転職活動の8つの方法を紹介!転職の流れと成功のコツなども解説

おすすめ転職エージェント

「転職にはどんなやり方があるのかわからない」「初めての転職活動でスケジュール感もつかめていない」と困ってはいませんか。転職活動の方法は複数あり、自分に合ったやり方を取り入れることで、スムーズに新しい仕事を見つけられるでしょう。スケジュールも事前に把握しておけば、より円滑な転職活動を目指せます。

そこでこの記事では、転職活動の流れやスケジュール、8つの転職方法などを紹介します。また、転職活動を成功させる5つのポイントや年代別のおすすめの転職支援サービスも取り上げます。本記事を参考にして、自分に合った転職活動の方法を見つけ、転職を成功させましょう。

転職を考えている場合は、就職サポートをしてくれる転職エージェントの利用がおすすめです。基本的に無料で使えるので、転職が気になる人は一度登録して、求人を探してみましょう。

こちらでは、求人数が業界最大級のリクルートエージェントをご紹介します。

リクルートエージェントの強み
・求人数が国内No.1
・業界ごとに経験豊富なアドバイザーが在籍
・大手ならではサポート体制の充実度

口コミでも「求人案件の質と量がよかった」「信頼できる会社・担当者だった」との声が多いため、興味がある人は一度登録して、気になる求人はないか確認してみましょう。

リクルートエージェント
登録はこちら(無料)

転職活動の流れをチェック

転職活動は、3~6ヵ月ほどかかることが一般的です。ここでは、転職活動のスケジュールと流れを解説します。

転職活動のスケジュール

転職活動は、準備から内定までに3~6ヵ月程度の期間が必要です。転職活動の細かなスケジュールは、以下の通りです。

  1. 準備:約10日
  2. 書類作成・求人応募:約14日
  3. 面接:約1ヵ月
  4. 内定・退職:約1ヵ月

転職活動がうまく進まなかったり、複数回の面接があったりする場合、応募から面接、内定・退職に関しては、2~3ヵ月かかるケースもあります。すぐに新しい仕事が決まるわけではないため、余裕をもったスケジュールを立てることが大切です。

転職活動の流れ

転職活動の流れを詳しくみていきましょう。

転職活動の流れ詳細
準備
  • 転職目的の整理やキャリアの棚卸など、自己分析をおこなう
  • 応募する会社を探す
書類作成・求人応募
  • 履歴書・職務経歴書を作成する
  • 気になる企業の求人に応募する
面接
  • 書類選考に通過した後、面接をおこなう
  • 面接前には、面接対策を忘れない
内定・退職
  • 内定が決まったら、退職手続きをおこなう
  • 今の職場の引継ぎも怠らない

事前準備や書類作成に関しては新卒入社のときと同じような流れですが、転職の場合は退職手続きや引継ぎなど、新しくやることもあります。事務手続きや備品の返却などを忘れずに対応し、円満退社を目指しましょう。

転職者がよく利用する転職方法は?

転職活動の方法にはどのような種類があるのでしょうか。よく利用される転職方法と、割合を表にまとめました。

転職方法割合(%)
求人サイト・求人情報誌・新聞など39.4
公的機関(ハローワークなど)34.3
知人や友人などの縁故26.8
企業ホームページ15.1
職業紹介機関14.8
出向・斡旋7.0
企業訪問2.5
その他9.1

“参考:厚生労働省「令和2年転職者実態調査の概況(3.転職について (1)転職活動の方法)」”

多くの転職者は、求人サイトやハローワーク、縁故で転職活動を行っています。次の章では、さまざまな転職方法のメリット・デメリットを詳しくみていきましょう。

8つの転職方法を紹介

主な転職方法は、以下の8つです。

  • 転職情報サイト
  • 転職エージェント
  • スカウト・ヘッドハンティング型サービス
  • ハローワーク
  • 職業訓練校
  • 知り合いの紹介(リファラル採用)
  • 企業の公式サイト
  • 転職フェア

ここでは、各転職方法の詳細や向いている人、メリット・デメリットを解説します。

①転職情報サイト

転職情報サイトは、さまざまな企業の求人情報が集まっているサービスです。サイト上で希望する条件を絞り込み、自分で応募して転職活動を進められます。

メリット
  • ネット環境があればいつでも転職活動できる
  • さまざまな求人の中から自分に合った仕事を選べる
デメリット
  • 企業とのやり取りや日程調整など、すべて自分1人でおこなう
  • 求人の数が多すぎて選びづらい可能性もある

転職情報サイトは、手軽に転職活動できるメリットがあるものの、転職に関するあらゆることを自分1人で対応しなければなりません

そのため、「マイペースに転職活動を進めたい」「条件の良い企業を見つけたら応募したい」という人におすすめです。

②転職エージェント

転職エージェントは、企業と転職者の間に立ち、無料で転職活動をサポートしてくれるサービスです。転職サイトとは異なり、キャリアアドバイザーの手厚いサポートを受けられる特徴があります。

メリット
  • 適性に合った求人を紹介してくれる
  • 面接対策や条件交渉なども対応している
デメリット
  • 希望する仕事の求人を取り扱っていない可能性がある
  • 担当者によっては対応がよくない

転職エージェントは、転職活動の事前準備から内定・退職手続きまで、すべてフォローしてくれます。また、企業情報も豊富に保有しているため、その他のサービスを利用するよりも、転職に役立つ詳しい情報を入手できるでしょう。他のサービスでは取り扱っていない「非公開求人」があることも魅力です。

しかしながら、転職エージェントによっては、希望する仕事の求人を取り扱っていないケースもあります。転職エージェントごとに強みや特徴が大きく異なるためです。また、1人で何人もの転職者を担当しているキャリアアドバイザーの場合、対応が雑に感じられる可能性もあるでしょう。

転職エージェントは、「初めての転職活動でノウハウがわからない」「忙しいのでサポートを受けながら転職活動したい」という人におすすめです。

③スカウト・ヘッドハンティング型サービス

スカウト・ヘッドハンティング型サービスは、サイトに経歴やスキル、保有資格などを登録しておくことで、登録者に興味を持った企業からスカウトを受けられるサービスです。

転職サイトのように、自ら求人を探す手間はありません。また、スカウトを待っているだけで求人紹介を受けられるため、転職エージェントよりも気軽に利用しやすいでしょう。

メリット
  • スカウトを待つだけのため、仕事をしながら転職活動できる
  • 「非公開求人」「面接確約求人」なども取り扱っている
デメリット
  • 経歴やスキルによっては、スカウトが少ない
  • 希望求人とはかけ離れたスカウトが届くケースもある

書類選考のない「面接確約求人」や人気の高い求人になっている「非公開求人」を取り扱っているものの、スカウトがこなければ転職活動を進められません。

スカウト・ヘッドハンティング型サービスは、自分のスキルを活かして転職したい人好条件の求人を探している人におすすめです。

④ハローワーク

ハローワーク(公共職業安定所)は、国が運営している職業紹介機関です。全国に拠点があり、誰でも無料で求人紹介や転職相談を利用できます。

メリット
  • 膨大な求人情報をチェックできる
  • 無料で求人紹介や職業訓練なども受けられる
  • 地元の求人が豊富
デメリット
  • 条件の良い求人だけとは限らない
  • 担当者が業界・企業情報に精通しているわけではない

ハローワークは無料で求人情報を掲載できるため、多くの求人が集まっています。また、求人紹介だけではなく、職業訓練や書類・面接対策なども受けられます

企業側も求人を無料で掲載できるため、中には待遇や条件が希望とかけ離れた求人もあります。求人を探す際は注意が必要です。また、転職エージェントのキャリアアドバイザーのような、転職のプロフェッショナルが在籍しているわけでもありません。

ハローワークは、地方で転職をしたい人未経験の仕事にチャレンジしたい人におすすめです。

⑤職業訓練校

職業訓練校は、新しい仕事に就けるようにさまざまな訓練を通じ就職支援をおこなうサービスです。ハローワークで登録をおこない、登録後は仕事に役立つスキルを学べるさまざまなコースを受講することができます。

メリット
  • 失業保険や各種手当を受けながらスキルアップできる
  • プログラミングやWEB制作も学べる
デメリット
  • 職業訓練を受けても、すぐに転職できるわけではない
  • 訓練中は仕事をできないため、お金の心配がある

職業訓練校は、失業保険や手当を受けながら仕事に役立つスキルを学べる場所ではあるものの、すぐに転職できるサービスではありません。スキルアップしたい人新しい職種に挑戦したい人は、職業訓練校でトレーニングするとよいでしょう。

⑥知り合いの紹介(リファラル採用)

知人からの紹介(リファラル採用)も、転職方法のひとつです。

メリット
  • 転職活動の手間がかからない
  • 採用される可能性が高い
デメリット
  • 条件交渉をしづらい
  • 会社を辞めづらい

知り合いからの仕事紹介は、転職活動をスムーズに進められ採用される可能性も高いです。また、自分をよく知る人からの紹介であれば、入社後のミスマッチも少ないことが期待できます。

しかし、知人に遠慮してしまい待遇交渉しづらかったり、紹介だと辞めづらいと感じたり、人によってはデメリットを感じる部分もあるでしょう。

早く新しい職場を見つけたい人仕事を紹介してくれそうな知人がいる人におすすめです。

⑦企業の公式サイト

企業の公式サイトから、直接応募する方法もあります。入社したい企業が決まっている人にとっては、直接応募もよいでしょう。

メリット
  • 志望企業に対して熱意が伝わる
  • 独自の求人も掲載している
デメリット
  • 時期によっては求人がない場合もある
  • 応募や日程調整などを自分でおこなう必要がある

直接応募する場合は、日程調整や面接対策、条件交渉まで転職活動をすべて自分でおこなわなければなりません。サポートを受けられないため時間がかかってしまう可能性が高いです。また、求人が必ず掲載されているとは限らないため、転職期間は長期戦になると考えておいたほうがよいでしょう。

入社したい企業が決まっている人転職を急いでいない人にはおすすめの方法です。

⑧転職フェア

転職フェアとは、さまざまな企業が会場にて、自社の説明会をおこなうイベントです。各企業ごとにブースがあり、人事担当者や社員から直接話を聞けるため、転職活動に活かせる情報を得られます。

メリット
  • 希望する企業の社員と直接話せる
  • 企業の詳細な情報を把握できる
デメリット
  • 転職フェアによっては、人が多く思ってる以上に話を聞けない
  • 転職フェアの会場まで通わなければならない

転職フェアの特徴は、直接社員と話ができてさまざまな情報を入手できることです。転職フェアの種類によっては、キャリアアドバイザーによる無料相談や無料セミナー、履歴書用の写真撮影などもあります。

しかしながら、大規模な転職フェアの場合、非常に混雑しており、有益を情報を得られない可能性もあるでしょう。いち早く転職に役立つ情報を入手したい人や希望する会社の人に会ってみたい人は、転職フェアがおすすめです。

転職活動を成功させる5つのポイント

転職活動を成功させるポイントは、以下の5つです。

  • 転職理由や転職先で実現したいことを明確にする
  • 自分の経験やスキルを棚卸しする
  • スケジュール管理をきちんとおこなう
  • 企業分析を丁寧におこなう
  • 面接対策は手を抜かない

こうしたポイントを把握して、スムーズに転職活動を進めましょう。

転職理由や転職先で実現したいことを明確にする

転職を成功させるためには、転職理由やキャリアビジョンを明確にすることが大切です。どちらも面接で聞かれる内容であり、転職理由やキャリアビジョンがはっきりとしていれば、面接の回答に一貫性が出るため、人事担当者からの印象がよくなりやすいでしょう。

転職理由があいまいであったり、会社で何を実現したいのかわかりづらかったりすると、会社から「うちの会社でなくてもよいのでは?」と思われてしまいます。転職活動を始める前にきちんと考えておきましょう。

自分の経験やスキルを棚卸しする

これまでの実績やスキルなどを棚卸しすることで、転職を成功させられる可能性が高まります。どのような経験があり、どんな仕事に活かせるスキルがあるのか可視化することで、志望動機や自己PRを作りやすくなります

また自分の経験やスキルを棚卸しすることで、今まで気づかなかった自分の強みを知ることができたり、キャリアアップのための転職を実現できたり、さまざまなメリットもあるでしょう。転職活動前にしっかりと自己分析しておくことが重要です。

スケジュール管理をきちんとおこなう

転職活動では、スケジュール管理を怠らないことも重要です。スケジュール管理をしっかりとおこなわないと、希望する会社に応募できなかった、面接日程を忘れてしまった、内定をもらったにもかかわらず退職手続きが間に合わなかった、といった事態になってしまう可能性もあります。

企業側に迷惑をかけてしまううえに、「スケジュール管理が苦手な人」という印象を持たれてしまうため注意しましょう。

企業分析を丁寧におこなう

企業分析を入念におこなうことも、転職を成功させるうえで大切です。企業分析をおこなうことで自分に合う企業を絞り込むことができ、入社後のミスマッチも防ぐことができるでしょう。

事業内容や仕事内容のみならず、社風や企業文化なども把握しておくことで、自分に合った求人を見つけやすくなります。企業分析する際は、ホームページをチェックするだけではなく、SNSや口コミサイトなどで会社のリアルな情報も収集しましょう。

面接対策は手を抜かない

企業ごとに面接対策をきちんとおこなうことも、転職を成功させるポイントの一つです。書類選考を通過しても、面接で失敗してしまうと内定につながりません。

面接対策では、どのような質問があるのか想定し、あらかじめ答えを用意して練習しておくとよいでしょう。転職エージェントを活用すれば、無料で面接対策をサポートしてくれます。

年代別!転職を成功させる方法とおすすめの転職サービス

年代によって、転職活動を成功させる方法と利用したい転職サービスは異なります。ここでは、20~40代の転職を成功させる方法とおすすめの転職サービスを紹介します。

20代の転職を成功させる方法とおすすめの転職サービス

20代が転職を成功させるためには、ポテンシャルの高さをアピールすることが重要です。20代の採用の場合、スキルや経験ではなく将来性や潜在能力を重視されることが多いため、仕事に対するスタンスや自身の強みを整理しておくとよいでしょう。

新卒の場合

新卒で転職する場合は、明確なビジョンを持って転職活動に臨むようにしましょう。企業側から「せっかく採用してもすぐに辞めるかもしれない」と思われてしまう可能性もあるため、長期間働く意思や責任感を持って仕事に取り組む姿勢をアピールしましょう。

またスキルや経験も浅いため、志望動機では熱意や意欲の高さを伝えることが大切です。

第二新卒の場合

第二新卒が転職する場合、仕事に対する熱意や意欲だけではなく、ビジネススキルやビジネスマナー、前職での経験もアピール材料となります。

「経験が浅いからアピールしない方がいいのでは」と思ってしまう場合もあるかもしれませんが、新卒とは異なり社会人経験がある点は第二新卒の転職者の大きな強みです。具体的なエピソードを添えて、前職での経験やスキルがどのように活かせるのか伝えられれば、企業からの印象もよくなるでしょう。

20代におすすめの転職サービス「ハタラクティブ」

※画像引用元:ハタラクティブ公式HP

・運営会社:レバレジーズ株式会社
・対応エリア:
全国
・拠点:
渋谷、池袋、秋葉原、立川、横浜、さいたま、千葉、仙台、静岡、大阪、京都、名古屋、佐賀、福岡、北海道、メキシコ、ベトナム、インド、上海
・求人数:
非公開2,300件以上
・主なサービス:
マンツーマンサポート、LINE相談
・得意な業界:
IT・医療・エンジニアなど

ハタラクティブは、20代のフリーターからの転職、既卒、第二新卒向けの転職サービスです。利用者の90%以上が20代で、未経験者歓迎の求人が多く、学歴や職歴、スキルに自信がない人も安心して利用できるでしょう。転職ノウハウを含めたサポートも丁寧と評判です。

さらにハタラクティブでは、求人を掲載している企業の取材をしているため、実際の仕事内容やオフィスの雰囲気なども確認できます。LINEでも連絡することができるため、気軽に転職相談をしやすいでしょう。

ハタラクティブはこんな人におすすめ!

  • 社会人経験や学歴に自信がない人
  • 会社の雰囲気や詳しい仕事内容を知りたい人

公式HPはこちら

30代の転職を成功させる方法とおすすめの転職サービス

30代では、即戦力として活躍できることをアピールしましょう。やる気や意欲をアピールするだけではなく、これまでの実績や成果もアピールするようにしてください。

会社側は「入社してすぐに活躍できるか」「リーダーとして部下をまとめられるか」などをチェックしていることが多いです。自分のスキルや能力を具体的にアピールし、これまでの経験を活かしてどのように会社に貢献できるのかを伝えるとよいでしょう。

30代前半の場合

30代前半では、仕事や社会の変化に対する適応力があることをアピールすることがおすすめです。経験やスキルも大切ですが、柔軟な発想やIT社会への対応力などの適応力が重宝される傾向にあります。

また、30代前半までは伸びしろを期待したポテンシャル採用もあるため、必ずしも即戦力であることをアピールする必要はありません。新しいことにチャレンジしたいと考えている場合も、アピール方法によっては転職成功する可能性があります。30代後半になるとポテンシャル採用はほとんどなくなってしまうため、現在の業界や職種に不満がある場合は将来のキャリアについても改めて考えてみるとよいでしょう。

30代後半の場合

30代後半では、リーダーシップや指導力など、マネジメント能力などもアピールできるとよいでしょう。30代前半よりもマネジメント経験のある人が増えるため、会社側は部下を育てる能力やチームを束ねる力がある人材を欲している場合が多い傾向にあります。

また仕事内容によっては専門的な知識やスキルが重要視されるため、これまでの実績や成果をまじえて、どんな知識やスキルがあるのかアピールするとよいでしょう。

30代におすすめの転職サービス「リクルートエージェント」

※画像引用元:リクルートエージェント公式HP

運営会社株式会社リクルート
対応エリア:全国
・拠点:東京、西東京、宇都宮、さいたま、千葉、横浜、京都、大阪、神戸、名古屋、静岡、北海道、東北、岡山、広島、福岡
求人数:公開177,501件 / 非公開234,791件
・主なサービスや機能:面接力向上セミナー、エージェント機能、PDT(応募・進捗管理機能)
得意な業界:IT・通信・機械・小売・サービス・人材

リクルートエージェントは、国内トップクラスの求人数を誇る転職エージェントです。幅広い職種・業界から求人情報が集まり、転職の経験が少なく幅広い求人を探したい人や、別業界や職種への転職を検討したい人におすすめです。30代のように転職の分岐点になる年代では、多くの求人から仕事をチェックし適職を見つけましょう。

また転職支援システムには、応募や面接の進捗管理、手軽に作成できる職務履歴書のエディターなどがあります。初めての転職活動でも、リクルートエージェントを利用すれば計画的に効率よく進められるでしょう。

リクルートエージェントはこんな人におすすめ!

  • 幅広い職種・業界を紹介してほしい人
  • 初めての転職活動を計画的に進めたい人
  • 知名度の高い転職サービスを利用したい人

公式HPはこちら

リクルートエージェントについて、より詳しく知りたい人はこちらの記事もおすすめです。

リクルートエージェントの評判は?口コミを独自調査!メリットや退会方法も解説
リクルートエージェントは、テレビCMなどの広告でも目にする有名転職エージェントのひとつです。本記事では、実際に利用した人からの口コミ・評判を集め、それに基づいたリクルートエージェントを利用するメリット・デメリットや退会方法を紹介します。

40代の転職を成功させる方法とおすすめの転職サービス

40代の場合、高いスキルや豊富な経験があることをアピールすることで転職成功に近づきます。また、管理職として働くこともあるため、マネジメント能力も重要です。40代になると新しい業界や職種への転職が厳しくなる可能性が高いため、これまでの経験を活かせる仕事への転職をおすすめします。

40代におすすめの転職サービス「JACリクルートメント」

※画像引用元:JACリクルートメント公式HP

運営会社株式会社ジェイエイシー リクルートメント
対応エリア:全国
・拠点:東京、北関東、横浜、名古屋、静岡、大阪、京都、神戸、中国、福岡
求人数:公開12,280件(2022年1月時点)
・主なサービスや機能:転職コンサルティング、求人検索、スカウト・求人オファー機能
得意な業界:サービス・商社・流通・消費財・マスコミ・建設・不動産・金融・IT・通信・WEB・EMC・コンサルティング・シンクタンク・事務所・メディカル・バイオ・医療・介護・福祉など

JACリクルートメントは、発祥がイギリスのロンドンで、世界11ヶ国のグローバルネットワークをバックボーンに、ハイクラスの転職に強いエージェントです。掲載されている求人は、管理職や技術職・専門職がメインだからこそ、経験豊富な40代におすすめできます。

また、1人のコンサルタントが企業と転職希望者どちらに対してもサポートをおこなっており、社風や会社の雰囲気など気になる情報も伝えてくれます。さらに、スカウトサービスも利用できるため、効率的な転職活動も実現できるでしょう。

JACリクルートメントはこんな人におすすめ!

  • 外資系や海外進出している企業に転職したい人
  • 転職で無駄な時間をかけたくない人
  • 管理職や技術職・専門職で転職をしたい人

公式HPはこちら

【Q&A】転職活動中によくある疑問

ここでは、転職活動でよくある質問について解説していきます。

  • 転職するか悩んでいるけどエージェントの利用は可能?
  • 何社くらいに応募すべき?
  • 時期によって転職の成功率は変わる?
  • 転職サービスの利用で転職活動が会社にバレることはある?
  • 新型コロナの流行で転職方法に変化はあった?
  • 転職活動を始めるのは「在職中」「退職後」どちらがいい?
  • 仕事が忙しくて転職活動が進まない!長引かせないコツはある?
  • 転職サービスを利用すると費用がかかる?
  • 会社に退職を伝えるのはどのタイミング?

転職に関する疑問を解決しておくことでスムーズに転職活動を進められるため、ぜひ参考にしてください。

転職するか悩んでいるけどエージェントの利用は可能?

転職の意志が固まっていない場合でも、転職エージェントを利用することは可能です。転職エージェントは無料で利用できるサービスであり、求人紹介を受けたり、キャリアアドバイザーに転職相談したりしても、絶対に転職しなければならない決まりはありません。

転職すべきかどうか迷っている場合は、気軽な気持ちで転職エージェントに相談してみましょう。相談しているうちに、自分の目指すべきキャリアや自分に合った仕事が見つかるかもしれません。

何社くらいに応募すべき?

転職活動で応募する会社の数は、5~10社ほどが一般的です。入社を希望する会社を見つけても書類選考や面接を通過するとは限らないため、応募数は絞りすぎないほうがよいでしょう。特にすぐ転職先を見つけたい場合は、できるだけ複数の会社に応募し、転職成功の可能性を広げておくことが大切です。

時期によって転職の成功率は変わる?

月によって転職成功率が大きく変わることはありません。ただし、新年度がスタートする4月に向けて採用をおこなう2~3月や、上半期が終わる10月に向けて採用をおこなう8~9月では、求人数が多くなる傾向にあります。

転職成功率は時期によって大きな差はないため、転職活動は転職を決意したときに始めるとよいでしょう。早めに行動に移すことで対策を立てやすくなり、理想の職場に出会うチャンスを広げることができます。

転職サービスの利用で転職活動が会社にバレることはある?

注意していれば転職サービスの利用で転職活動が会社にバレることはありません

スカウトサービスを利用する場合は、現在の勤務先に対して自分の情報を非公開にできるブロック設定をおこないましょう。ブロック設定をしていないと、勤務先に個人を特定されてしまう可能性があります。

転職エージェントを利用する場合は、連絡して欲しくない時間帯をあらかじめ伝えておきましょう。勤務中に転職エージェントから連絡がきて、場合によっては転職活動がバレてしまう可能性があるためです。

新型コロナの流行で転職方法に変化はあった?

コロナの影響によって、リモート面接をおこなう企業が増えるなど、転職方法のやり方に変化が起きています。

リモート面接の場合は、面接をおこなう場所のネット環境を整えたり、面接で使用するツールの使い方を確認したりと、対面で行う面接とは異なる注意点も多数あります。あらかじめ面接で使用するツールを使って練習したり、録画をしたりして、画面写りをチェックしておくとよいでしょう。

転職活動を始めるのは「在職中」「退職後」どちらがいい?

転職活動は、在職中でも退職後でも、どちらでもかまいません。在職中の転職活動は、収入面に余裕が生まれたり、転職で不利になりがちな離職期間をなくせたりするメリットがあります。

退職後の転職活動は、リフレッシュする期間を設けられたり、じっくりと転職活動に向き合えたりするメリットがあります。自身の状況に応じて、転職活動の時期を選びましょう。

仕事が忙しくて転職活動が進まない!長引かせないコツはある?

転職活動をスムーズに進めるためには、自己分析や転職目的、自身の実績などをまとめ、転職の軸を決めることをおすすめします。転職の軸がないと、応募する求人が見つからなかったり、志望動機や面接で一貫性のない回答をしてしまったりと、転職が長引いてしまいがちです。

また、いつまでに転職をするのか先に決めて、そこから転職のスケジュールを組み立てるのもおすすめです。

転職サービスを利用すると費用がかかる?

多くの転職サービスは無料で利用できます。有料会員になって、無料より手厚いサポートを受けられるサービスもありますが、ほとんどの転職サービスは無料です。

無料になっているのは、転職サービス側が求人を出している会社から報酬を得ているためです。転職エージェントであれば、エージェントが会社に人材を紹介し、成功報酬を得る仕組みになっています。

会社に退職を伝えるのはどのタイミング?

働いている会社に退職を伝える目安は、1~2ヵ月前です。1~2ヵ月あれば、後任者を決められたり、しっかりと引き継ぎできたりするためです。民法上では、14日前の退職申請で問題ありませんが、あとでトラブルに発展しないように、早めに退職する旨を伝えるようにしましょう。

また一般的には就業規則や雇用契約書に従って、直属の上司と相談したうえで退職日を決定するため、自分勝手に退職することは避けてください。

まとめ

転職方法はさまざまあり、それぞれにメリット・デメリットがあるため、転職を成功させるには、自分に合う転職方法を選ぶことが大切です。また、多くの求人に出会うためには、いくつかの転職方法を併用するのもおすすめです。

自分に合った転職方法を見つけるだけではなく、自分の経験やスキルを棚卸ししたり、企業分析や面接対策をしっかりとおこなうことで、より転職成功に近づけます。求人とのミスマッチや早期退職を避けるためにも、しっかりと事前準備しておきましょう。

転職を成功させるポイントは、年代によっても異なります。20代であればポテンシャルの高さ30代は即戦力性やマネジメント能力40代は高いスキルや豊富な経験をアピールすると有効です。自分に合った転職方法を取り入れ、希望する会社や仕事への転職を成功させましょう。

タイトルとURLをコピーしました