東京2020はさまざまなスポーツをお子さんとともに楽しめるまたとないチャンスです。そこで、子どもの運動能力向上に詳しいスポーツトレーナー・遠山健太が各競技に精通した専門家とともにナビゲート! 全33競技の特徴や魅力を知って、今から東京2020を楽しみましょう。今回は「中距離走」! 競技解説は、中距離走の経験者であり、現在は学生アスリートのサポートを積極的に行っているトレーナーの赤松茂徳さんです。

  • 中距離走/陸上競技

    「中距離走」の魅力とは?

中距離走の特徴

陸上競技のトラック種目である中距離走とは、800m走、1500m走を指します。800m走はトラックを2周、1500m走はトラックを3周と3/4を走り、その順位を競います。

学校のスポーツテストで、持久走を行った経験がある方も多いのではないでしょうか。文部科学省の実施要項では20mシャトルランもしくは、持久走として男子は1500m走(女子は1000m走)が行われます。持久走と聞くと、長距離走のイメージをお持ちの方も多いと思いますが、1500mは中距離に分類されるのです。

スタート方法も短距離走とは異なります。400m走まではクラウチングスタートですが、800m走以降はスタンディングスタートで行います。また、スタートの合図も、短距離走が「On your marks(位置について)」「set(用意)」からピストルの合図でスタートするのに対し、中距離走以上は「set」がなく、「On your marks」からピストルの合図でスタートします。

また、コースの走り方も違います。短距離走ではセパレートされたコースを走りますが、中距離走以上ではコースを離れて走ることが特徴です。800m走ではスタートから100mは各自のコースを走りますが、第2コーナーを回ったところにある線「ブレイクライン」を過ぎると、コースを離れて走れます。コースを離れて自由に走れるようになることを「オープンになる」と言います。1500m走ではスタートからコースのないオープンレーンを走ることになります。

中距離走を観戦するときのポイント

1つ目のポイントは、スピード持久力です。
現在の男子800m走の世界記録は1分40秒91です。これは、単純計算で100mを12.5秒で走り続けていることになります。全力疾走に限りなく近いスピードでどれだけ走り続けられるかの勝負になるため、フィニッシュ後に倒れこむ選手がいるのも納得できます。

2つ目はポジション争いです。
800m走も1500m走も、オープンレーンになってからは位置取りが重要です。外側を走る分だけ、体力をロスするおそれがあるため、内側を走るほうが賢明と言えるでしょう。しかし、ほかの選手も考えるのは同じこと。その結果、ポジション争いが発生し、ときには接触や転倒してしまうこともあります。このような激しさから中距離走は「陸上の格闘技」とも呼ばれています。また、インコースは最短を走ることができる反面、周りの選手に囲まれて「ポケット」にされると思うように走れなくなってしまうことも! ですから、あえてインコースを避ける選手もいます。

3つ目のポイントは駆け引きです。
どのようなレースプランで走るのかも見所です。先行逃げ切りでゴールを狙いにいくのか、序盤はややスピードを抑えてほかの選手の出方を窺いつつ、後半で勝負するのか……。また、ラストスパートをかけるタイミングやポジション争いなど、ハイスピードの中で瞬時に判断する駆け引きは必見です。

東京2020でのチームジャパンの展望

東京2020への800m走の参加標準記録は、男子1分45秒20、女子1分59秒50。現在の日本記録は、男子1分45秒75、女子2分00秒45です。1500m走の参加標準記録は男子3分35秒00、女子4分04秒20。現在の日本記録は男子3分37秒42、女子4分07秒86です。

つまり、男女ともに日本記録を上回らなければ出場することはできません。男子では、川元 奨選手(スズキ浜松AC)が2014年に樹立した800m走の記録が現在の日本記録で、参加標準まで0.55秒。川元選手自身の持つ日本記録の更新と、参加標準を突破し五輪出場なるか注目です!

女子では2019年6月に行われた日本選手権において、卜部 蘭選手(NTTC)が800m走と1500m走の2冠に輝いています。卜部選手はこの大会の800m走において2分02秒74の自己ベストを更新しており、今後の期待が高まります!

遠山健太からの運動子育てアドバイス

高校時代、部活で短距離を専門にやっていた私は、高いスピードを維持しながら走り続ける中距離選手の能力を(自分ができないということもあり)本当に尊敬していました。最近、小学6年生の息子が地元の学校対抗陸上競技会に参加してきましたが、競技種目に1000m走もあり、中距離走も体験できるんだと初めて知りました。かけっこなどの短距離走がフォーカスされがちな小学校時代ですが、一度1000m走をお子さんと走ってみてはいかがでしょうか?

競技解説:赤松茂徳

ユニバース鍼灸接骨院。柔道整復師、NSCA-CPT。高校では陸上競技部(中距離)に所属。社会人アメリカンフットボールチームでのチーフS&C(ストレングス&コンディショニング)の経験を持ち、現在は学生アスリートのサポートを中心に活動。中央大学アメリカンフットボール部や、同大学男子ラクロス部にてトレーニング指導やトレーナー活動を行う。また、中央大学内にて高齢者向けの運動教室を行うなど幅広い世代にサポートを行う。「ユニバース鍼灸接骨院」

ナビゲーター:遠山 健太

リトルアスリートクラブ代表。トップアスリートのトレーニングに携わる一方で、ジュニアアスリートの発掘・育成や、子どもの運動教室「リトルアスリートクラブ」のプログラム開発・運営など、子どもの運動能力を育むことに熱心に取り組む。自身、2児の父であり、子どもとともにめぐった公園での運動や子育て経験を生かし、パークマイスター(公園遊びに詳しく、子どもの発育を考えて指導ができるスポーツトレーナー)としても活動している。著書は『スポーツ子育て論』(アスキー新書)、『運動できる子、できない子は6歳までに決まる!』(PHP研究所)、『ママだからできる運動神経がどんどんよくなる子育ての本』(学研プラス)など多数