主要21作がそろった2020年の冬ドラマ。今回もドラマ解説者の木村隆志が、全作品の初回放送をウォッチ。俳優名や視聴率など「業界のしがらみを無視!」したガチンコでオススメ作品を探っていく。

別記事(2020年冬ドラマ、医療続出の傾向は? 注目は『10の秘密』『テセウスの船』)において、2020年冬ドラマの主な傾向を「[1]命をめぐる重さをどう描き分けるか [2]プライム初主演の若手で攻めるTBS」の2つと分析。

おすすめドラマとして、『10の秘密』(フジ系 火曜21時)、『テセウスの船』(TBS系 日曜21時)、『パパがも一度恋をした』(東海テレビ・フジ系 土曜23時40分)、『病院の治しかた』(テレ東系 月曜22時)、『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(読売テレビ・日テレ系 日曜22時30分)の5作を選んだ。

本記事では、それらを含む全作品のショートレビューと、目安の採点(3点満点)を挙げていく。

■『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』 月曜21時~ フジテレビ系

沢村一樹

沢村一樹

出演者:沢村一樹、横山裕、本田翼ほか
寸評:作品全体に漂う危うさは、今シリーズも不変。ただ実質的にはファンタジーベースの活劇ドラマで、内容は軽め。「絶対零度」より「未犯」というタイトルのほうがフィットしそう。柄本親子の共演が楽しい。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キスト☆☆ 期待度☆☆】

■『病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~』 月曜22時~ テレ東系

小泉孝太郎

小泉孝太郎

出演者:小泉孝太郎、高嶋政伸、小西真奈美ほか
寸評:病人の治療ではなく、病院の再生を描くところは「ドラマBiz」の真骨頂。笑顔で暴走する主人公の改革は痛快で、具体的な戦略にも納得させられる。ただ悪役がもっと手ごわいほうがカタルシスは大きい。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆】

■『10の秘密』 火曜21時~ カンテレ・フジ系

向井理

向井理

出演者:向井理、仲間由紀恵、渡部篤郎ほか
寸評:「10の秘密を連鎖させて視聴者を引きつけよう」とオリジナル長編ミステリーに挑む姿勢だけでも他枠を凌駕。突然ヒールターンした主人公の壊れ方は興味深く、悪人同士のバトルが終盤盛り上がるか。
採点:【脚本☆☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆☆】

■『恋はつづくよどこまでも』 火曜22時~ TBS系

佐藤健

佐藤健

出演者:上白石萌音、佐藤健、山本耕史ほか
寸評:当枠お得意のラブコメだが、病院が舞台だけに患者をめぐるドラマティックな展開を生かして距離を縮められるのが魅力。上白石も佐藤も十八番のキャラクターだけに違和感はなく、視聴率も安定か。
採点:【脚本☆☆ 演出☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

■『知らなくていいコト』 水曜22時~ 日テレ系

吉高由里子

吉高由里子

出演者:吉高由里子、柄本佑、小林薫ほか
寸評:週刊誌編集部が舞台の職業ドラマと、出生の秘密を追うミステリー。相乗効果になるか、それとも中途半端になってしまうか…序盤は後者に留まっている。小林薫と柄本佑の存在が作品をワンランク上に。
採点:【脚本☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆】

■『僕はどこから』 水曜24時12分~ テレ東系

間宮祥太朗

間宮祥太朗

出演者:中島裕翔、間宮祥太朗、上白石萌歌ほか
寸評:文章を書き写すことで他人の思考をコピーできる特殊能力。認知症を患う母との二人暮らし。ヤクザ組長となった同級生。マンガ的な詰め込み型の設定だが、緊迫感や焦りが伝わってこないのが気がかり。
採点:【脚本☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆】

■『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』 木曜21時~ テレ朝系

桐谷健太

桐谷健太

出演者:桐谷健太、東出昌大、比嘉愛未ほか
寸評:刑事と検事に主従をつけるのではなく、並び立てる形は意外に少なく、両者の仕事を交互に見られる魅力がある。福田靖の脚本だが、W主演に不安アリかと思っていたら、別の角度から危機に見舞われた。
採点:【脚本☆☆ 演出☆ キャスト☆ 期待度☆】

■『アライブ がん専門医のカルテ』 木曜22時~ フジ系

松下奈緒

松下奈緒

出演者:松下奈緒、木村佳乃、清原翔ほか
寸評:スーパー外科医を描く作品が多い中、主人公は腫瘍内科医。長い目で患者に寄り添い続ける姿はハートフルで、十分な取材に基づく作品であることが伝わってきた。良作ゆえに両女医の因縁は必要ない感が。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆☆】

■『ランチ合コン探偵~恋とグルメと謎解きと~』 木曜23時59分~ 読売テレビ・日テレ系

山本美月

山本美月 撮影:蔦野裕

出演者:山本美月、トリンドル玲奈ほか
寸評:本田翼の次は山本美月。そこにランチ+合コン。ゆるさを押し出した深夜ドラマと割り切れれば、週替わりのイケメンも含め、その軽さが楽しく、何気に演出は凝っている。日テレ系はロボットヒロイン続き。
採点:【脚本☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

■『駐在刑事 Season2』 金曜20時~ テレ東系

寺島進

寺島進

出演者:寺島進、北村有起哉、笛木優子ほか
寸評:当然というべきかSeason1とまったく変わっていない。寺島演じる江波の人情も、奥多摩の景色も、ファンを裏切らないという姿勢が見られる。捜査一課とのバトルがもっとヒートアップしてもいい感も。
採点:【脚本☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆】

■『ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~』 金曜22時~ NHK

シシド・カフカ

シシド・カフカ

出演者:シシド・カフカ、間宮祥太朗、中村梅雀ほか
寸評:ハードボイルドな世界観もシシド・カフカの起用も、「ドラマ10」らしい思い切りの良さを感じる。色気ある映像と音楽は金曜夜にフィットする一方、NHKの唯我独尊を感じるなど、好き嫌いがハッキリ。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

■『病院で念仏を唱えないでください』 金曜22時~ TBS系

伊藤英明

伊藤英明

出演者:伊藤英明、中谷美紀、ムロツヨシほか
寸評:救命救急医であり僧侶というムチャな設定も、押し通せば命をとりまくヒューマン要素は色濃くなる。女好きなどの脱力シーンでバランスは取れているが、中谷とムロが役に入り切れていないのが気になる。
採点:【脚本☆ 演出☆☆ キャスト☆ 期待度☆】

■『女子高生の無駄づかい』 金曜23時15分~ テレ朝系

岡田結実

岡田結実

出演者:岡田結実、恒松祐里、中村ゆりかほか
寸評:原作は突き抜けた漫画だけに期待感いっぱいだったが、女子高生のリアルも、あるあるもなく、笑いどころも流れていた。時折パワーを感じるセリフもあるが、原作、キャスト、スタッフのピースがバラバラ。
採点:【脚本☆☆ 演出☆ キャスト☆ 期待度☆】

■『コタキ兄弟と四苦八苦』 金曜24時12分~ テレ東系

滝藤賢一

滝藤賢一

出演者:古舘寛治、滝藤賢一、芳根京子ほか
寸評:脚本・野木亜紀子×演出・山下敦弘の仕掛ける静かなる会話劇を、古舘と滝藤がサラッと演じる。良く言えば味わい深く、シュールの最高峰だが、悪く言えばそれだけ。深夜の嗜好品で視聴者層をかなり選ぶ。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆】

■『心の傷を癒すということ』 土曜21時~ NHK

柄本佑

柄本佑

出演者:柄本佑、尾野真千子、濱田岳ほか
寸評:阪神大震災当時のディテールをスタッフが大切にしている様子がひしひし。PTSD、在日差別などの難しい問題も、当事者の目線から丁寧に描いている。25年目の節目に震災を描いたのはNHKの矜持。
採点:【脚本☆☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆☆】

■『トップナイフ -天才脳外科医の条件-』 土曜22時~ 日テレ系

天海祐希

天海祐希

出演者:天海祐希、椎名桔平、広瀬アリスほか
寸評:「外科医の中でも天才が集まる脳外科」が舞台の王道医療ドラマ。患者のエピソードと医師の問題をリンクさせる技は、さすが林宏司の脚本と言える。ベテランで固めた布陣は、日テレにしては消極策。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

■『アリバイ崩し承ります』 土曜23時15分~ テレ朝系

浜辺美波

浜辺美波

出演者:浜辺美波、安田顕、成田凌ほか
寸評:アリバイ崩しに絞った物語も、キュート・キャリア・ボンボンのキャラ分けもスッキリ。見え見えの犯人探しやアクションがなく、深夜帯らしいライトミステリーで見やすさ重視。美月、シシドと女探偵対決。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

■『伝説のお母さん』 土曜23時30分~ NHK

前田敦子

前田敦子

出演者:前田敦子、玉置玲央、井之脇海ほか
寸評:なぜ今さらRPGをモチーフにしたのか? なぜ待機児童とワンオペをイジるのか? 入口で戸惑う人が多かったはず。気鋭の『よるドラ』らしい作り込みこそ見られるが、この路線なら笑いの手数が足りない。
採点:【脚本☆ 演出☆ キャスト☆ 期待度☆】

■『パパがも一度恋をした』 土曜23時40分~ 東海テレビ・フジ系

小澤征悦

小澤征悦

出演者:小澤征悦、塚地武雅、本上まなみほか
寸評:『オトナの土ドラ』が極端な路線変更。ファンタジーコメディだが、人は外見か中身か、喪失感からどう立ち直るかの本質をついている。要のキャストがそろっていい仕事。なかでも脱力系の麿赤児は貴重。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆☆】

■『テセウスの船』 日曜21時~ TBS系

竹内涼真

竹内涼真

出演者:竹内涼真、榮倉奈々、鈴木亮平ほか
寸評:初回から竹内と鈴木の熱演と大雪ロケで視聴者をガッチリ。あやしい人物を渋滞させた長編ミステリーながら、時折ホームドラマの温もりを感じさせる巧さも。漫画原作で結末がバレているのが残念。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆☆】

■『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』 日曜22時30分~ 読売テレビ・日テレ系

横浜流星

横浜流星

出演者:清野菜名、横浜流星、佐藤二朗ほか
寸評:当枠らしい異色のヒーローだが、ど真ん中の勧善懲悪で特撮系に近いムード。清野と横浜のアクションのカッコよさに加えて、ミスパンダのかわいらしさで若年層の支持を得ている。サービスカット多し。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆】

著者:木村隆志(きむら たかし)

コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者、タレントインタビュアー。雑誌やウェブに月20~25本のコラムを提供するほか、『週刊フジテレビ批評』などの批評番組にも出演。取材歴2000人超のタレント専門インタビュアーでもある。1日のテレビ視聴は20時間(同時視聴含む)を超え、ドラマも毎クール全作品を視聴。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』など。