いよいよ来年に迫ってきた2020年東京オリンピック・パラリンピック。さまざまな競技、世界中の一流アスリートを生観戦できるチャンスです。せっかくですから、普段はあまり馴染みのない競技についても、今から知っておくとより楽しめるはず。そこで今回は、「パラアーチェリー」で2020年の東京パラリンピックでの金メダルが期待されている注目選手の1人、上山友裕(うえやま ともひろ)選手にインタビューを行いました。

  • パラアーチェリー選手・上山友裕さん

自分の人生を大きく変えてくれた競技

――上山選手は、小さい頃はどんなお子さんでしたか?

昔から、体を動かすことが好きで、活発な子どもでした。ちょっとした休み時間でも、友達と遊んでいましたね。

――昔からスポーツは好きでしたか? また、部活などでアーチェリー以外のスポーツの経験はあるのでしょうか。

小学校から中学校まではラグビーをやっていました。生まれ育った東大阪が、ラグビーが盛んな土地だったので楕円形のボールを追っていました。ラグビーは団体競技で、チーム力ということに対する考えが、現在の個人で勝負するアーチェリーとは違うので、そういった面では団体競技を経験できて良かったです。

――実際にアーチェリーを始めてみて、最初はどのように感じましたか。

まったくの初心者だったので、もちろん難しさもありましたが、それ以上に面白さを感じました。やっぱり、的に当たったときの感覚は気持ちいいですしね。

――どんな練習からアーチェリーを始めたのでしょうか。また、初めて大会に出たのはいつ頃ですか。

初心者は、まず「素引き」という矢を使わずに弓をひく練習から始めます。素振りのようなものですね。アーチェリーで使う筋肉は、普段あまり動かし慣れていない部分なので、初めてだと矢がなくても難しいんですよ。

初めてレギュラーとして大会に出たのは大学2年4月のときです。スポーツ推薦で入部する人も多くいる中で大学入学後に始めた選手がレギュラーになるのは稀だったので、うれしかったですね。

――大学卒業後に、両下肢機能障害を発症したとお伺いしています。発症当時の状況やお気持ち等についてお聞かせください。

友人から「歩き方が内股で不自然」と指摘されて、なんとなく気になってはいました。そのあと、社会人一年目の冬、電車に乗ろうと走った時に足がついてこなくて、「これはおかしい」と思って。診断は「両下肢機能障害」でした。原因不明で「状況が好転することはない」と告げられて、まずは「そんなに重い」のかと驚きました。

――その後、障がい者アーチェリーにチャレンジした理由について教えてください。

たまたま知人から誘われたのがきっかけです。「車いすアーチェリーの年齢層が高くなっているから助けてあげてほしい」と言われて。誘っていただいた方には、「国の代表になれる」と言っていただき(笑)、貴重な経験になるのではと思い、やってみることにしました。

――競技に取り組もうというポジティブな姿勢を持つことができたのは、どうしてですか? また、上山さんはもともと明るくポジティブな性格だとご自分で思いますか。

足が不自由になったことに対して落ち込んでいてもしょうがないので、まずは「できることからやってみよう」と思い、チャレンジすることにしました。確かに、自分でももともとポジティブな性格かなとは思います。

――実際に障がい者アーチェリーをはじめてみて、健常者のアーチェリーとはどのような違いを感じましたか。

立った状態と、車いすに座った状態では、「視界」が全然違うので、まずはそこでとまどいを感じました。また、座骨だけで体を支えると、どうしてもバランスが崩れて傾いてしまうので、そこも苦労しましたね。立っている状態であれば、二本の足が軸になるので、自然とバランスがとれるのですが。車いすに乗った状態で、傾くことなく「まっすぐ」という意識を体にしみこませるまでには、時間がかかりました。

――車いすで競技をするむずかしさや、逆にパラアーチェリー競技者としての喜びについても教えてください。

前述の通り、視界やバランスなど、立った状態との違いで、とまどいを感じる部分はありました。ただ、アーチェリーは練習量が成績に直結するスポーツなので、自分が頑張ったぶんだけ点数があがっていくので、そこは選手としての喜びにつながっています。また、パラアーチェリーをやっていなければ、世界を舞台に戦っている今の状況はきっと無かったので、そういう意味でも自分の人生を大きく変えてくれた競技だと思っています。

――上山選手は日本オリンピック委員会が企業と選手をマッチングする就職支援ナビゲーションシステム「アスナビ」を利用して、現在は三菱電機に所属されているそうですが、トレーニングや時間の使い方は変化しましたか?

三菱電機に入社してからは、競技に集中するための環境を大きくサポートしてもらえるようになり、週2回だったアーチェリーの練習を週5~6回に増やすことができました。それまでは、一般企業に勤めていたので、週末しかまとまった練習時間が確保できていなかったのですが、今は世界のトップの選手たちと比べても、負けないぐらいに練習をしているという自信があります。

――現在は、どのようなスケジュールでトレーニングをされていらっしゃるのか教えてください。

平日は、だいたい「東大阪市ウィルチェアースポーツ広場」という練習場でトレーニングをしています。何時に起きるかはその日の感覚次第なのですが、だいたい朝から練習をしていますね。その後は、自分が納得するまで、ひたすら矢を撃ちこんでいます。1人きりで練習することがほとんどで、1日200~300本くらい撃っていると思います。週末は、土曜日はメンテナンスに充てて、日曜日は試合、というパターンが多いです。

大会でいかに結果を残すか、ということに自然と意識が向いていった

――上山選手は2016年のリオデジャネイロでのパラリンピックに初出場されました。リオ出場が決定したときには、どのようなお気持ちでしたか?

もともとリオ2016への出場は狙っていたのですが、「世界最終予選3位以上でリオ確定」という試合で、ギリギリ3位だったので、滑り込みという感じでした。ただ、出場しただけで満足するような選手にはなりたくなかったので、大会でいかに結果を残すか、ということに自然と意識が向いていった感じです。

  • 2016年のリオデジャネイロでのパラリンピックでも活躍

――リオ大会では7位に入賞されましたが、ご自身では、この結果についてどのような受け止めていらっしゃいますか。

リオに行く前は、もともと「目標はベスト8」と考えていたんです。ただ、実際に現地に行ったら、負けを考えていてはベスト8にも入れない世界だと痛感して。それからは金メダルしか見ていませんでした。だからこそ、7位入賞という結果は、自分にとっては悔しいものでしたね。

また、最後は金メダルをとった選手にトーナメントで負けてしまったので、トーナメントの位置が違っていれば、メダルが獲れたのでは……という気持ちも正直ありました。

――また、リオでの印象深いエピソードがあれば教えてください。

ブラジルの選手の活躍ですね。地元の観客からの大きな声援を、しっかり自分の力に変えているのを目にして。予選のときに、彼は自分よりずっと下の成績だったのですが、最終的には強豪たちを倒して4位に入賞を果たしていました。観客の声援が、これほどまでに選手の後押しにつながるのだなとすごく驚きましたね。

――リオでの入賞後、ご自身の周りで変化はありましたか?

講演の依頼や、メディア出演がすごく増えて、注目度がアップした実感はものすごくあります。東京2020大会に向けて応援の声をいただくことも増えたので、より一層がんばらなければと感じるようになりました。

緊張感やうれしさを、選手と一緒になって味わえる

――お写真や動画を拝見すると、競技中の上山友裕さんはとても凛々しくてカッコイイと感じました。パラアーチェリー選手ってモテますか。

ありがとうございます(笑)。ただ、パラアーチェリーは、モテるスポーツというわけでは全然なく、国内大会では観客がゼロということもザラにあります。でも、僕から見ても、パラアーチェリーをやっている選手たちの姿は、みんな凛々しくてかっこいいと思いますよ。

――ツイッターに載せている写真を見たらサッカーの香川真司選手に似ているな……と思ったのですが、言われたことはないですか。

何度か言われたことはあります。香川選手のファンには怒られそうですが(笑)。ただ、世界で活躍する、別分野のトップアスリートに似ているといわれるのは光栄です!

――アーチェリーをやっていることで、日常生活でついつい出てしまう競技病的なクセはありますか?

クセというわけではないのですが、視力検査のときに、ものすごく集中して記号を見てしまいます。最初は見えなくても、70m先の的を見るようなイメージで集中をはじめると、不思議と見えてくるんですよね。ちなみに、アーチェリーをやるようになってから、実際に視力もよくなっているようで、0.4まで下がっていた右目の視力が1.0まで回復しました。

――差支えなければ、ご家族構成について教えてください。また、お休みの日などはどのように過ごしていますか。

現在は、妻と子どもと暮らしています。練習や試合で忙しい毎日ですが、子どもと遊ぶ時間は意識して確保するようにしていますね。子ども用のアーチェリーで一緒に遊ぶこともありますよ。

――競技と日常生活のオン・オフについてどのような切り替えをしていますか? また、プライベートでの趣味があれば教えてください。

ずっとアーチェリーのことを考えているので、オン・オフの切り替えはあまりないかもしれません。趣味もこれといったものがないので……。友達と食事にいっても、ついついアーチェリーの話をしてしまいますね。

――まだ観戦の経験がない方に、「アーチェリーの魅力」や「楽しみ方のコツ」を教えてください。

観戦するときには、1人の選手を応援すると良いと思います。アーチェリーは、選手と観客の気持ちがシンクロしやすいスポーツ。弓をひいて矢を放つまでの緊張感や、的に当たったときのうれしさを、選手と一緒になって味わうことができると思います。

選手として大会を盛り上げたい

――2020年東京大会まで、残り約500日になりました。現在の心境はいかがですか?

500日という数字だとピンときづらいのですが、リオ2016から東京2020まで半分過ぎたのだなと考えると、かなりあっという間だなと感じます。残り1日1日を大切に過ごしていきたいです。

――2020年東京大会の目標を教えてください。

「満員の会場の中、金メダル」が目標、というのを言い続けています。金メダルはもちろんのこと、自国でやるからには、試合に勝つだけでなく、選手として大会を盛り上げることにも貢献したいという気持ちが大きいですね。

メジャーな競技と比べると、パラアーチェリーは観ることも参加する機会もあまりない競技です。「まずは、こうしたメディアなどの場で、パラアーチェリーの魅力を発信し続けていきたいと思っています」という上山選手。大勢で食事をするときには、ご友人に初対面の人も連れてきてもらい、パラアーチェリーのことを話す場をもらうといった、草の根運動的な活動で、その魅力を広める努力をしているそうです。

この記事を読んだみなさんが、パラアーチェリーについて関心を持ってくれることが、きっと上山選手の力になるはず。今後もパラアーチェリー、上山選手の活躍に注目していきましょう。

上山 友裕


1987年8月28日生まれ、大阪府東大阪市出身。同志社大学を卒業後、社会人1年目だった2010年の冬に両下肢機能障がいを発症し障害者アーチェリーを始めた。日本オリンピック委員会が運営する「アスナビ」制度を利用して、2014年春に三菱電機に入社し、2015~2017年に「全国身体障害者アーチェリー選手権」で3連覇(※)。「リオデジャネイロ2016パラリンピック」では7位に入賞した。身長180センチ、体重68キロ。※全国身体障害者アーチェリー選手権、2018年は荒天のため中止