鹿児島県鹿屋市にある、国内唯一の国立体育大学「鹿屋体育大学」。ここにある「スポーツパフォーマンス研究センター」は、アスリートの体の動きを最先端機器で測定し、競技力向上につなげる研究を行う施設。陸上競技100メートル走で日本人初の9秒台を成し遂げた桐生祥秀選手らをはじめとした五輪選手が活用した設備もある。

今回、この最先端施設で運動の苦手な普通の"おっさん"が見学を兼ねて体験してきた。

  • 鹿屋体育大学にある最新施設「スポーツパフォーマンス研究センター」(写真:マイナビニュース)

    鹿屋体育大学にある最新施設「スポーツパフォーマンス研究センター」

3,500平方メートルという広大な敷地の中で、最新の測定機器を用いて実践的なスポーツパフォーマンス研究を行う「スポーツパフォーマンス研究センター」。

赤外線を発する専用カメラ複数台で三次元空間を構築し位置情報をデジタルデータとして取得する「モーションキャプチャ」や、上方から広範囲の映像を撮影する「可動式カメラ架台」などさまざまな機器を備えているが、今回は代表的な3つを体験させてもらった。

  • 「モーションキャプチャ」(左)や「可動式カメラ架台」などの最新設備が設置されている 提供:鹿屋体育大学
  • 「モーションキャプチャ」(左)や「可動式カメラ架台」などの最新設備が設置されている 提供:鹿屋体育大学
  • 「モーションキャプチャ」(左)や「可動式カメラ架台」などの最新設備が設置されている 提供:鹿屋体育大学

ウサイン・ボルトはおっさんの2倍速い

最初に体験したのは、「フォースプレート」。1m四方のプレートに各種センサーが埋め込まれており、これを連続して踏んでいくことで、歩行や走行などの動作を行う際に地面にかかる力の大きさを測定できる。

50mという国内最長の長さを誇っており、「フォースプレートを踏まなければならない」と意識することなく測定可能。陸上競技以外にも、野球などさまざまな分野で応用できる機器だ。普段はプロアスリートや体育大学生が利用するシステムを、ここ十数年まともに運動していないおっさんが走る!

  • 踏むことで歩行や走行などの動作を行う際に地面にかかる力の大きさを測る「フォースプレート」

    踏むことで歩行や走行などの動作を行う際に地面にかかる力の大きさを測る「フォースプレート」

  • スタート直前の雄姿

    スタート直前の雄姿

準備運動もそこそこに、スターティングブロックに足をかけるおっさん。「On Your Mark、Set」の掛け声ののち、スタートピストルの音が鳴り響く!

スタートと同時によろめきながらも、なんとか転ばずに50mを走り切った。その結果をコーチング学博士の永原隆氏に聞くと……。

「50mで9秒20ですから、ウサイン・ボルトが100mを走り切る9秒58とおおよそ同じタイムですね」

  • 「うおぉぉ……」これでも全力疾走なんです!

    「うおぉぉ……」これでも全力疾走なんです!

おっさんが50mを走り切る間に、ウサイン・ボルトは100m走れるという衝撃(?)の結果に。本当に同じ人類か!! ……おっさんのスペックの低さが露呈したところで、コーチング学博士の永原氏は詳しいデータを見せてくれた。

  • データを丁寧に解説してくれた、永原隆 特任助教

    データを丁寧に解説してくれた、永原隆 特任助教

フォースプレートからは、ピッチ(1秒間に何回足を地面に着いたか)やストライド(歩幅)、接地時間(地面にどれだけ足が着いていたか)、滞空時間、歩隔(左右足の間隔)と、選手の走り方の特性情報が得られる。

  • 走る時に「1秒間に何回足を地面につけたのか」「左右の足の前後距離がいくつか」「地面にどれだけ足が着いていたか」「滞空時間」「左右の足の間隔」と、選手の走り方の特性情報が得られる

    走る時に「1秒間に何回足を地面につけたのか」「左右の足の前後距離がいくつか」「地面にどれだけ足が着いていたか」「滞空時間」「左右の足の間隔」と、選手の走り方の特性情報が得られる

図表の赤がおっさんで、他はすべてアスリート。数値の開きが圧倒的だと一目瞭然。上の計測項目を時間軸で表示させたのが、下の図表。トラックのどの位置を走っているか、どこで力がかかりどこでピークに達しているかもわかる。

  • ピッチやストライドなどの計測項目を時間軸で表示させた図表。トラックのどの位置を走っているか、どこで力がかかりどこでピークに達しているかもわかる

    ピッチやストライドなどの計測項目を時間軸で表示させた図表。トラックのどの位置を走っているか、どこで力がかかりどこでピークに達しているかもわかる

おっさんがフォーメーションを確認する

次に、体に巻き付けたセンサーから座標位置、移動速度、体の向き、心拍数などの情報を収集できる「オブジェクトトラッキングシステム」を試す。複数の選手に装着することで、選手間の距離を算出することができることから、サッカーなどでフォーメーション確認を行う際に使われるシステムだ。

案内してくれた甲斐智大氏によると、同時に30人が使用できるという。サッカーなら、試合中の両チーム全員が利用できる数だ。

  • フォーメーションを組んで走ってくれた甲斐智大 特任助教

    フォーメーションを組んで走ってくれた甲斐智大 特任助教

  • センサーの重量は100g程度で、プレー中の選手の邪魔をしない

    センサーの重量は100g程度で、プレー中の選手の負担にならない

データは1秒間に20コマ(設定を変えれば100コマも可能)計測可能で、結果は大画面モニターにリアルタイム表示可能。またプレー中のデータを蓄積することができ、選手の特徴や試合の流れを振り返って確認することもできるそうだ。実際に走ってみると、なるほど、おっさんと甲斐氏の距離が赤いラインとともにモニターに表示され続けた。

  • 赤いラインが移動距離を表す

    赤いラインが移動距離を表す

全力でボールを投げても届かない

3番目に試したのは、商品名である"TRACKMAN"の名称で呼ばれることの多い「球質測定システム」。一球投げるだけで、ボールのスピードだけでなく、初速度や減速量、回転数や回転軸、回転方向リリースポイント、滞空時間など、さまざまな動きを解析できるという。このシステムを使うことで、野球のピッチャーの投球のクセから特徴まで判明してしまうわけだ。

  • 投球フォームについてアドバイスしてくれた前田明 教授

    投球フォームについてアドバイスしてくれた前田明 教授

さっそくおっさんが気合いを入れてボールを投げてみるも……。届かない! すっぽ抜ける! でまともに測定できず。結局、スポーツパフォーマンス研究センター長である前田明氏から直々の指導を頂いてようやく測定された。

その結果は……不思議な回転がかかった魔球(※前田氏談)のような球に。こんな変な投球でも、球質測定システムならしっかりと計測してしまうわけである。

  • 測定できる投球を目指しておっさんがボールを投げる、投げる!

    測定できる投球を目指しておっさんがボールを投げる、投げる!

  • 左上数値の35.3mph(マイル/時)は球速56.7km! まさに超スローボール

    左上数値の35.3mph(マイル/時)は球速56.7km! まさに超スローボール

スポーツパフォーマンス研究センターとは

さまざまな最新設備を備えたスポーツパフォーマンス研究センター。スポーツ科学の機器はセンター完成以前からあったが、それはあくまで研究室の中の話。同センターの特徴は、より実践的なスポーツのパフォーマンスが把握できることだと前田氏は説明する。各設備はアスリートの意見を取り入れて作られており、普段通りの力を発揮した結果が測定できるという。

鹿屋体育大学ならば、体育大生やコーチ陣の協力を仰ぎながら多数のデータを集め、パフォーマンスを上げるための新しいアイデアを研究できる。これこそがスポーツパフォーマンス研究センターの意義といえるだろう。

  • 前田氏はスポーツパフォーマンス研究センター長、日本スポーツパフォーマンス学会理事長を兼任

    前田氏はスポーツパフォーマンス研究センター長、日本スポーツパフォーマンス学会理事長を兼任

センターを生んだのは長年の研究成果と地域連携

このような施設が鹿屋体育大学に作られた理由は、国立大学であるという前提のほかに大きく2つあるという。

1つ目は、実戦的なスポーツパフォーマンス研究を行っていた体育大学であること。スポーツにおける実践活動に寄与する知見を伝えるウェブジャーナル「スポーツパフォーマンス研究」はもともと同大学が作っていたもの。

しかし、あまりにも規模が大きくなったため、2009年に「日本スポーツパフォーマンス学会」として独立し、現在に至る。このような長年の研究の蓄積が大きな理由となった。

  • 日本スポーツパフォーマンス学会が提供しているウェブジャーナル「スポーツパフォーマンス研究」

    日本スポーツパフォーマンス学会が提供しているウェブジャーナル「スポーツパフォーマンス研究」

2つ目は、観光協会(ホテル)、鹿屋市、大学の産・官・学が連携した「スポーツ合宿まちづくり推進事業」を進めていたこと。鹿屋体育大学では以前からさまざまな機器を利用できたが、屋外では天候に左右され、安定した測定が行えなかった。また一般的な体育館では本番環境と違い、アスリートが実力を出し切れなかった。

そのような状況があり、鹿屋市と大学がスポーツ合宿誘致のための専用施設を切望。市が建設費用の不足分をねん出してくれたのだ。

この施設は日本のアスリートに限らず、海外からも注目されている。2018年にはタイの女子バレーボールナショナルチームが合宿に訪れており、最先端の測定により、チーム力を大きく向上させたという。さらに地域住民のコミュニケーションの場としても活用され、昨年5月には市民参加型運動会を鹿屋市と共同開催した。

  • 鹿屋市民の交流の場としても活用されている 提供:鹿屋体育大学

    鹿屋市民の交流の場としても活用されている 提供:鹿屋体育大学

暗黙知から「エビデンス」への転換が体育大学の役割

2015年に完成してからというもの、数多くの知見を広めてきた「スポーツパフォーマンス研究センター」。最後に、スポーツパフォーマンス研究の第一人者である前田氏に、スポーツを科学することの意味を伺った。

前田「スポーツ界は、いままで科学的エビデンスの取られていない運動やトレーニングもあったという経緯があります。もちろん、そういった感覚的なことも暗黙知として"だいたい合っている"ものではありました。

しかし、例えば『Aさんのような人には、この投げ方とあの投げ方のどちらが良いのか?』という1つひとつのエビデンスをはっきりさせる役割が、体育大学にはあると思っています。これから2回目の夏季オリンピックが日本で行われますが、その後は確かなエビデンスをベースとした運動やトレーニングがもっともっと広がっていくでしょう。

それが簡単に検索で共有できて、現場のコーチが子供たちに教えられ、実践できるような環境が整えば、さらにクオリティの高い、スポーツ立国としての日本ができあがっていくのではないかと思います」。