【年代別】転職回数の平均は?多いと不利になる理由と転職成功のコツ

転職ノウハウ

「自分の転職回数は平均より多い?」「転職回数が多い場合、次の転職で不利にならないか」といった、不安を抱いている人も多いのではないでしょうか。

転職回数が多い場合、採用において不利になる傾向があるのは事実です。

ただし、転職回数が多くても、転職を成功させている人は数多くいます。そのため、転職回数をごまかすことは避けましょう。

この記事では、20代・30代・40代・50代の年代別平均転職回数や、転職回数がどれほど多いと転職で不利になるのかを解説します。また、転職回数が多い人でも採用されやすくするためのコツも紹介しますので、ぜひ参考にしていただき理想の転職を成功させてください。

転職活動を始める前に、自分の市場価値を測ってみたい人はdodaの『年収査定』がおすすめです。

  • 186万人」の転職者ビッグデータから「機械学習」で高精度に算出
  • あなたの適正年収がわずか3分で分かる
  • 査定結果をもとに、本当の年収に合った求人情報をdodaで探せる

dodaの年収診断は無料で気軽にできますので、少しでも気になったら登録して年収査定をしてみましょう。興味がある人は公式サイトをチェックしてください。

dodaの登録はこちら!(無料)

【年代別】転職回数の平均

平均転職回数は、年代によって異なります。ここでは、20代・30代・40代・50代で過去に転職経験がある人の転職回数厚生労働省のデータから紹介します。

ちなみに過去に転職経験がない人の割合は、総務省のデータによると56.1%です。

こちらのデータもあわせて、年代別のおおよその平均転職回数を計算していきます。

年代現職が初職(転職回数0回)
総数56.1%
15~24歳79.6%
25~34歳56.6%
35~44歳44.6%
45~54歳52.3%

“参考:総務省統計局「就業構造基本調査 / 平成29年就業構造基本調査 / 全国編 人口・就業に関する統計表

15~24歳、25~34歳という年代区分でデータが発表されているため、20代・30代の年代別で割合を計算することはできませんが、およそ20代で7割、他の世代で5割前後の人が、転職をしたことがないと考えてよいでしょう。

20代の平均転職回数

20代の転職経験者では、転職回数1回の割合が非常に高いです。

特に20代前半では就職してからの期間も短いため、2回以上転職経験がある人が少数派といえるでしょう。

20代前半のうち、転職を経験している人の平均転職回数はおよそ1.5回、転職未経験者も含めた平均転職回数は0.6回程度でしょう。20代後半では、転職を経験している人の平均転職回数はおよそ1.9回、転職未経験者も含めた平均転職回数は0.8回程度です。

転職回数20~24歳(%)25~29歳(%)
1回69.749.3
2回16.923.9
3回9.917.8
4回1.25.9
5回2.0
6回以上1.21.0
不明1.1

“参考:厚生労働省「雇用の構造に関する実態調査 / 転職者実態調査 / 令和2年 報告書 統計表 個人調査

30代の平均転職回数

30代は、2人に1人が転職を経験しています。

30代前半の転職経験者のうち、転職回数1回の人がもっとも多いですが、1~3回まではあまり大きい差はみられません。

転職回数4回からは割合が減り、5回以上転職している人は少数派です。30代前半のうち、転職を経験している人の平均転職回数はおよそ2.6回、転職未経験者も含めた平均転職回数は1.3回程度でしょう。

転職回数30~34歳(%)35~39歳(%)
1回27.114.6
2回24.922.2
3回23.625.0
4回14.817.5
5回3.58.3
6回以上5.712.2
不明0.30.2

“参考:厚生労働省「雇用の構造に関する実態調査 / 転職者実態調査 / 令和2年 報告書 統計表 個人調査

30代後半になると転職経験者の中では、転職回数3回の人がもっとも多いです。一方で、転職回数1回の人の割合は30代前半と比較すると10%以上減っています。5回以上の転職経験がある割合が20%を占めており、転職を複数回経験したことがある人が多いことが分かります。

30代後半のうち、転職を経験している人の平均転職回数はおよそ3.2回、転職未経験者も含めた平均転職回数は1.6回程度でしょう。

40代の平均転職回数

40代も、同じく2人に1人は転職を経験しています。

40代前半の転職経験者では、転職回数6回以上の人がもっとも多いです

20代、30代と比較すると、転職回数は大幅に増えています。40代前半のうち、転職を経験している人の平均転職回数はおよそ3.7回、転職未経験者も含めた平均転職回数は1.9回程度でしょう。

転職回数40~44歳(%)45~49歳(%)
1回14.913.9
2回12.914.1
3回20.022.6
4回15.417.1
5回11.511.7
6回以上25.120.6
不明0.2

“参考:厚生労働省「雇用の構造に関する実態調査 / 転職者実態調査 / 令和2年 報告書 統計表 個人調査

40代後半の転職経験者のうち、転職回数3回以上の人がもっとも多いです。続いて6回以上の人の割合が高くなっています。

50代の平均転職回数

50代の転職経験者では、転職回数6回以上の人がもっとも多いです

50代前半では続いて2~3回の割合が高くなっています。50代後半では転職回数1回~5回までは全て10%台となっており、回数に応じた傾向はあまり見られません。

転職回数50~54歳(%)55~59歳(%)
1回14.117.9
2回18.314.6
3回17.517.6
4回14.114.9
5回11.411.6
6回以上24.622.9
不明0.10.4

“参考:厚生労働省「雇用の構造に関する実態調査 / 転職者実態調査 / 令和2年 報告書 統計表 個人調査

50代前半のうち、転職を経験している人の平均転職回数はおよそ3.6回、転職未経験者も含めた平均転職回数は1.8回程度でしょう。50代後半では、転職を経験している人の平均転職回数はおよそ3.5回、転職未経験者も含めた平均転職回数は1.8回程度です。

転職回数が多いと転職で不利になる理由は?

転職回数が多い場合、企業側からどのように見られるのかが気になるポイントです。転職回数が多いと転職で不利になるのか、企業から転職回数が多いと思われるのは何回目なのかを解説していきます。

転職回数が多いと選考で不利になる理由

転職回数が多いと転職が不利になってしまう要因は、選考する企業側から「すぐに辞めてしまうのでは」「問題を抱えているのでは」と思われてしまうためです。

転職回数が多く転職理由が曖昧、もしくは転職者側に問題があると思われそうな転職理由を答えてしまうと、先行で不利になってしまうでしょう。

転職回数が多い場合でも、企業が納得する理由があれば採用される可能性は高まります。例えば「キャリアアップするために、プロジェクトをやり遂げたら次のステージを探してきた」などの転職理由であれば、成長意欲が高い人という印象を与えられるでしょう。

転職回数が多い場合は、転職理由を企業側にどう伝えるかが大切です。

企業から転職回数が多いと思われるのは何回目?

人事担当者から見た場合、以下の転職回数だと多いと感じるようです。

  • 20代:2回以上
  • 30代:3回以上
  • 40代:4回以上

ただし、最近では定年を撤廃したり延長する民間企業も多いため、今後この回数は増えていくと考えられます。

転職回数の数え方

転職回数の数え方は、これまでに在籍した企業から1を引く計算となります。最初に働いていた企業は、転職回数には入れなくて問題ありません。

3社に在籍したことがある際は、転職回数は2回という計算となります。

ただし、アルバイトやパートなどの正社員ではない場合、転職回数には含みません。派遣社員の場合は、派遣元企業を変更したときに、1回としてカウントされることが一般的です。

転職回数が多くても転職に成功する人の特徴

転職回数が多くても、転職に成功する人の特徴はいくつかあります。

  • 理想の将来像が明確な人
  • キャリアに一貫性がある人
  • 転職理由がポジティブな人
  • 前職の経験やスキルを活かして働ける人

どのような人が採用されやすいのかチェックして、転職活動の参考にしましょう。

理想の将来像が明確な人

明確なビジョンを持っている人は、転職回数が多くても転職に成功しやすい傾向があります。転職をすることで理想の将来像に近づいているならば、転職理由もはっきりしているため企業側から「何か問題を抱えているのでは」と不信感を抱かれる可能性も少ないです。

「入社したら何をしたいのか」「将来的にはどうなりたいのか」を具体的に伝えることで、採用される可能性はぐっと上がります。

ただし、自分のスキルや経験アップだけを重視した志望動機になってしまうと、「経験を積んだらまた転職するのでは」と企業側に思われてしまいます。

なぜその企業で働きたいのか、どのように貢献したいのかも伝えるようにしましょう。

キャリアに一貫性がある人

キャリアにばらつきがない人は、転職回数が多くても転職に成功しやすい傾向があります。

同じ職種でキャリアアップのために転職をしている場合など、キャリアに一貫性があり即戦力になるため、企業側から必要とされることも多いでしょう。

ただし、業界や職種が異なるからといって、キャリアに一貫性がなくなってしまうわけではありません。「これまで仕事をしてきた中で、毎回コミュニケーションを大切にしていた」「どの仕事のときも、みんなが効率よく進められるよう工夫してきた」といったように、仕事でいつも心がけていることがあれば、それもキャリアに一貫性があるといえます

キャリアに一貫性がないと感じている人も、これまでの仕事を振り返ってみると、仕事で大切にしていたことが思い当たるかもしれません。企業側への伝え方も大切になるため、最大限合アピールできるよう改めて自己分析をしてみるとよいでしょう。

転職理由がポジティブな人

ポジティブな転職理由を伝えられる人は、転職回数が多くても転職に成功しやすいでしょう。「人間関係が悪かったから」「給与が低かったから」などのネガティブな理由は、企業側にマイナスイメージを与えてしまいます

たとえば人間関係が転職理由の場合、「チームで連携して、効率良く仕事を進めたい」「みんなで意見を出し合える職場で働きたい」などの、ポジティブな転職理由に言い換えるとよいです。

スキルアップやキャリアアップを転職理由にして伝えれば、好印象を与えられるでしょう。

前職の経験やスキルを活かして働ける人

これまでの業務経験やスキルによって、どのように企業に貢献できるのか伝えられる人も、転職を成功させやすいでしょう。

中途採用で即戦力を求める企業にとって、前職の経験やスキルを活かして働ける人は必要な人材です。

前職の経験やスキルをアピールする際は、具体的な数字やエピソードを伝えることが大切です。職務経歴書にもきちんと実績を記載し、クリエイティブ職の場合はポートフォリオを用意しておきましょう。

転職回数の多い人が転職の際に注意すべきこと

考える 疑問 Q&A

転職回数が多い場合、以下の点に注意する必要があります。

  • 転職回数や経歴をごまかさない
  • ネガティブな転職理由は控える
  • 安易に次の転職先を決めない

以上について、それぞれ詳しく解説していきます。

転職回数や経歴をごまかさない

転職回数が多くても、隠したい経歴があっても、ごまかすことはNGです。経歴詐称して書類選考に通過しても、どこかのタイミングで矛盾を見抜かれてしまう可能性があります。

また、面接に受かり転職を成功できたとしても、源泉徴収票や被保険者証などの提出書類から、過去の経歴がわかってしまいます。転職回数や経歴をごまかすことなく、正確に伝えるようにしてください。

ネガティブな転職理由は控える

悪い印象を与えないために、ネガティブな転職理由を避けることも重要です。ネガティブな転職理由であっても、できる限りポジティブな理由に変換しましょう。

例えば、「単純な繰り返し作業が多く退職した」という理由の場合、「自分の創意工夫が活かせる職に就きたい」と変換すれば、ポジティブな印象を与えられます。

転職回数や経歴は偽ってはいけませんが、転職理由に関しては、伝え方を工夫することが大切です。

安易に次の転職先を決めない

転職先の会社のことをしっかり調べずに、安易に転職してしまうと、次の職場でも早期退職につながる可能性があります。

在籍期間が短くて転職回数が多い人は、「採用してもすぐ退職してしまうのでは」という印象を持たれやすいため、再転職するハードルが高くなってしまいます。

転職先は労働条件や給与、仕事内容などを確認して慎重に選びましょう。

転職回数が多くても不利になりにくい履歴書・面接対策

転職回数が多くても、履歴書の書き方や面接での答え方を工夫すれば採用される確率を高められます。

  • 職歴欄と職務経歴書の書き方
  • 自己PRの方法
  • 転職理由を聞かれたときの回答
  • 転職回数の多さについて聞かれたときの回答

以上について、それぞれ詳しく解説していきます。

職歴欄と職務経歴書の書き方

転職回数が多いと、職歴欄に職歴を書ききれない可能性があります。先に、1社につき何行分のスペースがあるか確認してから書き始めるようにしましょう。

転職回数が多い場合は、簡単な仕事内容と社名のみを書くようにし、1社につき2~3行で記載します。最後に「詳細は職務経歴書に記載」という文言も付け加えて、詳しくは職務経歴書にまとめるようにしましょう。

どうしても書ききれない場合は、職歴欄が大きい履歴書を使うと安心です。

職務経歴書は2枚以内に収めることを意識しながら、できる限り勤めていた企業の事業内容や自身の実績などを詳しく記載しましょう。

自己PRの方法

自己PRは、同職種への転職する場合とそうではない場合で、伝え方が異なります。それぞれみていきましょう。

同じ職種に転職している人

同じ職種で複数回転職している場合は、スキルの高さやプロフェッショナルとしての強い意識を伝えましょう。同じ職種をやり続けていることは強みになり、在籍していた会社で成果を出しているのであれば、それも具体的にアピールしてください。

あわせて、職場にすぐに馴染めるよう努力することも伝えると、好印象になるでしょう。

違う職種に転職している人

異業種・別職種への転職経験が多い場合、さまざまな業務経験があるからこそ、多彩なスキルや視点を持っているという自己PRが有効です。

「飽きやすいのでは」「不満があるとすぐに退職してしまうのでは」というネガティブなイメージを払拭できるアピールポイントを考えておきましょう。

転職理由を聞かれたときの回答

人事担当者から転職理由を問われた場合は、できるだけポジティブで一貫性のある回答を心がけましょう。

転職理由は、転職回数にかかわらずネガティブだと印象が悪くなってしまうため、なるべくポジティブな転職理由に言い換えてください。

前職の不満を話すのではなく、自分がどんな仕事に取組みどう成長したいか、という視点で転職理由を伝えるとよいでしょう。

転職回数が多い場合は転職理由に一貫性があるとよいです。それぞれ異なる理由だと、企業側から「何か不満ができたらすぐ転職してしまうのでは」と思われる可能性があります。仕事を安心して任せられる人材だと企業に思ってもらうために、慎重に回答を準備して、面接では誠実に転職理由を説明しましょう。

転職回数の多さについて聞かれたときの回答

転職回数が多い理由を聞かれた場合は、以下のポイントをおさえて伝えることが大切です。

  • 何かを実現するために目的を持って転職したことをアピールする
  • 腰を据えて働きたいことを伝える
  • どう貢献したいのかも伝える

人事担当者は転職回数が多い人に対して、「またすぐに退職するのでは」というイメージを持ちやすいため、明確なキャリアビジョンを持ちそのために何度も転職していることを伝えれば、信用されやすいです。また、長く働きたいことや貢献したいこともアピールするとよいでしょう。

長く働ける職場に転職するには?

キャリアアップのための転職や、ワークライフバランスを考えた転職など、ポジティブな転職を繰り返す人もいれば、「同じ職場で働き続けたいけど何らかのネガティブな理由で転職せざるを得ない」という人もいるでしょう。

ここでは、転職をしたくはないけど転職を繰り返している人向けに、長く働ける職場に転職するコツを紹介します。

転職回数が多い原因を明確にする

腰を据えて働ける会社に転職するためには、転職を繰り返した原因について探る必要があります。

原因が明確になれば、どのように対処すべきか向き合えるため、長く働ける可能性が高まります。転職を繰り返す主な原因と対処法を次の表にまとめました。

転職を繰り返した原因(例)対処法
評価されず、不満を感じる
  • 自分の市場価値を分析する
  • 会社の評価軸を見極める
雇用条件に不満がある
  • 優先順位をつけて転職先を見つける
  • 外せない条件を見極める
職場に馴染めない
  • 転職の際に職場の雰囲気などの情報もチェックする
  • 社内で気の合う人を見つける

第三者の意見を聞く

長く働ける職場に転職するためには、友人や転職エージェントなど、第三者に相談することもおすすめです。自分のことをよく知る友人に相談してみると、長く働けるコツや自分に合う仕事を教えてくれるかもしれません。

転職のプロから意見を聞きたい場合は、転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントの面談を利用することで、自分の適性やスキルを再確認し、どんな仕事が合っているのか、市場においてどのような立ち位置にいるのかを判断できるようになります。

また転職エージェントは、求人紹介だけでなく、履歴書・面接対策をサポートしたり、会社に対する条件交渉もおこなってくれたりと、転職活動において頼れる存在です。各エージェントごとに強みや特徴が異なるため、自分に合った転職エージェントを見つけたい人は、以下の記事をご覧ください。

【プロ厳選】転職エージェントおすすめ15選を比較!求人数ランキングや選び方も解説【利用者392人の声も紹介】
利用する転職エージェントを迷っている人に向けて、専門家厳選のおすすめサービス15選を紹介します。公開求人数ランキングや信頼できるエージェントの選び方も解説しているので、ぜひ参考にしてください。

転職するかまだ決めていないけど、自分のキャリアプランについて考えたいという人は、まずキャリアコーチングを受けてから転職活動をすると自分に合った企業で働ける可能性が高まります。

おすすめの人気キャリアコーチング10選!初回無料相談の体験レビューあり
利用するキャリアコーチングをどれにするか迷っていませんか。サービスは多数ありますが、適当に選ぶと悩みは解決せず時間とお金が無駄になります。そこでこの記事ではおすすめ10社と無料初回相談の体験談も紹介するので、参考にして自分に合うところを見つけましょう。

転職回数が多い人におすすめの転職支援サービス3選

転職回数が多い場合、履歴書の添削や面接対策などサポートが充実している転職エージェントや転職サイトを活用することがおすすめです。特に以下の転職サービスは、ユーザーからも評価が高いです。

  • 【圧倒的な非公開求人数】リクルートエージェント
  • 【エージェントと転職サイト両方使える】doda
  • 【幅広い業界に強い】リクナビNEXT

ここでは、各サービスの特徴を紹介します。

【圧倒的な非公開求人数】リクルートエージェント

※画像引用元:リクルートエージェント公式HP

・運営会社:株式会社リクルート
・主要対応エリア:全国対応
・求人数:公開求人227,642件 / 非公開求人271,727件(2022年7月時点)
・料金:無料
・利用者の年齢層:20代~30代
・得意な業界:IT・通信・機械・小売・サービス・人材

リクルートエージェントは、公開求人・非公開求人ともに業界トップの保有数を誇る転職エージェントです。さまざまな業界や職種、エリアの求人案件を取り揃えているため、転職回数が多くても、採用される求人に出会えるかもしれません。

対応する年齢層の幅広さもリクルートエージェントの魅力のひとつです。

また、業界に詳しい経験豊富なキャリアアドバイザーが多く在籍し、はじめての転職活動でも丁寧にサポートしてくれます。書類添削や面接対策だけでなく、業界の転職市況などを見て転職すべきか否かのアドバイスも得られます。

リクルートエージェントはこんな人におすすめ!

  • 求人数が豊富な転職エージェントを利用したい人
  • 転職活動全般に不安を抱えている人
  • 幅広い年齢層・職種に対応してほしい人

リクルートエージェント公式HP

【エージェント機能も備わった転職サイト】doda

※画像引用元:doda公式ホームページ

・運営会社:パーソルキャリア株式会社
・主要対応エリア:全国対応
・求人数:146,673件(2022年7月時点)
・料金:無料
・利用者の年齢層:20代~40代

・得意な業界:Web・IT、ベンチャー、モノづくりエンジニア、メディカル、営業・販売サービス、金融、企画職・管理部門など
dodaは、業界トップクラスの求人数を誇る総合型の転職サイトです。特徴は、自身で仕事を探す「転職サイト」と、希望に合わせて求人紹介を受けられる「転職エージェント」の2つの機能を持っていることです。
 

一人ひとりのケースに合わせたサービスを選択できるため、自分に合ったやり方で転職できます。

エージェントサービスでは手厚いサポートを受けられ、転職回数が多くても、安心です。 
 
dodaはこんな人におすすめ!

  • 自分に合わせた方法で転職したい人
  • 専門性の高いアドバイスを受けたい人
  • 豊富な求人から転職先を厳選したい人

doda公式HP

【幅広い業界に強い】リクナビNEXT

※画像引用元:リクナビNEXT公式HP

・運営会社:株式会社リクルート
・主要対応エリア:全国、海外
・求人数:63,135件以上(2022年7月時点)
・料金:無料
・利用者の年齢層:
20代~30代
・得意な業界:
全業種

リクナビNEXT(ネクスト)は求人数・登録者数ともに、業界最大級の転職サイトです。取り扱う業種もIT系や営業職、医療系など幅広く、選択肢が豊富にあります。

また、自分の強みを診断できる「グッドポイント診断」や企業からオファーをもらえるスカウト機能、自動で職務経歴書が作成される機能など、転職希望者にとってうれしいサービスが豊富にあることも特徴です。

スマホアプリの機能性も高いため、隙間時間を利用して転職活動したい人からも高い評価を得ています。

リクナビNEXTはこんな人におすすめ!

  • 求人の探す手間を極力かけたくない人
  • 幅広い職種の求人をチェックしたい人
  • 隙間時間を活用して転職活動したい人

リクナビNEXT公式HP

まとめ

転職平均回数は年代によって異なります。どの年代も、4~5回以上になってしまうと、人事担当者から多いと思われてしまう可能性があります。転職回数が多くても転職を成功できますが、転職理由や在籍期間によっては不利になってしまう場合もあるため、あらかじめ転職回数が多い理由や転職理由などを考えておきましょう。

同じ会社で長く働きたい場合は、転職サイトを活用することがおすすめです。豊富な求人を取り揃えている転職サイトを使えば、腰を据えて働ける企業や仕事を見つけられる可能性が高いです。

また、自分に合う仕事が見つかるよう転職エージェントに相談することもおすすめします。転職エージェントは、適性を考慮し希望に合った求人を紹介してくれるため、長く働ける職場に出会いやすいでしょう。転職を成功させるために、履歴書や面接対策などさまざまなサポートにも対応しています。

 

タイトルとURLをコピーしました