とある会社の総務部(通称:窓ぎわ部)を舞台に繰り広げられる"ちょいゆる"系オフィスストーリー。(毎週月曜更新予定)

【今週のひとこと】

サッカー日本代表の人気低迷や先日のラグビーフィーバーもあり、一時期に比べ大分関心が薄まってきた感が否めないJリーグですが、J1、J2の下に位置するJ3リーグが地味に面白いことをご存知でしょうか?

現在このリーグの首位を独走しているのが、レノファ山口という今季からJ3に参入したチーム。第33節を消化した時点で2位の町田ゼルビアに勝ち点9差、得失点差31をつけている無双ぶり。

得点ランキングに目を向けても上位3位までをレノファ山口勢が占めるという状況で、トップの岸田選手は29得点をマーク。これを書いている時点で31試合を消化しているので、ほぼ1試合に1点決めているという、リーグこそ違えどメッシやクリスティアーノ・ロナウド並の成績を叩き出しているんです。

これだけの数字を見るとチームには元J1の選手とか、すごい助っ人外国人がいるんとちゃうん? と思われるかもですが、まあ無名(というのも失礼ですが)な選手ばかりの集団。でもチャンスとあればゴール前に何人もの選手が絡んでいく攻撃的なスタイルは見ていて純粋に面白いんです。

…とこれだけ熱弁しているのですが、この情報は山口県が地元のボクの奥さんがお盆に帰省した際に得たもので、ボクはそれまで全く知らなかったんですけどね!

いや~でも山口県は歴史上の人物を数多く輩出していたり、すごく自然あふれる素敵な場所なのですが、お隣の福岡や広島などに比べると肩身の狭い印象の県なんですよね。将棋の駒でいえば香車的なポジションといいますか。だからこそレノファの快進撃の影響で、地元ではだいぶ盛り上がっているみたいです。

よほどのことがない限り来季はJ2に昇格でき、J2ならJ3よりも東京近郊にあるチームが多いので観戦に行けるな~とひそかに楽しみにしています。来季はどこまでできるかは未知数ですが、「レノファ山口」名前だけでも覚えて帰ってくださいね~! ってお前誰だよ!

今週はこのへんで、また来週の月曜日にお会いしましょう~ヾ(´▽`)ノ

<著者プロフィール>
オオノマサフミ
1981年7月30日生まれ。東京都豊島区出身、板橋区在住のイラストレーター。2児の父。「コミカル」で「ほどよくゆるい」イラストを武器に雑誌・書籍・WEB・広告などで活動中。Twitter、WEB「Good Mornin' Studio」、ブログ「じゃぽん。