フリーターから正社員になるには?おすすめの転職エージェントも紹介

転職ノウハウ

フリーターから正社員に転職したくても、フリーターは不利にならないか不安に感じる人は少なくありません。また、何から行動したらよいかわからない人もいることでしょう。

本記事ではフリーターが利用すべき転職サイトや転職エージェントについて解説します。

この記事でわかること
フリーターが効率的に転職する方法
フリーターの転職に強いおすすめの転職エージェント5選
フリーターの転職に強いおすすめの転職サイト5選
フリーターが転職して正社員になるコツ
フリーターが転職活動でつまずくポイント

本記事を参考にフリーターから正社員になる方法を理解し、行動を起こしてみましょう。

フリーターが効率的に転職する3つの方法

まずはフリーターから正社員に転職する際の、主な方法を3つご紹介します。

  • ハローワーク
  • 転職エージェント
  • 転職サイト

それぞれの特徴や、メリット・デメリットを紹介するので、参考にしてください。

地域に密着した求人が多い「ハローワーク」

ハローワークは国の公的機関です。自分で応募したい企業を探し、窓口で詳しい条件の相談ができます。

転職活動しながら一定の条件を満たせば、給付金を受給できる「失業給付」や「職業訓練」も賢く使っていきたい制度です。地域に密着した求人が多いので、住まいの近くで転職したい人は利用してみるとよいでしょう。

 メリットデメリット
ハローワーク
  • マイページにアクセスすれば自宅で求人検索できる
  • 応募したい求人先に紹介状を出してもらえる
  • 応募書類の添削もしてもらえる
  • 相談しても求人の情報量が少ないことがある
  • 求職から採用にいたるまで自発的に行動しないといけない

希望にあう仕事を探してくれる「転職エージェント」

転職エージェントとは1人1人に担当者が付き、企業との間に入ってくれる支援サービスのことです。キャリア相談から希望条件に合った求人を提案してくれます。

応募書類や面接対策もサポートしてくれたり、疑問を相談したりできる存在なので転職活動の頼もしい味方となるでしょう。

 メリットデメリット
転職エージェント
  • 非公開求人もある
  • 書類選考をスキップできることもある
  • 日程調整の連絡をお願いできる
  • 給与交渉も担当者がしてくれる
  • 自分のペースで転職活動するわけではない
  • 自分の希望した求人に応募できないことも
  • 担当者とのやりとりが手間に感じる人もいる

自分で仕事を探す「転職サイト」

多数の求人の中から気になる求人をピックアップして、自由に応募できるサービス転職サイトです。すべてWeb上で操作できるので敷居が低く、気軽にはじめられます。

希望条件でどのような求人がヒットするか知りたい人は、まずは転職サイトを利用してみましょう。

 メリットデメリット
転職サイト
  • 求人数が充実している
  • 希望の求人があれば自分から応募できる
  • 企業側からオファーがくることもある
  • コラムや診断ツールが豊富
  • 企業との連絡は自分で管理しなければならない
  • 情報を自分で集めるため時間がかかる

記事の後半では、フリーターの転職に強いおすすめの転職エージェントと転職サイトを紹介しています。

転職エージェントの仕組みとタイプを紹介


ここでは、転職エージェントの利用前に知っておきたいことを解説します。自分に合ったサービスを利用するために、転職エージェントの仕組みや特徴を理解しておきましょう。

転職エージェントの仕組み

転職エージェントとは、人材を求めている企業と転職希望者をマッチングさせる民間サービスのことです。事前に転職エージェントが企業に希望人材のヒアリングをし、求人を保有しています。

そしてエージェントの利用を申し込んだ転職希望者に、転職エージェントの担当者が希望条件や価値観を聞き出してまとめます。最終的に多数の中から転職希望者に適した求人を提案し、内定まで手助けするのが転職エージェントの役割なのです。

転職サイトと転職エージェントの違い

転職サイトと転職エージェントの違いは、転職活動に「第三者」が加わるかどうかです。転職サイトでは自分のペースで進めていける反面、企業の情報から応募・面接対策まで自分で積極的に行動しなければなりません。

対して転職エージェントでは、求職者と企業の間に担当者をはさみます。担当者が求職者の希望や適性に沿った求人を提案し、内定までの道のりをサポートするのでミスマッチも少なく転職活動ができるのです。

そのため自分のペースで進めたい人は転職サイトを活用し、1人ではくじけそうな人や転職活動に慣れていない人は転職エージェントを利用するのがおすすめです。

転職サイトと転職エージェントは仕組みが異なるため、どちらがいいという訳ではありません。自分に合ったサービスを利用しましょう。場合によっては併用するのもおすすめです。

フリーターの転職に強いおすすめの転職エージェント5選

ここでは、フリーターから正社員への転職におすすめな転職エージェントを5つ紹介します。

ハタラクティブ|若手・未経験の転職に強い

※画像引用元:ハタラクティブ公式HP

・運営会社:レバレジーズ株式会社
・対応エリア:全国
・求人数:非公開2,300件以上
・得意な業界:IT・医療・エンジニアなど

ハタラクティブは若手・未経験に特化した転職エージェントです。内定獲得者の86.5%が社員数1000人以上の大企業へ入社しています。

人柄を重要視するので、スキルや学歴に不安があっても問題ありません。自己分析や企業研究もマンツーマンでサポートしてくれる点も安心です。

\興味を持った人はこちら/

ハタラクティブはこんな人におすすめ!

  • 大企業に転職したい人
  • 未経験でIT業界に挑戦したい人
  • 学歴不問・未経験に理解のあるエージェントがよい人

UZUZ|20代・第2新卒の転職に強い

※画像引用元:UZUZ公式HP

・運営会社:株式会社UZUZ
・対応エリア:全国・主なエリアは首都圏・名古屋・大阪・福岡エリア
・求人数:非公開・取引企業数は2,600社以上

・得意な業界:IT・サービス・インフラなど
UZUZはオーダーメイド型で、他社より10倍の面談に時間をかけて支援する手厚さが強みです。UZUZの社員は就業に悩んだことのある過去を持つため、同じ目線で考えアドバイスしてくれますよ。入社後の定着率は96.8%と非常に高く、IT・エンジニア業界に強いエージェントです。
 
\興味を持った人はこちら/

UZUZはこんな人におすすめ!

  • 求職者と同じ目線でアドバイスしてほしい人
  • 内定率の高い転職サイトを利用したい人
  • 親身でていねいな担当者に教えてほしい人

DYM就職|ものづくり・IT・サービス業界の転職に強い

※画像引用元:DYM就職公式HP

・運営会社:株式会社DYM
・対応エリア:東京・札幌・仙台・名古屋・大阪・京都・広島・福岡
・求人数:非公開
・得意な業種:ものづくり・サービス業・IT・エンジニア・不動産
DYM就職は、フリーターや第二新卒に強い転職エージェントです。ものづくり・IT・サービス業界に強く、東証プライム上場企業の求人も保有。未経験者も積極的に採用しています。
 
入社後の離職率が低く、事前に転職希望者と企業とのミスマッチを防いでいる点も魅力です。
 
\興味を持った人はこちら/

DYM就職はこんな人におすすめ!

  • 優良企業の求人を探している人
  • 面接のサポートを受けたい人
  • 内定後もフォローしてほしい人

キャリアスタート|新卒・第二新卒の就職に強い

キャリアスタート

※画像出典元:キャリアスタート公式HP

・運営会社:キャリアスタート株式会社
・対応エリア:非公開
・求人数1,000件以上(未経験OK求人)
・得意な業種:IT・人材など

「20代がおすすめする転職支援会社」NO.1に選ばれたのがキャリアスタート。20代はもちろん30代の採用率も高く、マンツーマンで模擬面接を指導してくれます。全国から東京にくる人向けに住居面のサポートを支援する点も、ほかにはない特徴です。

\興味を持った人はこちら/

キャリアスタートはこんな人におすすめ!

  • マンツーマンで相談したい人
  • 若手に特化したサービスを使いたい人
  • 住居面のサポートを受けたい人

JAIC|無料の就職支援講座がある

※画像引用元:JAIC公式ホームページ

・運営会社:株式会社ジェイック
・対応エリア:非公開
・求人数:非公開

・得意な業種:非公開
「入社後の定着率が91.5%」と高い結果を出すJAICは、3つのコースから自分の要望に合ったコースを選べます。内定に必要なマナーやスキルを身につけられる無料の就職支援講座があり、フォロー体制もばっちりです。
 
また未経験で採用したい優良企業20社を集め、書類選考なしで集団面接もできるため内定までテンポよく進められます。
 
\興味を持った人はこちら/

JAICはこんな人におすすめ!

  • 効率的に早く就職活動したい人
  • 定着率のよい求人を求めている人
  • 多くの優良企業を比較したい人

フリーターの転職に強いおすすめの転職サイト5選

ここでは、フリーターから正社員への転職におすすめな転職サイトを5つ紹介します。

リクナビNEXT|登録者が日本最大級の転職サイト

※画像出展元:リクナビNEXT公式HP

・運営会社:株式会社リクルート
・求人数:60,000件以上(2022年7月時点)
・対応エリア:全国・海外
・得意な業種:営業・事務・サービス・エンジニアなど

リクナビNEXTは毎月10万人以上が登録する、日本最大級の転職サイトです。運営母体はリクルート株式会社で、業界に偏らず求人数が豊富。

企業から打診もある「オファーを待つ」や自己診断ツール「グッドポイント診断」などのサポート機能もあり、迷ったら登録しておけば間違いありません。

\興味を持った人はこちら/

リクナビNEXTはこんな人におすすめ!

  • 幅広い業種と業界で探したい人
  • 見やすくわかりやすいサイトがよい人
  • Uターン・Iターン転職を検討している人

キャリトレ|ITやWeb業界に強い

※画像引用元:キャリトレ公式HP

・運営会社:株式会社ビズリーチ
・対応エリア:全国
・求人数:非公開
・得意な業界:-

キャリトレは20代向けのITやWeb業界に強い転職サイトです。AIが求人情報を厳選・提案してくれるので、自分で探す時間をカットできます。

専用のアプリで手軽に転職活動ができるので、寝る前や通勤中などスキマ時間を有効活用したい人におすすめです。

\興味を持った人はこちら/

キャリトレはこんな人におすすめ!

  • アプリから手軽に転職活動をしたい人
  • 20代で転職を検討している人
  • 忙しくてまとまった時間が取れない人
 

type|フリーターや未経験歓迎の求人が多数

・運営会社:株式会社キャリアデザインセンター
・対応エリア:全国・海外
・求人数:公開求人2,829件(2022年7月時点)

得意な業界:IT・メーカー・教育など

typeは首都圏を中心に求人掲載する転職サイトです。主にエンジニア・営業職を得意領域としており、フリーターや未経験歓迎の求人も多くあります。

自己PRや応募書類の書き方など、豊富な転職ノウハウを学べる点もメリットです。AIを使った求人提案や企業からのオファー機能があるので、効率的に転職活動を進められるでしょう。

\興味を持った人はこちら/
typeはこんな人におすすめ!

  • IT業界やエンジニアとして転職したい人
  • 企業からのスカウトも受けたい人
  • AIによる求人提案を利用してみたい人

エン転職|転職経験の少ない人向け

※画像引用元:エン転職公式HP

・運営会社:エン・ジャパン株式会社
・求人数:6,937件(2022年7月時点)
・対応エリア:全国
・得意な業界:IT・サービス・金融など

エン転職は求職者目線にこだわった、20~30代をターゲットとした転職サイトです。企業へエン転職が独自に取材した募集要項がとても見やすくまとめられています

フリーター向けのブランクOK求人や、女性に特化した求人紹介も豊富です

\興味を持った人はこちら/

エン転職はこんな人におすすめ!

  • 転職経験の少ない20代・未経験の人
  • 事前に企業情報を詳しく調べておきたい人
  • 転職での希望条件が明確な人

Re就活|第二新卒・既卒のための転職サイト

※画像引用元:Re就活公式HP

・運営会社:株式会社学情
・対応エリア:全国
・求人数:12,000件以上(2021年11月時点)
・得意な業界:営業・販売・サービスなど

Re就活は20代を中心とした第二新卒・既卒のための転職サイトで、未経験歓迎の求人を多く保有しています。面接前に企業へチャットができるので、気軽に不安や疑問点も解消できますよ。

簡単な質問に答えると、あなたの価値観や強みを引き出す適職診断テストも利用できるのもうれしいポイントです。

\興味を持った人はこちら/

Re就活はこんな人におすすめ!

  • 第二新卒などの20代で転職したい人
  • 未経験の求人数が多いサイトがよい人
  • 自分に合っている仕事を見極めてから転職活動したい人

フリーターが転職して正社員になるコツ

ここではフリーターが正社員になるための思考やコツを深掘りしていきます。面接時の対策や、事前準備について解説しますので参考にしてください。

フリーター中に身に付けた有用なスキルをアピール

まずフリーター期間に学んだことや身に付けたスキルが希望の転職先で役立たないか、洗い出してみましょう。企業は採用活動をするにあたって、適性や即戦力になり得るのかなどの判断材料がほしいからです。

職場でどのような年代の人と関わったのか、自分なりに工夫して結果が出たことなどを具体的に説明できるのが理想的です。業務内容を思い返して有用なスキルを身に付けているなら、転職先の業務内容と絡めて積極的にアピールしましょう。

フリーターでいた理由を明確に説明

面接のときには、フリーターでいた理由を明確に説明できるようにしておきましょう。企業の面接担当者が納得できるような説明ができないと、仕事に対する責任感がなさそうだと判断されてしまう場合があります。

フリーター期間は決して無駄ではありません。例えばフリーターでいた理由には、以下のようなものが挙げられます。

  • 目標の資格取得のために勉強時間を確保したかった
  • 自分は何に適性があるのか模索するため、複数のアルバイトをしていた

どのような理由や目的意識を持って過ごしていたのかが伝われば、面接担当者も納得し採用を前向きに検討してくれるでしょう。

希望の条件には優先順位

企業に求める条件にはあらかじめ優先順位を付けておきましょう。転職に失敗したくないからといって条件を細かくしすぎると、該当する求人数が絞られてしまいます。結果的に応募したい企業がなくなってしまったということを避けるためにも、希望条件に優先順位をつけて妥協点も見つけておくと良いでしょう。

求人は物件探しと似ています。多少順応できる点がないか許容範囲を広げれば、求人数も広がりあなたが正社員に転職できる可能性も高くなります。絶対にゆずれない希望条件を書き出して優先順位を付け、気になる企業には積極的に応募しましょう。

フリーターの転職活動でよくある疑問

最後にフリーターが転職活動でつまずくポイントや、よくある疑問に回答します。

フリーターの転職は難しい?

フリーターから正社員への転職は簡単とはいえません。簡単ではない理由には、主に以下の理由が挙げられます。

  • 企業の求める人材のハードルが高い
  • 責任感がなくすぐ辞められたら困る
  • 業界経験者がほしい

とはいえ、本記事で紹介したような転職サービスを活用すると、フリーター・未経験歓迎の求人は多く見つけられます。特に20〜30代向けの求人は比較的多いです年を重ねると転職状況はさらに厳しくなるため、一日でも早く行動を開始しましょう。

アルバイトは職歴になるか

 基本的にはアルバイトの職歴を書く必要はありません。しかし例外もあります。以下のような場合は例外で、職歴として記載しておきましょう。

  • 雇用保険に加入していた
  • 1つのアルバイト経験が長い

また過去に働いていたアルバイト先での経験が、応募先によっては即戦力になる可能性もあります。例えば接客業の経験があれば、コミュニケーション力や協調性があるとアピールできるでしょう。少しでも企業と関連した経験があれば、積極的に伝えましょう

労働環境が悪い求人の見分け方は?

労働環境が悪い求人の見分け方として、以下に該当しないか注意してみましょう。

  • 未経験なのに給与が極端に高い
  • 応募条件があいまいでわかりにくい
  • 1年を通して常に求人募集が出ている

上記に該当していると、離職率が高い可能性もあります。ミスマッチを防ぐためにも、事前のリサーチは大切です。会社の雰囲気や人数・給与形態なども事前に調べておきましょう。

また、以下も確認できると転職後のミスマッチが減るといえます。

  • 月の残業時間がどのくらいか
  • 社員の平均の勤続年数
  • 有給休暇の取得率

フリーターから正社員への転職が不安な場合は、転職エージェントが相談に乗ってくれます。相談無料のものが多いので、試しに登録してみるのがおすすめです。

まとめ

ここまでフリーターから正社員になる方法について紹介しました。

フリーターや未経験であっても、転職支援サービスを利用すれば正社員になる機会を十分に得られるでしょう。まずは年齢や転職するための希望条件を見直し、目的に合わせた転職エージェント・転職サイトを利用するのがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました