会社勤めをしているビジネスマンの中には、フリーランスになって自分のやりたいことを実現させたい、と夢見ている人もいるはず。でも、いざとなるとなかなか踏み出せなかったりするものだ。そんな人に知って欲しいのが、フリーランスの女子プロレスラー・松本都だ。

  • フリーランスの女子プロレスラー・松本都さんのビジネス術とは?

“みやここ” の愛称でプロレスファンに知られる彼女は、プロレスと音楽をミックスしたイベント「みやここフェス」をたった1人で主催したり、DDT協力のもとに開催される「崖のふち女子プロレスの大会で活躍するなどしている。主催イベントでは、大会開催に伴う業務は可能な限り自分で行っているという。また、現在クラウドファンディングにて、初めてのオリジナル入場曲制作&CDリリースプロジェクトも実施するなど、小柄でかわいらしいビジュアルからは想像できないほど、バイタリティに溢れた人物だ。

  • “みやここ” の愛称でプロレスファンたちに愛される松本都さん

今回、イベント開催前と当日の流れでどんな仕事をしているのか等々、フリー・プロレスラーのビジネスの仕方について教えてもらった。

元々はプロレスラーにまったく興味がなかった

――現在、都さんはプロレスラーとしてどんな立場で活動しているのか教えてください。

都:もともと、「崖のふちプロレス」という団体を1人でやっていたんですけど、2019年末にDDTプロレスリングの高木三四郎社長に事業譲渡して、そのブランド(崖のふち女子プロレス)の大会だけはDDTさんとやっています。それ以外は、完全にフリーランスとして、1人でやってます。

――そもそも、どんなきっかけでプロレスラーになったんですか。

都:プロレスはまったく見たことがなくて、興味もなかったんですよ。私は演劇の大学を出たんですけど、その中でテレビ埼玉の番組と映画とCDのまとまったオーディションを見つけたんです。それが、前に所属していた「アイスリボン」というプロレス団体の社長が開催していたオーディションで、プロレス映画、プロレスバラエティに出るために、実際の世界でもプロレスデビューしようという企画だったんです。それをきっかけにプロレスラーになったんですけど、テレビ、映画に出たかったので、もしかしたら騙されてるのかもしれないけど、後先考えずに飛び込んでみようというか(笑)それが最初のきっかけで、12年前です。

――そのときは、実際にリングに立ってみてどうでした?

都: やってみたら、思っていたとの違って楽しくて。プロレスって、承認欲求とかが満たされるジャンルなんですよ。結構ストレスも発散できるし。芸能の仕事と違って定期的に試合もあるし、収入の面でも良いなと思いまして、気が付けば12年も続けてしまいました(笑)。

――12年も続けてこれたというのはそれだけ魅力があったということですよね。

都:そうですね。プロレスって、ただ強い人だけが輝ける世界じゃなくて、負けた人が人気出たりスポットが当たることもあるところが良いなと思って。私は正統派じゃないところでやってるんですけど、そういう人も輝けるというか、本当になんでもありなんですよ。なんでも受け入れてくれる多様性が良いなと思ってます。

試合相手も会場もスポンサーもすべて一人で手配

――今、主になっているのはどんな活動なんですか。

都:主な活動は、崖のふち女子プロレスの試合に出るのと、1人でやっている「みやここフェス」という音楽とプロレスのイベントの主催です。崖のふち女子プロレスの場合は、自分でやりたいことや内容、対戦相手をまずオーナーの高木社長と会議させて頂いて、OKだったら日程や会場を決めさせてもらって、追って内容を考える形です。この大会は、たまたま会場スケジュールが空いたか何かで、「どうですか? 」と言って頂いたのが1ヶ月ぐらい前で、結構急でしたね。具体的な内容に取り掛かり出す事ができたのは2週間ぐらい前で遅かったです。

「みやここフェス」は完全に1人でやっているので、順番としてはスポンサーさん、協賛してくださる方を探して、日程を決めて会場を押さえて、イベントのテーマを決めて対戦カードとゲストのアーティストさんを第三希望ぐらいまで考えて、バーッとメールしてオファーして交渉して、まとまったらフライヤーを作って、チケットを作って宣伝して売って、内容を考えて、みんなにメールして、という感じですかね(笑)。

  • 自身が主催するイベントで試合中の松本さん

――本当に全部、1人でやってるんですね!

都:制作とかも挟んでいないので、全部手作りです。でも、以前関わっていた「夏の魔物」のイベントやフェスのときに「ああ、こういう感じでやるんだ」って見てきたものを参考にしています。実際に自分でもやってみて、1人で試行錯誤しながら7、8回やってきて、独自のノウハウがあるので、今は1人でやった方がやりやすいです。アーティストの方に、「夏の魔物」のイベントやフェスで一緒だったって言うと、みなさん話を聞いてくださるんですよ。いきなりプロレスラーからメールきても「何事! ? 」って思うじゃないですか? でも昔「夏の魔物」のブラックDPGっていうグループで活動していて、って説明するとアーティストさんとの話のとっかかりになりますね。「みやここフェス」は、もともと夏フェスで試合をしたかったんですけど、全然そういう機会がないので自分で始めた感じです。

松本さんの試合前・試合当日のスケジュールは?

――「みやここフェス」というタイトルではなかったですが、2020年8月1日(土)に新宿FACEで開催された「崖のふち女子プロレス『崖女Fes2020~STAR☆ットしちゃうぜ夏だしね~』は都さんの主催イベントですよね? この大会に関してはいつぐらいから準備が始まっていたんですか。

都:この大会は、たまたま会場スケジュールが空いたか何かで、「どうですか?」と言って頂いたのが1ヶ月ぐらい前で、結構急でしたね。具体的な内容に取り掛かり出す事ができたのは2週間ぐらい前で遅かったです。

――では実際に大会開催前の一日を円グラフで見てみましょう。「大会事務作業」というのはどんなことをやるんですか。

都:ほぼ全部PCワークなんですけど、進行表を作る、オファーをする、ギャラの受け渡しとかの諸連絡をする、音響の人に送る音楽データのまとめ、メディアへのリリース、SNSとかで宣伝する……本当に挙げるときりがないんですけど(笑)。そういう作業を全部PCの前で孤独にやってます。

――その間に練習もしているわけですね。

都:そうです。これは埼玉県蕨市にあるアイスリボン道場のリングをお借りして使わせてもらったりしています。あとは、普通のパーソナルジムみたいなところで技の練習をしたりとか。

――そこから帰宅してまた事務作業となっていますが。

都:本当に、事務作業に費やす時間が多いんですよ。自分が呼ばれて出場するだけの大会だったらそういうものは一切ないんですけど。自分でやるとなると、大会当日の朝までやることがいっぱいあります。

――夜開催の大会当日は、15時半に会場入りして「会場作り」とありますが、設営するスタッフさんがいるんですか。

都:いるときと、いないときがありますね。若手のレスラーが手伝いに来てくれるときもありますし、いないときは自分も含めて出場者で手分けして作っています。自分が大会を主催するときは、基本的にリングが常設されている会場を使います。それか、ライブハウスでリング無しでマットでやったりとか、「エニウェアフォールマッチ」(どこでフォールしてもOKな試合ルール)とかでやります。今回の会場だった新宿FACEはリングが常設されています。

――大会が22時頃に終わって、その後は深夜0時頃まで事務作業となっていますね。

都:終わったらすぐにメディア向けに試合結果をや写真などを送るんです。試合直後なんですけど、みんな次の日になると忘れちゃうから、すぐに送るようにしています。でもアドレナリンがギンギンに出ているから疲れないんですよね。家に帰っても興奮して眠れないですし。それか、すごく疲れすぎてパタッと寝ちゃうか、どっちかですね。このときの大会は流血して興奮して眠れなかったです(笑)。

頭に竹串が……! 命がけの試合に感じる"やりがい"

――都さんはデスマッチが好きなんですか?

都:もともとは好きだったんですけど、今はもう見れないですね。最初は葛西純さんのデスマッチを見て衝撃を受けて、「この人とタッグを組みたい! 」って思ったんですけど、自分でデスマッチをやりたいとは一切思わなかったですし、今後もやるつもりはないです(笑)。別にやりたいわけじゃないんですよ。この前の試合もそうだし、その前に年明けにもっとすごいデスマッチをやったんですけど、それもアクシデントでした。対戦相手が勝手に凶器を持ってきたので。

  • 試合中、頭にスイカをぶつけられる松本さん

――凶器ってどんな?

都:画鋲とか、竹串とか。画鋲は本当嫌なんですけど。画鋲は一番痛いかもしれないです。地味だけど、痛い(泣)。リング上ってアドレナリンが出ていてあんまり痛みを感じないんですけど、それでも画鋲だけはその場で最高に痛いですね。「ズンッ」ってきます。

  • 松本さんが一番痛いと話す、大量の画鋲がこちら

――この大会でも画鋲とか竹串が頭に刺さっていてめちゃくちゃ痛そうでしたけど、事務作業とかやってたら病院に行ったりできないですよね?

都:病院とかは一切行かないですし、もう何年も行ってないですね。デスマッチをやってる人たちはみんな行ってないです、キリがないから。傷があったらチョイチョイって消毒して終わりみたいな(笑)。縫ったりすることになったら行きますけど。

  • 【閲覧注意。モザイク無しの画像が見たい方は各写真をクリックしてください】頭に大量の竹串が刺さった松本さん

――本当に命がけですね。そういう大会を開催する上でのやりがい、大変なところをそれぞれ挙げてもらえますか。

都:やっぱり、やりたいことそのままのオファーが来ることってないので、自分が本当にやりたいことを実現させるには、こうやって自分で主催してやるしかないなって思ってやってます。一番大変なのは、試合以外の事務作業、交渉作業ですね。全出演者が決まっちゃえば楽なんですけど、決まるまでに永遠のような道のりがあります。アーティストさんにバーッとオファーをしても、返事をくれる人ってほとんどいなかったり。音楽界のギャラの相場も詳しくないのでそういう交渉も大変だし、事務作業を1日5時間、6時間もやってると、「本当は私は表に出る人だからこの時間にももっとトレーニングしなきゃいけないのにな」っていう、自分の中でせめぎ合いがあります。それが精神的にしんどい。まあ、やらなきゃいけないからやるんですけど。マネージャーとかがいたらいいなと思うんですけど、まだ見つけられてなくて。ただ、そういうことがあるからこそ、当日の試合はもう夢のように楽しいです! 本当に1日で10歳若返るぐらいに、全部の瞬間が自分が求めているものなので。

――ちなみに、リング常設ではない会場で大会を行うときの交渉もするんですよね?

都:「みやここフェス」の方に関しては自分がやりますけど、でも全然大変ではないです。ライブハウスとかは直接観に行って値段の交渉をしたりして借りるかどうか決めるだけなので。体育館とかだと、人気のところは1年前に抽選とかだと思いますし、そういう会場ではやってないです。後楽園ホールとかも会社じゃないと借りることはできないですし。

――会場によっては色々な制約もあるんじゃないですか。

都:そうですね、新宿FACEのときは、めっちゃ怒られました。画鋲がダメだったみたいで。

――ははははは(笑)。

都:スイカとかは全然大丈夫だったみたいですけど、画鋲はめっちゃ怒られましたね。もし画鋲がお客さんの足の裏とかに刺さったらどうするんですかって。でも、私が画鋲を持ってきたわけではないので、私は悪くないんですけど……(苦笑)。でも久しぶりにめちゃくちゃ怒られてビックリしました。レフェリーの方と一緒に「すみませんでした」って謝りに行きましたから。まあ、それを含めて楽しかったんですけどね。

クラウドファンディングを活用して念願の入場曲を制作

――現在実施されているクラウドファンディングのプロジェクト「【プロレスラー松本都】夢だった初オリジナル入場曲を制作したい! 「みやここ大作戦」について教えてください。

都:オリジナルの入場テーマ曲を作ってもらうのはずっと夢だったんですけど、外出自粛で家にいたときに、「もっとやりたいことを我慢しないでやっておけばよかったなって思ったんです。海外に行って自分で試合を探して出たりすればよかったし、もっと色々やっておけばよかったってすごく後悔したんですよ。それで、今やれることでやらないと後悔しそうなことってなんだろう? って考えたときに、やっぱり入場テーマ曲かなって。それで我慢しないで、曲作りをお願いしたい第一希望の方にお願いしてみようって、オファーしました。

  • ずっと夢だったオリジナルの入場テーマ曲の制作が進んでいることを、とても嬉しそうに話す松本さん

――その第一希望の方が、ロックバンド「Wienners」のギター・ヴォーカル、玉屋2060%さんということですね。

都:そうです! うれしいんです、本当に。もう、ヤバいです、ヤバい。

――玉屋さんの名前が出たとたんにめちゃくちゃテンションが上がった感じですけど(笑)。

都:いやもう本当に、神なんですよ、神! もともと面識はなかったんですけど、去年「やついフェス」でWiennersのライブを観たら、楽しすぎて。打ち上げでご挨拶させてもらったのが初対面でした。入場曲って、レスラーもお客さんもドカンッとテンションを上げるものだから、これはもう玉屋さんしかいないだろうってずっと思っていて。去年、一度オファーさせてもらっていたんですけど、そのときはツアーとかのタイミングもあって実現に至らなくて。今回改めてオファーして、作ってもらえることになったんです。本当、執念で(笑)。

――どんな曲になりそうですか?

都:(声を大にして)デモが来たんですけど、ヤバいんですよ! ! 玉屋さんはイメージをたくさん聞いてくださったんですけど、私はギラギラしたピンクの感じとか、サイケデリックだけどちょっと可愛くて、アゲアゲでグッとくる感じとか、抽象的に言ったんですけど、全部それが入っていて。でもマニアックじゃなくて、キャッチーでA面で、もう最高(笑)。これは私1人が出すにはもったいなさすぎる。Wiennersとかでんぱ組.incのシングルレベルですよ。シングル切れますよ、セルフカバーしてほしい。ヤバい! !

――落ち着いてください(笑)。セルフカバーって、入場曲だからインストじゃないんですか?

都:いや、歌入りでお願いしました。キーワードとかも50個ぐらい言ったんですけど、それもほとんど入っていて。本当にすごいんですよ。私は音楽的には全然無名ですけど、そういう人間にもこんなに全力で来てくれるんだなって、感動しました。まだ3割ぐらいのデモらしいんですけど(8月中旬時点)、でも、玉屋さんの仮歌も最高だし、このままCDに出来ると思うぐらい最高、本当にヤバいです。

――そこまで最高だと、入場するときに流れたらなかなかリングに上がれないのでは?

都:そうなんですよ、全部丸々聴いて欲しいですからね(笑)。正直、私レベルが玉屋さんに曲を書いてもらうなんて、奇跡的で。でもコロナ禍のこういう状況だからこそ、大逆転で引き受けてくださったというのもあったと思うんです。そういうのを見て、コロナ禍だからって色々諦めないで、自分も新しいことややりたかったことをやろうと思ってくれたら、うれしいです。

松本さんがこれから叶えたい夢とは

――夢を見せるのが、プロレスラーの仕事ですもんね。都さんは今、他にどんな夢を持っていますか。

都:本当は、毎年「あと2年で辞めよう」って思ってるんですけど、でも楽しくて。こういう自分のスタイルができてくると、こんなに楽しいものってないなって思うんです。何事にも代えがたいものだから、まだ辞められないです。夢としては、「崖のふち女子プロレス」と「みやここフェス」を、今までの300人規模よりも大きいところでやりたいです。そしていつか海外で、できればニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンとか、エンタメの本場で実現させたいです。

  • プロレスラー・松本都さんの名が、世界に響く日も近いかもしれない

――最後に、コロナ禍で元気をなくしている若いビジネスマンに向けて、激励のメッセージをひと言いただけますか。

都:コロナ禍でできなくなってしまったこともたくさんあると思うんですけど、逆にできるようになったこともあると思うんです。私が、こうして入場曲を書いてもらえることになったりしたように、新しいビジネスチャンスは絶対あると思うので。会社員の方だと副業とかはできない方もいると思うんですけど、やりたいことは我慢しないでほしいですね。制限ができたから諦めていたら、本当にコロナに負けていると思うので。個人でウィルスをぶっ飛せたりはできないけど、やりたいことを諦めずにむしろガンガンやって欲しいと思います。