[PR]

次の仕事決まってないけど辞めたい!辞めるメリットやリスクを解説

転職ノウハウ
本ページはプロモーションが含まれています。

「次の仕事が決まってないけれど、いまの会社を辞めたい」
「次の仕事が決まっていないまま辞めた場合、そのあとはどうすればいい?」

と悩んでいる方も多いでしょう。次の仕事が決まってなくても、退職することは可能です。しかし、十分に計画を立てないまま辞めてしまうと、後悔する可能性があります。

この記事では、次の仕事が決まってないけど辞めても良いケースや、会社に退職の意思をどのように伝えるべきかなどを解説します。

今の自分の年収は適正なのか?」「他の会社だったらいくらもらえるのか?」と気になりませんか?無料で簡単に自分の市場価値を知るならビズリーチに登録するのがおすすめです!

スキマ時間に登録しておくだけで、企業からスカウトを受け取れます。スカウトのあった企業の規模や年収で、自分の市場価値を見極められるでしょう。

編集部
編集部

ビズリーチの強みはこちら!

・会員登録するだけでスカウトが届く
好待遇な求人が豊富
転職後の平均年収は840〜960万円

口コミでも「思ってもみなかった好待遇のスカウトが来た」「自分がもらっている給料が、市場では安いことがわかって転職の決断ができた」との声が多いため、興味がある人は一度登録してどんなスカウトが来るか見てみましょう。

ビズリーチ
登録はこちら(無料)

公式サイト:https://www.bizreach.jp/

自分のキャリアについて悩んでいる人は、ビズリーチとあわせて「キャリアコーチング」の無料カウンセリング相談を受けると良いでしょう!

キャリドラは「キャリアアップしたいけど、やり方がわからない」人に向いているキャリアコーチングで、マンツーマンでキャリアに関するサポートが受けられ、自分のキャリアの軸が見つかります。

編集部
編集部

キャリドラの強みはこちら!

・年収アップ、キャリアアップを目指せる自分用のカリキュラムを作成
完全オンラインで全国どこでも受講できる
ハイクラス転職に成功した現役のトレーナーによるコーチング

キャリドラ
無料カウンセリングを受ける

公式サイト:https://careerdrive.jp/

次の仕事が決まってないけど辞めてもいい?期間を決めて行動しよう

次の仕事が決まってない状況で辞めるのは可能です。ただし辞める前に、辞めたあとから次の転職先を決めるまでのスケジュールを決める必要があります。

もし、何も決めないまま退職してしまうと、転職活動がうまくいかなかった場合、精神的にも支障をきたす可能性があります。

急を要する退職でなければ、十分に計画を立てたうえで退職すると良いでしょう。

次の仕事が決まってないけど辞めても良いケース

次の仕事が決まってないまま辞めるのは可能ですが、リスクも大きいのが実情です。

まずは次の仕事が決まってないけれど、辞めても良いケースを把握しておきましょう。

  • 精神的に追い詰められている
  • 会社でコンプライアンス違反にあたる業務を強いられている
  • 貯金に余裕がある
  • やりたいことがある

それぞれのケースを見ていきましょう。

精神的に追い詰められている

仕事をするうえで精神的に追い詰められている場合は、次の仕事が決まらないうちに辞めても良いでしょう。

たとえば、

  • 業務量が多すぎて、毎日残業を強いられている
  • パワハラやセクハラを日常的に受けている
  • 人間関係が悪く、仕事に支障をきたす

など、仕事以外にストレスを感じやすい環境である場合はなるべく早めに転職するのをおすすめします。

会社でコンプライアンス違反にあたる業務を強いられている

会社でコンプライアンス違反にあたる業務を強いられているならば、すぐに辞めたほうが良いでしょう。

コンプライアンス違反にあたる業務としては、

  • セクハラやパワハラ
  • 情報漏洩
  • 残業の強制
  • 画像の無断使用

などが挙げられます。このような企業に在籍しているのは自分にとってもマイナスになってしまいます。もし、退職を止められたら、退職代行を使うのも一つの方法です。

どうしても離職・退職が難しければ退職代行を利用しよう

LINEで気軽に退職したい人は『TORIKESHI』がおすすめです。

  • LINEで気軽に退職代行を依頼できる!
  • 24時間対応!最短で即日退職が可能
  • 累計相談数1,000件突破!労働組合が運営しているため安心

TORIKESHI」は労働組合が運営している信頼のおけるサービスです。

TORIKESHIを利用して、万が一退職できなかった場合は全額返金してもらえますので、興味がある人は公式サイトをチェックしてください。

TORIKESHI
公式サイトはこちら!

貯金に余裕がある

貯金に余裕があるならば、次の仕事が決まってなくても会社を辞めても良いでしょう。

実家暮らしや一人暮らしなど、人によって暮らし方はさまざまですが、生活するのに月10~20万ほどは最低限でも必要です

転職する期間は失業保険がもらえる可能性がありますが、手続きに時間がかかり、給付されるまでにタイムラグが発生するかもしれません。貯金があれば、転職が決まるまでは余裕を持って行動できるでしょう。

やりたいことがある

やりたいことが明確に決まっているならば、次の仕事が決まってなくても辞めて良いでしょう。

たとえば、

  • 30歳までにマーケティングの現場を経験しておきたい
  • 人生に一度は海外に拠点を置いて仕事がしたい
  • 未経験だけどシステムエンジニアに挑戦したい

など、すでに自分の将来像が事細かに決まっている場合、転職もスムーズに行く可能性が高いでしょう。

次の仕事が決まってない場合に退職の意思はどう伝えるべき?

次の仕事が決まっていない場合、どのように退職の意思を伝えるべきか悩む方も多いのではないでしょうか。

対策としては次のようなものが挙げられます。

  • 人事異動や繁忙期前など会社の事情に配慮して伝える
  • 現在の会社では自分のやりたいことができない旨を伝える
  • 転職先が決まったと伝えてみる

それぞれの対策について見ていきましょう。

人事異動や繁忙期前など会社の事情に配慮して伝える

次の仕事が決まっておらず、会社に退職の意思を申し出る場合は、人事異動や繁忙期などの時期は避けるようにしましょう。

人事異動や繁忙期は、異動してきた社員に新しい業務を教えたり、人手が不足したりするタイミングです。これらの時期に伝えると「人が足りないから、もう少し待ってくれないか……」と引き止められる可能性があるでしょう。

仕事を辞める旨を伝える際は人事異動があってしばらくしてから、もしくは閑散期に伝えるようにしましょう。

現在の会社では自分のやりたいことができない旨を伝える

現在の会社では自分のやりたいことができない旨を伝えるのも一つの方法です。

自分のやりたいことがあるというのは、前向きな退職理由です。また、会社側はやりたいことがあるのに続けさせられる権利はありません。

「私には叶えたい夢があるので、転職します」と伝えれば。会社側も応援してくれるはずです。伝えるときは具体的にどのようなことをやりたいのか説明できるようにしましょう。

転職先が決まったと伝えてみる

思い切って転職先が決まったと伝えるのも良いでしょう。万が一、転職先が決まってなかったとしても、それ自体が違反になることはありません。

上司に「次の転職先はどこなの?」「具体的に教えて?」と言われても答える義務はありませんが、関係性を円満にしたい場合は、細かく答えられるようにしておいたほうが良いでしょう。

次の仕事が決まってないけど辞める場合に得られるメリット

次の仕事が決まってないのに退職する場合、得られるメリットは次の通りです。

  • 転職活動の時間が作れる
  • スキル磨きや資格取得の時間が取れる
  • ストレスから開放される

それぞれのメリットを見ていきましょう。

転職活動の時間が作れる

次の仕事が決まってないまま退職することで、転職活動の時間に余裕が生まれます。

仕事をしながら転職活動する場合、勤務後や休日などを犠牲にする必要があります。疲労がたまったままだと、転職活動に集中するのはなかなか難しいでしょう。また、業務のことと並行して考えていると頭の整理もしにくいはずです。

仕事を辞めたうえで、転職活動を行えば、転職のことだけに集中できます。

スキル磨きや資格取得の時間が取れる

次の転職が決まるまで、スキルを磨いたり、資格の勉強をしたりすることができます。

もともと挑戦したい職種や仕事があれば、転職する前に資格は取っておいた方が有利でしょう。

勉強する時間を設ければ、たとえ次の会社が決まってなくても有意義な時間を過ごすことができ、転職に対するモチベーションも上がるはずす。

ストレスから解放される

次の仕事が決まらないまま、会社を辞めた場合、ストレスから解放される時間がつくれるでしょう。仕事は業務、人間関係、通勤などあらゆる場面でストレスが生じます。

みんなにとっては当たり前でも、知らないうちに疲れが溜まっているでしょう。人生においてほとんどが仕事の時間です。たまには数ヶ月休んでリラックスするのも大切です。

次の仕事が決まってないけど辞める場合に生じるリスク

続いて、次の仕事が決まってないのに退職する場合のリスクを紹介します。

  • 貯金がなくなる
  • メンタルが不安定になる
  • 焦りが出て転職先を妥協してしまう
  • 社会保険の手続きが面倒になる

それぞれのリスクを説明します。

貯金が無くなる

次の仕事が決まってないまま退職する場合、貯金が無くなる可能性があります。

会社に勤めていた際に雇用保険に加入していた場合、失業保険の受給が可能ですが、退職前に比べるともらえる金額は給料に対して60~80%ほどです。

また働いていた期間によっても、もらえる金額は異なってくるため、失業保険とは別に、貯金を切り崩す必要があるでしょう。

※参考:厚生労働省Q&A〜労働者の皆様へ(基本手当、再就職手当)〜

メンタルが不安定になる

転職活動はいつ終わるかは誰もわかりません。人によっては早く決まることもあれば、想像以上に時間がかかる可能性があります。

なかなか決まらない場合、貯金を切り崩しながら生活する必要があります。その生活が続くと、「このまま決まらなかったらどうしよう」と不安になってしまい、メンタルが不安定になるでしょう。

焦りが出て転職先を妥協してしまう

次の仕事が決まっておらず辞めた場合、焦りが出て転職先を妥協してしまう可能性があります。

転職は人によって時間がかかる場合もあれば、すぐ決まる場合もあります。また、それは誰もが予想できるものではありません。

辞める前は「3ヶ月で決めよう」と思っても、半年以上かかる可能性もあるでしょう。焦って転職先を妥協した場合、転職はできたとしても、結果的に不満が出てきてしまい退職してしまうかもしれません。

社会保険の手続きに手間がかかる

次の転職先が決まっていないまま辞める場合、社会保険の手続きが面倒になる可能性があります。

たとえば、次の転職先が決まっていて、退社日と入社日に空白がないならば、基本的に転職先が社会保険の手続きを行ってくれます。

しかし転職先が決まっておらず空白期間が長い場合は、役所に行って自身で手続きを行わなければなりません。

次の仕事が決まってないけど辞める場合に行うべきこと

次の仕事が決まってないけれど、辞める場合に行うべきことは次の通りです。

  • なるべく早い段階で自己分析ややりたいことをまとめておく
  • 辞めたあとのスケジュールを立てる
  • 気になる求人を探しておく
  • 健康保険や年金の切り替えを行う
  • ハローワークで失業保険の手続きを行う
  • 早めの段階で転職エージェントに相談する

それぞれの行うべきことを見ていきましょう。

早い段階で自己分析や自分のやりたいことをまとめておく

「この仕事を辞めたい」と思ったら、なるべく早い段階で自己分析や自分のやりたいことをまとめておきましょう。

仕事を辞めてからこの作業を行うと、思った以上に転職活動に時間がかかる可能性があります。

また、自己分析ややりたいことをまとめてないまま辞めた場合、あとになって「何で私はあんなに辞めたかったんだっけ?」「結局自分は何が向いているんだろ?」と悔やむ状況に陥るのもゼロではないでしょう。

転職するうえで大切なのは己を知ることです。仕事終わりや休日に少しずつ進めておきましょう。

辞めたあとのスケジュールを立てる

続いて、辞めたあとのスケジュールを立てておきましょう。

たとえば、

  • 何月までには転職先の内定を貰う
  • 次挑戦したい仕事のために資格を〇月に取得する
  • 来月までには〇社の面接を受ける

など、なるべく事細かに計画すると良いでしょう。また、そのスケジュールを目に見える場所に貼っておくと効果的です。人間は休みがあると、ついつい怠けてしまう生き物です。スケジュールを立てずに、なんとなく行動するのは避けましょう。

気になる求人を探しておく

辞める前に、気になる求人をいくつか探しておきましょう。

たとえば次の転職先における条件は何か考えてみるのも一つの方法です。

「いまの仕事より給与を5万アップさせたい」
「自宅から30分圏内の職場が良い」
「未経験でも挑戦できる環境が整っている」

など、条件を書き出してみると、自分に合った求人を探しやすくなるでしょう。最初から職種を絞りすぎずに、なるべく多くの求人を見て比較するのがおすすめです。

健康保険や年金などの切り替えを行う

次の仕事が決まっていないまま退職した場合、健康保険や年金の切り替え手続きを役所で行いましょう。正社員は社会保険に加入しています。辞めると、次に正社員もしくは正社員(アルバイト)になるまでは社会保険に加入できないのです。

そのため、社会保険から国民健康保険に切り替えなければなりません。手続きは原則的に、退職してから14日以内に行う必要があります。14日以内だとうっかり忘れてしまうこともあるため、会社から離職票をもらったらすぐに手続きを行いましょう。

※参考:日本年金機構就職したとき(健康保険・厚生年金保険の資格取得)の手続き

ハローワークで失業保険の手続きを行う

ハローワークで失業保険の手続きを行いましょう。

失業保険の給付は退職前に雇用保険に加入し、転職活動を行っている人が対象です。

  • 年齢
  • 雇用保険の被保険者期間
  • 退職理由

によって、90〜360日の間で支給されます。会社から離職票を受け取ったら、必要な書類を確認し、なるべく早めにハローワークで手続きを行いましょう。

※参考:ハローワークインタネットサービスよくあるご質問(雇用保険について)

早めの段階で転職エージェントに相談する

次の仕事が決まらないまま辞めたいならば、早めの段階で転職エージェントに相談するのも良いでしょう。

転職エージェントとはキャリアアドバイザーが担当し、採用のサポートを行ってくれます。いままでのキャリア等を洗い出し、自分に合った求人を提案してくれます。

次の仕事をなるべく早めに決めたいのであれば転職エージェントの活用がおすすめです。

おすすめの転職エージェント5選

頼んでみたいけれど、どの転職エージェントを選べばいいか分からない方も多いでしょう。ここでは、おすすめの転職エージェントを5社ご紹介します。検討している方はぜひ参考にしてみてください。

サービス
リクルートエージェント doda
エージェントサービス
キャリアスタート DYM就職 ワークポート
公開
求人数
444,218件 140,804件 非公開  非公開 公開78,913件
非公開
求人数
327,503件 非公開  非公開  非公開 非公開
対応エリア 全国 全国 東京、神奈川、埼玉、千葉
大阪、愛知、福岡、北海道
東京、札幌、仙台、名古屋
京都、大阪、広島
福岡(オンラインは全国可)
全国
得意領域 総合的な求人 総合的な求人 総合的な求人 ものづくり、サービス系
IT、エンジニア、不動産
IT、Web、ゲーム、建築、不動産
おすすめ
ポイント
・非公開求人が10万件
以上と豊富
・転職サービス未経験
でも簡単に利用可
・業種、エリア別に
アドバイザー在籍
・管理職や専門家に
特化した求人あり
求人紹介
・面接対策
・模擬面接 など
・求人紹介
・履歴書・面接対策
・面接時の服装指導 など

・履歴書・職務経歴書作成ツール
・転職活動支援アプリ
・転職講座
・エンジニア養成スクール
・求人検索

公式サイト

手厚いサポートを受けたいなら|リクルートエージェント


画像引用元:リクルートエージェント公式HP

運営会社 株式会社リクルート
求人数 公開求人370,525件/非公開求人226,707件(2023年2月時点
対応エリア 全国
主な特徴やサービス ・転職に関するエージェントサポート
・豊富な非公開求人の紹介
・模擬面接などの実践的な転職指導サービス

手厚いサポートを受けたいならば、リクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは株式会社リクルートが運営しているのもあり、圧倒的な求人数の多さが特徴です。そのため、働きたい業種や職種が決まっていなくても、自分に合った求人を見つけやすいでしょう。

また、リクルートエージェントは3人体制でサポートしてくれるため、安心して転職活動が行えます。なるべく短期間で転職活動したいと考えている方はリクルートエージェントを活用すると良いでしょう。

リクルートエージェントはこんな人におすすめ!

働きたい業種や職種がまだ決まっていない人

・短期間の転職活動を目指している人
・サポート体制が整っているエージェントが良い人

リクルートエージェント公式サイト

じっくり転職先を探したいなら|dodaエージェントサービス

※画像引用元:dodaエージェントサービス公式HP

運営会社 パーソルキャリア株式会社
求人数 240,388(2023年2月時点
対応エリア 全国
主な特徴やサービス ・スカウトサービス
・エージェント機能
・診断・書類作成ツール

時間をかけてでも慎重に転職先を探したいなら、dodaエージェントサービスがおすすめです。

dodaエージェントサービスは、大手人材紹介会社であるパーソルキャリア株式会社が運営しています。

転職のノウハウや知識を持ったキャリアアドバイザーが在籍しており、求人紹介はもちろん、転職に関する相談も乗ってくれます。次の仕事は十分に納得して決めたいという方はdodaエージェントサービスがおすすめです。

dodaエージェントサービスはこんな人におすすめ!

・実績のあるエージェントサービスを利用したい人
・専門性の高いキャリアアドバイザーに相談したい人

若手の就職に強い転職エージェントにお願いしたいなら|キャリアスタート

※画像引用元:キャリアスタート公式HP

運営会社 キャリアスタート株式会社
求人数 非公開
対応エリア 北海道、東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、愛知、福岡
主な特徴やサービス ・求人紹介
・面接対策
・模擬面接 など

若手の就職に強い転職エージェントにお願いしたいならば、キャリアスタートがおすすめです。

キャリアスタートは、20代に特化した転職エージェントで、「20代がおすすめする就職支援会社No.1」「転職満足度No.1」「充実したサポート満足度No.1」にも選ばれるほどの実績をもった会社です(※2018年のJMRO調査)。

大企業の求人数が多いため、「若いうちに大企業でキャリアを積みたい」という方にキャリアスタートはおすすめです。

キャリアスタートはこんな人におすすめ!

・20代の人

・大手企業に転職したい人

キャリアスタート公式サイト

なるべく早く転職先を見つけたいなら|DYM就職

※画像引用元:DYM就職公式HP

運営会社 株式会社DYM
求人数 非公開
対応エリア 東京、札幌、仙台、名古屋、京都、大阪、広島、福岡(オンラインは全国可)
主な特徴やサービス ・求人紹介
・履歴書・面接対策
・面接時の服装指導 など

できるだけスピーディーに転職先を決めたいならば、DYM就職がおすすめです。

DYM就職は、未経験者やフリーターをメインに就職のサポートを行っています。また、地方の就職もサポートしているため、UターンやIターンを検討中の方にも合っています。

DYM就職が得意としている業界は、IT系やものづくり系、サービス系などで、これらの業種で働きたい方はぜひ活用すると良いでしょう。

DYM就職はこんな人におすすめ!

・未経験の業界にチャレンジしたい人
・Uターン、Iターン転職を考えている人
・IT、ものづくり、サービス系で働きたい人

DYM就職公式サイト

スクールに通いながらIT業界に転職したいなら|ワークポート

※画像引用元:ワークポート公式サイト

運営会社 株式会社ワークポート
求人数 公開92,328(2023年2月時点
対応エリア 全国
主な特徴やサービス ・履歴書・職務経歴書作成ツール
・転職活動支援アプリ
・転職講座
・エンジニア養成スクール
・求人検索

ワークポートは、ITやWebなどの業界に特化した転職エージェントです。未経験でも挑戦できる求人も多く取り揃えています。また、ワークポートでは未経験でもチャレンジできるようにエンジニアを目指す無料スクールを用意しています。

  • PHPコース
  • Javaコース
  • インフラ―コース

の3つの中から、選んで受講が可能です。さらに専門のコンシェルジュがサポートしてくれるため、未経験でも安心して転職活動が行えるでしょう。

ワークポートはこんな人におすすめ!

・未経験でもエンジニアを目指したい人
・無料スクールを受けたい人
・丁寧な対応を求めている人

まとめ

今回は、次の仕事が決まっていないけどやめた場合の対処法について紹介しました。

仕事が決まってから辞めるのが最善ですが、人間関係や業務内容でストレスを抱えたまま働き続けるのは良いことではありません。

仕事が決まってないまま辞めるリスクを十分に認知したうえで、仕事を続けながら職を探すか決めると良いでしょう。一人で悩まずに家族や友人、転職エージェントなどに相談してみてください。


◆記事で紹介した商品・サービスを購入・申込すると、売上の一部がマイナビニュース・マイナビウーマンに還元されることがあります。◆特定商品・サービスの広告を行う場合には、商品・サービス情報に「PR」表記を記載します。◆紹介している情報は、必ずしも個々の商品・サービスの安全性・有効性を示しているわけではありません。商品・サービスを選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品・サービススペックは、メーカーやサービス事業者のホームページの情報を参考にしています。◆記事内容は記事作成時のもので、その後、商品・サービスのリニューアルによって仕様やサービス内容が変更されていたり、販売・提供が中止されている場合があります。
タイトルとURLをコピーしました