[PR]

robertwalters(ロバートウォルターズ)利用者の口コミ・評判は?デメリットや注意点も解説

おすすめ転職エージェント
本ページはプロモーションが含まれています。

robert walters(ロバート・ウォルターズ)は外資系・日系グローバル企業の転職に強い人材紹介会社です。

「評判がひどい」「英語ができないと相手にされない」「なぜか突然電話がくる」などの声もあがっていますが、噂は本当なのでしょうか。

そこでこの記事では、robert waltersを実際に利用した人のリアルな口コミや評判を紹介しています。

robert waltersを利用するときの注意点や、活用するときのポイント、登録の手順やよくある質問にも回答しているので、外資系企業への転職を成功させたい人は参考にしてください。

robert walters(ロバートウォルターズ)のリアルな口コミ・評判

ここでは、robert waltersを実際に利用した人の口コミを紹介します。

robert waltersを実際に利用した人の口コミを紹介

私は休暇がしっかりと取れる求人がなければ外資系はキッパリやめようと決めていました。そのことを担当者に伝えていなかったのも悪いのですが、次々と求人を紹介されてしまい、中々自分のペースで求人を吟味する事が出来ませんでした。
とは言え、私のキャリアをしっかりと踏まえた求人を紹介してくれました。何より驚いたのは、前に勤めていた会社よりも高待遇な求人が多かった事です。
外資系の転職エージェントとしてはやはり最大手なのですね。紹介される求人の質は高いものばかりでした。(引用元:みん評

面談をしたのち、いくつか案件を紹介してもらいました。英語面談ではざっくばらんにお話しできました。年齢も近かったし、考え方も似ていたのでとてもスムーズに進んだと思います。
業界・業種ごとにチーム化されていて、面談したエージェント以外からもメールや電話がきます。私は面談にて無用な連絡を控える旨、希望条件を狭めたのでそんなに連絡は来なかったほうだと思います。しかし、経験した業界や業種の担当から連絡が来ることもあったので、人によるのではないかと思います。
案件の内容自体は信頼できるし大手外資の案件が多くありました。外資に挑戦したい方にはお勧めできます。(引用元:みん評

外資系企業に転職して年収アップを狙う人向けですが、英語力はネイティブ並みで、かつ専門領域でもハイスペックであることが求められます。求人の職種は多彩ですが、日本のサイトですら求人情報が英語でのみ記述されているものが多く、コンサルタントとの面談も英語のみで行われます。

年収1千万円以上の求人がゴロゴロあるため、専門領域についてかなり細かいことまで聞かれます。

だた、紹介してくれる企業の内部事情に精通しており、書類選考や面接の対策もしてくれるため、紹介された企業に採用される可能性はかなり高くなります。現在は紹介してくれた外資系の企業で働いていますが、今後外資系企業への転職を行う際は、再度利用するつもりです。(引用元:みん評

口コミからわかった「robert walters」とは?

robertwaltersの良い口コミでは、「前に勤めていた会社よりも高待遇な求人が多かった」「外資系の転職エージェント最大手なだけあり、紹介される求人の質は高いものばかりでした」「案件の内容自体は信頼できるし、大手外資の案件が多くあり、外資に挑戦したい方にはお勧めです」「エージェントは、紹介してくれる企業の内部事情に精通しており、書類選考や面接の対策もしてくれるため、企業に採用される可能性はかなり高いです」といった声が見られました。

外資系の転職に特化した大手の転職エージェントだけあり、質の良い求人とエージェントの丁寧なサポートに定評があります。

悪い口コミは見つかりませんでしたが、一部「面談したエージェント以外からもメールや電話が来ることがあります」「コンサルタントとの面談も英語のみということがあるため、スキルが必要とされます」という声もあるため、外資系企業が未経験で英語は話せない人にはハードルが高いかもしれません。

robertwalters
公式サイトはこちら

robert walters(ロバートウォルターズ)の特徴と選ばれる理由

※画像引用元:robert walters公式サイト

・運営会社:ロバート・ウォルターズ・ジャパン
・主要対応エリア:東京・大阪
・公開求人数:2,029件(2024年2月時点)
・料金:無料
・得意な業界:IT・メーカー(電気/電子/機械)・金融・秘書/ビジネスサポート・経理/財務・営業・人事・法務・自動車・化学・ヘルスケア・デジタル・リテール・エネルギー/インフラ・サプライチェーン/物流/購買・マーケティング

robert waltersはこんな人におすすめ!

  • 自分のスキルに合う仕事を見つけたい人
  • 関東や関西で英語を使う仕事に就きたい人
  • 転職活動を効率よく進めたい人

公式HPはこちら

robert waltersは日本で2000年に東京オフィス、2007年に大阪オフィスを設立しました。世界31ヵ国の主要都市にオフィスを構えるrobert waltersですが、どのような強みを持っているのでしょうか。robert waltersが選ばれる理由は、次の4つです。

  • 外資系求人多く保有している
  • コンサルタントが在籍している
  • Webセミナーを開催している
  • サポートが手厚い

robert waltersの特徴を詳しくチェックしていきましょう。

外資系求人を多く保有している

robert waltersで扱っている求人のほとんどが、外資系や日系グローバル企業の英語を扱う仕事です。バイリンガルやスペシャリストと呼ばれる転職の求人において20年の優れた実績があります。勤務地のエリアは関東や関西に集中していますが、リモートワークが可能な求人もあるので、自由な働き方を目指すことも可能です。

また、およそ2,000件の求人情報のうち、1,700件以上が正社員の求人です。(2023年8月時点)求人の希望年収は500万円以上が最低ラインで、2,300万円以上や時給5,000円以上のハイクラスな転職求人も70件ほどあります。派遣や契約などの雇用形態にかかわらず、年収アップを目指すことができるのが魅力です。

他の転職サイトでは公開されていない非公開求人も保有しています。好条件な非公開求人の情報を手に入れることができれば、転職を有利に進めることができるでしょう。

コンサルタントが在籍している

ロバート・ウォルターズ・ジャパンでは、日本人と外国人の優秀なコンサルタントが転職や採用の支援に全力で取り組んでいます。コンサルタントはバイリンガルなので、英語と日本語を話すことが可能です。コンサルタントがカウンセリングを実施し、膨大な求人情報の中から求職者の希望に合う仕事をピックアップしてくれます。

robert waltersに在籍しているのキャリアコンサルタントは、外資系企業に関する知識や経験が豊富です。クライアント企業と求職者の双方に一流のサービスを提供することにプライドを持っています。チーム体制でサポートを実施しているので、転職活動をスピーディに進めることが可能です。

Webセミナーを開催している

robert waltersでは、採用企業と求職者向けのセミナーを定期的に開催しています。好きなセミナーに参加できるので、気軽に参加してみましょう。セミナーでは採用に関する最新情報を得ることができます。過去のセミナーも配信しているので、見逃した方もあとからゆっくり視聴することが可能です。

セミナーの情報は英語か日本語で記載されていますが、英語でかかれているものは基本的にセミナーも英語でおこなわれます。セミナーの参加費用は無料です。セミナーに参加して転職の不安や疑問を解消しましょう。

サポートが手厚い

robert waltersでは、担当のキャリアコンサルタントが応募から面接に至るまで丁寧にサポートしてくれます。企業の内部事情や選考ポイントを熟知しているため、的確なアドバイスが可能です。さらに、履歴書だけでは伝わりんにくい転職希望者の強みや魅力を採用担当者に直接アピールしてくれます。

さらに、転職活動の時間が取れない人のために企業の情報収集や条件交渉もキャリアコンサルタントが代行してくれるので安心です。面接対策として具体的なアドバイスをもらえるので、利用者は自信を持って面接に臨むことができるでしょう。

robertwalters
公式サイトはこちら

robert walters(ロバートウォルターズ)のデメリット・注意点

robert waltersはサポート力や提案力の高さが魅力ですが、欠点と呼べる部分もあります。robert waltersを利用する前に知っておきたいデメリットや注意点は、次の3つです。

  • 営業電話が多い
  • 関東エリア以外の求人は少ない
  • 希望していない求人を紹介される

それでは、デメリットや注意点の内容を詳しくチェックしていきましょう。

営業電話が多い

robert waltersに登録すると、担当者からいきなり電話がかかってくることがあります。初回は面談の連絡ですが、それ以降は営業電話の可能性が高いです。利用者が優秀な人材のため、企業からコンサルタントを通じてスカウトを依頼している可能性もあります。

コンサルタントが頻繁に営業の電話をかけてくるのは、利用者のスキルや経歴に魅力があるからです。市場価値が高い人材なので、逃したくないと考えてしまうのでしょう。求人に興味がない場合は断っても問題はありません。しつこく感じる場合は、電話の頻度を少なくしてほしいことを担当者にはっきり伝えると良いでしょう。

関東エリア以外の求人は少ない

robert waltersでは主に関東エリアと関西エリアが勤務地の求人を扱っていますが、求人数は関東エリアが圧倒的に多いです。2023年8月時点の求人数は関東が1,792件、関西が179件、その他が69件となっています。そのうちリモートワーク可の求人は91件だけです。

関西エリアやその他のエリアの求人がほぼないのが現状なので、関東エリア以外で仕事を探している人が利用しても、求人情報が少ないので物足りなく感じる可能性が高いです。地方の求人探しには向かないサービスであることを把握しておきましょう。

希望していない求人を紹介される

キャリアコンサルタントは転職希望者の経歴やスキルを確認した上で求人を紹介しますが、必ずしも希望する求人が紹介されるわけではないです。

経歴が浅い場合は、紹介できる求人がない場合もあります。転職活動をスムーズに進めたいなら、紹介を待つのではなく自分が興味を持った求人には積極的に応募することが賢い選択です。

robertwalters
公式サイトはこちら

robert walters(ロバートウォルターズ)を利用するときのポイント

robert waltersを利用すれば、必ず転職できるわけではありません。転職を成功させるためのポイントは、次のとおりです。

  • 情報は正確に伝える
  • 非公開求人を紹介してもらう
  • 他のサービスも併用する

robert waltersを活用するときのポイントを詳しくチェックしていきましょう。

情報は正確に伝える

より自分にマッチした求人を紹介してもらうために、キャリアコンサルタントにスキルや経歴に関することで嘘をつくのはNGです。正確な情報を伝えないと、自分に合う仕事を紹介してもらうことはできません。キャリアコンサルタントとの面談でしっかりと伝えておきたい項目は、次のとおりです。

  • 現在の仕事内容
  • 現在までの職務経歴
  • キャリアプラン
  • 転職したい理由
  • 年収などの希望条件

キャリアコンサルタントは、面談によって得た情報をもとに転職希望者の能力を最大限に発揮できそうな企業の求人を紹介します。見栄を張って自分をよく見せる必要はありません。特にやりたい仕事や年収などの条件については正直な希望を伝えましょう。

非公開求人を紹介してもらう

robert waltersでは、他の転職サイトや転職エージェントが保有していない非公開求人を取り扱っています。非公開求人はキャリアコンサルタント経由でのみ紹介が可能です。

非公開求人では即戦力となる人物を求める傾向が強いので、スキルアップを目指している人に向いています。積極的に非公開求人を紹介してもらいましょう。

他のサービスも併用する

希望条件に合う求人が見つからない場合は、robert waltersだけではなく他の転職サイトや転職エージェントも利用すると効率的に転職活動を進めることができます。

外資系求人やグローバル企業の求人を専門として扱っているサービスのコンテンツも利用して情報収集に励みましょう。

robertwalters
公式サイトはこちら

robert walters(ロバートウォルターズ)の利用手順

robert waltersを利用するときの手順は、次のとおりです。

  1. 基本情報を登録する
  2. キャリアカウンセリングを受ける
  3. 求人応募・面接・内定

登録から内定までの流れを詳しくチェックしていきましょう。

基本情報を登録する

まずは、robert waltersの公式サイトにアクセスします。転職の相談か求人への応募のどちらかを選択してください。転職相談を利用する場合は、応募フォームから英文履歴書か職務経歴書を提出します。応募フォームに入力が必要な情報は、次のとおりです。

  • 氏名
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 現在の職種
  • 現在の業種
  • 希望勤務地
  • 希望雇用形態
  • 紹介者名
  • 個人情報保護への同意

robert waltersの利用にあたり紹介者がいる場合は紹介者名を記入してください。日本国内の知り合いを紹介した場合は2万円のeギフトカード、海外の知り合いを紹介した場合は3万円のeギフトカードが贈呈されます。さらに抽選で10万円のeギフトカードもプレゼントしているのでとてもお得です。

応募フォーム入力時に職務経歴書か英文履歴書はファイルで添付します。英文履歴書メーカーを使用すれば、フォームに入力するだけで簡単に作成することが可能です。

キャリアカウンセリングを受ける

応募時に入力した情報はキャリアコンサルトによって確認されます。紹介できる求人が見つかった場合は、各分野に精通したキャリアコンサルタントから面談の連絡があるので応じてください。東京オフィスか大阪オフィスのどちらかで対面の面談が実施されます。遠方に住んでいる場合は電話で面談を受けることも可能です。

なお、キャリアカウンセリングを受けられるのは紹介できる求人情報がある場合のみとなっています。職務経歴によっては求人が紹介できないケースもあるのでご注意ください。

面談の場では経歴や希望条件の再確認がおこなわれ、今後のキャリアプランについてコンサルタントと一緒に考えることができます。求人企業に関する詳しい情報の共有や非公開求人を提供されるため、よく考えた上で応募を検討しましょう。

求人応募・面接・内定

面談の最終段階で求人への応募の意思確認と承諾がおこなわれます。求人応募はキャリアコンサルタントが代行してくれるので、応募者側から企業にコンタクトを取る必要はありません。キャリアコンサルタントは、面談から得た情報をもとにして応募者の強みをアピールしてくれます。

応募が完了したらキャリアコンサルタントが面接のアドバイスをしてくれるので、面接対策は万全です。面接では伝えにくい希望条件も応募した企業に伝えてくれます。内定が決まったらキャリアコンサルタントから連絡がくるので、入社日の調整や退社の手続きを進めましょう。

robertwalters
公式サイトはこちら

robert walters(ロバートウォルターズ)に関するよくある質問

最後にrobert waltersの利用に関するよくある質問に答えていきます。

  • どんな人におすすめ?
  • 英語ができない場合は?
  • 退会方法は?

不安や疑問を解消してから利用しましょう。

どんな人におすすめ?

robert waltersは、次のような特徴を持つ人におすすめです。

  • 外資系企業で働きたい人
  • 英語力の高い人
  • 英語を扱う経歴がある人

robert waltersは外資系求人に特化していてハイキャリアな人向けの案件が多いので、利用するには敷居が高いと感じる人が多くいるかもしれません。「レベルの高い環境で働きたい」「持ち前の英語力を活かしたい」など、仕事に対する向上心が強い人に向いています。

英語ができない場合は?

英語ができなくてもキャリア相談や求人応募をおこなうことは可能です。しかし、英語力が皆無な場合や正社員として働いた経験がない場合は求人を紹介されない可能性が高いでしょう。robert waltersでは英語が必須な求人を多く扱っているため、応募まで進めても選考に通る可能性は低いといえます。

求人によっては詳細が英語で書かれているものもあるので、英語ができない人だと求人要項を理解することすらできません。経歴が浅いとキャリアコンサルタントから十分なサポートを受けることも難しいです。最低でも英語の読み書きができる人でないと、robert waltersでの求人探しは難航するでしょう。

退会方法は?

robert waltersの公式サイトには退会専用の連絡フォームがないため、担当のキャリアコンサルタントに直接連絡して退会を申し出る必要があります。キャリアコンサルタントと連絡を取っていた電話番号かメールアドレスを利用して退会することを伝えてください。

退会する理由を正直に話せば引き止められる可能性は低くなります。転職のサポートをしてくれた担当のキャリアコンサルタントに、感謝の気持ちを伝えてから退会するようにしましょう。

robertwalters
公式サイトはこちら

まとめ

robert waltersには、外資系や日系のグローバル企業への転職支援による安心と信頼の実績が20年以上あります。専門分野に精通したバイリンガルのキャリアコンサルタントが、キャリア相談から応募書類の作成まで代行してくれるので、効率よく転職活動を進めることが可能です。

転職活動をサポートしてくれるrobert waltersですが、もちろんデメリットや注意点があります。今回解説した活用のポイントを意識して転職活動を進めることが大切です。登録から内定までの流れを事前にチェックして、転職活動をスムーズに進めましょう。


◆記事で紹介した商品・サービスを購入・申込すると、売上の一部がマイナビニュース・マイナビウーマンに還元されることがあります。◆特定商品・サービスの広告を行う場合には、商品・サービス情報に「PR」表記を記載します。◆紹介している情報は、必ずしも個々の商品・サービスの安全性・有効性を示しているわけではありません。商品・サービスを選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品・サービススペックは、メーカーやサービス事業者のホームページの情報を参考にしています。◆記事内容は記事作成時のもので、その後、商品・サービスのリニューアルによって仕様やサービス内容が変更されていたり、販売・提供が中止されている場合があります。
タイトルとURLをコピーしました