転職活動の面接対策を解説!マナーを守り好印象を残して内定をとろう

転職ノウハウ

転職活動で内定獲得に大きく影響する面接。はじめての転職活動でどのように対策すればよいのか分からず、気持ちだけ焦ってしまう人も多いのではないでしょうか。

いくら企業研究を行っても専門知識を頭に詰め込んでも、面接で失敗してしまっては内定はもらえません。

そこで本記事では、転職面接に不安がある人に向けて、次のようなコンテンツを紹介します。

  1. 転職面接の3つの印象対策
  2. 転職面接のよくある7つの質問と回答例

  3. パターン別の転職面接のポイント

  4. 転職のWeb面接で必要な3つの対策

  5. 転職活動で利用したいおすすめの転職サービス5選
  6. 転職面接のよくある疑問

本記事を読めば、漠然とした不安から抜け出して、これからどのように動いていけばよいのかが分かります。

はじめての転職面接でも自分の魅力を最大限引き出せるように、万全の準備をしましょう。

転職活動を始める前に、自分の市場価値を測ってみたい人はdodaの『年収査定』がおすすめです。

  • 186万人」の転職者ビッグデータから「機械学習」で高精度に算出
  • あなたの適正年収がわずか3分で分かる
  • 査定結果をもとに、本当の年収に合った求人情報をdodaで探せる

dodaの年収診断は無料で気軽にできますので、少しでも気になったら登録して年収査定をしてみましょう。興味がある人は公式サイトをチェックしてください。

dodaの登録はこちら!(無料)

転職面接の3つの印象対策

転職面接を成功させるためには、まず面接官に不快感を与えない見た目が大切です。

なぜなら、転職面接は人柄をよく知らない段階で行われることが多く、見た目などの第一印象がそのまま面接の評価につながりやすいからです。

以下で、服装・髪型やメイク・表情の3つについて、転職面接に効果的な印象対策を紹介します。

企業に合わせた服装を選択

転職面接の服装は、スーツが基本です。

一般的に、企業から面接の服装指定はありません。「服装自由」とされていてもビジネスシーンに合ったものを選択しましょう。

もし企業がオフィスカジュアルを採用しているなら、男性はジャケットとチノパンのようなスタイルでもよいですが、スーツでも問題ありません。女性も同様で、柔らかい印象か、堅い印象がよいのか、企業の社風や業種に合わせて決めましょう。

転職面接の服装選びで失敗しないためには、ファッションセンスやおしゃれをアピールしようとせず、TPOに合わせた失礼のない見た目を意識することです。

顔がハッキリ見えて派手すぎない髪型・メイク

転職面接の髪型やメイクで大切なのは、面接官に顔や表情がはっきりと見えることです。面接では話している内容以上に、表情が印象に大きな影響を与えています。

もし顔が髪で隠れていると、暗い・自信が無い・だらしないといった印象が強くなってしまいます。動いても邪魔にならないようにヘアセットして、まとめておくと余計な心配が要りません。

メイクは派手すぎないようにして、普段と近い自然な印象を心がけましょう。

顔が暗い印象にならないように、ノーメイクは避けてなるべく顔色がよく見えるメイクをするのがおすすめです。

笑顔を基本に自然な表情

転職面接のような緊張する場面では、笑顔がコミュニケーションを円滑にすることが多いです。誰しも表情が固くなりがちなので、他の転職希望者よりも笑顔が多いだけで面接官の印象に残りやすいでしょう。

ただし面接中に終始笑顔なのも、面接官に違和感を持たれやすいので、話す内容に合わせて真剣な表情と使い分けられるとさらに好印象です。

たとえば笑顔でいるとよいのは、最初の挨拶・趣味の話・雑談のときです。逆に真剣な表情がよいのは、自己紹介・転職理由・相手の話を聞くときです。

熱意を伝えたいときは真剣に、和やかな雰囲気のときは笑顔でいられるとよいでしょう。

転職面接のよくある7つの質問と回答例

転職面接で質問されるのは基本的には同じで、自己紹介・転職理由・志望動機・長所や短所・キャリアプラン・希望年収・逆質問といった内容です。

これらのよくある7つの質問を回答例を参考に事前に対策することで、切り口を変えた質問にも対応しやすいでしょう。

自己紹介

自己紹介では、氏名・職務経歴・実績などを1~3分程度にまとめて話すようにしましょう。序盤で質問されるので、面接での第一印象が決まる重要な質問です。

【回答例】
〇〇と申します。前職では、〇〇株式会社の営業職として教材の法人営業に携わってまいりました。大手IT企業など25社の顧客を抱えております。前年度は営業担当15名中1位の売上を達成し社内表彰を受けました。
今後はこれまで培った提案力を活かしつつ、チームリーダーとしてより大きな仕事に挑戦したいと思い、〇〇のような大規模案件を手掛ける業界最大手の御社に応募させていただきました。本日はどうぞよろしくお願いいたします。

退職・転職の理由

退職・転職の理由は、合理性のある前向きな内容にしましょう。前職の愚痴や不満を言うのではなく、スキルアップやキャリアプランを考えた結果の選択という旨を論理的に伝えると好印象です。

【回答例】
前職では営業事務として勤めており、マニュアル以上の仕事は求められない環境でした。しかし私の特性や将来のキャリアを考えると、お客様の近くで深い悩みに答えたいという思いが強くなりました。裁量をもってスキルアップできる業務に挑戦したいと思ったのが、転職を考えた理由です。

面接企業への志望動機

面接企業への志望理由は、企業独自の強みを踏まえ他社を選ばなかった理由を明確にしましょう。ここで大切なのは、条件がよいからではなく応募先の企業に魅力を感じたからだという旨を伝えることです。

【回答例】
御社が提供している商品〇〇の魅力は、商品自体のクオリティの高さはもちろんのこと、SNSに特化した御社のマーケティングによる力が大きいと思います。
これまで前職で培ったマーケティングスキルをさらに磨き、御社の市場に対する影響力アップに貢献できると思い応募いたしました。

長所や短所

長所や短所は、具体的な事例を交えて伝えると印象に残りやすくなります。事例を出すコツは、家族や友人、職場の人など周りとのエピソードを出すことです。

また、周囲からどのように評価されているのかを一緒に伝えると、どういう人物なのか伝わりやすいです。

【回答例】
私の長所はリーダシップがとれることです。前職では、プロジェクトリーダーとして新人や同僚にこまめなフォローをして、チームで協力し合う雰囲気をつくり目標を達成してきました。
短所はチームを統率しようとするあまり、我が強くなることです。新人には良かれと思った助言のつもりが、一方的な価値観の押しつけになることもあるので、相手や仲間の意見を取り入れた発言や行動ができるよう努めています。

入社後のキャリアプラン

入社後のキャリアプランは、面接企業で実現できる現実的なプランを伝えるようにしましょう。

転職面接では新卒入社のように理想を語るだけではなく、具体的な内容にすることで中長期的に会社に貢献できる人材だと思ってもらえます。

【回答例】
これまでの営業経験を生かし、まずは御社の営業部の一員として顧客ニーズの把握に努めます。そして、サービスや商品の理解を深め、提案型営業ができるようになりたいです。ゆくゆくは新規顧客開拓チームの中心的な存在になりたいです。
しかしまだ業界未経験のため、書籍やネットから独学で学んでいます。今年に〇〇資格の取得を目指し、即戦力として御社の新規顧客開拓チームの中心になって成果をあげたいです。

希望する年収・待遇

希望する年収や待遇についての質問は、ただ希望を回答するだけではなく、根拠を踏まえて伝えましょう。客観的に自己評価し、市場に対して能力が高いなど妥当性があれば企業も納得する可能性が高いです。

面接だと遠慮しがちですが、ビジネスシーンではこのような交渉力が試される機会は多いので、希望があるなら臆せず主張しましょう。

【回答例】
現在の年収は450万円です。成果が収入に反映されることでモチベーションが上がるタイプなので、入社後はできるだけ早く成果を出すことに努めたいと思います。ですので、現在と同様かそれ以上の年収を希望いたします。

面接官への逆質問

逆質問とは、面接終盤に「何か質問はありますか」と面接官から聞かれることです。ここでは必ず何か質問しましょう。積極的に質問することで、企業への興味や入社の熱意を面接官に伝えられるからです。

ただし待遇や福利厚生ばかりを聞くのは、意欲に欠けると捉えられるので避けましょう。

【回答例】
・入社後に担当するとしたら、どのような仕事になりますか?
・一緒に働く社員様はどのようなキャリア・年齢層の人が多いですか?
・今後部署をあげて力をいれようとしている領域はどういったものですか?
・最近市場は〇〇に影響を受けていますが、御社では対応する方針はありますか?

【パターン別】転職面接のポイント

転職面接では過去の経験が重視されるので、経歴を整理して前向きに面接官に伝える必要があります。

一見ネガティブに思える経験も、自分のキャリアプランにどんな意味があったかを説明できれば相手に好印象を与えられます。

以下で過去の経験を3つのパターンに分け、それぞれの転職面接のポイントを紹介します。

異業種・未経験業界に転職する場合

異業種・未経験業界の転職面接では、あなたの経験・課題・改善策の3点を伝えましょう。職務経験が無くても活かせるスキルやポテンシャルをアピールしなければ、面接官はあなたの適性を判断できません。

  1. これまでの経験をどのように活かせるか明確にする
  2. 未経験の転職後に抱えるであろう課題を伝える
  3. 課題に対して前向きに取り組む意思を示す

このような流れで伝えることで、業務に直接関係する強みをアピールできなくても、入社後に業務に取り組む姿勢を伝えられるので好印象を与えられます。

これまで転職回数が多い場合

転職回数が多い場合は、まず転職回数をネガティブに捉えすぎないようにしましょう。実際に転職が4回以上になると採用担当者は転職回数を気にしますが、回数と採用の可否は直接的な関係はありません

大切なのは、面接官にそれぞれの転職が必然的だったと思わせることです。やむをえない事情での転職でも、そのまま伝えてはいけません。

伝え方のコツは転職の「原因」ではなく、「目的」をアピールすることです。

自分のキャリアプランに沿って目的意識を持ち、主体的に行動してきた旨を伝えるようにしましょう。

転職回数の平均を解説したこちらの記事もおすすめです。

転職までにブランクがある場合

転職までにブランクがある人は、ブランクに対する前向きな理由づけを用意しましょう。ブランクがあると面接で不利になるのではと思いがちですが、すでに面接まで到達しているのですからネガティブにとらえる必要はありません。

自己成長や資格取得のためなど理由が前向きであれば、ブランクは好印象の材料になります。

さらにブランクで取り組んだことを、今後の仕事にどのように活かせるかを伝えると、即戦力としての魅力をアピールできます。

いくら興味深い経験でも面接官にはただのエピソードの1つですが、仕事に活かせる体験だったとなるとそれはあなたの実績になります。ブランクの間に「どんな理由で何をして何を得たのか」きちんと整理してみましょう。

転職のWeb面接で必要な3つの対策

Web面接では通信環境・見栄え・通知音の3つを事前に対策しましょう。画面の中で完結するWeb面接は情報量が少なくなるので、小さな気配りの1つ1つが面接の印象を左右します。

最悪のケースでは、準備不足で面接が開始できなかったり中断してしまうこともあります。以下で具体的な対策を紹介します。

安定した通信環境を確保

Web面接では面接に集中するために、安定した通信環境を確保しましょう。可能ならモバイル回線より固定回線で接続すると安定します。

またWi-Fi接続する際は、遮断されない場所を選びましょう。通信環境が悪いと面接自体が中断してしまうこともあるので、想定される通信トラブルは事前に対策しておくことが必要です。

事前に複数の連絡手段を確保

急な接続トラブルが起きることも想定して、事前に電話などのWeb以外の連絡手段を確認しておくと安心です。

いくら準備を整えていても、原因不明で遮断されたり、音声や画像の片方しかつながらなかったりするトラブルが起きる可能性があります。

不測の事態にもスムーズに対応できると、採用担当者からの信頼を損なうことは少ないでしょう。

見栄えを周辺環境まで気を配る

Web面接では、相手の画面に映る全てに気を配るのがマナーです。本人だけでなく周辺環境に何が映っているかも見られています。余計な私物などが映らないように、壁際で撮影するなど場所を工夫しましょう。

またカメラの位置が低すぎて、面接官に映る姿が上から目線にならないように注意しましょう。カメラの位置が自分の目の高さと同じくらいになるように、ノートPCやスマホを台などの上に置いて高さを調整しましょう。

ただし、スマホを手に持ってWeb面接を受けるのはやめましょう。画面が揺れて面接官に不快感を与えてしまいます。スタンドなどを利用して固定させるとよいでしょう。

雑音やSNSなどの通知音を遮断

Web面接中の雑音やSNSなどの通知音は、面接官の集中力をそぎ、スムーズな面接の妨げになります。静かな環境で面接が行えるように、カフェや公共の場はなるべく避け、通知音は遮断しましょう。

たとえばWeb面接中にSNSやメールなどを同じPCで起動していると、通知音が鳴ってしまう可能性があります。不要なブラウザやアプリは、あらかじめ閉じておきましょう。

また、周囲のノイズも入らないようにマイク付きイヤホンも活用すると、多少の騒音がしても面接に集中できるのでおすすめです。

転職活動で利用したいおすすめの転職サービス5選

転職活動をスムーズに行うためにおすすめの転職サービスを紹介します。以下の5つは、転職活動に役立つと特に評価が高いサービスです。

  • 【面接対策もサポート】リクルートエージェント
  • 【年収500万円以上におすすめ】ビズリーチ
  • 【幅広い業界に強い】リクナビネクスト
  • 【エージェントと転職サイト両方使える】doda
  • 【20代に特化】キャリトレ

各サービスの特徴を紹介するので、自分に合ったサービスを見つけましょう。

【面接対策もサポート】リクルートエージェント

※画像引用元:リクルートエージェント公式HP

・運営会社:株式会社リクルート
・主要対応エリア:全国対応
・求人数:公開求人227,642件 / 非公開求人271,727件(2022年7月時点)
・料金:無料
・利用者の年齢層:20代、30代が中心
・得意な業界:IT・通信・機械・小売・サービス・人材

リクルートエージェントは、公開求人・非公開求人ともに転職支援業界トップの保有数を誇る転職エージェントです。さまざまな業界や職種、エリアの求人案件を取り揃えています。対応する年齢層の幅広さも魅力のひとつです。

また、業界に詳しい経験豊富なキャリアアドバイザーが多く在籍し、はじめての転職活動でも丁寧にサポートしてくれます。

書類添削や面接対策だけでなく、業界の転職市況などを見て転職すべきか否かのアドバイスも得られます。

「これから伸びる業界に入りたい」「将来性のある業界を知りたい」と相談することで、有効なアドバイスをもらえるでしょう。

リクルートエージェントはこんな人におすすめ!

  • 求人数が豊富な転職エージェントを選びたい人
  • 面接対策もしっかりフォローしてほしい人
  • 幅広い年齢層・職種に対応してほしい人

リクルートエージェント
登録はこちら(無料)

【年収500万円以上におすすめ】ビズリーチ

※画像引用元:ビズリーチ公式HP

・運営会社:株式会社ビズリーチ
・主要対応エリア:全国、一部の海外(中国、アメリカ・カナダ、ヨーロッパ他)

・求人数:公開求人79,147件 / 非公開求人不明(2022年7月時点)
・料金:有料あり
・利用者の年齢層:30代~50代
・得意な業界:全業種

ビズリーチは、年収アップを目標に転職活動を始めた人へおすすめの転職サービスです。ハイクラス求人を多数取り揃え、国内外のさまざまな企業のヘッドハンターからスカウトが届き、条件にあったスカウトに応募できる仕組みになっています。

無料でも利用できるものの、有料のプレミアムステージを利用ならば、より多くの企業の求人に触れられるため、これから伸びる業界を見つけやすいでしょう。

ビズリーチはこんな人におすすめ!

  • 年収アップを目指している人
  • ハイクラス求人を求めている人
  • 自分に合った仕事を紹介してほしい人

ビズリーチ
登録はこちら(無料)

【幅広い業界に強い】リクナビNEXT

※画像引用元:リクナビNEXT公式HP

・運営会社:株式会社リクルート
・主要対応エリア:全国、海外
・求人数:63,135件以上(2022年7月時点)
・料金:無料
・利用者の年齢層:
20代~30代
・得意な業界:
全業種

リクナビNEXT(ネクスト)は求人数・登録者数ともに、業界最大級の転職サイトです。取り扱う業種もIT系や営業職、医療系など幅広く、これから伸びる業界の仕事を見つけられる可能性があります。

また、自分の強みを診断できる「グッドポイント診断」や企業からオファーをもらえるスカウト機能、自動で職務経歴書が作成される機能など、転職希望者にとってうれしいサービスが豊富にあることも特徴です。

スマホアプリの機能性も高いため、隙間時間を利用して転職活動したい人からも高い評価を得ています。

リクナビNEXTはこんな人におすすめ!

  • 求人の選択肢は多く、探す手間は極力かけたくない人
  • 幅広い職種の求人をチェックしたい人
  • 移動中や隙間時間を活用して転職活動したい人

リクナビNEXT
登録はこちら(無料)

【エージェントと転職サイト両方使える】doda

※画像引用元:doda公式ホームページ

・運営会社:パーソルキャリア株式会社
・主要対応エリア:全国対応
・求人数:146,673件(2022年7月時点)
・料金:無料
・利用者の年齢層:20代~40代

・得意な業界:Web・IT、ベンチャー、モノづくりエンジニア、メディカル、営業・販売サービス、金融、企画職・管理部門など
dodaは、業界トップクラスの求人数を誇る総合型の転職サイトです。特徴は、自身で仕事を探す「転職サイト」と、希望に合わせて求人紹介を受けられる「転職エージェント」の2つの機能を持っていること。一人ひとりのケースに合わせたサービス選択が可能です。
 
エージェントサービスでは手厚いサポートを受けられ、初めての転職でどう進めるべきかわからないという人であっても、一つひとつのステップにサポートが充実しているため安心です。 転職初心者向けのイベントを定期開催していることもうれしいポイント。
 

また、IT企業やベンチャー企業の求人に強い傾向にあり、これから伸びる業界での仕事を探せます。

dodaはこんな人におすすめ!

  • キャリアアドバイザーから専門性の高いアドバイスを受けたい人
  • 自分に合わせた方法で転職したい人
  • 豊富な求人からじっくり転職先を厳選したい人

doda
登録はこちら(無料)

【20代に特化】キャリトレ

※画像引用元:キャリトレ公式サイト

・運営会社:株式会社ビズリーチ
・主要対応エリア:全国

・求人数:非公開
・料金:無料

・利用者の年齢層:20代
・得意な業界:20代向け

キャリトレは、20代に特化した転職サイトです。取り扱う求人の種類は若手向きのものが多く、20代の即戦力はもちろん、マネージャーや責任者といったキャリアアップ求人も取り扱っています。大手企業の求人数も少なくありません。

また、気になった企業をタップし、「興味がある」をさらにタップするだけでスカウト機能が利用できることも特徴です。

スカウトが届いた企業とは直接やり取りができ、ストレートに交渉や面接に進めます。

さらに、AIが厳選して転職者に合わせた求人のレコメンドを表示してくれるという機能もあります。求人探しに手間がかからないため、転職活動の時間を取るのが難しい人には特におすすめの機能です。

キャリトレはこんな人におすすめ!

  • 20代で自分に合った仕事を探している人
  • 現職が忙しくて転職活動に時間を割けない人
  • 使いやすい転職サービスを利用したい人

キャリトレ
登録はこちら(無料)

転職面接のよくある疑問

転職面接の経験が少ない人は、同じようなポイントでつまずきます。そもそも面接対策は必要か、面接対策の講座を受けるか迷う、面接当日の持ち物は何か、これらがよくある疑問です。以下で詳しく説明しますので、事前に悩みを解消しておきましょう。

面接対策をしないとどうなる?

十分な面接対策をしなかった人の失敗事例は、以下の通りです。

  • 話がまとまらず、伝えたいことを伝えられない
  • うっかり本音を言ってしまい、いらないことまで話してしまう
  • 企業分析が甘く、志望理由がありきたりで意欲が伝わらない

面接では自分らしさを出せばよいと考えている人もいますが、緊張する場面ではイメージ通りにはいきません。臨機応変な対応は必要ですが、質問を場当たり的に回答するとプラスどころかマイナスイメージにもなりかねません。

コミュニケーション力に自信がある人ほど、ボロが出やすいので事前準備で「言わないこと」を決めておくとよいでしょう。

面接対策の講座は受けた方がよいか?

面接対策の講座を受けようか迷っているなら、受けてみることをおすすめします。プロの視点を知ることで、自分の面接対策に足りない部分に気付けます。

また万全に準備してきた人も、不安の解消につながるので損することは無いでしょう。

とくに模擬面接は問題の洗い出しができるので、積極的に利用してみましょう。面接の経験が少ない人は、面接を受けて初めて気付くことが多いです。緊張感・弱点・対策漏れなどを、事前に把握できるのは大きな収穫になるでしょう。

面接当日にあった方がよいものは?

企業に訪問する面接当日は、持って行くべき持ち物がいくつかあります。

  • 応募書類のコピー
  • 求人情報のコピーや会社案内
  • 書類が入るバッグ
  • 筆記用具
  • スマートフォン・携帯電話
  • ハンカチ・ティッシュ・マスク
  • 現金
  • 腕時計

提出書類と面接内容が相違しないように、コピーを控えておくと安心です。また不測の事態に備えて、スマホが無くても企業の住所や時間が確認できるように準備しておきましょう。

またあった方が安心できる持ち物は以下の通りです。

  • 身分証明書
  • 印鑑
  • 手鏡
  • ブラシ
  • 整髪料
  • 携帯用靴磨き
  • トラベル用歯ブラシ
  • 予備のストッキング

企業のセキュリティチェックで身分証明が必要になることもあります。また面接前に身だしなみを整えられると、自信をもって面接に挑めます。

まとめ

この記事では転職の面接で不安を抱えている人に向けて、おすすめの対策を紹介してきました。まず3つの印象対策は、転職面接の第一印象になるので最低限のマナーとして必ずおさえましょう。

転職面接でよくある7つの質問は、共通で聞かれることが多い質問内容なので、事前に対策することで自分の魅力を十分に伝えることができ、安心して面接に挑めます。また不安を感じやすい3パターンの面接対策では、過去に何を経験してそれをどう転職後に活かすのかを伝えることが重要です。

この記事を参考にしていただき、転職の面接対策をしっかり行った上で、理想の転職先の内定獲得を目指しましょう。

以下では年代別、職種別におすすめの転職サービスを紹介した記事をまとめましたので、こちらもぜひご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました