真面目さを長所として伝えるためには、表現や伝え方に少々工夫が必要です。

本記事では、真面目さを自己PRする際、長所として伝えるためのポイントについて解説します。また、真面目さを表現する際、他の言葉に置き換える方法や、真面目さが長所だと伝えるため、一緒にアピールするといい個性についても紹介します。

自己PRで「真面目さ」をアピールするコツ

自己PRで真面目さを採用担当者にうまくアピールするにはいくつかのポイントがあります。

  • 自己PRで「真面目さ」をアピールするコツ

    自己PRで「真面目さ」をアピールするコツ

「真面目」を具体的な表現へ言い換える

真面目、という言葉は、長所と短所の両方で使われるため、話の流れ次第では短所として聞こえてしまう場合があります。そこでおすすめしたい方法が、真面目さを具体的な表現へ言い換えることです。

どういう面で真面目なのかを表現することで、真面目さが長所として聞こえるようになります。以下は、真面目さを具体的な表現へ言い換えた文例です。

  • 私の強みは、あきらめずに最後までやり抜く真面目さです。
  • 私の強みは、着実に仕事を進める真面目さです。
  • 私には、責任感を持って仕事に取り組む真面目さがあります。
  • 私の長所は、何事にも努力をいとわない真面目さです。

自分なりの真面目さを表現できたら、自己PR文の作成に入りましょう。

言い換えたプラスイメージの言葉を結論で説明

自己PR文は、以下の構成で検討を進めると作成しやすくなります。

順番 内容 説明
1 結論 自分の長所を端的に説明
2 課題 過去エピソードより、解決するべき課題
3 アピールポイントによる解決 自分の長所でどうやって課題を解決したか、その方法を説明
4 成果 解決の結果どのような成果が出たか、数字を使えればベスト
5 最後のPR 自分の長所を使って会社にどう貢献するかを説明

真面目さを具体的な表現に言い換えた文章は、自分の長所を端的に表現できるため1の「結論」として使えます。

真面目さを示す過去エピソードを考える

次に、自分が伝えたい結論について説明できそうな過去のエピソードを思い出します。過去エピソードは、自分らしさが出る内容のものを選びます。

エピソードを探せたら、課題・解決・成果の順番で文章を作成しましょう。そのエピソードから、どんな課題があってどう解決し、成果はどうだったかを説明します。

真面目さの仕事への活かし方を締めくくりで説明

過去エピソードの部分で、アピールポイントの具体的な内容を説明できたら、最後の自己PRを考えましょう。これまで説明してきた自分の長所をどう活かして会社に貢献するかを検討します。会社へのアピールとしては、この部分が重要です。

自己PR文が完成したら、全体を読み返して、論理的に矛盾がないかどうかを確認しましょう。自分の真面目な部分が長所として受け取れる内容になっているかどうかも確認の重要ポイントです。

真面目さを言い換えて自己PRする場合の表現集

真面目さが短所に聞こえるリスクを回避するため、別の表現へ言い換えられないか検討してみましょう。言い換えに使える表現とその表現を利用した文例を以下の表にまとめました。

言い換え表現 文例
責任感がある 私の強みは、任せられた役割をきっちりこなす責任感です。
努力家 私の強みは、困難な物事にも真正面から取り組む努力家であることです。
忍耐強い 私には、どんな状況でも耐え抜く忍耐強さがあります。
私の強みは、どんな人間関係でも忍耐強く交渉できる点です。
最後までやり抜く 私は、一度決めたら最後までやり抜くことをモットーとしています。
計画性がある 私の強みは、必ず計画を立ててから物事を進める真面目さです。
熱心に取り組む 私の強みは、何事も熱心に取り組む集中力です。
安定した継続性 私には、一度立てた計画を確実にやり遂げる強みがあります。
私の強みは、着実に仕事を進める安定感です。
他人の意見を真摯に受け止める 私には、他人の意見にも真摯に耳を傾け、助言を取り入れる真面目さがあります。

他にも真面目さがプラスになる言い換え表現はいろいろあります。自分なりの表現で、じっくり検討しましょう。

  • 真面目さを言い換えて自己PRする場合の表現集

    真面目さを言い換えて自己PRする場合の表現集

真面目さを短所として表現する場合

自己PRで長所と短所を説明する際、真面目さを短所として取り上げることもあるでしょう。面接では、質問で自分の短所を答える場面もあります。

真面目さを短所として表現する場合は、「1人で抱え込む」「慎重すぎる」「なかなか方向転換できない」などが挙げられます。

真面目さを短所として説明する際は、真面目さという短所をどうやって克服しているか、というフォローの説明もセットにしましょう。短所を言いっぱなしにすると、あまりいい印象を与えません。

履歴書で真面目さを自己PRする例文

履歴書で真面目さを自己PRする例文として、200文字の例をいくつか紹介します。

  • 履歴書で真面目さを自己PRする例文

    履歴書で真面目さを自己PRする例文

資格取得でコツコツ努力して目標達成

資格取得は、難易度が高ければ高いほど、地道さが求められる経験で、真面目さをアピールするいいエピソードです。どのように目的の資格に合格したか、自分のやってきたことをそのまま自己PR文にまとめましょう。

(結論)
私の長所は、目標を決めてコツコツ実行する真面目さです。

(課題)
IT系の仕事が希望でしたので、私は就活が始まるまでに応用情報技術者の資格取得を目指しました。

(アピールポイントによる解決)
大学2年で基本情報技術者、大学3年の秋には応用情報技術者の資格を取るため、予定を立てて試験に間に合うよう勉強を進めました。

(成果)
結果として、予定通りの学年で試験に合格しました。

(最後のPR)
この真面目さを活かし着実に仕事を進めることで、御社に貢献したいと私は考えています。

アルバイトでの継続性をアピール

ひとつのアルバイトをずっと続けていた場合は、継続的に仕事を続けられる真面目さをアピールできないか検討してみましょう。以下は、困難な状況でも仕事を続けてきたことをアピールする例文です。

(結論)
私の長所は何事も粘り強く続ける真面目さです。

(課題)
アルバイト先は、店長が非常に厳しく人の入れ替わりが激しい職場でした。

(アピールポイントによる解決)
私はストレス解消や気分転換を心掛けることで仕事を続けるよう努力しました。気の合うバイト仲間との会話や、計画的な休暇は気分転換に役立ちました。

(成果)
結果、アルバイトはその1ヶ所で今まで続いています。

(最後のPR)
この粘り強さを活かし、困難な状況でも工夫して仕事を続け、御社に貢献したいと私は考えています。

学生生活(部活・ゼミ活動)での責任感アピール

学生生活では、部活やゼミ活動などで、責任感をもって事に当たった経験があればそのエピソードを通じて、自分の真面目さをアピールしましょう。以下は、部活で会計を担当し、責任感を持って問題に対応した、という例文です。

(結論)
私の強みは、何事にも責任感を持って当たる真面目さです。

(課題)
部活では会計を担当しましたが、前任者は部費を滞納する人を放置し、会計処理もいい加減でした。

(アピールポイントによる解決)
私は帳簿を整理し、部費の滞納者に対して我慢強く交渉し、コツコツ部費を集めました。

(成果)
結果、私の担当した年で会計は正常化し、部費を滞納する人もいなくなりました。

(最後のPR)
この責任感を活かして問題に対応することで、御社に貢献したいと私は考えています。

インターンでの根気強さアピール

アルバイトとはまた違う仕事経験ができるインターン。長期インターンを体験している場合、根気強さや真面目さをアピールできるエピソードがないか思い出してみましょう。

(結論)
私の長所は、一度始めたことは途中で投げ出さない根気強さです。

(課題)
インターン初日、仕事に裁量権がなくバイトと同じ仕事しかできなかった私はショックを受けました。

(アピールポイントによる解決)
しかしこの仕事はすぐに裁量権が持てるほど甘くはないと思いなおし、一層集中して仕事に取り組みました。

(成果)
その結果、2ヶ月目からは裁量権が与えられ、いい就業体験ができました。

(最後のPR)
この根気強さを活かし、着実に仕事を進め仕事に当たり御社に貢献しようと考えています。

前職での慎重さ・根気強さのアピール(転職時)

転職時は、前職での経験から真面目さをアピールします。ここでは、前職の仕事で慎重さや根気強さをアピールする例文を紹介します。

(結論)
私の長所は、慎重かつ確実に仕事を進める真面目さです。

(課題)
前職でも検品担当でしたが、非常に品質が悪い製品の検品担当となりました。

(アピールポイントによる解決)
不良一覧を検証して類似不良が多いことに気づいた私は、見直し観点をまとめて開発・検品部隊全員で共有し、慎重に検品を進めました。

(成果)
その結果、その製品は出荷後も大きな問題を起こさず、会社のヒット商品に成長しました。

(最後のPR)
この真面目さを御社の検品でも活かし、業績に貢献したいと考えています。

職務経歴書での計画性自己PR例文

職務経歴書では、履歴書でまとめた自己PRをさらにくわしく説明します。過去のエピソードや解決手段に厚みを持たせることで、より説得力のある自己PR文を作成できます。

以降は、職務経歴書に適した文章量の例文をご紹介します。

  • 職務経歴書での計画性自己PR例文

    職務経歴書での計画性自己PR例文

前職(一般職)での慎重さをアピール

(結論)
私の長所は、慎重確実に仕事を進める真面目さです。

(課題)
私は一般事務として部署の仕事を側面で支援する仕事をしていました。経理に提出する書類や旅費伝票の処理など、雑務はすべて私の担当です。特に苦労した点は、提出物をなかなか提出しない人が多かった点です。

(アピールポイントによる解決)
私は、Excelで提出物の一覧を作り、期限と提出した人、していない人がひと目でわかるように管理し、その一覧を部署全員に公開しました。このようにすることで、書類の提出フォローが簡単になり、漏れなくフォローできるようになりました。また、提出書類には必ず目を通し、間違いを少なくすることで、書類の提出先や部署の人間が書類の訂正で手を取られることを予防しました。

(成果)
結果として、私の部署では提出書類のミスが少ないと総務部門の課長に感謝されました。

(最後のPR)
この慎重さを活かし、御社でも確実に仕事を進めることで貢献をしたいと私は考えます。

前職(サブリーダー以上)での責任感アピール

(結論)
私の長所は困難な状況でも仕事を完遂する責任感です。

(課題)
私は、前職でホテルのスーパーバイザーとして働いていました。お客様に心地いい時間を過ごしていただくため、ホテルの清掃には特に気を使い、ベッドメイクが終わった後の状況はいつもチェックして、清掃レベルの維持に努めていました。そんなある日、リネンの入荷が遅れてベッドメイクができなくなるという緊急事態が発生。このようなトラブルは経験がなく途方にくれました。

(アピールポイントによる解決)
私はすぐに、他のリネン会社に片っ端から連絡。必要なサイズのリネンを至急調達しました。それとともに、部署を超えてベッドメイキングに当たる人員を確保し、ベッドメイクの時間を短縮するように工夫しました。

(成果)
その結果、何とかチェックインの時間までに部屋の提供ができるよう間に合わせました。

(最後のPR)
この責任感と柔軟な対応力を活かし、御社の仕事でも状況に合わせて臨機応変に対応することで貢献をしたいと私は考えます。

前職(営業職)での根気強さアピール

(結論)
私の強みは、根気強く相手と交渉して信頼を勝ち得る真面目さです。

(課題)
私は営業職でしたがトラブル処理が得意でした。そんな私でも苦労した苦情は、自社製品がトラブルで稼働せずクライアントが激怒したケースでした。製品の修理部署からは修理に1ヶ月ほどかかると言い、クライアントからは1週間以内に何としても動かせと強い要望があり、交渉は困難を極めました。

(アピールポイントによる解決)
私は、修理部署と交渉して2週間で修理を完了するよう説得し、クライアントには自社の不手際を誠心誠意謝った上で、自社の修理部署の状況を説明して、2週間で修理完了するよう特別に動くことを伝え説得。了承を取り付け修理に入った後も、クライアント側には逐次状況を報告し信頼を損なわないよう注意しました。

(成果)
結果、無事2週間で製品は稼働し、クライアント様にお褒めの言葉をいただきました。

(最後のPR)
地道な交渉力を活かし、御社でもクライアントの信頼を得て業績に貢献したいと私は考えます。

前職(技術職)での慎重な仕事振りをアピール

(結論)
私の長所は、慎重かつ確実に仕事を進める真面目さです。

(課題)
前職ではとある金融システムのバックエンド部分を担当していました。一部機能が別システムと統合するというプロジェクトに参画したところ、非常に品質の悪い機能があり、その担当をすることになりました。

(アピールポイントによる解決)
私は、不具合が多い原因を調べました。その結果、連携先の担当との意思疎通が不完全で細かい仕様の齟齬が多々発生しているという事実を確認し、改善を進めました。私は、理解できない仕様は連携先の担当と打ち合わせ、不明点をなくすように注力しました。また仕様について打ち合わせた後は、必ずその場で決まった仕様をチーム全員に共有し、連絡漏れにも注意しました。

(成果)
設計の品質向上を重点的に行った結果、問題機能の品質は大幅に改善。システムは無事リリースし、安定して稼働しています。

(最後のPR)
この真面目さを御社の検品でも活かし、業績に貢献したいと考えています。

資格取得での継続性アピール

(結論)
私の長所は、大きな目標を必ず達成するために努力を続ける継続性です。

(課題)
中小企業診断士の資格は、試験勉強が1000時間以上必要といわれ、長丁場で計画的な勉強が必要です。私は中小企業診断士とは無関係の仕事をしているため、勉強時間の捻出だけでなく、独学で進めるか予備校に通うかといた勉強の進め方も検討の必要がありました。

(アピールポイントによる解決)
まず私は、自分と同じように別分野の仕事をしていて資格を取った人の体験記を徹底的に調査しました。さまざまな勉強方法がありましたが、自分は予備校を利用して勉強を進めるのがいいと判断し、3年計画で試験勉強を進めました。1次試験は予備校に通って2年目に取得、2次試験は独学で3年目に取得する、という計画です。

(成果)
結果、試験勉強を開始して3年で中小企業診断士の資格を取得しました。

(最後のPR)
この大きな目標を達成するための創意工夫と決めた計画を遂行する継続性を活かし、御社に貢献したいと私は考えています。

面接で真面目さを自己PRするポイント

面接で真面目さを自己PRするポイントを2点にまとめて解説します。

  • 面接で真面目さを自己PRするポイント

    面接で真面目さを自己PRするポイント

自己PRの文章は話しやすいように修正

履歴書や職務経歴書に記載した自己PR文は、そのままでは話しにくい場合があります。実際に何度か読み上げて自分の声を録音し、読みにくそうにしている部分を調整して、話しやすい文章に修正しましょう。

真面目さのマイナス面に対する回答を想定する

面接では、自己PRした内容について質問されますが、特に真面目さのマイナス面に対しての質問は想定しておきましょう。

「1人で抱え込んで失敗しなかったか」「真面目さをマイナスに感じるときは」など問われたときに、真面目さのマイナス面について説明できるようにしておきましょう。

マイナス面を説明する際は、必ずそのマイナスをどうカバーしているかの説明も忘れず行ってください。マイナス面を自覚していて、自分なりに考えて行動していることを伝えるかどうかで印象は大きく変わります。

真面目さとセットでアピールしたい長所

真面目さとセットでアピールすると効果的な長所もいくつかあります。以下、例を3つ紹介します。

  • 真面目さとセットでアピールしたい長所

    真面目さとセットでアピールしたい長所

1人で抱え込まないコミュニケーション力

真面目さのマイナス面として指摘されやすい点が、1人で問題を抱え込むことです。

問題を抱え込まず、他人と話して問題を解決する長所もアピールすることで、1人で抱え込む心配はないことを採用担当者に伝えることができます。

努力の方向を間違っていないか考える客観性

真面目な人は、努力の方向を間違っていて体力・気力を無駄遣いする人もいます。この問題を解決する長所は、自分の進む方向が合っているか間違っているかを判断する客観性です。

仕事の成果が出ているかどうかのチェック、他人からの評価を素直に受け入れる姿勢があることをアピールに加えると、自分の行動を確認する客観性があることも伝えられます。

仕事を確実に進めるスケジュール管理能力

計画通りに仕事を進める能力と真面目さは相性のいい特性です。合わせてアピールすることで「真面目だけど仕事が遅いのではないか」という心配は不要であることを自然と伝えられます。

真面目さを具体的に表現して自己PRしよう

真面目さは、就活でも十分武器になる長所です。自己PRするときには、真面目さを具体的に表現すること、その長所をどう活かして会社に貢献するよう考えているかの2点を伝えるようにしましょう。

真面目さをアピールする自己PRで、就活や転職に成功し、新しい仕事を獲得してください。