PR

自分の適職がわからない時は適職診断を利用しよう!向いている仕事を探すコツ

市場価値診断
本ページはプロモーションが含まれています。

「転職したいが自分の適職がわからない」「就活中だけど自分に合う求人がわからない」と悩む人は多いのではないでしょうか。

たしかに、働いていると楽しいことや嬉しいこともあれば、辞めたくなることも少なくないため「今の仕事は自分の適職ではない」と感じられることがあります。

編集部

しかし、どんな仕事が適職なのかを知るためには、まず自分の得意なことや強みを知る必要があります。同時に、市場にはどのような仕事があるかも知っていなければなりません。

そこでこの記事では、適職を探すための自己分析の方法と仕事の調べ方を詳しく解説します。

おすすめの適職診断サービスや適職がみつからない理由も紹介するので、適職探しのヒントにしてください。

もっとやりがいを感じられる仕事がしたい」「今の会社ではキャリアアップ・年収アップが難しいと感じる」と自分のキャリアについて、漠然と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

キャリアプランを設計するためには、まず自分の市場価値を把握し、キャリアの軸を見つけることができる「キャリアコーチング」の無料カウンセリングを受けることをおすすめします!

編集部
編集部

マジキャリの強みはこちら!

・自分にあった方法で年収アップキャリアアップを目指せる!
月額13,000円から受講が可能!
ハイクラス転職に成功した現役のトレーナーによるコーチング

口コミでも「転職だけがキャリアアップの選択肢ではないことを知れた」「漠然とキャリアアップしたいと思っていたが、自分が目指す道が明確になった」との声が多いため、興味がある人はまず無料カウンセリングを受けてみましょう!

公式サイト:https://majicari.com/

しかし、マジキャリでは求人の紹介は受けられません。そのため、転職を視野に入れている人は同時に転職エージェントにも登録しておくと良いでしょう。

まず登録しておきたい人気の転職エージェントは、圧倒的な求人数を誇る「リクルートエージェント」です。

さらに年収1,000万円以上を狙っている人や、企業からのスカウトを受けたい人は「ビズリーチ」もあわせて登録しておくと効率的に転職活動ができます。

適職の定義とは?

適職を簡単に言えば自分に合う仕事ですが、天職とはニュアンスが異なります。天職は天から授かったかのような職業であり、その人の好きなことと得意なことを伴う職業といえますが、適職は好きではなくても得意なこと・続けられることであれば該当します。

また、天職の場合は他者と比べて秀でた成果を上げることを含むニュアンスがありますが、適職の場合はその人にとって成果を上げやすい職業であれば当てはまります。

適職がわからない人へおすすめの適職診断【転職希望者編】

自分に合う仕事がわからないときに便利な診断サービスを紹介します。まずは転職希望者におすすめの2選です。

サービス名ミイダス

ジョブリシャス診断

所要時間15~20分2~5分
問題数の目安135問20問
料金無料無料
個人情報登録の有無ありなし
(すべての診断結果を
見るためには登録が必要)
公式サイト

ミイダス

※画像引用元:ミイダス公式サイト

運営会社ミイダス株式会社
所要時間登録から約15分
問題目安135問
料金無料
個人情報登録登録
公式サイトhttps://miidas.jp/

ミイダスのコンピテンシー診断では次の項目別の診断結果を得られます。

  • 職務適正
  • マネジメント資質
  • パーソナリティの特徴
  • ストレス要因
  • 上下関係適正

設問数は130以上あり、所要時間は15~20分です。適職だけでなく、性格の傾向、ストレスを抱えやすい条件や環境、相性の良い上司や部下などの詳細な診断結果が表示されます。

向いていることだけでなく弱点になることもわかるため、今の職場が合わないと感じている理由や転職の軸を考えるときに役立ちます。

無料で簡単に自分の市場価値がわかる!
ミイダスで市場価値診断をする

ミイダスの口コミや評判は、こちらの記事で紹介しています。

ミイダスの評判は?口コミから特徴とメリット・デメリットも解説|利用者取材あり

ジョブリシャス診断

※画像引用元:ジョブリシャス公式サイト

運営会社株式会社マイナビ
所要時間約2〜3
問題目安20問
料金無料
個人情報登録全てのサービスを利用するには必要
公式サイトhttps://tenshoku.mynavi.jp/opt/joblicious/

性格タイプを分類するディグラム・ラボの診断とマイナビ転職がコラボした適職診断です。20の質問に答えると27のジョブタイプに分類され、適職が提示されます。

性格タイプまでは会員登録不要で閲覧可能ですが、会員登録すると次のような診断結果も得られます。

  • イキイキできる仕事環境
  • 仕事での強み・弱み
  • 相性の良い上司・同僚・部下
  • 辞めたくなるシチュエーション
  • ストレスを感じる一言
  • 本領発揮できる職種

性格タイプで当たっていると感じた人は、会員登録で詳しい診断結果を見てみましょう

簡単操作で気軽に診断できる!
ジョブリシャスで市場価値診断をする

適職が分からない人へおすすめの適職診断【新卒者編】

次に紹介するのは、就職活動中あるいは就職活動を控えている学生向けの適職診断です。

サービス名キャリタス就活

LINE適職診断

所要時間5分30秒
問題数の目安20問
料金無料無料
個人情報登録の有無なし
(すべての診断結果を見るためには登録が必要)
あり
(公式LINEを友達登録)
公式サイト

キャリタス就活

※画像引用元:キャリタス就活公式サイト

運営会社株式会社ディスコ
所要時間約2〜3
問題目安20問
料金無料
個人情報登録なし(全てのサービスを利用するには必要)
公式サイトhttps://quest.career-tasu.jp/

ファミコンのようなドット絵RPGの形式で設問に答えていく、ユニークな診断です。結果については、性格タイプまでなら会員登録をしなくても閲覧できます。登録後に閲覧できる診断結果は次のとおりです。

  • 性格タイプの能力にあった働き方
  • 同じ性格タイプの先輩の失敗談
  • 強み
  • 同じ性格タイプの先輩が活躍している業界傾向

なお、就活生用のサービスですが既卒・社会人も登録可能です。

ゲーム感覚で気軽に診断できる!
キャリタス就活で診断スタート

LINE適職診断

※画像引用元:LINE適職診断公式サイト

運営会社株式会社Synergy Career
所要時間約30秒
問題目安20問
料金無料
個人情報登録あり(公式LINEを友達登録)
公式サイトhttps://reashu.com/linelp-tekishoku/

就活情報サイト就活の教科書が運営する適職診断です。公式LINEに参加すれば、トーク画面上で回答できるため、URLにアクセスする手間を省けます。

診断結果は適した職業の傾向と具体的な職業名です。市場にどんな仕事があり、何が自分に向いているか知りたい人は試してみましょう。

なお、公式LINEでは就活生向けの限定特典を配布しています。就活完全マニュアルや自己分析シート、SPI頻出問題集、ESのマニュアルなどです。いずれも無料なので、就活準備を進める際に活用できるでしょう。

LINEで気軽に診断できる!
LINE適職診断で診断する

適職がわからないのはなぜ?よくある理由

適職がわからない理由は人によって異なります。主な理由を参考に、自分の理由を探ってみましょう。

自己理解が不足しているから

自分のことは自分が一番わかっているつもりでも、本来の自分とは異なる自己認識を持っていることは少なくありません。具体例は次のとおりです。

本来の自分関連する要素自己認識
絵を描いているときは楽しい練習が嫌い、描くのはヘタ絵を描くことは好きではない
論理的思考が得意数学の点数が悪かった論理的思考はできない
会話力に優れている性格が合わない集団に属していたコミュニケーションは苦手

このように、何かのきっかけで本来の自分と自己認識にギャップが生じることがあります。そのギャップに気づかなければ、合わない仕事に就いてしまう恐れがあるため、自己分析を客観的におこなう必要があるのです。

適職を判断するときは、好きで得意なものだけでなく、嫌いではあるが得意なものを視野にいれることが重要です。また、好きではあるが苦手なことは、苦手を克服することで職業につながる可能性もあります。

今の仕事に不満がある

本来の性格や行動特性から見れば適職に就いている状態であっても、合わないと感じることがあります。今の仕事の不満がどこにあるのかを洗い出すことで、適職ではないから不満があるのか、適職なのに不満があるのかを見極めましょう。

例えば、仕事内容自体には能力不足を感じていなくても、人間関係や業務フローの不都合で仕事をしづらいと感じているのであれば、転職することで適職に変わる可能性があります。

一方、成果をほとんど出せない、転職を繰り返してもうまくいかないという場合は、適職ではない可能性が高いといえるでしょう。未経験の業種への挑戦を視野に入れることをおすすめします。

今の仕事を辞めたいと思っている人に向けて、会社を辞める辞めないの判断基準を解説したこちらの記事もおすすめです。

30代で「仕事辞めたい、疲れた」と感じたら。後悔しないための判断基準を専門家が解説【実際に会社を辞めた人の声も紹介】

世の中に存在する仕事を把握できていない

新卒の就活生に多いタイプです。市場には数えきれないほどの仕事があるため、必ずどこかに適職があります。しかし、その存在を知らなければ適職には出会えません。

大学生に人気の業界として、IT・広告・食品メーカー・商社などが挙げられます。このような多くの人が志望する業界は、自分にとっても目指すべき業界であると思い込みがちです。そして、人気の業界以外を調べる時間がないまま就職活動を進めるため、本当の適職に出会えないまま就職することになります。

多くの学生が志望しない業界であっても、自分にとっては適職である可能性があるため、より幅広い業界・職種を調べましょう。調べるためのヒントは適職の見つけ方の項目で解説します。

これから伸びる業界と市場縮小する今後危ない業界は?将来性のある資格・スキルも【2024年】

選考に落ちた経験が多い

好きなこと・得意なことに関連した企業の求人に応募しても、選考に落ちた経験が多ければ適職ではないと感じることがあるでしょう。

しかし、業界や職種自体が合っていないのか企業風土と合わなかっただけなのかは、選考に落ちただけではわかりません。多くの場合、落ちた場合の選考理由は教えてもらえないからです。

落ちた理由が企業風土との不一致であれば、応募した業界や職種は適職の可能性があると言えます。この可能性を否定するのは、落ちた原因を客観的に分析してからにしましょう。

適職の見つけ方 【自己分析編】

潜在的な自分の発見、対外的な自分の見え方などの自己分析を進めることで適職を見つけやすくなります。ここでは、自己分析を進める方法を5つ紹介します。

自分の好きな事と充実を感じる時間を知る

仕事には直結しないような些細なことであっても、好きなことや楽しいこと、充実を感じられる時間をリストアップしてみましょう。具体例は次のとおりです。

  • 友人と話すのが楽しい
  • 動画や映画を見るのが好き
  • マンガを読むのが好き
  • スポーツをしていると充実感を得られる
  • ゲームのなかでも配置する家具を選んでいるときが一番楽しい

友人と話すことが好きな人は、話すこと自体が好きだとわかれば営業職が向いているかもしれません。映画やマンガが好きであれば、作る側や配信する側の仕事が合う可能性もあります。スポーツが好きならインストラクターやスポーツグッズのショップ、アスリートのためのウェア開発などの選択肢があります。

最後の例のような場合はやや複雑です。ゲームが好きと思うとゲーム業界を調べることになりますが、この人が本当に好きなことは家具に関わることだと言えます。好きなことのなかでもどこが好きなのかを分析しましょう。

過去に評価された体験を分析する

先述のように、本来の自分あるいは潜在的な自分は、他者から見たときの自分の像とは異なっていることが少なくありません。しかし、そのギャップが自分を苦しめるようなものでなければ、他者から見た自分の強みが適職になることもあります。

例えば、会話が苦手だからこそ技術を磨いた人が一流の営業マンになる可能性は十分にあります。この一流営業マンの他者からの見え方は「コミュニケーションが上手な人」でしょう。

苦手と認識していることでも、他者より優れていると評価されれば強みです。この強みを活かせば業界で活躍するチャンスがあります。

やりたくない仕事や不得意な事をまとめる

やりたくない仕事や不得意なことは繰り返すうちにストレスになるため、できる限り除外しておくことが大切です。やりたくないこと、不得意なことの例を挙げるので参考にしながら考えてみましょう。

  • 指示通りに動く主体性のない仕事
  • ルーティンワーク
  • 女性or男性が大半の職場
  • 炎天下or寒冷地での作業
  • トイレ掃除
  • 多くの人と話すこと

たとえば接客は好きでもトイレ掃除が苦手な場合、毎日トイレ掃除をしなければならない店舗で働くことはストレスになるでしょう。

また、職業に対するなんとなくのイメージだけで選ぶと苦手なことが含まれている場合があります。例えば黙々と作業をすることが好きだという理由でSEを選ぶ人がいますが、実際のSEの仕事にはクライアントのニーズを引き出すトーク力が求められます。気になる職業がどのような仕事を含むのかを徹底的に調査しましょう。

知人やキャリアアドバイザーに相談する

第三者の視点を取り入れることが重要です。自分をよく知る人に相談すると、普段の自分が何をしているときに楽しそうなのか、どのようなポイントで不満を抱えがちなのかといった情報が見えてきます。自己分析のヒントになるはずです。

就活や転職活動を視野に入れて相談したいときは、キャリアアドバイザーへの相談がおすすめです。ヒアリングのなかで強み・弱み・特性などを分析、的確なアドバイスをもらえます。

また、適正のある業界や職種の提案、年収相場、キャリアプランなどもわかるため長期目線の将来設計が叶うでしょう。

おすすめのキャリアコーチング11選をランキングで紹介!利用者の口コミ・料金比較も

【2024年最新】キャリアコーチングおすすめランキング11選!【専門家取材・口コミ評判あり】

「キャリアアップのやり方がわからない」「年収アップしたいが、転職以外の選択肢を知りたい」という人に向けて、キャリア支援のプロであるコーチが、キャリアの目標設定から実現までのプロセスをサポートしてくれるキャリアコーチングがおすすめです。

おすすめのキャリアコーチングサービスをランキングで紹介!利用者の口コミや料金比較も紹介しているので、ぜひご覧ください。

適職診断を活用する

インターネット上に無料の適職診断サービスがあるので試してみましょう。適職診断では次のようなことがわかります。

  • 適職
  • 性格タイプ
  • 行動特性
  • 上下関係適正
  • 得意なこと、強み
  • 苦手なこと、弱み
  • 仕事に対する価値観

適職として提示された業界や職種のことを調べれば、本当に自分に合うかどうかが見えてきます。ただし、サービスによって精度と診断内容に差があるため、自分が知りたい情報を得られるサービスを複数併用することをおすすめします。

「今の年収は適正なのか?」「他社だといくらもらえる?」といった自分の市場価値が気軽に診断できるツールを紹介したこちらの記事も人気です。

自分の市場価値は?おすすめの無料診断ツール・転職サービス8選|登録不要のアプリも

適職の見つけ方 【仕事分析編】

自己分析が終わったら、気になる業界や職種のことを分析するステップに移りましょう。

仕事・業種・業界について研究する

自己分析のなかで気になる仕事・業種・業界が出てきたら研究を始めましょう。インターネットで検索するだけでも、さまざまな情報が手に入ります。転職サイトの業界特集や求人特集などのコラムを読むのもおすすめです。

そのなかで気になる企業を見つけたら、企業情報も詳しく調べましょう。公式サイトで事業内容や規模などを調べることはもちろんですが、転職会議やOpenWorkなどの社員口コミサイトを見ると、企業の内情がわかるため参考になります。公式サイトの印象と異なっている場合は注意が必要です。

将来なくならない仕事5選!10年後AIに取られてなくなる仕事は?今身につけたい資格も

インターンシップに参加する

インターンシップというと新卒向けのイメージが強いかもしれませんが、近年は社会人向けのインターンシップも増えてきています。平日の就業後や週末で開催されているケースもあるため、就業中の人も気になる業界のインターンシップがあれば参加してみましょう。

インターンシップに参加したからといって、その企業に就職する必要はありません。業界や職種研究の一環として参加するだけでも、就業後の具体的なイメージができるようになります。

社会貢献度の高い職種を選ぶ

社会貢献度の高い職種はやりがいを感じやすいと言われています。仕事に対する価値観のなかで、やりがいが大きな割合を占めている人は検討してみましょう。一般的に社会貢献度が高いとされる業界・職種には次のようなものがあります。

  • 医療関係(医師、看護師など)
  • 人を守る仕事(警察官、消防士など)
  • 教育関係(教員、研究者など)
  • 国際機関の職員、自治体の職員
  • 社会福祉(介護士、ソーシャルワーカーなど)

上記のなかでも他者との関わりがあり達成感を得やすい仕事を担当できる職種を探しましょう。

人のためになる仕事とは?おすすめ10種と履歴書の書き方も紹介

適職を探す際の注意点

最後に、適職を探すときに注意したいポイントを3つ紹介します。

適職かどうかはゆっくり判断しよう

調査によって適職を判断したとしても、実際に働いてみないとわからないことは多々あります。例えば花が好きで接客も好きだから花屋さんになったという場合でも、実際に働いてみると水を替えるのは重労働で、買い付けや配達などがあるため長時間労働になる日もあります。

好きなこと、得意なことで得られるメリットがストレス要因などのデメリットを上回れば適職と言えますが、実際に働くとデメリットが上回ることも少なくありません。「適職である以上、後はないから無理してでも頑張ろう。」と考えるのではなく、しばらく働いてから改めて考えてみることをおすすめします。

適職診断の結果に引きずられない

適職診断は分類された性格タイプに該当する多くの人にとっての適職であるため、必ずしも自分とマッチしているとは限りません。あくまでも参考程度に考えることが大切です。

例えば、性格上は社会貢献度の高い仕事が適していると診断された場合でも、その職業に必要な筋力・体力・早朝深夜稼働への耐性などが不一致と言うケースもあります。体質改善をしないまま取り組むと苦手を感じることが多くなるでしょう。

診断の質問事項だけでは判断できない要素が影響する可能性を考慮し、就業後の自分を具体的にイメージしながら仕事を探すよう心がけましょう。

なりたい職業を意識しながら診断を受けない

適職診断を受けるときに、なりたい職業を意識していると自分に嘘をつく可能性があります。例えば司法関係の仕事に就きたいと思いながら診断を受けると、実際はルールや時間を守るほうではないのに、守るタイプと入力してしまうといったことです。

なりたい職業が明確で、自分に足りない部分を知りたいなら適職診断ではなくキャリアアドバイザーへの相談を検討しましょう。転職エージェントのキャリアアドバイザーは、将来的に転職したいと考えている人にも対応してくれます。

まとめ

適職は転職とは違い、得意なことや続けられることであれば当てはまります。現職が適職ではないと感じていても、仕事内容に不満がないなら企業が合わないだけという可能性があります。

家族や知人、キャリアアドバイザーへの相談や適職診断によって、自分の特性や合う仕事の傾向を分析してみましょう。分析の結果、苦手なことや嫌いなことが現職で大きな割合を占めているなら転職を検討するタイミングです。仕事内容自体が合わないなら未経験の業界、企業が合わないなら同業他社を検討しましょう。

ただし、適職かどうかは一定期間働いてみないとわかりません。少し合わない部分があるからといって転職を繰り返すと自分の市場価値を失いかねないため、丁寧に自己分析しながら判断しましょう。


◆記事で紹介した商品・サービスを購入・申込すると、売上の一部がマイナビニュース・マイナビウーマンに還元されることがあります。◆特定商品・サービスの広告を行う場合には、商品・サービス情報に「PR」表記を記載します。◆紹介している情報は、必ずしも個々の商品・サービスの安全性・有効性を示しているわけではありません。商品・サービスを選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品・サービススペックは、メーカーやサービス事業者のホームページの情報を参考にしています。◆記事内容は記事作成時のもので、その後、商品・サービスのリニューアルによって仕様やサービス内容が変更されていたり、販売・提供が中止されている場合があります。
タイトルとURLをコピーしました