東京2020はさまざまなスポーツをお子さんとともに楽しめるまたとないチャンス! そこで、子どもの運動能力向上に詳しいスポーツトレーナー・遠山健太が各競技に精通した専門家とともにナビゲート! 全33競技の特徴や魅力を知って、今から東京2020を楽しみましょう。今回は「トライアスロン」。競技解説は蓑口浩通(みのぐち ひろみち)さんです。

  • トライアスロン

    「トライアスロン」の魅力とは?

トライアスロンの特徴

トライアスロンは水泳(スイム)、自転車(バイク)、ランニング(ラン)を連続して1人で行う競技です。最後にフルマラソンを行う「鉄人レース」のイメージが強いですが、オリンピックではスイム1.5km、バイク40km、ラン10kmで競われ、選手は2時間弱で走りきります。東京2020では、男女それぞれ2名、合計4名で競う混合リレー種目も加わりました。混合リレーは1人あたりスイム0.3km、バイク7.4km、ラン2kmと距離が短くなり、よりスピード感あふれるエキサイティングな展開が期待されます。

トライアスロンを観戦するときのポイント

競技はスイムから始まります。ポンツーンと呼ばれる桟橋から一斉に飛び込んでスタートした選手たちは、最速のコースラインに密集するので、体がぶつかり合う「バトル」が発生。特に、最初のコーナーまではそれほど差がつかないため、多くの選手が殺到し、一段と「バトル」が激しくなります。この「バトル」をうまく避けながら自分のペースで泳ぐことがスイムでの勝敗のカギと言えるでしょう。

また、東京2020では750mを2周するコースになっており、1周目が終了すると選手たちは1度桟橋に上がり走って飛び込んで2周目に入ります。観客が選手の順位や表情を確認できることに加えて、走って飛び込む姿はとてもダイナミックでかっこいいです。ぜひ注目してみてください。

スイムの次はバイクに移ります。ほとんどの選手は前の選手を風よけにして列を作って集団で走行します。ずっと先頭を走っていると体力が消耗し、スピードが落ちてしまうので、同じ集団のライバル選手と協力して先頭を交代しながらスピードアップしていきます。先頭の集団は後ろの集団に追いつかれないように、後ろの集団はできるだけ前の集団に追いつくように協力しながら進むのが基本ですが、中には選手同士で作戦の思惑が違ったり、脚力のレベルがバラバラだったりすると、集団のペースがうまく上がらない場合があるほか、集団をコントロールするために選手同士の心理戦も繰り広げられます。

東京2020では8周回するので、周回ごとに後続とのタイム差を比べてみて、選手の心理状態を考えながら観戦するのもおもしろいです。

ランはバイクで脚を消耗させてからのスタートとなるため、脚だけではなく上半身の力もフルに活用して進みます。暑さの影響を受けやすい種目なので、ランでの水分補給はもちろん、バイク終了時までにいかに計画的に水分補給ができるかということも勝敗の鍵を握ります。

トライアスロンはスイム、バイク、ランの3種目で争う競技ですが、第4の種目と言われているパートがあります。それは「トランジション」です。それは、スイムからバイク、バイクからランへと種目を切り替える時間。スイムからバイクに移る際には、ヘルメットをかぶったり、サングラスを着用したり、バイクのラックから自転車を取り出す時間が含まれ、バイクからランへ移る際には、バイクをラックに固定してヘルメットを取りはずし、ランニングシューズをはく時間が含まれます。

このトランジションの時間で順位が大きく変動してしまうことがあるので、選手がどのように工夫してスピーディーにトランジションをしているか注目してください。

東京2020でのチームジャパンの展望

日本チームはアジアではトップクラスの実力を持ち、女子については世界レベルの大会で優勝や入賞を果たしています。まだ東京2020の代表選手は確定していませんが、今季、ワールドカップで3度の優勝をしている上田藍選手や世界トライアスロンシリーズで2度の入賞を果たした高橋侑子選手がキーパーソンとなるでしょう。地元開催ということで、コースを熟知できるメリットや日本特有の高温多湿の暑さを味方にして、ベストなレース展開を期待したいです。

遠山健太からの運動子育てアドバイス

ある小学校の特別授業にうかがった際、トライアスロンをやっているという6年生の児童に出会いました。過酷なイメージがあるこのスポーツが小学生からできることに驚き、調べてみると小学生の大会もありました! 公式大会で、小学1~3年生はスイム0.1km、バイク5km、ラン1km、小学4~6年生はスイム0.15km、バイク10km、ラン2kmなので、ある程度のトレーニングを積めば完走はできそうです。「泳ぐ」「自転車をこぐ」「走る」など、幼少期に必要な基本的な動作がすべて含まれているトライアスロン。しかも、総合的な体力だけではなく我慢強さも要求されると思いますので、お子さんが興味を持ったらぜひトライさせてほしいスポーツですね。

競技解説:蓑口浩通(みのぐちひろみち)

元プロトライアスリート。引退後はスイミングインストラクターやパーソナルトレーナーとして活動。日本工学院八王子専門学校スポーツカレッジではパーソナルトレーナーを目指す学生に指導を行う。現在は、学校法人片柳学園に学校職員として在職中。

ナビゲーター:遠山 健太

リトルアスリートクラブ代表。トップアスリートのトレーニングに携わる一方で、ジュニアアスリートの発掘・育成や、子どもの運動教室「リトルアスリートクラブ」のプログラム開発・運営など、子どもの運動能力を育むことに熱心に取り組む。自身、2児の父であり、子どもとともにめぐった公園での運動や子育て経験を生かし、パークマイスター(公園遊びに詳しく、子どもの発育を考えて指導ができるスポーツトレーナー)としても活動している。著書は『スポーツ子育て論』(アスキー新書)、『運動できる子、できない子は6歳までに決まる!』(PHP研究所)、『ママだからできる運動神経がどんどんよくなる子育ての本』(学研プラス)など多数