「社会人になってから確実に太ってきているけど、忙しくてなかなか運動をする時間も気力もない……」。そんなビジネスマンの方々へ向けて、オススメのトレーニング方法や食事についてなど、さまざまな情報を動画付きでお届けする本連載。

今回は、「コンビニ(セブン-イレブン)で購入できる減量メシ」をご紹介します。

  • 「ダイエットしたいけどラーメンも食べたい!」そんな悩めるずぼらビジネスマンのオジー氏に、とっておきのコンビニ減量メシを教えちゃいます!! (動画は記事の最後にあります)


無理なく続けられるコンビニ減量メシ

こんにちは! パーソナルトレーナーの片岡です。今回ご紹介するのは、脂肪燃焼効果を高めるコンビニ減量メシです。

数多くのダイエット指導を担当してきた経験をもとに、皆さんの身近にあるコンビニを活用したダイエット法をご紹介いたします!

今回は、セブン-イレブンで購入できる商品から「6種具材のタンメン」と「ザバス ミルクプロテイン ココア 200ml」の2つをピックアップ。なぜ僕がこれらをお勧めするのか、それはこの2品が痩せる仕組みに基づいた栄養バランスを実現しているからです。

  • (左から) 「6種具材のタンメン」、「ザバス ミルクプロテイン ココア 200ml」

ダイエットでまず大事なのは、食べる量を抑えるということよりも、「どれくらいまで食べてもいいのか」を把握することです。

その中で、
・炭水化物は50グラム以内
・脂質は10グラム以内
と、数値を意識することを勧めています。今回ご紹介したメニューもこのルールに基づいています。

好き勝手に食べれば、どちらの範囲も超えてしまうでしょう。例えばコンビニにある食べ物でいうなら、「唐揚げ弁当」。満腹感を得たいがためについつい手に取ってしまいがちですが、ご飯の量は多く、揚げ物の脂質も相当高い数値になります。結果としてカロリー過多となってしまいますよね。

ラーメンも同様に(外で食べる場合は特に)、高炭水化物・高脂質になるのは避けられません。しかしタンメンであれば、スープの脂も少なく野菜もたくさん入っており、かつセブン-イレブンの絶妙な配分で炭水化物量も抑えられているのです。

長続きの秘訣は「満足感」

食事メニューを選ぶ基準としては、数値を意識するだけではなく、「満足感」も重要なポイント。

ダイエット指導をしてきた中で、かなり多く見てきたメニューのパターンが、「サラダチキンとゆで卵」「サラダと春雨スープ」などです。果たしてその食事で満足できますか?

我慢している……と感じてしまうようであれば、ダイエットは長続きしないのです。そのために、炭水化物は抜かないできっちり摂ることもポイントです。

コンビニに売っている商品の中から炭水化物を選ぶのであれば、
・おにぎり
・そば
・和風系のパスタ
・あんパン

この辺りがオススメ。脂質が10グラム以下のものがほとんどです。ぜひ食事への満足感を忘れずに、コンビニダイエットを楽しんでくださいね!

それでは今回も、ずぼらビジネスマンのオジー氏が解説を受けている様子を動画でご覧ください! 一緒に頑張りましょう!!

片岡 弘道(かたおか ひろみち)

パーソナルジムH-BASE代表

1989年茨城県生まれ。大学在学中にフィットネスクラブのトレーナーとしてフィットネス業界のキャリアをスタート。その後パーソナルトレーナー、スタジオインストラクターを経て2017年に独立。「運動嫌いでも通えるジム」をテーマとして2017年、吉祥寺に「パーソナルジムH-BASE」を立ち上げる。月間200本のセッションを担当する人気パーソナルトレーナー。2019年4月にH-BASE新宿店をオープン。