辞めた方がいい職場の特徴とは?スムーズな退職方法まで紹介!

転職ノウハウ

「このまま現在の職場で働き続けてもよいのか判断できない」「もっと待遇の会社で働きたい」など、現状に不満を感じていませんか。辞めた方がいい職場の特徴を把握すれば、働き続けるべきか、それとも転職すべきかしっかりと判断できるようになります

そこでこの記事では、辞めた方がいい職場の8つの特徴や辞めない方がいい職場を見つけるポイントを紹介します。また、スムーズに職場を辞める流れや職場を辞められないときの対処法も取り上げるため、はじめて退職する人も参考になるでしょう。

ぜひ本記事を参考にしていただき、辞めた方がいい職場の特徴を把握した上で、退職すべきなのかどうか判断してください。

辞めた方がいい職場の8つの特徴

辞めた方がいい職場には、複数の特徴があります。

  • 仕事に見合う給料が見込めない
  • 人間関係に問題を抱えている
  • 休職者・離職者が多い
  • ハラスメント行為が横行している
  • 法律違反している
  • 社風を許容できない
  • 会社に将来性がない
  • 仕事にやりがいを感じられない

各特徴の詳細を解説するので、自分の職場に該当するのかぜひ参考にしてください。

仕事に見合う給料が見込めない

どれだけ仕事の成果を出しても給料アップを見込めない職場で働いている場合、辞めることを検討しましょう。給料が上がらなければ、経済的な不満は積もりますし、仕事に対するモチベーションを上げられなかったりするデメリットがあります。

また、長時間仕事をしても残業代が出ない職場は、サービス残業が当たり前になっている可能性があるため、注意が必要です。

労働基準法では、法定労働時間を超えて働いた人に対して1.25倍の割増賃金を支払う決まりを設けています。

急に給料が下がったり、ボーナスをカットされたりする職場の場合、倒産する可能性もあるため、退職・転職を視野に入れることをおすすめします。

人間関係に問題を抱えている

人間関係がよくない場合も、辞めた方がいい職場の可能性が高いです。人間関係に問題を抱えている会社で働いている場合、我慢してストレスがたまり、心身の健康を乱す可能性があるためです。

また人間関係に問題がある職場では、社内いじめがあっても放置されるケースがあるでしょう。

弱い立場の人が圧力をかけられ、早期退職することも少なくありません。

自分自身を守るためには、人間関係に問題を抱えている職場からの脱却を目指しましょう。

休職者・離職者が多い

休職者や離職者が多い職場も、辞めた方がよいかもしれません。休職者・離職者が多いと人手不足になってしまい、必要以上に業務量が多くなってしまう可能性があります。

また休職者や離職者が多い職場は、人間関係がわるかったり、社内環境に問題があるケースもあるため、働き続けると精神的に追い詰められてしまう可能性も高いといえるでしょう。

ホワイト企業の場合、腰を据えて働く人が多い傾向にあり、離職率が高すぎることはありません。

特に優秀な人が辞めていく職場は、注意が必要です。 

ハラスメント行為が横行している

ハラスメントが目立つ場合も、辞めた方がいい職場の特徴です。ハラスメントによって精神的に追い詰められたり、職場の雰囲気が悪く働きづらかったりするためです。

ハラスメントには、大きく分けて以下の3つの種類があります。

  • パワハラ:会社内の優位を利用し、精神的、あるいは肉体的に苦痛を与える
  • セクハラ:性的な言動によって、職場環境の妨げになる
  • モラハラ:道徳・倫理に反した、精神的に追い詰める行為

こうしたハラスメントが横行している会社の場合、社風としてハラスメント行為が根付いている可能性もあるため、退職・転職を検討しましょう。

法律違反している

労働基準法を違反している場合も、辞めた方がいい職場の特徴です。主な労働基準法違反は、以下の通りです。

  • 性別や身分で差別している
  • 強制労働させている
  • 違約金の支払いがある
  • 解雇予告がなく、一方的に退職させられる
  • 法定労働時間をオーバーしている
  • 有給休暇・休日・休息がない
  • 時間外労働や休日労働に対して割増賃金になっていない
  • 産前産後休暇や育児休業の申し出を無視される
  • 労災に遭っても、補償の負担がない

労働基準法に反している職場で働いても、損するばかりです。

労働基準法を知り、違反しているとわかった場合は、すぐに退職や転職を検討することをおすすめします。

社風を許容できない

社風が合わない場合も、辞めた方がいい可能性があります。社風を一個人の力で変えることは難易度が高いので、違う職場を探すことも検討しましょう

以下のような社風の場合は、退職を視野に入れてもよいでしょう。

  • 新しいことに挑戦したいけれども、何もチャレンジできない
  • 仕事とは関係のない、無駄な習慣がある
  • 冠婚葬祭でも休みをとらせてもらない 

会社に将来性がない

将来性を感じない職場で働き続けることは、避けたほうが無難です。どれだけ居心地のよい環境であっても、将来性がなければ、倒産してしまう恐れがあります。

以下のような業界の場合は、これから縮小が懸念されるため、注意が必要です。

  • テレビ業界
  • 出版業界
  • 金融業界

昨今では、パソコン・スマホでも動画を楽しめるようになり、テレビ以外の動画コンテンツも増えているため、テレビ業界が成長するとはいい切れません。出版業界では、電子書籍は好調であるものの、「紙の本」に依存している出版社・書店の場合、縮小していく可能性が高いといえるでしょう。

金融業界は、金融(Finance)と技術(Technology)を組み合わせた「FinTech(フィンテック)」のような、IT化の波が押し寄せ、人を介する業務が減っている状況です。

こうした業界でも残り続ける会社はありますが、会社が倒産して失職してしまう前に、転職活動を始めましょう。 

将来無くならない仕事や、これから伸びる業界について詳しく紹介したこちらの記事もおすすめです。

仕事にやりがいを感じられない

業務に対してやりがいを感じられない場合も、辞めた方がいい職場の特徴です。やりがいを感じられないと、モチベーションが下がり続け、仕事が苦痛になるかもしれません。

仕事が苦痛になってしまえば、ストレスを抱え続けることになってしまいます。

人生の時間を無駄にしていると思う場合は、辞めることを検討しましょう。

スムーズに職場を辞める流れ

職場を辞めると決めた際は、できるだけスムーズに手続きすることをおすすめします。特に転職先が決定している場合、スムーズに辞められないと入社日に間に合わず、迷惑をかけてしまう可能性があります。

スムーズに職場を辞める流れは、以下の通りです。

  1. 辞める日までに余裕をもって意思表示
  2. 業務の引き継ぎを開始
  3. 仕事の関係者に挨拶回り
  4. 備品は全て返却して退職

辞める日までに余裕をもって意思表示

職場を辞める際は、1~2ヵ月前に意思表示しましょう。法律上では、2週間前までの意思表示でも辞められますが、人員補充や引き継ぎに余裕を持つために、早めに申し出ることをおすすめします。

就業規則に退職時期の定めがある場合は、就業規則を守るようにしましょう。

また、職場を辞める意思表示は、直属の上司に伝えることがベストです。上司と相談して、具体的な退職日や引き継ぎなどのスケジュールを決定しましょう。

業務の引き継ぎを開始

退職を認めてもらったあとは、業務の引き継ぎを始めます。後任が決まっている場合は直接教え、そうではない場合は、誰が引き継いでも問題ないよう資料を作りましょう。

退職する3日前までには完全に引継ぎを終えるよう、スケジュールを立てましょう。

引き継ぎ資料は、業務の流れや進捗状況など、できるだけ具体的に記載することで、後任者に迷惑をかけません。

仕事の関係者に挨拶回り

退職する1~2週間前は、仕事の関係者に挨拶回りします。

必要があれば、後任者を連れて挨拶しましょう。

取引先への挨拶回りは、退職することを伝えたくないケースもあるため、会社の意向に沿っておこなうようにしてください。

後任者が同行するときは、「頼りになる存在」と伝えることで、取引先が安心できるだけではなく、後任者も今後の業務を進めやすくなるでしょう。

備品は全て返却して退職

職場を辞める日は、備品の返却を行います。返却するべきものは、以下の通りです。

  • 名刺
  • 事務用品や資料などの備品
  • 制服、作業着
  • 社員証などの社内での身分証明書
  • 健康保険被保険者証

また、会社から以下のような受け取るべきものがあります。

  • 年金手帳
  • 雇用保険被保険者証
  • 健康保険資格喪失証明書
  • 退職証明書
  • 離職票
  • 源泉徴収票

退職証明書や離職票は、転職先が決定している場合、不要です。源泉徴収票は、後日郵送されることが一般的です。

返却と受け取り忘れがないよう、事前にしっかりと確認して、円満退職しましょう。

職場を辞められないときの対処法

職場に辞めたい意思表示をしても、引き止めにあったり、承諾してくれなかったりするケースは少なくありません。ただし、以下の対処法を取り入れることで、スムーズに退職できる可能性が高まります。

  • 退職を人事に直接相談
  • 内容証明郵便で退職届を提出
  • 労働基準監督署で退職の相談
  • 退職代行を利用

順に紹介していきましょう。

退職を人事に直接相談

直属の上司が辞めるのを認めない場合は、人事に相談することをおすすめします。人事であれば公平な立場であり、直属の上司のように「退職すると評価が下がってしまう」と気にすることもないため、話を聞いてもらえるでしょう。

ただし、はじめから人事に相談することは避けてください。

最初に直属の上司に相談しないと、部下の管理ができないという印象を周囲に与えてしまうため、円満退職できない可能性があります。

内容証明郵便で退職届を提出

退職届を受け取ってもらえない場合は、会社に対して内容証明郵便で退職届を提出しましょう。内容証明郵便で郵送すると、提出した証拠が残るため安心です。

内容証明郵便での提出によって、出社せずに退職できるメリットもあります。

ただし、受け取りを拒否される可能性があるため、確実に退職できるわけではありません。内容証明郵便で退職届を提出する際は、会社に連絡することなく送付することで、受け取ってもらえる可能性が高まります。

労働基準監督署で退職の相談

会社が法律違反をしている場合、労働基準監督署に相談することもおすすめです。

労働基準監督署は、以下のような、退職関連について相談できる公的機関です。

  • 解雇・賃金など労働条件
  • 労働時間
  • 労災保険
  • 労災年金・介護
  • 賃金・退職金
  • 職場の安全衛生・健康管理

相談は無料であり、会社に指導を入れてくれる場合もあるため、スムーズに退職できる可能性が高まるでしょう。

退職代行を利用

弁護士や専門業者の退職代行を利用しても、会社を辞められます。退職代行とは文字通り、退職の手続きを退職希望者の代わりに行ってくれるサービスです。

弁護士だけではなく、退職代行サービスを展開している業者もあります。

退職代行を利用することで、まったく話し合いに応じてくれない職場でも、上司と顔を合わせることなく辞めることが可能です。ただし、依頼費用がかかったり、中には悪徳業者がいたりするため、利用前には費用相場や業者のことをしっかりと調べておきましょう。 

弁護士のサポートを受けられて安心な「弁護士法人みやびの退職代行」


弁護士法人みやびの退職代行は、勤務先と揉めるような困難なケースでも安心してプロの弁護士にサポートしてもらえる退職代行サービスです。

その特徴は、弁護士が監修しており、確実に&すぐに円満退職ができる点。今の会社を辞めたいけど、勤務先と揉めそうで不安だ…という人に特におすすめです。

また弁護士資格がないとできない請求において、弁護士法人みやびの退職代行では、退職金や未払い給与・残業代などの金銭請求が可能です。

着手金55,000円と安くはありませんが、口コミを見ると「値段は高すぎず、納得のサービスが受けられた」との意見が多く、弁護士事務所ならではの高品質なサービスが期待できます。

退職代行の無料相談はこちら!

弁護士法人みやびの退職代行を実際に利用した人の口コミ

弁護士は少し高いのでちょっと悩みました。でも、評価高い割に値段はそんな高すぎる訳ではないからコスパがいいのかな、と思いこちらの弁護士さんにお願いしました。

会社側(上司)とちょっと揉めていたこともあり、トラブルになった時でもすんなり辞められるようにしたかったので、退職代行サービスがあって助かりました。(30代前半/女性/正社員)

(引用:退職代行口コミ評判ランキング

ブラック企業をなかなか辞められず、思いきって退職代行をお願いする事にしました。(中略) 弁護士の方をはじめ最後まで細かい問い合わせや相談事にも素早く返信や対応をして頂きとても安心してお願いできました。料金も納得です。本当にありがとうございました。(60代/男性/会社員)

(引用:退職代行口コミ評判ランキング

弁護士法人みやびの退職代行はこんな人におすすめ!

  • 弁護士のサポートを受け、安心して退職したい
  • 会社と直接やり取りせずに退職したい人
  • 未払いの残業代の請求など、弁護士資格が必要な金銭請求をしたい

辞めない方がいい職場を見つけるポイント

せっかく転職するのですから、次は自身の適性や意向にマッチする職場を探しましょう。腰を据えて働ける職場を探すときのコツは、以下の3つです。

  • 転職エージェントで求人を紹介してもらう
  • 将来性がある業界・職種を選ぶ
  • 自分の目でも職場の現状を確認

早期退職を避けるために、ぜひ参考にしてください。

転職エージェントで求人を紹介してもらう

転職エージェントに登録することで、辞めない方がいい職場を見つけられる可能性が高まります。転職エージェントとは、コンサルタントやアドバイザーと呼ばれる担当者が、以下のような転職活動をサポートしてくれるサービスです。

  • 求人紹介
  • 応募書類の添削
  • 面接対策
  • 日程調整
  • 条件交渉

コンサルタントやアドバイザーは、転職のプロであり、細かな会社情報も教えてくれます。

転職エージェントを活用すれば、希望条件や経歴などにあわせた求人を紹介してくれるため、ミスマッチが起こりにくく辞めない方がいい職場で働けるでしょう。

また転職エージェントごとに特徴が異なり、自分に合ったサービスを利用したい場合は、以下の記事がおすすめです。

【プロ厳選】転職エージェントおすすめ15選を比較!求人数ランキングや選び方も解説【利用者392人の声も紹介】
利用する転職エージェントを迷っている人に向けて、専門家厳選のおすすめサービス15選を紹介します。公開求人数ランキングや信頼できるエージェントの選び方も解説しているので、ぜひ参考にしてください。

将来性がある業界・職種を選ぶ

将来性のある業界や職種を選ぶこともおすすめです。成長産業で働くことで身につくノウハウは、今後のキャリアにとってもプラスになるでしょう。以下のような業界は、これから伸びる業界として知られています。

  • IT
  • 医療
  • 半導体
  • エンタメ
  • ネット広告
  • ドローン

将来性のある業界の仕事は、AIに代替されにくく、生活するうえで欠かせない特徴があります。

将来なくならない仕事やこれから伸びる業界についてもっと知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

【2022年】これから伸びる業界と縮小する業界は?おすすめの役立つ資格も紹介
これから伸びる業界には、IT・半導体・ドローンなどのデジタル分野のほか、医療・フードデリバリー・エンタメなど日常に身近な業界も挙げられます。このような業界の動向と役立つスキル、おすすめの転職サービスを紹介するので、ぜひ参考にしてください。

自分の目でも職場の現状を確認

自分でも職場についてしっかりと調べることで、辞めない方がいい職場を見つけられるでしょう。

転職エージェントに相談しても、キャリアの浅いアドバイザーだったり、エージェントの専門外の業界だったりした場合、最適な求人を紹介してくれない可能性があります。

職場を調べる際は、ホームページだけではなく、口コミをチェックすることをおすすめします。口コミは、実際に働いていた人の本音であることが多く、職場の現状理解に役立つ可能性が高いでしょう。職場見学を実施している場合は、参加することで会社の雰囲気をつかめます。

辞めた方がいい職場で気になる疑問

最後に、辞めた方がいい職場に関するよくある質問を紹介します。

  • 入社してすぐに辞めてもいいか
  • 辞めるとき有給休暇は消化できるか
  • 職場を辞めないで問題を解決する方法はあるか

入社してすぐに辞めてもいいか

入社後にすぐに会社を辞めても問題ありませんが、転職で不利になってしまう可能性があります。

「また早期退職するかもしれない」「すぐに逃げ出してしまう」と思われてしまうためです。

ただし、しっかりと面接対策すれば、内定の確率を高められるでしょう。退職理由をポジティブな内容に変換することで、面接官に対してわるい印象を与えません。また転職エージェントを利用すれば、面接対策をしてくれるため、安心して転職活動を進められます。

入社してすぐでも仕事を辞めるべきかの判断基準や、入社してすぐ退職するときの辞める手順を知りたい方は、以下の記事がおすすめです。

入社してすぐに退職はあり?転職先への影響や円満に辞める方法を解説
この記事では、入社してすぐに会社を退職するにあたって、次の転職への影響や退職の手順について解説しています。他にも、入社してすぐ退職する人の退職理由や、今の仕事を辞めるべきかの判断基準、辞める手順、おすすめの転職エージェントを紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

辞めるとき有給休暇は消化できるか

引き継ぎや日頃の業務に支障が出ない場合は、辞めるときにまとめて有給休暇を消化できます。

有給休暇の取得は法律で定められた労働者の権利のため、消化しても問題ありません。

円満に辞めたい場合は、退職日から逆算してスケジュールを組むことをおすすめします。残っている有給休暇をすべて消化したいときは、退職前に上司と相談しておくと安心です。

職場を辞めないで問題を解決する方法はあるか

職場を辞めることなく、社内の異動で問題を解決できる可能性はあります。部署内の人間関係が悪かったり、上司からハラスメント行為を受けていたりする場合、異動は有効です。

異動でも問題が解決しなかった場合は、直接人事に相談することもおすすめです。

上司と合わない場合の対処法を知りたい方は、以下の記事を参考にしましょう。

上司と合わない場合の対処法5選!苦手な上司にありがちな特徴とは?
苦手な上司や、仕事の進め方が合わない上司との関係にお悩みではありませんか?気持ちよく仕事をするうえで、職場の良好な人間関係は重要です。本記事では、上司と合わない場合に試したい対処法、上司に苦手意識を持つ理由やNG言動についても紹介します。

まとめ

ハラスメントが横行していたり、給料が上がらなかったりする職場で働き続けても、メリットはありません。ストレスがたまり、心身の健康を乱す可能性もあるため、注意が必要です。

本記事で紹介した辞めた方がいい職場の特徴に当てはまった場合、転職を検討しましょう。なかなか退職を認めてくれない職場の場合は、労働基準監督署で退職の相談をしたり、退職代行を利用したりすることで、問題を解決できる可能性があります。

辞めない方がいい職場を見つけたい場合は、転職エージェントを利用することがおすすめです。転職エージェントでは、希望条件や経歴などにあわせた求人を紹介してくれます。将来性のあるIT業界で働きたい人は、以下の記事が参考になります。

IT業界の転職におすすめな転職エージェント11選を徹底比較!3タイプに分けて解説
「IT・Webエンジニア系で今よりよいところに転職したい」「IT系の転職情報はどこで探せばいい?」とお悩みではないでしょうか。本記事ではIT・エンジニア系におすすめな転職エージェント、未経験者向けの情報や成功させるポイントをご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました