17作がそろった2018年の夏ドラマ。今回もドラマ解説者の木村隆志が、全作品の初回放送をウォッチ。俳優名や視聴率など「業界のしがらみを無視!」したガチンコでオススメ作品を探っていく。

別記事(2018年夏ドラマ17作、オススメ&傾向分析! 名作誕生ムードの『dele』)において、2018年夏ドラマの主な傾向を[1]強力原作、続編、リメイクの手堅いラインナップ [2]若手俳優の抜てきラッシュ [3]テレ朝深夜に『おっさんずラブ』に次ぐ傑作か!?の3つと分析。

おすすめドラマとして、『dele』(テレビ朝日系 金曜23時15分)、『透明なゆりかご』(NHK 金曜22時)、『義母と娘のブルース』(TBS系 火曜22時)、『チア☆ダン』(TBS系 金曜22時)、『探偵が早すぎる』(読売テレビ・日本テレビ系 木曜23時59分)の5本を選んだ。

本記事では、それらを含む全作品のショートレビューと、目安の採点(3点満点)を挙げていく。

『絶対零度 ~未然犯罪潜入捜査~』 月曜21時~ フジテレビ系

沢村一樹

沢村一樹

出演者:沢村一樹、横山裕、本田翼ほか
寸評:演出陣が変わり、映像は過去のシリーズよりも洗練。不穏なムードを醸し出す沢村を含め、テレ朝刑事モノとは差別化した内容で一定の支持を得た。ただ、なぜ『絶対零度』なのか? 不自然な主演変更も含め、局の都合による「過去ブランドの拝借」にしか見えないのはマイナス。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

『ラストチャンス 再生請負人』 月曜22時~ テレビ東京系

仲村トオル

仲村トオル

出演者:仲村トオル、椎名桔平、長谷川京子ほか
寸評:新枠の第2弾だけに真価が問われるところだが、ストレートな題材で勝負したのは好印象。前作『ヘッドハンター』同様に、中堅・ベテラン俳優を重用している分、安定感は申し分なし。「仲村がどれだけ視聴者から愛される主人公になれるか」、その一点にかかっている。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆】

『健康で文化的な最低限度の生活』 火曜21時~ フジテレビ系

吉岡里帆

吉岡里帆

出演者:吉岡里帆、井浦新、田中圭ほか
寸評:ヒロインを原作よりフラットなキャラに変えたのは、制作側の好判断。最近の視聴者ニーズをとらえるセンスが光る。ただ新人の成長と生活保護者の再生がリンクしにくい序盤は苦戦必至か。唐突に差し込まれるヒロインのモノローグが物語を分断しているのが気がかり。
採点:【脚本☆☆ 演出☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

『義母と娘のブルース』 火曜22時~ TBS系

綾瀬はるか

綾瀬はるか

出演者:綾瀬はるか、竹野内豊、佐藤健ほか
寸評:4コマ漫画を連ドラにする着眼点、綾瀬と子役の魅力を引き出す脚色など、プロデュースのセンスを感じる。4コマ漫画らしい仕掛けの早さとオチの多さで、テンポよく見られるのも現在の視聴者向き。今後、竹野内、佐藤に加え、成長した娘役の上白石萌歌の見せ場に期待。
採点:【脚本☆☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆☆】

『高嶺の花』 水曜22時~ 日本テレビ系

石原さとみ

石原さとみ

出演者:石原さとみ、峯田和伸、芳根京子ほか
寸評:昨年2作のネット配信ドラマを手掛けた野島伸司が地上波復帰。ただ作風は変わらず、「いかに愛の深さを伝えるか」「そのためにどんなカセが必要か」に徹している。初回の「愛していたら憎まない。だからあなたはいい女」というセリフが90年代風の作品を象徴していた。
採点:【脚本☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆】

『ハゲタカ』 木曜21時~ テレビ朝日系

綾野剛

綾野剛

出演者:綾野剛、渡部篤郎、沢尻エリカほか
寸評:多くの人々が指摘しているように『日曜劇場』風の劇画タッチな演出は賛否両論。名作と言われたNHK版との差別化にはなったが、視聴者層を選ぶ結果になりそう。綾野の演技は批判されがちだが、中盤から終盤にかけて、いい意味での疲れが出てハマるのではないか。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

『グッド・ドクター』 木曜22時~ フジテレビ系

山崎賢人

山崎賢人

出演者:山崎賢人、上野樹里、藤木直人ほか
寸評:韓国ドラマ原作らしく人間関係が明確で、すべては主人公を引き立てるための作品に。そもそも「サヴァン症候群」「子ども」という禁じ手に近い“感動スイッチ”を使っているため、ドラマフリークほどハマりにくい。高視聴率は当作だけでなく、『木曜劇場』近3作の手柄か。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

『探偵が早すぎる』 木曜23時59分~ 日本テレビ系

滝藤賢一

滝藤賢一

出演者:滝藤賢一、広瀬アリス、水野美紀ほか
寸評:スピード感と動きの幅などのダイナミックな演出に目を奪われる。滝藤と広瀬のキャラクターバランスもほどよく、事実上のダブル主演に。犯行手口と、その打開策に拍子抜けの感はあるが、深夜帯だけに難易度はこれくらいでいいのかもしれない。大学パートが癒しに。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆】

『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~』 金曜20時~ テレビ東京系

小泉孝太郎

小泉孝太郎

出演者:小泉孝太郎、松下由樹、安達祐実ほか
寸評:第3弾もキャストの安定感は変わらず。空気を読まない主人公の魅力から、事件の謎解き、脱力感あふれるやり取りまでパッケージとしての強みがしっかり。大杉漣さんの登場も含め、ファンサービスも随所に。「ひとひねりほしい」と「現状維持でOK」が五分五分の状態。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

『透明なゆりかご』 金曜22時~ NHK

清原果耶

清原果耶

出演者:清原果耶、瀬戸康史、酒井若菜ほか 寸評:目を背けたくなる残酷なテーマを扱いつつ、繊細な映像技術とみずみずしい清原の演技で中和。押し付けがましさのない脚本も含め、リアルとファンタジーの調和が見事に取れていた。妊婦たちの物語にも説得力があり、配役から見せ場の演出まで、丁寧な仕事ぶりが光る。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆☆】

『チア☆ダン』 金曜22時~ TBS系

土屋太鳳

土屋太鳳

出演者:土屋太鳳、石井杏奈、オダギリジョーほか
寸評:「やはり夏は汗と涙で元気いっぱいの高校生が見たい」と思わせる直球のプロデュースに好感。他枠が学園モノを避ける中、果敢にトライした制作陣の心意気が素晴らしい。回を追うごとに踊りが上達するドキュメントが最大の魅力で、クライマックスは大団円が期待できる。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆☆】

『dele』 金曜23時15分~ テレビ朝日系

山田孝之

山田孝之

出演者:山田孝之、菅田将暉、麻生久美子ほか
寸評:開始前の大きすぎる期待も、どこ吹く風。山田と菅田のコンビは、単なるバディを超えた刺激的な関係性を漂わせている。デジタル遺品というモチーフも、そこに宿る人間ドラマも引力十分。脚本家の競作、2人へのあて書きなど、2年にわたる努力の成果が画面にあふれている。
採点:【脚本☆☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆☆】

『GIVER 復讐の贈与者』 金曜24時12分~ テレビ東京系

吉沢亮

吉沢亮

出演者:吉沢亮、森川葵ほか
寸評:「復讐代行」「人の心が欠落した主人公」という設定に新しさはなく、いかにヒリヒリとしたムードを醸し出せるかに注目していたが、仕上がりは想像以上にライト。イケメン俳優、軽い作りのCG、本筋とは無関係のセクシーなどのチープなテイストは若年層向けのものか。
採点:【脚本☆ 演出☆☆ キャスト☆ 期待度☆】

『サバイバル・ウェディング』 土曜22時~ 日本テレビ系

波瑠

波瑠

出演者:波瑠、吉沢亮、伊勢谷友介ほか
寸評:近年、何度も見てきた婚活指南モノであり、新たなノウハウがないのはつらいところ。その分、波瑠と伊勢谷にかかる負担は大きくなるが、2人の華と技量で一定の水準を保っている。編集部のメンバーは個性派ぞろいだけに、ここでのお笑いパートがもっと見たいところ。
採点:【脚本☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆】

『ヒモメン』 土曜23時5分~ テレビ朝日系

窪田正孝

窪田正孝

出演者:窪田正孝、川口春奈、勝地涼ほか
寸評:ヒモ役にバシッとハマってしまう窪田の役作りにあらためて感心。川口とのカップル像もピッタリで、憎めないクズぶりでジワジワとファンを増やしそう。勝地やYOUら周囲にもクズキャラが多く、笑いどころは多いが、狙い過ぎのナレーションが浮いているのは残念。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆】

『この世界の片隅に』 日曜21時~ TBS系

松本穂香

松本穂香

出演者:松本穂香、松坂桃李、村上虹郎ほか
寸評:原作漫画とアニメ映画のヒット、夏の戦時モノと、かなりの挑戦作だが、そこは岡田惠和の脚本。力まず急がず、市井の人々を淡々と描き、「地味だが愛おしい」人間ドラマをつむいでいる。松本の出来が作品の評価に直結する作品だけに、中盤までに2か所は名場面がほしい。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

『ゼロ 一獲千金ゲーム』 日曜22時30分~ 日本テレビ系

間宮祥太朗

間宮祥太朗

出演者:加藤シゲアキ、間宮祥太朗、小池栄子ほか
寸評:どこをどう切り取っても福本伸行の物語。金と命を賭けて戦う図式が好きな人は楽しく見られるだろう。ただ、フラットな視聴者は「誰が生き残るか」おおよその予想がつく構成だけにスリリング感はない。複数のアイドルが出演しているのも「ザワザワ」が減る要因に。
採点:【脚本☆ 演出☆ キャスト☆ 期待度☆】

■プロフィール
木村隆志
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者、タレントインタビュアー。雑誌やウェブに月20~25本のコラムを提供するほか、『週刊フジテレビ批評』『TBSレビュー』などの批評番組にも出演。取材歴2000人超のタレント専門インタビュアーでもある。1日のテレビ視聴は20時間(同時視聴含む)を超え、ドラマも毎クール全作品を視聴。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技 84』など。