転職を考えるきっかけ・理由とは?面接で伝えるポイントも解説

転職ノウハウ

転職したいと思っても理由が漠然としていたり、きっかけがつかめなかったりすると「ただ辞めたいだけな気もする」「曖昧なまま転職活動してもよいものか」と悩む人もいるのではないでしょうか。

実際に転職活動をはじめる場合、面接で転職理由をたずねられることが多いため、明文化しておく必要があります。しかし、周囲に転職経験がある人がいなければ相談しづらく、漠然としたまま不満や希望だけが大きくなっていくケースが少なくありません。

そこでこの記事では、前半で自分の本音を知るための転職理由の具体例、後半で応募企業に伝えるための回答例やポイントを紹介します。転職をするかどうか迷っている人はぜひ参考にしてください。

転職を考えるきっかけや理由

最初から面接向けの理由を用意するのではなく、まずは自分の本心に向き合うことが大切です。自己分析のために次のようなきっかけ・理由を参考にしてみましょう。

  • 仕事場の人間関係の不満
  • 仕事の労働条件の不満
  • 仕事の評価方法の不満
  • キャリアアップしたい
  • 他にやりたい仕事ができた
  • ライフプランの変化
  • 会社の将来性や安定性への不安

仕事場の人間関係の不満

人間関係の不満は転職理由の上位に挙がる問題です。具体的に次のようなものがあります。

  • 悪口・噂話をバラまく人間が近いところにいる
  • 上司の機嫌に仕事が左右される
  • 言葉を尽くしても伝わらない相手と協力しなければならない
  • モラル・デリカシーのない人が多い
  • 責任のなすりつけ合いが多い
  • 体育会系のノリが合わない
  • 直接的な被害はないが、雰囲気がギスギスしている

人間関係が悪いとまでは言えなくても、コミュニケーションエラーが頻発したり、情報伝達ミスによって無駄な仕事が増えたりすればストレスが溜まります。

人間関係によるストレスは精神面だけでなく体調にも悪影響を及ぼすため、自分に適した職場の風土を考えてみましょう。

仕事の労働条件の不満

労働条件の不満には次のようなものがあります。

  • 入社時とは異なる職場(支社・支店など)に配属された
  • フレックス勤務が通常勤務に変更された
  • みなし残業の時間が多い
  • 長時間労働・休日出勤が常態化している
  • 休日・有給休暇が少ない
  • 産休・育休を取得しづらい
  • 仕事内容のわりに給与が少ない

給与が高く定時退勤、福利厚生が充実している会社に転職できればベストですが、すべてを叶えるのは難しいため自分にとって一番の不満はどこにあるのかを分析しましょう。

仕事の評価方法の不満

仕事の評価方法への不満には次のようなものがあります。

  • 評価基準が提示されていない
  • 上司に気に入られた人だけが出世する
  • 自分がどれだけ成果を出してもチーム単位でしか評価されない
  • 相対評価によって足の引っ張り合いが生じている
  • 責任のある立場を任されているわりに役職手当がない
  • 勤続年数が上がっても給与は上がらない(成果報酬制)
  • 自分より成果を上げていない先輩のほうが給与が高い(年功序列制)

評価基準が明示されていなければ、評価される側もする側も公正な判断ができません。なにを改善すれば評価されるのかがわからないため、モチベーションが下がるでしょう。

また、自分に合う評価制度かどうかも重要なポイントです。

年齢にかかわらず自身の成果を重視してほしい場合は、成果報酬制が適しています。一方、将来を含めた安定収入を重視する場合は、成果に左右されない年功序列制が向いているでしょう。

キャリアアップしたい

現職の給与や待遇に不満がなくても、キャリアアップのために転職したい人もいます。キャリアアップを考えるタイミングの例は次の通りです。

  • 今の仕事を続けていると自分の市場価値が下がる気がする
  • 今の職場では新たな技術や働き方を取り入れる機会がない
  • 役職の席が埋まっていて昇進する見込みがない
  • 転職活動で自分の市場価値を知りたい
  • 身に着けたいスキルはあるが現職では習得の機会がない
  • 暇な時間が多く「これでよいのか」と感じる

スキル・経験を積めない職場で働き続けた場合、将来的な市場価値が下がる恐れがあります。

また、現在の職場で昇進できる席が空いていない場合、実力があってもキャリアアップできず、携われる業務が限られてしまうこともあるでしょう。

キャリアアップに興味がある人は、自身のスキルや強みを活かした転職をサポートしてくれる転職エージェントを活用してみましょう。次の記事では、おすすめの転職エージェント11選を利用者の声とともに紹介しています。

【プロ厳選】転職エージェントおすすめ15選を比較!選び方や賢い使い方も解説【利用者392人の声も紹介】
転職エージェントに興味があるけど、どれを選べばいいか分からないと困っていませんか?本記事ではサービスの選び方のポイント・専門家おすすめの転職エージェント11選をタイプ別に紹介します。転職エージェントのメリット・デメリットや、転職サイトとの違い、かしこい活用法についても紹介します。

他にやりたい仕事ができた

現職とは異なる仕事に興味が湧いて転職を考えるケースもあります。具体的には次の通りです。

  • 好きなことを仕事にしたが、得意なことは異なっていた
  • 得意なことを仕事にしたが、好きなことをやってみたくなった
  • 社会貢献度が高い仕事に興味がある
  • 地元の活性化に役立つ仕事がしたい

好きなことと得意なことが異なるケースは少なくありません

たとえば、自分では顧客とのコミュニケーションが苦手だと思っていても、他者と比べて営業成績がよいということがあります。

この場合、営業職を続ければ成果を積み上げれば昇進や年収アップも期待できますが、精神的には疲労してしまう可能性があります。

ライフプランの変化

入社時とは異なるライフスタイルになったり、将来のライフプランを考えたりしたときに転職を考える人は多いのではないでしょうか。具体的には次の通りです。

  • 子供が生まれ、長時間労働の職場が合わなくなった
  • 出産を計画中で育休制度・託児所などが充実している企業に転職したい
  • 副業が順調なので時間の融通がきく仕事に転職したい
  • 親の介護費用を稼ぐために年収アップしたい
  • 住宅ローン審査で有利になる大手企業に就職したい
  • 立ち仕事がつらくなってきたので事務職に転職したい

ライフプランに合わせた転職は、早めに行動を起こすことが大切です。転職にかかる期間は3カ月~半年と言われていますが、それ以上かかることもあるからです。

とくに、育児休暇制度の利用は入社後1年経過したときなど条件があるケースが多いため、ライフプランに合わせると出産予定の1年以上前には転職しておく必要があります。

会社の将来性や安定性への不安

会社への不信感・先行きへの不安を感じて転職を考える人もいます。例としては次のようなものがあります。

  • 会社の方向性・経営陣の考え方に共感できない
  • 業績が低迷・悪化しており給与アップが期待できない
  • 利益に対する意識が低い
  • 辞める人が多い
  • 後進が育っていない・育てる環境がない
  • 従業員の平均年齢が高く、多くの人が定年退職するタイミングが不安
  • 新たな技術を取り入れようとする姿勢がない
  • 社長が高齢で継ぐ人材もいない

会社の将来性・安定性に不安があると、転職が難しい年齢で給与が下がったりリストラされたりするリスクがあります。あるいは、辞める人が増えて残った人が激務になることもあるでしょう。

会社の風土や体制などの抜本的な改革が必要なレベルであれば、個人の努力だけで改善することは難しいため転職を検討しましょう。

【年代別】転職のきっかけや理由

年代によってライフステージや会社内でアクセスできる情報に差があるため、転職のきっかけ・理由にも違いが出てきます。20代・30代・40代別で見ていきましょう。

20代に多い転職のきっかけ

20代は新卒入社した会社から転職を考える人が多い傾向にあります。20代の転職のきっかけの代表例は次の通りです。

  • 思い描いていた業務とは異なっていた、やりがいがない
  • 希望エリアではない支店・支社に配属された
  • 給料が低い
  • 長時間労働・休日出勤が多い
  • スキルアップや挑戦の機会がない
  • 20代の内に転職するほうが有利だと聞いたことがある

20代前半では新卒入社した会社とのミスマッチ、20代後半では自分の将来のためのスキルアップが理由として多く挙がります。

転職市場でニーズが多いのは20代半ば~30代前半、20代前半は第二新卒扱いで即戦力ではなくても採用してもらえる可能性があるため、早いうちに転職活動を始めると希望条件とマッチしやすくなるでしょう。

次の記事では20代におすすめの転職エージェントを紹介しています。

【20代向け】おすすめの転職エージェント15選をタイプ別に紹介!
20代の転職は初めてのケースが多く、不安があるかもしれません。そこで未経験・経験の少ない20代や慎重に転職したい人におすすめなのが、転職エージェントです。本記事では20代向けの転職エージェント、さらに初めての転職に役立つ情報も解説します。

30代に多い転職のきっかけ

30代は20代で培ったスキル・経験を活かした転職が増えてくる年代です。30代で転職のきっかけの代表例は次の通りです。

  • スキルアップ・キャリアアップを望んでいる
  • 他社の同世代と比べて業務の割に給与が低いと感じられる
  • 人事・評価制度に不満がある
  • 他社からヘッドハンティングの打診があった
  • 結婚や育児などでライフスタイルの変化が訪れた
  • 管理職に昇進し激務になった
  • 親の介護問題が視野に入り、Uターン就職を検討し始めた

30代は教えてもらう立場から教える側になるため、20代とは業務の負荷が大きく変わります。一方、給与や待遇は40代の役職クラスほどではないため、ストレスを感じやすくなるでしょう。

また、社外とのやりとりが増えて信頼関係を築けるようになると、ヘッドハンティングを受けるケースがあります。他社から必要とされることで自分の市場価値を認識し、転職への意欲が増していきます。

次の記事では30代におすすめの転職エージェントを紹介しています。

30代におすすめの転職エージェント13選!未経験でも転職はできる?
30代という年代は、中堅として社内での重要度が高まる一方、30代でも転職可能かと不安を感じている方も少なくありません。本記事では30代転職におすすめの転職エージェント13選や企業が30代に求めるポイントや転職エージェントの活用法を紹介します。

40代に多い転職のきっかけ

40代で転職のきっかけの代表例は次の通りです。

  • 会社のコアな情報にアクセスできるようになり、将来性に不安を覚えた
  • 役職手当が少なく激務と見合わない
  • 経営層と現場の板挟みになり精神的に疲弊している
  • 親の介護が始まり現在の労働時間・給与ではバランスがとれない
  • 子供に手がかからなくなり働き方を見直したい
  • 早期退職勧告を受けた
  • 老後の資金確保のために年収アップを望んでいる

40代は現在の職場でも役職についている人が多く、即戦力かつ役職クラスのヘッドハンティングが転職の主流になってくる年代です。その反面、マネジメント経験がない場合は転職活動の難易度が上がります。

また、ライフステージにも大きな変化が訪れる年代でもあります。親の介護・育児の落ち着き・自身の老後への備えなど考えることが多くなるため、解決の一手として転職を考える人もいるでしょう。

次の記事では40代におすすめの転職エージェントを紹介しています。

40代転職におすすめの転職エージェント10選!特徴・選び方を解説
40代の求人が少ない理由と、40代の転職に転職エージェントが必要な理由をわかりやすく解説し、おすすめの転職エージェント10選を選び方とあわせて紹介します。さらに転職エージェントを最大限に活用するためのポイントも詳しく説明します。

面接で転職理由を質問されたときの回答例

面接で転職理由を質問されたとき、本音をそのまま伝えるのも考え物です。例えば、前職への不満だけを転職理由に挙げた場合、「せっかく採用してもすぐ辞めるのでは」「同じ不満を抱えるのでは」という不安を与えてしまいます。

たとえネガティブな理由だとしても、言い回しを変えるだけで、採用側に与える印象は大きく異なります。本音と回答例を表にしているので、参考にしてみましょう。

本音 回答例 ポイント
給料が少ない 実力が評価に反映される職場で働きたいと考えました。御社の成果に応じたインセンティブ・キャリアアップ制度に魅力を感じ、転職を希望しました。
  • 「高い給与が欲しい」ではなく、「成果に見合った報酬が欲しい」と言い換える
  • 応募企業ならではの特徴を入れる
長時間労働がつらい 現在の職場では従業員の平均残業時間が1カ月あたり150時間を超え、長時間労働が常態化しています。業務効率化の改善策を提示しましたが、新たな手法は受け入れられませんでした。効率的に業務を進め、成果をあげたいという気持ちが強くなり転職を決意しました。
  • 具体的な時間を伝えて説得力を増す
  • 改善策を提案したことを伝える
  • 今後どう働きたいかを伝える
営業ノルマがきつい 現在の職場では契約獲得数はトップクラスでしたが、顧客1人1人に向き合う時間が限られ、リピート率が低いことが悩みでした。顧客との強い信頼関係を築き、長くお取引をいただけるような営業がしたいと考えました。
  • 自分の成績をアピールする
  • 応募企業の営業方針に合わせた内容にする
人間関係が悪かった 現職では個々で成果を上げることが重視されているため、社員間で協力する機会がありませんでした。知識や技術を共有し、効率化することでより高い成果を目指せる職場で働きたいと考え転職を決意しました。
  • 人間関係の悪さを個人主義と言い換える
  • チームワークを重視しているという方向で話を展開する

面接で転職理由を伝えるポイント

転職理由は人によってさまざまですが、応募企業に伝えるときの基本的なポイントは共通しています。次の3点を重視して回答を用意しておきましょう。

  • キャリアプランと一貫性を持たせる
  • 言わないことを決めておく
  • ポジティブな言い方にする

キャリアプランと一貫性を持たせる

まずは、キャリアプラン(志望動機)と転職理由に一貫性のあるOK例と一貫性のないNG例を見てみましょう。

項目 内容
OK例 現職で〇〇のスキルを身に着けましたが、専門性を発揮できる案件が少ないことが悩みでした。〇〇を専門としている御社なら、スキルを活かせると考えました。
NG例 現職で〇〇のスキルを身に着けましたが、専門性を発揮できる案件が少ないことに悩み、転職を決意しました。ワークライフバランスも重視しているため、制度が充実している御社を志望しました。

極端な例に見えますが、会話が進むとNG例のようにちぐはぐな印象を与えてしまうことが少なくありません。このような事態を防ぐためには、もっともアピールしたいこと・転職の軸を決めておくことが大切です。

冒頭で紹介した転職のきっかけ・理由の例を参考にしながら、徹底的に自己分析をおこないましょう。そのうえで、応募企業の特性や自己アピールできるポイントを織り交ぜながら回答を準備すれば、面接でもスムーズに話せるはずです。

言わないことを決めておく

転職理由として「転職先でもあり得ること」「漠然としたこと」を話すのは避けたほうがよいでしょう。次のような理由を述べた場合、面接官が危惧することを表で紹介します。

転職理由 面接官が危惧すること
人間関係の悩み 入社後に同僚と仲良くなれなければ、また辞めるのではないか
通勤時間が長かった 何分なら耐えられるのか。忍耐力が不安
長時間労働がつらかった 実際の労働時間・長時間労働の背景がわからず、能力不足による残業を疑う
正当な評価をしてもらえなかった どのような成果に対して評価されなかったのかがわからず、評価が不当だったのか判断できない

あらかじめ「言わない」と決めておくことで、会話のなかで口走ってしまうリスクを低減できます。

ポジティブな言い方にする

回答例でも触れましたが、ネガティブな情報をポジティブな言い方に変換することは転職活動のテクニックの1つです。具体的なキーワードの変換例を見てみましょう。

ネガティブ ポジティブ
やりがいがない・ルーティンワークに飽きた スキル・知識を活かしたい
給与が少ない 成果が待遇に反映される職場で働きたい
人間関係が悪い 個人主義の職場ではなく、チームワークを重視したい
成長できない スキルを磨きたい・経験を積みたい
ノルマがきつい 顧客のニーズをくみ取り信頼を獲得したい
現職の会社の将来性が不安 御社の経営理念「〇〇」に深く共感した
強みになるスキルがない 〇〇の経験を活かしスキルアップしたい
未経験の仕事 〇〇に強い関心があり、独学ではあるが学んだことを活かしたい

嘘をつくのはNGですが、ポジティブな言い換えは本心と言えます。罪悪感を抱くことなく堂々と伝えましょう。

転職するか迷った時に考えること

現職に不満があったり新たにやりたいことができたりしても、実際に転職するとなると迷うことがあるでしょう。後悔しない選択をするために、次の2点を実践し検討してみましょう。

  • 転職したい理由を書き出してみる
  • 現職場で改善できないか考える

転職したい理由を書き出してみる

転職する理由は1つとは限りません。まずは思いつくままに、本音をリストアップしてみましょう。可視化することで自分の考えを整理しやすくなります

理由のなかには「辞めたい理由」と「転職したい理由」が混在しているはずです。辞めたい理由のなかには、他社に転職しても改善しないことが含まれる場合があります。転職だけが解決策なのかを冷静に見極めましょう。

転職したい理由を書きだしたあとは、自分の強みや弱みもリストアップしましょう。

たとえば、転職したい理由として「給料の少なさ」をあげていたとしても、高い給与を望めるスキルが伴っていなければ転職で改善はできません。抱えている不満が正当なものかどうかを判断するために重要なポイントです。

現職場で改善できないか考える

精神的・肉体的に疲弊していて、今すぐ辞めなければ限界がくるという状態でなければ、現職で改善に努めてみるのも1つの選択肢です。不満と改善の例を見てみましょう。

不満 改善策
給与が少ない
  • 評価基準を再確認し自分が不足しているところを見直す
  • 成果を積み上げて上長に交渉する
長時間労働・休日出勤がつらい
  • 業務を効率化する手段がないか検討する
  • 長時間労働の原因をつきとめ改善策を提案する
スキルアップできない
  • 現職で学べることをリストアップする
  • 独学でスキルアップする
キャリアアップできない
  • 役職にこだわらず昇給に力を入れる
  • 周囲の信頼を獲得し発言力を高める
ライフプランの変化に対応できない
  • 無駄にしている時間がないか見直す
  • 投資や副業で収入アップを狙う
  • 行政・民間のサービスの利用を検討する
会社の将来性が不安
  • 不安の原因をつきとめ改善策を提案する
  • 同僚の協力を得て社内改革に挑む

現職への不満が大きいと改善のために動くことを忘れがちですが、視点を変えれば転職せずに希望条件に合う職場へ変えられる可能性があります

1人では改善が難しくても、周囲と協力すれば変化を起こせることがあるので、信頼できる人に相談してみましょう。

転職するなら転職エージェントも活用しよう

検討の結果、転職することが最善と判断できたときは転職活動を開始しましょう。現職で収入を得ながら転職活動をする場合は、フルサポートを受けられる転職エージェントがおすすめです。

転職先の内部事情を教えてもらえる

転職エージェントでは企業担当者が各社の従業員とコミュニケーションをとったり実際に足を運んだりすることで、求人票には掲載されていないリアルな情報を収集しています。具体例は次の通りです。

  • 会社の雰囲気
  • 経営状況
  • 求められる人物像・スキルの詳細
  • 男女比・年齢層
  • 残業時間
  • 業界のなかでの立ち位置・競合
  • 業界全体の動向・展望

また、重要ポジションや新規事業担当者の募集など、競合他社に知られないよう非公開にしている求人も転職エージェントなら提供できます

企業とのコミュニケーションのなかで信頼を獲得し、非公開求人の情報を入手しているからです。スキル・キャリアがあれば、好待遇・高収入の非公開求人に出会えるチャンスがあるでしょう。

次の記事ではおすすめの転職エージェント11選を紹介しています。

【プロ厳選】転職エージェントおすすめ15選を比較!選び方や賢い使い方も解説【利用者392人の声も紹介】
転職エージェントに興味があるけど、どれを選べばいいか分からないと困っていませんか?本記事ではサービスの選び方のポイント・専門家おすすめの転職エージェント11選をタイプ別に紹介します。転職エージェントのメリット・デメリットや、転職サイトとの違い、かしこい活用法についても紹介します。

転職活動をサポートしてくれる

転職エージェントに登録すると、コンシェルジュやキャリアアドバイザーといった担当者がつきます。サポート内容は転職エージェントによって異なりますが、基本的な内容は次の通りです。

  • カウンセリング(強み・弱み・転職理由・希望条件などのヒアリングと分析)
  • 履歴書・職務経歴書の添削
  • 面接のアドバイス
  • 求人の紹介
  • 企業への応募代行
  • 面接の日程・場所の調整
  • 企業との条件交渉

このほか、退職手続きのサポートや入社後のアフターフォローなどのサービスを受けられる場合もあります。

自己分析のサポートや面接の日程調整など、忙しいなかでも円滑に転職活動を進めやすいサポートが豊富なので活用してみましょう。

おすすめの転職エージェント2選

こちらではエージェントを利用するなら登録しておきたいおすすめの転職エージェントを2つ紹介します。

  • リクルートエージェント
  • dodaエージェントサービス
リクルートエージェント

※画像出典元:リクルートエージェント公式HP

・運営会社:株式会社リクルート
・求人案件数:公開求人17万9,709件 /非公開求人24万734件(2022年4月時点)
・対応職種:営業、経営、事務、IT・エンジニア、電気、医薬・化粧品、コンサルタント、建設など
・対応エリア:全国・海外

リクルートエージェントは、求人数が国内No.1の大規模な総合型転職エージェントです。公開求人の多さもさることながら、非公開求人数も豊富なので新たな出会いにも期待できます。

業界ごとに経験豊富なアドバイザーが在籍していることも魅力です。各業界、職種に精通しているため、経歴やスキルの価値を正しく評価してもらえます。

また、転職者に対するサポート体制の充実度は大手ならではなので、50代の転職にも効果的でしょう。

リクルートエージェントはこんな人におすすめ!

  • 国内最大級の求人数のなかから仕事探しをしたい人
  • 業界に詳しい人からアドバイスをもらいたい人
  • 大手ならではの充実したサポートを受けたい人

リクルートエージェントについて、より詳しく知りたい人はこちらの記事もおすすめです。

dodaエージェントサービス

※画像出典元:dodaエージェントサービス公式HP

・運営会社:パーソルキャリア株式会社
・求人案件数:公開求人13万399件(2022年4月時点)
・対応職種:営業、企画・管理、技術職、専門職、クリエイティブ、販売、公務員・教育、事務、医療系、金融系など
・対応エリア:全国・海外

doda(デューダ)は、転職求人サイトスカウトサービスなど、さまざまな転職支援サービスを提供する総合転職サイトです。各サービスは連携しており、併用することによってより効率的・効果的な転職活動ができます。

エージェントサービスでは、非公開求人を含めて約10万件の求人情報を持っています。業界・職種・エリアごとに詳しいキャリアアドバイザーが在籍しているため、自身の希望に合わせたアドバイスを受けられるでしょう。

また、年収査定合格診断など、「転職するかどうか迷っている」人に役立つツールもあります。ぜひ活用してみてください。

dodaエージェントサービスはこんな人におすすめ!

  • 約10万件の豊富な情報から自身に適した求人を探してほしい人
  • 転職サイトやスカウトサービスを併用して効率的に転職したい人
  • 年収査定や合格診断といったツールを利用したい人

他にも、おすすめの転職エージェントについては次の記事で詳しく紹介しています。気になる人はご覧ください。

【プロ厳選】転職エージェントおすすめ15選を比較!選び方や賢い使い方も解説【利用者392人の声も紹介】
転職エージェントに興味があるけど、どれを選べばいいか分からないと困っていませんか?本記事ではサービスの選び方のポイント・専門家おすすめの転職エージェント11選をタイプ別に紹介します。転職エージェントのメリット・デメリットや、転職サイトとの違い、かしこい活用法についても紹介します。

まとめ

転職理由は人によってさまざまであり、1つとは限りません。しかし、応募企業との面接時間は限られているため、すべてを話すことは不可能です。

自分がもっとも改善したいポイントと応募企業の特性が合致していることに話題を絞り、一貫性のあるエピソードを展開することが求められます。

まずは自分の本音としっかり向き合い、改善したいポイントの優先度を確認しましょう。優先度が高い項目にはエピソードが伴っているはずです。また、自己分析を徹底すれば、転職先に求める条件も自然と見えてきます。

自己分析がうまくいかないときは、転職エージェントに登録してカウンセリングを受けるのも1つの手段です。客観的なアドバイスをもらえるため、考えを整理しやすくなります。

今後の人生にもかかわる大きな決断なので、後悔のないようできることからはじめてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました