[PR]

ビズリーチの審査に落ちた際の対処法はある?落ちる原因や対策を解説

転職サービスの評判・口コミ
本ページはプロモーションが含まれています。

ビズリーチは、ハイクラス転職向けの大手転職サイトです。印象強いCMや電車の広告などで認知している人も多いでしょう。

そんなビズリーチですが利用するためには、ビズリーチ側が設ける審査に受かる必要があります。しかしその審査は場合によって落ちることもあるのです。

この記事では、ビズリーチの審査に落ちてしまう原因や対策、ビズリーチ以外の転職サイト、ビズリーチの審査に関する質問などを解説します。「審査に落ちてしまって、再審査を受けたい……」と考えている方はぜひ参考にしてみてください。

今の自分の年収は適正なのか?」「他の会社だったらいくらもらえるのか?」と気になりませんか?無料で簡単に自分の市場価値を知るならビズリーチに登録するのがおすすめです!

スキマ時間に登録しておくだけで、企業からスカウトを受け取れます。スカウトのあった企業の規模や年収で、自分の市場価値を見極められるでしょう。

編集部
編集部

ビズリーチの強みはこちら!

・会員登録するだけでスカウトが届く
好待遇な求人が豊富
転職後の平均年収は840〜960万円

口コミでも「思ってもみなかった好待遇のスカウトが来た」「自分がもらっている給料が、市場では安いことがわかって転職の決断ができた」との声が多いため、興味がある人は一度登録してどんなスカウトが来るか見てみましょう。

ビズリーチ
登録はこちら(無料)

公式サイト:https://www.bizreach.jp/

自分のキャリアについて悩んでいる人は、ビズリーチとあわせて「キャリアコーチング」の無料カウンセリング相談を受けると良いでしょう!

キャリドラは「キャリアアップしたいけど、やり方がわからない」人に向いているキャリアコーチングで、マンツーマンでキャリアに関するサポートが受けられ、自分のキャリアの軸が見つかります。

編集部
編集部

キャリドラの強みはこちら!

・年収アップ、キャリアアップを目指せる自分用のカリキュラムを作成
完全オンラインで全国どこでも受講できる
ハイクラス転職に成功した現役のトレーナーによるコーチング

キャリドラ
無料カウンセリングを受ける

公式サイト:https://careerdrive.jp/

場合によって審査に落ちることがある

ビズリーチは審査基準に関して公開はしていませんが、審査に通らずビズリーチのサービスが使えないケースがあります。

ただし、一度落ちてしまっても再度審査を受けられるため、考えられる原因と対策をおこなったうえで再チャレンジすると良いでしょう。

続いて、ビズリーチの審査に落ちた原因を解明していきます。

ビズリーチ公式サイトはこちら

ビズリーチの審査に落ちた原因

「なぜビズリーチの審査に落ちてしまったんだろう……」と悩む方も多いでしょう。

ビズリーチの審査に落ちてしまった原因として、

  • 職歴が浅い
  • スキルを持っていない
  • 年収がビズリーチの基準に達していない
  • 経歴が特殊である
  • 転職回数が多い

などが挙げられます。

職歴が浅い

まず職歴が浅いと、ビズリーチの審査に落ちる可能性があるでしょう。ビズリーチはハイクラス向けの転職サイトです。そのため、ミドル層を含め管理者やマネジメントなど役職についた求職者を対象にしています。

  • 新卒や第二新卒
  • フリーターからの転職
  • 今まで役職についたことがない

などといった人は、ビズリーチの審査に落ちてしまう可能性が高いでしょう。

スキルを持っていない

スキルを持っていない場合も、ビズリーチの審査に落ちる原因になると考えられます。

ビズリーチの公式サイトに「ビズリーチは、即戦力のあなたにスカウトが届くハイクラス転職サイトです」というキャッチコピーがあるように、即戦力=スキルや専門性が求められるのです。

そのため、資格やスキルなどの即戦力になれる証明を提示する必要があると考えられます。

年収がビズリーチの基準に達していない

年収がビズリーチの基準に達していないのも原因かもしれません。

ビズリーチに掲載されている求人を見ると、平均年収が800万~1200万円程度の案件がほとんどです。そのため、自身の年収が800万円からほど遠い場合、審査が通らない可能性があります。

しかし、絶対とは限らないため、経歴やスキル、職務経歴書など十分に対策したうえで再度審査を受けてみると良いでしょう。

経歴が特殊である

経歴が特殊な場合、ビズリーチの審査が通らない可能性があります。

  • 前職の職業がビズリーチが求める即戦力とはかけ離れている
  • 経歴に一貫性がない
  • 長期にわたって無職の期間がある
  • 以前ビズリーチを利用していて、トラブルを起こした
  • 経歴を詐称している

などが挙げられます。

転職回数が多い

転職回数が多いのも、ビズリーチの審査に落ちる原因と考えられます。

たとえ自身はやりがいや成長のために転職を繰り返したとしても、ビズリーチの立場からすると、「すぐ辞めてしまう人材は企業に紹介しにくい……」と考える可能性があるでしょう。

もしキャリアアップのための転職であれば、職務経歴書などでアピールする必要があります。

職務経歴書の情報が不足している

もしかすると、職務経歴書の情報が不足していたのが原因で、審査に通らなかったかもしれません。

  • 前職でどのような役職についていたのか
  • どのような成功を収めたのか

など、自身のアピールポイントを詳細に記載すると、再審査で通る可能性があります。

ビズリーチ公式サイト

ビズリーチの審査に落ちた場合の対策

落ちた原因を推測したところで、次にビズリーチの審査に落ちた場合の対策をおこないましょう。

ビズリーチの審査に落ちた場合の対策は次の通りです。

  • 職務経歴書を詳細に書いて再審査を受ける
  • 他社のスカウト転職サービスを活用する
  • 転職サイトやハローワークを利用する
  • スキルを身につけてから再挑戦する
  • 転職エージェントを利用する

それぞれの対策について見ていきましょう。

職務経歴書を詳細に書いて再審査を受ける

初めに提出した職務経歴書に足りなかった点はなかったか、確認してみましょう。

もし自身で判断がつかない場合は友人や先輩など、第三者にチェックしてもらうのも一つの方法です。

自分では完璧と思っていても、客観的に見てみると、伝わりにくい箇所があるかもしれません。いままでの経歴を十分にアピールできるようにしましょう。

他社のハイクラス転職サイトを活用する

他社のスカウト転職サービスを活用するのも一つの方法です。現在は、ビズリーチ以外にもハイクラス向けの転職サービスはたくさんあります。

近年では大手の株式会社リクルートや、パーソルキャリア株式会社でもハイクラス向けのサイトを展開しています。

そのため、決してビズリーチだけに固執する必要はないのです。もしくはビズリーチの再審査を受けながら併用するのも良いでしょう。

転職サイトやハローワークを利用する

転職サイトやハローワークを利用するのも良いでしょう。これらには利用するために審査を受ける必要はありません。

また、自身が希望する条件に合わせてたくさんの求人を検索・応募が可能です。

ただし、面接対策や求人紹介などは対応していないので、自身ですべておこなう必要があります。

スキルを身につけてから再挑戦する

ビズリーチの再審査を少しあとにずらして、スキルを身につけてから再挑戦するのも一つの方法でしょう。

もし、スキルや資格以外の項目はすべてクリアしているのにもかかわらず、審査が通らなかったのならば即戦力になるようなスキルを持ち合わせていないと判断された可能性があります。

どうしてもビズリーチの求人から仕事を見つけたいという場合は、時間をかけてスキルを身につけてからチャレンジしてみると良いでしょう。

転職エージェントを利用する

先述のとおり、ビズリーチは即戦力をスカウトしたいと考えているため、職務経歴書や年収などを重視する傾向にあります。

「自分だけでは、対策や審査が通る職務経歴書の書き方がわからない」「第三者のアドバイスがほしい」「ビズリーチ以外のハイクラス転職サービスを知りたい」

と考えているならば、転職エージェントの活用をおすすめします。自分たちだけでは知り得ないキャリアアップのノウハウやヒントなどを教えてくれるでしょう。下の見出しで、おすすめの転職エージェントを紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

ビズリーチ公式サイト

おすすめの転職エージェント5選

「ビズリーチの再審査は諦めよう……」「ビズリーチのようなハイクラス転職サイトを知りたい」という方におすすめの転職エージェント5選を紹介します。

サービス
JACリクルートメント リクルート
エグゼクティブエージェント
LHH転職エージェント doda X AMBI
公開
求人数
8,212  非公開 17,633 45,249 約90,000
非公開
求人数
 非公開  非公開 非公開 非公開
対応エリア 全国 全国、海外 全国、海外 全国、海外 全国
得意領域 外資系
グローバル求人
スペシャリスト
経営層向け求人
総合的な求人

・専門職
・企画
・管理職

・IT
・インターネット
・ゲーム
・メーカー
・商社
特徴

・外資系や海外の求人
・30~50代向けの向け
管理、技術職が多い

・ハイクラス向け
・企業の深い情報
を知ることが可能
・キャリアコンサルティング

・提出書類や面接のアドバイス
・求人検索
・個別相談会
・スカウト機能
・求人検索
・キャリアコーチング(有料)
・20代後半~30代前半のハイキャリア向け
・年収400万円以上でないと登録不可
公式サイト

※求人数は2023年2月時点、編集部調べ

外資系や海外進出している企業に転職したいなら|JACリクルートメント

※画像引用元:JACリクルートメント公式HP

運営会社 株式会社ジェイエイシーリクルートメント
求人数 8,212件(2023年2月時点)
対応エリア 全国
主な特徴やサービス ・転職コンサルティング
・求人検索
・スカウト・求人オファー機能
JACリクルートメントは、イギリス・ロンドンの企業が運営しているハイクラス向けの転職エージェントです。
そのため、外資系やグローバル企業の案件が多いのが特徴です。希望する業界によって専任の担当者がつくため、転職の不安も解消してくれるでしょう。
JACリクルートメントはこんな人におすすめ!

・外資系やグローバル企業に勤めたい人
・丁寧なサポートを経て転職したい
・30~50代の人

JACリクルートメント公式サイト

キャリアアップを目指したいなら|リクルートエグゼクティブエージェント

※画像引用元:リクルートエグゼクティブエージェント

運営会社 株式会社リクルートエグゼクティブエージェント
求人数 非公開
対応エリア 全国/海外
主な特徴やサービス キャリアコンサルティング

リクルートエグゼクティブは、リクルートグループのエグゼクティブ向けの転職エージェントです。

得意な業界としては

  • 製造業
  • インフラ
  • IT
  • Web

などが挙げられます。また、経営幹部や管理向けの求人が多く、キャリアアップしたい方におすすめです。

リクルートエグゼクティブエージェントはこんな人におすすめ!
・経営幹部や管理者の求人を探している人
・大手の転職サイトを使いたい人
・案件数が多い転職エージェントを使用したい人

リクルートエグゼクティブエージェント公式サイト

外資系でキャリアアップしたいなら|LHH転職エージェント

※画像引用元:LHH転職エージェント公式HP

運営会社 アデコ株式会社
求人数 公開17,633件/非公開件(2023年2月時点)
対応エリア 全国・海外
主な特徴やサービス ・提出書類や面接のアドバイス
・求人検索
・個別相談会
LHH転職エージェントは、大手派遣会社で有名なアデコ株式会社が運営している転職エージェントです。年収800万円以上の厳選求人が豊富で、エージェントの手厚いサポートも好評です。
主に得意な業界として、
  • IT・通信系
  • 広告・メディア系
  • 商社
  • 金融保険系
などが挙げられます。案件数も多いため、なるべくたくさんの案件から吟味したい方に合っているでしょう。
LHH転職エージェントはこんな人におすすめ!
・年収800万円以上の求人を探している人
・案件数が多い転職エージェントを使いたい人
・手厚いサポートを受けたい人

大手・上場企業を目指すなら|doda X

※画像引用元:doda X

運営会社 パーソルキャリア株式会社
求人数 46,593件(2023年2月時点)
対応エリア 全国/海外
主な特徴やサービス ・スカウト機能
・求人検索
・キャリアコーチング(有料)
doda Xは大手人材紹介会社であるパーソルキャリアが運営している転職サイトです。doda Xでは年収800万円以上のハイクラス求人がたくさん掲載されており、自分が求めている求人に出会える可能性が高いでしょう。
また、自身で求人検索を行えるのみならず、ヘッドハンターよりスカウトが来る機能が搭載されています。効率よく転職活動を行いたい人にdoda Xは向いているでしょう。
doda Xはこんな人におすすめ!
・効率よく転職活動を行いたい人
・大手企業のハイクラス求人をチェックしたい人
・年収800万円以上を目指している人

doda X公式サイトはこちら

20代でハイクラス求人を探しているなら|AMBI

※画像引用元:AMBI公式HP

運営会社 エン・ジャパン株式会社
求人数 約90,000件(2023年2月時点)
対応エリア 全国
主な特徴やサービス ・20代・30代のハイキャリア転職に強い
・応募前に合格可能性がわかる
・アプリゲームのように気軽に利用できる
AMBIはエン・ジャパン株式会社が運営する転職サイトで、求人数は2023年2月時点で9万以上と圧倒的な多さを誇ります。
AMBIは年収400万円以上の方でないと利用できません。そのため、20~30代で年収400万円以上の仕事を探している人に向いているでしょう。
若手をターゲットとした転職サイトは珍しく、20~30代前半でハイキャリア転職を目指している方にはおすすめです。
得意な業界としては、
  • マーケティング
  • 営業
  • PR
  • 企画
  • 経営

などが挙げられます。

AMBIはこんな人はおすすめ!
・20代後半~30代前半の人
・年収400万円以上にチャレンジしたい人
・キャリアアップを目指している人

ビズリーチの審査でよくある質問

ビズリーチの審査でよくある質問をまとめました。

  • タレント会員とハイクラス会員の違いは何?
  • ビズリーチは第二新卒でも登録できる?
  • ビズリーチに登録すると在籍している会社に知られる?
  • 審査期間はどのくらい?
  • 学歴は関係ある?

タレント会員とハイクラス会員の違いは何?

ビズリーチは登録時の審査で「タレント会員」と「ハイクラス会員」どちらかのクラスに分けられます。

下記の表は2つの会員の違いです。

会員クラス タレント会員 ハイクラス会員
審査基準 いまの年収が750万円未満 いまの年収が750万円以上
ハイクラス限定求人の閲覧・応募 できない できる
料金 月5,478円(税込) 月5,478円(税込)

現在の年収によってクラスが分かれ、ハイクラス会員になればハイクラス限定求人の閲覧や応募が可能です。

ビズリーチは第二新卒でも登録できる?

ビズリーチは第二新卒でも登録できます。ただし、ビズリーチはあくまでもハイクラス転職サイトです。

そのため、掲載されているのは年収800万円以上の求人が多く、求められるスキルも高いものでしょう。

第二新卒でスキルが足りていなかったり、経歴が浅かったりすると審査に通らない可能性があります。

ビズリーチに登録すると在籍している会社に知られる?

ビズリーチに登録した旨を現職の会社に知られることはないでしょう。

ビズリーチに登録したプロフィール等は特定されない範囲で公開されるため、心配はありません。

ただし、SNSや職場の仲間に転職していることを話したり、職場でビズリーチのヘッドハンターと電話したりした場合、情報が洩れるおそれがあるため、入念な対策が必要です。

審査期間はどのくらい?

ビズリーチの審査は、登録してから3営業日以内に審査結果がメールで届きます。

学歴は関係ある?

ビズリーチは、あまり学歴は重視していない傾向にあります。高卒や専門、大卒、大学院卒など関係なく利用が可能です。学歴ではなくスキルや経歴のほうが審査に関係すると考えられるでしょう。

ビズリーチ公式サイトはこちら

まとめ

この記事では、ビズリーチの審査に落ちた際に考えられる原因や対策、ビズリーチに関するよくある質問をご紹介しました。ビズリーチ側は審査の条件はとくに公開はしていませんが、

  • スキルや能力が足りない
  • 経歴が浅い
  • 職務経歴書の内容が不足している

など、憶測することはできます。再度審査を受けられるので、十分に準備したうえでチャレンジしてみましょう。

また、ビズリーチ以外でもハイクラス転職サイトやエージェントはたくさんあります。視野を広げて、転職活動を行うと、また新しい発見があるはずです。


◆記事で紹介した商品・サービスを購入・申込すると、売上の一部がマイナビニュース・マイナビウーマンに還元されることがあります。◆特定商品・サービスの広告を行う場合には、商品・サービス情報に「PR」表記を記載します。◆紹介している情報は、必ずしも個々の商品・サービスの安全性・有効性を示しているわけではありません。商品・サービスを選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品・サービススペックは、メーカーやサービス事業者のホームページの情報を参考にしています。◆記事内容は記事作成時のもので、その後、商品・サービスのリニューアルによって仕様やサービス内容が変更されていたり、販売・提供が中止されている場合があります。
タイトルとURLをコピーしました