人のためになる仕事とは?おすすめ10種と履歴書の書き方も紹介

転職ノウハウ

他人に貢献できていると感じたときや感謝されたとき、人は幸福感を感じるものです。仕事をするうえでも、人にためになる仕事をして充実した毎日を送りたいと考える人は多いのではないでしょうか。

人のためになる仕事と聞くと、福祉やサービスの仕事を思い浮かべるかもしれませんが、人の役に立てる職業はほかにも多くあります。

この記事では、人のためになる仕事をしたい人におすすめの職業を10種類紹介します。

また、志望動機の書き方や人のためになる仕事に就職したときのポイントなども取り上げます。本記事を読むことで、人のためになる仕事の種類を把握でき、自分に合った仕事を見つけられるでしょう。

 

転職活動を始める前に、自分の市場価値を測ってみたい人は、dodaの『年収査定』がおすすめです。

dodaの年収診断を使うと…

  • 186万人」の転職者ビッグデータから「機械学習」で高精度に算出
  • あなたの適正年収がわずか3分で分かる
  • 査定結果をもとに、本当の年収に合った求人情報をdodaで探せる

dodaの年収診断は無料で気軽にできますので、少しでも気になったら登録して年収査定をしてみましょう。興味がある人は公式サイトから登録フォームに進んでください。

dodaの登録はこちら!(無料)

本記事の監修者
bokk株式会社 代表取締役:水野智明
ユーザーにとってより役立つメディアにするために、コンテンツ監修・アドバイザーとして参画しています。転職業界とのパイプとWEBマーケティングの知識を活かし、「何が転職を検討するユーザーのためになるか?」という視点から、コンテンツの評価・監修を行っています。

人のためになる仕事とは?

人のためになる仕事にはどのような仕事があるのでしょうか。ここでは、人のためになる仕事の定義と具体的な職業について解説します。

生活のサポートをする仕事

人の生活をサポートする仕事は、人の役に立ちます。病気になったりケガをしたり、事件・事故に巻き込まれたりした人をサポートすれば、相手から感謝されるため、人の役に立っていると言えるでしょう。失業や貧困などのトラブルを解決する職種も、生活のサポートをする仕事に含まれます。

具体的には、以下のような職種が人の生活面を支える仕事です。

  • 医療従事者
  • 介護士
  • 警察
  • 消防士
  • NPO職員
  • NGO職員

弁護士や行政書士のような法律関係の仕事も、法律を通して人の生活をサポートできます。

精神的なサポートをする仕事

心の悩みの相談に乗ったり、ケアしたりする仕事も人の役に立ちます。精神的な問題を解決すれば、その人は前向きに生きられるようになためです。また昨今、メンタルヘルスの重要性も謳われているため、精神的なサポートをする仕事は注目を集めています。

精神的な助けを必要とする人をサポートしたり、相談に乗ったりする仕事には、カウンセラーや精神保健福祉士などがあります。無資格で始められる仕事もありますが、精神保健福祉士のような国家資格が必要な職種もあります。

「人の話を聞くのが好き」「人の心に寄り添い解決したい」という方は、精神的なサポートをする仕事に向いているでしょう。

人の幸せをサポートする仕事

人の幸せをサポートしたり、人を喜ばせたりする仕事も、人のためになります。人の笑顔や幸福に導ける仕事は、大きなやりがいを感じられるでしょう。

人の幸せをサポートする仕事は、美容や食、エンタメに関わる職種だけではなく、より良い商品を開発したり、社会貢献を目的とした事業を行ったりする職種もあります。コンサルタントや営業など顧客を喜ばせる仕事も、人の幸せをサポートしていると言い換えられます。

どんな仕事も人のためになる

直接誰かのサポートをする仕事は、たいへん人のためになる仕事です。しかし、世の中にある仕事は互いに支え合って成り立っているため、巡りめぐってどんな仕事も人のためになっていると言えるでしょう。

また仕事に対してお金が支払われているということは、他者が「価値」を感じているということです。直接的ではなくてもきちんと人の役に立っているはずです。仕事をして納税することも、間接的に社会貢献につながります。

志望動機に「人のためになる仕事がしたい」はNG?

就職・転職活動において、「人のためになる仕事がしたい」という志望動機は、良いアピールになるわけではありません。ここでは、志望動機に「人のためになる仕事がしたい」はNGな理由と、何を伝えるべきかについて解説します。

その職場を選んだ理由にならないためNG

「人のためになる仕事がしたい」という志望動機は、「なぜこの職場を選んだのか」「職場のどこに魅力を感じたのか」を伝えられないため、NGです。会社から他の同じ業種の職場でも良いのではと思われてしまい、面接や書類選考に適していません。

志望動機は、その職場を志望する動機のことであり、その職場で自分が働く理由を納得させる必要があります。同じような仕事をするすべての職場に当てはまるような志望動機は、避けるようにしましょう。

多くの志望者からよく聞く志望動機である

「人のためになる仕事がしたい」という志望動機は、他の志望者もよく伝える内容であり、相手の印象に残りません。個性のない志望動機は、面接官の心に響かず、内定を遠のかせてしまうリスクがあります。

また先述したように、あらゆる仕事が人のためになるため、「人のためになる仕事がしたい」という志望動機は、何かを伝えているようで何も伝えていない内容です。内定のためには、志望動機をしっかりと練る必要があります。

志望動機は企業理念をリンクさせることが重要

志望動機を作成する際は、職場のことを念入りに調べ、企業理念や社風などとリンクさせて伝えることをおすすめします。職場のビジョンと自身の役に立ちたいという気持ちが一致していることを伝えれば、オリジナルな志望動機となり、面接官の心を動かせる可能性が上がるでしょう。

また、「どんな人の役に立ちたいのか」「人のためになる仕事を選んだきっかけ」など、より具体的に伝えることも有効です。志望動機は、漠然とした内容を避け、面接官側の立場になって作成しましょう。

【資格が必要】人のためになる仕事6選

資格が必要な人のためになる仕事は、以下の6つあります。

  • 医療従事者
  • 弁護士
  • 教師
  • コンサルティング
  • 公務員
  • 手話通訳者

ここでは、各職種の詳細を紹介します。

医療従事者

医療従事者は、人のためになる仕事の代表格です。病気やケガを治療・サポートするため、社会貢献度が高いです。また医療従事者と一口にいっても、以下のようにさまざまな種類があります。

職種特徴
医師
  • 病気やケガの治療・診察を行う
  • 勤務医や開業医、研究医などの種類あり
看護師
  • 医師をサポートする仕事
  • 患者のメンタル面もケアする
薬剤師
  • 医薬品の調剤や管理を行う
  • 製薬会社や調剤薬局などさまざまな職場がある
理学療法士
  • 医学リハビリテーションを行う
  • 患者の歩く・座るなど基本的動作能力の回復を目指す
作業療法士
  • 障がい者に対して、日常生活の能力改善を図る
  • 食事や入浴などの練習も行う

基本的に医療従事者は、国家資格や免許がなければ就けません。医師や看護師、薬剤師などの場合、定められた学校(学科)を卒業する必要もあります。ただし、医療従事者は人の命を救うため、常に必要とされる仕事であり、仕事を失いにくい特徴もあります。

看護師におすすめの転職サイトを紹介したこちらの記事もおすすめです。

【2022年版】看護師転職サイトおすすめ15選!口コミや選び方まで【専門家監修】
【2022年版】看護師向け転職サイトおすすめ15選をエリア別・美容クリニック向け・派遣や短期向け・企業で働きたい看護師向けなど計12のジャンルに分けてご紹介。現役看護師の専門家監修のもと、サイトの選び方、転職の流れ、失敗しないコツなども徹底解説します。サイト口コミや求人数ランキングも紹介するので参考にしてください。

医師におすすめの転職エージェントを紹介したこちらの記事もおすすめです。

医師向け転職サイトのおすすめ17選|利用するコツや注意点も紹介
医師向けのおすすめの転職サイトが分からず迷っていませんか。本記事では、医師向けの監修者おすすめ転職サイト17選や医師向け転職サイトの選び方・コツに付いて解説します。医師が転職するときの注意ポイントも説明しますので、ぜひ参考にしてください。

弁護士

民事トラブルや刑事事件などの弁護にあたる弁護士も、社会貢献度の高い人のためになる仕事です。トラブルを解決することで、人から感謝され大きなやりがいを実感できます

弁護士になるためには、弁護士の資格を取得しなければなりません。司法試験に合格し、1年間の司法修習を受ける必要があり、簡単に取得できるわけではありません。ただし、誰でもできる仕事ではないからこそ、年収が高い傾向にあります。

弁護士になる自信のない方は、弁護士の下で事務・サポート業務を行うパラリーガルがおすすめです。パラリーガルになるための資格は特に必要ないうえ、人のためになる仕事に携われます。

教師

子どもの成長や教育に貢献できる教師も、人のためになる仕事です。子どもの笑顔を見れたり、保護者から感謝されたり、「人の役に立っている」と実感できる職種です。

学校の教師になるためには、ほとんどの場合、教員免許が必要です。大学や短大に通い教師になるための課程を修了し、教員免許を取得しなければなりません。ただし、教師と似たような職種である塾講師や習い事のスタッフならば、無資格でチャレンジできます。

「人に教えることが好き」「子どもが好き」という方は、教師や教育系職種に向いているでしょう。

コンサルティング

さまざまな業種で経営課題をサポートしたり、相談に乗ったりするコンサルティングも、人のためになる仕事です。会社の課題を見つけ解決策を提示し、事業成長に導ければ、大きなやりがいを感じられます。

コンサルティングを行うために特別な資格は必要ないものの、それぞれの分野に精通していなければ仕事ができないため、自分がコンサルティングしたい業種の資格を取得した方が良いです。以下のような資格は、コンサルティング業務に活かせます。

  • 中小企業の経営課題に対して助言を行える「中小企業診断士」
  • 社会保険のプロフェッショナルになれる「社会保険労務士」
  • 税務の専門家になれる「税理士」
  • IT戦略の専門家と認定される「ITストラテジスト試験」
  • 高い英語力を武器にできる「TOEIC」

企業側から信頼を得るために、自分のやりたい領域で役立つ資格の取得を目指しましょう。

コンサルタントにおすすめの転職エージェントを紹介したこちらの記事もおすすめです。

コンサルへの転職におすすめの転職エージェント14選!選び方も解説
専門性が高いコンサル転職には、コンサル転職に強い転職エージェントの活用がおすすめです。本記事ではコンサル転職をテーマに14個の転職エージェントサービスと転職成功の秘訣を解説。エージェント未経験の方も、後悔しない転職のためにぜひご覧ください。

公務員

役所の職員や行政職に関わる公務員も、社会と密接な関係にあり人のためになる仕事です。国家公務員や地方公務員、警察官、消防士、自衛隊など、さまざまな種類から選べる仕事でもあります。「身近な人をサポートしたい」「地元に貢献したい」という方は、地方公務員がおすすめです。

公務員になるためには、公務員採用試験に受かる必要があり、募集人数や年齢も限定されています。ただし、民間企業とは異なり、給与が安定しているメリットもあります。

手話通訳者

聴覚に障がいのある人に手話で通訳をする手話通訳者も、人のためになる仕事です。聴覚に障がいのある人にとって欠かせない存在であり、困っている人をサポートすることで、感謝されることが多いでしょう。

手話通訳者になるためには、厚生労働省認定の手話通訳技能認定試験に合格する必要があります。資格を取得することで、選挙や裁判など公的な場面で仕事ができるようになります。

【資格が不要】人のためになる仕事4選

資格がなくても就ける、人のためになる仕事は以下の4つがおすすめです。

  • ホワイトハッカー
  • 介護士
  • ウエディングプランナー
  • ITエンジニア

「資格を取得する時間がない」「資格を取れる自信がない」という方は、ぜひ参考にしてください。

ホワイトハッカー

ホワイトハッカーは、サイバー犯罪から国や企業を守るため、人のためになる仕事です。情報のデジタル化が進んでいる昨今において、注目されている仕事でもあります。主な仕事内容は、セキュリティシステムの構築・運用、不正アクセスの調査、防衛対策などです。

専門知識があれば、無資格でもチャレンジできるため、情報セキュリティについて詳しい方におすすめです。ただし、専門知識やスキルがあることを証明できる「情報処理安全確保支援士」といった国家資格があれば、採用される可能性が高まるでしょう。

介護士

高齢者をサポートする介護士も、人のためになる仕事です。利用者やその家族から感謝されることで、大きなやりがいを感じられるでしょう。また介護士は、高齢化が進む社会において需要が高まっている仕事です。

介護の仕事は、無資格でチャレンジできるだけではなく、年齢や性別関係なく活躍できます。スキルアップやキャリアアップしたい場合は、ホームヘルパーになれる「介護職員初任者研修」や現場のリーダーになれる「介護福祉士」などを取得することをおすすめします。

ウエディングプランナー

結婚式の進行に必要な業務やサポートを行うウエディングプランナーも、人のためになる仕事です。素晴らしい結婚式をプラニングできれば、新郎新婦の一番大切な日をつくれますし、達成感も得られるでしょう。

希望に沿う結婚式のために、ヒアリング能力や提案力が求められますが、資格はなくても働けます。業務に花やヘアメイク、ファッション関連の知識は必要なため、これらに関係する資格を取得しておくと、就職・転職で有利になります。

また、全米ブライダルコンサルタント協会や日本ブライダル事業振興会が認定しているウエディングプランナーの資格もおすすめです。

ITエンジニア

WEBサービスやアプリを当たり前のように利用する社会だからこそ、ITエンジニアも人のためになる仕事です。自分の手掛けたサービスが人の役に立っていることに対して、やりがいや達成感を感じられるでしょう。IT化が進む現代社会で需要が高まっている仕事でもあります。

ITエンジニアは、IT技術者すべてを指す職種名であり、以下のようにさまざまな種類があります。

職種仕事内容
プログラマ―システムエンジニアが作成した仕様書に基づきプログラミング
システムエンジニア顧客の要望を把握し、システムの構築や設計
ネットワークエンジニアネットワークの設計構築や運用・保守
サーバーエンジニアサーバーシステムの設計構築や運用・保守
WebエンジニアWebサイトのシステムなどに特化した設計や構築、運用などを行う

専門知識があれば資格なしでできる仕事ではありますが、各分野の資格を持っていると有利です。システムエンジニアを目指す場合は、国家資格である「基本情報技術者試験」「応用情報技術者試験」がおすすめです。

人のためになる仕事に就く際に気を付けたいこと

人のためになる仕事に就く際は、以下の点に注意しましょう。

  • 自分のキャパシティを知っておこう
  • 相手に合わせすぎない
  • クレーム対応では下手に出すぎない

スムーズに仕事を進められるように、ぜひ参考にしてください。

自分のキャパシティを知っておこう

「人のためになりたい」「人の役に立ちたい」という思いが強いあまり、引き受け切れない仕事まで抱えないように、注意しましょう。自分のキャパシティを超える仕事量になってしまうと、ミスや失敗を起こす可能性が高くなり、人に迷惑をかけてしまうかもしれません。

仕事がキャパオーバーになったときは、取り組むべき仕事を整理したり、人に手伝ってもらったりすることが重要です。キャパオーバーにならないためにも、やるべきタスクの優先順位や重要度を事前に確認しておきましょう。

相手に合わせすぎない

相手の顔色をうかがい相手に合わせすぎないことも、人のためになる仕事に就く際に気を付けたい心構えです。相手に合わせることを意識しすぎた場合、相手に気を遣って、仕事を円滑に進めるためのコミュニケーションがとれなくなる可能性があります。

「すぐに周りの視線を気にしてしまう」「人から話を聞くのが苦手」という方でも、仕事を円滑に進めるために、聞くべきことはしっかり聞くことを心がけましょう。

クレーム対応では下手に出すぎない

丁寧すぎるクレーム対応も、避けるようにしてください。クレーム対応で下手に出すぎたり、謝り続けたりした場合、かえって事態は悪化してしまう可能性があります。

クレーム対応で大切なのは事実の整理のため、まずは落ち着いて相手の話を聞くようにしましょう。しっかりと謝罪することは重要ですが、過剰な謝罪は言葉を軽くしてしまい、より相手を怒らせてしまうリスクがあるため、注意が必要です。

おすすめの転職エージェント2選

現在の仕事内容に満足しておらず、もっと人のためになる仕事を探したい場合は、転職も検討しましょう。ここでは求職者の幅広いニーズに応えられるおすすめの転職エージェントを2つ紹介します。

  • リクルートエージェント
  • dodaエージェントサービス

リクルートエージェント

※画像出典元:リクルートエージェント公式HP

・運営会社:株式会社リクルート
・求人案件数:公開求人17万9,709件 /非公開求人24万734件(2022年4月時点)
・対応職種:営業、経営、事務、IT・エンジニア、電気、医薬・化粧品、コンサルタント、建設など
・対応エリア:全国・海外

リクルートエージェントは、求人数が国内No.1の大規模な総合型転職エージェントです。公開求人の多さもさることながら、非公開求人数も豊富なので新たな出会いにも期待できます。

業界ごとに経験豊富なアドバイザーが在籍していることも魅力です。各業界、職種に精通しているため、経歴やスキルの価値を正しく評価してもらえます。

また、転職者に対するサポート体制の充実度は大手ならではなので、50代の転職にも効果的でしょう。

リクルートエージェントはこんな人におすすめ!

  • 国内最大級の求人数のなかから仕事探しをしたい人
  • 業界に詳しい人からアドバイスをもらいたい人
  • 大手ならではの充実したサポートを受けたい人

リクルートエージェントについて、より詳しく知りたい人はこちらの記事もおすすめです。

dodaエージェントサービス

※画像出典元:dodaエージェントサービス公式HP

・運営会社:パーソルキャリア株式会社
・求人案件数:公開求人13万399件(2022年4月時点)
・対応職種:営業、企画・管理、技術職、専門職、クリエイティブ、販売、公務員・教育、事務、医療系、金融系など
・対応エリア:全国・海外

doda(デューダ)は、転職求人サイトスカウトサービスなど、さまざまな転職支援サービスを提供する総合転職サイトです。各サービスは連携しており、併用することによってより効率的・効果的な転職活動ができます。

エージェントサービスでは、非公開求人を含めて約10万件の求人情報を持っています。業界・職種・エリアごとに詳しいキャリアアドバイザーが在籍しているため、自身の希望に合わせたアドバイスを受けられるでしょう。

また、年収査定合格診断など、「転職するかどうか迷っている」人に役立つツールもあります。ぜひ活用してみてください。

dodaエージェントサービスはこんな人におすすめ!

  • 約10万件の豊富な情報から自身に適した求人を探してほしい人
  • 転職サイトやスカウトサービスを併用して効率的に転職したい人
  • 年収査定や合格診断といったツールを利用したい人

まとめ

人のためになる仕事は、たくさんあります。大前提として、どんな仕事も人のためになりますが、本記事で紹介した職種は、感謝を受け取りやすく、やりがいを感じやすいです。また中には、無資格でもチャレンジできるため、就職する難易度は高くありません。

ただし、就職する際、志望動機で「人のためになる仕事がしたい」とだけ伝えることはよくないです。その職場を選んだ理由にならず、さまざまな志望者が伝えがちな内容だからです。志望動機は企業理念をリンクさせることで、面接官の心を動かせるでしょう。

就職後は、自分のキャパシティを超える仕事量になることや、相手に合わせすぎることを避けましょう。しっかりと仕事を進めることは大切ですが、自分のペースを崩してしまうと、ミスや失敗につながりやすいです。人のためになる仕事に就いて、大きなやりがいや達成感を感じませんか。

タイトルとURLをコピーしました