「社会人になってから確実に太ってきているけど、忙しくてなかなか運動をする時間も気力もない……」。そんなビジネスマンの方々へ向けて、オススメのトレーニング方法や食事についてなど、さまざまな情報を動画付きでお届けする本連載。

今回は、「バランスボールの正しい使い方」をご紹介します。

  • 最近お腹周りのお肉が気になってきたという運動不足のビジネスマンに、バランスボールを使ったトレーニング法を伝授しました! (動画は記事の最後にあります)


こんにちは! パーソナルトレーナーの片岡です。数多くのトレーニング指導を担当してきた経験をもとに、今回は身近なグッズを使って自宅でできるトレーニング法をご紹介いたします!

自宅トレーニングにおいては、効果が出るかどうかも大事ですが、毎日でも「継続」できるかどうかも重要なポイントとなってきます。当然のことながら、強度が高いトレーニングを毎日行うのは容易ではありません。

そして、鍛える前にほぐす・関節を整える、鍛えたら緩める・伸ばすなど、セルフケアも重要です。

バランスボールをオススメする理由

バランスボール以外にも、一般的に自宅で使えるトレーニンググッズとして
・腹筋ローラー
・ダンベル
・プッシュアップバー
・ワンダーコア
・トレーニングチューブ
なども思いつくかもしれませんね。

しかし今回ピックアップしたバランスボールは、初めての方でも手軽に扱える上にトレーニング方法も多彩で、「姿勢改善」や「ストレッチ」にも活用できるというメリットがあります。デスクワーカーにありがちな猫背姿勢や腰痛、肩こりなどの解消につながるエクササイズもできちゃいます。

また、座るだけでも効果があるのがバランスボールの特徴。

オフィスの椅子に長時間座っていて、いつの間にか腰と背もたれの間に隙間が大きく空いている……そんな経験、心当たりがありませんか? 骨盤のポジションが悪くなるとそのような姿勢となり、その結果筋肉が衰えて痛みや歪みに変わることも。

こういったトラブルへの対策として、まずは椅子の代わりにバランスボールを活用してみるのもオススメです。

バランスボールで腹筋を鍛えよう!

今回ご紹介するのは、腹筋のトレーニング「バランスボールクランチ」です。

手順と注意点は以下のとおり。
1. 足を肩幅に開き、バランスボールの上に仰向けになる。膝は90度に曲げ、お腹の真ん中がボールの頂点に来るように位置を調整。
2. みぞおちから上だけを動かし背骨を曲げるようなイメージで上体を起こしていく。
3. 上体を起こす際に、骨盤を後傾させる(お尻を持ち上げるイメージ)と効果大。
4. 元の姿勢に戻す際も力を抜かないように、ゆっくりとした動作で行う。

  • ボールの上で仰向けになり、お腹の真ん中はボールの頂点に。これが基本姿勢

  • ボールの形に沿って腹筋運動を行うことによって、腹筋の正しい動きを習得しましょう!

回数の目安は15回×3セット。慣れてきたら、「1秒で上体を上げて3秒で降ろす」ようにできるとなお良いです。

それでは最後に、運動不足のビジネスマン代表・オジー氏が解説を受けながら実際に「バランスボールクランチ」に挑戦している様子を動画でご覧ください! 一緒に頑張りましょう!!

片岡 弘道(かたおか ひろみち)

パーソナルジムH-BASE代表

1989年茨城県生まれ。大学在学中にフィットネスクラブのトレーナーとしてフィットネス業界のキャリアをスタート。その後パーソナルトレーナー、スタジオインストラクターを経て2017年に独立。「運動嫌いでも通えるジム」をテーマとして2017年、吉祥寺に「パーソナルジムH-BASE」を立ち上げる。月間200本のセッションを担当する人気パーソナルトレーナー。2019年4月にH-BASE新宿店をオープン。