看護師から一般企業転職は可能?経験を活かせる/挑戦しやすい職種は

看護師

看護師の仕事を辞めて別の仕事に挑戦したいと思っても、「スキルや経歴が一般企業には向かないのでは?」「未経験から始められる仕事なんてあるのかな……」など、転職を不安に感じる人も多いのではないでしょうか?結論からいえば、看護師から一般企業への転職は可能です。ただし、これまでの経験を活かしたり、未経験から挑戦したりするなら、職種や応募先を選ぶ必要があります。

本記事では、看護師として働いていて、これから一般企業への転職を検討している人向けに、経歴を活かせる職種または未経験でも挑戦しやすい職種をまとめました。

さらに、一般企業への転職を目指すメリット・注意点や、おすすめの転職サイトも紹介しています。本記事を参考に、一般企業への転職をより深く検討してみましょう。

転職を考えている場合は、就職サポートをしてくれる転職エージェントの利用がおすすめです。基本的に無料で使えるので、転職が気になる人は一度登録して、求人を探してみましょう。

こちらでは看護師に特化していて、業界最大級の利用者がいるナース人材バンクをご紹介します。

ナース人材バンクの強み
年間10万人以上の看護師に利用されている
・業界でもトップクラスの求人数
・対面での面談や面接同行などのサポートも充実

口コミでも「求人案件の質と量がよかった」「信頼できる会社・担当者だった」との声が多いため、興味がある人は一度登録して、気になる求人はないか確認してみましょう。

ナース人材バンク
登録はこちら(無料)

看護師の経験を活かせる一般企業のおすすめ職種

始めに、看護師として働いてきた経験やスキルを活かしやすい職種をみてみましょう。これまでの経験を活かして転職活動ができるため、志望動機がまとまりやすく、自己アピールがしやすいなどのメリットも得られます。

今回紹介するおすすめの職種は次の5つです。

  • 医療機器メーカーのフィールドナース
  • 医療系製品を扱うコールセンターのオペレーター
  • 治験をサポートする臨床開発モニター
  • 看護関係会社の採用担当やアドバイザー
  • 一般企業の産業看護師・カウンセラー

それぞれ詳しく解説します。

医療機器メーカーのフィールドナース

医療機器メーカーのフィールドナースは、看護師のスキルや経験を大いに活かせる仕事です。フィールドナースは主に、所属する医療機器メーカー製品のプロモーション活動をおこないます。現場の需要を知っている人ならではの目線で営業活動ができるので、医師や看護師相手に製品のメリットが伝わりやすいです。

また、看護師として働いてきた経験を活かした製品のデモンストレーションや、納品後のアフターフォローもフィールドナースが担当します。成果を出すことができれば高年収につながることもあり、人気の高い職種です。

フィールドナースとして働くには、看護師資格や臨床経験の他、ビジネスマナーや自動車運転免許・パソコンスキルが必要になります。加えて、外資系医療機器メーカーに勤める場合には英語力も活かすことができるでしょう。

医療系製品を扱うコールセンターのオペレーター

コールセンターのオペレーター業務にも、看護師経験を活かせる場合があります。例えば、医療機器メーカー・医薬品メーカー・保険会社・健康食品会社・ヘルスケア会社など医療系企業のコールセンターでは、看護師経験が高く評価されるでしょう。

医療関係の商品を販売すると、商品やサービスに関して顧客から医療的な悩みや健康面の心配ごとが寄せられる場合があります。看護師資格を持っていれば、そうした相談に専門的な知識を踏まえた詳しい解説ができるため、安心感の高いサービスが提供できるでしょう。

コールセンターのメリットは、業務内容がマニュアル化されており、一般企業での就業経験がなくても業務に慣れやすいことです。また、顧客と対面で話をしないため精神的な負担が軽減されたり、服装や髪型が自由であったりするメリットも挙げられます。

治験をサポートする臨床開発モニター

薬の臨床試験・治験をサポートする仕事にも看護師の経験は重宝されます。臨床開発モニター(CRA)は、看護師のスキルを活かせる仕事のひとつです。臨床開発モニターは、主に医薬品の有効性や安全性を調べる臨床試験が正しく進行しているかをモニタリングします。優秀なモニターがいれば、その分医薬品の販売も早くなるので、やりがいのある仕事です。

臨床開発モニターは主に製薬会社に所属します。転職に不可欠な資格はありませんが、薬理学や薬剤学の知識があると有利です。治験を支援する民間企業治験施設支援機関(SMO)に所属する場合、治験コーディネーター(CRC)と呼ばれ、医療機関や製薬会社と被験者の間に立つサポート業務を担います。

看護関係会社の採用担当やアドバイザー

看護に関連するサービスを提供する会社の採用担当や、人材紹介会社のアドバイザーとして働くこともおすすめです。

まず、看護に関連するサービス会社の例として訪問看護ステーションが挙げられます。自宅で医療サービスが受けられるため需要の高い訪問看護ですが、人手不足の問題は深刻です。訪問看護ステーションでは、看護師や理学療法士・作業療法士などを採用して訪問を必要とする人とのマッチングをおこないます。

採用担当の仕事は、看護師の経験を活かして訪問看護を安心して任せられる人材かを判断したり、求職者の立場で求人票を作成したりでき、やりがいを感じられる仕事です。さらに、訪問看護ステーションにはベンチャー企業も多く、マネジメントや経営を学ぶきっかけにもなります。ただし、倒産リスクもあるため、企業情報を詳しく確認してから転職を決断しましょう。

また、看護師・医師など医療系の資格を持っている人向けの人材紹介会社にアドバイザーとして勤めることもできます。看護師として働いた経験や知識で明確なアドバイスができ、利用者の安心につながるでしょう。

一般企業の産業看護師・カウンセラー

大手一般企業では、従業員の健康管理のため産業看護師やカウンセラーを雇っていることがあります。そうした企業で看護師・カウンセラーとして勤めることができれば、大手企業の手厚い福利厚生が得られるなど、メリットも大きいです。

特に心理カウンセラーなど、従業員のメンタルケアの需要が高まっています。カウンセラーの資格は通信教育などで学ぶことができるので、看護師の経験を活かしながらステップアップも可能です。

ただし、産業看護師やカウンセラーとして一般企業で働くことは、募集案件の少なさや保健師の優遇などにより、採用の壁が高い傾向にあります。産業看護師やカウンセラーだけに絞らず、他の職種も検討しながら転職活動をするほうが効率的でしょう。また、紹介で採用が決まることも多いので、周囲に相談してみることもおすすめです。

未経験でも挑戦しやすい一般企業の職種

次に、看護師から未経験でも挑戦しやすい職種を3つ紹介します。

  • 営業職
  • ITエンジニア
  • 事務職

上記の3つは、未経験者の採用が比較的盛んな職種です。スキルの勉強や研修を受ける必要はありますが、一般企業での就業経験がなくても挑戦しやすいでしょう。

コミュニケーション力重視の営業職

営業職は、それまでの経験やスキルよりも人柄やコミュニケーション能力を重視した採用をおこなうことが多いです。未経験から採用されるケースも珍しくありません。さまざまな業界や企業に求人があり、研修制度が整っている会社も多く、初めてでも挑戦しやすいでしょう。

営業職に転職するには、一般教養や社会人として基本的なマナーが必要です。資格の取得や特別な勉強の必要がなく、チャレンジしやすい職種といえます。看護師として患者と接してきた経験やコミュニケーションスキルを活かすこともできるでしょう。

需要が増えているITエンジニア

ITエンジニアも未経験者からの採用が増えている職種のひとつです。システムエンジニアやプログラマーなど、ITエンジニアと聞くと専門的な知識が必要で、難しそうに感じられるかもしれません。しかし、昨今のIT需要拡大にともなって人手不足が懸念されており、研修期間を設けた未経験採用が増加しています。未経験からスキルを身につけることができるので、転職先としても人気です。

入社後に研修を受けられる求人も多いですが、事前にある程度知識を持っておいたほうが安心です。オンラインで勉強できるサービスを利用するなど、工夫しながら転職を進めるとよいでしょう。

IT業界に未経験から転職を考えている人はこちらの記事もご覧ください。

IT業界で転職をするには未経験でも可能?必要なスキルやその方法
IT業界は未経験でも転職可能ですが、経験・スキル・職種によって年収や待遇は大きく異なります。役立つスキルや資格、職種ごとの特徴や年収を把握してから転職を検討しましょう。この記事では、IT業界への転職に役立つ知識を網羅的に解説します。

パソコンスキルが必要な事務職

事務職も未経験求人が多い職種として人気が高い傾向にあります。看護師のように毎日の業務に大きな変化がなく安定しているため、決まった仕事を淡々とこなしていきたいと考えている人におすすめです。

事務職に就くにはパソコンスキルが重視されます。ただし、資格の有無よりも、業務での使用経験があるかが見られることも多く、看護師の仕事でパソコンを使う機会がなかった場合は採用が難しいかもしれません。

また、効率化ソフトの導入など、事務職の仕事を削減している企業も多いので、事務職の転職倍率は高い傾向にあります。業務に意欲的なこと、事務的な仕事の経験があることの明確なアピールが必要です。

自分に向いている仕事がわからない人には、こちらの記事もおすすめです。

自分に向いている仕事とは?適職診断できるおすすめ転職サイトも紹介
転職をするうえで、自分に向いている仕事が分からないことは一番の悩みといえるでしょう。この記事では自分に向いている仕事の探し方を解説し、あわせて適職診断が受けられる転職サイト・エージェントを紹介します。転職を考えている方はぜひご覧ください。

看護師から一般企業へ転職するメリット

看護師から一般企業への転職に転職するか、看護師として別の病院やクリニックに転職するか迷っている人もいるでしょう。そこで本章では、看護師が一般企業に転職するメリットについて解説します。

  • ワークライフバランスの改善
  • 人命に関わるミスのプレッシャーが軽減
  • 気持ちを切り替えて仕事に挑める

一般企業転職で得られる主なメリットは以上3つです。それぞれ詳しくみてみましょう。

ワークライフバランスの改善

看護師から一般企業へ転職することで、ワークライフバランスが改善され、プライベートが充実するメリットがあります。

病院やクリニックでは、シフト制の勤務や夜勤で勤務時間が不規則になりやすいです。看護師からの転職を考えた理由として、不規則な勤務時間を挙げた人も多いのではないでしょうか。

一般企業では平日の決められた時間帯に働くことが一般的で、連休や有給が取りやすい企業が多いです。働き方ががらりと変わることで、休息が取りやすくなり、プライベートの充実を感じる人も多いでしょう。

オーバーワーク(働きすぎ)について解説したこちらの記事も参考にしてください。

オーバーワークとは?原因や症状を知って早めの対策をとろう
仕事におけるオーバーワークは、働きすぎによる過労状態を指します。過労死ラインに達していなくても、長時間労働であれば体調面・精神面・業務効率に悪影響が生じます。おかしいと感じた時に適切に行動できるように、症状・原因・対処法を把握しておきましょう。

人命に関わるミスのプレッシャーが軽減

看護師の仕事には、人命に関わることによる特有のプレッシャーがつきまといます。一般企業の業務にももちろん責任はともないますが、人命に直結するような業務がなくなり、プレッシャーが軽減されるでしょう。

看護師は患者の体調や心情の変化に向き合い、手助けができるやりがいのある仕事です。しかし、一歩間違えれば重大なミスにつながりかねないため緊張感が続きます。責任感が強く、プレッシャーを感じやすい場合には、一般企業に転職して負担を軽減することも必要でしょう。

人のためになるやりがいのある仕事をまとめて紹介したこちらの記事もおすすめです。

人のためになる仕事とは?おすすめ10種と履歴書の書き方も紹介
人のためになる仕事はさまざまあり、中には無資格でチャレンジできる職種もあります。そこでこの記事では、人のためになる仕事を10種類紹介します。また、志望動機の書き方のコツや人のためになる仕事に就職したときのポイントなども取り上げます。

気持ちを切り替えて仕事に挑める

別の業界・職種に転職することで心機一転仕事に挑めるというメリットも得られます。看護師はやりがいのある仕事ですが、プレッシャーや忙しさによって仕事自体が負担になることもあるでしょう。看護師と直接関係のない一般企業に転職すると、自身がやりたいことに向き合うことができ、気持ちを切り替えて仕事にのぞむことができます。

また、ワークバランスが改善され、仕事へのモチベーションが上がる効果もあるでしょう。経験のない職種への挑戦で、仕事が楽しいと感じられる人も多いようです。 

看護師を辞めたい人の主な理由や退職したいときの対処法をまとめたこちらの記事もおすすめです。

看護師を辞めたい人の理由は?退職したいときの対処法も解説
看護師は夜勤や残業、プレッシャーなどから退職を考える場面も多いでしょう。本記事では「看護師を辞めたい」と悩む人向けに看護師の離職率や主な退職理由、辞めたいと思った時の対処法を紹介します。また、退職の手順や転職に役立つサイトも解説します。

やりたい仕事を見つける方法を解説したこちらの記事も参考にしてください。

やりたい仕事がない!やりたい仕事を見つける7つの方法と転職のコツ
やりたい仕事が見つからずに困っている人は多いでしょう。そういうとき、やりたいことだけを考えていてもなかなか前には進みません。まずは自己分析が大切です。この記事ではやりたい仕事がない理由や探し方、仕事を選ぶ時の注意点を紹介します。

看護師から一般企業へ転職する注意点

看護師から一般企業への転職にはメリットも大きいですが、いくつか注意点もあります。特に次の3点には注意して、転職は慎重に検討しましょう。

  • 新たな分野の勉強が必要
  • 転職先によって収入の低下
  • 転職先でも人間関係のトラブルは起こる

新たな分野の勉強が必要

一般企業への転職には、たとえ看護師経験が活かせる職種であっても新たな知識やスキルの勉強が必要です。ビジネスマナーやパソコンスキル、専門的なスキルなど、これまで触れたことのない分野の勉強が必要になる場合があります。

希望する職種によっては、転職活動の一環として仕事をしながら勉強が必要なケースもあるでしょう。看護師として働きながら資格やスキル取得の勉強をするのは簡単なことではありません。ある程度の覚悟を持って取り組む必要があります。

転職に有利な資格について解説したこちらの記事もおすすめです。

転職に有利な資格とは?幅広く役立つおすすめな資格と注意点も解説
取得していると幅広い職種・業界の転職時に効果的な資格について詳しく解説します。さらに3つの業界別に転職に有利に働く資格についても説明し、さらに資格取得の際の注意点も解説しています。これから転職する人はぜひ参考にしてください。

転職先によって収入の低下

転職先によってはいまよりも収入が下がる可能性もあります。看護師の年収は全職種の平均に比べて高いです。職種によっては、転職によって基本給が大きく下がることもあるでしょう。さらに、一般企業で未経験から始める場合、研修期間の給与が適用されたり、経験が考慮されたりして一時的に給与が低くなることもあります。

収入が仕事のモチベーションに大きく影響する人は、一般企業への転職に慎重になったほうがよいかもしれません。収入よりも肉体的・精神的な負担の軽減を考えている場合には、給与が下がったとしても転職を後悔しないで済むでしょう。

看護師の平均年収と年収アップの方法を紹介したこちらの記事も参考にしてください。

看護師の平均年収を統計をもとに調査!年収アップを目指すには
看護師の平均年収について、統計をもとに詳しく解説しています。看護師の年収をアップさせる5つの方法や、無理せずに働き続けるコツについても解説しています。看護師として働くことを、具体的に年収も含めて検討したい方におすすめです。

転職先でも人間関係のトラブルは起こる

人間関係の問題だけで看護師からの転職を考えているなら、転職先でも似たようなトラブルが起こる可能性は考慮しておきましょう。病院やクリニックでない一般企業でも、同僚や上司と関わる必要があります。関わっていくなかで、相性のよくない人や高圧的な態度の人に出会う可能性がないとはいえません。

人間関係のトラブルで転職を考えているなら、職場内での異動や信頼できる上司への相談など、別のアプローチで解決を図ることもおすすめです。どうしても転職したい場合には、転職希望先の職場環境、社風、人間関係などを詳しくチェックしてから応募に進むようにしましょう。

一般企業への転職におすすめのサイト・エージェント

最後に、看護師から一般企業への転職に役立つ転職サイト・転職エージェントをそれぞれ紹介します。どちらも転職を支援するサービスですが、以下のように異なる特徴を持つので、自分にあったサービスを選びましょう。

特徴転職サイト転職エージェント
主なサービス転職求人情報が検索できる希望条件に合う求人をプロがマッチング
メリット
  • 自分のペースで求人情報を探せる
  • 詳細な条件で絞り込んで検索できる
  • 転職に関する情報やコラムが充実
  • 登録なしで利用できるサービスもある
  • 自分に合う求人を見つけてもらえる
  • 応募や企業との連絡などを任せられる
  • 一般公開されない非公開求人の情報が得られる
  • 書類添削や面接練習が受けられる
デメリット
  • 膨大な情報から適切な求人を見つけるのが大変
  • 転職活動に時間がかかる
  • 転職サポートがなく応募も自分でおこなう必要がある
  • 登録やヒアリングに時間がかかる
  • 担当者が合わない可能性がある
  • 自分のペースで転職活動ができない
おすすめサービス

それでは、転職サイトとエージェントに分けておすすめのサービスをみてみましょう。

一般企業向けおすすめ転職サイト

まず、一般企業への転職におすすめの転職サイトを2つご紹介します。看護師からの転職の場合、幅広い業界・職種に対応している次のサイトがおすすめです。

リクナビNEXT

※画像引用元:リクナビNEXT公式ホームページ

・運営会社:株式会社リクルート
・求人数:6万3,137件(2022年7月時点)
・主要対応エリア:全国、海外
・得意な業界:営業、事務・管理、ITエンジニアなど

リクナビネクストは、日本最大級の求人情報量とAI技術を駆使したマッチング力の高さに定評がある転職サイトです。

一般的な転職サイトは、転職者自らが求人検索できるサービスに特化しています。一方リクナビネクストでは、転職者の好みやスキルを分析しておすすめの求人をレコメンドする機能にも対応。また、企業からオファーが届く場合もあり、転職サイトでありながらさまざまなアプローチで転職先を探すことができます。

さらにスマートフォンアプリを活用して、隙間時間に転職活動ができる点もメリットです。

リクナビネクストはこんな人におすすめ!

  • 時間や手間をかけずに求人情報を得たい人
  • 企業からのオファーやアプローチなども利用したい人
  • スマートフォンアプリを活用して気軽に転職活動したい人

\リクナビネクストに興味を持った人はこちら/
リクナビNEXT
登録はこちら(無料)

リクナビネクストをさらに詳しく知りたい人はこちらの記事もご覧ください。

リクナビNEXT(ネクスト)の評判は?口コミとメリット・デメリットも解説
リクナビネクストは業界最大級の転職サイトですが、メリットばかりではなくデメリットもあります。自分に合う転職サイトかどうか判断するために、リクナビネクストならではの評判や特徴を把握しておきましょう。後半では利用の流れや活用のコツも解説します。

doda

※画像引用元:doda公式ホームページ

・運営会社:パーソルキャリア株式会社
・求人数:公開14万3,374件/非公開約10万件(2022年7月時点)
・主要対応エリア:全国対応

・得意な業界:Web・IT、ベンチャー、モノづくりエンジニア、メディカル、営業・販売サービス、金融、企画職・管理部門など

dodaでは14万件以上の豊富な求人情報を取り扱っています(2022年7月時点)。対応する職種や業界も幅広く、毎週月・木曜日には新着の求人が追加されるので多くの求人情報に触れることが可能です。

求人情報が多いと検索が大変になりやすいですが、職種や勤務地からはもちろん、働き方や会社の環境、待遇・福利厚生といった詳しい条件で絞り込んで検索できます。希望に合った求人を見つけやすいでしょう。

また、年収査定や自己PR発掘診断、適職タイプ診断など、転職に役立つ診断ツールも利用できます。さらに、職務経歴書を簡単に作成できるレジュメビルダーなど、転職活動を効率化するツールも無料で利用できるので、初めての転職にもおすすめです。

dodaはこんな人におすすめ!

  • 幅広い職種・業界のなかから転職先を探したい人
  • 働き方や雰囲気・待遇から詳しく求人検索したい人
  • 自分の市場価値や向いている仕事がわからない人
\dodaに興味を持った人はこちら/
dodaエージェントサービス
登録はこちら(無料)

dodaの特徴をさらに詳しく解説したこちらの記事もおすすめです。

doda(デューダ)の評判は?リアルな口コミから特徴を解説!メリット・デメリットや退会方法も
dodaは転職サイトのなかでも利用者が多い大手サービスとして人気ですが、実際の評判はどうでしょうか?本記事ではdodaを実際に利用した人に聞いたリアルな口コミ・評判をご紹介します。また、dodaのメリット・デメリット、退会方法についても解説します。

一般企業向けおすすめ転職エージェント

続いて、看護師から一般企業への転職に向いている転職エージェントを紹介します。まずは多くの職種や業種タイプに対応した総合型のエージェントがおすすめです。

リクルートエージェント

※画像引用元:リクルートエージェント公式ホームページ

・運営会社:株式会社リクルート
・求人数:公開22万4,010件/非公開27万287件(2022年7月時点)
・主要対応エリア:全国対応
・得意な業界:IT・通信・機械・小売・サービス・人材

リクルートエージェントは、公開・非公開ともに20万件以上(2022年7月時点)の膨大な求人情報数が魅力的です。特に非公開求人の保有数は業界最大級で、思ってもみなかった求人に出会える可能性もあります。

相談に応じてくれるキャリアアドバイザーは各業界に精通したプロばかりです。看護師として働いた経験を活かせる仕事探し・未経験から挑戦できる仕事探しにも応じてくれるでしょう。

また、提出書類の添削や面接対策にも対応しているため、初めての転職や不安の大きな転職でも安心です。

リクルートエージェントはこんな人におすすめ!

  • より多くの求人情報に出会う機会がほしい人
  • 安心して任せられるキャリアアドバイザーに相談したい人
  • 応募書類の書き方や面接に不安がある人

\リクルートエージェントに興味を持った人はこちら/
リクルートエージェント
登録はこちら(無料)

リクルートエージェントの口コミや特徴を解説したこちらの記事もご覧ください。

リクルートエージェントの評判と口コミを独自調査!メリットや退会方法も解説
リクルートエージェントは、テレビCMなどの広告でも目にする有名転職エージェントのひとつです。本記事では、実際に利用した人からの口コミ・評判を集め、それに基づいたリクルートエージェントを利用した人の体験レビューの他にメリット・デメリットや退会方法を紹介します。

ハタラクティブ

※画像引用元:ハタラクティブ公式ホームページ

運営会社:レバレジーズ株式会社
・求人数:公開1,170件/非公開2,300件以上(2022年7月時点)
・主要対応エリア:東京・大阪・名古屋・福岡などの都市部
得意な業界:IT・医療・エンジニアなど

ハタラクティブは、主に20代を中心とした未経験転職に特化した転職エージェントです。第二新卒やフリーターからの転職にも対応しており、未経験者歓迎求人を多く取り扱っています。看護師としての就業経験しかなく、未経験の職種に挑戦したいと思っている人におすすめです。

また、ハタラクティブでは企業の特徴や傾向に合わせた面接対策をおこなっています。1社ずつ丁寧な対策をおこなうことで、面接の通過率も80%以上と高いです(2022年2月~4月時点)。

さらに、内定後から入社までの期間もアドバイザーによるサポートが受けられます。入社までに必要な準備や不安にも相談に乗ってくれるので安心です。

ハタラクティブはこんな人におすすめ!

  • 未経験職種への転職に挑戦したい看護師
  • 短期間集中の転職活動で内定を得たい人
  • 入社まできめ細かいサポートを受けたい人

\ハタラクティブに興味を持った人はこちら/
ハタラクティブ
登録はこちら(無料)

ハタラクティブについて、より詳しく知りたい人はこちらの記事もおすすめです。

ハタラクティブのリアルな評判・口コミを紹介!他にないメリットやデメリットまで解説
ハタラクティブの口コミから見るリアルな評判とメリット・デメリットを徹底解説。また、ハタラクティブの特徴や利用に向いている人、登録から内定までの流れなどについても詳細に触れていきます。どのような求人を扱っている転職エージェントなのでしょうか。

まとめ

看護師としての就業経験しかなくても、一般企業への転職は不可能ではありません。看護師の経験やスキルを活かして働いたり、未経験から他職種に挑戦したりして活躍している人は多くいます。

看護師はやりがいある仕事ですが、人命に関わる以上、ストレスやプレッシャーと隣り合わせです。夜勤など不規則な就業で、肉体的な疲労を感じている人も多いでしょう。「仕事がつらい」「やりがいよりも不安ばかりを感じる」と悩んでいるなら、一般企業へ転職して現状を変えることも選択肢のひとつです。

この記事を参考に、看護師から一般企業への転職を検討してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました