年収300万円の手取り額は?生活レベルから資産形成や節約術を解説

転職ノウハウ

年収300万円では生活に困る?
年収300万円だと結婚や子育てはできる?
年収300万円の手取りはいくら?
このような疑問を持ったことはありませんか?

年収300万円台の人の割合は、日本全体では多く一般的です。しかし、老後までの生活をイメージすると「このままでは将来が不安かも…」という声をよく聞きます。そこでこの記事では、年収300万円の場合の手取り金額の目安や、どのような生活レベルが適しているのかを具体的に紹介していきます。

また、年収300万円で実現可能な貯蓄プランや資産形成の方法、さらに年収を上げるための効果的な方法までわかりやすく解説します。ぜひ参考にして、将来設計についての不安を解消しましょう。

年収300万円での手取りはいくら?

年収300万円の手取り額は、一般的には約225万〜240万円前後といわれています。手取り額は、総支給額(基本給+各種手当)から控除額(社会保険料や税金)を差し引くことで計算できます。

例えば、ひと月の総支給額が25万円の場合、控除額の目安は以下の通りです。

健康保険 12,753円
厚生年金 23,790円
雇用保険 750
所得税 5,200
合計 42,493円

総支給額25万円から合計控除額の約42,000円を差し引くと、ひと月の手取り金額は20万円程度と考えられます。

また「総支給額の80%」でも、おおまかに手取り額を計算できます。この計算方法で考えた場合は、年収300万円の手取り金額の目安は年240万円(月20万円)です。

年収300万円の人はどの程度いる?

国税庁の調べによると、令和2年度の年収200万円以上300万円以下の人の割合は、日本で働く労働者全体の15.5%でした。年収ごとの割合を、全体・男性・女性別で見てみましょう。

年収 男性 女性 全体
100万円以下 3.6% 15.2% 8.4%
200万円以下 7.0% 23.4% 13.8%
300万円以下 11.5% 21.3% 15.5%
400万円以下 17.5% 17.3% 17.4%
500万円以下 17.3% 10.7% 14.6%
600万円以下 13.4% 5.7% 10.2%
700万円以下 9.2% 2.6% 6.5%
800万円以下 6.5% 1.5% 4.4%
900万円以下 4.1% 0.8% 2.8%
1,000万円以下 2.8% 0.4% 1.8%
1,500万円以下 5.2% 0.7% 3.4%
2,000万円以下 1.1% 0.2% 0.7%
2,500万円以下 0.4% 0.1% 0.2%
2,500万円以上 0.4% 0.1% 0.3%

“参考:国税庁「令和2年分 民間給与実態統計調査」”

年収300万円以下の割合はおよそ38%です。給与所得者数は5,200万人程度のため、その38%ということは、約2,000万人は国内の平均年収である400万円に達していません。また女性の場合は、年収300万円以下の割合は50%を超えているため、非正規雇用で働く人が多いと考えられます。

このように、多くの人が年収300万円以下で働いていますが、年収を上げるためには、キャリアアップや転職が最善策です。年収アップにおすすめな転職サイトは、後の章で詳しく解説します。

年収300万円の生活レベル

年収300万円の生活レベルは、単身世帯なのか子どもがいるのかでも生活に必要な費用のバランスが異なります。
ここでは、年収300万円での生活レベルパターンをそれぞれのケースごとに紹介します。

  • ケース1. 結婚していて子供がいない場合
  • ケース2. 結婚していて子供がいる場合
  • ケース3. 単身者で1人暮らしの場合

ケース1. 結婚していて子供がいない場合

配偶者がいて子どもがいない家庭の場合は、年収300万円(手取り月20万円)の生活レベルの目安は以下の通りです。

支出 金額
家賃 65,000円
食費 40,000円
水道光熱費 15,000円
通信費 15,000円
交際費 25,000円
雑費 20,000円
貯金 20,000円

配偶者に収入がなく突発的な出費があったとしたら、月によっては生活が厳しくなる可能性があります。生活をより豊かにするためには、配偶者もアルバイトやパートなどで収入を得るとよいでしょう。

ケース2. 結婚していて子供がいる場合

配偶者も子どももいる家庭の場合、年収300万円(手取り月20万円・配偶者に月70,000円の収入あり)の生活レベルの目安は、以下の通りです。

支出 金額
家賃 75,000円
食費 55,000円
水道光熱費 15,000円
通信費 15,000円
交際費 25,000円
雑費 15,000円
養育費 20,000円
貯金 50,000円

子どもがいる場合は、一般的に広い家に住むことになるため家賃が上がります。また、食費も増えて養育費も必要です。そのため、世帯主の手取り月20万円だけでは生活が厳しいと考えられるでしょう。ただし、日々の節約や配偶者の月給アップなどにより、生活を少しでも楽にすることは可能です。

ケース3. 独身で1人暮らしの場合

独身で1人暮らしの場合、年収300万円(手取り月20万円)の生活レベルの目安は以下の通りです。

支出 金額
家賃 65,000円
食費 30,000円
水道光熱費 10,000円
通信費 10,000円
交際費 35,000円
雑費 25,000円
貯金 25,000円

1人暮らしで扶養家族がいない場合は、主な支出となるのは家賃です。場所や間取りによっては賃貸料がより高くなるため、自由に使えるお金は少なくなってしまいます。小遣いや貯金を増やしたい場合は、家賃のかからない実家暮らしも検討しましょう。

年収300万円での貯蓄・資産形成

年収300万円という金額は、普段の生活をする分には問題ありませんが、将来設計を考えた場合に気になるのが貯金やマイホーム購入などの資産形成についてです。

ここでは、実際に可能な貯蓄額やマイホーム購入例を紹介します。

年収300万円で貯金は可能?

年収300万円での貯金は不可能ではありません。しかし、住んでいる土地や状況によって貯金できる金額に差があります。配偶者や子どもがいる場合は食費や養育費が増えて、貯金に回せる金額が減ってしまう可能性があります。

特に、都心に住んでいる場合は家賃が高くなる傾向にあるため、貯金を増やしていくためには地道な努力や節約術を覚えることが必要です。

年収300万円でおすすめの節約ポイントは、次の章で詳しく紹介します。

年収300万円でマイホームや車の購入は可能?

年収300万円で貯蓄が少ない場合でも、自動車やマイホームを購入することはできます。基本的に、車や不動産などの大きな資産は融資を受けることが可能です。そのため、継続的に返済していける経済力さえあれば、購入することは決して不可能ではありません。ただし、以下のようにローンを組める上限があります。

  • 自動車ローンの上限目安:年収の30〜40%
  • 住宅ローン借入額の上限目安:年収の6〜7倍

年収300万円だと約90万〜120万円の自動車を購入でき、約1,800万〜2,000万円のマイホーム購入のための借入が可能です。マイホームを郊外に建てれば都内よりも費用を抑えられるでしょう。ただし、年収から無理のない範囲で自動車や家の購入を検討することが大切です。

年収300万円でおすすめの節約ポイント

年収300万円で貯金するためには、少しずつ節約する努力が必要です。ここでは、生活全体で節約できるポイントを紹介します。

  1. 家計簿をつける
  2. 自炊中心で食費を抑える
  3. 通信費を見直す
  4. 水道光熱費も見直す
  5. 実家で親と同居する   

1. 家計簿をつける

お金の流れが見えなければ、何を節約できるのかが判断しづらいでしょう。日々家計簿をつけることで出費状況が明確になり、過度な浪費を防止することにつながります。家計簿を継続させるためには、以下のようなコツがあります。

  • シンプルな仕組みの家計簿にする
  • 自分に合った家計簿の種類を使う

出費を細かく分類した家計簿を使うと、つけることが面倒になってしまい途中で挫折してしまう可能性があります。昨今では書籍タイプだけではなく、スマホアプリの家計簿もあるため、自分に合った種類を選ぶことで、継続させやすいでしょう。

2. 自炊中心で食費を抑える

食費を抑えたい場合は、自炊中心の生活を心がけることも節約の第一歩です。外食にかかる費用と比較した場合、自炊したほうがコストを下げられる可能性は高いでしょう。

社でのランチをできるだけ手作りのお弁当にしたり、水筒やマイボトルを持ち歩いたりするのもおすすめです。なお、食事の量を抑えたり質を下げたりすることでも食費を下げられますが、食生活で無理をしてしまうとストレスがたまったり健康的に問題があったりするため注意が必要です。

3. 通信費を見直す

インターネットや電話通信などにかかる費用を見直すことも節約術の一つです。例えば、スマートフォンやタブレットなどの契約プランを見直したり、格安SIMに切り替えたりすることで費用を今までの半分以下に抑えられる可能性があります。

月々の通信費が10,000円以上になっている場合は、新料金プランや格安SIMを検討するとよいでしょう。

4. 水道光熱費も見直す

通信費だけでなく、水道光熱費も見直すことで節約につなげられます。料金プランを見直したり、風呂の残り湯を洗濯に活用したりすれば、今までよりも水道光熱費を抑えられるでしょう。

また電気やガスは、住んでいるエリアによって最安値になる業者が異なるため、管轄の業者を調べてみることをおすすめします。

5. 実家で親と同居する

実家暮らしをすることも、おすすめの節約術です。大きな支出になっている家賃や、生活に欠かせない食費・光熱費などを抑えられるためです。生活にかかる費用を親と折半できれば、大きな節約になるでしょう。

ただし、それぞれの実家の状況によっては、パーソナルスペースがなくなったり気軽に人を呼べなくなったりする可能性があります。実家で親と同居した場合の現実的なリスクも考慮して、検討することが重要です。

年収アップにおすすめな転職サイト3選

年収300万円の生活レベルや貯蓄・資産形成について検討し、現状に不安を感じた場合は転職することも視野に入れましょう。転職して年収がアップできる会社や職種に就ければ、貯蓄額が増えて将来の不安を減らせるだけでなく、日々の生活にも余裕が生まれます。

ここでは、年収アップにおすすめな転職サイトを厳選して3つ紹介します。

  • リクルートエージェント
  • パソナキャリア
  • ハタラクティブ

リクルートエージェント

※画像引用元:リクルートエージェント公式HP

運営会社株式会社リクルート
対応エリア:全国
求人数:公開求人19万1,461件 / 非公開求人24万9,122件(2022年5月時点)
得意な業界:IT・通信・機械・小売・サービス・人材など

リクルートエージェントは、人材業界最大手のリクルートが運営する転職エージェントです。非公開求人だけでも24万件以上取り扱っており、幅広い職種・業界の求人をチェックできるため、年収が上がる仕事を見つけられる可能性があるでしょう。

また、職務履歴書のエディターや面接の進捗管理などが行える転職支援システムも使いやすいと評判です。幅広い職種・業界から求人を探したい方や、初めて転職する方にとって、リクルートエージェントは強い味方になってくれるでしょう。

リクルートエージェントはこんな人におすすめ!

  • 求人数の多さを重視する人
  • 知名度の高いサービスを利用したい人
  • 転職をスムーズに進めるツールを利用したい人

公式HPはこちら

リクルートエージェントについて、より詳しく知りたい人はこちらの記事もおすすめです。

リクルートエージェントの評判は?口コミを独自調査!メリットや退会方法も解説
リクルートエージェントは、テレビCMなどの広告でも目にする有名転職エージェントのひとつです。本記事では、実際に利用した人からの口コミ・評判を集め、それに基づいたリクルートエージェントを利用するメリット・デメリットや退会方法を紹介します。

パソナキャリア

※画像引用元:パソナキャリア公式HP

運営会社株式会社パソナ
求人案件数:公開求人39,490件(2022年5月時点)
対応エリア:全国、海外
得意な業界:IT・金融・コンサルティング・営業職・管理部門など
パソナキャリアは大手総合転職エージェントの中でも、女性におすすめの転職エージェントです。専門性の高い職種や管理職を目指す女性のための求人情報を多数保有しており、転職後の年収アップ率が67.1%(2021年9月時点)と高水準になっています。
 
さらに、子育てサポート企業として厚生労働大臣の認定を受けた企業や、在宅勤務・フレックス対応の企業の求人情報も取り扱っていることも特徴です。

パソナキャリアはこんな人におすすめ!

  • 専門性・キャリアを活かして転職したい人
  • ライフステージに合わせた働き方を実現したい人
  • 年収アップを重視している人

ハタラクティブ

※画像引用元:ハタラクティブ公式HP

運営会社レバレジーズ株式会社
対応エリア:全国
求人数:非公開
得意な業界:IT・医療・エンジニアなど

ハタラクティブは、20代のフリーターや既卒・第二新卒向けの総合転職エージェントです。キャリアアドバイザーが面談を元に求人を紹介し、アドバイスや選考対策を重ねてスキルや経歴がない人でも、安定した仕事に就けるようサポートしています。

また、未経験から正社員に就職できると評判なので「正社員になって年収を上げたい」と考えている方にもおすすめです。さらに、登録から最短2週間で内定が出ることもあり、転職を急いでる場合にも向いているでしょう。

ハタラクティブはこんな人におすすめ!

  • 社会人経験や学歴に自信がない人
  • 早めに就職したい人
  • 正社員採用を希望している人

以下の記事では、タイプごとにおすすめの転職サイト・転職エージェントを紹介しているので、あわせてご覧ください。

女性におすすめの転職エージェント|タイプ別11選・年代別10選
女性におすすめの転職エージェントを、20代・30代・40代の年齢別10選、大手・ハイクラス・専門職・時短のタイプ別11選で紹介します。転職エージェント選びで失敗しない方法や育児の悩みを含めたQ&Aも解説しますので、ぜひ参考にしてください。
【20代向け】おすすめの転職サイト・エージェント19選を徹底比較【プロ監修】
本記事では20代におすすめの転職サイトや転職エージェントを紹介。20代前半・後半や女性、未経験、ハイキャリア向けなどタイプ別に分けても転職サービスを取り上げます。また後半では、転職成功のコツや転職サイトのメリット、活用法なども解説しています。

ハタラクティブについて、より詳しく知りたい人はこちらの記事もおすすめです。

ハタラクティブのリアルな評判・口コミを紹介!他にないメリットやデメリットまで解説
ハタラクティブの口コミから見るリアルな評判とメリット・デメリットを徹底解説。また、ハタラクティブの特徴や利用に向いている人、登録から内定までの流れなどについても詳細に触れていきます。どのような求人を扱っている転職エージェントなのでしょうか。

【Q&A】年収300万円でよくある質問

ここでは、年収300万円でよくある質問をまとめました。

  • 質問1. 年収300万円はまずい?
  • 質問2. 年収300万円でのローンを組むポイントは?
  • 質問3. 年収300万円で導入すべき控除・節税

節税する方法も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

質問1. 年収300万円はまずい?

年収300万円であること自体は、まずいわけではありません。年収300万円は国内の平均年収よりは低いものの、衣食住に困るような生活レベルにはならずに貯金することも可能です。また、住んでいるエリアや状況によっては、自分で自由に使えるお金もそれなりに確保できるでしょう。

「年収300万円は他の人よりも少ない」と、変に悩んだり焦ったりする必要はありません。ただし、将来設計で心配がある場合やライフステージの変化が訪れた場合などは、転職やキャリアアップを検討することをおすすめします。

質問2. 年収300万円でのローンを組むポイントは?

年収300万円でローンを組むことは可能です。その際のローン審査では以下のポイントをチェックしています。

ローン審査のチェック項目 内容
返済比率 「年間返済額÷年間総収入×100」で算出される返済比率の30〜35%以内
勤務体系 正社員、非正規雇用、アルバイトなど
勤務先 会社の信用度
年収・自己資金 個人の信用度
個人信用情報 ローン、カード、携帯の延滞履歴など
勤続年数 3年以上が望ましい
他の借り入れ状況 借入中の他のローン
健康状態 団体信用生命保険に加入できるか

非正規雇用や中小企業勤務の人より、大手企業に勤めている正社員のほうが金融機関からの信用度は高いです。また個人信用情報で延滞情報があった場合は、ローンに通過しづらくなるため注意が必要です。

質問3. 年収300万円で導入すべき控除・節税

年収300万円でおすすめの控除・節税は、ふるさと納税とiDeCo(イデコ)です。どちらも始めやすく、高い専門知識も必要ありません。

おすすめの控除・説税 特徴
ふるさと納税
  • 地域活性化に貢献でき、地域の特産のリターンがある
  • 寄附金控除という所得控除を受けられる
iDeCo(イデコ)
  • 自分が拠出した掛金を運用し、資産を形成する年金制度
  • 掛け金が所得控除の対象となる

他にも上場株式や、投資信託の配当金・値上がり益が非課税になる「NISA(ニーサ)」、配偶者の所得に応じて税金が低くなる「配偶者控除」なども、控除・節税として有名です。

まとめ

年収300万円の手取り額は225万円〜240万円前後であるものの、贅沢をしなければ一般的な生活レベルを保てます。しかし配偶者や子供がいる場合は、理想の生活水準を保てなくなる可能性があるため、転職して年収を上げたり、控除・節税の方法を学んだりすることが大切です。

家計簿をつけることや自炊を中心にして食費を抑えること、通信費・水道光熱費を見直すことでも、毎月の出費を抑えることができます。状況次第では、実家で親と同居することも選択肢に入れましょう。ふるさと納税やiDeCo(イデコ)、NISA(ニーサ)、配偶者控除などを活用することもポイントです。

年収を大幅に上げたい方は、転職することがもっとも近道かもしれません。成長中の業界や職種であれば、高年収になることも不可能ではありません。パートナーと将来設計について相談し、転職を検討しませんか。

タイトルとURLをコピーしました