みなさま、こんにちは。吉田よしかです。東京ディズニーランド史上最大規模といわれるおよそ東京ドーム1個分もの敷地面積を誇る開発エリアが2020年9月28日、満を持してオープンいたしました。そこで今回は、ディズニー映画『美女と野獣』そのままの世界を体験できるエリアをはじめ、新しく発売されたフードやグッズについてレビューいたします。

  • ハイクオリティーアトラクションが東京ディズニーランドに降臨

開発期間およそ3年、投じられた費用はなんと約750億円。新型コロナウィルスの影響で当初予定されていた4月15日から今日までオープンが延期されていましたが、およそ5カ月を経て、9月28日、待ちに待ったお披露目を迎えました。

オープン日には「ベイマックスのハッピーライド」のスポンサーである、ダイハツ工業の奥平総一郎社長が訪れ、オリエンタルランドの上西京一郎社長兼COOとともにアトラクションを楽しみ、奥平氏は「予測不能な動きがとても楽しく、アップテンポな音楽に合わせてキャストの皆さんが盛り上げてくれるので、子供から大人まで元気いっぱいになれるアトラクションですね。」と青空の下、顔をほころばせておられました。

  • ダイハツ工業の奥平総一郎社長(左)とオリエンタルランドの上西京一郎社長兼COO

まずは何をする?巨大な新エリアの7つのポイントを総チェック

●ポイント1 「エントリー受付にチャレンジ!」

東京ドーム1個分とも言われる新エリア、今回のお披露目では映画『美女と野獣』の世界が広がるアトラクション「美女と野獣"魔法のものがたり"」、予測不能な動きが楽しめるアトラクション「ベイマックスのハッピーライド」、東京ディズニーランド初となるミニーマウスと必ず会える「ミニーのスタイルスタジオ」の3施設がオープンいたしました。 この3つの施設を体験するためには、まずスマートフォンで事前に「エントリー受付(抽選)」が必須です。

エントリー受付はパークオープン後から18時55分までの受付時間内に一緒に参加する人数分のチケットをスマホに読み込ませてエントリー(抽選)をしましょう。先着順ではないので、受付締切の18時55分までであれば自分の好きなタイミングでエントリーが可能です。 エントリーの結果、このように利用時間が画面表示された場合のみアトラクションやグリーティング施設を体験することができます。

●ポイント2 「圧倒的な没入感! ベルと野獣が育む"愛のものがたり"を実体験」

アトラクション「美女と野獣"魔法のものがたり"」は映画『美女と野獣』をテーマとした日本オリジナルのアトラクション。森の奥にある野獣の棲む城に一歩足を踏み入れた瞬間、我々ゲストは一瞬にしてベルと野獣が織りなす"魔法のものがたり"の中へとトリップしていきます。

城の中に入ると、「応接室」で魔法にかけられた犬のサルタンや、暖炉の上にいるルミエールとコグスワースたちの姿が、さらに「朝食部屋」のテーブルにいるポット夫人とチップたちの姿を観ることが出来ます。

  • 応接室にいたのは……!

  • ルミエールとコグスワースは静かに鎮座しています

  • 暖炉の前で時折尻尾を振るサルタンの姿も

廊下に並ぶ甲冑のひとつにかくれミッキーを発見!

ゲストが乗りこむ10人乗りの魔法のカップはまるで生きているかのように動いたり回ったりしながら、映画の世界をめぐります。

晩餐会のシーンではルミエールの歌声に合わせてたくさんの食器と共に踊るように、雪に覆われた庭でベルと野獣が心の距離を縮めていくシーンでは氷の上を滑るようにと、シーンに合わせて感情豊かに、ゲストを魔法に満ちたものがたりの世界へ……

その先、二人の物語がどうなるかは……是非ご自身でご体感ください。体験後、感動で涙するゲストも多く見受けられるほどのハイクオリティーアトラクションが東京ディズニーランドに降臨です!

ポイント3 「エントリーに外れてもエリアの入場は可能」

映画『美女と野獣』の世界が広がる新しいエリアは、ベルが住む小さな村から野獣の棲む高さ30mの巨大な城がある森へと繋がって行く風景を楽しめる場所。ここにはエントリーに当たらなかった場合でも入場が可能です。混雑時はキャストが「立ち止まらず歩いてください」など案内をする事がありますが、基本的に入場制限などはなく、当日東京ディズニーランドに入園した方はどなたでも立ち寄ることができます。

新エリアのすごいところは、エリア内に入場してからも巨大な木々が視界を遮り、なかなか美女と野獣のお城の全景が見えない仕組みになっていること。森の中を進み、ようやく門まで近づいたとき初めて目の前に巨城が姿を現す……といった視覚効果を存分に楽しむことが出来ます。

また30mの城も、遠近法や立ち上る霧などの演出により(もっと大きいのでは?)と思わせるあたり「さすがディズニー」と唸らせるような景観になっています。朝昼、そして夕暮れ時、更に夜間と全く違った表情を見せてくれる美女と野獣の城は絶対に訪れるべきベストスポットなので、ぜひお気に入りの場所を見つけて記念の1枚を残しましょう。

ポイント4 「エリア全てがフォトジェニック! 撮影スポットをチェック」

美女と野獣のエリアには、映画の世界観をそのまま体感できるフォトジェニックなポイントがいくつもあります。

  • ベルの父モーリスが乗ってきた鉤爪脚の馬車
  • 村の入口にある「モーリスのコテージ」
  • ベルに求婚するプレイボーイ、ガストンとその子分であるルフゥの銅像がある噴水
  • ガストンの酒場をモチーフにしたレストラン
  • 映画内でベルが持つ本をかじってしまった羊を探すポスター

など、建物の色は映画に合わせてペイントしているため「あの場面は、これだ!」と確認が出来るほどの再現度になっています。映画で見た風景がそのままが目の前に広がるので、パーク来園前に美女と野獣の映画を見ておくと、エリアをより楽しめること間違いなしです。

  • 美女と野獣の城付近

  • ラ・タベルヌ・ド・ガストン

ポイント5 「ラ・タベルヌ・ド・ガストン」は事前予約必須。予約がなくても食べられるレストランは?」

美女と野獣の作品内に登場するベルに求婚するプレイボーイ「ガストン」。彼の酒場をモチーフにしたレストラン「ラ・タベルヌ・ド・ガストン」では、骨付きソーセージ入りのあつあつクロワッサンや、チェダーチーズとチキンが入って表面が甘く中がしょっぱいフレンチトースト、さらにガストンの大好きなビールをイメージしたソフトドリンクなどが販売されています。

こちらのレストランは、当面の間、事前にオンラインで予約された方のみ利用可能。

※オンライン予約の受付については020年10月25日(日)ご利用分まで満席状態のため、公式サイトにてキャンセル状況や今後の予約時期についてご確認ください。(2020年09月30日調べ)

「ラ・タベルヌ・ド・ガストン」で空席がなくても、隣接するスナック店「ル・フウズ」では、東京ディズニーランド初登場のアップルキャラメル味のチュロスが楽しめます。ここは、ガストンに気に入られようと奔走する彼の子分ル・フウが経営するスナックのお店。ガストンのお店にある看板には立派な動物の角が飾られていますが、ル・フウのお店の看板は、なんと角に見立てた木の枝なんです。この辺りにもガストンとル・フウの性格が垣間見えて面白いですね。

また、エリア内には、美女と野獣の作品に登場した民家をデザインしたポップコーンショップ「ル・プティポッパー(小さなポップコーン店という意味)」もあり、ここでは美女と野獣のステンドグラスをイメージしたポップコーンバケットとキャラメル味のポップコーンを販売しています。ここのワゴンも事前予約は必要なく、列に並べば購入できますのでご安心を!

ポイント6 「新エリアのグッズが買いたい!購入できる店舗をチェックしよう」

映画『美女と野獣』に登場する村のお店をイメージしたショップ「ビレッジショップス」は、作品内に登場する村のお店をイメージし、ベルが住む村の職人によって作られた装飾品や小物に囲まれながら買い物を楽しむことができるショップ。店内には約100種類のスペシャルグッズをはじめ、さまざまなグッズが展示されています。

なお、「ビレッジショップス」は当面の間、グッズの展示のみ行い、グッズには手を触れる事ができません。購入は商品の近くにあるバーコードをスマホに読み込ませて購入するスタイルのため、東京ディズニーリゾートショッピングアプリをご利用ください。

「せっかく来たからには、当日グッズを東京ディズニーリゾート内で購入したい!」という方も多いはず。その場合は、【パーク内】「キングダム・トレジャー」「ギャグファクトリー/ファイブ・アンド・ダイム」「プラネットM」【パーク外】「ボン・ヴォヤージュ」を事前来店予約して、来園日当日にショッピングを楽しみましょう。公式サイトより来園日をご確認のうえご予約ください。

ポイント7 「ゲストが安心して楽しめる徹底した感染症対策」

東京ディズニーリゾートでは、ソーシャルディスタンスを保つためのソーシャルディスタンスマーカーの設置、アトラクションには飛沫感染対策として各ライドにシールドを施すなど感染症予防対策がしっかりとなされ、ゲストが安心して楽しめるよう常に接触場所の吹き上げなども実施されています。ゲスト側も園内で正しくマスクを装着し、キャストの指示に従い手指消毒や距離感を保つなどマナーを守って安全に楽しく過ごしましょう。

東京ディズニーランド史上、最大規模の新エリア。次回は「ベイマックスのハッピーライド」そして「ミニーのスタイルスタジオ」についておすすめポイントをレビューいたします。どうぞお楽しみに!