに挑戦したいと考えているなら、20代のうちに転職することをおすすめします。未経験者を募集する企業もありますが、年齢を20代に限定した募集も多いです。つまり、29歳のうちは30代に比べて未経験の仕事にもチャレンジしやすいといえます。

ただし、未経験者を雇う場合、企業は教育の費用対効果を考えるものです。応募者が多い場合、20代のなかでも年齢が高い29歳はふるいにかけられることが多く、転職活動に時間がかかる場合もあります。キャリアチェンジを目指すなら、できるだけ早めの行動が肝心です。

キャリアチェンジを詳しく解説したこちらの記事もご覧ください。

キャリアチェンジとは?メリット・デメリットと成功のコツも解説
キャリアチェンジとは未経験の業界や職種にチャレンジすることです。本記事ではキャリアチェンジの具体的な意味や目的、キャリアチェンジに挑戦するメリット・デメリット、方法やタイミングもまとめました。また、おすすめの転職サービスもご紹介しています。

正社員への転職で生活が安定する

29歳で正社員転職を考えている人もいるでしょう。アルバイトや派遣社員・契約社員として働いていたものの、30代を目前として、「正社員として働いてボーナスが欲しい」「そろそろ安定した仕事に就きたい」など、正社員への転職を検討するチャンスです。

30代の転職は即戦力としての採用が多いですが、20代なら未経験求人も多くあります。また、20代の非正規雇用者向けの転職サービスもあるため、サポートを受けながら転職活動が進めやすいこともメリットです。

非正規雇用から正社員に転職すると、次のようなメリットがあります。

  • 月の収入が安定する
  • 給与が増える場合がある
  • ボーナスがもらえる
  • 福利厚生が充実する
  • 厚生年金や雇用保険へも加入できる
  • 将来設計が立てやすくなる
  • ローンを組むなど大きな買い物がしやすくなる

30代になる前に自分の働き方を見直してみるとよいでしょう。

経験を活かしてキャリアアップをねらえる

29歳でも、経験を活かしたキャリアアップ転職は可能です。29歳をポテンシャル採用の対象として見ている企業も多いですが、即戦力としてキャリアやスキルを見てくれる企業も多くあります。大卒なら7年ほど経験を積んでおり、スキルにもじゅうぶん期待できるためです。

経験を活かして年収・待遇アップを目的に転職活動をするなら、これまでの経験をアピールする必要があります。応募先の企業に活かせる経験やスキルがアピールできれば、いまの職場にいるよりも早く昇進できる可能性もあるでしょう。

29歳の転職はアプローチの仕方によって、ポテンシャル採用の対象としても即戦力採用の対象としても評価してもらうことができ、転職の選択肢が幅広いことがメリットです。

キャリアアップを詳しく解説したこちらの記事も参考にしてください。

キャリアアップの意味と3つの方法|活用したいおすすめの転職サービス3選
キャリアアップしたいと思っても具体策が浮かばず、スキルアップだけに集中してしまうことが少なくありません。キャリアアップを叶えるなら、現状と不足を客観的に把握し対策することが大切です。本記事を参考に転職の有無を含めて検討してみましょう。

29歳で転職をする3つのデメリット

対して、29歳の転職には次のようなデメリットもあります。

  • 年収が上がる保証はない
  • 他の年齢層より転職のライバルが多い
  • 実績がないと転職に時間がかかりやすい

それぞれ詳しくみてみましょう。

年収が上がる保証はない

転職を機に年収を上げたいと考えている人も多いでしょう。しかし、29歳での転職で年収が上がる保証はできません。場合によっては現職よりも給与が下がるケースもあります。

29歳までいまの仕事を続けていた場合、役職や勤続年数による手当がついていることも多いです。転職でそうした手当がなくなり、給与が下がることもあります。また、未経験の業界・業種に挑戦した場合には、試用期間が設けられ低い給与からのスタートになることも珍しくありません。

しかし、給与が下がるからといって転職を取りやめてしまうのはもったいないです。企業によっては、転職当初は給与が下がるものの昇進が早く、すぐに現職の給与を超える場合もあります。また、やりがいや仕事の内容・待遇によっては、給与が下がってもいまの仕事を続けるよりメリットが大きいこともあるでしょう。数字だけで考えず、実際に働くことを考えて自分で判断することが大切です。

転職によって年収が下がる問題を深掘りしたこちらの記事も参考にしてください。

転職で年収が下がる?2年目に上がる人の特徴や年収交渉のコツも解説
転職をすると年収が減少するのではと不安に感じている人も多いでしょう。本記事では、転職後に年収が下がるケースや、2年目以降年収が上がる人と下がる人との特徴、また年収を下げることなく転職するポイントや年収交渉のコツなどについて解説します。

他の年齢層より転職のライバルが多い

29歳の転職は、他の年齢層よりもライバルが多く苦労する人も多いです。次のグラフをご覧ください。

※参考:総務省統計局労働力調査(詳細集計)2021年(令和3年)平均結果の概要

上記は、総務省の労働力調査に基づき、2021年の年齢別転職者数とその比率をまとめたものです。全体的に年齢が高くなるにつれて転職に挑戦する比率は下がる傾向にあります。転職者数を見てみると、29歳も含まれる25~34歳が最も多いことがわかりました。転職者比率も男女計で6.0%と高水準です。

グラフから25~34歳で転職を決意する人が多く、求人倍率が上がりやすいことがわかります。ポテンシャル採用されやすい20代の若い世代のライバルも多いので、転職が決まるまでに複数社の選考を受けることも念頭に置いておきましょう。

実績がないと転職に時間がかかりやすい

29歳はある程度の実績がないと転職に時間がかかりやすい傾向にあります。先に触れたように、29歳の転職にはライバルが多いです。ポテンシャル採用求人は自分より若い世代が選ばれやすく、スキル重視の採用では実績あるライバルたちが選ばれやすいでしょう。つまり実績やスキルに自信がない29歳は、転職に時間がかかることも多いです。

いままで社会人として働いてきたなら、企業側にはなにかしらの実績を持っているものととらえられます。面接や履歴書などでアピールできる実績がないと、業務遂行力に問題があると判断され、評価が下がる恐れがあるでしょう。

小さなことでも構わないので、いままでの仕事で達成感を感じたエピソードや磨いたスキルがないか考えることも大切です。勤めたい仕事に役立つ資格取得を目指すのもよいでしょう。

転職に役立つ資格を取り上げたこちらの記事もおすすめです。

転職に有利な資格とは?幅広く役立つおすすめな資格と注意点も解説
取得していると幅広い職種・業界の転職時に効果的な資格について詳しく解説します。さらに3つの業界別に転職に有利に働く資格についても説明し、さらに資格取得の際の注意点も解説しています。これから転職する人はぜひ参考にしてください。

29歳で転職を成功させる6つのコツ

29歳の転職にはメリットだけでなくデメリットもあります。ライバルが多く時間がかかりやすいこともあり、成功を目指すには次のようなポイントを押さえることが必要です。

  • 内定をもらえるまで現職を辞めない
  • 自己分析でスキル・経験・希望の洗い出し
  • 希望条件に優先順位をつける
  • 職務経歴書で強みをアピール
  • 事前に練習して面接の緊張をなくす
  • 転職エージェントで求人探しの負担を減らす

各ポイントを詳しく解説します。

内定をもらえるまで現職を辞めない

29歳の転職では、内定をもらえるまで時間がかかることも多いです。転職をゆとりあるものにするには、現職を辞めずに転職活動を続けることをおすすめします。

現職を続けながらでは転職活動の時間が取れないと考え、仕事を辞めてしまう人も多いです。しかし、長期間に及ぶ可能性を考えると、転職活動中の生活費の心配が出てきます。金銭面で追い詰められた状態で活動していると、希望条件に合わない企業で妥協してミスマッチを招きやすいです。合わない企業への転職を避けるためにも、現職を続けておくことをおすすめします。

仕事が忙しく、転職活動の時間が取れそうにない場合には、転職エージェントの利用など効率的な活動方法に切り替えるとよいです。

自己分析でスキル・経験・希望の洗い出し

転職活動を成功させるためには、自己分析で自分のスキルや経験、希望条件を洗い出すことが大切です。自分のことがわかっていない状態で転職活動を始めてしまうと、志望動機があいまいになったり、自分に合わない企業に転職してしまったりといったデメリットが生じます。また、スキルや経歴がアピールできず、内定にもつながりにくいでしょう。

自己分析は、次のような流れでおこなうのがおすすめです。

  1. 自分の性格、趣味、志向を書き出す
  2. 現職(前職)で好んで取り組んだことや褒められた点を書き出す
  3. それらを通じて得た経験やスキル、学びを書き出す
  4. 今後やるべきことを書き出す

自分と向き合うことができれば、やり方は自由で構いません。自分がなぜ転職をしたいと思ったのか、転職先になにを求めているのかなど、具体的にとらえられるようにしましょう。

希望条件に優先順位をつける

自己分析によって転職先に求める希望条件がわかったら、それぞれの条件に優先順位をつけましょう。優先順位をつけることで譲れないポイントが明確になり、仕事探しがしやすくなります。

転職求人は多くありますが、自分の希望にぴったりの求人が見つかるとは限りません。また、29歳の転職ではライバルが多く倍率も高いため、希望どおりの求人に応募しても内定がもらえない場合もあります。

事前に希望条件に優先順位をつけておくと、譲れないポイントを押さえた仕事探しが可能です。希望に合った求人が見つからない場合に、優先順位の低い条件から外して検索でき、ミスマッチも起こりにくいでしょう。

決めた優先順位は途中で変更しても構いません。選考に進むなかで気持ちが変化することもあります。臨機応変に対応していきましょう。

職務経歴書で強みをアピール

企業に提出する職務経歴書は、自信の強みがアピールできるよう工夫して書きましょう。

そもそも職務経歴書とは、いままでの経験やスキルを記載する書類のことです。多くの求人企業で書類選考時に提出を求められます。通常A4用紙1~2枚程度で作成することが多いです。

職務経歴書では次のような内容を記入します。

  • これまでの経歴概要
  • 勤務中の企業(直近に在籍していた企業)やポジション、業務内容
  • 詳しい職務経歴・職務内容
  • 活かせる知識・スキル
  • 資格・免許
  • 自己PR
  • 退職理由や転職理由

これらを記入するうえで気を付けたいのが、応募先の企業に合わせて作成するという点です。応募先の企業や職種によって、活かせるスキルや経験は異なります。求人先のニーズに合うように自分の強みをアピールすることが大切です。また、職務経歴書が作成できる無料ツールなどもあるので利用するとよいでしょう。

事前に練習して面接の緊張をなくす

面接選考を通過するには、落ち着いていつもどおりのパフォーマンスができることも大切です。事前に練習して、面接で過度に緊張しないように努めましょう。

どれだけ話す内容を完璧に考えていても、緊張して話せないと意味がありません。受け答えを考えるだけでなく、声に出して話す練習をしておくとよいでしょう。できれば家族や友達などに面接官役を頼んで、対人で練習したほうが問題点が見つかりやすくおすすめです。

面接対策を詳しく解説したこちらの記事を参考に練習してみてください。

転職活動の面接対策を解説!マナーを守り好印象を残して内定をとろう
この記事では転職の面接で不安を抱えている人に向けて、おすすめの面接対策を紹介します。転職面接で一番はじめに重要な印象対策や、面接でよくある質問、好印象をもたれる答え方など例を挙げて解説しますので、参考にしていただき、理想の転職先の内定獲得を目指しましょう。

転職エージェントで求人探しの負担を減らす

転職活動の負担を軽減するなら、転職エージェントの利用がおすすめです。転職エージェントでは、担当するアドバイザーに希望条件やスキルを伝えることで適切な求人情報を紹介してもらえます。

また、企業との連絡、応募、面接日程の調節といった面倒な事務的業務も代行が可能です。転職者本人は応募先の選定や選考対策に集中できるため、在職中で時間がない人にもメリットが大きいでしょう。

さらに、職務経歴書など応募書類作成のアドバイスや添削、面接練習などにも対応するため、選考に向けて十分な対策ができるでしょう。

29歳向けのおすすめ転職エージェント

29歳の転職を成功させるなら転職エージェントの利用もおすすめです。そこで、29歳の転職におすすめの転職エージェント3つをご紹介します。

転職
サービス
リクルートエージェントJACリクルートメントハタラクティブ
公開
求人数
258,236件 15,020件1,170件
非公開
求人数
288,985件 非公開非公開
対応エリア全国、海外全国、海外全国
得意領域営業・販売、経営・企画、マーケティング、
事務系(経理・総務・人事)、
IT・エンジニア、
電気・機械・科学エンジニア、
医療・医薬品・化粧品、
コンサルタント、建築・土木技術など
外資系企業求人、グローバル求人、
管理職・技術職・専門職など
未経験歓迎求人、ポテンシャル採用求人
おすすめ
ポイント
  • 保有求人が豊富な総合型エージェント
  • 各業界に精通したアドバイザーが在籍
  • ハイクラス転職に強い
  • 外資系・海外企業案件が豊富
  • 20代のフリーターや新卒、第二新卒向け
  • 企業に合わせた選考対策で安心
公式サイト

それぞれ得意とする分野や特徴が異なるので、自分に合ったサービスを選びましょう。

広く転職先を探すなら「リクルートエージェント」

※画像引用元:リクルートエージェント公式ホームページ

・運営会社:株式会社リクルート
・主要対応エリア:全国、海外
・求人数:公開258,236件/非公開288,985件(2022年8月時点)
・得意領域:営業・販売、経営・企画、マーケティング、事務系(経理・総務・人事)、IT・エンジニア、電気・機械・科学エンジニア、医療・医薬品・化粧品、コンサルタント、建築・土木技術など

リクルートエージェントは大手総合型転職エージェントです。業界や職種を限定せず、幅広いタイプの求人情報を集めているため、さまざまな転職に対応しています。保有求人数は20万件を超え(2022年8月時点)、登録するとさらに豊富な非公開求人のなかから紹介が受けられます。希望条件に合った求人が見つかりやすいことはメリットのひとつです。

さらに、在籍するキャリアアドバイザーは各業界に精通したスペシャリストばかり。業界に特化したアドバイスが得られるので、効率的に内定を目指すことができます。

リクルートエージェントはこんな人におすすめ!

  • 大手転職エージェントのサービスを選びたい人
  • 豊富な求人のなかから希望条件どおりの求人を見つけたい人
  • アドバイザーによる専門的な助言を得たい人

公式サイトはこちら

キャリアアップに「JACリクルートメント」

※画像引用元:JACリクルートメント公式ホームページ

・運営会社:株式会社ジェイエイシーリクルートメント
・主要対応エリア:全国、海外
・求人数:公開15,020件/非公開件数不明(2022年8月時点)
・得意領域:外資系企業求人、グローバル求人、管理職・技術職・専門職など

JACリクルートメントは、ハイクラス・ミドルクラスの転職支援に特化したエージェントサービスです。1988年から累計で約43万人の転職を支援した確かな実績があります(2022年8月時点)。

魅力あるスキルや経験を持つ転職者への支援を軸に、管理職や技術職・専門職の転職にも対応可能です。また、運営会社は海外にもグループを持っており、外資系企業や海外企業の求人も豊富に取り扱っています。いままでの経験を活かしてキャリアアップを目指したい29歳におすすめのサービスです。

JACリクルートメントはこんな人におすすめ!

  • キャリアアップを目指したい29歳
  • 実績あるエージェントを選びたい人
  • 外資系・海外求人に興味がある人

公式サイトはこちら

正社員を目指すなら「ハタラクティブ」

※画像引用元:ハタラクティブ公式ホームページ

・運営会社:レバレジーズ株式会社
・主要対応エリア:全国
・求人数:公開1,170件/非公開件数不明(2022年8月時点)
・得意領域:未経験歓迎求人、ポテンシャル採用求人

初めての正社員転職や未経験業界・職種への挑戦ならハタラクティブがおすすめです。ハタラクティブは、20代の転職・就職サポートに特化しています。未経験求人を取り扱う企業との連携を深めており、初めての転職でも最短2週間で内定を得られるケースも珍しくありません。

ヒアリングで適性のある仕事を見つけてくれるので、やりたいことがわからない人や自分の強みが見つからない人にもおすすめです。また、受ける企業に合わせて1社ずつ面接対策があるため内定率も高くなります。

ハタラクティブはこんな人におすすめ!

  • 初めて正社員を目指す人
  • 未経験の仕事へのキャリアチェンジを目指す人
  • やりたいことや自分の強みがわからない人

公式サイトはこちら

29歳で転職活動を始める前に知っておくべき知識

記事の終わりに、29歳で転職活動を始めるうえで知っておきたい・考えておきたいことをまとめました。転職で後悔しないよう、慎重な判断をおすすめします。

安易な転職は失敗のもと

まず、具体的な転職活動を始める前に、どうして転職したいのかいま一度考える必要があります。転職を考えた理由によっては、現職で解決したほうがメリットが大きい場合も多いです。衝動的に安易な転職をすると後悔や失敗につながりやすいため慎重に判断しましょう。

例えば、職場の人間関係に問題がある場合は部署異動、給料の少なさが原因なら給与交渉、ワークライフバランスを取りたいなら時短勤務に変えるなど、いまの職場のままでも取ることのできる選択肢は豊富です。

そもそも転職には、ミスマッチによる早期退職・転職や年収ダウンの恐れといったリスクがつきまといます。現職に不満があるからとすぐに転職を決意せず、現職のままでできることがないか考えてみましょう。

転職に失敗する理由と対処法はこちらの記事をご覧ください。

転職に失敗する7つの理由とは?成功のコツと後悔したときの対処法
せっかく転職をしても、入社後にミスマッチに気が付くケースは珍しくありません。本記事では、よくある失敗事例からわかった転職に失敗する理由7つと、転職を成功させるポイントをまとめました。また、転職を失敗したときの対処法についてもご紹介します。

年齢制限を設けている企業もある

29歳の転職は一般的に見て遅すぎることはありませんが、企業によっては年齢制限に引っかかる場合もあります。年齢によって希望する企業に応募できないこともあると覚えておきましょう。

転職が活発におこなわれるなか、社員の長期的なキャリア形成を目指す企業も増えています。20代から教育を進め、マネジメント力など管理職に必要な能力の獲得を目指します。そうした企業では、29歳からの採用では教育が間に合わない・費用対効果が低いとみなされ、採用の確立が下がるでしょう。例えば、公務員求人は年齢上限が25歳のケースも多いです。

しかし、一部の求人の年齢制限に引っかかるからと、転職を見送ることはありません。年齢に関係なく自分のポテンシャルや強みを評価してくれる求人を見つけ、内定を目指すようにしましょう。

転職回数と内定の難易度

これまで数回転職を経験している人もいるでしょう。転職の回数や頻度によっては内定の難易度に関わる場合があります。

転職回数があまりにも多い場合、安易な転職を繰り返している人と思われて内定の難易度が上がる可能性があるでしょう。ただし、単純に転職回数が多ければ落ちやすい、少なければ受かりやすいというわけではありません。回数が多くても、転職によってキャリアを積み重ねている場合や、前向きな転職の場合には高い評価が得られる可能性もあります。

反対に、短期間で転職を繰り返している場合には内定に不利に働くかもしれません。また、引越しなどやむを得ない事情による転職なら、結果にさほど影響しないので安心してください。

年代別に転職回数の平均を紹介したこちらの記事もおすすめです。

【年代別】転職回数の平均は?多いと不利になる理由と転職成功のコツ
「転職回数が多い場合、次の転職で不利にならないか」と、心配していませんか。そこでこの記事では、年代別の平均転職回数や転職回数が多いと転職で不利になるのか、転職に成功する人の特徴、転職回数が多くても不利にならない対策などを解説します。

まとめ

29歳は、30代を前にこれまでのキャリアや将来のキャリアプランを考えやすい年齢です。いまの職場での将来が心配になったり、さらなる躍進を目指したくなったりと、転職を考える人も多いでしょう。

29歳の転職は、20代としてポテンシャル採用の対象とみなされ、未経験の仕事にも挑戦しやすい、正社員転職が目指せる、キャリアアップもねらえるなど、メリットが多数あります。しかし、ライバルが多く転職活動に時間がかかりやすい点や、年収が下がる可能性がある点など、デメリットも見逃せません。

29歳の転職を成功させるなら、明確な自己分析やわかりやすい応募書類の作成、面接練習など、入念な準備が必要です。転職エージェントを活用して効率的に進めるのもよいでしょう。本記事を参考に、後悔のない29歳の転職を目指してみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました