「お金持ちになりたい」と願った経験を持つ人間は多いはずだ。必ずしも、お金があれば精神的充足が得られるわけではないが、少なくとも物質的充足を得られる可能性は高まる。貨幣制度が通用している現代社会においては、お金はあるにこしたことはないのだ。

ではズバリ、どうしたら「お金持ち」になれるのだろうか。やるべき行動、学ぶべき知識、持っておくべきビジョン……。お金持ちに必要となる要素を数えていったら枚挙にいとまがない。ということで、「お金のプロ」であるFPに「お金持ちになれる人となれない人の差」を考えてもらった。本特集では5人のFPの見解を紹介していく。

  • あなたはお金持ちになれる人?

    あなたはお金持ちになれる人?

お金の心配がなかったら何をしたいですか? 叶えたい夢は何ですか? 自由に使えるお金がもっと手元にあれば夢や目標も叶いやすくなります。今回は、シングルマザーになってから起業・会社設立をし、現在は起業女性や経営者・子育て世代に貯金を増やす方法をアドバイスしているお金の専門家が、お金持ちになれない人とお金持ちになる人の意識や行動をわかりやすくお伝えします。

お金持ちになれない人7つのチェックリスト

お金持ちになることは決して特別なことではありません。でも、お金持ちになりたいのになれない……と思っている人はたくさんいますね。では、いったい何が違うのでしょう。まずは、お金持ちになれない人の7つのチェックリストをご紹介します。

□ お金のイメージがネガティブ
□ 収入の入り口が1つしかない
□ 目標や夢・守る人や仲間がいない
□ お金の管理がずさん
□ お金の増やし方を知らない
□ お金を増やすための知識と知恵を教えてくれる人がいない
□ 家族やパートナーのお金に依存している

これらに1つでも当てはまるのであれば、お金持ちになれない理由があります。しかし、今からご紹介することを意識して行動することで、あなたもお金持ちの道へスタートダッシュできますので、安心してくださいね。それでは、お金持ちになれる人の特徴を意識と行動にスポットをあててご紹介します。

「お金=〇〇」あなたはポジティブ? それともネガティブ?

「お金」と言えば〇〇。あなたにとって、この〇〇には何が当てはまりますか? 「大切なもの」「生きていくために必要」などが〇〇に当てはまる人も多いと思いますが、さらに考えて10個ほど書き出してみましょう!

お金=「希望」「便利なもの」「喜び」「笑顔」「夢」などポジティブなイメージがどんどん出てくる人は、お金を受け取ることも増やすこともポジティブに行動できる人です。例えば、ビジネスのシーンでは「お金をいただくことはお客様に喜んでいただいた証」とポジティブにとらえている人は、売上アップや収入アップを心から楽しむことができ、結果お金にも好かれるのです。

しかし、お金のイメージを書き出すことで気持ちがザワザワしたり、ネガティブな感情が出てきたりした人は要注意! お金に対してネガティブなイメージがあると、無意識にお金が手元にあることがイヤになり、浪費をしてしまう相談者さんもいました。そのような人は、過去の経験が影響していることもありますので、振り返りながらお金のイメージを変えるアプローチをすることがお金持ちへの近道です。

収入の入り口が複数あり、「行動し続ける理由」がある

お金持ちの人は収入の入り口が1つではなく、投資をしたり、副業・起業・経営をしていたりして、収入の入り口が複数ある傾向にあります。ビジネスは教科書のように決まりきった答えがないので、先が見えないビジネスで「行動」するためには「夢」や「目標」は大きな原動力の1つです。

また、ビジネスで成長するためには、行動し続ける継続力も必要です。「守りたい人」や「仲間」がいる人は、自分だけのためだけでなく、誰かのために努力することもできます。その結果、ビジネスの継続がビジネスの成長につながり、知恵やお金が集まったりするのですね。

当たり前ですが、本当のお金持ちには一晩ではなれません。「行動し続ける」理由があり、そのために試行錯誤と努力もしているのです。

ビジネス・お金の使い方・投資「3つの知恵」を得るためによき相談者がいる

ビジネスが成長しても、お金が増えても、お金の管理がずさんだったり、投資で失敗したりして、お金を減らしてしまっては、お金持ちにはなれません。つまり、「ビジネス」「お金の使い方」「投資」の3つに必要な知識と知恵のどれか1つでも欠けていていると、なかなかお金は増えません。

お金持ちは、お金の管理をしっかりして、お金の使い方も上手です。また、投資などもコツコツ実践しています。この3つの基本が実践できていると効率的にお金を増やすことができます。そのためには広い視野と経験を持ち、「知恵」の部分まで教えてくれる人が必要です。

私たちは、学校や会社でこの3つを学ぶ機会がなかなかありません。でも、今からでもお金の知識をまず知ることで変わっていきます。さらに相談できる人や教えてくれる人が複数人いると、より広い視野で知恵を得ることができ、行動しやすくなりますね。

自分軸で行動し人生を選択している

今お金がある・ないにかかわらず、家族やパートナーのお金に頼っている人や勤め先の給与だけに頼っている人も注意です! 学生時代や社会人として間もない時期は、誰かのお金に頼ることは決して悪いことではないのですが、そのままずっと「頼るだけ」だと、その頼っている先に何かあったときに、あなたの経済状況まで一転してしまう可能性があります。自分でお金をコントロールできないというリスクもあります。

一方、家族やパートナー・会社に頼るのではなく「お金持ちになるために、まずは自分が行動する」という意識があり、行動し、その結果を試行錯誤しながら改善できる人は、堅実に「自分のお金」を増やすことができますし、家族やパートナー・会社の状況に振り回されにくくなりますので、安心して自分の行動を選択できます。

お金持ちになる本当の意味~私らしく生きる~

お金持ちになる意識や行動をご紹介させていただきましたが、あなたの人生の本当のゴールは何でしょうか? きっとお金持ちになった先の「夢」「生きたい人生」があるのではないでしょうか。

お金の知識や知恵がなく、お金に不安があると人と、お金の知識や知恵があり自分軸で行動に移せる人とでは、「夢」の近づき方が違うことは想像できると思います。なので、この機会に「できるところ」から、お金持ちになるための意識と行動を実践してみてくださいね。

特に女性はお金持ちになることに抵抗があったり、「私には無理かな?」と思い込んでしまったりする相談者さんもいますが、人は意識が変われば行動も変わります。「夢」や「生きたい人生」をもう一度思い出し、「私らしく生きる」選択のために今回のコラムがお役に立ちましたらうれしいです。

加藤葉子

(株)マイライフエフピー代表
子どもを授かったことをきっかけに、教育費や投資、学資保険の仕組みなどに興味を持ち勉強を始め、3年で子どもの教育資金を貯める。NHKのコラム執筆がきっかけでFPとして起業。現在は、全国の女性からのお金の相談を中心に執筆・マネー講師として年間700件の活動をしながら、ファイナンシャルプランナー向けの実務講座も運営。「女性とシングルマザーのお金の専門家」を運営