ベンチャー企業への転職で後悔しない!おすすめサービスと探し方まで紹介

おすすめ転職エージェント

「ベンチャー企業へ転職したい」と考えてはいませんか。

働きがいや、成長できるという面で転職の候補にベンチャー企業を挙げる人も少なくありません。しかし、ベンチャー企業で大きな成長を遂げる可能性がある一方で、よく知らずにベンチャー企業へ転職することで後悔してしまうこともあるので、慎重に検討することが重要です。

この記事では、ベンチャー企業に転職する際のメリットやデメリットベンチャー企業への転職におすすめの転職サービスを紹介します。この記事を参考にして、ベンチャー企業への転職について理解を深めましょう。

ベンチャー企業へ転職する5つのメリット

ここではベンチャー企業へ転職する際の5つのメリットを紹介します。それぞれ詳しく見ていきましょう。

  • 仕事にやりがいを感じられ成長できる
  • 実績が評価されやすい
  • 経営に自分の意見を反映されやすい
  • スピード感を持って仕事ができる
  • ストックオプションで将来の収入に期待できる

仕事にやりがいを感じられ成長できる

転職先にベンチャー企業を選ぶ大きなメリットとして、仕事へのやりがいや自身の成長をより感じることができる点が挙げられます。

ベンチャー企業は大手企業と比べて従業員数が少ない傾向にあるため、一人ひとりが幅広い業務に携わることになります。そのため、短い期間で多くの経験を積むことができるとともに、裁量の大きい仕事を任されることも多く、強いやりがいを感じられるでしょう。

実績が評価されやすい

ベンチャー企業では、新卒や中途といった社歴に関係なく実績を出すことが求められます。裏を返せば、実績を出せばきちんとした評価に繋がるということ。

ベンチャー企業は能力や実績を重視している傾向にあるため、自分自身で能力や実績をアピールすることができれば昇進や・昇給のチャンスとなります。

経営に自分の意見を反映されやすい

自分自身の仕事が会社の経営に直結するベンチャー企業は、大手企業と比べて社長や経営陣との距離も近く、意見を伝えやすい環境にあります。また、事業規模が小さいため、自分の考えや意見が業務に反映されやすい点も大きな魅力です。

スピード感を持って仕事ができる

ベンチャー企業は、大手と比べて決裁者までの距離感が近くなるため、スピード感を持った仕事ができます。やりたい施策の実現までが早い点は魅力的です。

会社の規模が大きくなればなるほど、企業は一つの施策に対して長い承認期間がかかることも多く、時間のロスやストレスに繋がりやすいといえます。

ストックオプションで将来の収入に期待できる

ベンチャー企業で広まりを見せるストックオプションという制度で、将来の収入に期待が持てる点もメリットの一つです。

ストックオプションとは、従業員や役員が特定の条件下で自社株を購入し、インセンティブの代わりに自社株を提供するといった制度を指します。企業の成長がストックオプションでの利益を増やすことにも繋がるので、業務上でのモチベーションや、やりがいを得ることができます。

ベンチャー企業へ転職する3つのデメリット

反対に、ベンチャー企業へ転職する際のデメリットは以下のとおりです。詳しく見ていきましょう。

  • 設立当初は給与や福利厚生に期待できない
  • 多忙と急な方針転換で人が離れる
  • 長期で生き残れる保証はない

設立当初は給与や福利厚生に期待できない

設立したてのベンチャー企業は会社としての体力が少なく、投資できる財源が限られています。そのため、給与や福利厚生などの待遇が大手企業と比べて低い傾向にあります。また、会社に蓄積されたノウハウも少ないため、研修等の教育体制も不十分といったケースも多く見られます。

給与面や福利厚生を働きやすさと結びつけて考える人には大きなデメリットです。

多忙と急な方針転換で人が離れる

前述した通り、ベンチャー企業では使える資源が限られている場合が多く、まず問題となりやすいのは人件費カットや人員不足です。大手企業に比べネームバリューが低く、さらに募集広告にかけられる費用も少ないため、採用活動にも苦戦します。そのため、少人数で仕事を回す必要があり、一人あたりの負担が大きくなりがちです。

また、意思決定の速度が早いため、急な方針転換で希望にそぐわない方向に会社が進んでいく可能性もあります。尊敬する上司に出会えた矢先に人事異動となり、心が折れてしまうことがあるかもしれません。

ベンチャー企業ならではの多忙さや方針転換などで、会社から人が離れていくこともあるでしょう。

長期で生き残れる保証はない

規模の小さいベンチャー企業は、長期で会社が存続する確率は低いとされています。

2006年に中小企業庁が発表した中小企業白書では、企業存続率は10年後で約26%となっており、7割以上の会社が10年に届かず廃業しているデータもあります。

長期間同じ会社で働き続けたい人や、企業の安定性を求める人はベンチャー転職は不向きといえます。

ベンチャー企業への転職を成功させるポイント

ここでは、ベンチャー企業への転職を成功させるために押さえておきたいポイントについて解説します。

自分がベンチャー企業に向いた人材か検討

何事にも向き不向きがあるように、ベンチャー企業への転職にも向き不向きがあります。自分自身の年齢や置かれた状況、性格などを加味して、ベンチャー企業に向いているか判断しましよう。

ベンチャー企業に向いている人、向いていない人の特徴は以下の通りです。

向いている人向いていない人
  • 仕事を楽しめる人
  • コミュニケーション能力が高い人
  • 我慢強い人
  • 成長意欲がある人
  • 環境の変化に柔軟に対応できる人
  • マニュアルが欲しい人
  • 同じ会社で働き続けたい人
  • 安定志向が強い人
  • プライベートを充実させたい人

ベンチャー企業は、主体性が求められることも多く積極性がある人のほうが向いています。反対に、マニュアルやルールに沿って仕事をしたい人にとっては辛い環境になりかねません。

次に、年代ごとのベンチャー転職についてメリット・デメリットをまとめました。

年代メリットデメリット
第2新卒
  • 未経験の仕事ができる
  • やりがいがある
  • 年収が下がる可能性がある
  • 多忙になる
  • 研修体制が整っていない可能性がある
20-30代
  • キャリアアップのチャンス
  • 経営層との関係が築ける
  • マネジメント業務に携われる
  • 年収が下がる可能性がある
  • 多忙になる
40-50代
  • 専門職での高待遇が期待できる
  • ビジョンに沿った仕事ができる
  • 年収が下がる可能性がある
  • 培ったキャリアが通用しない可能性がある

スピード感やフットワークの軽さを大切にするベンチャー企業では、若い人のほうが優遇されがちです。若い人はキャリアが短く新たな挑戦もしやすいため、ベンチャー企業への転職は向いているといえます。

また、特定の分野において専門性がある人やマネジメント経験が豊富な人は、企業にとって重宝する人材となりえますが、方針転換が早いベンチャー企業では、これまでに培ってきた経験を発揮できない可能性も考えられます。企業の適性や方向性を事前にしっかりとチェックし、転職先を選びましょう。

未経験の業界・業種へ挑戦するなら経験の棚卸し

ベンチャー企業では即戦力を求められることが多く、経験者のほうが優遇されますが未経験の人が見向きもされないといった事はありません。

転職を考える際には今までのキャリアと向き合い、スキルや経験の棚卸しをすることが大切です。今までの実務内容や役職を整理し、希望する業界や業種にどう役立てることができるのかをしっかりと考え、転職活動前に準備しておきましょう。

転職先の企業を現状と将来性で厳選

ベンチャー企業への転職に限った話ではありませんが、転職活動においてこれから働く会社についての情報収集は欠かせません。これから転職を考える企業の現状と将来性についてきちんと調べ、厳選していく作業をおこないましょう。

ここでは、事前にリサーチしておくべき2つの要素を紹介します。

①企業が優秀な人材を抱えているか

一人ひとりの裁量が大きくなるベンチャー企業では、個の力が事業の推進力に直結します。転職活動での面接や面談では、相手の受け答えや価値観についてしっかりと聞いておくようにしましょう。

また、優秀な人材が多い会社で働くことができれば、これから働く自分の力も引き上げられスキルアップに繋がります。自分自身のためにも、企業の抱える人材について知っておきましょう。

②ビジネスに将来性があり、事業戦略があるか

ベンチャー企業への転職の際、雇用条件だけでなくビジネスの将来性やそのビジネスを発展させていくための戦略についても知ることは大切です。いくら共感できるビジネスやビジョンを掲げていても、それを実現するための戦略が乏しければ、競合などに負けて事業の頓挫、最悪の場合倒産といった事になりかねません。

これから働く会社のビジネス事情や、業界には将来性があるのか、またそれを達成する戦略があるのかを知り、転職活動に役立てましょう。

ベンチャー転職におすすめの転職サイト・エージェント

ここでは、ベンチャー転職におすすめの転職サイト・転職エージェントを紹介します。

転職サイトは、企業の求人広告が集まっているサイトの中から自分自身で企業を選び、応募して選考が進んでいくサービスです。一方、転職エージェントは相性の良い求人をエージェントが紹介してくれるサービスであるのが特徴です。

以下で転職サイト、転職エージェント別にそれぞれおすすめのサービスを紹介するので、自分にはどの転職サービスが適切かを判断し、転職活動を有利に進めましょう。

ベンチャー企業向けおすすめ転職サイト3選

doda

画像引用元:doda公式

・運営会社名:パーソルキャリア株式会社
・求人案件数:公開求人143,846件(2022年6月時点)
・対応エリア:全国

dodaは求人数が非常に多く、利用者を多く抱える転職サイトです。ベンチャー企業の求人も充実しています。

転職サイトと転職エージェント両方の機能を備えており、利用目的や転職の方針に沿って使い分けが可能です。dodaの機能のひとつ「プレミアムオファー」を企業から受けることができれば面接が確約され、内定率がアップする点も注目のサービスです。

dodaはこんな人におすすめ!

  • ベンチャー企業の求人を探している人
  • 色々なアプローチで転職を進めたい人

公式HPはこちら

ビズリーチ

画像引用元:ビズリーチ公式

運営会社名: 株式会社ビズリーチ
求人案件数:公開求人77,646件(2022年6月時点)
対応エリア:全国

ビズリーチはハイクラス転職におすすめな、スカウト型の転職サイトです。年収1000万円が見込める求人を多く抱えており、マネジメントのポジションや経営層の募集も掲載されています。

ビズリーチでは、登録の際にハイクラス会員とタレント会員に属性が振り分けられ、自分自身のキャリアに沿った求人を受けることができます。また、有料会員のみが閲覧可能な求人もあり、転職活動を有利に進めていくことができます。

ビズリーチはこんな人におすすめ!

  • ハイクラスな求人を狙う人
  • 自分に合った求人を受けたい人

公式HPはこちら

キャリトレ

画像引用元:キャリトレ公式

・運営会社:株式会社ビズリーチ
・求人案件数:非公開
・対応エリア:全国

キャリトレは主に転職を考える20代向けの転職サイトです。利用者の20代を意識して扱いやすいアプリがあるのも魅力のひとつです。

20代の転職に特化しており、若い力を採用したい企業の求人が集まっています。キャリトレには企業からのスカウト機能もあり、気になる企業からのスカウトを待つこともできます。スカウトが来た企業とは直接のやり取りができるため、交渉や面接までスムーズに進む事ができるでしょう。

キャリトレはこんな人におすすめ!

  • 20代の人
  • アプリで手軽に転職活動がしたい人

公式HPはこちら

その他の転職サイトも比較したい人にはこちらの記事がおすすめです。

転職サイトのおすすめ21選を徹底比較!公開求人数ランキングや選び方も紹介
おすすめの転職サイトを厳選し職種別・タイプ別に21選紹介します。さらに求人の量・質やサポート内容のチェックなど転職サイトの選び方を詳しく説明し、希望条件の明確化やスピード感などスムーズに転職を成功させるために必要なポイントも解説します。

ベンチャー企業向けおすすめ転職エージェント2選

リクルートエージェント

画像引用元:リクルートエージェント公式

運営会社名:株式会社リクルート
求人案件数:公開求人220,081件・非公開求人265,889件(2022年6月時点)
対応エリア:全国

リクルートエージェントは、求人数・実績ともに業界トップクラスの転職エージェントです。対応する職種も広く、業界最大級の大手だけあり、様々な業界・職種から求人を集めています。

サポート体制も整っており、提出書類の添削や面接、給与・入社日の交渉なども無料で受けることができます。様々ある転職エージェントの中で、安心して利用できる要素が一通り揃っているので、真っ先におすすめしたいサービスです。

リクルートエージェントはこんな人におすすめ!

  • 多くの選択肢から転職先を選びたい人
  • 安心できる大手のサービスを受けたい人

公式HPはこちら

JACリクルートメント

画像引用元:JACリクルートメント公式

運営会社名:株式会社 ジェイエイシーリクルートメント
求人案件数:公開求人14,617件(2022年6月時点)
対応エリア:全国

JACリクルートメントは、30代以上の転職に力を入れている転職エージェントです。キャリアアップを狙える求人も多く抱えているため、転職によってステップアップを成し遂げたい人におすすめです。

また、高いサポート力も魅力の一つで、様々なニーズに応えることのできるコンサルタントが約800名在籍しています。支援実績も豊富なため、安心してサービスを利用することができます。

JACリクルートメントはこんな人におすすめ!

  • 30代以上で転職を考えている人
  • 転職でステップアップを狙いたい人

公式HPはこちら

他の転職エージェントサービスもチェックしたい人はこちらの記事を参考にしてください。

【プロ厳選】転職エージェントおすすめ15選を比較!求人数ランキングや選び方も解説【利用者392人の声も紹介】
利用する転職エージェントを迷っている人に向けて、専門家厳選のおすすめサービス15選を紹介します。公開求人数ランキングや信頼できるエージェントの選び方も解説しているので、ぜひ参考にしてください。

ベンチャー企業への転職でよくある疑問

最後に、ベンチャー企業への転職でよくある質問をFAQにて紹介します。ここまでで解決できていない疑問点などないか、チェックしてみましょう。

30代や40代でもベンチャー企業に転職できる?

30代や40代でベンチャー企業へ転職は可能です。しかし、30〜40代でベンチャー企業へ転職する際のデメリットをしっかり理解してからベンチャー企業への転職に踏み切りましょう。

本記事内でも触れた通り、給与や福利厚生は大手に勝ることは少ないでしょう。また、傾向として平均年齢が低いベンチャー企業では、周りに年下が多いことも少なくありません。

就業環境をよく確認したうえであれば、やりがいや裁量、自分自身のスキルアップにつながるベンチャー企業は魅力的な転職先となりえるでしょう。

転職に失敗しても挽回できる?

大抵のことはやり直しが効くのと同様に、転職の失敗も挽回は可能です。転職に失敗したと感じたら、失敗と感じた原因を分析し再転職に活かすための動きを考えましょう。

入社してから1週間程度の短い期間であれば、会社と交渉して入社そのものをなかったことにできるケースもあるようです。どうしても会社と合わないと感じたら、自分自身と転職先企業のためにもなるべく早く動き出すことをおすすめします。

今後伸びていくベンチャー企業の見分け方は?

今後伸びていくベンチャー企業を知るためには、その企業の経営陣や理念についてしっかりと調べておきましょう。実績のある経営陣や他にはない理念・ビジョンを掲げている企業かどうか、また、その企業が参入する業界の参入障壁や競合、マーケットの将来性などの調査も大切です。

事前の情報収集を怠らず、自分なりに分析して今後伸びていくベンチャー企業を見つけましょう。

ベンチャー企業の情報収集に役立つツールはある?

転職会議やベンチャー特化型転職エージェントのコラム記事は、情報収集において非常に有効です。また、気になった企業とは積極的に面接を組み、従業員の質や会社の雰囲気などを知ることにも役立ちます。

まとめ

ベンチャー企業への転職は、転職における非常に魅力的な選択肢の一つです。自分自身のスキルアップややりがいを得やすいなど、大手企業にはないメリットが沢山あります。反面、給与や福利厚生が下がる可能性や、社会的信用は大手企業に比べると得にくいといえます。

自分にとって何を大切にして働きたいのかを明確にし、理想のベンチャー企業を見つけましょう。

転職活動をはじめる際は、転職サイト転職エージェントのサービスを活用するとスムーズに転職を進めることができます。自分のスタイルに合わせてサービスを使い分け、転職活動を成功させましょう。

タイトルとURLをコピーしました