仕事のしすぎでオーバーワーク?原因や症状を知って対策しよう

おすすめ転職エージェント

オーバーワークを直訳すると「働きすぎ」という意味で、仕事においては残業や休日出勤などによる長時間労働を指します。「仕事はそういうもの」という固定観念から、当たり前のことだと考えている場合には、オーバーワークによる害が知らずのうちに身体を蝕んでいるかもしれません。

仕事の疲労から「自分の時間が取れない」「眠れない」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。オーバーワークが重なると、健康や仕事の効率の対しても悪影響を及ぼします。

この記事では、オーバーワークによって現れる症状や影響のほか、働きすぎになる原因を詳しく解説します。対処法も紹介するので、自分の体調・精神面の変化や置かれている環境に思い当たる節がある人は、ぜひ参考にしてください。

転職活動を始める前に、自分の市場価値を測ってみたい人は、dodaの『年収査定』がおすすめです。

dodaの年収診断を使うと…

  • 186万人」の転職者ビッグデータから「機械学習」で高精度に算出
  • あなたの適正年収がわずか3分で分かる
  • 査定結果をもとに、本当の年収に合った求人情報をdodaで探せる

dodaの年収診断は無料で気軽にできますので、少しでも気になったら登録して年収査定をしてみましょう。興味がある人は公式サイトから登録フォームに進んでください。

dodaの登録はこちら!(無料)

オーバーワークには2つの意味がある

オーバーワークには「働きすぎの過労状態」と「筋トレのしすぎによる疲労感」という2つの意味がありますが、今回取り上げるのは前者です。

日本の労働時間は諸外国と比べて高い傾向にあります。次のグラフは厚生労働省がまとめた「平成30年度 我が国における過労死等の概要及び政府が過労死等の防止のために講じた施策の状況」から抜粋したものです。

※引用元:厚生労働省平成30年度 我が国における過労死等の概要及び政府が過労死等の防止のために講じた施策の状況

過労死ラインは月80時間以上の残業といわれていますが、そもそも労働時間の上限は1週間あたり40時間です。これは1919年の国際労働機関の総会で示された「国際的労働基準」に基づく時間ですが、日本でも労働基準法第32条で定められています。

また、オーストラリアの研究者が2017年に発表した研究では、週39時間以上の労働が健康にリスクをもたらすことを示しています。具体的な健康リスクは不整脈・心房細動・脳卒中・糖尿病などです。

編集部

研究は各国で行われており、週40時間を超えたときに健康リスクが高まる結果が少なくありません。

つまり、過労死ラインに達していなくても、週40時間を超える労働が続けばオーバーワークになりかねないということです。また健康的に働ける時間や働き方には個人差があるため、40時間未満なら安心というわけでもありません。

オーバーワークが引き起こす症状や影響

「自分はまだ大丈夫」と思っていても、実際にはオーバーワークに陥っている恐れがあります。

肉体の体調だけでなく、精神面の不調も健康を害します。「眠れない」「体調不良だ」「病気かも」と感じる場合には注意しましょう。

オーバーワークが体調面と精神面に及ぼす影響を紹介します。

体調面:慢性的な疲労感、体調不良

体調面の症状の代表例は、慢性的な疲労感と体調不良です。細分化すると次のようなことが挙げられます。

  • 朝すっきりと起きられない・不眠・眠気が続く
  • 気だるい・虚脱感がある
  • 免疫が低下し風邪をひきやすい
  • 肌が荒れる・口内炎ができる
  • 食欲不振・消化不良・胃がムカムカする
  • 微熱がある・低体温
  • 頭痛・肩こり

最初は肩こりや気だるさだけだったとしても、オーバーワークが続くことで食欲不振や不眠に陥り、さまざまな症状が現れはじめることも少なくありません。

精神面:イライラ、神経過敏

オーバーワークはストレスが溜まる要因なので、そのままにしていると精神面にも影響が現れます。具体的には次の通りです。

  • 小さなことでイライラする
  • 人と会うのが面倒くさくなる
  • やる気が起きない
  • ネガティブになる
  • ぼーっとすることが多くなる
  • 寂しさや悲しさが急に襲ってくる
  • 落ち着かない
  • 理由のない不安・焦り
  • 好きだったことをしても楽しくない
  • 浪費が増える
  • 乱暴な言動が増える
  • 聴覚過敏(小さな音が気になるなど)

このような精神面の症状によって不眠や食欲不振、運動不足などが生じる恐れもあります。

仕事の生産性が低下する

体調・精神ともに健康状態でなければ、効率的な仕事をするのは不可能といえるでしょう。頑張ろうとしても短時間でやる気がそがれ、業務に集中できなくなります。

また、イライラやネガティブな思考によって他者との関係が悪くなり、チームや部署全体の生産性を低下させるケースもあります。

編集部

遅れた仕事を巻き返すために残業を増やそうとすれば、負のスパイラルに陥ります。

従業員のほとんどがオーバーワークだと非効率な状態が通常化し、生産性の低下に気づきにくい側面もあります。

オーバーワークとなる原因や環境

ここでは、オーバーワークになる原因や環境を、職場の問題と自分自身の問題に分けて詳しく解説します。

職場環境・企業風土の問題

会社は労働基準法に従う義務があり、会社ごとに服務規程もあります。

しかし、明文化されたルールが過労を回避する内容であっても、暗黙のルールや圧力などによって、オーバーワークが生じやすい環境ができあがってしまうことも少なくありません。

慢性的な人員不足

業務量と従業員数が合っていなければ、慢性的な人材不足の状況に陥ります。このような状況に陥る要因として、いくつか例を見てみましょう。

  • 仕事を獲得する立場の人が会社で請け負える業務量を把握していない
  • 後輩や部下を育てる制度が整っておらず、人数に見合った業務量をこなせない
  • スケジュールに余裕のある納期を設定できない
  • 専門性の問われる業種で市場全体が人材不足
  • 離職率が高い

人数がどれだけいても、タスクに見合った人材がそろっていなければ人材不足といえます。

編集部

特に、離職率が高い会社は、労働環境などの問題が隠れている可能性があります。

仕事を教える立場の人にタスクが集中し、新人も十分な教育を受けられないため、従業員全体がオーバーワークになりやすいでしょう。

完全な休みが取りづらい

求人票に「土日祝日休み」「完全週休2日制」と書いてあっても、実際は休日がほとんどない会社もあります。そうなってしまう要因の例を見てみましょう。

  • 顧客・取引先・従業員との連絡に個人の携帯電話を使っている
  • 納期前などの土日祝日対応が多い
  • 長時間労働・頑張ることが美徳という企業風土がある
  • 定時後の連絡が多い
  • 会社とプライベートを切り分けづらい企業風土

個人の連絡先を仕事でも使っていると、休日に電話やメールに対応しなければならなくなります。いつ電話が鳴るかわからず、精神的に追い詰められやすい状況です。

ほかにも仕事上の人付き合いがプライベートの時間を潰すこともあります。休日に開かれる強制参加のバーベキューパーティーや上司とのゴルフ、取引先との飲み会などです。このようなイベントを楽しめる人には向いていますが、苦行に感じられる人にとってはストレスでしょう。

無駄な仕事や会議が多い

業務量はそれほど多くないのに、無駄な仕事や会議が多ければ定時までにタスクをこなせなくなります。具体例は次の通りです。

  • 効率化できるツールがあるのに頑なに導入しない
  • 1つの書類申請に対して数多くの上司の承認印が必要
  • 長すぎる朝礼・終礼
  • 「とりあえず集まりましょう」という議題のない謎の会議が多発
  • 会議出席者の雑談・全員には関係のない話が多い

たとえば計算を電卓で行い、エクセルに手入力する業務は無駄です。しかし保守的な社員の発言力が大きいと、指摘での改善は難しいでしょう。議題のない会議も同様です。進めることを面倒に思われる場合もあります。

1日の労働時間を8時間として、無駄な仕事や会議に3時間消費されれば、5時間でタスクをこなさなければなりません。1人の作業時間を1日8時間としてタスクが割り振られていれば、確実にオーバーワークになってしまいます。

社内の人間関係が悪い

人間関係の悪さは、さまざまなことに悪影響を及ぼします。具体例は次の通りです。

  • パワハラ上司による罵声や理不尽な要求に、時間を消費され体力も消耗される
  • 責任者が不在で誰もが好き勝手に仕事をしている
  • 社員同士の情報共有がしづらく、トラブルが頻発する
  • 新人いじめがひどく離職率が高い
  • 成果主義が強すぎて足の引っ張り合いをする

社員同士が協力すれば早く終えられる仕事も、個人でなんとかしなければならない状況だと、無駄な時間を消費して疲弊してしまうでしょう。

また雰囲気がギスギスしていると誰かに相談もできず、精神的なダメージが大きくなっていきます。

自分自身の問題

多くの従業員がオーバーワークではない場合は、自分自身の問題を疑ってみましょう。主なポイントは次の2点です。

  • スケジュール管理不足
  • 自分のキャパシティを把握していない

スケジュール管理不足

自分が抱えているタスクのスケジュール管理ができていないと、期限に追われて連日の残業になりかねません。次のような人は要注意です。

  • 「やっておいて」と言われたものから手をつける
  • 振られたタスクの期限・締め切りを確認しない
  • タスクの完了に必要な業務フローを忘れている
  • 締め切りギリギリにならないとやる気が出ない
  • 自分が抱えているタスクの情報を他者に共有しない

期限を確認しないと締め切り間近の仕事を後回しにして、急がなくてもよい仕事から始めてしまうことがあります。また1つのタスクを完了するために必要な業務フローの見落としも、注意すべきポイントです。

たとえば、5日後までに稟議承認が必要なタスクがあるとします。平均3日かかるとすると、タスクを振られたその日のうちに稟議書を提出してもギリギリのスケジュールです。スムーズに進めるためには、承認者への事前連絡も必要になるでしょう。

このように自分が頑張れば終わるかどうかだけでなく、関わる人の時間の確保まで考えなければスケジュール管理はできません

自分のキャパシティを把握していない

作業スピードや同時に処理できるタスクの数には個人差があります自分のキャパシティを把握せずに仕事を安請け合いすると、残業が続くことになるでしょう。

たとえば、タスクを割り振る担当者にとって「2時間くらいで終わる仕事」を引き受け、実際には3時間かかったとしましょう。1つのタスクだけであれば1時間の誤差なので、それほど大きな問題ではないかもしれません。

しかし、同じような仕事を複数抱えていると、長時間の残業をしなければタスクをこなせなくなります。残業しないと片づけられないような仕事量や仕事内容は、自分にとってキャパオーバーということです。

オーバーワークになりやすい人とは

オーバーワークになりやすい人の特徴とオーバーワークになる理由は次の通りです。

オーバーワークになりやすい人の特徴オーバーワークになる理由
頼まれたら断れない
  • キャパオーバーだとわかっていても引き受けてしまう
  • 断るよりも残業するほうが楽だと考える癖がついている
完璧主義
  • 自分が納得するまで情報共有しないため、他者から間違いを指摘される機会が少ない(軌道修正に時間がかかる)
  • 自分では完璧だと思っているため、リテイク対応の期間を考慮できない
責任感が強く真面目
  • 他者に協力を頼めば早く終わる仕事でも、1人でやろうとしてしまう
  • 他者にも過剰な責任感を求めてイライラし、業務効率が下がる
  • 休日も仕事をしてしまう
周りに相談できる人がいない・相談が苦手
  • 限界まで頑張って燃え尽きてしまう(バーンアウトシンドローム)
  • 情報共有をおろそかにし、他者のミスを誘発して自分の残業も増える
スケジュール管理が苦手
  • 急ぎではないものから手をつけて、急ぎの仕事の期限に追われる
  • 後回しにしたタスクを忘れ、ほかのタスクを引き受けてしまう
スキル不足
  • 同じタスクでも他者より時間がかかり、残業しがち
  • ミスが多く修正に時間がかかる
自己分析ができない
  • 自分のキャパシティを超えた仕事量を引き受けてしまう
  • 自己評価が低すぎて、他者より頑張らなければと思い込む

自身のオーバーワークの原因となるだけでなく、このような特徴を持つ人が上司になることでもリスクは増大します。

部内のキャパシティを超える仕事量を無計画に持ってきたり、作業が進まないことへの苛立ちから、部下に対して責任追及の罵声を浴びせたりする恐れがあります。

オーバーワークを防ぐ対処法

会社全体がオーバーワーク傾向なら転職をおすすめしますが、改善の余地がある場合は対処法を実践してみましょう。

仕事を断る勇気を持つ

自分のキャパシティやスケジュールを把握し、無理な期日や仕事量の場合は断る勇気を持ちましょう。

「相手の期待を裏切りたくない」「人間関係を壊したくない」と思うかもしれませんが、断れずにオーバーワークを続けると、予測できないタイミングで倒れてしまう恐れも。

編集部

倒れると引継ぎもできず、仕事を断るよりもはるかに周囲へ迷惑をかけることになるでしょう。

また、自分が先輩社員や上司である場合は、後輩や部下も仕事を断りづらくなるため要注意です。部署全体がオーバーワークになれば、業務効率が低下して悪循環に陥ります。

仕事に優先順位をつけて効率化をはかる

自分が抱えている仕事に優先順位をつけて管理するために、次のような手順を参考にしてみましょう。

  1. 振られたタスクの期限・締め切りを確認する
  2. タスクにかかる時間・必要なスキル・人材を見積もる
  3. ほかに抱えているタスクと比較して優先度をつける
  4. 抱えているすべてのタスクの量と内容を常に把握しておく

タスクを割り振る人が期限を指定しないときは、自分から確認することが大切です。そのうえで、タスクにかかる時間やそのほかに抱えているタスクの優先度などをチェックして、期限内に間に合わないようであれば理由を説明して断りましょう。

周囲や社内の相談窓口などに相談する

オーバーワークであることを、同僚・先輩社員・上司・人事・社内通報窓口などに相談してみましょう。解決を目指せればベストですが、まずはも自分の現状を知ってもらうことに大きな意味があります

一部の人だけがオーバーワーク気味の職場の場合は、周囲の人にとっては単なる仕事好きに見えている可能性があるからです。

編集部

オーバーワークによる不調や、業務効率の低下を伝えれば、認識を改めてくれるでしょう。

また相談相手によっては仕事を手伝ってくれたり、制度・人材配置の見直しに向けて動いてくれたりする可能性もあります。

十分な睡眠・栄養バランスのよい食事・適度な運動

睡眠・栄養・運動は健康に過ごすために欠かせないものです。オーバーワークによる不眠・食欲不振といった症状があり、運動する時間がない場合も、どれか1つだけでも改善する努力をしてみましょう

睡眠での対策

睡眠に関連して取り組みやすい方法は次の通りです。

  • 寝心地のよい寝具に替える
  • リラックスできるアロマを取り入れる
  • 寝るときは腹式呼吸を意識する

栄養での対策

栄養面では次のような対策をおこなえます。

  • 寝る直前の食事・飲酒・カフェインの摂取を避ける
  • 野菜や魚などをしっかり食べる(糖・脂に偏らない)
  • 食事が取れないときは栄養サプリやドリンクを飲む

運動での対策

次の2つのような軽い運動も有効です。

  • ラジオ体操レベルの軽い運動を続ける
  • 長時間のデスクワークでは定期的にストレッチをする

疲れ切っていると小さなことでも面倒に感じられますが、続けることができれば体調や精神面において改善が見られるでしょう。

自分らしく働ける職場を探すなら!おすすめの転職エージェント3選

会社全体でオーバーワークな雰囲気があったり、個人でできることを試しても状況の改善が見られない場合は、転職も検討しましょう。ここでは求職者の幅広いニーズに応えられるおすすめの転職エージェントを3つ紹介します。

転職エージェントサービス
サービス名リクルートエージェントdodaエージェントパソナキャリア
求人数
(2022年11月時点)
公開求人310,866件
非公開求人280,984件
公開求人171,387件公開求人38,084件
対応エリア全国・海外全国・海外全国
得意な業種IT、サービス、メーカー
専門コンサル、マスコミ、商社
金融、不動産、流通など
営業、企画・管理、技術職
専門職、販売、公務員、教育
事務、医療系、金融系など

製造業、商社、流通、IT
マスコミ、金融、不動産、物流
コンサル、医療、教育、環境など

雇用形態正社員、派遣、契約正社員、契約社員、
FCオーナー、業務委託など
正社員、リモートワークOK
フレックス制度
特徴業界トップクラスの求人数転職サイトやスカウトサービスを併用リモートワークOKの案件も豊富
公式サイト

エージェント別に特徴や強みを解説していきます。

リクルートエージェント|業界トップクラスの圧倒的な求人数

※画像出典元:リクルートエージェント公式HP

運営会社株式会社リクルート
求人数:公開求人310,866件 /非公開求人280,984件(2022年11月時点)
対応エリア:全国・海外
・得意な業種:IT、サービス、メーカー、専門コンサル、マスコミ、商社、金融、不動産、流通など
・特徴:公開、非公開ともに業界トップクラスの求人数
・公式サイト:https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、求人数が業界トップクラスの総合型転職エージェントです。

公開求人の多さもさることながら、非公開求人数も豊富なので新たな出会いにも期待できます。

業界ごとに経験豊富なアドバイザーが在籍していることも魅力です。各業界、職種に精通しているため、経歴やスキルの価値を正しく評価してもらえます。

自分のスキルを正しく評価してもらい、相性のよい仕事を紹介してもらうことでオーバーワークを未然に防ぐような環境へ移ることも有効な選択肢のひとつです。

リクルートエージェントはこんな人におすすめ!

  • 国内最大級の求人数のなかから仕事探しをしたい人
  • 業界に詳しい人からアドバイスをもらいたい人
  • 大手ならではの充実したサポートを受けたい人

リクルートエージェントについてより詳しく知りたい人は、こちらの記事もおすすめです。

dodaエージェント|豊富なサービスと丁寧なサポート

※画像出典元:dodaエージェント公式HP

・運営会社:パーソルキャリア株式会社
・求人案件数:171,387件(公開、2022年11月時点)
・得意な職種:営業、企画・管理、技術職、専門職、販売、公務員・教育、事務、医療系、金融系など
・対応エリア:全国・海外
特徴:年収査定や合格診断などサービス・ツールが豊富
・公式サイト:https://doda.jp/

doda(デューダ)は、転職求人サイトスカウトサービスなど、さまざまな転職支援サービスを提供する総合転職サイトです。

各サービスは連携しており、併用によってより効率的・効果的な転職活動ができます。

エージェントサービスでは、非公開求人を含めて約10万件の求人情報を持っています。

業界・職種・エリアごとに詳しいキャリアアドバイザーが在籍しているため、自身の希望に合わせたアドバイスを受けられるでしょう。

また、年収査定合格診断など、「転職するかどうか迷っている」人に役立つツールもあります。オーバーワークをしない働き方を考えるうえでも、活用を検討するとよいでしょう。

dodaエージェントサービスはこんな人におすすめ!

  • 約10万件の豊富な情報から自身に適した求人を探してほしい人
  • 転職サイトやスカウトサービスを併用して効率的に転職したい人
  • 年収査定や合格診断といったツールを利用したい人

パソナキャリア|リモートワークOKやフレックス制度の求人も豊富

※画像引用元:パソナキャリア公式HP

運営会社株式会社パソナ
求人数:38,084件(公開求人数、2022年11月時点)
対応エリア:全国
得意な業種製造業、商社、流通、IT、マスコミ、金融、不動産、物流、コンサル、医療、教育、環境など
・特徴:リモートワークの求人数が豊富
・公式サイト:https://www.pasonacareer.jp/

パソナキャリアは、派遣大手の株式会社パソナが運営する転職エージェントです。

ハイクラス転職の実績も豊富で、年収アップやキャリアアップを数多く実現しています。

リモートワークの求人数が豊富にあり、通勤ストレスを解消したい、会社の外の環境で働きたいという人にもおすすめのサービスとなっています。

リモートで仕事をすることで無駄を省けば、オーバーワークを防ぐことにもつながります。

業界ごとに専任のコンサルタントから親身なキャリアカウンセリングを受けることもでき、顧客満足度の高さも特徴的です。

パソナキャリアはこんな人におすすめ!

  • 年収アップ・キャリアアップを目指している人
  • リモートワークの求人を探したい人
  • 顧客満足度の高いエージェントを利用したい人

公式HPはこちら

オーバーワークに関するQ&A

最後にオーバーワークが改善されないときの対策と、関連した用語の「バーンアウトシンドローム」を解説します。

オーバーワークが改善されない場合の対策は?

自分の努力だけではオーバーワークを改善できない場合には、会社が変わることを待っていると症状が悪化する恐れがあります。自分の体調・精神面の不調を見つめ直し、限界が近いのであれば転職活動を検討してみましょう。

転職活動を迅速に進めたいなら、フルサポートを受けられる転職エージェントの利用がおすすめです。自己分析のアドバイス・転職先の紹介・面接の日時設定・条件交渉などを専門スタッフに任せられます。また、公開求人にはない高待遇・高収入の非公開求人を紹介してくれることもあります。

編集部

転職活動を始める場合は現在の職場に知られないように注意しましょう。

転職活動の結果、現職を続けることを決めたときに居心地が悪くなってしまうだけでなく、強引な引き止めや嫌がらせをされるリスクもあります。

転職エージェントの利用を検討したい人にはこちらの記事もおすすめです。

【プロ厳選】転職エージェントおすすめ15選を比較!求人数ランキングや選び方も解説【利用者392人の声も紹介】
利用する転職エージェントを迷っている人に向けて、専門家厳選のおすすめサービス15選を紹介します。公開求人数ランキングや信頼できるエージェントの選び方も解説しているので、ぜひ参考にしてください。

バーンアウトシンドロームってなに?

「燃え尽き症候群」とも呼ばれる症状です。医学では「うつ病」の1種とされており、突然かつ急激にやる気を失う状態を指します。バーンアウトシンドロームになりやすい人は次の通りです。

  • 1つの物事に集中して取り組んでいる人
  • モチベーションが高い人
  • ストイックな人
  • 息抜きの方法を知らない人

また、バーンアウトシンドロームが現れやすいタイミングは次の通りです。

  • 努力に見合った成果・評価が得られなかったとき
  • 大きな目標を達成し、次に目指すものがなくなったとき

頑張りすぎている人が、頑張らなくてよい状況に放り出されたときに起こりやすいといえます。急激な変化を引き起こさないためには、仕事以外のことにも目を向けて定期的にストレスを解消していくことが大切です。

まとめ

オーバーワークは体調面・精神面・業務効率のいずれにおいても悪影響を及ぼします。とくに、会社全体でオーバーワークが状態化している場合は、自身の変化や仕事の効率の低下に気づかないまま、負のスパイラルに陥っている恐れがあります。

まずは自分のことを冷静に見つめ直し、今の状態が本当に健康的といえるのか考えてみましょう。この先数年間、同じ状態で働き続けられるかどうかが大切なポイントです。

そこで自分がオーバーワークであるとわかったら、さまざまな対処法を試してみてください。それでも改善されなければ会社自体に問題がある可能性が高いため、転職をおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました