東京シティ競馬(TCK、大井競馬場)で「ラーメンフェス2019@TCK supported by 食べログ」の発走が間近に迫っている。会期は12月25日(水)~12月27日(金)および12月29日(日)~31日(火)。ラーメンイベント自体に初出店となる店舗も多いので、マニアは要チェックだ。

  • 「麺屋Hulu-lu」の「濃厚鶏白湯担々麺!!」

    人気ラーメン店が集う「ラーメンフェス2019」。写真はラーメンフェスに初めて登場する「麺屋Hulu-lu」の「濃厚鶏白湯担々麺!!」

イベント初出店のラーメンも

ラーメンフェスは毎年12月に開催されるTCKの冬の風物詩。開催ごとにラーメン評論家や有名雑誌などとコラボレーションしているのが特徴だ。

  • 2017年のラーメンフェス

    「東京ウォーカー」とコラボした2017年開催時の様子

今年はレストラン検索・予約サイト「食べログ」とのコラボで、過去最多となる10店舗のラーメン店が登場する。出店するラーメン店は「食べログ ラーメン 百名店 TOKYO 2019」の選出店をはじめ、いずれも食べログの「星」で3.5以上(11月20日時点)の評価を獲得している人気店ばかり。「昌平らーめん」や「らーめん専門 CHU-RU-RI」などの6店舗は、ラーメンイベントへの出店自体が初めてというから希少価値も高い。

  • 「昌平らーめん」の「クアトロ(4種の出汁)スープの昌平らーめん」

    「昌平らーめん」の「クアトロ(4種の出汁)スープの昌平らーめん」は、鶏、豚、牛、魚介を使ったスープと全卵入り自家製麺が好相性

  • 「らーめん専門 CHU-RU-RI」の「Chu-Ru-Ri濃厚味噌」

    牛骨スープで特製味噌を溶いた濃厚スープが特徴的な「らーめん専門 CHU-RU-RI」の「Chu-Ru-Ri濃厚味噌」

TCKのラーメンフェスといえば、ここでしか食べられないオリジナルメニューも見逃せない。今回も出店する9店舗がTCKオリジナルもしくはオリジナルトッピングでラーメンを提供する。

  • 「麺屋 音」の「名古屋コーチンと伊勢海老 濃厚らぁめん」

    「麺屋 音」の「名古屋コーチンと伊勢海老 濃厚らぁめん」は、その名の通り名古屋コーチンと伊勢海老を組み合わせる。ラーメンフェス2019限定の贅沢な一杯だ

  • 「タンメンしゃきしゃき」の「タンメン」

    しゃきしゃき野菜と旨塩スープ、自家製麺が自慢の「タンメンしゃきしゃき」は、「タンメン」にTCKオリジナルトッピングを用意する

競馬でいえば、各馬のゲートインが完了し、発走を待つばかりの「ラーメンフェス2019@TCK supported by 食べログ」。ラーメン好きはもちろん、年末のちょっとしたお出かけに家族や友人とTCKに出かけてみてはいかがだろうか。

  • 「鯛塩そば 灯花」の「濃厚雲丹・真鯛・紅ズワイガニの海鮮三大祭ラーメン」

    ラーメンイベント限定で提供される「鯛塩そば 灯花」の「濃厚雲丹・真鯛・紅ズワイガニの海鮮三大祭ラーメン」は、高級食材をふんだんに使用した1杯

  • 「麺屋西川」の「牛骨麺」

    イベント初出店の「麺屋西川」からは、コク深い味わいの「牛骨麺」がTCKオリジナルトッピングで登場

  • 「瀬佐味亭」の「自家焙煎ゴマ香る 担担麺」

    イベント初出店の「瀬佐味亭」は、「自家焙煎ゴマ香る 担担麺」をTCKオリジナルトッピングで提供。ゴマの香りが鼻腔をくすぐる1杯だ

  • 「厳選煮干しらーめん 初代 にぼ助」の「豚バラ、豚肩ロース2種類使用のダブルチャーシュー麺」

    「厳選煮干しらーめん 初代 にぼ助」の「豚バラ、豚肩ロース2種類使用のダブルチャーシュー麺」はラーメンフェス限定メニュー。昔ながらの中華そばに2種類のチャーシューをトッピングする

  • 「自家製麺 竜葵」の「日本三大地鶏 極上塩らぁ麺」

    ラーメンフェス初登場の「自家製麺 竜葵」は、ラーメンイベント限定で提供している「日本三大地鶏 極上塩らぁ麺」を出品。比内地鶏、薩摩地鶏、名古屋コーチンが1杯で味わえる

著者情報:安藤康之(アンドウ・ヤスユキ)

フリーライター/フォトグラファー。編集プロダクション、出版社勤務を経て2018年よりフリーでの活動を開始。クルマやバイク、競馬やグルメなどジャンルを問わず活動中。twitter:@andYSYK。