[PR]

20代の転職成功のコツ|転職理由・失敗の傾向・転職市場まで解説

転職ノウハウ
本ページはプロモーションが含まれています。

20代で転職を考えている人のなかには「3年以内の転職は不利?」「年収アップは叶う?」「未経験に飛び込むなら今しかない?」など疑問や不安を抱える人もいるでしょう。

20代の転職は、20代前半と後半で転職しやすい条件が大きく異なります。

また、いわゆる新卒カードを手放しているため、就活と同様の選考対策では不十分です。自分の立ち位置を知り、戦略を立てましょう

この記事では、20代の転職を成功させるポイント・転職事情(理由・期間・年収増減)・失敗の具体例を詳しく解説します。転職をスムーズに進めることに役立つおすすめの転職エージェントも紹介するので、ぜひ参考にしてください。

\まずは登録しておきたい!編集部がおすすめする転職サービス3選/

20代で転職を成功させるポイント

20代が転職に成功するためには、自分の立ち位置を理解すること・ゴールを定めること・情報収集を徹底することが欠かせません。具体的に見ていきましょう。

20代前半と後半の違いを理解する

20代前半と後半の違いは次のとおりです。

比較項目20代前半20代後半
評価されやすいポイントポテンシャル(人柄、体力、適正など)経験、実績、スキル
未経験業界への可能性高い低い(30代以降よりは高い)
キャリアアップの転職難しい可能性はある(実績次第)
年収アップの転職できるできる

20代前半は人柄や体力、得意なことなどポテンシャルを評価されやすい傾向にあります。

未経験の業界や職種であっても、熱意や得意なことでアピールすれば転職できる可能性は高いでしょう。ただし、特筆すべき実績がない限り経験不足は否めないため、キャリアアップを狙った転職は難しいといえます。

20代後半は即戦力となる経験、実績、スキルが問われる傾向にあります。

経験年数や売上額、マネジメント人数などの数字で示せるため、企業に対して説得力のあるアピールが可能です。ただし、未経験への転向は難しくなります。一から育成が必要な人材なら、前職の影響を受けづらい20代前半がよいと判断されるからです。

なお、年収アップは年齢を問わず可能ではありますが、質が異なります。後半の「20代の転職事情」で詳しく解説します。

転職のゴールを見定める

何を目的に転職するのかというゴールがブレてしまうと、入社後にミスマッチを感じて転職を繰り返すことになりかねません。次の例を参考にゴールを見定めましょう。

  • 年収アップ:年収300万円から400万円へ
  • スキルアップ:マネジメントを経験したい
  • キャリアアップ:統括的なポジションにつきたい
  • プライベートの時間の確保:19時には家にいたい
  • 人間関係の改善:風通しのよい職場へ

できるだけ具体的にイメージすることが転職成功のポイントです。次に解説する自己分析とともに目的を掘り下げて考えましょう。

関連記事「20代の平均年収はいくら?手取りを増やす方法まで徹底解説

自分を客観視して分析する

現職で培ったものや自身の特性を客観的な視点で分析し、リスト化しましょう。リスト化することで整理しやすくなるからです。例は次のとおりです。

項目
強み数字に強い、分析力、論理的、主体的、柔軟性など
弱みルーティンが苦手、体力がない、完璧主義すぎるなど
スキル資格、ツール、言語、専門知識、マネジメント経験、交渉力、提案力など
実績担当プロジェクトの内容・規模、売上への貢献・割合、顧客数など
転職で重視する条件業界、職種、希望年収、勤務時間、エリア、ポジション、福利厚生、社風、企業規模、雇用形態など

強み・スキル・実績は転職先を選定する際に役立つだけでなく、貢献できることを示すうえで有用です。

弱みは向いていない仕事や社風、働き方を考える際に役立ちます。また、それぞれをあげた理由として具体的なエピソードもメモしておくのがおすすめです。書類作成や面接対策をスムーズに進められます。

転職で重視する条件が複数ある場合は、優先度も考えておきましょう。すべての希望条件を満たす求人はなかなかないため、優先度を決めておけば取捨選択しやすくなります。

関連記事「自己分析ツールおすすめ10選!【就活・転職用】登録なしで無料で使えるサービスも紹介

企業研究を入念におこなう

企業のイメージだけで転職すると、内情が異なっていたときに後悔します。

企業が自らネガティブな情報を発信することはないため、公式ホームページを見るだけでは不十分です。社風や働き方については社員の口コミが掲載されている情報サイトやSNSを活用し、情報収集をおこないましょう。

経営状況は、上場企業であればIR情報で確認できます。未上場の企業の場合は資本金や従業員数、店舗数、業務内容、実績公開などで推察しましょう。

BtoCの事業の場合は顧客の口コミを確認するのもおすすめです。顧客からの評価が低い場合、将来性に疑問があります。

20代なら転職サイトよりも転職エージェントが有効

転職エージェントなら、転職成功の4つのポイントに沿ったフルサポートを受けられます。具体的には次のとおりです。

  • 年齢・実績・希望条件に合わせた選考対策(書類添削、模擬面接など)
  • 転職のゴールの明確化(カウンセリング)
  • 強みや弱みの発見(カウンセリング)
  • 業界や職種への適正判断
  • 求人紹介
  • 企業や業界の詳細な情報提供
  • 入社前の条件交渉の代行

自己分析は自分1人でもできそうに感じられますが、第三者の視点が入ることで明瞭に見えてくるものが少なくありません。

また、自分に適した求人かどうかを判断するには、企業の社風まで熟知する転職エージェントの助言が参考になるでしょう。

関連記事「【20代・第二新卒向け】おすすめの転職エージェント16選をタイプ別に紹介|専門家の取材あり!

20代におすすめの転職エージェント4選

転職エージェントへの相談を考え始めた人のために、20代におすすめの転職エージェント4選を紹介します。

サービス
リクルートエージェントdodaハタラクティブワークポート
求人数公開:395,023
非公開:219,834
公開:241,252
公開:3,986
公開:96,513
対応エリア全国、海外全国、海外全国全国、海外
得意領域総合的な求人総合的な求人第二新卒・既卒・フリーター総合的な求人 
おすすめ
ポイント
・求人数が国内トップクラス
・非公開求人数が多い
・若手のキャリア形成に強み
・診断ツールが充実
・未経験OK求人が8割
・内定率80%
 ・IT業界に強い
・エンジニアスクールがある
公式サイト

リクルートエージェント

※画像引用元:リクルートエージェント公式サイト

基本情報
運営会社株式会社リクルート
対応エリア全国、海外
求人数公開:395,023件/非公開:219,834件(2023年5月時点
得意な業界IT・金融・メーカー・建設・コンサルティング・商社・エンタメ・メディカルなど
公式サイトhttps://www.r-agent.com/

国内トップクラスの求人数を保有しています。とくに、高年収・高待遇が期待できる非公開求人数が圧倒的です。

非公開にされる理由の多くは、条件が良いため公開すると応募者が殺到し企業の採用担当者がパンクしかねない、あるいは競合他社に知られたくない新規事業や重要事業の人材を獲得したいためです。

非公開求人は信頼できる転職エージェントにしか明かされないため、非公開求人数を多く利用するリクルートエージェントは企業からの信頼が厚いことがわかります。企業情報にも詳しいことが期待できるでしょう。

リクルートエージェントはこんな人におすすめ

  • 多くの求人からマッチする仕事を探してほしい人
  • 高年収・高待遇を期待する人
  • 企業情報を詳しく知りたい人

公式サイトはこちら

doda

※画像引用元:doda公式サイト

基本情報
運営会社パーソルキャリア株式会社
対応エリア全国、海外
求人数公開:241,252(2023年5月時点
得意な業界IT・小売・サービス・メーカー・建設・商社・クリエイティブなど
公式サイトhttps://doda.jp/

dodaも求人数多数の大手転職エージェントです。第二新卒や未経験の転職にも強いことが特徴で、若手のキャリア形成に寄り添った提案をしてくれます。

また、年収査定・キャリアタイプ・転職タイプ・強みの発見など診断ツールが豊富なので、自己分析を徹底的におこないたい人にもおすすめです。

エージェントサービスの大きな特徴として、求職者担当と企業担当が分かれていることもあげられます。

カウンセリングは求職者担当がじっくりおこない、求人紹介や企業情報の提供は企業担当がおこなう形です。専門性の異なる分野を極めたプロのアドバイスを得られるので、転職活動が有意義になるでしょう。

dodaはこんな人におすすめ

  • 第二新卒、未経験への転職を希望する人
  • 診断ツールで自己分析を進めたい人
  • 企業情報を詳しく知りたい人

公式サイトはこちら

dodaの口コミや評判はこちらの記事で紹介しています。

doda(デューダ)の評判はどうなの?独自調査した口コミを分析【体験レビュー】

ハタラクティブ

※画像引用元:ハタラクティブ公式サイト

基本情報
運営会社レバレジーズ株式会社
対応エリア全国
求人数公開:3,986件(2023年5月時点
得意な業界IT・小売・サービス・医療・建設・製造・物流・不動産など
公式サイトhttps://hataractive.jp/

「1人でも多くの求職者を正社員に」をモットーに、フリーター・既卒・第二新卒の就職を支援するエージェントです。学歴や経歴に自信がなくても、充実のカウンセリングによって自身を持てる強みを発見してもらえます。

実績が高い水準であることも特徴で、書類通過率は96%、内定率は80%です。未経験者OKの求人が全体の8割を占めており、ヒアリングと選考対策をマンツーマンで実施しているからこそ出せる成果といえるでしょう。

自分に合う仕事がわからない人、正社員を目指す人、未経験への転向を考えている人は相談してみましょう。

ハタラクティブはこんな人におすすめ

  • フリーター・既卒・第二新卒
  • 自分の強みがわからない人
  • 自分に合う仕事がわからない人

公式サイトはこちら

ワークポート

※画像引用元:ワークポート公式サイト

基本情報
運営会社株式会社ワークポート
対応エリア全国、海外
求人数公開:96,513件(2023年5月時点
得意な業界IT・メーカー・建設・商社など
公式サイトhttps://www.workport.co.jp/

IT業界の求人を多く取り扱うエージェントです。未経験からIT人材への転向もサポートしており、無料で学べるエンジニアスクール「みんスク」を開講しています。PHP、Java、インフラの基礎知識を学べます。

一方、IT業界の非公開求人も多く抱えているため、現職がIT業界の人なら高ポジション・高待遇の非公開求人を紹介してもらえるチャンスがあります。

さらに、過去の質問事例や面接官の人柄などの詳細な情報を得られるので、万全の対策で挑めるでしょう。

ワークポートはこんな人におすすめ

  • IT業界に転職したい人
  • エンジニアを目指している人
  • 年収アップを重視している人

公式サイトはこちら

20代の転職事情

厚生労働省令和2年転職者実態調査をもとに、離職理由・転職理由・転職期間・年収増減に関する20代の転職事情を見ていきましょう。

20代の離職理由

20代が現職を離職した理由を大きくわけたとき「自己都合」と回答する人が最も多い87%で、自己都合を細分化すると次のような回答が多いことがわかりました。

離職理由20代前半(%)20代後半(%)
人間関係がうまくいかなかった38.422.4
満足のいく仕事内容でなかった25.231.4
賃金が低かった23.831.3
いろいろな会社で経験を積みたい27.620.9
労働条件(賃金以外)がよくなかった22.325.5

20代前半のトップ3は「人間関係がうまくいかなかった」「いろいろな会社で経験を積みたい」「満足のいく仕事内容でなかった」の順でした。20前半は職場や仕事そのものに不満を持つ傾向にあることがわかります。

20代後半のトップ3は「満足のいく仕事内容でなかった」「賃金が低かった」「労働条件(賃金以外)がよくなかった」でした。20後半では年収や待遇などを重視する傾向が見られます。

20代の転職理由

転職先を企業を選んだ理由を見てみましょう。

転職先を選んだ理由20代前半(%)20代後半(%)
仕事内容・職種に満足46.144.9
自分の技能・能力を活かせる25.132.9
労働条件(賃金以外)がよい23.428.6
地元(Uターン)24.715.0
賃金が高い11.622.2

20代前半のトップ3は「仕事内容・職種に満足」「自分の技能・能力を活かせる」「地元(Uターン)」でした。ただし、「その他」を選んだ人が31.1%います。離職した理由とも概ね合致しているといえるでしょう。

20代後半のトップ3は「仕事内容・職種に満足」「自分の技能・能力を活かせる」「労働条件(賃金以外)がよい」でした。離職理由では賃金の低さが2位でしたが、転職理由では賃金の高さがトップ3に入っていません。

このギャップは全年齢の平均で見ても同様で、年齢が上がるほど離職時の不満と転職理由が合致しない人が増えるものと考えられます。同様の理由で転職を繰り返すことになりかねないため、注意が必要です。

関連記事「20代や新卒で「仕事に疲れた」「会社を辞めたい」と感じたら。後悔しないための判断基準

20代の転職期間

転職活動をはじめてから直前の勤め先を離職するまでの期間を見てみると、20代前半のは1ヵ月以上3ヵ月未満が最も多い37.4%、次いで転職活動期間なしが25.1%、1ヵ月未満15.5%でした。

20代後半でも最も多いのは1ヵ月以上3ヵ月で29.6%でしたが、次は3カ月以上6カ月未満が18.5%、転職期間なしが18.0%でした。

多くの人が転職活動を始めてから1~3ヵ月で転職していることがわかります。

また、年齢が上がると慎重になるためか、転職期間が長くなる人が増える傾向にあります。1ヵ月未満で転職している人も少なくはありませんが、期間には余裕をもっておいたほうがよいといえるでしょう。

20代の転職で年収は上がるか

転職による賃金の変化では、増加したと答えた人が20代前半では46.5%、20代後半では46.3%でした。変わらないと答えた人は20代前半後半ともに20%前後で、減少したと答えた人は33%でした。結論として、20代で転職による年収アップは叶います。

転職で年収を上げるには限界がある

増加したと答えた人が半数近いものの、増加割合で最も多いのは1割以上3割未満、次いで1割未満で3割以上増加した人は5%前後です。

また、賃金が増加した割合から減少した割合を引いた計算では、20~49歳ではプラスになるものの、10代や50歳以上ではマイナスになります。

大幅な年収アップは難しく、転職で年収を上げ続けるには年齢の限界があることがわかるでしょう。将来設計を鑑みたスキルの獲得、キャリアップなどの戦略が大切です。

20代前半と後半では年収アップの質が異なる

20代前半はポテンシャル採用が多く、経験や実績がが評価された結果とは考えにくいものがあります。給与水準が低い業界から高い業界への転向、ブラック企業からホワイト企業への転職と考えるのが現実的です。

一方、20代後半では経験や実績を評価された年収アップと考えるのが妥当で、未経験の業界・職種への転職では年収が下がる可能性が高いといえます。

同じ年収アップでも理由の質が異なれば、応募する企業・業界の選定基準や選考対策が異なるため、20代という一括りで考えないことが大切です。

関連記事「年収1000万円の割合・手取りは?生活が苦しいは本当?所得税・節税方法も解説

20代が転職に失敗するケース

20代が転職に失敗するケースとして主な3つを紹介します。同じ失敗をしないように準備しましょう。

現職を辞めてから転職活動

転職活動をせずに現職を勢いで辞めるのは、心身ともに差し迫った状況でない限りおすすめできません。前職で雇用保険に加入していれば離職中も失業手当(失業保険の給付)をもらえますが、離職前の賃金の5~8割程度で大幅な減収になるからです。1年を超えれば失業手当の給付が原則切れるため無収入になります。

しかし、厚生労働省令和2年転職者実態調査によれば、離職期間が生じた人の割合が10代に次いで20代が多いことがわかりました。入社日調整と考えられる1ヵ月未満の離職が多いとはいえ、1ヵ月以上離職している人も少なくありません。

転職先を決めずに現職を辞めてしまうと、減収や無収入のリスクが大きくストレス要因にもなります。在職中に転職活動で内定を獲得しておきましょう。

優先すべき条件を誤った

優先すべき条件を誤ることで生じる後悔の例を見てみましょう。

転職理由生じた問題・大きなストレス後悔ポイント
年収が大幅アップするから激務で倒れてしまった体力のなさを自覚していれば働き方を優先条件にできた
仕事内容が面白いから趣味の時間がとれない勤務時間・通勤時間を優先条件にすべきだった
大手ブランドがほしかった風通しが悪すぎる人間関係や職場環境を重視すべきだった
アットホームな雰囲気に惹かれた強制参加の休日社内イベントプライベートの時間の確保も注目すべきだった
ベンチャー企業で挑戦したかった社会的信用が下がりローン審査に落ちたライフプランを考慮して選ぶべきだった

例えば2つ目の項目の例として「ゲームが好きだからゲームを作る仕事に転職」というケースを想定してみます。

たしかに好きなことを仕事にできれば、趣味の延長と感じられて魅力的に思えるでしょう。しかし、ゲームをすることと作ることでは全く異なるため、ゲームができないことを理由に辞めたくなる可能性があります。

また、プライベートの時間がないことを理由に転職活動をしていたのに、高い年収の求人が魅力的に見えてしまうといったケースは少なくありません。

今の自分に必要な条件は何なのかを徹底的に掘り下げるステップを踏んでいないと、いつのまにか転職の目的がブレてしまうため注意しましょう。

会社のことをよく調べなかった

求人内容や面接の雰囲気はよかったのに、入社してみると内情は全然違っていて後悔する人も少なくありません。最悪のケースでは、ブラック企業に入社してしまうことも考えられます。

しかし、転職サイトの求人内容や企業のホームページだけを見ていても、内情まではわかりません。職場環境や雰囲気、評価制度、リアルな残業時間などは社員の口コミが集まる情報サイトやSNSで調べてみましょう

ただし、すべての企業の口コミが存在するわけではないため、最も確実な方法は転職エージェントへの相談です。担当者が企業へインタビューしたこと、実際に足を運んで得たリアルな情報をおしえてもらえます。

20代の転職でよくある質問

最後に、20代の転職でよくある質問3つに回答します。

転職活動していることを知られない方法は?

転職活動していることを現職に知られると、引き留められてスムーズに進められなくなるリスクが高いため、次の方法を実行しましょう。

  • 転職サイトや転職エージェントで企業名を指定しブロックする
  • 同僚や上司には相談しない
  • 通常の勤務時間中に面接などを設定しない
  • ファッションなどを急に変えない

転職サービスを利用するとき特定の企業名をブロック設定しておけば、現職の採用担当者が求職者の情報にアクセスできなくなります。この設定は確実にしておきましょう。

しかし、ブロック設定をしても職場での態度でバレてしまうことはあります。信頼できる人に相談したつもりでも社内の人は立場上、報告せざるを得ない場合があります。

また、勤務時間中にたびたび中抜けしたり、カジュアルな服装だった人が急にスーツになったりするとバレるリスクが高まります。注意しましょう。

現職の退職タイミングは?

転職先の内定を獲得したタイミングで、現職には退職することを報告しましょう。そのうえで、最低でも1ヵ月の引継ぎ期間を要求されるのが一般的です。引継ぎがスムーズに進まない場合は3ヵ月程度かかることもあります。

そのため、転職先に内定をもらったときは入社日を調整する前に、現職と離職タイミングのすり合わせをおこなう旨を伝えておきましょう。

なお、転職エージェントを通して転職する場合には、退職交渉や入社日の調整をサポートしてもらえます。

資格をとってからの転職が有利?

有利ではありますが、一概にはいえません。これから資格の勉強をして取得するには数年かかるとなると、若さという優位性を手放すことになります。

とくにポテンシャル採用を狙える20代前半なら、資格よりも年齢の有利さが勝つでしょう。資格取得を優先して転職を引き延ばす必要はありません。

転職サービスは無料?

転職サイト・転職エージェントともに基本的には無料です。職業安定法上、職業紹介は求職者に対しては無料で、採用した企業から報酬を受け取ることが定められているからです。

なお、ビズリーチなどの一部有料な転職サービスもありますが、これは職業紹介ではなく情報を提供するマッチングサイトという立ち位置なので例外です。

関連記事「無料の転職サイトおすすめ12選|年収アップを目指す・40代以上向けなどタイプ別に比較紹介

まとめ

20代の転職といっても、20代前半と後半で評価されるポイントや市場が大きく異なることがわかりました。

しかし、実際の転職活動は年齢だけで決まるものではありません。個々人の状況、保有するスキルや実績、転職の目的などさまざまな要素が結果に影響します。

大切なことは自分のことを徹底的に掘り下げて、納得できる転職を目指すことです。

この記事を参考にしつつ、できることから取り組んでみましょう。自分1人ではうまくいかない、時間がかかりそうというときは転職エージェントに相談するのもおすすめです。


◆記事で紹介した商品・サービスを購入・申込すると、売上の一部がマイナビニュース・マイナビウーマンに還元されることがあります。◆特定商品・サービスの広告を行う場合には、商品・サービス情報に「PR」表記を記載します。◆紹介している情報は、必ずしも個々の商品・サービスの安全性・有効性を示しているわけではありません。商品・サービスを選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品・サービススペックは、メーカーやサービス事業者のホームページの情報を参考にしています。◆記事内容は記事作成時のもので、その後、商品・サービスのリニューアルによって仕様やサービス内容が変更されていたり、販売・提供が中止されている場合があります。
タイトルとURLをコピーしました