競馬場での新しい遊び方を探る本連載。第2回は馬とのゆかりも深い千葉県船橋市にある船橋ケイバ(船橋競馬場)を訪れた。南関競馬(南関東4競馬場)のなかでもレトロな雰囲気を色濃く残す当地で、グルメとレースを存分に堪能してきた。

  • 船橋ケイバ

    快晴の船橋ケイバでグルメとレースを思い切り楽しんできた

昭和レトロを味わうなら今!

複数の鉄道路線が走るなど都心へのアクセスも良好で、住みたい街ランキングでも上位に名を連ねる船橋市。現在は千葉県で2番目となる63万人が生活する都会である一方で、かつては江戸幕府の馬牧(うままき=放牧場)が置かれるなど、古くから馬産地として名が知られてきたのをご存知だろうか。

例えば、新京成電鉄の駅名にも使われる“高根木戸”という地名。これは、馬牧の出入り口に、馬が逃げ出さないように設ける木戸(門)に由来する。船橋市が馬産地であったことの名残だ。

そんな当地にある船橋競馬場は1950年の開業。当時は内馬場内にオートレースのダートコースを併設していた。日本で初めてオートレースが開催された発祥の地としても知られている。

長い歴史を誇る船橋競馬場だが、施設の老朽化が進んでいて、2019年3月には大規模改修計画(2023年完成予定)が発表された。より安全な競馬場に生まれ変わるのは嬉しい半面、ノスタルジックな雰囲気が失われてしまうのは、なんとも残念だ。そこで、昭和の風景が消えゆく前に、昔ながらの競馬場グルメを楽しもうというのが今回の狙いだ。

  • 船橋ケイバのグルメマップ

    スタンド1階に張り出されたグルメマップによると、現在、船橋競馬場には9つの飲食店が存在している模様。どこから攻めるか胸が踊る

濃厚すぎる「煮込み」に出会える「田久保」

船橋ケイバのグルメといえばモツ。ということで、1軒目は船橋競馬場と同時に開業した当地随一の老舗「田久保」(アタリーナ前)に決めた。聞けば、モツの提供も最初に行ったそうで、船橋ケイバ=モツのイメージを根付かせたのが同店といっても過言ではないだろう。

  • 船橋ケイバの田久保

    取材時には、時間を問わず常に行列ができていた田久保。店主いわく「平日や場外発売日はそうでもない」らしいので、狙い目かもしれない

  • 船橋ケイバの田久保

    船橋ケイバ名物「もつ焼き」(1本150円)は、タン、ハツ、レバー、白、なんこつの計5種類

目の前で焼き上がる「もつ焼き」に後ろ髪を引かれつつも、今回選んだのは「煮込み」(450円)だ。豚の白モツとガツ(胃)、こんにゃくを味噌でじっくりと煮込み、白ネギを添えた煮込みは、濃い味付けが特徴だ。その理由は「お酒と一緒に注文されることが多い」(店主)ため。実際に口にしたところ、思わず声が出そうになったほど濃厚な味わいだったが、お酒と一緒だと考えると、このパンチ力は歓迎できる。この煮込みを使った「煮込み丼」(500円)もラインアップされていたが、間違いなく、ご飯が止まらない丼に仕上がっているはずだ。

  • 船橋ケイバの田久保の「煮込み」

    「創業当時に使っていた味噌が販売停止になったので、似た味の味噌をずいぶん探した」と店主が述懐する「煮込み」。引き継がれる昔ながらの味を一度おためしあれ

もう1つの名物はカレー風味のあんかけ焼きそば!?

次に足を運んだのは「東西売店」(スタンド1階)だ。同店の「もつ串」は『マツコと有吉の怒り新党』の「新三大・絶対にハズさないギャンブル場飯」でも紹介されているため、なんとなくご存知の方もいるかもしれない。

  • 船橋ケイバの「東西売店」

    子どもから大人までを魅了する「東西売店」。スタンド1階のほか、2階と3階にも店舗を構える船橋競馬場グルメの最大勢力だ

  • 船橋ケイバ「東西売店」のもつ串

    特製の味噌だれでじっくりと煮込んだ「赤もつ」&「白もつ」(各1本100円)と「牛すじ」(1本200円)。年季の入った調理道具も趣きを感じさせる

もつ串に間違いがないのはもちろんだが、今回紹介したいのは、もうひとつの名物グルメである「あんかけ焼きそば」(380円)だ。あんかけ焼きそばといえば、カリッとしたかた焼きそばをイメージするが、こちらの場合はソース焼きそばの上に餡を乗せたB級グルメ。スタッフの「隠し味にカレーを使ったカレー風味の味付けでおいしいですよ」という言葉通り、こってりとしたコクのある味わいが絶品だ。

  • 船橋ケイバ「東西売店」の「あんかけ焼きそば」

    「あんかけ焼きそば」には、好みに合わせて紅しょうがや青のりなどを無料でトッピングできる(セルフサービス)

  • 船橋ケイバ「東西売店」の「あんかけ焼きそば」

    箸ですくい上げれば、たっぷりと餡が絡まった麺が顔をのぞかせる。野菜もたっぷりと入っており、見かけ以上にボリューミーだ

目の前を駆け抜ける競走馬に一喜一憂

名物グルメを堪能し、ふとコースに眼をやると、ちょうど「第66回日本テレビ盃」が発走の直前だった。このレースは、地方競馬のダート重賞の1つ。日本テレビが、民放初の競馬中継として船橋ケイバを放送したことを記念し、1954年に始まった歴史あるレースだ。現在はJRA(日本中央競馬会)との交流重賞として、地方競馬のみならず、JRAからも有力馬が集まることで知られている。

  • JRA所属のクリソベリル号

    川田将雅騎手を背にレースを快勝したJRA所属のクリソベリル号。今秋の飛躍が期待される3歳馬だ

レースはというと、単勝1.1倍の圧倒的な支持を集めたクリソベリル号が、直線に入るやあっという間にほかの馬を突き放し、2着に4馬身差をつけて圧勝した。船橋ケイバ所属の2頭は4着、5着に善戦するも、差は大きかった。

  • JRA所属のクリソベリル号

    レース後のクリソベリル号。血管が浮き上がった馬体が、レースの過酷さを物語る

馬券という意味でいえば堅い決着となったため、配当的妙味は少なかった。それでも、最後の直線で、応援する馬に大勢のファンが一体となって声援を送る臨場感は、決してほかのスポーツに劣るものではなく、また、紹介したように魅力的なグルメもたくさんある。大人1人100円の入場料で1日遊べることを思えば、休日を競馬場で過ごすのもアリな気がしてこないだろうか。

著者情報:安藤康之(アンドウ・ヤスユキ)

フリーライター/フォトグラファー。編集プロダクション、出版社勤務を経て2018年よりフリーでの活動を開始。クルマやバイク、競馬やグルメなどジャンルを問わず活動中。