[PR]

会社員には向いていないかも?向いていない人の特徴や対処法を解説

転職ノウハウ
本ページはプロモーションが含まれています。

日本社会で会社員として働くことは、ごく一般的です。一方で会社員はさまざまな制約があり、「自分は会社員が向いていないのではないか…」と感じてしまう人は少なくありません。

会社員は、多くある働き方のうちの一つ。そのため会社員が向いていない人は、他の働き方ができる仕事を探すこともできます。一方で会社員には、他の働き方にないメリットがあるのも事実です。

そこでこの記事は、会社員に向いていない人の特徴や、会社員として働くメリット会社員に向いていない場合の対処法などを幅広く紹介します。

今の自分の年収は適正なのか?」「他の会社だったらいくらもらえるのか?」と気になりませんか?無料で簡単に自分の市場価値を知るならビズリーチに登録するのがおすすめです!

スキマ時間に登録しておくだけで、企業からスカウトを受け取れます。スカウトのあった企業の規模や年収で、自分の市場価値を見極められるでしょう。

編集部
編集部

ビズリーチの強みはこちら!

・会員登録するだけでスカウトが届く
好待遇な求人が豊富
転職後の平均年収は840〜960万円

口コミでも「思ってもみなかった好待遇のスカウトが来た」「自分がもらっている給料が、市場では安いことがわかって転職の決断ができた」との声が多いため、興味がある人は一度登録してどんなスカウトが来るか見てみましょう。

ビズリーチ
登録はこちら(無料)

公式サイト:https://www.bizreach.jp/

自分のキャリアについて悩んでいる人は、ビズリーチとあわせて「キャリアコーチング」の無料カウンセリング相談を受けると良いでしょう!

キャリドラは「キャリアアップしたいけど、やり方がわからない」人に向いているキャリアコーチングで、マンツーマンでキャリアに関するサポートが受けられ、自分のキャリアの軸が見つかります。

編集部
編集部

キャリドラの強みはこちら!

・年収アップ、キャリアアップを目指せる自分用のカリキュラムを作成
完全オンラインで全国どこでも受講できる
ハイクラス転職に成功した現役のトレーナーによるコーチング

キャリドラ
無料カウンセリングを受ける

公式サイト:https://careerdrive.jp/

会社員に向いていない人の特徴

会社員という働き方に向いていない人の特徴を紹介します。

  • 個人で行動するのが好き
  • 仕事ができない人にイライラしてしまう
  • 組織のしきたりやルールに縛られるのが苦手
  • 理不尽なことにストレスを感じる
  • 時間に縛られるのが苦手
  • 無意味な作業をしたくない
  • やりたいことや叶えたい夢がある

これらに当てはまる場合は、会社員以外の働き方ができる仕事に転職することも視野に入れましょう。

個人で行動するのが好き

会社は複数の人が集まり目標に向かって仕事を進める組織です。

特殊な業種やポジションを除き、基本的にはチームで取り組みます。そのため、他者と関わることが苦手な人自分のペースで働きたい人など、個人で行動するのが好きな人にとっては会社員は向いていないでしょう。

仕事ができない人にイライラしてしまう

会社にはさまざまなバックグラウンドの人が社員として集まります。

得意不得意は人それぞれなため、同僚や部下、上司に対して「仕事ができない」と感じてしまうこともあるかもしれません。

そのような人に対して不満やストレスを強く感じてしまうタイプの人は、会社員には向いていない傾向にあります。

組織のしきたりやルールに縛られるのが苦手

会社には、さまざまな慣習やルールがあります。

歴史のある会社に多く見られる傾向ですが、比較的新しい企業にもこのような決まりごとは存在します。会社という組織の一員である以上、規則(ルール)やしきたりに従うことが求められます

一方でこれらの規則は時に無意味であることもあり、納得できない人もいるでしょう。そのような人にとって、会社員という働き方はあまり向いていないかもしれません。

理不尽なことにストレスを感じる

会社員として働いていると、理不尽なことに直面することは避けられません。

  • 指示や前例に従ったのに叱責される
  • 上司に嫌われると出世しづらい
  • 成果を出しているのに給与が上がらない

など枚挙に暇がありません。これらの理不尽にストレスを感じる場合、会社員は向いていないでしょう。

無意味な作業をしたくない

会社員として働いていると、ときに無意味な作業をする必要があります。

たとえば

  • 業務や業績に結び付かない会議、報告文書の作成
  • 出席する必要のない研修、打合せへの出席
  • AIや外注でもできるデータ入力
  • ほかの社員に合わせた残業

などが挙げられます。

これらの作業をすることに強い違和感を覚える人は、会社員という働き方は向いていないと言えます。

やりたいことや叶えたい夢がある

やりたいことや叶えたい夢があり、それを実現したいという強い意思がある場合、会社員は向いていない可能性があります。

実現したい内容によっては、会社員を続けていては実現不可能だったり、遠回りになってしまったりすることがあります。また会社で一番に追及すべきは会社の利益なので、自分の夢の実現を最優先に行動するのは難しいでしょう。

会社員に向いていないと思いながら働き続けるとどうなる?

会社員に向いていないと思いながらも会社員として働き続けた場合、さまざまな支障をきたします。

  • 自己肯定感が下がる
  • ストレスが溜まり、心身に影響が出る
  • 将来後悔する

それぞれの結果を見ていきましょう。

自己肯定感が下がる

まず一つ目に、自己肯定感が下がってしまう現象が見られます。

仕事や働き方には向き不向きがあり、会社員はそのうちの一つですが、会社員はもっとも一般的な働き方とも言えます。そのため「会社員が向いていない=仕事が出来ない」と勘違いしがいしてしまう方もいるでしょう。

結果的に、自分が会社員に向いていないと思いながら働き続けると、自分は仕事が出来ない人間なんだ」という思考になり、自己肯定感が下がりがちです。

ストレスが溜まり、心身に影響が出る

会社員に限らず、向いていない仕事を続けることはストレスにつながります

日常生活で発散仕切れないほど大きなストレスになると、腹痛や脱毛、肌荒れといった身体的な症状、さらにうつ病につながる可能性も十分にあるでしょう。

また、買い物やマッサージなどでストレス発散をする人にとっては、ストレス発散のための費用がかさむことも影響の一つと言えます。

将来後悔する

3つ目は少し抽象的ですが「将来後悔する」です。

自分に向いていない仕事を続けることは、自己実現から遠のきます。さらに自分に向いていない仕事をしていると、新しいことを始めるエネルギーも湧きづらくなります。

つまり、向いていない人が会社員を続けると、やりたいことに取り組めずに時間だけが過ぎ、いつの間にか歳をとっていた、というような将来にもなりかねません。

会社員として働くメリット

会社員以外の働き方は、フリーランスやフリーター(アルバイトなど)などの選択肢があり、会社員が向いていない場合はこれらの働き方に転向することもできます。しかし会社員でしか受けられないメリットもあるのも事実です。

ここでは会社員として働くことのメリットを3つご紹介します。

  • 収入・雇用が安定している
  • 社会保険の保障が手厚い
  • 福利厚生が充実している

収入・雇用が安定している

会社員の最大のメリットは、毎月一定の給与がもらえることと、雇用が安定していることでしょう。

フリーランスやフリーターの収入は、会社員と比べて不安定になりがちです。体調不良などの都合で思うように働けなかった場合の収入保障は基本的にありません。さらに不況の時などは雇用や業務委託の契約を打ち切られる可能性もあります。

一方で会社員は毎月の給与やボーナス、手当などを安定して受け取れます。さらに正社員の場合、会社都合で労働者を解雇できるのは限られたケースのみで、雇用の安定性も高いといえます。

社会保険の保障が手厚い

会社員は原則として社会保険に加入します。

社会保険には、

  • 健康保険
  • 厚生年金
  • 雇用保険
  • 労災保険
  • 介護保険

が含まれており、保険料は会社と社員が折半することになっています。

一方でフリーランスやフリーターの場合、これらの保険には基本的に各自で加入し、保険料を納める必要があります。なおフリーターは労働時間が一定の基準を超えているなどの条件を満たせば、社会保険に加入できます。

福利厚生が充実している

社会保険や有給休暇など法で定められている福利厚生のほかにも、多くの企業では社員のために法定外の福利厚生制度を設けています。

たとえば、

  • 家賃補助
  • 通勤手当
  • 家族手当
  • 人間ドック補助
  • 特別休暇制度
  • 社員食堂、食事代補助
  • 結婚・出産などの祝い金
  • 旅行やレジャーの割引

などが挙げられます。

これらによって得られる金額と節約できる金額の総額は、決して小さいものではありません。

会社員が向いていないと思ったときの5つの対処法

ここまで、会社員に向いていない人の特徴や、会社員という働き方のメリットとデメリットをご紹介しました。

これらを踏まえて、自分は会社員に向いていないと思った場合の対処法を5つご紹介します。

  1. 職場を変えてみる
  2. 在宅ワーク可の会社に転職する
  3. スキルを身につける
  4. 副業を始める
  5. フリーランス(個人事業主)になる

1.職場を変えてみる

1つ目の対処法は、職場を変えてみること、つまり転職です。

会社員が向いていないと思っても、環境を変えたらうまく行ったというケースも少なくないのです。

た、典型的な会社員とは異なる働き方のできる企業もあります。紹介したように会社員のメリットは多いため、それらを手放さずに現状を変えたい人におすすめです。

2.在宅ワーク可の会社に転職する

在宅ワークの場合、オフィスなどでの勤務に比べて時間に縛られにくいというメリットがあります。また人と直接関わる頻度も減るため、自分のペースで仕事を進めやすい傾向にあります。

近年は完全在宅ワーク(フルリモート)の仕事も増えてきているので、一度転職サイトを見てどんな仕事があるのか確認してみるのもいいでしょう。

3.スキルを身につける

会社員以外の働き方は、フリーランスやフリーターなどがあります。このうちフリーランスとして働く場合、何らかのスキルが必要となることがほとんどです。

フリーランスの業種としてよく見られるのが、

  • ITエンジニア
  • デザイナー
  • カメラマン
  • 動画編集
  • ライター
  • コンサルタント
  • 美容系

などが挙げられます。
いずれも初心者がスキルなしで始めるのは難しいため、フリーランスに興味がある場合は
スキルの習得から始めましょう。

4.副業を始める

急に会社を辞めるのは勇気がいるうえに、収入が減ってしまうリスクもあります。将来の独立も見据えて、スキルを活かした副業を始めるのもおすすめです。

プログラミングや動画編集などは、副業として始める人が多い仕事です。クラウドソーシングサイトには副業として始められる仕事が多く掲載されているので、興味がある方はまずチェックしてみましょう。

5.フリーランス(個人事業主)になる

フリーランスは、会社員とは対極にある働き方と言えます。

一方でフリーランスとして働くためには、何らかのスキルが求められます。何か活かせるスキルを持っている場合は、フリーランスとしての一歩を踏み出すのも対処法の一つです。

一方でフリーランスは確定申告や保険、年金などの手続きをすべて自分で行う必要があるうえに、収入も不安定になりやすい点については注意が必要です。

キャリアに悩んだら!おすすめのキャリアコーチング3選

会社員として転職する場合も、フリーランスを目指す場合も、まずは自分にどんな仕事が向いているのかを分析してみましょう。

ただし、自分だけで分析しようとすると、どうしても限られた知識の中で主観的に判断するため、ベストな答えに結びつきにくい傾向にあります。ここでは、有料でプロにキャリア分析をしてもらうことのできるキャリアコーチングサービスを3社ご紹介します。

サービス
キャリドラ キャリート マジキャリ
対応エリア 全国(オンライン) 全国(オンライン) 全国(オンライン)
コーチの質


ハイキャリア転職に
成功した現役トレーナー


コーチはすべて複数回の転職経験者
HSPの方の対応が得意なコーチも

転職エージェントを始めとした
人材業界経験者が数多く在籍
サポート体制 ・深夜までチャットサポート利用可能
・論理的思考能力アップトレーニング
・アフターフォロー
・自己分析
・仕事分析
・副業支援
・キャリアプラン設計など
心理学に基づいたカリキュラム
サービス終了後の自走に向けた
ライフコーチング
公式サイト

副業やパラレルキャリアの相談なら|キャリドラ

※画像引用元:キャリドラ公式HP

運営会社 株式会社カメレオン
対応エリア 全国
コーチの質 ハイキャリア転職に成功した現役トレーナー
サポート体制 ・深夜までチャットサポート利用可能
・論理的思考能力アップトレーニング
・アフターフォロー
公式サイト https://careerdrive.jp/

キャリドラは、目先の転職だけでなく中長期的なキャリアアップ、年収アップを得意としたキャリアコーチングサービスです

もちろん年収アップだけでなく、ワークライフバランスや自分の特性など、さまざまな要素を考慮してキャリアデザインを進められます。

起業、副業支援もあり、会社員以外の働き方を検討している人にもおすすめです。

キャリドラはこんな人におすすめ!

  • キャリアアップ、年収アップを目指している人
  • 論理的思考能力のトレーニングをしたい人
  • 会社員以外の働き方も視野に入れている人

キャリドラ公式サイト

自分に合う仕事を知りたいなら|マジキャリ

※画像引用元:マジキャリ公式HP

運営会社 アクシス株式会社
対応エリア 全国(オンライン)
コーチの質 転職エージェントを始めとした人材業界経験者が数多く在籍
サポート体制 心理学に基づいたカリキュラム、サービス終了後の自走に向けたライフコーチング
公式サイト https://career-meet.com/

マジキャリは、豊富な経験を持つトレーナー(キャリアコーチ)が、以下のようなサポートをしてくれるサービスです。

  • 自分のやりたいことが見つからない
  • 初めての転職で何から手を付けたらいいか分からない
  • 自分の強みが分からない

企業選定や面接対策のサポートを受けられるコースもあるので、転職を意識してキャリアコーチングを受けたい人におすすめです。

ただし転職エージェントではありませんので、無理に求人への応募を急かされることはなく、自分に合ったキャリアを模索することができます。

マジキャリはこんな人におすすめ!

  • 自分に自信を持つためのコーチングを受けたい人
  • キャリアプランの他に人生設計もしたい人
  • 他社への転職を検討している人

転職の繰り返しをやめたいなら|キャリート

キャリート

※画像引用元:キャリート公式HP

運営会社 株式会社ルメス LUMES Inc.
対応エリア 全国(オンライン)
コーチの質 コーチはすべて複数回の転職経験者 HSPの方の対応が得意なコーチも
サポート体制 自己分析、仕事分析、副業支援、キャリアプラン設計など
公式サイト https://career-meet.com/

資格を所持したプロコーチに、転職するかどうかも含めてキャリア設計を手伝ってもらいたい人におすすめなのがキャリートです。

また、転職を複数回繰り返している人や、短期間で離職をしてしまう人への支援を得意としているのも特徴。自分の癖や傾向をしっかりと分析してくれます。

キャリートはこんな人におすすめ!

  • 転職、離職を繰り返している人
  • HSPの気質がある人
  • 自己分析をしたい人

キャリート公式サイト

自由な働き方がしたいなら!おすすめのフリーランスエージェント3選

フリーランスは会社員と比べて人と関わる機会が少なく、時間や場所の制約も少ないため、会社員が向いていない人にとっては絶好の働き方と言えます。

一方でフリーランスとしてスタートを切るのは簡単ではありません。そこでおすすめなのが、ここでご紹介するフリーランスエージェントです。

サービス
レバテックフリーランス エンジニアスタイル ミッドワークス
公開
案件数
2,479 350,477 10,157
非公開
案件数
78,338 非公開 非公開
対応エリア 全国 全国 全国
得意領域 ITエンジニア ・ITエンジニア
  ・Webディレクター
  ・Webデザイナーなど
・ITエンジニア
・ディレクター
・コンサル
主な特徴やサービス

・フリーランスエージェント最大手
・サポートが充実

・業界最大級の案件数
・Amazonギフトプレゼント
・収入保障
・福利厚生など
公式サイト

※求人数は2023年2月時点編集部調べ

知名度・実績で選ぶなら!レバテックフリーランス

画像引用元:レバテックフリーランス公式HP

運営会社 レバテック株式会社
案件数 公開2,479件/非公開78,338件(2023年2月時点)
対応エリア 全国
得意な業界 ITエンジニア
主な特徴やサービス ・フリーランスエージェント最大手
・サポートが充実
公式サイト https://freelance.levtech.jp/

レバテックフリーランスは、フリーランスのエンジニアに特化したエージェントサービスです。

案件の紹介に加えて、条件の交渉や契約手続きまでサポートを受けられます。業界認知度はナンバーワンを誇る、安心のサービスです。

エンジニアの経験がある方向けではありますが、在宅でできる副業を見つけたい方も利用できます。

レバテックフリーランスはこんな人におすすめ!

  • エンジニアの経験があり、スキルがある人
  • 起業からの直受け案件を求めている人
  • 条件交渉を自分でするのが苦手な人

レバテックフリーランス公式サイト

国内最大級の案件数|エンジニアスタイル

運営会社 ボスアーキテクト株式会社
案件数 350,477件(2023年2月時点)
対応エリア 全国
得意な業界 ・ITエンジニア
・Webディレクター
・Webデザイナーなど
主な特徴やサービス ・業界最大級の案件数
・Amazonギフトプレゼント
公式サイト https://engineer-style.jp/

エンジニアスタイルの最大の特徴は、30万件という業界最大級の案件数

さらに、案件応募1件ごとに3000円分のAmazonギフト券がプレゼントされるのも特徴の一つです(最大10万円分まで)。またエンジニアスタイルが開催するフリーランスエンジニア向けの勉強会やオフ会に参加して、人脈をつくることができます。

エンジニアスタイルはこんな人におすすめ!

  • フルリモートの案件を探している人
  • たくさんの求人・案件を比較したい人
  • エンジニア同士の交流をしたい人

エンジニアスタイル公式サイト

正社員並の福利厚生|ミッドワークス

※画像引用元:Midworks公式HP

運営会社 株式会社Branding Engineer
案件数 10,157件(2023年2月時点)
対応エリア 全国
得意な業界 ・ITエンジニア
・ディレクター
・コンサル
主な特徴やサービス ・収入保障
・福利厚生など
公式サイト https://lp.mid-works.com/002

会社員のメリットに福利厚生がありますが、ミッドワークスなら一定の条件を満たすと、フリーランスでも会社員のような福利厚生や収入保障といったサービスを受けることができます。

また様々な単価の案件を扱っているため、レベルの易しい案件から始めたい方にもおすすめです。

ミッドワークスはこんな人におすすめ!

  • 収入保障や福利厚生に興味がある人
  • 本業として働きたい人
  • 週3~4日程度の案件を探している人

まとめ

「会社員が向いていないのではないか」と考えている人に向けて、会社員に向いていない人の特徴、会社員のメリットとデメリット、会社員が向いていないと思ったときの対処法などを紹介しました。

さらに、今後のキャリア設計に役立つキャリアコーチングサービスやフリーランスエージェントも取り上げました。まずは各サービスのサイトにアクセスし、プランや体験談などをチェックしてみることをおすすめします。

自己分析、そしてキャリアコーチやエージェントの力も頼り、より自分らしく働けるキャリアを探してみてください。


◆記事で紹介した商品・サービスを購入・申込すると、売上の一部がマイナビニュース・マイナビウーマンに還元されることがあります。◆特定商品・サービスの広告を行う場合には、商品・サービス情報に「PR」表記を記載します。◆紹介している情報は、必ずしも個々の商品・サービスの安全性・有効性を示しているわけではありません。商品・サービスを選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品・サービススペックは、メーカーやサービス事業者のホームページの情報を参考にしています。◆記事内容は記事作成時のもので、その後、商品・サービスのリニューアルによって仕様やサービス内容が変更されていたり、販売・提供が中止されている場合があります。
タイトルとURLをコピーしました