就活や転職で、採用担当者に自らの「行動力」をアピールするには、少々工夫が必要です。

本記事では、就活の自己PRで行動力をアピールする場合、自分の魅力として採用担当者に伝えるポイントについて解説します。また、履歴書と職務経歴書に応用できる例文も10例用意しました。

ほんの少しコツを理解することで「この人に働いてもらいたい」と感じてもらえるアピールも可能です。自己PRでは行動力をメインにアピールすることを検討している方は、ぜひ最後までご覧ください。

自己PRで「行動力」をアピールするコツ

自己PRで自身の行動力を好意的に受け取ってもらうようアピールするには、以下のコツを抑えて文章を考えましょう。

  • どんな行動力があるかを具体的に検討する
  • 冒頭で「〇〇する行動力がある」と結論を伝える
  • 行動力の具体的なエピソードを説明
  • 行動力をどのように仕事へ活かすかを説明

これらのコツをきちんと押さえて自己PR文を作成すると、行動力を仕事に活かせることが伝わります。コツを順番に説明しますので、文章作成前に確認しましょう。

  • 自己PRで「行動力」をアピールするコツ

    自己PRで「行動力」をアピールするコツ

どんな行動力があるかを具体的に検討する

「行動力がある」というだけでは、具体的にどんな行動力があるのかが採用担当者に伝わりにくく、あいまいな印象を与えます。行動力に具体性を持たせるには、「私には〇〇する行動力がある」という形で表現するようにしましょう。以下は、どんな行動力があるかを説明した一文です。

  • 私の強みは、周囲の人を巻き込んで物事を達成する行動力だ
  • 私は事前に計画を立てて確実に目標達成する行動力がある
  • 私はどんな状況でも好奇心旺盛で何でもこなす行動力がある

自分が伝えたい行動力とは、どのような行動なのでしょうか。行動力に関連する過去のエピソードをいくつか振り返りながら、最適な表現を検討しましょう。

冒頭で「〇〇する行動力がある」と結論を伝える

アピールする行動力に具体性を持たせる表現を検討できたら、自己PR文の冒頭にその一文を結論として持ってきます。自己PRでは、結論を先に説明することが重要なポイント。採用担当者に、これからどういう長所をアピールするかを印象づけてから、具体的なエピソードの説明につなぎましょう。

行動力の具体的なエピソードを説明する

次に、冒頭で説明した行動力はなぜ強みなのかを具体的に説明するために、過去の経験やエピソードを紹介します。

例えば、「私は事前に計画を立てて確実に目標達成する行動力がある」と冒頭で説明した場合は、その結論を補強するエピソードが必要です。

例)
- 難しい資格試験に合格するために計画を立ててその通り実行 - 無理のないダイエット計画を立てて、1年で〇kgのダイエットに成功 - 自炊を続けて計画的に食材を使い、毎月〇円の食費で納めて〇円の貯金に成功

結論で示した行動力を発揮したエピソードを、過去の経験から探して説明することで、自分の人となりが採用担当者に伝わります。

最後に行動力をどのように仕事へ活かすかを説明

最後に、冒頭で示した行動力を、企業の仕事にどのような形で活かすかを説明して締めくくります。締めくくりで、自分がその会社でどのように活躍できるかを伝えることは、自己PRの重要なポイントです。

アピールポイントが仕事でどのように活かすかを説明しないままエピソードだけで終わってしまうと、自分の行動力を自慢しただけで終わってしまい、自己アピールにはなりません。

企業に受け入れられやすい行動力の例

経済産業省が提唱している「人生100年時代の社会人基礎力」によると、社会で仕事をする上で求められる基礎力として、3種類の力が定義されています。

社会人基礎力の分類 具体的な社会人基礎力
前に踏み出す力 主体性、働きかけ力、実行力
考え抜く力 課題発見力、計画力、想像力
チームで働く力 発信力、傾聴力、柔軟性、情況把握力、規律性、ストレスコントロール力

行動力は、行動特性でいえば、前に踏み出す力のひとつです。企業が求める行動力とするには、考え抜く力やチームで働く力とのバランスが求められます。社会人基礎力を踏まえて、企業に受け入れられやすい行動力の例を確認しましょう。

自分で考えて行動する自立力

前に踏み出す力の主体性と実行力、さらに考え抜く力の課題発見力とチームで働く力の情況把握力との組み合わせ例です。待ち状態ではなく、自分から積極的に動き、課題を見つけて自ら処理する自立した行動力を持っている求職者は、多くの会社が求めている人物像です。

困難な状況を打破するストレス耐性

行動力とストレスコントロール力との組み合わせ例です。行動力だけでなく、さまざまなストレスをうまくコントロールして、柔軟性も発揮しながら困難な状況を乗り越える行動力があれば、どの仕事でもやっていける、と会社から期待されるでしょう。

他人との交流をいとわない積極性

前に踏み出す力の働きかけ力、考え抜く力の想像力、チームで働く力のすべてを総動員する組み合わせ例です。仕事をするには、他人との交流は避けて通れません。積極的に他人と交流できる積極性があれば、仕事がスムーズに進められると認められます。

状況を考えて先読みした行動力

考え抜く力の計画力や想像力、チームで働く力の柔軟性や情況把握力と行動力の組み合わせ例です。ただやみくもに行動するのではなく、状況を観察してある程度予測を立てた上での行動力なら、会社にとって安心でき、さらには頼りにもなる行動力となります。

設定した目標を達成する完遂力

考え抜く力の計画力と行動力の組み合わせ例です。行動力と計画力はセットで発揮することを期待されるため、自己PRで設定した目標を達成する完遂力を示すことができれば、行動力をアピールポイントとして認識してもらいやすくなります。

【例文】履歴書で行動力を自己PRする例文集(200字)

行動力を自己PRするための例文集として、履歴書用の200字バージョンを用意しました。履歴書の自己PR欄は3行で150~200字のため、短く要点をまとめる必要があります。紹介する例文を確認して、どの程度まで表現できるかの参考としてください。

  • 履歴書で行動力を自己PRする例文集(200字)

    履歴書で行動力を自己PRする例文集(200字)

一人旅での行動力

一人旅は、自分で考えて行動しなければならない場面が多々あり、自己PRとしても利用しやすいエピソードです。

どういう状況でなぜそのような行動を取ったか、行動力を活かしてどういう結果を得たのか、という2点を必ず盛り込むようにしながら、自己PR文を作成してみましょう。

以下は、旅先で困った状況が起こったときどのように行動して解決したか、という例文です。

(結論)
私の長所は、状況を打破する行動力です。

(課題)
一人旅の途中吹雪がひどい中2時間以上バスを待つというアクシデントがありました。バス停には年配の男性もいましたが、ひたすら待つばかりで動きません。

(アピールポイントによる解決)
私はこの状況は改善しないと判断し、男性と料金を折半してタクシーを呼ぶことを提案。

(成果)
結果、無事旅を続けることができました。

(最後のPR)
この行動力を活かし、目まぐるしく変わる環境でも成果を出し、御社に貢献したいと私は考えています。

この他にも、旅先で現地の人とどのような交流をしたか、旅自体に目的がある場合はどのように行動して達成したかなど、自分のエピソードを活かして行動力をアピールしましょう。

アルバイトでの行動力

アルバイトも、行動力の動機や成果を示しやすいエピソードが見つかりやすい経験です。以下は、アルバイト先の人間関係に困りつつも、自ら率先して交流を深めて職場の雰囲気を改善した、という例文です。

(結論)
私の長所は、誰とでもすぐ仲良くなる行動力です。

(課題)
飲食店のバイト時代、ホールとキッチンスタッフの仲は最悪でした。

(アピールポイントによる解決)
この状態を打破するため、私は全員との会話を意識し定期的に飲み会を開催。いつの間にか、未是船体の雰囲気が改善しました。

(成果)
結果、私の退店時には全スタッフ参加で送別会が開かれるほど店の雰囲気は良くなりました。

(最後のPR)
この行動力を活かして、営業でも人脈を広げて御社に貢献したいと考えています。

行動力は、アルバイトの仕事そのものでも発揮できます。自分がどういう面で活躍していたのか、その行動によりどのような結果が得られたのかを盛り込むことを意識して自己PR文を作成しましょう。

学生生活(部活・ボランティア活動)での行動力

学生生活では、勉強・部活・ボランティア活動などの経験から、行動力につながるエピソードを探しましょう。以下は、なかなかやる気にならない仲間を巻き込んで、ゼミ演習を成功させた例文です。

(結論)
私の長所は、人をまとめて引っ張る行動力です。

(課題)
大学3年のとき、単位を落とせないグループ演習が始まりましたが、ゼミ仲間はやる気を出しません。

(アピールポイントによる解決)
私はゼミ仲間を集めて今から始めればまだ何とかなると説得し、分担表を作って演習を進めることを提案しました。

(成果)
分担表によってやることが明確になったためか全員前向きになり、結果、無事演習をクリアしました。

(最後のPR)
この人をまとめて引っ張る行動力を仕事に活かして御社に貢献したいと私は考えます。

部活やボランティア活動の経験がなくても、行動力を示す例は見つかります。友人とのやり取りや学校での出来事を思い出して、行動力に関するエピソードを探しましょう。

インターンでの行動力

実際に仕事の体験を積むインターンでも、行動力を示すエピソードは見つかります。特に、インターンとして職場に入って苦労をしていれば、その苦労を解決するための行動を例として利用できます。

(結論)
私の長所は、困難な状況を乗り越える行動力です。

(課題)
インターンに入った直後は職場の雰囲気になじめず、業界特有の用語もわからず戸惑うばかりでした。

(アピールポイントによる解決)
私は職場内でできる限り多くの人と会話をし、用語は自分で調べてその場で解決しました。

(成果)
結果、職場の人たちと打ち解け、インターン終了のころには仕事の流れが理解できるまでになりました。

(最後のPR)
この行動力を活かして、営業活動で人脈を広げて、御社に貢献したいと考えています。

インターンでのエピソードは、会社側にとっても、その学生が入社後どのような社員になるかがイメージしやすい例です。努力した過程と成果を忘れず伝えるようにしましょう。

前職での行動力(転職時)

転職時は、基本的に前職でどのような能力を発揮して働いていたかを説明することになります。この例文は、事務仕事で手作業だった仕事を自動処理できるようにして、業務を改善した例です。

(結論)
私の強みは、改善を推進する行動力です。

(課題)
事務の仕事は、間違うとさまざまな帳票に影響がおよぶため、気をつかいます。また、手入力なので入力ミスも絶えず、繁忙期には残業続きです。

(アピールポイントによる解決)
私はExcelマクロを勉強して、定型業務を自動処理に成功しました。

(成果)
結果、入力ミスがなくなり、残業することもほとんどなくなりました。

(最後のPR)
私は、迅速で正確な事務作業を通じ、御社に貢献したいと考えています。

【例文】職務経歴書での行動力自己PR例文(400字)

職務経歴書は、主に転職者が提出を求められる書類です。職務経歴書と履歴書はどちらにも自己PR欄がありますが、基本的には職務経歴書の文章を要約して履歴書に反映する形です。

この章では、職務経歴書に記載する400字程度の自己PR文の例文をいくつか紹介します。

  • 職務経歴書での行動力自己PR例文(400字)

    職務経歴書での行動力自己PR例文(400字)

前職(一般職)での行動力をアピール

履歴書の「前職での行動力(転職時)」の例を職務履歴書用に加筆した例です。履歴書と職務履歴書で同じ自己PRを記載する場合の参考にしてください。

(結論)
私の強みは、仕事を迅速かつ確実に終わらせるため、工夫しながら改善を進める行動力です。

(課題)
事務の仕事は、間違わなくて当たり前の世界です。間違うとさまざまな帳票に影響がおよんで大変なことになるため、気をつかいます。また、手動での入力が多いため入力ミスも絶えず、繁忙期には入力ミスの修正作業が増えて残業続きでした。

(アピールポイントによる解決)
この問題を解決するために、私はExcelマクロを勉強して、定型業務を自動的に終わらせるようにしました。

(成果)
結果、入力ミスがなくなり、残業することもほとんどなくなりました。

(最後のPR)
この問題を改善する行動力を活かして、迅速で正確な事務作業を通じて御社に貢献したいと考えています。

前職(サブリーダー以上)でのリーダーシップ

(結論)
私の強みは、他人の意見を柔軟に聞きつつ発揮するリーダーシップです。

(課題)
前職で5人の部下がいるチームのマネジメントを任されたとき、私はいよいよ部下ができたと張り切って指導を始めました。しかし部下たちは思うように動いてくれません。

(アピールポイントによる解決)
困り果てた私は上司に相談をしました。すると、上司は「思い切って仕事を任せて見守るように」と助言。マネジメント経験豊富な上司の言葉を信じて、私は仕事を割り振った後は口を出さないで様子を見ました。質問してくるメンバーに対しては、問題が解決するまで相談にも乗りました。

(成果)
結果、チームメンバーのパフォーマンスが良くなり、以前よりもチーム内での会話が増えました。生産効率は以前の1.3倍まであり、非常に大きな効果が出たと上司にも褒められました。

(最後のPR)
柔軟な行動力を活かし、マネジメント面で御社に貢献したいと考えています。

前職(営業職)での根気強さアピール

(結論)
私の強みは、達成困難な目標を達成するための根気強い行動力です。

(課題)
前職では営業をしていましたが、会社の経営状況が悪化し、通常の2倍ものノルマが課されました。通常ならあり得ない分量です。同じ部門の同僚たちはすっかり諦め気味で、受注活動も積極的にはできませんでした。そんな状態に転機が訪れたのは、2カ月後のことです。

(アピールポイントによる解決)
諦める前にやることをやろうと考えた私は、2倍の売上高を目指すために営業をかけるエリアを拡大しました。また、電話や直接訪問でひたすら営業をかけ続けました。また、社内の営業管理システムを使い、見込み客の確認・訪問を継続しました。

(成果)
結果として、営業成績は順調に伸び、2倍には届かないまでも売上高は前年比1.84倍に。頑張りが報われて、ほっと一息つきました。

(最後のPR)
私は困難な目標にもめげない行動力を活かし、営業職で御社に貢献したいと考えています。

前職(技術職)での行動力をアピール

(結論)
私の強みは、他社やクライアントとも積極的に交渉する行動力です。

(課題)
前職では、大規模プロジェクトの技術リーダーでした。自社を含めて5社が各社チームを組み、分担してシステム開発を行います。私がプロジェクトに参画したころ、各チームと技術チームはあまり風通しが良くない状態で、未解決の問題点も60件に膨れ上がっていました。

(アピールポイントによる解決)
私は他社やクライアントからの技術問い合わせを受けていましたが、技術的な会話をするのが楽しく、積極的にヒアリングをし、問題が早期解決をするよう全力でサポートしました。

(成果)
結果として、私はクライアントから「うちに入社しないか」と声をかけてもらえるほどの信頼を得ることに成功し、自社でも高い評価を受けて昇進・昇格を果たしました。3年間で問い合わせ・調査数は100件にもおよびましたが、そのほとんどはプロジェクトメンバーから情報提供を受け、すべて解決しました。

(最後のPR)
私はこの行動力を活かし、御社でも技術と交渉役の両方で貢献したいと考えています。

資格取得での完遂力アピール

(結論)
私の強みは、計画的に行動して目的を達成する持続力です。

(課題)
前職では、レベルの高い仕事をさせてもらうには、業界内で定められた認定テストを受ける必要がありました。しかし、仕事がとても忙しくなかなか勉強時間を確保できませんでした。

(アピールポイントによる解決)
そこで、私は資格取得に必要な時間と、受験日がいつかを調べ、勉強のスケジュール管理を実施。コツコツ毎日勉強できる時間を確保するようにしました。

(成果)
結果、私は目的の資格に見事合格しました。取得した資格があるおかげで、今では収入が大幅にアップしました。

(最後のPR)
私はこの行動力を活かし、計画的に資格を取得して御社に貢献したいと考えています。

面接で行動力を自己PRするポイントと例文

面接で行動力を自己PRするポイントも確認していきましょう。あわせて例文もご紹介します。

  • 面接で行動力を自己PRするポイントと例文

    面接で行動力を自己PRするポイントと例文

話の流れは履歴書などの自己PR文と同じ

面接でも、話の流れは履歴書や職務経歴書の書き方と変わりません。まずは結論として具体性を持たせた行動力を強みとして提示した後、エピソードを盛り込んで行動力の裏付けとして説明します。

エピソード内では行動した結果どのような成果を出せたか説明しましょう。例えば、「〇〇という目標に対して継続して努力を積み上げ、〇〇という結果を得た」という形でまとめるとスッキリとしてわかりやすくなります。

最後に、その会社で自分の行動力がどのように活かせるかをアピールすることで、筋道を立てて自分の行動力を伝えることができます。

行動力のマイナス面に対する回答を想定する

行動力を自己PRする場合、採用担当者は行動力のマイナス面に着目した質問をしてくる可能性があります。例えば「行動力があるが故に失敗した例はありますか? 」などが想定質問です。

このとき失敗例を説明するだけではなく、失敗した後どのようにフォローしたかもセットで説明してください。行動しっぱなしではなく、失敗した後の始末もできることを伝えることで、安心できる行動力を持っていることをアピールできます。

面接で行動力を自己PRする例文

面接用の自己アピール文を作成するときは、与えられた時間により文章のボリュームが異なります。1分で自己PRする場合、目安となる文字数は300~350文です。2分、3分の場合は、この文字数を目安に2倍、3倍してください。面接で行動力を自己PRする例文を紹介します。

(結論)
私の長所は、人をまとめて引っ張る行動力です。

(課題)
大学3年のとき、単位を落とせないグループ演習が始まりましたが、ゼミ仲間はやる気を出しません。いくらせかしても、誰も行動を起こしませんでした。

(アピールポイントによる解決)
私は、演習で何をしないといけないかを洗い出し、スケジュール表を作って、ゼミ仲間を集めてこのままでは演習ができず単位を落とす可能性があることを伝えました。そして、同時に今から始めればまだ何とかなると説得し、分担表を作って演習を進めることを提案しました。

(成果)
分担表によってやることが明確になったためか全員前向きになり、結果、無事演習をクリアしました。

(最後のPR)
このリーダーシップを仕事に活かして御社に貢献したいと私は考えます。

この例文は、履歴書の例文に加筆して約300文字にまとめたものです。1分で自己PRする場合はこの長さでちょうどですが、2分や3分の場合は、紹介するエピソードを2つに増やして対応するといいでしょう。

行動力とセットで自己PRすると効果的な能力

行動力だけだと、具体的にどういうときに発揮されるかが伝わりにくい傾向があります。社会人基礎力の説明でも、複数の能力を組み合わせると、いいアピールポイントになると説明しました。ここでは、他のパターンで行動力とセットで自己PRすると効果的な能力をいくつか紹介します。

  • 行動力とセットで自己PRすると効果的な能力

    行動力とセットで自己PRすると効果的な能力

失敗を認めて軌道修正する素直さ

行動力ばかりを強調すると、失敗した場合に軌道修正できないのではないかと受け取られる場合があります。失敗を受け入れて軌道修正する素直さを持ち合わせている場合は、セットでアピールすると効果的です。

  • トライアンドエラーで何度もやり方を変えながら正解を探す
  • 失敗が分かったら現状を受け入れてすぐに対策を検討
  • オープンマインドで失敗を恐れない

自己PRの文中では、上記のようなフレーズを組み込み、行動力だけではない魅力をアピールしましょう。

周囲を巻き込んで成果を出すリーダーシップ

行動力とセットでリーダーシップも発揮できれば、周囲を巻き込みながらチームワークで大きな成果を上げることも可能です。リーダーシップを発揮して何かを達成した経験があれば、そのエピソードを使って自己PR文を作ってみましょう。

  • 部活でキャプテンを務めて大会で〇位という成果を出した
  • 仕事でサブリーダーとして部下〇人の指導をしてプロジェクトを成功させた

リーダーシップを発揮した経験があれば、何らかの成果は出たはずなので、自己PR文が書きやすくなります。成果を書く場合は、その行動を起こした動機も忘れないように書きましょう。

常に新しいことに興味を持ち続ける好奇心

好奇心から行動力が発揮される場合は、常に新しい分野に挑戦し続けるという長所をアピールできます。新しい文化や技術を抵抗なく受け入れ使いこなすという面では、適応力の高さという長所も盛り込めます。

  • 趣味が高じて交友関係が広がり新しいビジネスを立ち上げた
  • 常に新しい技術を追い続けて社内で技術キーマンとなり活躍
  • 短期アルバイトをいろいろ経験したがどれも興味を抱いて問題なくやり遂げた

好奇心と行動力が組み合わさるだけでは無駄な行動も多くなると思われる可能性も。そのため行動を起こす前に目標設定をしていることを盛り込めれば、勘違いを避けられます。

自己PRで行動力をアピールする際の注意点

自己PRで行動力をアピールする場合は、少々注意する点があります。どういう点に気をつけるべきかを解説します。

  • 自己PRで行動力をアピールする際の注意点

    自己PRで行動力をアピールする際の注意点

行動の動機と結果に必ず触れる

「行動力」という言葉はとてもあいまいです。「行動しました」というだけでは、企業への自己アピールとしては響きにくいため注意しましょう。

行動力を自己PRとして伝えるなら、動機と結果をセットで伝えなくてはなりません。「なぜ」の部分はゴール設定、成果の部分はゴールに対する達成度を測る指標です。

多くの会社では、事業活動において目標を設定して、その目標を達成するために行動することが求められます。動機と結果が伴わない行動をする人は、採用担当者の目からみると効率のいい仕事ができない人に見える可能性もあるのです。

他人の意見も取り入れる面があることを説明

行動力をアピールする場合、他人の意見も柔軟に取り入れて行動を修正できることにも触れておきましょう。行動力はあるけれど独りよがりになりやすい、というイメージを避けるためです。

履歴書の自己PR欄では文字数が少ないので、面接のときに補足できるようなら補足しましょう。

【まとめ】行動力は動機と成果も伝えることで効果的な自己PRに

自己PRに行動力を選ぶ場合、なぜその行動を取るに至ったかという動機と、行動した具体的なエピソードと得られた成果をはっきり伝えましょう。企業が求める「行動力」の中には、自分で考えて動ける自立性も求められます。行動力を伝えるとき、自立性が感じられるエピソードがあれば活用しましょう。

行動力と一緒に伝えるといい長所もいくつかピックアップしました。自分の行動力はどの長所と結びついたときに魅力があるのかどうか、じっくり考えてみてください。自己PRに行動力を用いて、就活・転職を成功させましょう。